【GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”】
会 場:名古屋レインボーホール
REPO:眞澄
DATE:2000/11/1
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
行って来ました。突然知らされた「名古屋レインボーホールのチケットが取れたよ!」
の友達の言葉に素直に喜べなかった私。
それは、仕事の日だったから・・・
悩んで迷った結果、嘘を付いて、ついに休んでしまったの。
でも、新幹線の中で気になって、ずっと、ブルー。
なんとかテンションをあげようと、GLAYの曲着くまでずっと聞いてた。
会場に入ってもまだ実感が沸かない。
このままでは・・・なんて考えていたけど、いつもの女の人の
「はあああー」のコーラスが始まった瞬間、何もかも忘れてしまっていた。笑・・・
さあ始まるぞ!

1・HEAVY GAUGE
いつも通り騒ぎたくてウズウズしながらも、おとなしくリズムを
とって、次はFATSOUNDSだろうなと心の準備して待っていた。
2・MERMAID
あれー?予想と違って、ちょっとびっくりしたけど、なんかそれが妙に嬉しかった。
これからが楽しみー。
すでにTERUは首から汗が流れてる。うーんかっこいい!

ここでMC・・・
TERUが画面に映し出されてキャアー!の歓声。
楽しみにしてたTERUの髪型・・・あのウワサのパーマはかかって
いたけど、程よくまとまっている、今はまだ・・・
「名古屋ー!今日が最後だけど、楽しんで盛り上がっていこうぜ!!
みんなバカになっていこうぜ!!」


3・口唇
出だしからもう、こんなに激しい歌でいいのー?
もうノリノリだった。「おまえが」の歌詞で指さされる度に
クラッて感じ。そして・・・
4・FATSOUNDS
ひゃあー!最近覚えたCD2枚のとこで、友達と顔合わせて、
Vサインをしてにっこり。やったね・・って感じ!
5.生きがい
ここでちょっぴり穏やかな曲を聞いて、パワーをためる私達だった。
6・SPECIAL THANKS
もう、とっておきの歌うたっちゃうのね・・・
でも、最後の「君といた日々はー」のところで閉じていた目を
一瞬開けたTERUの顔たまらなくドキッっとさせられた。
そして、また目を閉じた・・・
7・More than love
横アリで聞けなかったから、めちゃうれしいー!
一挙にテンションがあがる。
8・彼女のModern
やっぱ、次はこの歌でなくちゃね。私のピーク再び・・・
はしゃぎまくった!

MC・・・
TERUがギターを持って登場!次は、とまどいだ・・・
「えー今日初めて,GLAYのライブに来てくれた人もいると思うけど、これで、GLAYの事
好きになってくれて、またライブに行きたいなって、思ってくれたら、これ、幸いって感じ・・・笑
みんな、いろいろなことを悩んだり、迷ったりして、
前に進みたくても、進めないでいる人きっと、いると思うけど、
GLAYの歌を聞いて頑張ろうって、思ってくれたらまた、これ、幸いって感じなんだけど・・・笑
えー冬も近づいて参りましたが、夏の思い出に、この曲を。」

9・とまどい
いいねー。この曲で「put your hands in the air!」
の後に「ふう!」とTERUは言っていた。あの掛け声のやつね。
10・Missing You
横アリの時より声がよく出ていた。オフィシャルで聞いたせいか、
前より歌詞も聞き取れたし、いい感じだった。いい曲だね。
11・ROCK ICON
いきなりこんな曲を後に持ってくるのか・・・
前奏で、もうバカになってしまった。
相変わらず、歌詞覚えてないけど、とにかく壊れた・・・
ファイヤー!だけは叫んでおいた。

メンバー紹介!!
とりあえず、みんな昨日は朝5時まで、飲んでいたことを
TERUが言っていた。自分のことは、酔っ払って、BBSに書きこんだけど、分けわからんこと
書いてしまった。と叫んでいた。
その後、照明とかの?スタッフを紹介して、「昨日、どこに行ったの?」とTERUが聞いて、
その人が、何か言ってたんだけど、
何度聞いても聞こえないので、ドラムの音も全部止めて、
「えっ?なになに?」とTERU・・・
かわいいー!と思わず叫んでしまった。
12・LEVEL DEVIL
13・誘惑
14・COME ON!!
15・SURVIVAL
言うまでもないけど、とにかくこの曲順で、またまたピーク!

MC・・・
「この曲で最後になりました・・・。」
と続き、客席から男の人が、「最高!」と叫ぶ。
TERUは「ありがとう・・・・」と優しく答えた。うらやましいー。
16.Will Be King
TERUがいつも言うように、目を閉じて聞き入った。
「勝てるまでー」とTERUの歌声が会場中に、響き渡った。
言うことない!!
「サンキュウー!」と言い残して消えていく・・・

アンコール・・・
この時、自然にI,m in loveをみんなが歌いはじめて
「I,m just in love」の後「ふうー!」とあの掛け声で、
その繰り返しの後、再び」登場!
「みんな酒飲んだ時にああやって、歌っているのかな?
なんとなく、想像できました・・・」
とTERU

1・新曲
爽やかな歌で初めて聞きました。
何系かなあ?例えれないけど、いい曲だったよ。
2.生きてく強さ
みんなで歌った。一つになれるよね。
3・SHUTTER SPEEDSのテーマ
この曲の前だったかな?
HISASHIが突然転んだの。最初JIROちゃんが転んだのかと思っていたんだけど、
どうやら違って、
「GLAYはこれからも,転がっていきます。笑。僕にはマネできないけど・・・」とJIROちゃん
4・ACID HEAD
やりました!期待のなめちゅう!なんでも許しちゃう!TERUならね。
別の曲の時、投げキッスもしたんだけど、カメラはすぐに去ってしまって、残念・・・
もう最高に盛り上がった!!彼らもきっとね。

すごく良かったよ。広島の1列の時の次に、私の中で良かったのー。曲順がはまってたね。
わたし的に!!
燃え尽きた!!今年最後になるGLAYを心に焼き付けました。
余韻に浸る一瞬も私達にはなく、ガクガクの足で最終新幹線にむけて、走り続けました。
今年のメインイベントは、終わってしまいました。おしまい。



【GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”】
会 場:大阪城ホール
REPO:みぼりん
DATE:2000/11/14
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
約1ヶ月ぶりのライブ!追加公演だし、大阪最終だし、明日は新曲の発売日だし、
何かやってくれそうな期待満々で大阪へ。今日の席は、アリーナ35列41番。
SE前の音楽が南国系に変わってた。スタート直前のは同じだったけど。

今日の衣装。
TERU・・・黒のスーツ。ポケットと背中に白いラインが2本あり。グレーっぽいネクタイ。
スーツでも前隠しエプロンと腰チェーンはあり。右手に指輪してた。黒のリスバンも。
髪型はMissingパーマ(^-^;後ろになびかせ気味にセットしてあって、前から見ると
頭デカク見えるんですけど(;^_^A相変わらずイケてない!パーマ大反対派!
TAKURO・・・紫ちっくなウエスタン衣装。ガンホルダーがシルバーで目立ってた。
HISASHI・・・黄緑バージョンのフード。赤いのが見たかったな。
JIRO・・・チェックのスーツ。ちとがっかり。ノースリ賛成派。

『HEAVY GAUGE』。手を横に広げて歌うTERU、かっこいい!髪型はオイオイだけど、
スーツは想像以上にかっこいいではないですか!暑そうだったけどね(;^_^A
『MERMAID』。FATかと思ってただけにおぉ!

MC「アリーナ!!スタンド!!大阪!!!大阪、今日はラスト!思いっきり楽しもうぜ!
力残すなよ!次の曲で死ぬような勢いで行こうぜ!大阪最終!後ろまでしっかり
見えてるからな。行くぜ、彼女のモッダ〜ン!」
TERUのナキが響く!
TAKUの「ぼく、ドラエも〜ん!」を思い出して笑えた。

『FATSOUNDS』。TAKU側スタンド端に来たTERU。1段降りて煽りまくり!
そこで噂の舐めちゅう!きゃ〜!見てしまった!あっさりめだったけど嬉しい。
ニヤけまくりだよ(*^_^*)。
開脚ジャンプも決まる!スーツで飛べちゃうTERUって、やっぱりかっこいいっす!

『生きがい』。TAKUちゃん上着脱ぐ。帽子はそのまま。そんなにお気に入りなのかい?
『SPECIAL THANKS』。今日のTERUの声、良く伸びてたよ。聞いてて気持ち良かった。

MC「盛り上がってるぜ!もう少しでHEAVY GAUGEツアーも終りますが、オレ達はライブが
好きだって実感したね。厳しいスケジュールだったけど、1本1本がいい思い出です。みんなも
今日の思い出を背負って元気にがんばって下さい。こんなんで伝わるかな?大阪は厳しいんで、下手なこと話せないんだよね(笑)今日初めて来たって子居る?」
会場ちらほら手があがる。
「まあまあですね。」
何が?

「GLAYはこないだ奈良で学祭やったんだけど、この中にも来たって子居る?」手挙げてる子
いっぱい。いいなぁ。
「その時の1曲目覚えてる?」グロリアス!!「その曲をやります!」えぇ、うそ!めちゃ嬉しい!
『グロリアス』。去年の沖縄ライブ前、一緒に歌いたくて必死で覚えたの思い出してうるうる
来ちゃったよ。
『HIT THE WORLD CHART!』。もっと×5の掛合い好き!TERU、もっとぉ!!
って絶叫。

MC「すげぇよ、今日マジで!最終日にふさわしい盛り上がりだよね。ここで懐かしい
ナンバー行こうと思うんですが。前回バギクラに遊びに行った時約束をしまして・・・」

うわっ、うそっ!ドキドキ!
JI「真夏の扉?」爆笑!
TE「オレ、あんまり好きじゃないんだよね。」
JI「真夏の扉は作者が1番嫌がるからねぇ。真夏の扉、聞きたい人!」は〜い!!聞きたい!
TA「今手挙げた人とは、オレ一生気が合わないね(笑)もっといい曲を用意して来ましたんで。」
TE「この曲はライブで初めて聞くって人も多いと思うよ。準備OKですか?では聞いて下さい。
ア・ボーイ。」


『a Boy〜ずっと忘れない』。HISAくんのアコギが響いてうるうる。TERUの歌声に
涙が溢れて来た。特別な思い入れのある曲って訳じゃないのに、感動しまくり!
ライブで聞けるなんて思ってもなかったよ。
バギクラでの約束もすっかり忘れてたしね(^^ゞ約束守ってくれてありがとう!
ほんとイイ曲だよ、TAKUちゃん。

『Missing You』。今日のセットリストいい感じだぁ。秋から冬へ。
次に春を愛する人やってくれたら最高なのに。
『LEVEL DEVIL』『ROCK ICON』。TAKUちゃん帽子脱ぐ。
モニターの映像、ちょっと変わってたね。

メンバー紹介&VJ紹介。この時やってたのも新曲かな。TERUが歌いながら、
手を上にあげて横に振るようにジェスチャー。良く聞き取れなかったけど、
「OK!これの後ジャンプしよう!」みたいな事を言ったらしく、
途中から手横振り&拳3回突き上げに変わった。かっこいい系の曲で好きだったな。
手振りのおかげでVJはあんまり良く見えなかったけどね(^^ゞ浪花のおかんが出て来て
踊ってた気がする。

『誘惑』。イントロの所で、モニターにPVのお姉ちゃんが映ってかっこよかったよ!
後ろのカメラに向かって煽るTAKUちゃんのアップ!うきゃ♪って見てたらTERUも入って来て、
2人で極上スマイル&ピース!めちゃ可愛かった!!2人まとめてお持ちかえりたい!!
『COME ON!!』。途中でJIROちゃん「大阪!」って歌ってたよ。『SURVIVAL』

MC「時間が経つのは早いねぇ。大阪最終日、熱いライブになりました。みんなの力の
おかげだよ。ありがとう!オレ達も大阪大好きなんで、また絶対来ます!21世紀に来る時
には、もっとかっこよく、強くなって来るんで、みんなも強くなろう。今悩んだり迷ったりしてる
人も居ると思うけど、GLAYの曲が背中を押してあげれたらいいなと思います。
HEAVY GAUGEの中でも大切な曲だし、思い出を振りかえる曲でもあるので、
聞いて下さい。」
『Will Be King』。(MC自信ないです(^^ゞ)

「さんきゅ〜!」メンバー退場。最後にJIROちゃんマイク握って「イエ〜!」ご機嫌やん!
アンコールコールが途中から「生きてく強さ」に。かなり揃ってたね。歌でアンコールって
どうなんだろ?メンバーは嬉しいのだろうか。BDソングはいいと思うんだけどね。

TERU・JIRO、前半Tシャツ。TAKU・HISA、後半Tで登場。HISAくん、会場バックにデジカメ
撮ってた。TERUの投げたペットボトルが、TAKU側スタンド中段までかなりなスピードで飛ぶ!
すごっ!落ちた辺りを指さして、「頭にぶつかりませんでしたか?ケガされたら困るからね。」とTERU。優しい!!
TE裏で聞いててアンコールが途中で止まったんで、ヤバって思ったら「生きてく強さ」でしたね。
ありがとう。じゃ今日はもうやらなくていいか(笑)。」
会場えぇ〜!!
「そんながっかりするなよぉ。」
「大阪、無事最終日を迎えました。大阪は全部で10公演やったんだけど、
1本1本いいライブだったよ。すごく楽しくて、大阪のパワーを感じるライブだった。」

JI「神戸も近いから触れとかないと怒られるんだよ。」

TE「そっか。神戸大好き!!」「こんな感じでいいすか?」JIROちゃん笑ってる。
TE「ひとつ勉強になりました(笑)今回のツアーで新曲も色々やってるんだけど、その新曲も
ツアー終り次第レコーディングに入ります。みんなのパワーも詰め込めると思うよ。
みんなのパワーでいい21世紀を迎えましょう。何言ってんだ?何でもないや!(笑)」

1人で突っ込み入れながら喋ってた。
『とまどい』。TERUのギターが変わってた!黒で模様も入っててかっこ良かったよ!

TE「新曲を昨日やったんだけど、みんな聞き惚れてる感じだったのね。かなり激しい曲なんで、
ブチ切れちゃって下さい。みんなの表情見て、この方向にアルバムが進んだりするからね。」

TA「この曲の反応によっては、次のアルバムはバラードだけになるかもね。逆に速い曲
ばっかりになるかは、みんなの表情やパワー次第だよ。ツアーで反応見ながらやろうって
前半で決めたんだよね。ノリノリのアルバムになるかもね!DRIVEを超えるくらいの!
DRIVEまだ出てないけど(笑)」


TE「明日はMissing Youの発売日だね。明日よろしくお願いします♪
営業スマイルしとくかな(笑)」
可愛い!
TA「それ大事!」
TE「明日みんながCD買いに行くおまじないしとこう!」
客席に手かざしするTERU!めちゃウケ!
TE「カラオケ入れて5曲入ってるからね。もう持ってる人居るの?見せて!」
CD持った人が映る。

TA「カラオケっている?」
TE「カラオケなんか1度も聞いたことない人?」手挙げるHISAくん!
TE「カラオケ入れるくらいなら、新曲入れて欲しい人?」会場ほとんどがは〜い!!
TA「それはムリ!キツイっす。」
JI「オレはさ、カラオケって言うよりバンドやってる子がコピーするのに
役立ってるって思ってるよ。」

TA「じゃ、今度から名前変えて入れる?Forバンドキッズとか。」おぉ!!会場から拍手が。
JI「全部それで入れる?歌なし!(笑)」
TE「TERUの歌いる人?」もちろん!!「良かった(笑)」
JI「良くスーパーとかでかかってるシンセサイザーっぽいので入れるとか?(笑)」
TA「余計手間かかるって!」

TERUが何か言いかけると、スタンド辺りから声が。
「当ってる?何?アカペル?」何度も聞き返すTERU。
「アカペラね!」親指立ててグーのポーズ!きゃわゆい!!
「オレのアカペラも入れて欲しい人?」は〜い!!
「その分新曲減るけどいい?(笑)」は〜い!な人とえぇ〜!な人いろいろ。
TA「TERUのアカペラって息継ぎがイヤらしいんだよ。」尚更聞きたい!!
TE「レコーディングでもブレスがすごく入ってて、いつもはマイケルがブレスだけ
下げてくれてるんだけど、息継ぎが苦しくて、ふはぁ〜ん
(実践付き!)ってなっちゃうのね。
あらぬ想像をさせちゃうといけないので、ブレス聞きたい人はバラード聞いて下さい。
新曲行きます。頭振って行こう!ってことで、タイトルはみんなバカになれ、頭ふれふれ!」

生ブレスにヤラれて、新曲あんまり覚えてないです(;^_^A

MC「やっぱり初めての曲って聞いてしまう感じなのかな?内気な感じだったね。」
てかあの曲で頭振るのはムリなのでは説あり。どうなる、次のアルバム(^-^;
「一緒に歌える曲行くぜ!生きてく強さ〜!!」


JIROちゃん出て来てうぉ〜!スタンド・アリーナと煽って、マイクに近づきおもむろに後ろを
見る。ドラムのとこで仲良くしゃべってるTERU&TAKU。JIROちゃんが見てることに気付くと、どうぞ!って感じで2人とも手を前に出し、またおしゃべり!めちゃ可愛い!!JIROちゃん
呆れたカオで、「まじめなのはHISASHIだけだな。」片手あげてまじめなカオのHISAくん
アップ!お茶目!

「大阪公演最後!いい思い出が出来ました。ドッカン盛り上がろうぜ!昨日と今日良かったぜ!
2回目来た時、大阪らしくない大人しい感じだったって、ラジオとかで言ってたおかげかな。
OK!力残すなよ!行くぜ!!」
『SSのテーマ』。JIROちゃんいっぱい喋ってくれたよ。
ピョンピョン飛んでたしね。HISAくんも舞ってた。TAKUちゃんもくるくる回ってた。

「大阪!ラスト〜!!アシッヘッド〜!!」『ACID HEAD』。大期待の舐めちゅうは、
軽くあっさりで良くわかんなかったな。投げちゅうもしてくれたからいいけどね♪
ネックかじるHISAくん!煽りまくるTAKUちゃん!JIROちゃんもスピーカーに乗って
煽ってた!みんな最高に盛り上がってたよ!TERUのジャンプで特効!
Wアンコール期待したけどなかったね。


***************************************
いやぁ。大阪は熱かった!会場の熱気もすごいけど、メンバーのテンションが異常に
ハイだよね!大阪のパワーに負けるもんかオーラがびしばし出てた!参加出来て
ほんとに良かったって思えるライブだったよ。



【GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”】
会 場:埼玉スーパーアリーナ
REPO:ともら〜
DATE:2000/11/18
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
約半年振りのライブ!!追加公演だし、埼玉初日だし!!
Missing Youも発売され今日は何か期待できそ〜!!
今日はビリビリを見に来たと言っては過言でもないっす!!
今日の席はスタンド2階23列目!!う〜ん!!全然見えない・・・・。
半年前の前から6列目ど真ん中の頃がなつかし〜!!
20分送れてスタート!!
今日の衣装!!
テル・・・スーツ、Missing Youプロモ風髪型
タクロー・・・ウエスタン風
ジロー・・・わかりませんでした!!すいません!!
でもチェックのスーツでもなく、ノースリでもなかった!!
なんかカジュアルっぽかった!!上着の下には
赤いTシャツ着てた!!
ヒサシ・・・蛍光黄緑のフード!!
ジローちゃん以外は14日の大阪と同じかも!!

1・HEAVY GAUGE
なんかスーツで歌うTERUもなかなかなもの!!
声も冴えて、今日はコンディションもよさそ〜!!
2・FATSOUND
妙に客席に振りまくってたな!!「それだけでOK!!」を全部言わせてた!!

MC
TE「3万5千人!!ドーム並だぜ!!ここスーパーアリーナはロックバンドが
最初に足をつけたのはGLAYがはじめてだぜ〜!!」

客「いえ〜!!」
TE「それじゃぁ!!もっとハードなナンバーでもりあがろ〜ぜ〜!!
MERMAID!!!!」

3・MERMAID
ヒサシのギターが熱く会場の熱気も最高潮に!!
4・ビリビリクラッシュメン
前奏が流れおおはしゃぎする自分!!「はっ」と言ってじろーとテルが
両サイドに!!そして見所のジロー・テルの一緒に歌いまショウタイム!!
ここが一番大好きなところなんだよね!!
今日はジローちゃんのハモリはばっちっし!!
そしてタクロー・ヒサシのソロ!!ここも大好きなんだよね!!
でもヒサシの光線銃の音がイマイチ聞こえなかった!!がっかし!!
5・生きがい
やっぱこの歌のときはメンバーは真剣そのもの!!
この雰囲気にのまれて会場のみんなも真剣にみつめる!!
6・SPECIAL THANKS
じろーちゃんのソロからはじまり会場「キャー」
しっとりと歌い上げるテル!!ついつい自分も歌っちゃった!!

MC
ギターをかついでテル登場!!
TE「みんながんばって生きていこうぜ」みたいな事を言って(かなり忘れてる)
7・とまどい
8・BE WITH YOU
タクローのピアノソロから始まり「HAPPINESS」かと思ったら
「あなたにあえたこと〜!」会場「キャー」自分「うぉ〜!!」
見せ場の「愛を束ねて〜」の所で密かに涙目になっちゃった!!
BE WITH YOUにはいろんな思い入れがあるから感動しちゃった!!

MC
し〜んとしてテルが喋るその時!!1人の男「テル〜〜〜〜!!」
TE「なんだよ〜!!」とかわいげなしゃべり!!かわいかった!!
そして本題へ!!
TE「なんか会場には重い雰囲気が・・・・。」会場「え〜!!!!」
TE「いや!!そういう悪い意味じゃなくて3万5千人もいるとね
緊張しちゃって!!今までのアリーナは5千人とか1万人のスペックで
やってきていきなり3万5千人になったから・・・。」

話しはMissing Youの話題へ!!
TE「Missing You買ってくれた〜!?」会場「買った!!」
TE「ありがと〜!!今回のはミニアルバム的な感じのCDになったんで」
と語るテル!!
9・Missing You
会場全体にミラーボールの光が舞う!!
その美しい空間にテルの声が入りこみ全員しっとり!!
最後の英語のところ!!あそこが1番大好き!!
10・LAVEL DEVIL
イッツショータイムとバーニングを客席にふりまくり!!
11・ROCK ICON
早口すぎてついていけなかった・・・・。「FIRE」しか言えなかった・・・。
VJ紹介・メンバー紹介
5〜6人のVJを紹介しメンバー紹介!!
びっくりするくらい短かった!!
その時に「キャリオン キャリオン キャリオン」とかいうフレーズのある
歌を歌ってたな!!なんだろこの歌は!?ネバマイか!?
ネバマイは聞いた事無いからわかんなかった!!ごめんなさい!!
トシのドラムロのときスクリーンにはスヌピーの絵が!!しかもたくさん!!

そして・・・。
12・LOVE SLAVE
聞くのはドーム以来!!
ドームビデオの奴しか聞いたことなく
SPEED POPを聞いた事無かったので全然違うのにびっくり!!
「消えてくれ〜」でごまかす自分!!
自分を抱きして盛り上げるテル!!
13・誘惑
トシのソロが始まり待ってました!!って感じ!!
イントロ時スクリーンにPVの女の子が!!!
会場盛り上がり最高潮!!やっぱGLAYをよく知る人、知らない人
この歌は誰もが盛り上がれるよね!!
会場全体ほぼ全員手振り!!
ヒサシのソロでメロメロ状態!!!
14・COME ON!!
今日はタクローに「カモン!!」って言わせてた!!
肩組みながら!!
15・サバイバル
ヒサシ・じろーセッション最高にかっこよかった!!

MC
TE「今度みんなに会えるのは21世紀かな!?」
会場「え〜〜〜!!」
以下省略(忘れた!!)
TE「この曲はHEAVY GAUGEの中でも大切な曲で、
思い出を振りかえる曲でもあるので聞いてください。」

16・Will BE King
スクリーンに夕日が!!
この曲を聴くと素直になれるんだよなぁ〜!!
最後の「勝てるまで〜!!」が最高によかった!!

TE「センキュー!!」会場「いえ〜!!」
TE「いえ〜!!」会場「いえ〜」×5くらいあったな!!
ステージ裏に去る6人!!

アンコール

10分後
照明が付きメンバー登場!!
テル&じろー後半Tシャツ、ヒサシ&タクロー前半Tシャツ。
TE「まばらなアンコールどうもありがと〜!!」
会場大爆笑!!
TE「なかなか出にくかったぞ!!早く出せって感じ!!」
TE「照明付いて、まだ待ってればよかったかな!?」
会場「え〜!!!」
TE「でも広いし大人数だししかたないね!!」
会場「いえ〜!!」
以下忘れた
TE「それじゃぁハードなナンバー行くぜ〜!!新曲だぁ〜!!WET DREAM」
1・WET DREAM
アップテンポでもなくスローテンポでもないハードな曲でした!!
I’m yours・baby talkに近いかも!!

MC
TE「奇跡を起こせる曲があったら、すばらしいって思わない!?」
TE「それじゃぁみんなで奇跡起こそうぜ〜!!生きてく強さ!!」
2・生きてく強さ
サビはみんなに歌わすテル!!

「ジャぁーン」じろーのベース音が響く!!
じろーの顔がアップでスクリーンに!!
マイクを使わずじろー吠える!!「うぉ〜!!」
マイク使ってないのにスタンドまで聞こえる!!すごい!!
それにあわせてみんなも「いえ〜!!」
JI「え〜と!!今日は3万何人だっけ!?」とテルに聞く!!かわいい!!
JI「3万5千人ね!!3万5千人がみんなジャンプしたらどうなると思う!?」
会場「・・・・・・・。」
JI「JR止まるな!!」会場大爆笑!!
JI「じゃぁためしてみようか!!いくぜ〜!!」
3・SHUTTER SPEEDSのテーマ
みんなジャンプしながら歌ってた!!
じろーが曲の最後にピック投げてた!!
いつも思うのがスタンドにも来ないかなと!!

TE「埼玉〜!!!ラスト ACID HEAD!!!」
4・ACID HEAD
「ぐるぐる回る」「嫌なムードだ」「気にしないの」「傘もささずに」「ヒーローを打て」
会場全体シャウト!!ヒサシの「アシッドヘー・ノーモーヒロー」がいい声出してた!!
ラストはテルジャンプで大爆発!!びっくりした!!
Wアンコールがなくて残念!!ザヴィルロウ聞きたかったな!!
やっぱ3万5千人もいるとパワーが違うね!!
ビリビリも聞けたし!!今日は最高の1日でした!!



【GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”】
会 場:埼玉スーパーアリーナ
REPO:あるふぉんす
DATE:2000/11/18
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
横浜アリーナより待つこと1ヵ月。
やってまいりました、さいたまスーパーアリーナ。
けやき広場を抜けて右方向にはどデカイ、ジョン・レノンポスターが。
これがまたいい目印になってみんなの待ち合わせ場所に最適。
しかし、混みすぎ…。
ほとんどのお友達にここで逢えました。
今日の関東地区は激さむで震えながらも皆話に花が咲いていました。

会場の中に入って自分の座席へ。
今回は400レベルということでなにやらよくわからん席でしたが、
4階席ですっげー遠いと言うことだけはわかってた。(^^;)
しかしいざ席に着いてみると意外とステージ寄りで近かった。
例えるなら東京ドームHISASHI側1階スタンド後方と言った所か…。
(えっ?そんな後ろ行った事ないからわからん?にゃにおう!(爆))

アホはさておき…。
ステージを見ると肉眼でもハッキリと確認できるTAKURO氏の
赤いギターが…。目立つ…。
大体20分押しくらいで客電が消える。SEが流れ、メンバー登場。

TERU=紺(黒?)のスーツ、というか制服というか…(笑)
ポッケには白のラインが。そして、金持ちパーマ…。(T^T)TERUちゃん…。
その他の方々。いつもどーり!あ、JIRO覚えてないや。(^^;)
HISASHIはグリーンのラインでした。
TAKUROはカッコよかったけど、髪伸びすぎ。(笑)

そしてまずはHEAVY GAUGE
今日は特に響いてこなかった…。久々のライブだったのに。
TERUの声は伸びはいいけど、かすれ具合が気になった。

FATSOUNDS。一転して皆ノリノリ。
TERU「埼玉〜!もっと暴れようぜ〜!」
だいたいいつもと同じようなこと言ってた。
てか、今回MCさっぱり覚えてません。

MARMAID。今回のTAKURO&TERUは仲良しさんでよく絡んでました♪
そして最後のHISA&JIRO対決はいつも見逃しません!
途中仲良くジャンプしたりして、息が合ってるじゃないの〜?(笑)

なんか聞き覚えのあるドラムソロが…、
ビリビリクラッシュメン!ここでも暴れまくる。
生きがいSPECIAL THANKSとまどいBE WITH YOUMissing You
とバラードが続く。
最近とまどいがいいなあなんて思っていたりして。(笑)

LEVEL DEVILROCK ICONの次はそう。
VJ。今回のVJはGLAYレゴがスクリーンの電球(?)のひとつになってると言うもの。
スクリーンが映ってそれがドンドン拡大されていくとGLAYレゴの顔型電球が!
かわいかった〜♪とちゅうでGLAYレゴがはしごを上ってた。
電球になるためかな…?(笑)

そして、衝撃のドラムソロ!
TOSHIさんがドラムをドコンドコン叩き始めてふと、双眼鏡を覗くと…。
SHIGEさんをはじめ1人を除いたメンバー全員がじーーっと
TOSHIさんのドラムを見ていた。HISASHIの後姿がラブリー♪
それだけでもほほえましかったのに、たった一人、長身のギタリストは
1人ギターのサウンドチェックに余念がない。(笑)

そして一通り終わったのかやっとTOSHIさんの方を向いた。
と思ったらスタスタとTERUへ近づき、肩をポンポン。
TERUが「ん?」と気づくとなにやら耳打ちしている。
もち、肩を叩いた右手はそのままだぁ!(爆)
話を聞き終わると今度はTERUがTAKUROに耳打ち。
オマエラ何話してんだ!教えやがれ!(爆)

やきもきと双眼鏡を覗いていたら会場からどよめき…いや笑いが。
何かとスクリーンを見るとドラムを叩くTOSHIさんの傍には
ドラムスティックを持った似非スヌーピーがドラムに合わせて
手を動かす映像が映ってた。か…、カワイイ…。

そして先ほどリーダーが練習していたらしい珍しいギターの音が鳴って、
(なんかDJの皿回しの音みたいなの。DJエイジへの逆襲?(爆))
誘惑へ。ここでもベタベタなTAKURO&TERU。
キミら今日絶好調やん。(爆)

COME ON!!ここでもやってくれました。
最近の恒例になってきたTAKUROのカメラアングル。
ニコニコとステージ上のカメラに近づき、いっぱい煽る。
そしてカメラを誘導してTERUの元へ。
TERUはカメラ(会場)に向かって「もっとこいや〜!」ってカンジで
右手で指を指す。するとリーダーが左後方から近寄ってきて
TERUの肩を抱くようにして右手をTERUの右肩において同じように指さした!
「おお〜〜!!」ってカンジで。

ここでわたくし玉砕。死亡。(爆)本日1番のたくてる炸裂。
さらにサビでTERUがTAKUROをつかまえ「COME ON!!」と言わせる。
TAKUROは叫ぶとTERUの肩にもたれて陶酔の表情…。
ちくしょー!特権階級めぇぇ!一度でいいから代われーー!!!

そして最高潮のテンションのままサバイバル
HISASHIとJIROの対決もよかった。
今日のJIROはアグレッシブに攻めていたね。(笑)

TERU「次の曲で最後なんですが…」と話はじめるんだけど、
なんかだんだん意味不明になってきて言いたいことはわかるんだけど、
いいこと言ってるんだけど…、何度も同じこと繰り返し言ってて、
自分でも何言ってるかもうわかってなかったと思うな。(^^;)
おかげでぜーんぜん覚えられんかった。
Will Be King
今日はいつにもまして優しく歌ってた気がする。

TERU「サンキュ〜!」と言ってペットボトルを投げる。
相変わらず良く飛ぶね。さすが野球少年。(笑)
アンコールの声があまり揃わないままメンバー登場。

TERU「まばらなアンコールありがとう。(笑)
もうすぐ20世紀も終わりますね。
(ここでなんかすごくいいこと言ったけど忘れた…(T^T))
GLAYは来年も突っ走って行きます」
この一言がなんか胸に刺さった。
LUNA SEAのことを意識しての発言なのかはわからないけど、
GLAYはまだ大丈夫なんだって少し安心した。

TERU「激しい新曲を聞いてください。WET DREAM」
私この曲すごく好き。シングルにならないかなあ。
何言ってるかわかんないから早く歌詞が知りたい。

TERU「皆ともっと一体感を感じる曲です。一緒に歌ってください。生きてく強さ」
皆が歌ってる時TAKUROがコーラス部分を歌ってくれるから
なんだかTAKUROと歌ってるみたいで嬉しい☆(*^^*)

そしてJIROのベースが鳴り響く。センターに出てきて
マイクを使わずに叫ぶJIRO。何度も何度も。
JIRO「イエーイ。会場広いね。3万…5千人?(後ろのTERUに確認する)
3万5千人が一度にジャンプしたら隣のJR止まるかな?(笑)
JRのダイヤが乱れるくらい激しく行こうぜ〜!」

SHUTTER SPEEDSのテーマ
もうJIROの言葉に煽られてみんな飛びまくりだったね!

そしてTAKUROがゆがんだギター音を轟かせてまたまたカメラに近づく。
百面相をしてギターをかき鳴らしてACID HEADのイントロが始まる。
会場のテンションもMAXぶっちぎりで暴れる。
ここのサビではHISASHIがTERUになつく猫のようにゴロゴロなついて
「NO MORE HIRO!」と叫んでた。

GLAYのギタリストさん達よ…。キミらTERUファンにケンカ売ってんのか。(爆)
歌い終わって「Yeah!」を繰り返し叫ぶTERU。へとへとになるまで叫んだね。
そして全員が退場する際、JIROが最後だったんだけど、両手上げて
ピョンピョンジャンプしながら彼は去っていった。可愛すぎる…、JIRO。

どこか忘れたけどLEVEL DEVILかな?TERUがSHIGEさんの所に行って、
キーボードをちょいちょい触ってるの。かわいかった〜。SHIGEさんも笑ってたよ。
あとやっぱり場所おぼえてないけど、TERUが「このさいたまスーパーアリーナは
ロックはGLAYが初めてだそうです。思い出を刻んで行こうぜ!」
と叫んでた。
コレ長野でも言ってたね。GLAYが初ロックコンサートの会場多いなあ。


会場はとてもひろくてメンバーが言うようにドームにいるような感覚だったけど、楽しかった。



【GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”】
会 場:埼玉スーパーアリーナ
REPO:あるふぉんす
DATE:2000/11/19
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”

埼玉2日目。今日も晴天。しかし、寒い!!
ここで私はまだ11月だというのに冬のぬくぬく必須アイテム、
Winter,AgainのNB-3のコートを着込みいざ、玉アリへ!
時間には著しく遅れたものの、友達とはほどなくして逢え、会場内へ。

今日の座席は200レベル、TAKURO側。位置としては大体アリーナの
Cブロック辺りだったので、昨日より良く見える。
時間が近づくとステージとアリーナの間にカメラが何台も現れる。
これは…、アリーナの人かわいそうだな。邪魔だもん。

やっぱり20分押しくらいで客電が消えてSEが流れる。
(これが聞けるのもあと1回か…)なんて感慨にふけっているとメンバー登場。
HISASHIの衣装は赤のラインでかわいかったな。
TERUが髪が少し落ち着いてなんかとれかけパーマなかんじ。(笑)でも今日はいいぞ!
JIROはチェックの衣装でした。TAKURO変わらず。

HEAVY GAUGE。昨日とは全然音響が違う!
やっぱり上は幅が狭い分音がこもるね。
私はTAKUROを見ようと(笑)双眼鏡を覗いていたの。
そしたらまあ、スタンドの揺れる事揺れる事。
全然まともに見えなくて見るのやめちゃった。(^^;)

FATSOUNDSMARMAIDビリビリクラッシュメン生きがい
SPECIAL THANKSと続いて、「おや?昨日とセットリスト一緒?
カメラ入ってるから?」と思っていたら、なんと久々にやって
くれました!サヴィルロウ!もう感動よりもハラハラドキドキしっぱなし。
なぜって前半戦の頃から私がライブで聞くサヴィルロウは王子がいつも
歌詞を忘れるんだもの…。(^^;)
でも今日はカンペキに歌えてました!よかった!!

そしていつものTAKUROのピアノソロが入り、とまどい
TERUののどの調子があまりよくないカンジがしてたから、妥当かなと思った。
あ、そうそう。MARMAIDでひさじろの対決の時間が迫っても今日は2人とも
近くにいなくてやらないのかな?って心配してたら、ギリギリになって2人が
スタスタとセンターへ。
そして同時にジャンプ!今日も息はバッチリね!(笑)

TERU「…あんまり静かにしてられると困るね。(笑)(会場一気に沸く)はいはい、
もういいよ」
と言ったらスクリーンでJIROが煽ってる。客席さらに沸いて
TERUがタモリ笑っていいとも!の「チャッ!チャチャチャチャ!」みたいに
両手で静かにって合図するんだけど、今度はHISASHIがスクリーンに映って
会場またまた沸く。

HISASHIは「ん?」って顔してて、TERUは相変わらずタモリの真似。(笑)
そしたらJIROが「キミはタモリか!」って突っ込んでた。確かに!!(爆)
TERU「いや〜、今日ね見て来たんだよ。影響されやすいんだよね〜。(笑)
次の曲はね、北海道の冬を感じて欲しいと思います」

会場どよめく。私も絶対Winter,Againだと思ってた!
TERU「聞いてください、Missing You」
そーだよね〜とちょびっとがっかりした私だった。(^^;)

LEVEL DEVILROCK ICONと続いてVJ。そしてドラムソロ。
今日はカメラが入ってるからか画面にスヌーピーの映像は映らなかった。
やっぱりメンバー全員TOSHIさんの方見てたけど、TAKUROは大人しく
TERUの後ろで見てた。(笑)
JIROってばドラムに合わせて何度もその場でジャンプしてたよ。可愛かった。
HISASHIのフード被ったままの後姿がなんともラブリーなのよね。

誘惑。またもや誘惑のPVが流れる。どうせなら全部流してくれてもいいんだけど。
そしたらメンバーがみれないか。(笑)
ここでいつもギターソロの時、TERUが「HISASHI〜!」って叫ぶでしょ?
この時のHISASHI好き。腰をふりふりしながらギター弾くのが可愛いんだもの。(*^^*)

そして来ました、COME ON!!もうリーダーのリアクションが楽しみで仕方ないわ!
やっぱりカメラに向かって百面相しながら会場を煽って、またまたTERU登場。
そしたら今日は2人で頭をこっつんこ☆そのポーズのまま会場を煽る二人。
わざとか、わざとなのか!?TERUのそばに行けば会場が沸くことを知っているからなのか、
それともただ自分がTERUの傍にいたいのか、どっちだ!TAKURO!!
…後者だろうな…。(爆)ま、TERUバカ星人はほっといて。(大爆)

彼女のModern…!これが来るとは思わなかったので、大喜びしたなあ。
「君のS・D・R!」と叫ぶTAKURO。カッコよかったよ。(笑)
TERU「もっともっと熱く行こうぜ!サバイバ〜ル!!」

Will Be King
何故に私はこの時のTERUのMCを記憶できないのかナゾのままヘビゲツアーは
終了していくのだろうな…。(笑)何故なんだ…。

アンコールの声もやはりまばらで今日もダメかな〜と思っていたら
どんどん声があってきて会場が一体化した!
その声を聞いてGLAYさん登場。

TERUがタオルをなげた。アリーナの前の人が取ってた。いいなあ。
TERU「今日のアンコールは会場がひとつになったのを聞けたね。それじゃ、
新曲行きたいと思います。激しい曲です。WET DREAM」


生きてく強さ。そして、
JIRO「イエーイ。昨日はこの曲ですごく盛り上がったんですが、
隣のJRが止まったらしいです。(笑)今日もダイヤ乱れるくらいに暴れようぜ!」

SHUTTER SPEEDSのテーマ
この曲の最後にTERUが「yeah〜!!」と超音波を発している時、
JIROがTERUに向かって指差してうんうんうなづいてた。
「オマエはすげえ!」ってカンジで。
終わったら二人で笑ってたよ、「ひゃははっ」て。

ACID HEAD。壊れてたので良くわからない。(爆)
たくてるをはじめメンバーが仲良しだったのしか覚えてない。
ACID HEADの最後TERUが「yeah〜!」って言ってる時にずーっと花火が
シャワシャワ〜って出てるんだよね。そのあと最後の特効。

最後のご挨拶で皆が両端で挨拶してTERUがセンターにもどって
「サンキュ〜!」って叫んでたらTAKUROが近づいてきてマイクを
TERUの手ごとつかんで(ひゃ―――→)「ありがとう!!」って言ってくれた。

で、さらにTERUからマイクを奪い取って「ほんとにありがとう」みたいな
こと言ってたんだけど、そしたら横のHISASHIがスクリーンに映って、
会場皆が期待したのね。HISASHIもしゃべってくれるって。
ところがリーダーったらそのままマイクを後ろのマイクスタンドに戻して
帰ってきちゃった!オイオイ、TAKURO!!
HISASHIは「うお〜!」って両手あげて叫んでた。

昨日か今日か忘れたんだけど、TERUがHISASHI側で歌っていると
TAKUROスライディングで膝着いて絡みまくる。びっくりした。
すごいです、リーダー。

そして何故かわからんが、昨日も今日もTAKUROが左右のスクリーンに映ると
彼のバックにセンタースクリーンが映ってるんだけど必ずと言っていいほど
TERUが映っていた。
そう、アップのTERUを背負ってスクリーンに映っているTAKURO。
意味わかる?(^^;)

そんなにTERUと一緒かいいのか。TAKUROよ…。
仲良しすぎてもう言葉もありません。(笑)
代々木ファイナル、期待してますよ、リーダー。(爆)




【GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”】
会 場:埼玉スーパーアリーナ
REPO:MAYUMI
DATE:2000/11/19
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
長かったヘビゲツアーも、いよいよ(私達にとっては)これで
最後のファイナル・・・(笑)
・・・とはいえ、なんといっても場所はさいたまスーパーアリーナ・・・
3万人以上入るだの、席が5階まであるだの、なんだかすごそうな予感・・・
まずは駅を降りると、早速わらわらと人人人・・・そして駅前には、
ライブ会場でよく見る「チケットを譲って下さい」と書いた紙を持った人が
数人・・・んっ??違う!!よく見ると「チケット譲ります」だ!!(爆)
しかもよく見まわすと、あっちにもこっちにも「譲ります」の人ばっかり!!
う〜ん・・・こんな事で大丈夫なのか??GLAY !? (^^;)

さて、友達数人と会った後、会場の中へ・・・今日の場所は一応HISA側では
あるが、200レベルのステージからはかなり離れた所・・・という訳で、
あまり期待はしてなかったんだけど(^^;)、いざ会場に入ってステージを
見ると・・・「ス、ステージが・・・小さ〜い!!!」
そう!会場のあまりの大きさに、あの立派なステージがかなりちんけに
見えてしまったのでした!!(爆)
しかし、デカイ!!まさにドーム並み!!こんなに広いんじゃあ、
1週間前に福岡ドームで見たSMAPのように、ゴンドラで飛んでくれなきゃ
ちっとも見えんっちゅうに・・・(爆)などとほざいているうちに、
いよいよライブスタート!!

SEが流れて、いよいよメンバー登場!!くぅ〜〜!!やはりかなり小さい!!
あまりの遠さに、ちょっと切なくなってしまう・・・(^^;)
そして、HISAの衣装は・・・赤だ〜〜♪♪♪ やっと見れたよ〜〜!!
赤を見た人から、「カッコよかったで〜〜!!」って散々自慢されてたから、
見れて嬉しかった〜〜♪ マジでカッコいい!! 遠くて切なくなった気持ちも
これでちょっと持ちなおした。(笑)

『HEAVY GAUGE』これで私はヘビゲツアーは最後なんだな〜と思うと、
ちょっとウルウル;;;双眼鏡で一生懸命見てると、なんだか左に右に
焦点が定まらない・・・ん??スタンドが揺れてるのか〜!!(爆)
みんな飛んでる訳でもないのに、なんでこんなに揺れるんだ??

『FAT SOUNDS』赤のHISASHIはめっちゃカッコいい・・・(><)
カッコ良過ぎて、またウルウル;;;

『ビリビリクラッシュメン』尚ぶりだ〜!!
「汚れた手で抱きしめた女はもう・・・」の所で、後ろに手を回して
抱きしめポーズをするTERU・・・「キャ〜〜!!!」と歓声が上がる中、
私もふと妄想・・・(爆) ダ、ダメだってば!!私には尚という人が!!(爆死)
そしてギターソロで弦をかむHISASHI!くぅ〜〜!!カッコいいぜ!!(*><*)

『生きがい』『スペサン』・・・と続く中、気がつくと、私ったら始まった時
からずっと泣きっぱなしだ;;;激しい曲の時も静かな曲の時も・・・
こんな事は初めてだ・・・最後という事で切なくて泣いているのか??
それともあまりの遠さに切なくて泣いてるのか?(爆)

『Savile Row』めっちゃ思い入れたっぷりな曲なんだけど・・・こんな
中盤にやるの〜〜??も、もったいない!!(爆)
でもやっぱり切なくてウルウル;;;
しかし、やはりまだまだ中盤なだけに、最後のみんなでの大合唱はなし・・・
あ〜あ・・・やっぱりもったいない・・・(^^;)

『彼女のModern・・・』やった〜〜!!私達にとってはライブには
欠かせない曲!!HISAHIのギターはもちろん、なんといってもこの時は
いつもより多くTERUを見てしまうのだ!!
何でかっていうと・・・ヘビゲレポもこれで最後だから書いちゃいますが(笑)
前奏で腕を上げる時のTERUのあのたくましい腕とあのポーズが、私達には
かなりヒットなのだ〜!!(爆)
しかし・・・御存知の通り、この日のTERUはジャケットを着ていて、生腕は
見えず・・・(笑) 妹と思わず「脱げ〜〜〜!!」と叫びそうになる。(爆)

『COME ON!』TAKUさん独壇場!!いつもよりノリノリだ〜〜!!
そして勢い余ってか、な、なんとギターの弦を舐めようとしてる〜〜!?!?
こ、コラ〜〜〜!!!! TAKUさ〜〜ん!!!
キミはそんなことしちゃダメだってば〜〜!!(爆)
ソレはHISAの専売特許だ〜〜〜!!!(笑)

『ACID HEAD』いきなりラスト・・・(^^;)
この日、初めて舐めチュウをはっきり見た!!
しかし、この日はかなりべろ〜んと舐めてて、あまりお色気チックでは
なかったような・・・(笑)
でも、この後が注目!! その舐めたほうの手でマイクを握ったんだけど、
舐めた指をしばらくの間・・・浮かせていた!!(爆)
やはり濡れた指で握るのはちょっとためらわれたのか。カワイイヤツだ!(笑)


終わっちゃった・・・4月から始まってかれこれ8ヶ月、終わってみれば
あっという間だったな〜・・・。
最後、泣いちゃうかな〜と思ったけど、前半であまりにもポロポロきたせいか
最後は涙は出なかったよ・・・(苦笑)
今回のツアーは、おかげでかなりの本数行く事ができました。
内心、行きすぎかな〜とも思ったけど、でも、この日のライブの前半、
涙をポロポロ流しながらいろいろ考えたんだ・・・。
やっぱり、私はこの空間が好きなんだな〜って。もう同じ曲を何度も
聞いてるのに、こんなに遠いのに、それでもこのライブの雰囲気の中にいる
自分がすごく心地いいんだよね。こんなライブの中にいれる事の幸せ、
今回たくさん行けただけに、この先しばらくライブがない事の寂しさ・・・
いろんな事を思って、きっとあんなに涙を流したんだね・・・。
TERUがこの日のMCで、「俺達のライブを見て、また明日から頑張ろうって
思ってもらえたらうれしいよね。」
みたいな事を言ってたと思うんだけど、
まさにその通り!!
実は今回の遠征は、ライブ当日に東京に入って、ホテルにも泊まらずに
次の日の朝一の飛行機で帰って会社へ出勤・・・と、他人から見たら
そこまでして行かんでも・・・と思われてもしかたがないほどの強行突破
(しかも特に思い入れのある場所でもないのに ^^;)だったんだけど、
こんな思いが消えない限り、誰に何と言われようと、またまたライブに
行きまくってやる〜〜!!と決意も新たに(笑)帰途に着いたのでした。

最後に、このツアーで出会ったたくさんの人達、ホントにありがとう!!
ライブの後、みんなでご飯食べながらわ〜わ〜騒いだこと
(毒舌吐きまくった事!?)は、ライブと同じぐらい楽しかったよ!!
こんな私で良かったら(^^;)またお会いしましょう!!



【GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”】
会 場:代々木第一体育館
REPO:あるふぉんす
DATE:2000/11/26
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
とうとう来てしまったこの日が。代々木ファイナル。
GLAYのツアーに最初から最後まで付き合ったのは初めてのことで
いろんなライブを見に行き、たくさんの思い出も出来ました。

渋谷・原宿を歩き回って、開場時間になんとか間に合った。
入場口を間違えつつも(笑)会場内へ。7ヵ月ぶりの代々木第一体育館。
結局代々木にはいつも最終日だけ行ってるなあ。会場は同じでも席は違う。
今日はC1ブロック51番。うーむ、肉眼で表情を見るのはちとキツイ。
しかも双眼鏡忘れるし…。(ファイナルなのに、バカー!)
しかし、新潟ぶりにセンタースクリーンがまともに見える。う、うれしい…。(T^T)

5時を15分くらい過ぎた頃だったか、客電が消えSEが流れる。
するとどこからともなくSEに合わせて手拍子が。これを見たのは福岡最終日以来でした。
さすがファイナル、皆テンション高いよ。

そしてモニターに「HEAVY GAUGE」の文字が出ると大歓声が上がる。
その声に答えるようにメンバー登場。

最後のHEAVY GAUGE。会場に響いてました。
後半戦以降この曲からすでにハイテンションのHISASHI&JIRO。2人とも跳ねまくり。
TERUの声も少しかすれ気味だったけど、今日も伸びはいい。

MARMAID。この曲が2番手に来たのは私にとって初めてだったので、うれしかった!
そしてHISASHI&JIROの対決。JIROがタク側へ移動中、くるっとHISASHIの方を
向き直って「おう!行くぜ!」とばかりに指を差し出して、戻って二人向き合う。
HISASHIがちょっと低くなってギターを弾いて、JIROはノリノリ。
そしていつもなら自分のパートが終わるとすぐにJIROは離れてたのに今日は
HISASHIのギターをチョイチョイいじってる!HISASHI弾いてるのに。(笑)可愛かった。

TERU「代々木〜!!ファイナルだ!盛り上がってるか〜!楽しんでるか〜!
もっともっと盛り上がろうぜ!バカになろうぜ!デビューした頃から
この曲は盛り上がってきたぜ!彼女のモダ〜ン!!」


久しぶり!嬉しい!曲とTERUのMCに煽られて首が痛くなるほど暴れる。
「キミのS・D・R!」もリーダーと一緒に叫んだ。
やっぱりここのツインギター好き♪(この曲だよね…?(^^;))
この時ばかりはTERUをほったらかしてギターばっかり見てる。特にでっかい方。(爆)

FATSOUNDS。最後の「ひゃ―――→」も叫んできた。
いつもの2曲目よりこのくらいの場所の方が叫びやすかった。なんでだろ?
このあたりだったか覚えてないけど、HISASHI側でTERUとTAKUROが
絡んで、間奏中にTERUはTAKURO側へ。
ところがHISASHI側で客席を煽っていたTAKUROが歌が始まったとたんに
TERUのもとへ猛ダッシュ!!わき目もふらずTERUへ一直線!!
そしてそのままラブラブに絡みまくる二人…。たくろぉ…、恐れ入ったわ…。(爆)

生きがいSPECIAL THANKS。なんだかさっきまでの熱が気持ちイイカンジで
さーっと冷めていくように聞き入ってた。
なんと次はMore Than Love!そして口唇!モダーンと一緒に聞けるとは思わなかった!

TERUがギターを持ち出してとまどい。そしてMissing You
天井にあるミラーボールがキレイだった。ほんとに雪が降ってるみたい。
LEVEL DEVILROCK ICON。やっぱこれは続いて息切れしないとね。(爆)

そしてハーハー言いながらVJ紹介。
今まで地方で流した映像を色々な地域のものを織り交ぜて見せてくれた。
VJの曲も好きだったのに聞き納めだ…。

TERU「ファイナルだけあってみんなもう盛り上がってるね。
前半戦の名古屋でもね、俺の誕生日の時ライブがあったんだけど、

(会場から歓声があがる)…うん、アリガト。
でね、その時もすごい盛り上がったんだよね。でも今日はそれ以上に
もっともっと盛り上がってるぜ!!やっぱりね、みんなノリやすい曲だと
こう、腰が
(腰を振るTERU(笑))揺れるよね。で、また新曲ができたんで
聞いて欲しいんですが、ノレる曲だと思うんで曲を知らなくてもノッてくれると
いいと思います。パーソナルパーフェクトワールド」

確かにノリのいい曲だったな。何言ってるかわかんなかったけど。(^^;)

でました、TOSHIさんのドラムソロ!今日は埼玉初日と同じで
スヌーピー出してくれた。あれカワイイよ。そのまま誘惑へ。
続いてCOME ON!!ではまたまたやってくれました、リーダー。
カメラ目線で会場を煽っていると今日はなんとTERUから近づいてきて、
埼玉初日とは逆にTERUがTAKUROの肩に腕を回して一緒に煽る!
サイコーのツーショットだ!!!

1度目のサビではHISASHIがTERUにくっついて「COME ON!!」と
叫ぶけど、2度目はTAKUROだ♪と期待してたのになくて、
TERUがHISASHI側で歌ってて、TAKUROは自分の定位置でギター弾いてたの。
もうこれで終わりだって言うところでまたもやリーダー、
TERUのもとへ猛ダッシュ!!くっつきまくる!!
わかったから…、もう。ホントに。(笑)

そしてサバイバル。ここまで来るともうあと1曲で本編が終わる…。
とふとよぎりつつも、もう、暴れた。
TERU「…次の曲で最後なんですが…。(当然のブーイング)次の曲は
俺の中でとても大切な曲です。…」
これ以上記憶してません…。(T^T)
Will Be King。いつにもまして心を込めて歌ってくれたな。

TERU「サンキュ〜、代々木〜!!ホントにありがとう。」
そしてアンコール。みんなの声がすごく揃った生きてく強さがメンバーが出てくるまで続いた。
スタジアムビデオで感動したアンコールの生きてく強さ。
今その中で一緒に歌ってることがすごく嬉しかった。

照明がついて1番にTERUが登場。両手を揚げて喜んでくれてた。
全員が出てくるとTERUが囁くように生きてく強さを歌い始める。
HISASHIもJIROもTAKUROもそっと静かに弾いてた。
そしてJIROがさりげな〜く前にいて、TERUが「〜もう迷わない♪」と
歌うと笑顔でJIROを指差し、JIRO、自分のベースソロを弾いて終了。
嬉しそうにしてるJIROがかわいかった。

TERU「ファイナルらしいアンコールありがとう」
そして次の曲が何かわからないような間奏がずっとあって、
何かと思っていたら、ホントに久々に聞いた!HOWEVER!
この曲が聞けてすごく嬉しかったけど、TERUの声がさらに
かすれちゃって(伸びはいいんだけど…)あとを考えるとちょっと心配になった。

TERU「ここでまた新曲を聞いて欲しいと思います。WET DREAM!」
そしてモニターにレゴHISASHIがサーフィンをしている映像が…。
「えっ!?これってまさか…!」そのまさか!!Surf Rider!!
もう叫んだね。暴れたね。しかし映像に気を取られて、
この日、HISASHIにもらったと言う家宝のタルボでギターを弾くJIROに
気づかなかったのだった…。ガーン。弾いてるのは見たけど、
ソコまで気づかんかったっての。(T^T)

そしてJIRO登場!ベースのネックでベンベンと弾きまくるJIRO。
自分の顔に当てて音を出す。その顔がまたラブリー♪
恒例のマイクなし「うお〜!!」それを何度か繰り返して、
JIRO「もう何も言わなくても盛り上がってるんで、行くぜ!」
SHUTTER SPEEDSのテーマ。ここでの会場の壊れようと言ったら、
すごかった。一気に熱気が高まったカンジ。

HISASHI側にいたTERUが上手にいたTAKUROのところへ
近寄るとおもむろにガシッとTAKUROの首に腕を回して、歌わせる。
そして気が済んだのか自分は客を煽りに離れて行ってしまった。
その頃のTAKURO…。喜びのギターかきむしり。(爆)

そしてとうとう来たかぁ、ラスト、ACID HEAD
TERU「ココでゲストを紹介します!!」
(またDJエイジとか山本シュウとかじゃないだろうな…(^^;))
TERU「ミスター(と言ったかは定かではない。(爆))、佐久間〜!」
佐久間さ〜ん!!髪の色は相変わらず青いけど、ストレートになってます!(爆)
TERUのチュウは今日は投げキッス。指を唇に当ててから、ふっ、て飛ばした。
オイオイ、そのチュウはどこへ ふよふよと飛んでいってしまったの!?

終わって「サンキュー!」を連呼するTERU。
久々にみんなで手をつないでのジャンプをやってくれた。
ここまで来たら終わりだ…。そう思ってた。
メンバーが退場して今までないくらいの大きなアンコールが響く。
そう、これが本当のアンコール。
出てくるって解ってて適当に拍手してるアンコールじゃなくて、
「お願いだからもう一度出てきて!」って願いを込めてのアンコール。
気持ちがひとつになってるからすぐに揃って大合唱になるものね。

そしたら、出てきてくれた!GLAYさん!
1番にTAKUROが出てきて、TAKURO「これは営業用のじゃないんだよ」
いいながら自前のタオルを投げる。
くれーーーー!!こっちによこせ!!(爆)

TAKURO「…ここで少し時間をください。これからやる曲は新曲なんだけど、
GLAYの来年の行く末を占うような曲なんですが…。
いつもね、俺達が行き詰まったり、辛い時、みんなに『大丈夫、大丈夫』って
言ってもらって、ホントにそのおかげで今まで頑張ってこれたと思います。
デビューしてから6年経つんですが、それまでにそれこそ、デビュー当時から
俺達を見守ってくれてる佐久間さんやスタッフのみんなや(会場の)みんなに
『大丈夫』って言って貰えたからここまでこれたんだと思います。
俺達だけだったらきっとこんなに上を目指してこれなかった、途中できっと挫折してたと思う。
で、今までみんなに『大丈夫』って言って貰ってた俺達が今度はみんなに
『大丈夫だよ』って言ってあげられたらと思って、この曲を作りました。
…。本当は21世紀を一緒に迎えたいと思っていたたくさんの仲間が、
一緒にやっていきたいと思っていた仲間が……、いたんだけど……。
…どうしてみんな俺達を置いて行くのかなぁって…、思って…。

(このあとは何も覚えてない)いろんな想いも込めて作りました。聞いてください…」
ひとひらの自由

TAKUROの囁くような寂しそうな歌声が響いて会場のあちこちから
すすり泣きが聞こえる。
TERUの歌声もどこか寂しげででも優しくてあったかくて…、
私はTAKUROの言う「仲間」のことを想って泣いた。

どうして21世紀も一緒にいてくれなかったのかなあって。
でも本当はこの気持ちもこの涙も「最後の日」まではずっと
胸の中にしまっておくつもりだったのに。
「最後の日」まで絶対泣かないって決めてたのに。

何で私は今ここでGLAYの曲を聴きながら「彼ら」のことを想って泣いているの?
終わってからちょっと放心しちゃった。こんなしゅーんとした終わり方は初めてだよ!
私の決意を粉々にした代償はでかいよ!来年覚えてろ、GLAY。ファッキュー!(笑)



【GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”】
会 場:代々木第一体育館
REPO:みぼりん
DATE:2000/11/26
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
遂に来てしまったHGツアーファイナル。私にとっても今世紀最後のGLAYライブ!
ツアーファイナルに参加すること自体が初めてだったんで、会場前の人の多さに
まず圧倒された。
こんなにたくさんのGLAYファンが全国から集まってるのを見たのは幕張以来だぁ
とか思っちゃったよ。

会場内もすごい熱気。今日はツアーTシャツの人が多いね。カメラが入ってるって
アナウンスが流れる。
私の席は、アリーナC5列91番。TAKU側でミラーボールの下辺り。
約20分押しでSEが始まった。
すごい歓声と手拍子!このSE見るのも最後なんだなって既にじ〜んと来ちゃった。

大歓声と共にメンバー登場。ファイナルの衣装は。
TERU・・・ポケットと背中に白のラインの入った黒のスーツ。黒の半袖シャツに
グレーのネクタイ。
右手に黒のリスバン。左手にはベルトバンド。腰チェーン、前隠しエプロンもあり。
髪型めちゃイケてた!完璧なストレートじゃないんだけど、前髪はさらさらでかっこいい!
TAKURO・・・紫っぽいウェスタン衣装。後髪がストレートっぽく見えた。髪伸びたね。
HISASHI・・・噂の赤バージョン!確かに可愛いし、他の色のよりゴージャス!
JIRO・・・チェックのスーツ。定位置のJIROちゃんはほとんど見えなかった(-_-メ)

『HEAVY GAUGE』。今回のライブに行けた数だけ聞けた曲なんだけど、
今日が1番胸に響いたよ。
『MERMAID』。メンバー前に出て来て一気に盛り上がる!最後のHISA&JIROの絡みも
見納めだね。JIROちゃんがHISAくんのギターいじりつつ極上スマイル!
すっごい可愛かった。

MC「イエ〜イ!代々木!!HEAVY GAUGEツアーファイナル!!泣いても笑っても
今日が最後だぜ!体しびれるまでガンガン行こう!頭真っ白にしよう!熱く激しく行こうぜ!
一緒にバカになろうぜっ!!彼女のモダ〜ン!!」

ガンガン飛んだよ!最後にカメラを指差すTERUのアップ!!きゃ〜!!かっこいい!

『FATSOUNDS』。最後の(こればっか(^^ゞ)生ひゃー!TERU、両サイドで煽りまくり!
この曲では、マイクスタンド使っての開脚ジャンプって技を生み出したよね。かっこ良過ぎ!
TERUラブな私としては、見逃せないポイントその1だった。もちろん今日もばっちし
決まってたよ!

『生きがい』。JIROちゃん上着脱ぐ。胸に赤い文字の入った黒のTシャツ。文字がキラキラ
光って、暗くなってもHISAくんとJIROちゃんはすぐ見つかるの(^_^メ)TAKUちゃんの
最後のジャンも決まってた!
『SPECIAL THANKS』。ここでTERUも上着脱ぐ。半袖にネクタイ姿で何だか若々しく
見えたのは気のせい?今日のスペサンには色んな感謝の気持ちが入ってうるうる来ちゃった!TERUの声も良く伸びてて最高!

MC「4月15日から始まったHEAVY GAUGEツアーなんだけど、半年間くらいのロングツアー
で色々な所を回って来て、また代々木に戻って来れたことは喜ばしいことです。HEAVY GAUGEツアーでは前後半戦と色々なことがあったけど、今日無事に終了する訳ですよ。
みんなのパワーで熱いライブにしようぜ!恥ずかしがらずに思いっきりやろうぜ!この曲も
ライブの中で成長させた曲です!一緒になって盛り上がろう!ライブバンドGLAYと言えば
この曲!」
『More Than Love』

おぉ!福岡振りだよ。TAKUちゃんも上着脱いで熱くプレー。
TERUの「1・2・3!」の生声も聞けた!
TOSHIのドラムに続いて『口唇』。イェイ!と叫んで笑顔のTERUがアップになり、
ジャンプで曲終了!

MC「楽しんでますか?マジでHEAVY GAUGEツアー色んな所回って来たけど、さすが
ファイナル!すごい盛り上がってるね!名古屋でオレの誕生日にライブやってすごい
盛り上がったんだけど、それ以上だよ!話したいことはヤマヤマありますが。
(使い方が変だって(^^ゞ)6ヶ月間、3ヶ月3ヶ月で前後半戦だったんだけど、どの土地でも
温かく迎えてくれて嬉しかったよ。みんなの元気な笑顔見てるとオレたちも元気になれた!
今日でファイナルなんだけど、来年も夏にイベントやるんでまた会おう!GLAYは50まで
大丈夫かな?ハゲたら脱退だってうちのリーダー言ってるんで・・・
(TAKUちゃん何か
言いかけたけど、TERU思いっきりムシ)
気を付けながらやるよ!自分の決めた道、GLAYと言うバンドで活動してきて、こんな場所に
居られて幸せです。今すごい楽しいんで、みんなも戸惑うことあると思うけど、自分の道は
思いっきり前に進んで欲しいと思います。」


『とまどい』。TERUのアコギ姿も見納めだ。ハゲ発言の時、びっくりしたようなカオでTERU
を見るTAKUちゃんの姿がモニターに映ってて面白かったよ。TERUは何で喋らせて
あげなかったんだろ?
『Missing You』。噂のミラーボールはすごい綺麗だった。この歌はTERUの声にすごい
ハマってるよね。

『LEVEL DEVIL』。どっかでTERU・TAKUの絡みがあったんだけど、私が行く時の絡みってあっさり系なんだよね。(見逃してるだけかもだけどさ(^-^;)陶酔するTAKUちゃんが見たかったな。
モニターにHISAくんのアンプの上にある赤い髑髏がアップ!
更に髑髏の口→HISAのアップへ!
髑髏からHISAくんが出て来たみたいでかっちょえかった!『ROCK ICON』

メンバー紹介に続いてVJ紹介。今までのご当地VJ「総まとめラスト!」って書いてあった
気がする。名古屋と群馬と大阪だったかな。BGMの♪Carry On〜いいよね。CD化求む!

MC「スピードのある曲だと体動かしやすいっしょ!ってこれ函館弁なんだけどね(笑)。
ざっくばらんに行こう!気軽に新曲行きたいんですが・・・
(HISA側からセンターに
移動しながら)歩きながら喋ると演歌っぽいよね(笑)。(大ウケ!そしてマイクにぶつかり
照れ笑い!面白過ぎるって!(^-^;)HEAVY GAUGEツアーでは新曲もいっぱい
出来たんで、みんなのパワーをもらって成長させて行きたい。曲を知らなくても、こう

(上下に飛ぶ)ノってくれたらいいんでね!激しいパンクナンバーなんで、
カオは怒ったようなカオがいいと思うよ(笑)それじゃ、行くぜ!」

『パーソナルパーフェクトワールド』。大阪の頭フレフレより断然パンクしてた!
JIROちゃんの曲だったんだね。歌詞は全然聞き取れなかったよ(;^_^A
モニター指差すTERUのアップと演歌のMCが最高だったね♪

TOSHIのドラムソロ・スヌーピー付き!ずっと見てたTERUがうぉ〜!
って感じで両手挙げたのが可愛かった☆
そのまま『誘惑』。イントロではPVの綺麗なお姉さん登場に会場湧く!『COME ON!!』
会場を煽るTAKUちゃんのアップにTERUが入って来て2人でスマイル!何て美味し過ぎる
ツーショット!TERUの側に走り寄るTAKUちゃんの猛ダッシュも微笑ましい。(詳しくはあるの
レポ見てね(^^ゞ)

『SURVIVAL』。JIROちゃんまたもやHISAくんのギターいじってた。今日の2人は仲良し
モードだね。最後イェイ!!の掛合いを繰り返すTERU。すごくイイ笑顔!他のメンバーも
ニコニコしててほんとに楽しそう。

MC「すげぇ楽しい!次の曲で最後なんですが、ファイナルにふさわしいライブだよ!
HEAVY GAUGEの中でも大切なナンバーで、自分にとっての幸せって何かを考えさせられる曲です。幸せってのはどの瞬間がそうなのか、ステージに立ってる時なのか、好きな人と
一緒に居る時なのか、仲間とワイワイやってる時なのか・・・わからなくなってる自分が居る。
長いツアーをやり遂げた充実感とかステージに立ってる時が幸せなのかな。慣れちゃうと
幸せって麻痺しちゃうんだよね。みんなもGLAYのナンバーを聞いて、優しさとか温もりとか
感じて幸せになってくれると嬉しいです。オレは今この瞬間が最高に幸せです!
(会場から拍手!)本当にありがとう!それでは聞いて下さい。」『Will Be King』

TERUの幸せを語るMCにも感動!これからこの曲聞くたびに思い出すと思う。
この曲には毎回ウルウルさせられっぱなしだったけど、今日は涙を堪え切れなかった。

「さんきゅ〜!!代々木ありがと!!また会おうぜ!」メンバー退場直後からアンコールの嵐。
途中から「生きてく強さ」の大合唱。TERUを先頭にメンバー登場!
全員定位置に着くと、TERUが小声で「生きてく強さ」を歌い始め、メンバーも小さく演奏!
みんなも一緒に歌い出す。ワンフレーズでTERUが歌うの辞めると、JIROちゃんがあり?って
感じでTERUを見て、TERUがどうぞって手を前に出したらべんべんって弾いてた。
満足そうなカオがすごい可愛かったよ(*^_^*)

MC「HEAVY GAUGEツアー最後のアンコールありがとう!みんなの歌聞いてたら今日で
終りなんだって思ったよ。最後のアンコールなんで、暖かいナンバーやろうと思います。
これからもみ、みゃ・・・
(出た!噛みまくりMC!会場からの笑いとがんばってコールに
照れ笑い!)こんな風に見守って下さい。暖かいナンバーです。」
『HOWEVER』。意外な曲で嬉しかった!やっぱイイ曲だわ♪

MC「ねぇ・・・(ちょっと沈黙)うん。何か感極まってきそうですが(笑)。新曲いっぱい
出来たんで、ここでまたやろうと思うんですが、いいですか?このナンバーも激しいんで、
みんなで思いっきり揺らそうぜ!14,000人+GLAY6人+スタッフ!みんなのパワーを
見せてくれよ!OK!WET DREAM!!」

この曲かなり好き!NO!NO!NO!の所で拳突き上げるのもいいよね。これもCD化求むだよ!

モニターに波乗りするHISAレゴ登場!やたっ!『Surf Rider』だ!
JIROちゃんタルボ弾いてたらしいね。全然見えなかったよ(T_T)
レコーディングでは用ナシだったらしいTAKUちゃんは、ギター弾いてたよ。
モニターにはずっとハッカー文体とHISAレゴが映ってて、HISAワールド全開だった!

JIROちゃんがベースかき鳴らしながら前へ。頭にドンドンぶつけたりして弾きまくり!
マイクなしうぉ〜!で会場を煽って、「黙ってても盛り上がってるんで行くぜ!最後の日に・・・
(噛んだ?)うっせ!うりゃ〜〜!!」『SSのテーマ』。めちゃ盛り上がったよ!ミラーボールも
回転してた気がする!

MC「ファイナルなんで、ここでゲストを呼びたいと思います!佐久間さん!!」
佐久間さんギター持って登場!ACIDの前奏を弾くんだけど、かなりスローペース。
途中からTAKUちゃんも加わって、だんだんスピードアップ!
『ACID HEAD』。最後の投げちゅうはめちゃ普通でがっかり。結局エロ舐めちゅうは1度も
見れなかったよ(^-^;TAKUちゃん、佐久間さんの前にひざまずいてギター弾いてた!JIROちゃん、ぴょんぴょん飛んでた!HISAくん、頭振り乱しながらギターかき鳴らし、
何度もカメラ目線で会場を
煽る!TERUとの掛合いもばっちし!TERU、ステージ上を走り回り何度もイェイ!!を
繰り返すと、OK!ってカオでドラムセットに上る。
あぁ、終ってしまう〜(>_<)そこから会場を見渡し、いつもより長めにためてジャンプ!!
特効ドッカン!!

「ほんとにありがとう!!長い間がんばってくれたスタッフ、各地で協力してくれたイベンター
のみなさん、全国から集まってくれたみんな!!さんきゅ〜〜!!終ったぜぇ!!!!」

メンバー全員で手つないでジャンプ!TAKUちゃん今にも泣きそうなカオしてる!
ドームファイナルみたい。他のメンバーはすごい笑顔で嬉しそう!
何度も「さんきゅ〜!ありがとう!」って言って、メンバー退場!
直後からものすごいアンコールコール!
心から願ってるみんなの声が一体化して代々木を揺らしてた。
すぐにステージに照明が付き大歓声!

TA「何だよぉ。突然だから営業用のタオルじゃないよ(笑)。」青色のタオルを客席に投げる!
TE「タバコくらいゆっくり吸わせろよ(笑)。アンコールありがとう!ほんとにいいねぇ、
ライブは!」

TA「ちょっと時間を下さい。」アコギ持って椅子に座る。他のメンバーも椅子に座ってた。

TA「来年以降のGLAYを占うと同時にみんなにお礼を言わなきゃね。80本以上ライブを
やって、大きい所から小さい所まで色々回って精神的にも肉体的にもほんとにキツかった
んだけど、いつも助けてくれたのはみんなだった。凹みそうな時でも、みんなに大丈夫って
言ってもらえた気がしてがんばれた!本当にありがとう。今度はオレから大丈夫だよって
言ってあげたいと思ってこの曲を作りました。90年代は混沌としていて、生きるのも大変な
時代だったと思う。オレ達もデビューしてから6年、ずっと音楽やって来たけど、オレ達だけ
だったら今ここに居られなかったと思う。目標をなくしかけた時とか、それこそさっきの
佐久間さんのように、デビュー当時から支えてくれたスタッフやみんなが一緒に闘ってくれた
おかげで今がある。21世紀を一緒に見ようって言った仲間もたくさん居たんだけど・・・」

声に詰まるTAKU。会場からはがんばって!の声。

TA「何でオレたちを置いて行くんだよぉ!」うっ、号泣(@_@)切な過ぎるよ。
TA「何でオレの大好きな人達はオレの前から居なくなっちゃうんだろう。
そんな悲しくて寂しくてどうしようもない気持ちを曲に込めるしかなくて・・・
「ひとひらの自由」という曲を作りました。聞いて下さい。」
『ひとひらの自由』
モニターにはカメラを構えた女の子が成長して行く絵と、20世紀に活躍した人達の写真が
交互に映る。ジョンレノンとかモンローとかね。TERUの歌声が切なくて、涙が止まらない。
TAKUちゃんのツライ気持ちを1番良くわかってるTERUが歌うからだよね。

「ほんとに終りました!さんきゅ〜!!来年大きなイベントやるんで、OK?来年の夏、
また会いましょう!!」

とびきりの笑顔残してメンバー退場!ほんとに終ってしまったね。
たくさんの感動をありがとう!!


***************************************
幸運にもファイナルライブに参加出来たけど、未だに終ったって実感が湧きません。
今回のツアーを通じてたくさんの人と出会えました。何よりますますGLAYが
大好きになったよ!
4月のツアースタートから、レポ企画に協力してくれたみなさん。
レポを読んでくれてたみなさん。本当にありがとうございました!
この場を借りてお礼を言わせて下さい。SPECIAL THANKS!



【HAPPY SWING会員限定ライブ】
会 場:沖縄ダンスクラブ松下
REPO:NAHO
DATE:2000/11/30
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
今回は友達のみわこちゃんと一緒だったよ〜。
そして別にあと2人仲良しの姉妹(まゆみさんとみきさん)も行くってことで
4人お揃いのTシャツも自分達で作ったんだ=。
赤でなかなかの自信作なのです☆
写真できたらジロックスに送る予定なのでぜひ見てください(笑)。

とりあえずホテルでライブの準備。
なぜか化粧を落として最初からやり直すほどの気合のいれよう(笑)。

そして2人で赤T着て、姉妹(まゆみさんとみきさん)の泊まってるホテルへ行った。
徒歩10分。
かなり赤Tは目立ってたようで車の人にも通行人にも見られてて恥ずかしかった・・・。
2人お揃いの赤T。しかも背中は「20001130OKINAWA」。しかも2人ともスニーカー。
そして地図を見ながら歩いてる・・・。
2人で「あたし達ウォークラリーしてる人と思われてるかも。」といらぬ心配してました・・・。
しかもソープランド街に迷い込んでしまい非常にあせりました・・・。

姉妹のホテルに着いて赤T4人組み(TEAM凸凹)で写真を撮りまくる。

会場がある松山に着いたのは16時過ぎでしたがすでに人がたくさん。
って言うか、ホント街の真ん中にあってビックリ。
17時ごろから整理番号順に並んだよ。

会場は案外狭かったなあ。
あたし達は番号が1025と1026だったのでちょうど真ん中ぐらいに入場しました。
始めはジロウ側の端っこでちょうどアンプで見えにくいけど端にきてくれたら
近いってとこをキープしてたけど、ジロウくんが定位置にいると全然見えそうにないので
TAKURO側の端っこがけっこうまだ空いててアンプでTAKUROは見えないけど
ジロウはばっちりの場所を確保。
しかも前はフェンスだったので人もいなかったよ。
ステージがもっと横長だったら最前だったのに・・・(涙)。
扇形にフェンスがしてあったの・・・。
そしてあたし達の前がステージ横の控え室みたいで
始まる前の気合入れの声も聞こえた=(><)。

メンバー登場したら後ろからぎゅうぎゅう押されたけど
必死に耐えました!!
あたしもみわちんも背が低いためなかなか見えない(><)。
ライブ中ずっと背伸びしてつま先立ちしてました。

最初の曲はなんだったんだろう・・・。
新曲!?
2曲目は・・・。忘れた。
あー、もう全然覚えてないよ。ごめんね。
とりあえずやったのは、

とまどい誘惑FATSOUNDSROCK ICON彼女のModern・・・
春を愛する人サバイバルMissing youACID HEADWET DREAM
パーソナルパーフェクトワールドロンリーCOME ON!!SHUTTER SPEEDSのテーマ

アンコールが生きてく強さ

そして最初の曲はタイトル不明・・・。
あと「HAPPY SWINGのテーマ」みたいなのもTERUの即興かわかんないけど
歌ってくれたよ〜〜。

あと抜けてる曲もあると思います=(><)。

あたしとみわちんは盛りあがってフェンスに登ってしまうことが何度もありました・・・。
と言っても高さ20〜30センチぐらい・・・。
すぐ前に警備のお兄さんがいたけど、何も言わなかったし。
あたし達が登っても後ろの人たちはちゃんと見えるようになっていたし。
でも後からはやばいぞ、こいつらと思われたのか、「登らないでください。」と言われてしまったよ・・・。
フェンスに登るとメンバーまでの視界をさえぎるものがなく
すっごい近くでよく見えるんです(>w<)!!
最初のほうで2人で登って盛りあがってるとTAKUROさんが
アンプギリギリまで来てくれて、あたし達をじ===っと見てくれました(爆死)。
だってあの目線の先には絶対あたし達しかいなかったし!
10秒間ぐらいだったよ(笑)。
どう対応していいのかわからず少し照れながらもとりあえず「タクロー!!」と叫んだけど。
赤Tを見てくれてたのでしょうか・・・!?
って2人ともジロウバージョンだったんだけど(笑)。
やっぱタクロウさんが1番こっちまで来てくれて、すっごい近くて
カッコ良かったよ!
いつもは髪長すぎとか一般人であんな人がいてもカッコイイとは思えないとか
散々暴言吐いてましたが、あの時ばかりはタクメロ(キャラメルアンケートのマネ)でした(笑)。
この話題で夜中2時まで盛りあがったし=。
そこからどんどん妄想が広がって大変でした・・・。
「もう、タクロウったら!ウフ。きゃ==!」って(爆死)。
ちなみに白のピッタリしたタンクトップに黒のジャケットに黒のパンツだったような。
アンコールではTシャツに着替えてたよ!

TERUもアンプの横からちょこんと顔を出してこっち見てくれててカッコ良かった♪
髪もストレートで短くて。
なんか今日のMステよりも短く感じたよ(笑)。
赤のTシャツ。前に「CONNY」のロゴ入り。後ろはでっかく「59」。
アンコールでは「はぶとマングース」の白Tでした。

HISAはほとんどこっちに来なかった=。
だからあんまりわかりません・・・。ごめんなさい。
最初の服も覚えてない・・・。髪は立ててたよ!
アンコールでは「我道」T。

そしてジロウはめっちゃ近くには来てくれなかったけど
けっこう近くには来てくれた=♪
そしてなぜかもう素ジロウって感じでガハガハ笑ってたよ。
笑顔がステキすぎてあたし妊娠したかも(アホでごめん)。
最初は紺色T。
途中でステージから消えたと思ったらTシャツ変えてた!
アンコールも一緒のTシャツ。

MCも途中で何度もあったよ〜。
TAKU「来年の会報からページ数が2倍ぐらいになります!
半分はトシのスヌーピーについてってページになるんだけどね(笑)。」
「来年は夏にイベントやるんで。今度は全国に遊びに行こうと考えてます。」
「千葉ではもうやりません(笑)。今度やるのは2047年です(笑)。」

TERU「イロイロデザインとかもやってFC限定通販みたいなのをやると思います。」
「来年まで会えないねえ。来年もよろしく!あ、その前にメリークリスマス(笑)!」
「今日はこんな感じでゆっくり打ち上げ気分で行きたいんでしゃべりすぎてたら
もういいから!って言ってね(笑)」
「今日ねえ、羽賀研二の店に行った(笑)。でも誰もいなかったから入らなかったんだけどね。
あそこってどうなの!?」
「俺は主役でしかドラマとか映画とか出たくない(笑)。実は以前ドラマの踊る大捜査線から
犯人役で依頼きたんだけどね。」


HISA「おいっす!おい〜〜っす!!おい==っす!!!
これはドリフのいかりやちょうすけなんですがみんな知ってる?
あー、なんか世代が違うから知らない??
なんかドリフからひょうきん族に移っていくときって寂しいよねえ。」
「そう言えば、きゃんみゆきっていたよね。今日はきゃん岬に行ってきました!」


JIRO「おれもきゃん岬行ったんだよねえ。俺が着いたら5分後にHISASHIがきて
その後TAKUROくんまで来た(笑)。」
「俺はジャッキーチェンの映画にだったら出てもいい!殺され役とか
背中映るだけでもいいから。」
「GLAYがウソツキって思われるのはほとんどこの男(TAKURO)のせいだ!
前も俺が正月からの休みの間に受験するってラジオで言ってただろ!」


などなどいっぱいあったけど、忘れました・・・。
しかも↑のもこんな感じってことで、全然正確じゃないです・・・。

けっこうファンのことのやりとりもあったよ〜〜。

みんなで乾杯もしました〜☆
TERUが「終わった===!」って叫んでたよ。

なんかあっと言う間だったけど
すごい楽しかったです!

ホテルでお風呂に入るとなぜかイロンナところに打ち身のあとが・・・。

そんなこんなで楽しい1泊2日の沖縄旅行でした☆

それでは、長すぎてくだらないのに読んでくれてアリガト===♪



【GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”】
会 場:沖縄ダンスクラブ松下
REPO:MAYUMI
DATE:2000/11/30
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
ついにこの日がやってきました!! FC限定ライブin沖縄〜♪
・・・実は、このライブを申し込む時から気になってた事がありまして・・・
それは、私事ではあるんだけど(^^;)、私の会社の事務所が11月末に引っ越す
というウワサ・・・「まさか、ね〜??まぁ何があってもイクけどね!!」
などとほざいていたところ、なんと沖縄ライブが見事に大当たり〜〜♪♪
・・・そして、会社の引越しの日も、見事にライブの日に大当たり・・・(爆)
「くっそ〜!!会社のバカヤロ〜〜!!!」などと吠えつつも、タダでさえ
忙しい月末&引越し当日に休みを頂くために、我慢の残業の日々を送りつつ、
ちょっと疲れ気味で(笑)ライブ当日を迎えたのでした。
当日は、引越しのドサクサにまぎれつつ、早々に早退(^^;)
駅の近くで会社の人に会うというハプニング(?)もありましたが、
「お?どこ行くと〜?」「いや、そのちょっと早退モゴモゴ・・・」と
何とか切りぬけ(爆)、南国の地へと旅立ったのでした!

沖縄はまだまだ半袖でも十分な暖かさ!寒いのが苦手な私は、冬は沖縄に
移住するのが将来の夢だったりするのですが・・・(夏は北海道ね・笑)
とにもかくにも、ホテルに着き、友達と合流〜♪
実はこの日のために、4人お揃いでTシャツを作ったのです!!
ひたすら目立つ事を考えて(爆)、色は赤!!絵は私と妹がHISA、友達の
NAHOちゃん&みわこちゃんがJIRO、大阪での写真がジロジロックスにも載った
「TEAM 道頓堀」(爆)にかわり、今日のメンバーは名づけて「TEAM 凸凹」!(身長が^^;)
またまたジロジロに送るべく、ホテルのロビーでTシャツの記念撮影を
バシバシしまくり、いざ会場へ向かいました!

さすがに4人お揃いの赤Tは、一般人には異様に思えたらしく(笑)、途中
じろじろ見つめられながら(爆)、ようやく会場に到着〜。
会場は飲み屋街の一角で、ダンスクラブ松下もカラオケ屋なんかが入ってる
ビルの2階でした。行った時はまだ並んでなくて、会場周辺は人でウジャウジャ
してました。意外に赤Tを着ている人が多く(みんな同じ事考えてるんだろうね〜^^;)
私達はちょっと意気消沈(爆)
5時頃から整理券番号順に並びましたが・・・会場から出て大通りの歩道を
延々にズラ〜〜っと並んでる列を、地元の人はどう思ったでしょうか?(苦笑)

会場に入って、早速場所取り!私達が入った時はすでにステージ前は
会場の半分以上は埋まってました。ステージのない端っこの方だったら、
もう少し前の方に行けそうだったけど、試しに立ってみたら、まだ暗くて
よく分からなかったけど、アンプなんかで見えない可能性もあったので、
真ん中よりちょい後ろではあったけど、(それでもマリンメッセとかだったら
5〜6列目ぐらい!!)しっかりHISA前をキープ!!(爆)
会場の右後方にはちょっと高くなっているスペースがあったみたいで、
最初からそこをキープしている人もたくさんいたよ。

15分押しぐらいで、まずはライターの田家さんが登場!!
「みんな〜元気かナハ!」「注意書きはちゃんと読んでくれたかナハ?」
などと、やたらにナハナハ(那覇?)を連発!!(^^;)
「さっきセットリスト見たんだけど、あんな曲やるの〜ってのがたくさん
あったんで、楽しみにして下さい。」
との声に、ファンも大盛り上がり!!
田家さんが出てきて、明るくなってから気付いたんだけど、私達の真正面には
まさにピッタリHISAのマイクスタンドが〜!♪!♪(スバラシイ位置勘!・爆)
しかも・・・この日ほど自分の背の高さに感謝した事はないかも!!
なんてったって私達姉妹、前の人達よりも頭1つ飛び出してるんだもん!(爆)
おかげでステージがスコーンとよく見えるよく見える!!(笑)
(その代わり、後ろの人にとっては相当ジャマだったと思うが・・・^^;ゞ)
そうこうしている内に、いよいよメンバー登場〜!!

1曲目は・・・知らない曲だった。(^^;) 新曲なのかな?
まずはひととおり服装のチェック!(笑)
TAKURO:白のタンクトップに黒っぽいジャケット。
髪は長めで軽くパーマがかかってた。
大人っぽい雰囲気でカッコよかった!!大人じゃん!リーダー!(爆)
TERU:赤のTシャツで「CONNY」の文字。後ろは「59」の文字
髪は短めのいい感じ。(笑)
JIRO:黒っぽいTシャツ。左胸に大きな模様(絵)があったけど、Tシャツの色と
似ていてよく見えなかった;;;
そしてHISA!!な、なんと私も持ってるbinaryの黒に緑のブラウザのTシャツだよ〜!!
出てきた時は目を疑ったよ!!「お、お揃いだ〜〜♪♪」ってね!!
私も今日着てくればよかったぜ〜〜!!
(いや、でもこの日は手作りTって決めてたからね^^;)
でも、マジで超感激!!もちろんこれと同じTシャツを持ってる人は山ほど
いるし、(この日も着てた子が何人かいたしね) HISAだってbinaryのTシャツは
たくさん持ってると思うんだけど、そのたくさんの中からこの日のために
選んだのが、私がたったの2枚しか持ってないbinaryTシャツのうちの1つで、
しかも着てる姿を生で見れるなんて!!!
これは奇跡だ〜!!いや、もはや運命だ〜!!誰が何と言おうとやっぱり
赤い糸なんだわ〜♪♪(爆)

『FATSOUNDS』では、狭いステージなのに、TERUがいつもの開脚ジャンプ!!
しかし、やはり狭いのが気になったのか、ちょっとよろけ気味・・・(^^;)
『誘惑』の間奏でのHISAとTERUのジャンプ!! しかし、これも何か失敗
したのか、2人で何か話しながらひとしきり笑い合ってた!!
なんだかとってもラフな感じだ〜♪
んでもって、ここでまず1回目のMC・・・

TE「HAPPY SWING のみんな〜!!盛り上がってるね!!
今日は全国から来てくれてありがとう!!え〜っと、北海道の人いる?」

客「いぇ〜い!!」
TE「じゃあ東北、近畿、中部、四国、九州、関東、北陸・・・あと何だっけ?
関西?
(そりゃ〜近畿と一緒だ!笑)あと何言ってない??」
JIROと小声で、JI「関東は?」TE「いや、関東は言った」
(ファン数人がわーわー言う中・・・)
TE「ちょっとまって!言われてない人?」(ファンの1人を差す)
客「中国〜!!」
TE「あ〜!!中国!!・・・中国??(笑)」
・・・外国の『中国』とは違うぞ!TERU!!(爆)
ちなみに、手を上げた感じでは、地方に片寄った感じではなく、
全国それぞれからファンが来てたような気がしました・・・。
TE「今日はHAPPY SWING のライブなんで、トークを多めに・・・
トーク8割、歌2割でいきたいと思います!!」

(ファン、大盛り上がり!!)
TE「え??ホントにいいの??(笑)
まぁ、こんな感じで、今日は内輪の忘年会みたいにいきたいと思うんで、
喋りすぎたら、もういいから!って言ってね!(笑)
で、まずはメンバーの声を聞きたいと思うんで・・・じゃあHISASHI!!」


HI「おいっす!!」客「いぇ〜い!!」
HI「声が小さい!!おいっす!!」客「いぇ〜〜い!!!」
HI「ウルサイ!!(爆)
これ、ドリフのいかりや長介が言ってたんだけど、分かるかな〜??
ドリフからひょうきん族に代わる頃がまたせつないんだよね・・・

(TERUに向かって)こんなこと言えばいいの??」
いぇ〜〜い!!思いっきり分かるってば!!(笑)・・・と、元気よく手を
挙げたのはいいが・・・意外に反応している人が少ない!!(爆)
ウソだろ〜??みんな知らないのか〜??あんな有名な番組を〜〜!!
あぁ・・・悲しきジェネレーションギャップ・・・(爆)
しかし!!おかげで私達は(HISAの真正面だったし、頭1つ出てたし^^;)
思いっきり目立ってた!!(^^;)ゞ HISAも思ったに違いない!!
「あ、同年代だ!ってことは結構オバさん??」(←勝手な想像@・爆)
私達がオバさんだったら、HISAだってオジさんだい!!(爆)
ドリフ〜ひょうきん族についてなら、HISAと思いっきり語り合えるぜ!!
いや〜、やっぱ同年代っていいわ〜♪うらやましいか??若造よ!!(^^;)

・・・続いてJIRO〜
JI「ここに来てる人は、だいたいみんなHGツアーに来てくれたと思うんだけど
・・・来てない人いる??」

(ファン、結構手を挙げる??)
JI「あ、そうですか?? そうなんだ・・・(ちょっと残念そうに(笑))
(前の方の手を挙げた子に)どこに住んでるの??
あ〜沖縄!それじゃしょうがないな!(笑)まぁ今日思いっきり楽しんでいってくれ!!」

TE「じゃあ、リーダーは最後をしめてもらうとして(笑)・・・TOSHI!!」
「ホント今回のツアーはよかったです。みんなありがとう!!」
TA「トシ、そんなとこ(ドラムの所)にいちゃ、見えない子がいるよ。」
(トシ、テレながら前に出てくる)
「なんかハズカシイな〜(照)」

ここでいきなりMUSICスタート!!(笑)
「え〜?何すればいいの〜??・・・じゃあとりあえずメンバー紹介を(笑)
ギターHISASHI〜!!ベースJIRO〜!!・・・」

・・・ふと気付くと・・・TERUがドラム叩いてる〜〜!!!
そういやTOSHIが前にいるのにドラムがなってるよ!!(爆)
ひゃっほ〜!!めっちゃ嬉しい〜〜♪ TERUがドラム叩くのって、いつの日か
絶対見たいって思ってたんだよ〜!!!コレは絶対貴重だ〜!!
私も高校生の頃1回だけドラムを叩かせてもらったことがあるんだけど、
絶対私には出来ないって思ったんだよね〜。
(なんせ手と足が全部一緒に動いちまうんだもん!^^;)
なので、ドラムが出来る人ってホント尊敬しちゃうんだ〜(笑)
TERUもすんごくカッコよく叩いてたよ〜〜!!
トシに「TERU、ここでドラムソロやって欲しいな〜」なんて言われて、
クルクルっとステッキを回すTERU!!(おぉ〜〜!!)
(ドラムソロは・・・特になかった・笑)
ただ1つ言わせてもらえば・・・TOSHIほど身体が大きくないTERU・・・
ちょっとドラムに埋もれ気味でした・・・(爆)
・・・次にSHIGE〜やはり前に出てくる。
ここでまたもやMUSICスタート!!今度はTERUはキーボードに挑戦!
しかし、今度は下を向いて一生懸命な感じで(笑)弾いてました。
シゲさん、『いいとも』みたいにチャッチャッチャでしめようとするが、見事に失敗・・・(^^;)
「全く・・・(笑)何させようとしてるのか分からないんだから・・・(笑)
え〜今回のツアーはホントによかったね。自分がやってきた中でも・・・
3本の指に入るような・・・まぁいろいろあるんですが・・・(笑)ホント最高でした!!」


で、最後にリーダー・・・
またもやMUSICスタート!そして曲に合わせてTAKUサンがワンフレーズ歌った!
(何て言ったかは分からなかったけど・・・^^;)
なかなか渋いお声でカッコよかった!!
TA「トシ!こんくらい歌わないとダメだよ!(笑)
え〜、ここでお知らせがあります。悲しいお知らせです。」

客「え〜〜〜っ!!!」
TA「じゃあ楽しいお知らせにします。(爆) 来年からHAPPY SWING が我がケチ
レコード会社を説得に説得を重ねて(笑)ついに大幅リニューアルします!
パッと見ただけでも、会報の厚さは2倍!・・・でもまぁ、そのほとんどは
トシのコーナーで、しかもスヌーピーについて語ってるコーナーなんで、
まぁ2回ぐらいで終わると思うんで、また元に戻ると思うんだけど・・・
と言うのはウソで・・・(笑)」

TE「あと物販ね。」
TA「この人、物販担当なんで(笑)」
TE「物販にね、力を入れたいと思うんだけど・・・FC限定グッズとか、
デザインとかもやりたいんだけど・・・」

TA「1回着た服とか(笑)・・・(この辺よく聞こえなかった;;;)
海パンとか・・・」(1回着たヤツ??爆)
TA「もう1つ重大発表があります!!来年の夏、大きなイベントをします!!
99年7月はね、みんなに東京に来てもらったんで、今度は全国で・・・」

客「千葉〜〜!!」
TA「千葉はない!!(笑) 千葉はね〜、やるとしたら2048年ぐらいかな?(爆)
たぶんその頃にはこの中(メンバー)の中の誰かはすでにこの世にいないと思うんで・・・(爆)」

(シゲさん、何気に手を挙げる^^;)
TA「(シゲさんを差して)この人は確実にいないと思うんで・・・(笑)
で、今度は全国でやりたいと思います。今の所・・・大阪・・・」

(おそらく関西の人、歓声をあげる)
TA「でも、大阪ってオリンピックがあるんじゃない??オリンピックみたいな
イベントになっちゃうかもね。まぁ今いろいろあたってるんで、詳しい
ことが決まったら、随時話していきます!」


・・・こんな感じで、1回目のMCから喋る喋る!!(笑)
またもやMUSICスタート!・・・で、そのまま即興の『HAPPY SWINGの歌』ヘ!
詩の内容は「HAPPY SWING〜、いつも楽しいHAPPY SWING〜、今年もみんな
ありがとう〜、来年もよろしくね〜・・」みたいな内容だったと思う。(^^;)
続いて『MERMAID』『COME ON!!』でまたもや暴れて、2回目のMC・・・

TE「今回俺達はすごく沖縄ライフを満喫してると思うんだけど・・・
俺はね〜、今日は羽賀研二の店に行ったんだけど(笑)、外から覗いたら
誰もいないのね。(笑) で、入るの辞めたんだけど・・・
あそこっておいしいの??」

客「おいしくな〜い!!」
TE「え?何?おいしくないの??よかった〜!(笑)」
JI「大阪にジャッキー・チェンの店があるよね??俺ジャッキー・チェン
すっげえ好きなのね。俺さ〜、たまに映画とかTVに出ないかって
言われるんだけど、ジャッキーの映画だったらOKだね。(笑)
やられ役でいいよ!ジャッキーにヤラレたいじゃん??(爆)
なんなら背中だけでもいいや!背中を蹴っ飛ばされるとか・・・(笑)」

ジャッキーにヤラレたいって(爆)、JIROちゃん面白すぎ!!(笑)
TE「俺は主役じゃないとイヤだな。(笑)
俺、前にね、デビューして1〜2年の頃、ドラマの依頼があったんだよね。
『特捜最前線』だっけ??(笑)」

TA「いや、違う。あれはBELOVEDのアルバムが出た時だよ。今をときめく
『踊る大捜査線』に!!」
(おぉ〜!すげえ〜!!)
TE「そうそう、TVの方のなんだけど、それが俺犯人役だったんだよね。(笑)
ひたすら走って逃げる役!で、その時にBELOVEDのCMやらせてくれたら
いいよって言ったんだよね。例えばバーっと逃げてつかまった時に、
『アルバムBELOVEDよろしく!!』みたいな・・・(爆) そしたら、
それはダメですってことで、結局ボツになったんだよね。(笑)」

客「それホント〜??」
TE「いや、これはホントだよ。GLAYが言うことはみんなウソと思ってるでしょう??(笑)」
JI「いや、その原因のほとんどは・・・あの人だよ!」(TAKUサンを差す!笑)
TA「いや、俺の言うことはホントの話ばっかりだよ。例えば俺らのうちの
3人は青いブリーフを履いてるとか・・・(爆)
でもね〜、実は俺ラジオでホントの事言ったことないもんね〜(爆)」

JI「キミの話によると、俺は来年受験するそうじゃないか!?」
TA「そうそう!あと前にね、ヘビゲツアーでJIROはスゴイ衣装を考えてるって
言って、まぁJIROの衣装がスゴイのはいつもの事なんだけど・・・あと
JIROがゾウに乗って登場するって言っちゃったんだよね。そしたら
12歳の女の子が、アンケートに『JIROさんはゾウに乗ってませんでした』
って書いてて、さすがにこれはヤバイって思ったんだけど・・・(笑)」

TE「唯一の全国放送なのに・・・(笑)」
TA「あとね、みんな俺がラジオで言ったことを、ほかのメンバーにバラさない
でね。(笑) 俺、弱いんだから・・・」

TE「ちょっと待って。(客席を差して)そこ人倒れてる。大丈夫??
気分が悪くなったら、すぐに周りのスタッフに言ってね。恐そうな人
ばっかりだけど、すぐに飛んでいきますんで・・・(笑)」

さすが!こういうところ気がきくんだよね〜(^^)
TE「じゃあ気分を落ちつけるために、トーク長めにしようか?(やった!^^;)
HISASHIは今日どこにいったの??」

HI「昔さ〜、キャンみゆきっていたよね??」
TERUとJIROはあいまいな顔(笑)、TAKUサンは大きくうなずいて大爆笑!(爆)
HI「(客席に向かって)いたよね〜??」
客席も何十人か反応あり!! しかし私は・・・知らん!!(爆)
くぅ〜!!コレについてはHISAと語り合えない〜!!(^^;)
HI「そんなことを思い出しながら、キャン岬(漢字で書くと喜屋武岬)に行ってきました。
JIROも一緒だったんだけど・・・
(ほえ〜、めずらしい!^^;)
海で底から魚が見えるボート・・・」
TE「グラスボート??」
HI「そうそう!それに乗って、キレイだね〜って。(笑)」
TE「男2人で??(笑)
俺も別の所でグラスボートに乗ろうと思ったんだけど、船貸して
もらえますか?って聞いたら、スゴイ大きい船しかなくて、乗れなかった んだよね〜。
じゃあ、JIROはHISASHIと一緒だったんだ??」

JI「喜屋武岬?? っていうか、キミ(TE)以外みんないたんだけど・・・(笑)」
TE「あ、そうなの??」
JI「いや、みんなバラバラだったんだけど、俺は10:00ぐらいにホテル出て、
きれいな所があるって聞いて行ったのね。そこに海に突き出たテラスが
あって、そこでコーヒー飲んでたんだけど
(お〜、おしゃれ〜!^^)、
そしたら5分後にこの人(HI)が来たの。」
HI「なんか北は人が多いって聞いたんで、じゃあ南だってことで下ったんだけど、
そしたらいたんだよね。」

JI「そしたら10分後にこの人(TA)がレンタルバイクで来たの。(笑)」
TA「俺、原チャリですっごい時間がかかって・・・なんでかっていうと、
30分おきに罰ゲームをしてたからなんだけど・・・(爆)」

それにしても、何も言わなくても3人も揃うところがさすがGLAYだ!?(爆)
TE「実は今日はインターネットの中継が入るんだよね。で、今頃全国のファン
が待ってると思うんだけど・・・今どのくらい経ったのかな?
・・・え?もう30分??大変だ!あと1時間しかない!!(笑)」

客「え〜〜〜〜〜!!!」
TE「それじゃ、そろそろ曲にいこうか。次の曲はすごく激しい曲なので、
みんな暴れまくって下さい!!」


・・・という訳でやった曲は・・・たぶん大阪追加2日目で聴いた曲だと
思うんだけど、(確かあの時も「頭振るぐらい激しい曲なんで」って言ってた)
再び聞いても・・・POPな曲だと思うんだけどな〜(爆)
んでもって、たぶんこの時だったと思うんだけど・・・この曲は聴くのが
2回目で、まだあまり知らなかったので、一応手を挙げつつも、ちょっと
ぼ〜っと他のことを考えてたのね。(笑)・・・そして、ふと前を見ると・・・
ん??JIROクンがこっち見てる??
(なんせ私の目線からJIROクンまで、何の障害物もなかったんだもん!爆)
もしやぼ〜っとしてる所を見られてたりして??
「アイツ、もうバテてんのか〜??そういえばさっきドリフで思いっきり
手を挙げてたし、若くはないんだろうな〜」(←勝手な想像A ^^;)
ち、違〜〜う!!!失礼な??まだまだ元気だって!!(爆)
元気なところを見せるために、次の『Young Oh!Oh!』ではおおいに
暴れたつもりなんだけど・・・見てくれただろうか、JIROクン??
(心配しなくても最初から見てないって!? ^^;)

次は『Missing You』。この曲はやはり何といっても
最後のシゲさんのキーボードよ!!(^^;)
これはCDでは聴けないので、もうしばしの間聴けないんだ〜・・・と思うと、
またもや1人染み入ってしまう・・・

そして『とまどい』と続き・・・
TE「次の曲は、みんなにとってもきっと大切な曲だと思うんで、ぜひ聴いて下さい。」
そしてTERUの歌声が・・・
「SUNSHINE〜遥かなる大地 明日へと続く道〜・・・ 」
こ、これは・・・『春を愛する人』だ〜〜!!! ファンの歓声も一際大きく、
そして前奏の所までみんなで大合唱!!
いかにこの曲が愛されているのか、みんなが待ち望んでいたのかが分かるよ!
もちろん私も初めて聴けたので、すっごく嬉しかった〜〜!!

新曲『WET DREAM』に続き、またもや新曲『パーソナルパーフェクトワールド』
おぉ〜!?これがJIROクンが作って代々木でやったというやつか!!
かなり激しいナンバーだ!!
激しい曲になると、さすがにみんな手を振り上げるので、頭1つ出ている私達も
ちょっとステージが見にくくなるんだけど、そんな時ふと上を向くと、天井の
一部が鏡になっていて、そこに図ったようにバッチリHISAが写ってる〜〜♪♪
やっぱこりゃ〜運命だわ♪ 許せ!!みんな!!(爆死)

そしていよいよお待ちかねの・・・
TE「彼女のモダァ〜〜ン!!!」
でた〜〜〜!!!(爆) やっぱりそうこなくっちゃ〜〜!!!
今日はもちろんTERUも半袖だし!!(爆) いいぞ〜〜!!TERU〜〜〜!!(爆)
(なぜこの曲にこんなに反応するのか興味がある方は、私の埼玉レポをご参照下さい。^^;)

『ROCK ICON』もさすがFCなだけに、みんなノリがいい!!
そして、JIROクンがベースを掻き鳴らして・・・
JI「みんなHAPPY SWING なんだろ??昨日に負けてるぞ!!」
なにお〜!!ファンも負けずに大歓声!!!
JI「お前らに期待してるからな!!」と言って、マイクを外して
「うぉーーー!!!!」の生の叫び声と共に『SHUTTER SPEEDSのテーマ』!!
そして『SURVIVAL』に続いて、本編ラスト『ACID HEAD』!!
会場の盛り上がりも最高潮!!・・・と、ふと上を見ると・・・
天井に大きなミラーボールがあったんだけど、(ダンスホールだしね・笑)
それが・・・ボールの下の部分が開いて、プロペラみたいなのが出てきて、
そのプロペラを広げて回りだした〜〜!!!(爆)
さすがダンスホールのミラーボールは一味違うぜ〜!!(爆)
TERUとJIROも、そのゴージャスな(?)ミラーボールを見て、ビックリしたように笑ってたような・・・(笑)

全て終わって、メンバー退場〜〜。JIROクン、前の方に水掻けてたかな??
どうせならホースで一気に掻けてくれ〜〜!!!(爆)

アンコールの声が起こって、2〜3分でメンバー再び登場!!
は、早い!? スマップ並みだ!!(爆)
しかもいつもは一番遅いHISAが一番最初に出てきた!!(笑)
アンコールの服は・・・
TA:「渋滞中」Tシャツ
TE:「ハブVSマングース」Tシャツ
JI:本編といっしょだったような・・・
HI:「我道58号」Tシャツ
JIROクン以外のTシャツは、たぶん沖縄限定ものなんだと思う。
ちなみに次の日、Tシャツ屋さんに行ったら、メンバーが着ていたTシャツは
すべてすっかり売り切れていました・・・(^^;)

TE「ホントはさっきで終わりだったんだけど、スタッフの人が、みんなが
どうやら帰りそうにないって言うんで、アンコールにお応えして出てきました〜。」

それにしちゃ〜、出てくるのがめっちゃ早かったが・・・(^^;)
TE「今日でホントに最後なんでね、打ち上げもかねて、ここで乾杯したいと思います!!」
うっひょ〜〜!!いいな〜〜〜!!!こっちにも分けてくれ〜〜!!(爆)
TE「(メンバーに向かって)みんな持った??(ファンに)みんなはね〜・・・
心のビールで乾杯して下さい!!(笑) じゃあカンパ〜〜イ!!」

あ〜〜〜!!おいしそ〜〜〜!!こっちもマジで喉カラカラだよ〜〜!!(笑)
TE「次の曲が、ホントに20世紀最後の曲になると思うんだけど、ホント今年も
いろんなことがあったんだけど、21世紀に向けて頑張っていくために
みんなで歌いたいと思います。」

・・・ということで、最後の曲『生きてく強さ』!!
あ〜・・・ホントに終わっちゃうのかな〜・・・なんかちょっと切なくなってしまったよ〜・・・。

TE「みんなサンキュー!!ホントありがとー!!また絶対会おうぜ〜〜!!」
充実感たっぷりな感じで、「終わった〜〜!!」って言ってたよ!!
他のメンバーもみんな笑顔で手を振ってくれた!!
TERUはなんどもペットボトルの水を口に含んでは客席に吹いていた!!(爆)
そして、メンバー退場・・・。

再びアンコールの声が上がったけど、しばらくしてスタッフが出てきて
「これですべて終了です〜。」
あ〜・・・きっと今の間に会場を出たんだな〜。(苦笑)

ついに終わっちゃったよ〜〜・・・
でも・・・すごくよかった〜〜!!!
ライブハウスでのライブは実はこれが初めてだったんだけど、盛り上がりは
最高だったよ!!おかげで、気がつくと私のTシャツは、水でもかけられたかの
ように汗でぐっしょりになってました!!(^^;)ゞ
この日はトークも楽しかったし!TERUのドラムも見れたし!『春を〜』も聴けたしね!
ただ1つ心残りは・・・『Surf Rider』をやってくれなかったこと!!(爆)
代々木でやった時に、JIROクンがタルボを弾いてたと聞いて、この日JIROクン
がベースを持ち替えるたびに、「ん?次はタルボか??」と気になって気になって・・・(^^;)
(あとで妹に聞くと、妹も同じことを思っていたらしい・・・^^;さすがバカ姉妹!!爆)
ま、これは次回へのお楽しみにとっておきましょう!!(笑)

マジでヤバイぐらいに長長長々・・・と書いてしまいましたが(^^;)ゞ
少しでもライブの雰囲気を楽しんでもらえれば幸いです。
あと、トークは多少脚色が入ってると思いますが・・・
(行った人、あまり深く突っ込まないように・・・笑)
でも、TAKUさんほどウソはついてないと思いますんで!?(爆)

それでは、最後まで読んでくれた人、ホントにありがとう!!



【LIGHT GAUGEたびたび・・・男限定LIVE】
会 場:DRUM LOGOS
REPO:みぼりん
DATE:2000/10/2
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
【SET LIST】
・誘惑
・FATSOUNDS
・SURVIVAL
・ROCK ICON
・LEVEL DEVIL
・HIT THE WORLD CHART!
・生きがい
・九州男児の歌(新曲)
・HEAVY GAUGE
・MERMAID
・SHUTTER SPEEDSのテーマ
・COME ON!!
・ACID HEAD
---------------------------
Enc
・彼女の“Modern …”
・BURST
【一言コメント】
・HISASHIの髪型はドレッド!JIROは最近の髪型と一緒。
 TERUは緩めのパーマ。「ヤローだけだから、髪型なんて
 どうでもいい!」みたいなことを言ってたらしい。

・アンコールが2曲なのにやたら長かったのは、メンバーが
 代わる代わる話をしてくれてたから。彼女の話、修学旅行の
 時の話なんかをしたらしい。

・メンバーは、入りは車ごとライブハウスに乗り込むと言う荒技で、
 帰りは0.1秒くらいの早業で車に乗り込み、外組には一切姿を
 見せることなく去って行きました(;^_^A。

・ライブ前、2階の楽屋窓から外を伺ってた模様。

・ネスターはカメラを粉々にしちゃうすごい人だった(^-^;

・JIROがここにいた!って両手を伸ばしながら出てきた子が居た!
 最前だったのかな?体から湯気出てたしね(^-^*)。


【BACK】