【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:代々木競技場第一体育館
REPO:あやこ
DATE:2000/4/15
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
ライブめちゃイイヨ―――!!
TERUすっげカッコイイ 
やっぱりGLAYのライブは最高だー!

新曲2曲もやってくれたよ。
「代々木の歌」はTERUさんもギター弾いてて
曲的には「生きがい」みたいな感じかな。
2曲目はかなりハードな曲だった。
多分、チッタでやった2曲と同じじゃないかな
って行ってないけど(笑)

数少ないMCでねTERUさんが「初日って事でライブ感覚が戻ってなくて、
何しゃべってるか分らないかもしれないけどご了承下さい」
と言ったのね。
もうそんなの全然大丈夫!!てな感じで騒いできたさ。

あとねあとね「ACID HEAD」で最後の曲だったんだけど「今日は楽しい
から特別にもう1曲やります。もっと一緒にいたいけど時間というものがあるから、
時間ギリギリまでやりたいなと思ってあと1曲だけやります」と言って
「彼女のModern・・・」やってくれたのー
すっげ嬉しかったね(^○^)

TERUさんのMCさ、今回OFF中にいろいろあったから、
心から来てくれてるみんなに「ありがとう」って言ってたと思う。
そう私は感じたかな。

なんかね、今回のライブは音楽中心でめちゃいいよ。
ホントに今までは違うライブですっごい楽しめると思う♪

そうそう、新曲は4曲くらいあってライブで皆の反応を見て決めるみたいで
「いいと思った曲だったらハートを下さい」って言ってたの。
どれもイイ曲でしょとも思ったけど(笑)



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:代々木競技場第一体育館
REPO:ちゃいころ
DATE:2000/4/16
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
4月16日、晴れてるけどちょっと肌寒い東京にて。
代々木第一体育館にて、GLAYのライブを見てきました。

私が行ったのは午後遅くなってからなのですが、すでに人がいっぱい、あふれるようでした。
もちろんお約束のコスの方々もちらほら。
ヒサコスの方々はチャイナ服が多かったですね。

オフィのBBSではいろんな企画をたててる人たちがいましたが、
今回はどれも見つけることができず、参加できませんでした(TT)

今回は自分でチケが取れず、メル友のかおぷぅのご好意で
一緒に見させてもらう事になり、彼女には大感謝です。
しかし住所が離れているので会場で落ち合うことになり、
ケータイが通じなかったので1人で中に入りました。
席はアリーナC6列、TAKUROさん側の後ろのほうです。
でも、ステージとの位置はEXPOの時のAブロックの後ろと似たような距離に感じました。
(つまり,EXPOの時は1ブロックがめちゃめちゃ広く長かった)
席にて無事にかおぷぅと合流。

本日の開演は6時を10分ほど回ってからでした。
客電が落ちるとステージの奥の壁がすべてスクリーンになっていたのに気づきました。

幾何学的な映像が流れ、いつのまにかメンバーがステージに登場。
久しぶりのライブで音がすごいです。

1曲目「HEAVY GAUGE」
PCのスクリーンセイバーによくありそうな、万華鏡のような不思議なループなどの映像を
バックに重々しく始まりました。

2曲目「FATSOUNDS」
ここで一気にいつもの弾けた演奏が始まりました。
今日の生ひゃ―――――→は実に伸びやかでした。ちょっと高音で。

MC
TERU「昨日は聞かせる曲が多かったので、今日はキレる1日にしたいと思います。」

3曲目「誘惑」
上記のキレる発言のすぐ後に始まったこともあって、観客は大歓声を上げてました。
ここあたりから後ろのスクリーンが3分割されてメンバーが入れ替わり映るようになり、
表情などもよくわかりました。
どうも、まだ始まりのほうなのでメンバーはひたすらクールに振舞っていたような。
HISASHIさんはよくステージ左側のほうで動き回ってくれました。

4曲目「ビリビリクラッシュメン」
イントロが始まった途端、観客、大喜び。
「街に潜む〜」のところで今日最初のTERUさんとJIROちゃんの絡みが見れました。
1本のマイクで歌うところですね。
今回もステージ中央で、かなり密接してました。
HISASHIさんのギターソロがすごく良かったです。飛ばしてるって感じ。

5曲目「生きがい」
いろいろなことがあったから、余計に身にしみる歌でした。
まっすぐに力強く歌うTERUさんの姿は立派でしたよ。

6曲目「ここではない、どこかへ」
夏の幕張を思い出しました。
今日は室内で、しかもまだ肌寒い季節なのにとてもさわやかに聞こえました。
ステージ上ではあまり動き回らず、しっとり歌っている感じ。

MC
TERU「今回のツアーで新曲をいくつか披露して、みんなで一緒に成長させたいなと思います。
昨日の曲は「代々木の歌」っていうんだけど・・・(笑)
今日のも仮タイトルに凝りたいと思いまして、「ジャック・ダニエル」


7曲目「仮タイトル・ジャック・ダニエル」
「生きがい」とかのテンポかな。でも中身はかなり違いまして、もっと前向き、
ガンガン行くぞ!といった感じの曲に聞こえました。

8曲目「月に祈る」
TAKUROさんの静かなギターソロからスタート。
最初は何の曲だかわからず、いきなり激しいドラムが始まったとたんに「きゃ〜!」です。
CDよりめちゃめちゃ速いテンポで途中で音がごちゃごちゃに聞こえたりしました。
TERUさん、早口言葉のように歌詞が飛び出してましたよ。
でも間違えなかったよ。

9曲目「彼女の“Modern・・・”」
おなじみ、お約束のナンバーなので、メンバーも観客も余裕でノリノリでした。

10曲目「HAPPINESS」
一転してしっとり。

11曲目「LEVEL DEVIL」
また凝った映像が流れまして・・・。
間奏ではメンバーみんな、演奏バトルのようでした。

12曲目「COME ON!!」
周りの手の振りが激しくて、画面がよく見えなかったんだな。
それくらい、みんなノッてたってことですね。
ここで間奏にメンバー紹介がありました。
いつもの順番、TOSHI,SHIGE,JIRO,HISASHI,TAKURO,TERUの順で。
さっさっさ〜っと終わらせたという感じでした、各メンバーのソロ演奏は10秒くらいだったかも。

13曲目「サバイバル」
今回も歌詞は完璧。

14曲目「Will Be King」
スクリーンには朝日が昇るシーン。
それから早回しで昼になり夜になり。
曲調が変わったところで青空のシーンになったのが印象的でした。
TERUさんの声は伸びやかで、ものすごく映像と合ってました。


アンコール
今回は歌は出なくて、「GLAY!」と呼ぶ声と手拍子の嵐でアンコール。
そして出てきてくれたメンバーは全員ヘビゲTシャツ姿。
HISASHIさんはこれまたお約束に、スタッフパスを首に下げながらの登場。

MC
TERU「コールありがとう、・・・(会場が)暗くなってりゃ出てくると思うよなあ。
久しぶりにこの曲をやりたいと思います。」


15曲目「BE WITH YOU」
「あなたにあえたこと〜!」と歌った声がよく通っててすばらしかった。
16曲目「マーメイド」(新曲)
「今度はクールなので、思いっきり頭振っていいよ」と、アリーナ前列の誰かに
向けたように言ったようなTERUさん。
この曲は「サバイバル」系かな。明るいハードナンバーでした。

17曲目「口唇」
最初、聞いたことのないインストが流れたので会場中で「?」が飛んでました。
TAKUROさんとHISASHIさんのギターの絡みが見れて,それがカッコよかったです。

18曲目「SHUTTER SPEEDSのテ-マ」
MC
JIRO「ヘイ!」(これだけ)
今日のJIROちゃんはひたすらクールで演奏に集中してる感じです。
髪が長くなったために目がよく見れなくて、雰囲気も違って見えました。
でも、今までにないスタイルで髪を振り乱しながらの演奏と言う姿もカッコよかったです。
歌っているJIROちゃんの後ろではTERUさんとHISASHIさんが同じように後ろを向
いて体を揺らしてました。それがなんだかおかしかった。
今回のボーカルチェンジはゆっくりと。
TERUさんはずっとJIROちゃんの近くに立っていて、すんなり交換した感じ。

19曲目「More than Love」
本来の今日のラストナンバー。
久しぶりに聞いたのですが、余裕で弾けててよかったです。


演奏後、メンバーがステージ前に出てきて別れのごあいさつ。
しかし、なにやら固まって歩いたりして様子が変。
しかもTERUさんのいたずら小僧のような笑顔が見える。(可愛かった)
HISASHIさんとTAKUROさんが歩きながらこそこそ相談事・・・
そして、手を振っていたはずのメンバー、いきなり所定の位置に戻って楽器を持ち出しました。

MC
TERU「ほんとはこれで終わりなんだけど・・・。今ごろPAのOOさんが(名前がわからず)
慌ててると思います(笑)昨日、オフィシャルのBBSを見てたら今日来てる子の中に
『失明するかもしれないけど、見たい』って言う子がいて・・・。
その子がもし今日来ていたらと思うと、その子のために一曲、やりたいと思います。
・・・なにがいい?」


20曲目「ACID HEAD」
最初は即興で演奏し、「代々木のみんな〜、元気ですか〜♪」とか歌っていたけれど、
そのうちにTAKURO氏のお約束のギターが鳴り響き、TERUさんの「ラスト〜!」の声
とともにスタート。
途中の「ヒーローを撃て」などのところはJIROちゃんが歌っていたようですが、
ファンの声が大きくてよく聞こえず。
間奏のTERUさんのシャウトはいつもより多め。
ラストの「ACID HEAD!」と繰り返すところでは、最初はTAKUROさんが、
次はHISASHIさんがTERUさんと絡んでシャウトしてらっしゃいました。
すごい迫力に、燃え尽きた感じです。

そして、今度こそ本当にライブが終了。
スタッフロールがスクリーンに映し出されました。
最後まで凝ってます。


今回のライブ、全体的に時間が立つのが早かったです。
曲感が短くて、MCも少なめ。
あきさせない感じで、それはそれでよかったと思います。
会場の雰囲気もいい感じでした。
スクリーンの大きさと、カメラワークのよさで楽しめましたよ。
画面が3分割されて、JIRO・HISASHI・TAKUROが同時に大画面に映された
間奏の場面などは驚きと嬉しさで「おお!」と言ってしまいました。
詳しいことはわからないのですが、特にHISASHIさんのギターソロが
すごく鮮やかな音できれいだったです。

個人的には、スクリーンに映るTAKUROさんとJIROちゃん、よく間違えてしまいました(汗)
髪の色が似てたし、長さも似てたし・・・
TERUさんとJIROちゃんを間違えたっていう人もいるようですが・・・。

それと、ライブ中に何度か警備スタッフのネスターさんを見ましたよ。
実は前にもお見かけしたことがあるのですが、やっぱり大きい人でした。
客席に異常がないか、ずっと歩いてみていたようです。
せっかくのライブ中なのにスタッフの人は楽しむわけにはいきませんものね、
大変だな―と思いました。

とにかくメンバー全員、いい顔してたと思います。
そして、今日のファンはマナーもよく守って、いい雰囲気だったと思いますよ。
最高でした!

*********************

そんなわけで、無事に帰ってきた次第です。
このレポはツアー前半戦が終わったころに私の個人HPに乗せるつもりです。
よかったらそちらも見てみてくださいな。
知ったかぶりのGLAYのお話、いろいろ載せてます。
今時、画像なしの地味なものですが、文字だけはいっぱいあります。

http://chaikoro.hp.infoseek.co.jp/

こちらになってます。

では、長い文章を読んでいただき、ありがとうございました。



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:代々木競技場第一体育館
REPO:あやこ
DATE:2000/4/18
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
『FATSUNDS』:TERUさん・ファン共に"大体お前気にいらね―!"
『彼女のModern』:今日は怒る人(?)がいないから、思いっきり騒ごうぜ!
で会場ノリノリ もちろん叫びまくった〜
『Young oh!oh!』:ライブで始めて聞いた。全員で"FU〜FU〜"
『新曲』:"WO WOジョニー"って言ってたんだね。実は何て言ってるのか分らなかった・・
ギターを弾きながら歌ってるTERUさんに惚れ惚れ(はあと)
『HAPPINESS』:ここでハプニングが。
曲が終わって拍手する寸前に何やら謎の音が・・
どうやらHISAがギターを弾いてしまったらしい。速攻謝ってたみたい(笑)
『新曲』:"マーメイド"より"WO WOジョニ―の方が好きだな。私的にはね。
『Will Be King』:TERUさんが「次の曲でラストです」と言ったら会場中から
"えぇ〜〜〜嫌だ〜〜〜"の声が・・・
「みんなのブーイングを一心に受けるのはボーカリストの使命なのでしょうか」と。
それでも「最後の曲です」と言うとまた"えぇ〜〜〜"と、
これにはTERUさんも困ってました。

〜アンコール〜
16日の時に"明るくならないから出てくるの分ってたでしょ"と言ったら
"そんな事言ったら冷めるでしょ!"と怒られたので今日は言いません。
ありがとう―――!!みんなのコールを裏で待ってました―――ッ!!!!
と。
そんな事言わなくてもいいのにと思いつつ、素直に言ってしまうTERUさんが
また好きだよ(^_-)☆
『summer FM』:夏を"なちゅ"と言ってしまって照れてるTERUさん。
「クールにクールに」と自分に言い聞かせてるTERUさんがまたカワイイ!!
もちろん♪聴くなら〜テルミー bayfm♪でした。
『生きてく強さ』:外で聞いてる子の為にと。
みんなで♪生きてく強さを重ね合わせ〜♪と大合唱!!
『SUTTER SPEEDSのテーマ』:やっぱり一言しか話さないJIROちゃん。
"代々木"もなかった。間奏でマイクスタンドを後に投げたTERUさん
カッコイイ――――!!
ここでメンバー紹介。スペシャルゲストで佐久間正英登場!
『ACID HEAD』:TAKUROと佐久間さんのギターでイントロが始まると、
最後とばかりに暴れまくったぁ〜

今回はたくてる・じろひさのカラミが多かったよ
特にたくてるはラブラブって感じだったよ〜
うらやましい限りだ。
初日よりはステージに近かったけど、画面が見づらかったからメンバーの表情が
あまり分らなかったのがちょっぴり残念・・・

昨日はTERUさんの歌声が胸に入ってきて
すごい感動した。
これで私の前半戦は終了!
後半戦まで長いな〜



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:代々木競技場第一体育館
REPO:みーや
DATE:2000/4/18
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
4月18日・・この日をどんなに待っていたか・・
朝8時の新幹線に乗って、やってきました!青森から東京へ・・・
着いてすぐ会場へ行きたかったのですが、いろいろな用をたして到着したのは午後4時半・・
すでにメンバーキーホルダーやチョロQバスや暴露本?!は売りきれ!!
明日もあるけど、パンフやステッカーなど頼まれ物もあり、いろいろ買ったらすごい荷物!!
ふ〜〜
でもどんなに荷物が重くてもすでに足が痛くても・・気持ちはもうライブモード!!

ネットでのお友達に会ったり・・(すももさんたちにお会いできなかったのはとても残念でした)
結局、開演ギリギリに入場・・
まだ落ち着かないうちに暗くなっちゃって・・
(今回GLAYさん方ほとんど時間通り・・これから行く人気をつけて!!)

メンバーの衣装は印象だけ・・・(笑)

TERUさん今日は首輪なしでした。
TAKUさん相変わらずスレンダー・・(ごめんこれだけで)
HISAくんおひざがかわいい〜〜
JIROちゃん黄色いTシャツを中に着てます。くつはニューバランス?
もうバッファは履かないのかな・・
       髪はフワフしていてわたくし的にはお気に入り!!

<HEAVY GAUGE>
<FATSOUNDS>
<COME ON!!>
 
アルバムの流れがそのままライブでも気持ち良くて、
HEAVY〜のサビはベース弾きながら口ずさんでるJIROちゃん・・
そういえば「この曲が1番好きだ」って言ってたもの・・

そしてあとの2曲・・もう何も考えずにノリノリ・・・
HISAくんボルトがなくなって軽くなったせいか・・あのかかとの高いくつで華麗な舞い・・
ホント美しくって見とれちゃいました。
それにCOME ON!!のハモリはなんとJIROちゃん!!なんだかうれし〜〜
  
MC・・「楽しんでますか??思いっきり弾けようぜ〜〜叱るヤツもいないし騒ごうぜ〜・・
ってことで、ノレル曲を用意してきたんでいくぜ〜」


<彼女の”Modern”・・>
この曲はTERUさんの出だしの掛け声がいいんですよね〜〜ライブって感じで!
<Young,Oh!Oh!>
これやってくれると思ってなかったからすごいうれしいくて!
<生きがい>
<ここではないどこかへ>
そしてMC  TERUさん熱く語る
「サイコーに気持ちいいです!!ありがとう・・」
わたしたちも〜〜〜!!

そして待ってました。うわさの新曲・・毎日曲名が変わるらしいけどこの日は聞き取りにくくて
<WoWoジュリー>????<WoWoジェニー>???
出だしが『恋は??のように・・・』
すごい高音の部分があるけど、TERUさん気持ち良さそうに歌ってました。
TAKUROさんはピアノです。・・でそのまま
<HAPPINESS>これにはかわいい?!アクシデントがありました。
曲が終わってシーンとしているところへ「ボー」って音が・・
実はHISAくんだったらしい!。ふふ・・・自分のラジオ(4/20CNC)で、告白済みです。
この「ボー」のあとにしばらくして急にベースの音が・・
そしてなんの曲でもないのにセッションが始まったの!!
みんな聞き惚れてしまったんですが・・今考えてみるとHISASHIくんに「どんまい!!」って
激励してたのかも・・
この「間」が次のすごい演奏につながったんじゃないかな・・と!!
やっぱり4人の絶妙なバランスに感動です

MC「みんなの熱い想いを吹きこんでくれ〜〜マーメイド〜〜」
そしてもうひとつの新曲<マーメイド>・・・これはもうバンドの醍醐味!!
HISAくんとJIROちゃんの妖しいほどい気の合った掛け合いに圧巻です。

<LEVELDEVIL>
スクリーンのCGが見もの!(わたしのスタンド2階Gなのでぜんぜんスクリーンは
見れないので)らしい・・・
そして、TERUさんとTAKUさんのこのふたりにしかできないだろう(謎)のからみ!!
すごかったぁ〜〜
<月に祈る>
初めてナマで聴きました。HISAくんとTAKUさんの掛け合い!!
ツインギターの美味しいところ、見せていただきました。
<SURVIVAL>
<誘惑>
お馴染みの手降りソング・・
あのお決まりがイヤだな・・と思ったこともあったけど、
この2曲は、《幕張》での20万人の手降りを思い出します。
だからこれはお決まりでいいんだな・・と新ためて思いました。

MC「みんなのブーイングを一心に受けるのはボーカリストの使命なのでしょうか・・」
みんなまだ終わって欲しくないものね!
<Will Be King>
これで本編終了。
そうそうコーラスにJIROちゃんが参加してます。
今回マイクに向かうJIROちゃんが案外多いんです。

〜〜アンコール〜〜
MC「みんなのアンコールの声を裏で間ってまたぁ!!」
   「では‘なちゅ’の歌・・」
あれ??TERUさんってこういうところかわいいよね!
<summer FM>
  聴くならBay FM〜♪でした。

MC「外で聞いてる子たちにもきかせてあげよう〜〜」
<生きてく強さ>
   もうみんなの声すごかった〜〜
そしてじろサイトとしては、この曲はほんと‘ベース’の音いっぱい聴けてそういう意味でも
好きだなぁ・・

<SHUTTER SPEEDSのテーマ>
   待ってました!!いつものハデさはないけど、やっぱりノリノリには必要な1曲ですね、
  そのまま軽くメンバー紹介しました。そして佐久間さん登場!!

<ACID HEAD>
  みんな最後の曲だから大暴れ!!
  ちゃんとJIROちゃんもジャンプしてました。
最後は特効あり!!
TERUさん「サンキュー!!また会おうな」って何度も言ってくれました。

でももっといて欲しくてエンディングの画面が流れてもアンコールは止みませんでした。
結局出て来てもらえませんでした。
それはとても残念だけどライブは大満足でした。

JIROちゃんが元気ない・・って声を聴いて心配してたんですが
モクモクとベースを弾くJIROちゃんをじぶんの目で見たら「ちがうよあれはただ
一生懸命なんだよ」って安心しました。
笑顔も見れたしね。

後日Diaryに書いてくれましたね。
JIROちゃんらしい〜〜やっぱり・・ね。

あっというまの2時間でした。
つたないレポを最後まで読んでくれてありがとう!!



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:代々木競技場第一体育館
REPO:MAYUMI
DATE:2000/4/19
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
HISASHIの衣装は、みんなが書いてる通り、黒っぽい
グレーっぽいマントに、ブーツだったんだけど、
最初に登場した時、顔の上半分だけのマスク
(なんと説明したらいいか・・・仮面舞踏会みたいなヤツ(!?))をしてたの!!
そのまま最初のMCまで演奏してたんだけど、そのなんとも
妖しいお姿が・・・も〜〜マジ超最高にカッコいい〜〜〜!!(爆)
ホントに・・・なんであの御方はあんなに素敵なの??

TAKUROさんはロングのジャケットを着てたんだけど、やっぱ背が高いだけあって、
ロングジャケがすっごく似合っててカッコよかったっす。(^^)

JIRO・・・襟に金具のようなものが付いた長めのジャケットにパンツ、赤のインナー。
            今回のJIROクンの衣装は、いつものPOPな感じではなく、『ロック兄ちゃんっ!』        (!?)みたいな感じでした。

TERU・・・始めは同じく長めのジャケットに黒いパンツ。
           でも、『ここどこ』のときにジャケットを脱いで、Tシャツ姿に。(柄は曲のところに書いた       通りね。)あと、とげとげの首輪(←なんかスゴイ表現だ・・・)をしてました。

全曲紹介にはなってないけど・・・。いいかな〜??

@HEAVY GAUGE
やはりこの曲から、ということで・・・。
JIROクンのベースがいつになく激しい・・・。
今回のJIROクンは、男らしさを前面に出したようなプレイぶりでした。
(でも、お茶目なJIROクンも捨て難いんだけどね〜(笑))

Cグロリアス
「今日はみんなで歌える曲も演るんで・・・」
ってことで・・・。

Dsummer FM
この曲を演るとは思わなかった・・・。
(ちょっと季節ハズレかな〜と。(笑))
でも、HISASHIのアコギは相変わらず切なくも美しい。(爆)

Eここではない、どこかへ
ここで、TERUがジャケットを脱いでTシャツになってた。
(黒にTシャツのすそから炎の模様(?)胸にたぶんドクロの横顔)
そろそろエンジン全開!?
 
IHAPPINESS
始めの方でTERU氏いきなり歌詞を飛ばす!!
「がんばって〜!!」的な拍手がおきてた。(笑)
でも、次のMCの時に、両手を合わせて、「ごめんなさい・・・(笑)」
と謝る姿は、相変わらずのお茶目なテッコでした。(^^)

K新曲「マーメイド」
題名とは裏腹に結構激しめの曲でした。
私的にはなかなか好きかな?

NWill be King
HISASHIのシタール・・・もうなんて素敵なの??(爆)
-------------------------
Enc.
@Savile Row
この曲は、最近ちょっと個人的に思い入れがあって、
(HISAラジでリクエスト読まれた♪♪)
ひたすらHISASHIばっかり見てました。(笑)
浸りすぎて、なんだかじ〜んときたりして・・・(^^;)ゞ
でもこの曲の最後の方で、またまたTERUがちょこっと歌詞を飛ばしちゃった!
も〜!!TERU〜〜!!人がせっかく浸ってたのに〜。(爆)

A生きてく強さ
「外にいる子たちも一緒に・・・」ってことで・・・。
「〜〜愛に生きる〜WOW WOW」の「WOW WOW」のところで、
HISASHIが腕を振り上げる!!
「きゃ〜♪HISASHIもあんなことするんだ〜!」とちょっと感激(☆0☆)

B彼女のModern・・・
CMore Than Love
なんとなく本編では飛び足りない!!と思っていたけど、(笑)
この2曲連続で一気にハジけた!!

DACID HEAD
ホントはこの前の曲で終わって、みんなでジャンプ!もやって、帰りかけたんだけど、
なにやら帰り口の所でひそひそと話すメンバー・・・。
そして、再び登場!!
「やっぱ、今日は最終日だし、名残惜しいんで・・・」って言いながら
「それじゃ、コレで最後だから激しいナンバーいくぜ〜!!」
待ってました〜!やっぱ、コレがなきゃ〜!!(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あと、HISAレポとしては・・・(笑)
HISASHIの後ろには、ガイコッツが4つ(大2・小2)あったよ。
『HISASHIの舞い』は相変わらずカッコ良過ぎ!!でした。(^^)
んで、曲と曲の合間に、水を飲んだり、タオルで顔をふいたりする何気ない
仕草もかなり素敵・・・(爆)
それから、演奏中の生足チラリも鼻血ものだけど、(爆)
アコギとかシタールを弾く時って、スタンドにギター立てて弾いてるんだけど
そのギター弾き終わって、自分が持ってるTALBOに変える時、足でスイッチを
切り替えるのね。その時に足を前に出した瞬間にチラッと見える生足が・・・
この仕草がも〜たまらん!!(←なんかかなりヤラレてる??・爆)

なんか、かなり自己中なレポでスミマセン・・・。(^^;)ゞ
でも、HISAファンの人にも喜んでもらえたら、嬉しいDEATH。
しかし・・・こんなレポでいいのだろうか・・・(笑)
なんだかつたない文章でごめんね〜。



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:代々木競技場第一体育館
REPO:みーや
DATE:2000/4/19
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
19日の予報は夕方から雨・・降ってほしくないよね。
原宿に12時半到着。すでにグッツ売り場の前に長蛇の列・・・
そのまま2時まで並んだまま・・お友達とおしゃべりして待ってました。
時間つぶしにコスプレさん見学!!
「いたいた!今日はTERUさんが多いなぁ・・・」
で、その豹柄のスタジアムTERUさんや夏の幕張TERUさんやスーツでビシッとの
TERUさんの中でひとり華奢で、なで肩な人、見つけちゃいました〜〜
HISASHIくんそっくりコスさん・・コスさんというよりそのまま‘彼’って感じ!!
タバコを持つ手・・ちょっと首をかしげて話すしぐさ・・
もうため息ものです。
グッツを無事ゲットした後、勇気を出して「写真、いっしょに撮っていいですか??」
快く「OK!」してくれました。
きっとこの写真はわたしの宝物となるにちがいない!!


18時45分・・・近未来的なSEにのって暗闇の中からステージがせりあがってメンバー登場!

<HEAVY GAUGE>
<FAT SOUNDS>

昨日と同じオープニング・・ここはきっと変わらないんじゃないかな・・(それだけはまり過ぎ・・)
<SURVIVAL>
今日の会場のノリは昨日に増してなんだかすごい気もする・・

MC「代々木ラストです。これから地方に行くので、みんなからパワーをもらいたいと思います。
みんなで歌える歌を用意してきました。いくぜ〜〜グロリアス〜〜」

<グロリアス>
TERUさんがハモリのところを歌ってくれて、会場のみんな大合唱!!
<summer FM>
HISAくんのギターの音色にうっとり・・
TERUさんはタンバリンを持って・・今日も「Bay FM〜♪」でした。
<ここではないどこかへ>
TERUさん、上着を脱いで、炎のTシャツになってました。
MC「今日もしあわせをかみしめながらやってます。みなさんもいろいろあると思いますが
生きがいを見つけてください。 僕達の生きがいはこうしてステージに立てることです。」

<生きがい>
TERUさんの歌もいつもより熱がこもってるカンジ・・・
そして、HISAくんのギターが心に染みて・・・
<Freeze My Love>
TAKUROさんとHISASHIくんの掛け合いのところは何度聞いてもすごい〜〜
スクリーンにアップにされてコーラスするJIROちゃんも見れました。
打ちこみ?のドラムから始まる<口唇>TERUさんとTAKUROさん、
JIROちゃんとHISAくんのかけあいもお決まりだけど、何度みてもカッコイイ〜〜
TAKUROさんのピアノから始まって、<HAPPINESS>
『覚めてもいる夢は・・・』というところで」TERUさん歌詞を飛ばしてしまって・・
でも会場にいるみんな・・あたたかくってみんなそっといっしょに歌ってた。
<LEVEL DEVIL>
みんなノリノリ・・・
ヘドバンしながらドラムの台の上でベース弾くJIROちゃんでした。

MC「いやぁ・・すっきりするね」「次は熱いみんなの魂をつめて育てていきたい曲です。」
<マーメイド>
もうこれはきっとTERUさんが言うようにライブでもっと大きくなっていく曲ですね。
<COME ON>
<誘惑>

もう勢いのまま!!

C「次の曲で最後になります。これから全国に旅立ちます。過酷なツアーとなると思います。 
どこかでまたお会いしましょう」

<Will Be King>
あのCDのストリングスにはかなわないと思うけどJIROちゃんやTAKUROさん、
コーラスがんばってました。
スクリーンには夕日や青空などの壮大な景色が・・・
前日見れなかったので新ためて感動しました。
TERUさん今日も何回も「ありがとう〜〜」って言いながら、去って行き
TAKUROさんは両手を広げてお辞儀をしてくれました。

そして『ENCORE』最初はそろわなかったんだけど、突然会場が一体となって
キレイに揃いました。

ツアーTシャッツに着替えたメンバー・・
ベースやドラム・・タンバリンを持ったTERUさん、即興の歌を披露〜〜
『代々木最終でとても楽しくて・・幸せ幸せ♪みなさん楽しんでますか?
2階楽しんでいますか?スタンド楽しんでいますか?アリーナ楽しんでいますか?
代々木楽しんでいますか?イヤァ〜〜』

MC「アンコールありがとう〜〜」
「では次の曲は僕らがロンドンに行く時に作った曲です。」

<Savile Row>
MC「この歌を外のみんなに全国に聞こえる様に歌おうぜ〜」
<生きてく強さ>
いつものTERUさんの「彼女のもだ〜〜ん」
<彼女のModern〜>
で、「ラスト〜〜〜」
<More than Love>
JIROちゃんジャンプ〜〜で跳ぶ跳ぶ!!
TERUさんドラムのところからジャンプ!!
HISAくん『電話蹴り上げ〜』であの御足を蹴る姿あり!!
特効あり・・・で、あぁ・・終わっちゃうんだなぁ…ってちょっと涙ぐんでしまいました。
「Thank you〜代々木〜また会おうぜ〜〜」
何度も叫んでくれて・・・メンバー、今日はバンザイジャンプしてくれました。

そして!!!帰っていくみんなの顔が笑顔で、なんとまたステージに戻ってきてくれたんです。
「みんなの顔見てたら帰りづらくなっちゃって・・あと1曲だけ〜〜」
<ACIED HEAD>
もう暴れまくり・・・
今日は新曲も1曲だけだし、SHUTTER〜も聞けなかったけど、すごいいいライブでした。
TERUさん「行ってくるよ〜〜」にみんなで「いってらっしゃ〜〜い」で送りました。
メンバーもすごく満足そうに見えました。

長いツアー・・怪我や事故もなく・・がんばってね!!



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:盛岡市アイスアリーナ
REPO:せたがやのゆきこ
DATE:2000/4/23
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
盛岡は雨で冷たかったよ
じゃーじゃー麺食べようかなぁと思ったけど、それどころではなかった(苦)
会場はアイスアリーナ。
代々木よりはふた回りくらい小さく、ほぼ正方形のホールで音が最高によかったよ。
寒くて待ってる間、震えてたけど、ライブがスタートしたらもうパワー全快!

TERUくんはこの日、MCが冴えてて、けっこうしゃべってくれました
   「今日はホントウに気持ちがいい(笑)
    頭がすっきりしてるんだ。
    喉も調子がいいし。
    今日はみんなも、ライブを待ってたでしょ?
    熱い気持ちを、思いっきりぶつけてくれよ」

   「俺達は2年前だけど、安比でやって奇蹟が起こったのをみたんだけれども(歓声)
    GLAYは何度も奇蹟を起こしてるのを見てきたんだけども
    〜これから長いツアーがはじまるんだけど、こうして
    いろいろな事を乗り越えられたらと思う〜」

   「こうしてみんなの笑顔をみれるのが俺達の生きがいなんだけれども
   みんなも、みんななりの生きがいを見つけてくれたらと思います」


 あ〜、MC忘れてしもうたぁ〜。
 でも、かなりご機嫌で、TERUくんが照れ笑いした時、
 みんなが「きゃ〜〜〜〜〜〜〜!!!!」
 って叫んだら、もっと照れちゃって、
 「素にもどっちゃだめ」とかいって手をノーのポーズしてくれたの。
 かわいかった。
 あと、JIROちゃんもかなりノリノリで代々木の何倍も飛びまわって、前に出たりしてた。
 
 そして、この日は新曲2曲ともやってくれました。
 ひとつは「マーメイド」←これはもう、本決まりのタイトルなのかなぁ??
 激しいナンバーでしょ。
 TERUくんが、この曲紹介で
 「昨日は盛りあがりすぎてアリーナが揺れちゃって
 この大画面が前に倒れてきちゃって大変だった
(みんな爆笑)
 
押さえて押さえてぇ〜〜〜〜って(笑)」
 なんてギャグいってみたり(爆)
 もう一つの、コレがタイトルがまだないらしく、
 代々木では「代々木の歌〜♪」とか、「カルボナーラ」とか紹介してましたが、
 この日は
 「もう一曲みんなに聴いて欲しい新曲があるんだけれども・・・・・」
 って、TERUくんがつまって、TAKUROさんのところにいってなにやらこそこそ笑みも。
 タイトルは 「ジャスミンティーを飲みながら!」
 でした。あちき、個人的にはすっごくスキで、歌詞はまだわかんないでいるけれども、
 メロディとTERUくんの歌が胸に込み上げてきて涙がでちゃうんだ。

 アンコールは4曲。
 7時15分には終わりました。

 今日もさいこうだぁ〜〜〜〜〜〜〜〜
 と余韻に浸ってるあちきでもその日ばかりはいかなくって
 ダッシュでシャトルバスに乗り込み、
 8時発の新幹線に乗りこんだのさ。
 やぁ〜即出はいかにハードか知りました(爆)



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:仙台グランディ21
REPO:ともみ
DATE:2000/4/26
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
「真夏の〜」って曲は、「代々木のうた」と一緒です。

「生きがい」の途中で(ギターソロのとこ)TERUさんは
下げて!下げて!とスタッフの人に身振り手振りで訴えていました。
ちょっと声の調子悪かったみたいで、首をかしげていました。
TAKUROさんは音楽に集中してる感じでした。

「LEVEL DEVIL」ではヘドバンして元気いっぱいでした。
マイクスタンド投げた!

登場ですが代々木同様、下から上がってきました。
ヒサ、黒のマントにゴーグルみたいなのを付けてました。
(途中で脱ぐ→背中にドクロがありました)
テルは代々木初日と一緒。
タクロウは水色に近いエメラルドの上下でキラキラしてました。
ジロウちゃんは黄色のTシャツに紺色のヒザ丈の上着着てました。

初日ということでノリはちょっともの足りない感じでした。
TERUさん、あおってくれたりしました。

「HAPPINESS」と 「Will Be King」 で手拍子しーの(>_<)
(静かに聞きたかったです)
「Savile Row」では無反応、、、。
(ここで手拍子しようよ!!)

しかし!アンコールの声がめっちゃ大きかったのがすごかったです。
GLAYチャチャチャの人はいなかったです!!

TERUさん、髪が黒くなってました!
ヒサは青でした。

ゴメンなさい。
何か曲名が変になっちゃいました。
しかも〜MC〜がどこだかわかんない!
おぼえてません(爆)

ライブ終了後、雨がザーザー降ってました、、、。
けど最高でした。
みんな大満足で帰ったと思います!

P.S
リハの音がめっちゃきこえました。
「HEAVY GAUGE」の時、
すごい一生懸命うたってるのを聴いて
感動しました。



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:仙台グランディ21
REPO:ともみ
DATE:2000/4/27
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
1.HEAVY GAUGE 
2.FATSOUNDS

〜MC〜
「俺たちに気持ちをぶつけてくれ〜!」
3.誘惑
4.ビリビリクラッシュメン
5.生きがい
6.ここではない、どこかへ

〜MC〜
「最高に気分がいいです!」
7.ゲイリームーアのギターによいながら(新曲)
(代々木のうた・・・今日はアレンジが変わってました)
8.月に祈る
9.彼女のModern・・・
10.HAPPINESS
11.LEVEL DEVIL

〜MC〜
12.マーメイド(新曲)
13.COME ON!!
14.SURVIVAL

〜MC〜
15.Will Be King
HISASHIだけはける時、弾んでました(かわいかった!)
――――――――――――――――
Enc.
いきなりジロウ、タオル投げた!

TERUさん、視力の良さを披露してくれました。
両側スタンド最後尾の人の服装を言ってました。
言われた人は大喜び!!

メンバー紹介。
1.Savile Row
2.生きてく強さ
3.SHUTTER SPEEDSのテーマ

(JIRO激しく弾いてました!)

4.ACID HEAD
(HISASHIも激しかった!)
 

最後、HISASHIはまた弾みながらはけました(笑)

今日は最高に盛り上がりました!
バラードの時の手拍子はありませんでした。
今日も大満足です!
昨日も行った人、お疲れ様です!!

グランディはカメチェがかなり厳しいです!
ビニールバックの中まで見られてる人がました。

今日も震えがくるほど寒かったです!



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:仙台グランディ21
REPO:ちゃいころ
DATE:2000/4/27
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
今回は東京から一人旅です。
しかも、地元の駅でちょっと電話で天気予報を聞いたら
「宮城県・大雨洪水暴風」などなどなど・・・
不安要素たっぷりの022177番のお答え(局番かけてつないだんだな)

でも、ついたら雨もほどほどの降りで一安心。
ホテルに荷物を置いたらすぐにシャトルバスで会場へ向かいました。

前日、てるさんの調子がよくなかったとか、よく水を飲んでいたとか聞いたので
ちょっと心配しつつ、会場の中へ・・・

会場の仙台グランディはきれいでした。
代々木第一体育館より一回り小さいかな。
中もそう感じました。
ステージ奥の画面も一回り小さくて。
でも、けっこう人は入りました。

到着時は時間が早かったせいかグッズ売り場もあまり混んでいませんで、
頼まれもののじろちゃんキーホルダーを楽にゲットできました。
代々木ではあっという間に売り切れ続出だったのに、拍子抜けするくらいでしたよ。

ちなみに、東北の人はあんまり感じなかったかもしれないけど、
その日は雨のせいもあって寒かったです。
大げさに冬用コートを持っていったのですが大正解でした。
と、言ってもその下は半そで・・・。

 そうこうしているうちにライブスタート。
オープニング、2曲目ともに代々木と同じです。

1 HEAVY GAUGE

逆光でドラムやギターなどが影でしか見えないステージ上にひょっこりとメンバー登場。
厳かな雰囲気になりました。
間奏のシャウトを聞く限り、てるさんの声は大丈夫かなと思ったです。

 FATSOUNDS

生ひゃ――――→がちょっと低音に聞こえた気がしました。
だからか、あんまり印象がないです。

MC
TERU:「俺たち、気持ちが前に前に行ってるから、今日は突っ込んでいきたいと思います。」

3 誘惑
4 ビリビリクラッシュメン
今日の絡みもシンプルに・・・

5 生きがい

このあたりから、てるさんの声がかれてきてしまったような気がしました。
間奏の間でも水を飲みに行ったりするのも多くなりました。

6 ここではない、どこかへ

所々、歌い方を変えていたような・・・。

いきなり暗がりの中、メンバーが集まってミーティング・・・曲名を考えている様子。
ひささんだけ、なぜかちょっと離れた位置で。

MC
TERU:(いきなり大声でごあいさつ)元気ですかー!ぼくは元気でーす!」
・・・(言い方が)小学生みたいだ。

ここでJIROに怒られた様子…(^^;

TERU:「ずっと代々木からタイトルを変えてきたんですが、今日のタイトルは
ゲーリー・モガのギターに酔いながら。」


7 新曲ゲーリー・モガのギターに酔いながら(仮)
ウォンビーロングの歌です。(こう聞こえる)
てるさんギターもってたくろうさん、キーボードに座ってます。
もう演奏もすっかりこなれて余裕があるように感じました。

8 月に祈る

最初はそうでもないのに、1番のBメロに差し掛かったころには
すっかり高速プレイと化し、めちゃめちゃ激しくなりました。
ひささんとたくろうさんのステージ中央でのギターの絡みは圧巻です。

9 彼女の“Modern・・・”
10 HAPPINESS

前日のテルミーで言っていたとおり、思い切り感情を込めて歌ってくれたてるさん、
高音が苦しそうだったけど、いい味でてました。
ラストのたくろうさんのキーボードがいい余韻を残してくれて、しみじみと響きました。

11 LEVEL DEVIL

メンバー全員、かなりノリノリ、大暴れしてくれました。
特にてるさん、走り回って元気です。

MC
TERU:「昨日は騒ぎすぎてこの会場の屋根が落ちたんですが、1日で直しました。(^^;
今日も会場をぶっ壊そうぜ!」


12 マーメイド
13 COME ON!!!
14 サバイバル

MC
TERU:「最後の歌に・・・(こう聞こえて、客席はやだー!と大騒ぎ)(てるさん、一瞬
キョトンとして)
最高の歌って言ったんだけど、そういう反応がくるとは思わなかった。(失笑)」

15 Will Be King

たくろうさんの低音のコーラスが、CDと違って別の味がありました。

本編終了。このあと、ひささんがスキップで退場・・・


アンコール

出てきたとき、ステージ中央でじろちゃんがツアーグッズのタオルを投げました。

そして即興でセッション メンバー紹介。
手短なものでした。

16 Savil Row〜サヴィル・ロウ3番地〜

実家が成田なので、この歌には思い入れが強い私なのですが、生でまともにこの歌を
聴くのが初めてでした。(音漏れ組ではあったけど・・・)しかも遠く離れた
仙台で聞けると思わなかったので感激です。

MC
TERU:「みんなが歌える歌をいきたいと思います。」

17 生きてく強さ

サビの部分はかなり長いこと、会場のみんなに歌わせて、てるさんはそれを
じっくり聞いている風でした。

18 SHUTTER SPEEDSのテーマ

今回、じろちゃんはベースを何度かジャカジャーン!と響かせただけでMCは無し。
ベースの音だけで何かを訴えたいようでした。
その姿がカッコよかったです。
間奏ではてるさん、マイクスタンドを持ったままステージ左の端の機材の山に登ってました。

19 ACID HEAD

てるさんの「ラスト―!」の声とともにはじまり。
とっても盛り上がりました。

そして、最後、ひささん、やっぱりでスキップ退場
これがとっても印象的でした(^0^)


帰りはまた雨が降りました。
帰りのシャトルバス内で酔ったけど、それもいい思い出です・・・。

メンバー全員、すごくテンションが高くていいライブだったです。
以上!報告でした。



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:仙台グランディ21
REPO:ともみ
DATE:2000/4/29
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
今日は最初からテンションが高かったです。
アンコールでまさかの「Winter,again」をやってくれました!!
最高でした!
「ACID HEAD」中間のギターソロなんですが今日は、ぶち切れバージョンでした(笑)
前半のTERUさんの声が鼻声っぽかったので心配しましたが、
曲が進むにつれて絶好調になりました(良かった!)
今日は男のコスの人たちが来てました。
TERUとTAKUROとHISASHIです。
(JIROはいなかった、、、)
超似てるのでみんな写真撮ってました。
今日は大興奮でこれくらいしかおぼえてましぇん。
ごめんなさい!



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:仙台グランディ21
REPO:ともみ
DATE:2000/4/30
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
今日はすごかったです!
ツアーのオーラスのようでした!
みんな飛んで弾けました。
TERUさんが目立って超∞かっこよかったです。
懐かしい曲として「HOWEVER」をやってくれました。
「Will Be King」をうたう前、TERUさんが「最後の曲になります」と言ったら、
しばらく歓声がとまりませんでした。
アンコールが終わってはけるとき、TERUさんはペットボトルをスタンドまで投げました!
22年間生きてきて最高の4日間でした!
GLAYのファンになって良かったです!
読んでくれた人!蟻×拾ございました!
みぼりんさんも蟻×拾!!



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:仙台グランディ21
REPO:木星人
DATE:2000/4/30
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
実はスタンド側に投げられたペットボトルとったの私なんです(爆)
TERUさんに手振りまくってたら真上に投げてくれて…(感涙)
ペットボトルは「volvic」のでした〜!(ミネラルウォーターの)
やっぱりポカリと水の混ぜたヤツだったみたいで頭からかぶっていた私は
ライブ終わった後しばらくべたべたしてました(爆)
MCは「Will Be King」の時のMCで
「仙台の皆と俺達との思い出になるような曲になるといいと思います」
みたいなこと言ってくれた時に感動しました〜
あと、今回のツアーでMCが少ない事にも触れてくれました。
音楽だけで俺達の気持ちが伝わっているようでよかったとのこと。
「生きがい」前のMCでは「皆の生きがいを考えながら聴いてください」
「HOWEVER」の時は「目をつぶって聴いてください」とのことでした。



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:石川県産業展示館4号館
REPO:わぁらん
DATE:2000/5/4

GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
LIVE自体は盛り上がってたと思うんです。
でもメンバーの雰囲気がちょっと違ってて、
メンバーの動きも少なかったし、それだけじゃなくて、
音の一体感みたいなものもないと言うか・・・。
(珍しく、TOSHIさんのリズム、ギターとあわなくなったところもあったし。)
そういえばJIROさんモニターにあまり映らなかった。
そのかわりHISASHI兄さんがいっぱい映ってたし、はじけてた。

TERUさんが特につらそうだなって思ったのは、
HAPPINESSのときで、出だしの低い音とかもかすれてたというか、
声に艶がないというか・・・。

あと関係無いのかもしれないけど、警備スタッフがLIVE中頻繁に
いすの上をライトでチェックしてたし、なにより私は55列目
だったのに、ネスターさんがここまでチェックしにきていました。
いつもこうだったかなぁ?
もしかしてセキュウリティーの問題で・・・?

私の考え過ぎですよね!!



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:石川県産業展示館4号館
REPO:わぁらん
DATE:2000/5/6
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
1.HEAVY GAUGE 
2.FATSOUNDS
3.SURVIVAL

〜MC〜
「ハードなナンバーで暴れるぜー!」
4.More Than Love
5.ビリビリクラッシュメン
6.ここではないどこかへ

〜MC〜
「HEAVY GAUGEの意味が分かりかけてきました。
 HEAVY GAUGEの思いを考えて聞いてください。」

7.生きがい
8.Freeze My Love
9.口唇
10.HAPPINESS
11.LEVEL DEVIL

〜メンバー紹介〜
12.マーメイド(新曲)
13.COME ON!!
14.誘惑

〜MC〜
「酸欠になりました。次の曲で最後になります。」
15.Will Be King
――――――――――――――――
Enc.
1.Toshiの武勇伝(新曲)
〜MC〜
「みんなで歌える曲を!」
2.生きてく強さ
3.SHUTTER SPEEDSのテーマ
4.ACID HEAD
 

です。アンコールの新曲は4日の「日替わりメニュー」と同じです。
     周りの人も聞き取れなかったみたいです。

TERUさんののどの調子もよくなっていていました。
JIROさんも元気に動きまわっていたし。
本当に安心しました。 

今日は良いLIVEになりました。

とりあえずこんな感じです。また質問などがあれば答えます。
でもほっとしました。TERUさんとても楽しそうでした。



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:石川県産業展示館4号館
REPO:慧璃
DATE:2000/5/7
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
私は今回!大阪から6時間、車を運転して
石川の最終日に行ってきましたぁ!!

朝の6時に会場に着いたんだけど
あまりにも早くって、駐車場もガラガラで
会場の目の前に車を止めれたんですぅ!!ラッキー★
っで、暇だったので会場の周りをグルリと探索しよう!
って事になって、裏手に回ったらば!
ぬわぁんと!ヘビゲトラックが止まっているじゃないっすかぁ!!
もぉ〜めっちゃかっこよくってトラックのボディーの
HISAくんに素顔で(^^;)頬ズリしちゃったり(*^^*)なんかして
朝から大興奮だったんだぁ!!

っで、2時頃からリハが始まったらしく、
会場が小さいせいか、音漏れどころか、
モロ聞こえで、いろんな曲を車の中からマッタリ聴いて(*^^*)
ところが、TERUさんの歌声がどうも調子が悪いらしく
声が裏返ったり、途中で止まったりで
「もぉ〜いいよぉ〜(><)今日唄わなくてもいいから
休んでくれよぉ〜(><)」なんて友達と言いあってました(><)
それでも、リハは続いていて、聴いてるこっちが辛かった(><)

っで!いよいよライブ開始になったんだけど
やっぱりTERUさんの喉&先日から囁かれていたJIROちゃんの体調が心配で心配で、
出てきた瞬間、不安でいっぱいでした(><)
ところが!一曲目の「HEAVY GAUGE」を唄うTERUさんの声は最高に綺麗に出ていて
曲に感動というよりか、TERUさんの喉が無事だって事に涙が潤みました(:><:)
その後も、いつもの男らしい素敵な声で熱唱してくれて
最高にかっこよかったですぅ!!
何度か涙を潤めているのでは?!と思うような瞬間があったんだよ!
もちろん!投げKISSも健在!!(*^^*)
走りながらチュバッ!ってやったらしいんだけど・・・・・
私はHISAくんに目を取られていて見ソコネタ(><)もったいねぇ〜
んで、心配していたJIROちゃんの体調も良くなったみたいで
SHUTTERも健在!!「ウォ<<<<<」って叫んでくれたよ!!
頭ブンブン振ったり、ピョンピョン跳ねたりしてるシーンもあったりで楽しそうだったぁ!!

ではでは!(笑)ここから私のアイする(*^^*)
HISAくん尚私的爆壊談を始めようとしよう(笑)
まずオープニングのリズムと共に下からゆっくりと上がってきたHISAくん(*><*)
この瞬間!私の身体中に電気が走りました!
そうです!ひとり仮面舞踏会のあの!(自称:エニグマのアルバムのジャケ風)
鷹の羽模様の仮面をして黒ずくめのマントを
羽織って手にはTALBOを持つHISAくんが凛凛しい姿で登場!!
髪は、白銀になってたよ!!(綺麗<<<<<<<*><*)
一曲目「HEAVY GAUGE」では妖しい光の中で、
じっとチカラをこめるように演奏するHISAくんは
まさに妖艶でたくましく感じたよ(*><*)
二曲目「FAT SOUNDS」ではそのマスクとマントを脱ぎ
黒のロング丈の身体に張り付くような上着に背中には例の蛍光髑髏が!!
そして、いつものように短い黒のパンツに
膝丈の黒のブーツ(左右共、横に2つベルトの止め金がついてたよ!)
足を動かす度にチラリと覗く足が綺麗で、もぉ〜エロオヤジそのものになってしまって
双眼鏡で覗いて全身クマナク見惚れていました!(*><*)
何度も何度もジャンプしてクルクル舞うHISAくん!!
もぉ〜エンジン全開だったよ!!

ここからは、曲順など・・・・・壊れてしまった私は覚えてないんだけど(^^;)
なんといっても、曲間で2度もTALBOをかじったり、舐めたりして、(レア物シーンだよね*^^*)
その姿が、私には最高にメロメロになっちゃったんだぁ(*^^*)
めっちゃ好きなんです!パンク的なHISAくん(*><*)
オトコらしい!! しかも!モニタードアップ!!
それに、アップテンポの曲の度に、かなり右へ左へ前へ後ろへと
ステージ内をヒラヒラと舞うように動き回る姿を追うのに大変だった(笑)
TERUさんの影で暴れ弾きをしていたり、そうかと思えば
舞台隅でガッツポーズをしてみたりと、ノリノリパフォーマンスの連続でした!!
JIROちゃんと向かい合って演奏しながら微笑みあったり、
TAKUちゃんとギターの弾き争いをしたり!
(本人達自身すごく楽しそうで、長い時間やってくれたんだ!!アレかなりマジだったよ(笑)
しかも、最後にTAKUちゃんに何かを言って爆笑してたし*^^*)
最後の「ACID HEAD」では、TERUさんと絡み合ってコーラスをやったんだけど、
もぉ〜あの甘い声だけど狂ったように叫びまくってた声が姿が
脳裏から離れないよ(*><*)かっこよすぎっ!!
今回初のHISAくんソロも妖艶な光の中で凛とした姿で演奏してくれて
尚的衝撃!!興奮続きのライブでした!!
モニタードアップのシーンが、かなり多くてモニタ―&実物を追うのに
目がクラクラする程忙しくって、マサに!ミドコロ満載でしたぁ!!
(カメラさん!沢山HISAくんのレアシーンを追ってくれて、ありがとう!って気分だよ*^^*)

席は44列と、余り期待できない席だったんだけど
HISAくんのド!まん前で、私に見てくれといわんばかりに(思い過ごし^^;)
目の前ズドーンと、人の間が空いていて
もろ、頭から足の先まで見れたのぉ!!
スタイル良すぎ!!足も綺麗すぎ!!メロメロよぉ〜(#。#)

私が行ったライブの中で一番!って言っていい程に
メロメロになって帰ってきましたぁ!!
今も思い出す度に、ニヤニヤと妖しい人になってます(^^;)
帰りの車の運転は、さすがに辛かったけど、
あんな素敵なライブを見れたって事で
めっちゃ行った甲斐がありましたぁ!!
ドンドン興奮度を増していく前半ツアー!!
次に会える時には又、どれだけパワーアップしているか、
考えただけで、もぉ〜ウズウズしちゃってます(*><*)

こんなレポとも言えないような私の発狂談を読んで下さってありがとうございます!!
今度こそは、ちゃんとレポが出来るように・・・・・って、いつも思うんだけど
ダメなんだわ(^^;)席に着いた瞬間に、すでにメモ帳すら出そうとしない
自分が居たりする(^^;)タハハ・・・・・スンマソンm(__)m



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:新潟市産業振興センター
REPO:亜梨寿
DATE:2000/5/10
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
仕事が終わって速攻出て、会場についたのは6:20くらい。
とりあえず間に合って良かったと思いながら、、、
6:35。遂にはじまりました。新潟初日。
まってましたの大声援でした。。

こっから、ほとんど記憶喪失で、、、覚えてる部分断片的に書きます。

「MC(いっぱいしゃべっていたんだけど、、覚えてるところだけ)」

「新潟はロックの街だ!一緒にロックしよう&ロックなナンバーで。。
今日は暑い夜ですね、、、っということで新曲―」
→タイトルは、、「熱帯夜」でした!

「分かってらっしゃる。さすがロックの街新潟だ。HAPPINESSを気持ちよく歌えました。」
「ロックの街にぴったりなハードなナンバーの新曲、マーメイド」
「すごいアンコールありがとう。秋田まで行ってたんだけど、あんまりすごいんで
帰ってきました(笑)」


「亜梨寿から見たメンバーの状態」
メンバーは全員とってもノってたように思います。
TERUさんは右へ左へと動きまくってました。投げキッスもいただきました(爆)
TAKUROさんは燃えてる〜〜〜って感じでした。あのポーズいっぱい見れたし。(笑)
じろうくんは、めっちゃめっちゃ飛んでました。HISASHIともいっぱい
からんでいてかなり素敵でした♪
そして、亜梨寿の愛するHISASHIは、、、めちゃめちゃ動いておりました。
TERUさんのMCの時なんかも、その場でジャンプして、、
そのたびあの美しい御身足を見てドキドキでした。

もう、かなりもりあがりました。地元のLIVEはひさびさだったので…。
ハードな曲ではガンガン、バラードなどしっかり聞くときはひたすら聴く!!!
それで、TERUさんのあのMCになったのかなって感じました。。

ホントよいライブでした。



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:新潟市産業振興センター
REPO:亜梨寿
DATE:2000/5/11
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
昨日のLIVEはホント良かったんで、今日のLIVEにちょっと不安もあったけど、、
全然でした。
あっ、今日の新曲は、とっても重いタイトルで、「鎌田行進曲」でした。
「HAPPINESS」が終わったあと、TERUさんが、
みんなほんとLIVEを知ってるっていってました。
私の横にいた友も、新潟って曲の合間にある一瞬の間で、
叫んだりしないね!って!
これが、LIVEを知ってるってことなんだって実感しました。
ちょっと残念だったのは、「Will Be King」で叫んでいる人がいたことでした。

アンコール、すごかったです。メンバー出て来て、ステージ上で笑顔で何か相談!
あれ?HISASHIは??っと思ったら一人で花道のあたりからでてきたような。。。
そしてその輪には交わりませんでした(笑)
私にとって初となった、「Savile Row」はちょっと感激でした。
そのあと、グロリアス、SSのテーマと続きました。
SSのテーマの前のじろうくんのソロ!めっちゃノリノリだったね〜〜じろうくん♪
長かったです。そして、ACID HEADでは、かなり壊れてしまいました。
ここでも、じろうくん、めちゃ元気♪すっごくジャンプしてました。

なんだかあっという間のLIVE、メンバーの笑顔も見れて、昨日以上に楽しいLIVEでした。



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:新潟市産業振興センター
REPO:亜梨寿
DATE:2000/5/13
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
新潟3日目、1日のお休みがあったので、余計に楽しみでした。
LIVEはそれほど押すことなくスタート??だったような気がします。
友達にHISA側のチケを譲ってもらってみました。。

本編では、あら??って思ったのは新曲が「マーメイド」だけだったこと。。
アンコールなのかな???って思っていたのですが、、、なかったですね。
そうそう、本編が終わって、メンバーがステージを歩いて帰るとき、
一番最後まで残った人。HISASHIでした。

みんなよりもずっとステージに残ってくれて、帰るときはTERUさんのペットボトルを会場へ。
飛距離は22〜25列目くらいまで飛んでました。素敵でした!
私的には、この日のLIVEはアンコールのほうがすごかった。

まず、アンコールの声が揃った瞬間、鳥肌がたちそうなほど感動でした。会場が一体。
ここ最近、なかなか出会えてなかったので感動してしまいました。
1曲目は、新潟で初演奏となる、新曲の「嫉妬」でした。
最初、嫉妬ってタイトルかぁ(熱帯夜、蒲田行進曲)なんて思っていたんだけど、
そうではなく、新曲でした。
アンコールが終わって、LIVE終了、会場の声援が鳴り止むことなく、、我が目を疑った。

HISAがギター持った!!!!!それも1番に。
そのあと、TERUさんが、ステージから離れたくない。って言ってくれて。。
「Savile Row」を演奏してくれました。。心からメンバーにありがとうって言いたかった。
それくらい最高のLIVEでした!
この日、1番ノッてたのは、どう考えてもHISASHIが一番だったような気がします。



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:新潟市産業振興センター
REPO:ともらー
DATE:2000/5/13
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
今日のライブで「サバイバル」が終わってMCに入る前にTERUが
のどにしゅっしゅってやる薬やって、MCの出だしでのど薬がつっかえてむせてたよ!!
あと「誘惑」の最後のしめのジャンプで足がもつれてこけたよ!!
その後のMCでTERUは「新潟は俺を殺す気か!?」と言い館内大爆笑!!
あとラストの「サヴィルロウ」で歌詞忘れたTERUが笑ってごまかしてた!!
それを横で見つめるJIRO!!ドームのシニカルの時みたいに「給料下げるぞ」
って言わんばかりでした!!
第3の新曲「嫉妬」は口唇ぽかったです!!



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:新潟市産業振興センター
REPO:亜梨寿
DATE:2000/5/14
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
4日目のLIVE。会場時間が30分押し。。その上なんだか寒くって
中に入るまで結構大変でした(笑)
でも、LIVEは最高でした。

LIVEが始まってびっくりした事、、それはもちろんHISAの頭。。
かなりビックリ!最初、あれ???片側しかたってない。
それとも全部右に寄せっちゃってるのかなって思ったんだけど、そうではなかったみたい。。
剃ってたなんて。。でも素敵でした。

TERUさんは最初っからジャケットなしのTシャツ姿でした。
今日はMCがめちゃめちゃ少なかったんだけど、そこで言ってました。
昨日のLIVEがすっごく熱かったので、今日は最初からジャケット脱いでたけど、
やっぱり熱いLIVEだったって言ってたように思います。
JIROくんは、袖がピンクなシャツを着てました。これは、他のメンバーでは着れん!
やっぱりJIROくんだぁぁって思いました。

アンコールは、季節はずれだけどというMCから想像できるように、
「Winter,again」をやってくれました。
これはかなり感動、亜梨寿はこの曲めっちゃ好きなので、、感謝したいくらい嬉しかった。
その後は「ACID HEAD」まで、壊れまくりました。
なんだか、あっという間の4日間のLIVEでした。

心から素敵なLIVEをありがとうと言いたい!そしてこれからのLIVEでも
、かっこいいLIVEを見せてもらいたいなぁっと思いました。
GLAYばんざ〜〜〜〜いっ!!!!



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:神戸ワールド記念ホール
REPO:慧璃
DATE:2000/5/17
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
はぁい!行って参りました!神戸公演4Days♪
もぉ〜初日は、私自身の情緒不安定により、ライブの事が全然見えてなかったんだ(^^;)
そうです・・・・・HISAくんの髪型(><)
新潟の最終日に行った人からの情報で頭の一部を剃ったなんて事を聞いて
なんと3日間も想像すると、夜一睡もできなかったんだ(><)
昼休みに30分程は寝てたけどね(笑)
っで、実際に見て・・・・・案の定・・・・・ガァ<<<<<ン(:><:)
そんなこんなで初日は大好きなHISAくんの表情を、これっぽっちも見れず
左横の頭ばっかが目に入って来て、ライブ中すごく複雑な気分だったの(><)
勿論の事ながら、どんな曲やったかまでも覚えていない(−−;)
せっかくのアリーナだったのにぃ〜(><)今考えると、もったいねぇ〜よなぁ(笑)



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:神戸ワールド記念ホール
REPO:慧璃
DATE:2000/5/18
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
っで!(笑)気を取りなおして2日目!!
この日はHISAくん側のスタンドだったんだけど、これがかなりステージから離れていてさぁ〜
でもね!やっぱりかっこよかった(笑)HISAくんの髪はどうであれ、本人が気に入って
やった事なんだし
それに!それに!念願の青の衣装が見れて、もぉ〜昨日とはウッテ変っての
ラブラブモード全快だったんだぁ!!なんて言うかエフェクターを踏みかえる時の
あの足の動き!!もぉ〜興奮よぉ!!
黒の衣装の時は、着丈がブーツのちょうどクルブシ辺りで、踏みかえる時には
ポン!ってさりげなく踏むのね!!でも細身の服だから、そこで綺麗な足がチラリ(*><*)
って見えるのが見物だったんだけど(^^;)エロイなぁ〜
青の衣装って黒のに比べるとかなり裾が広がっている上に、着丈がブーツのかかとの
半分くらいまであるのね!
だからエフェクターを踏むときに、あの綺麗な足がお目見えしにくいんだわ(^^;)
でもね!でもね!その踏む時に足首を右にサリゲにクネッってして長い裾を外に放り出す時の
その、クネッってのが、もぉ〜めっちゃセクシーでさぁ!!
「あ゛<<<<<<<」って叫んでしまったよ(笑)
これが度々見れるのが、「Will Be King」の時ね!!
シタールで伴奏を弾いていて、TALBOに持ちかえ、それで又シタールにって
何度もエフェクターの踏みかえをするのね!!あれは・・・・・HISAくん足ファンの
ミドコロだね(笑)
アララ・・・・・・私ったら足レポになっちゃってるじゃん(笑)
とにかく!二日目のあの衣装の色!!めっちゃHISAくん似合ってるんだぁ!!
それこそ、昨日まで気にしていた髪型までもがバッチリ合っていてさぁ!!しかも白銀の髪!!
あれはマジでアートだね!!(笑)そんな格好で、いつも以上の舞いを見せてくれたHISAくんに
これまた惚れなおしたね(照ゞ 

私が大好きなHISAくんの表情も、この日はバッチリ見れたしね(*^^*)
どんな表情かって???ウフフ(*^^*)
ソロを弾いている時に、HISAくんの表情がスクリーンにアップになるじゃない?!
例えば、顎をグッと引いて力いっぱいギターを弾く表情とか、
左側の頬をギュッって吊り上げて歯を少し食いしばる表情とか、
眉間にシワを寄せて腹に力入ってます!!って表情とか(爆)
マトメテ言うと、力をグッと入れてギターを弾く時の表情全部がタマンナイんだぁ!!!!!
そうなんです、初日はそれすらも見ていなかったんだ(><)もったいない(><)
とにかく!!青の衣装のHISAくんは、めっちゃオススメだぁ!!かっこ綺麗すぎ!!(*>。<*



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:神戸ワールド記念ホール
REPO:コツオ
DATE:2000/5/18
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
3曲目「サバイバル」途中で、マイクを後ろから掴み、
そのまま跳び箱にように、ピョ―ンと飛び越えたTERUさん。
(うまく表現できませんが、かなり飛んでました)
そして曲後『今日は、ヤバイよ』とTERUさん。

「月に祈る」の途中で、スクリーンに映るHISASHIの顔が歪んで、
なんか眉間にしわ寄せてて、まさか泣きそうなの?って思って、
その後も、アップになった時鼻をすすってるのが(手でじゃなく、鼻で吸って)
見えて、え??と思ったけど、友達には違うでしょと言われた。

『今日は最高だよ。全国のみんなに今日のライブを見せてあげたいね。』
TERUさんにお褒めの言葉をいただきました。

『なんかね〜、頭おかしくなっちゃってるよ。
脳から分泌されて出てきそう。もっと分泌させようぜ〜!』

『いろんな人が来てくれてるね。なんかお立ち台で、
踊ってそうな人もいるんですが・・・・』


新曲(恋は真夏の〜)の前に、
『代々木から始まったこのHEAVY GAUGE TOURで新曲をやってるんですが、
一緒にツアーをまわって成長していけたらと思います。』

で題名を言おうとした瞬間、客席からの拍手があって
もごもごしちゃって、『間がね、悪いね』とTERUさん。

アンコール1曲目の「Savil Row」の一番終わりで歌詞がとんで
『毎日をそう歌にする ・・・・・・』あ”っていう顔をして
『がんばりとおすぅ〜』って。そして、それで曲は終わったんだけど、
MCをするぐらいの勢いで、マイクにきたTERUは
小さな声で、『何気ない事が 何よりも』と歌い出し、
メンバーもあわせて演奏し出した。
で、ちゃんと『がんばりとおすぅ〜』まで歌って、終わった。
そして『汚名挽回』とまた、TERU語録を言ってくれた。
(汚名返上か名誉挽回だっつうの!)

そして『神戸中にみんなの歌声を届けてください!』
と始まった「生きてく強さ」。サビを会場が歌いました。

そしてベケベケベースを弾くJIRO。ちょっと間弾いてから、TERUマイクの方へ。
そして、小さく、そして渋く、全くいつのもJIROとは違った表情で
『暴れたいんだろ?』と言って始まった「SSのテーマ」
前奏のとこで『ぅあ”――――!!』と叫んだ。
いつもとは違う。なんか、ホント狂ったように。
『わかっちゃいるけど UP&DOWN』はTERUもやって来て、
2人で歌った。

ラスト「ACID HEAD」
サビの『ACID HEAD!』をHISASHIと絡みながら、
HISASHIにマイクを向けるTERU。
近すぎて、HISASHIの髪がTERUの鼻にささって
笑っちゃってるTERU。
そしてサビでJIROとの絡み。何回か『ACID HEAD!』って
JIROが歌っててんけど、いきなりマイクから離れたからどうしたんかな?
と思ったら、そこでいつのもベースを抱えてジャンプを見せてくれた。
会場大興奮!!

TERU。最高に声、良かったです!炎のTシャツじゃなかった。
ガッツボーズをいっぱいしてた。
MC中、ちょっとうるさくて、そっちに向かって『しゃべりたいなら、しゃべれ!』
と言い、水を飲みに行った。
そしてマイクに戻ってきて、『イエー―イ!』と叫び、
『イエー―イ!』と答える会場。そして『気がすんだ??』って。

TAKURO。ヘドバンが多かった。かなり、かっこ良かった。
一言もしゃべりませんでした。

HISASHI。左半分、髪なかったです。(笑)
きれいに剃ってた。その剃ったとこに、マジックで書いた(?)模様が。
彼もしゃべりませんでした。

JIRO。元気でした。最初から、頭ガンガンに振ってて。
途中で上着脱いで。袖だけがピンクの、長袖シャツを着てた。かわいかった!

最初の方の曲の、終わりでTAKUROとJIROが向かい合わせで弾いてて、
TAKUROが弾いてる時に、JIROがギターを揺らして
音を歪ませてた。HISASHIとJIROの絡みもあった。

ってな感じです。メモなんて取ってないんで、
思い出して書いてるんで、細かいとこ(言葉)違うと思うけど、許してください。



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:神戸ワールド記念ホール
REPO:慧璃
DATE:2000/5/20
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
っで、本当は私にとっての神戸公演は、この二日間で終る予定だったんだけど
なんせ初日の自分のバカサ加減に悔しくって悔しくって
どうしても会いたくって・・・・・・あと二日間の分を当日券でげっちゅ!!
それがさぁ〜会場に行ってチケ交換するまでTAKUちゃん側か、HISAくん側かってのが
50%ずつの確立でさぁ!私は祈ったね(笑)かなり念を送ったね(爆)
っで!お見事!まず3日目HISAくん側げっちゅ!!イェ〜イ!!

それがさぁ〜もぉ〜笑っちゃうよ!!
一番左端の一番後ろの席(^^;)席に着いた瞬間、溜息ついたね(−−;)
スクリーンは全く見えないわ、柱の影でHISAくんの立ち位置は全然見えないわでさぁ〜
さっすが!当日券!とばかりに開き直っていたらば!!
なんとなんと!これがすげぇレア席でさぁ!!
確かに立ち位置に居る時のHISAくんが見えないんだけど、
ハードなナンバーの時ってHISAくんは前に出てくるじゃない?!
その時ったら、もぉ〜めっちゃ近いんだ!!それこそ肉眼でOK!!
初日のアリーナ33列の時よりも近くってさぁ!!すんげぇの!!
しかも、こっちの端にいっぱい来てくれるもんだから、めっちゃ嬉しかった!!
アンプの上に足を置いてウリウリしながらギターを弾く姿なんてもぉ!!
私の心を破壊されまくったね!(笑)「ウリウリしてぇ<<<<<」って気分(爆)

それが、こんな事では終らないレア席(笑)
曲間でステージが暗くなった時って、メンバーは全員後ろに下がって水を飲んだりとかって
するじゃない?!あれがマジ見えたんだぁ!!
HISAくんがタオルで首筋を拭く姿なんて、初めてみたよ!!
めっちゃ仕草までもが綺麗んだぁ!!赤いタオルでクネッって首を曲げてさぁ!!(爆)
顔を拭く時なんか化粧が落ちちゃうからポンポンって押さえたりしてさぁ〜
又、そのアトで前髪が乱れたからって人差し指と親指で少しずつ前髪を引っ張って
モトに戻す姿!!ひゃぁ<<<<<<<もん!!

ここで知ってる人も居るだろうけど知らない人へのTERUさん情報(笑)
いつもドラムの前で曲の間奏で水を飲むじゃない?!
あの時に実は水を飲んだアトに絶対に風邪ひいた時とかにやる喉シュッシュッって
するのんあるじゃない?!
あれをやってるのぉ!!しかも必ず!!そして下向いてサリゲにね!!(笑)
これが又素早いんだぁ!!シュッシュッって必ず二回!!
それから、よく見る光景なんだけど、いつも後ろ向いてTOSHIさんと何か笑ったり
してるじゃない?!
アレがモロに見えたんだ!!あんなにドッカンドッカン笑っているなんて初めてみたよ!!
ワハハ!程度だと今まで思っていたんだけど、違うんだ!!
そう。。。。。ドッカンドッカン笑ってた(笑)
曲間でJIROちゃんと喋って笑ったり、後ろでメンバーが固まって何やら相談したりってのが
相談どころじゃないんだよ!!これもみんなドッカンドッカン笑っててさぁ!!
めっちゃ楽しそうだったよ!!
ところがHISAくん(笑)あんまり喋らないんだよねぇ(笑)
JIROちゃんと微笑む程度でさぁ〜これまたクールな一面のHISAくんが見れたよ!!

それから、舞台を降りる階段も見えるのね!!
そこで又もや!めっちゃ可愛いTERUさんだったよ!!
普通は走り降りていくのにさぁ〜TERUさんったら、めっちゃ猿足でさぁ(笑)
階段をトトン♪トトン♪って二段ずつ降りるんだぁ!!
これがもぉ〜最高に可愛かった!!JIROちゃんなんて、こっちに向かって手を振って
くれたりもしたよ!!
んでから!おなじみのHISAくんのラジHPで載せるデジカメ写真も、
こっちで撮ってくれたりでさぁ!!
(勿論、私は最後尾だから上すぎて写らないんだけどね^^;)
あれを写す姿を見れてめっちゃ嬉しかった!!しかも写し終わったら
シャッって手挙げてくれてさぁ!!
おっと!そのアトにね!(笑)一曲演奏して、又ステージが暗くなった時に
なにやらアンプの所でゴソゴソしているのよ(笑)何してんだろう?って見てみたらさぁ〜
さっきデジカメで写した画像を確認して一人で首傾げたり頷いたりしてんの(笑)
もぉ〜その姿が又めっちゃ可愛くってさぁ!!(*^^*)舞台裏のHISAくんも最高だぁ!!
そんなこんなで、ヒトトキたりとも、目が離せなかったよ(*^^*)
そのかわりに、さっき書いた私の好きなWILL BE KINGの時のHISAくんとかは
見えないんだけどね(^^;)

そんなこんなでスゲェ堪能した三日目でした!!
おっと!この日にHISAくんったら、確かSHUTTERのアトだったと思うんだけど
曲の最後にみんなでよく、ジャンプするじゃない?!
あの時にTERUさんと向かい合ってジャンプをおもっきりしたんだけどさぁ〜
ギターの揺れる重さに負けてしまったのか、TALBOを下敷きにして全身でズベェ〜〜って
コケてしまったらいしんだ!!(笑)
なんか急に柱の影に消えたなぁ〜って思ってたのね!したらば・・・・・コケテタんだって(爆)
コケタ瞬間は私の所からは見えなかったんだけど、立ちあがって、めっちゃ照れくさそうに
TERUさんと笑ってた顔は、コレマタ最高に可愛かったぁ!!(*^^*)
そのTALBOなんだけど、やはりどこか壊れたのか、舞台裏の人に申し訳なさそうに
頭ぺこぺこ下げて渡してた。二人共、笑ってたけどね!!
そんなハプニングもあった三日目でした(笑)



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:神戸ワールド記念ホール
REPO:みぼりん
DATE:2000/5/20
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
待ちに待った初ヘビゲライブの日!席はアリーナ40列6番目。思ってた程良く見えなくて、
始まるまではステージが遠く感じたよ。約10分押しでライブスタート!

衣装は、TERU・・黒のTシャツ、黒のパンツ(首輪ナシ)
TAKURO・・青緑っぽいエナメルちっくなスーツ
HISASHI・・上下黒かな。もちろん生足(マスクなし)
JIRO・・上下黒、中に黄色のTシャツ

「HEAVY GAUGE」約半年振りに聞くTERUの生声に感動。すごく良く声出てたよ。
モニターには映像が流れてて、メンバー映らなかったんで、表情まではわかんなかった。
「FATSOUNDS」生ひゃーだぁ!拳突き上げノリノリ!TERUの髪型もイイかんじ。
「SURVIVAL」ここで例の手振り復活!自然にやっちゃうんだもん。いいよね(^_^;)

MC「神戸〜!盛り上がってるかぁ。精神にガンガンくる、アツい熱を送ってくれぇ!!」

「More Than Love」この辺からモニターにメンバーのアップが映り出して、
「あそこにいるのはほんとにGLAYなんだぁ!」って改めて感激♪
噂のHISAくんの髪が気になって、HISAくんが映ると頭ばっかり見てた(^^ゞ
なかなか左向いてくれなかったけど、「髪あるやんね」って友達と確認しあったよ。
「ビリビリクラッシュメン」JIROちゃんとTERUのカラミはいつ見ても可愛い☆
途中で「飛び込むのさ、神戸!」って歌った気がする。この歌じゃなかったかも(^_^;)
「ここではない、どこかへ」後ろのモニターが3分割から、真中1つになって
見やすくなった。3分割は嬉しいけど、どこ見ていいか迷うし、画質が悪いかも。

MC「今ここに来てくれてる人には、苦しみを抱えてる人や心から楽しそうな人、
いろんな人がいると思う。そんないろんな人の笑顔を崩したくないから、
オレはこれからもがんばっていく!みんなもそれぞれの生きがいを考えながら
聞いて欲しい。」


「生きがい」この前のMCでは、もっとすごく感動的な事を話してくれてたんだけど、
これ以上思い出せないや(-_-メ)でも「笑顔のためにがんばる!」ってとこは、
嬉しくてウルウル来たから絶対あってるハズ!
「Freeze My Love」生で初めて聞いたかも!
TAKUちゃんとHISAくんのギターの掛合い、めちゃかっこいい!
トシのドラムソロみたいなのが続いて「口唇」
ドラムの前で一緒に揺れてるTERUが可愛かった☆

TAKUちゃんにスポットが当って、ピアノソロが始まる。
会場中、水を打ったように静まり返ってて、TAKUちゃんのピアノだけが
静かに優しく響いてた。今日のお客さんは、めちゃマナー良かったよ♪
「HAPPINESS」青色の照明がすごく綺麗。TERUの歌が心に染みる演出だよね。
「LEVEL DEVIL」この曲の時は、やたらHISAくんを見てた。左耳の上が少し
刈り上げっぽく見えたけど、セット次第では全然今まで通りなのでは?

MC「次はものすごく激しい新曲を!クビの骨折るくらい激しいよ。ほんとに
クビ折れても、今日は看護婦さん来てるから看病してもらえるね♪」

(スタンドにいた看護婦コスの人見て・・いいなぁ^_^;)

「マーメイド」これがみんなが言ってた新曲かぁ。確かに激しくてかっこいい♪

「VJ〜(なんとか)、カモン!」モニターに神戸の映像がいろいろ映ったよ。
「大阪19分。GLAY0分」って三宮駅の看板に大ウケ(^。^)
「COME ON!!」映像も照明もかっこ良かった!TERU&TAKUのカラミも健在。
「誘惑」会場のノリも最高潮!初めてTAKUちゃんがこっちまで来てくれた!!

MC「こうして話してる時は、1人1人に語ってる。次の曲で最後なんだけど、また
どこかで会えたらいいなって思うし、ここにも絶対帰って来る。みんながGLAYを
欲してくれないと叶わないことでもあるけど、絶対大きくなって帰って来るから!
この曲を聞いて、今日のことを思い出して欲しい。では聞いてください。」


「Will Be King」1番聞きたかった曲で感動(@_@)モニターには綺麗な夕陽の映像。
今のGLAYを見てくれ!っていうTERUの思いを感じたよ。

「ありがとぉ!」楽屋に戻るTERUの笑顔がモニターに映る。すごく嬉しそう♪
会場のアンコールの声が揃って一際大きくなり、ステージに照明が!

ツアーTシャツで出てきたメンバーはご機嫌!TAKUちゃんは、画面に向かって指で
打つお得意のポーズ!HISAくんはデジカメ持って撮りながら出てきたんだけど、
イマイチだったのかクビかしげていろいろやってた。最後には片手でガッツポーズ!
画像アップされるの楽しみ♪
TERU「イエーイ!」会場と何度か繰り返す!

MC「楽しいねぇ♪このまま帰ろうかとおもったくらいだよ!
次は新曲なんだけど、多分誰も聞いたことないと思う。」

会場「ある〜!」
「いや、ないんだな、これが。(可愛い☆)かっこいい新曲です。嫉妬。」

「嫉妬」サビから始まるアップテンポの曲!ほんとにかっこいい!!

MC「次はGLAYの代表曲なんだけど、アレンジでこんなに変わるって所を聞いて欲しい。
音は1つじゃないんだよね。」


「HOWEVER」おぉ!アコースティックな感じで新鮮♪って聞いてたら、ここで最大の
ハプニングが!!思いっきり歌詞を飛ばしたTERU!これは良くあるパターンだけど、
まだ途中なのに、最後のめちゃ高音のサビの所まで飛ばしちゃったから、演奏が
余りまくってさぁ大変!マイクスタンド握り締めて、あ゛〜って後ろにのけぞってた。
結局サビを2回歌ったんだけど、歌い終わって深々と頭を下げてた。
ライブだからいいのにね!

「SHUTTER SPEEDSのテーマ」で出てきたJIROちゃん。
「オレは歌詞間違えないよ!誰かさんは思いっきり間違えてたけどね!」

会場大ウケ\(^o^)/!!ここでモニターに映ったTERU、
アンプにもたれかかってめちゃ気まずそうなカオしてたの!すっごく可愛かったよ☆
惚れ直したね(*^_^*)

TAKUROのとこにHISA・JIROが集まって、3人でジャカジャカ弾き始める。
途中でTERUが、オレも加えてよ!ってかんじで覗き込むけど、ムシして続ける3人が
可笑しかった(^。^)
そのままTAKUちゃんのギターが始まって、「ACID HEAD」
この始まりんとこのTAKUちゃん、いつ見ても好き♪メンバーも会場も最高に盛り上がる!
もちろんTERUの投げキッスも頂きました!マイクスタンド越えジャンプもやってくれたよ!
「かっこいい〜!!」って絶叫したことは言うまでもナイってか(^^ゞ

「さんきゅう神戸!」早々とハケるTERU。あぁ終っちゃうと思いきやなんと戻ってきてくれて、
「このままじゃ今日眠れないよ。みんなも眠れないよね!」ぎゃ〜!!なんて嬉しいことを!!
ドラムのとこに集まって相談中。みんな笑顔!(*^_^*)「メンバーさんのご好意により、
もう1曲だけやってもらえることになりました!ラスト!彼女のもっだ〜ん!!」


「彼女のModern・・・」もう嬉しすぎて壊れまくったよ!おまけのアンコールなんて初めて!
福岡から遥々行って良かった!TERUありがとぉ!!最後はペットボトルやピック投げつつ、
みんな笑顔で帰って行ったよ!最高のライブをありがとぉ!!


この日のお客さんは、ほんとにマナーが良かった!MC中に声かける人もいないし、
曲も最後まで聞いてから拍手してたしね!TERUのご機嫌の要因の1つになってたら
嬉しいな♪

今回のツアーで、今までとは違う!って離れて行く人もいるみたいだけど、
私は今のGLAYの音楽に対する姿勢好きだよ♪「音で勝負したい!だから歌詞飛ばしちゃって
申し訳ない。」って、TERUは書いてくれてたよね。そんな事で伝わらなくなるような薄っぺらい
音楽じゃないし、だからこそライブは楽しいと思えるもん!やっぱりGLAY大好きだぁ♪



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:神戸ワールド記念ホール
REPO:慧璃
DATE:2000/5/21
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
そして・・・・・最終日!!
これまた、チケ交換しないと席がどっちだか解らなかったのね!!
しかし・・・・・これまたHISAくん側だったんだぁ!!ウレしすぎる!!
しかも昨日よりも断然前の方でさぁ!!コレマタマタマタ!!レアな席だったんだぁ!!

最終日はねぇ〜勿論!前日のような裏の光景も見れたんだけど
なんと言っても、この日凄かったのがJIROちゃん!!
こっちに何度も来てくれたんだけどさぁ!!すんげぇ優しいのぉ!!
一番端っこの私達の方まで向いて何度も手を挙げてくれてさぁ!!
SHUTTERの時だったんだけど、
私と、友達はこの日偶然にも、JIROちゃんの好きな青のプリントTシャツを
着ていたんだけどさぁ!!こちに来た時に私達は、めっちゃアピールして
ドッカンドッカン飛んで腕が飛んで行きそうな位にグルグル曲にノッて回したりしたのね!
そしたら、ソレに気がついてくれてさぁ!!
私達の光景がオカシカッタのか、めっちゃ笑って手を挙げてくれたんだぁ!!
しかも「解った!解った!うん。うん。」みたくやってくれてさぁ!!
めっちゃ嬉しかった!!それがここで終らないんだよねぇ〜(笑)

又、ACIDの時にも来てくれて、即ワザワザ探すように、こっち向いてくれたもんだから
嬉しくって友達とキレてしまってさぁ!!ドッカンドッカン飛んでノリまくったら
又もや「よし。よし。」みたく頷いてウォ〜〜〜って手挙げてくれてさぁ!!
もちろん真似してウォ〜〜〜って手挙げたよ(爆)そしたら又笑われたけどね(^^;)
だって、きっと私達ってスゲェ顔してたと思うんだ(^^;)そりゃぁオカシイわな(笑)
もぅ最高に嬉しくってたまんなかった!!なんていうかJIROちゃんの優しさに
モロに触れた感じでさぁ!アンコールからの曲はJIROファンになってた(爆)

それがさぁ〜HISAくんなんだけど、(笑)
昨日コケタのを反省しちゃってか、この日はあまりジャンプしなかった(笑)
でもね!私の方からはジャンプする後ろ姿しか見えないんだけどさぁ〜
これが又可愛かったんだわぁ!!
飛んだ時に足先が後ろに”ル”の字にピョンッってお尻に向かって跳ねあがるんだわ!!
この姿がめちゃ可愛い!!って私は昨日吠えていたのに・・・・・今日は2回しかしなかった(^^;)
少し残念だったけど、又、そんなHISAくんが可愛いなぁ〜とも思った(*^^*)
マーメイドの時の間奏でJIROちゃんと舞台の真ん中で向かい合って弾くシーンがあるんだけど
これが又最高だった!!もうちょっとで頭コッツンするぅ〜(><)位の近さで
二人で同じようにリズムにノッて身体をアップダウンさせる姿が、めっちゃかっこよかった!!
もちろん!アンプの上に足ノッケて又、ウリウリもしてくれたよ!!(*>。<*)うぎゃぁ<<<
それがさぁ!最終日もデジカメやってくれたんだぁ!!これまた私は写ってないと思うケド(^^;)
おっと!4日間共に勿論の事ながらACIDの時の叫ぶ、スッゲェ!デジっぽい声も健在!!
あの声好きだぁ!!HISAくんったらもぉ〜体の中までもデジってるんだわなぁ!!

っとまぁ〜初日から最終日までの私的な心の移り変わりもあって
すげぇ想い出深い神戸公演でしたぁ!!

アハハ(^^;)ここまで変な感想文(笑)読んでくださってありがとう!!
って言うか・・・・・そこのアナタ!!よくもここまでお付き合いくださったわね?!(笑)
最初の5行で、普通は呆れてしまって読まないだろうによ(^^;)
私だったら・・・・・うん。呆れて読まないよ(爆)
でも、こんなでも、最後まで読んでくれた人!!めっちゃ嬉しいじょぉ!!ありがとぉ!!
レポ???そんなもん!私に書ける訳ないぢゃん(爆)



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:長野エムウェーブ
REPO:たくちょっぷ♪
DATE:2000/5/27
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
5/27(土)長野エムウェーブ

行って来ました!長野エムウェーブ。
TAKUファンの私にとっては、絶対おさえておきたい公演だったから
朝からドキドキ・わくわく♪
しかし...長野は遠いねぇ。(^^;

電車を乗り継いで、13:00に長野駅に到着。
ちなみに、私達が着く30分前にGLAYのメンバーが新幹線で
長野駅に到着したようです。
JIROちゃん、HISAくんはひたすら下を向いたまま、
TERUくんの髪はすでにセットしてあり、TAKUちゃんは白い帽子に
お馴染みの(笑)adidasのジャージ姿で登場。

16:00頃会場へ
初めて見たエムウェーブ...デカイなぁと思ったら
この日の観客数は、なんと18000人! すごい〜〜!!!
コスの子もたくさんいて、オレンジ色のつなぎを着た団体さんが けっこう多かったよ。
会場に入ってアリーナの列を見て目がテンになった。
だって、120列くらいあるんだもん。横幅もかなりあったよ。(^^;
私の座席は、HISA側のスタンド188番。
ステージはバッチリ見えたけど、スクリーンは殆ど見えず。(T-T)

メンバーの衣裳...TERU:黒のTシャツ(プリント有り)・パンツ(横に赤のライン入り)
               靴は黒X赤のバッファ(?)、ちょっと大きめのリストバンド
               首にはチョーカー(っていうのかなぁ?)

          TAKURO:いつもの(笑)青緑っぽいスーツ、革靴

          HISA:黒のコート・短パン、黒のブーツ、
               髪は銀色でピンピン立ってたよ。
               例の左側の髪は...思いっきりなかった。( ̄∇ ̄;

          JIRO:デニム地の膝丈のジャケ(胸と背中にビョウ有り)・パンツ
               赤のTシャツ(黄色の文字orプリント)←昔のツアーTかも。
               靴はニューバランス

10分押しの18:10ライブスタート!
『HEAVY GAUGE』
 この曲は何回聴いてもカッコいいよね。CDライブで初めて生で聴いた時
 鳥肌たったもん。良い意味で重みのある一曲です。

 スポットライトを浴びたHISAくんのギターで始まった『FATSOUNDS』
 思わず 色っぽいナマ足に目がクギヅケ。(^^;
 あの足の細さ...羨ましいわぁ〜。
 TERUくんのひゃ―――→≠ヘ、すごく声にのびがあって聴いてて気持ち良かった〜♪
 最後は、マイクスタンドをピョ〜〜ンと飛び越えてくれたよ。

 ノリのいい曲が続いて『サバイバル』
 もうTAKUちゃんはノリノリ♪ なかなかHISA側に来てくれないから手で
 こっち 来い来い〜って手招きしたら来てくれた♪(完全な思い込み・笑)
 アリーナの手振りを見てたら、ニュースで見た夏の幕張を思い出したよ。

 〜MC〜
 「あのね、オリンピックの時でも10000人しか入らなかったけど、今日は
  18000人入ってるんだって。こんなに人が入ったのは初めてだそうです。
  今日は、18000人プラス俺達6人で、長野に俺達の声を響かせてやるぜー!」


 TERUくんの「カモン、TOSHI!」の声で『More Than Love』
 出た!TAKU&TERUの絡み!
 TERUくんがTAKUちゃんの肩に手を回して歌ってるぅぅぅぅ。
 最近、TAKU&TERUの絡みに妙に敏感に反応する私。
 もしかして...TERUくんに妬いてる!?(←男に妬いてどーする!)

『ビリビリクラッシュメン』
 TERUくんの俺様ポーズ<Jッコイイ〜☆
 JIROちゃん、いっぱいジャンプしたり クルクル廻ったりですっごく楽しそう!
 
『ここではない、どこかへ』
 
 〜MC〜
「(去年は)地方はまわれなくてゴメンね。今日は、一緒に楽しい時間を過ごそう。
  心から楽しんで欲しいと思います。俺達が言いたい事は、サウンドと歌で
  伝えているので しっかり受け止めて下さい。
  今日は同世代の人が多くてね...そんな皆にとって、生きがいって何かを
  考えながら聴いて欲しいと思います。」


『生きがい』
 TERUくんが言ったように、私の生きがいって何?≠チてじーーっと考えながら
 聴いてみました。 答えは...やっぱGLAYかな♪(^-^)

『Freeze My Love』
 前奏に合わせて光る青の照明がめちゃくちゃカッコイイ!!!
 CDで聴くより、低音がズシッと体に響く感じがたまらなく良い。
 ここでハプニング!!!
 TERUくん、サビの立ちつくす〜≠フ前の歌詞が抜けちゃった。(^^;
 後ろを向いて頭をかかえて めちゃ悔しそうだったよ。クソッ!って感じで台を蹴ってた。
 
『口唇』
 何かTERUくんがおかしい...。
 皮肉な〜≠抜かす。でも、ここはファンのみんなが歌ってカバー。
 が!!!最後のサビを丸々忘れちゃった〜。(><)
 思わず膝まづいて 床に倒れ込むTERUくん。めちゃくちゃ悔しそう。
 ほんと どうしたんだろう... もしかしたら、神戸での事を思いだしちゃったのかなぁ。
 ガンバレ!TERUくん!

 〜MC〜
 「(頭をかきながら)すいません...せっかく遠い所から 高い金払ってチケット取って
  来てもらったのに...。本当に申し訳ない。」

  そう言って、TERUくんはいきなり口唇のサビの部分を歌いだしたの。
  ちょっと苦笑い。(^^;
 「いや、笑って済ませられる事じゃないんだけど。また間違ってしまうんじゃないかと
  思って恐くなっちゃったんですけど、がんばります!また 歌詞飛ばしたら土下座します。」

  ファンからガンバレ〜〜!とTERUくんへの声援が。(^-^)

『HAPPINESS』がTAKUちゃんのピアノソロで始まる。
 頭上から緑のシャワーのような照明がTAKUちゃんを包んだ。キレイだぁぁぁぁ♪
 と感動してたら...
 ん!?な、なんで〜〜??? まさかの手拍子が。(−−;
 私の隣りにいたカップルも、最後までず〜っと手拍子してたよ。勘弁してくれぇぇぇぇ。

『LEVEL DEVIL』
 TERUくんはステージを右へ左へと動きまわってたよ。
 
 〜MC〜
 「俺達のカッコイイ新曲を聴いて下さい。『マーメイド』!」

『マーメイド』
 TERUくんの声、めっちゃのびてる!すごく良いよ!!!
 
 ここでDJ紹介だったんだけど、スクリーンは殆ど見えませんでした。(T-T)
しゃがんで見たけどムダだった。(^^;

『COME ON!!』  
 サビのCOME ON♪≠ヘTAKUちゃん(1番)、HISAくん(2番)が
 歌ってました。
 HISAくんの声がやっと聴けた〜♪

『誘惑』
 TAKUちゃんがHISA側に来てくれた♪
 レポすることをすっかり忘れて、TAKUちゃんの姿に見惚れる。ポ〜〜ッ(*^0^*) 

 〜MC〜
 「(歌詞)間違ってないよね?頭の中が真っ白になったけど、それも今回のアレンジだと
  思って下さい。(笑)物事がうまくいかない時もあるけど、自分を信じて頑張れば
  克服できると思うんだ。俺のは悪い例だけど、それも見てもらえてるのは幸せだよ。
  皆も失敗を恐れないで頑張って下さい。」

 「楽しい時間を過ごしてきたけど、この曲で最後です。このアルバムを聴いて、
  GLAYはどうなってしまうんだろう≠チて不安に思った人もいるかもしれないけど
  この曲は、これからのGLAYの意志を語った曲なんで聴いて下さい。」


『Will Be King』
 私は、いつもこの曲で泣いてしまうんだよね。(^^;
 でも...また手拍子が始まった為、感動よりショックの方が大きかったなぁ...。
 TERUくんが手拍子はやめて!≠チて、手で合図してたんだけど
 照明が少し暗かったから、皆気づかなかったのかなぁ。
 もう少し早く、皆が気づいてたら 大きな一体感を得られたかもしれないね。残念。
 
 「ありがとう!!!センキュー!!!」と言って、メンバーはステージを後にする。

 その直後、どこからともなくハッピーバースデー♪≠フ歌が会場に響き始めたの。
 最初は揃わなかったけど、皆一生懸命歌ってたら ふとした瞬間揃ったぁ!!!
 嬉しかったよ♪
 ハッピーバースデー♪と3回くらい歌い終わったと同時に客電がつきました。

 メンバーはツアーTシャツに着替えて、肩からバスタオルをかけて登場!!!
 なんと!TAKUちゃんがセンターにすたすたと歩いてきてコメントをくれたの!

 TA:「皆どうもありがとう。音楽を続けてきてスゲー良かったなと思える瞬間でした。
     こうやって皆の気持ちが一つになれたら、世の中から争いなんかもなくなるのになぁ
     と本気で思ったよ。これからも、皆の心を癒せるような曲を作る そんな活動を続けて
     いきたいと思います。ほんとうにありがとう!」

  
 TAKUちゃんが自分の立ち位置に戻った時、再びバースデーコールが。
 歌声がビシッと揃ってて驚いた〜。
 TAKUちゃんは、ちょっとテレ笑い。カ、カワイイ〜♪

 TE:「俺達が2日前に思いっきり歌ったんで。(笑)さっきTAKUROが言ってたけど
     そんな気持ちを届けたいって思う曲があるので聴いて下さい。」

『Savile Row』
 あちゃ〜〜〜、2番の歌詞が飛んじゃった。(^^;
 たぶん、間奏の時だったと思うんだけど TERUくんが後ろに下がって ちょこんと
 しゃがんでたの。それが土下座だったと思うよ。JIROちゃん笑ってたしね。

 〜MC〜
 「はぁ〜〜」
 溜息をつくTERUくんの横に来て、ジッと顔を覗き込むJIROちゃん。
 TERUくん思わず苦笑い。
 「人間って弱い生きものだね。(笑)」 
 (気を取りなおして)
 「そろそろ皆のデッカイ声が聴きたいんで。一緒に暴れようぜ!!『彼女のモダ〜〜ン』!」 

『彼女のModern・・・』
 メンバーは全員 ステージの前に出てきてノリノリだったよ♪
 
『SHUTTER SPEEDSのテーマ』 
 JIROちゃんがセンターに出てきて「イエーイ!!!」\(^0^)/
 「今日は、彼のおかげでけっこう得したでしょ。(笑)いい思い出が出来たよね。
  俺も今日の事は一生忘れないと思うよ!
  もっと思い出作ろうぜ!!!行くぜ!!!」

 
『ACID HEAD』
 ここで、今日一番のTAKU&TERUの絡みが!!!
 TAKUちゃんが膝をついて体を反らした態勢でギターを弾き、TERUくんが
 上に覆いかぶさるカタチで歌ってるの!
 たぶん、アリーナから見たらめちゃくちゃカッコいいんだろうけど
 私の座席はHISA側スタンド、しかも けっこうステージ寄りだったから
 どう見ても あの2人がチュウしてるようにしか見えなかった。(爆)
 もう、双眼鏡で食い入るように そこばっかり見てました。(^^;

 「センキューーー!!センキュー長野ー!!また会おうぜー!!!」
 メンバーは何回も手を振って帰っていきました。
 今日も、私の所へはピック・ペットボトルが飛んで来ることはなかった...。は〜ぁ。


 今回、TAKUちゃんのナマ声が聴けて すっごい感動したよ!!!
 いつも、テレビやラジオでしか聴けなかったTAKUちゃんの声。
 なんとなく ウルウルきてたような声だなぁと思ったんだけど。気のせい?
 私なんか ウルウルどころか鼻をズルズルすすりながら泣いてた。(^^;
 TAKUちゃんのコメントにあった「皆の心を癒せるような曲を作る、
 そんな活動を続けて行きたい。」っていう思いは、『Savil Row』の
 いつの日か僕に全てをいやせるような歌を作る力をくれ・・・≠チていう
 歌詞に込められてるんだね。
 「TAKUちゃん!あんたなら きっと出来るさ!」と何回も心で叫びました。
 たくさんの感動をもらった長野ライブ、私も一生忘れないよ!!!



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:長野エムウェーブ
REPO:NAHO
DATE:2000/5/28
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
今回、初めての一人旅で長野に行ってきました!
行く前は、長野まで行く価値あるのかなあって正直思ったりもしましたが
ほんと、行って良かった=====☆
席はTAKU側アリーナAブロック8列目。
ちょうど通路のすぐ横だったんで、メンバーが端に来た時は
通路に出るとメンバーからも丸見え状態(うはっ)!
一人で寂しいなあって思ってたら、通路挟んだ隣のコが
声かけてくれて、そのコも一人だったんで一緒にはじけることに・・・。
そう言えば、開演前、なんとTERUさんの「いくぞ===っ!!」、
みんなの「お====っ!!!」が聞こえたんだよ〜。
そして、メンバー登場・・・。

JIROくんはやはりサングラスしてた。
HISAはモヒ見えない=====!!マスクもなかったよ。
せっかく楽しみにしてたのに、見えないバージョンの髪型でした・・・。
衣装はブルーグリーンみたいな色バージョン。
TERUは同じ。TAKUROさんも同じ。
でも2人ともかっこよかった!
なぜか代々木2日間と長野、TAKU側だったんだけど、
長野ではJIROくん、かなりこっち来てくれたよ☆
TERUもかなり来てた!!
HISAはちょっとだけ・・・。
JIROくんは途中からサングラスとって、ジャケットも脱いでた。
Tシャツは白で、袖が紺色で胸にプリントがあるやつ。
髪型も代々木よりは、かなり切ってたと思う。
今回、てりみぃのレポでTERUが喉スプレーをしてるって書いてあったから
しっかりチェックしたら、やっぱしてた===。
絶対飲んだ後に、やってたよ〜〜。2回じゃなくて1回の時もあった(笑)。
そして、HISAの叫びも聞こえた〜〜〜。

NAHO,かなり隣のコと騒ぎすぎて、通路の真中にいたから
何度も警備員さんに通路にでないでって言われたさ・・・。
でね、JIROくんとTERUと何度か目があった===(妄想@)!!!
も〜う、かなり壊れまくってたからねえ。
でね、アンコールで、メイフェアと生きてく強さを続けて歌ってくれたのね。
NAHOは、ちょうど仕事で6月からお店が異動になるのでかなり不安だし
寂しかったから、かなりきてしまい、
メイフェアで、少し泣けてきて、生きてく強さなんて、一緒に歌えないぐらい
なぜか泣けたのね・・・。
手振りもほとんどできなかったぐらい。
そしたら、TERUさんが指差してくれた======(妄想A)!!!
そして、次はシャッターだったのね。
それで元気復活!
JIROくんが「なんとか〜〜(聞きとれなかった)!」って言って
みんなが「お〜〜〜っ!」っていう掛け合いみたいなのを
何度か繰り返したよ☆

なんか、そういうの初めて見たからうれしかった!
で、前の2曲の涙がウソのように壊れまくってたら、TERUが
こっち来た時、笑ってうなずいてくれた=====(妄想B)!!!
もう、めっちゃ最初から最後まで壊れまくりのライブでした=。
長野行ってよかった〜〜。JIROくんもかっこよかったし!
ハピネスで手拍子ちょっとあったけど、TERU優しかったよ〜。
「今回きっと初めてGLAYのライブに来てくれた人も多いと思うんで
わかんないよね。でも、次からはバラードではGLAYは手拍子いらないからね。
バラードでは心で感じて欲しい。」
みたいに言ってたよ。
そして、ドームツアーのマイクスタンドを今日使ってたらしく
「ドームはすごいいい思い出がたくさんあるツアーだったんで
それをここに一緒に連れてきたかった。」
とか言ってた。
なんか、いつもライブ後はJIROくんはおいといて、HISAに心トキメクんだけど
今回はTERUに・・・(笑)。

なんかめちゃダラダラした妄想レポだったけど、こんなんで良いの??
読んでくれたみなさん>アリガトウ。



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:広島グリーンアリーナ
REPO:MAYUMI
DATE:2000/5/31
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
まずは衣装から・・・
TERU:皮のジャケット(でもすぐ脱いでTシャツに)、皮パン
それに膝丈ぐらいのエプロン(!?)のようなのを腰に巻いてた・・・
靴は、黒に赤のバッファ
TAKURO:半袖シャツにブルーのジーンズ
靴は革靴かな?
JIRO:ロングジャケットにパンツ、青に白のインナー。
靴はスニーカー
HISASHI:濃いグレーのワンピみたいな衣装
黒のブーツに生足チラリ(爆)
頭は半モヒ全開! 地肌の部分が「これホントに地肌なの?」って
言いたくなるぐらいシルバーに光っていた・・・
初めて見たけど、やっぱカッコいいわ〜♪
神戸・長野と回って来た友達が、「剃った部分が見えない日も結構あ ったのに、
今日はバッチリ見えてたね!
きっとMAYUMI達が来ること知 ってて、ぜひ見せたかったんだよ!」だって〜〜!!!
も〜〜!!HISAったら〜〜〜♪♪(←単純馬鹿野郎炸裂!!)

実は私は小さい頃広島に住んでて、今でも年に1回はおばあちゃんの所に行っているので、
広島といえば第2の故郷のようなもの!なので、広島でのライブをぜひ見てみたくて、
まるで地元のライブのように楽しみにしてました!
席はスタンドのHISA側♪ だけど、思ってたより真横じゃなくて
ちょっと残念だったかな?・・・(笑)
広島の友達が「広島はマナーが悪いって言われるから、ちょっと心配・・」
って言っていたけど、果たしてどんな感じなんだろう??と思いつつ、いよいよライブスタート!!

@HEAVY GAUGE
この曲の前奏の時のHISAの格好が・・・エフェクターを踏んだまま、ちょっと前かがみで、
たぶん「ギュワ〜〜ン!!」って音を出してると思うんだけど、
この時の構えがめっちゃカッコいい〜〜!(><)
間奏の時のTERU、叫びの前に、水を飲んで喉シュッ!をしてました。(笑)
 
AFATSOUNDS
暗がりの中、HISAがステージ前方へ・・・バッとスポットライトが当たり、
ギター全開!!華麗な舞いも炸裂!!ひゃ───────→!!!カッコ良過ぎ〜〜♪♪

2曲目が終わって、演奏が始まり、簡単なメンバー紹介

B誘惑
間奏で、JIROクン1人がベース弾くところあるよね?
その後、TERUとHISAが同時にジャンプ!!
TERUのジャンプが高くってカッコいいのはご承知のとおりなんだけど(笑)、
HISAのジャンプ!!
ぐわ〜〜!!もうダメ〜〜♪(爆)
Cビリビリクラッシュメン
私達が代々木に行った時は、この曲は演ってくれなかったので、聴けて嬉しかったよ〜♪
D生きがい
Eここではないどこかへ

ここでMC、始めの方で4〜5人が「TERU〜〜!!」とかって叫んでいたけど
話をしながらなにげにTERUサン、「・・・でね、今回のツアーでは、いろいろなことを注意したり、
話をちゃんと聞いてほしいとか言ってきたんだけど・・ねっ?分かったかな?(笑)」
ってな感じで、
会場も和やかな雰囲気で、その後はみんな静かによい子に(笑)、話を聞いてました。

FBE WITH YOU
「時には目をつむって、感じてほしい」って事だったんだけど、3秒ほどつむって・・・
やっぱり開けちゃった!(爆)
だってもったいないんだも〜ん!!
あぁぁ・・・貧乏性の私を許して〜・・・。
GFreeze My Love
HHAPPINESS
I彼女のModern・・・
これまではわりと左側(こっち側♪)によく来てくれたHISAが、この曲の時は
右側に・・・。まぁ、でもたまには右側の人達にも譲ってあげないとね?(爆)
JLEVEL DEVIL
最初の方、みんなが駆け回ってる中、HISAだけ定位置で・・・(笑)
エフェクターの関係なんだろうけど、ラジオで言ってたとおりだったので、
ちょっと笑った!

ここでまたMC、今度はDJ?PJ?あの・・・アリーナの真ん中にいて映像とか映してる人達・・・を
紹介してくれた。
そして、広島にまつわる映像を!もみじ饅頭、お好み焼き、宮島の映像に、
「広島じゃけ〜!」「お好み焼じゃけ〜!」「えっと楽しみんさい!」
などという広島弁も映し出されて・・・。
元広島人の私としてはめっちゃ嬉しかったよ!!

Kマーメイド(新曲)
LCOME ON!!
MSURVIVAL
前奏でHISAの手がヒラッ!ってなる動きがたまらなくカッコいい!!

「楽しい時間が過ぎるのは早いもので・・・次で最後になるんですが・・・」
(観客)「えぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!」
「ハハハっ!こんなに一斉に揃ったブーイングは久しぶりだな〜(笑)」

NWill Be King
HISAのシタールの音色は相変わらず美しい・・・(><)
この日のエフェクターの踏み方は、「ポンっ」って感じに軽やかに踏んでいたので、
あまり生足は見えなかったな〜・・・(爆)
でも、軽やかな足の仕草もス・テ・キ♪
――――――――――――――――
Enc.
「アンコール!」の声がずーっと続いてたんだけど、その声が1つになって、
会場全体が揃った途端、照明が付いてメンバー再登場!!
ここでTERUサン、広島弁を披露・・・「広島は熱いじゃけぇ!」(^^;)
う〜ん、微妙に使い方が間違ってる・・・←自分でも突っ込んでたけど(笑)

@Savile Row
前回代々木のレポでも言ったんだけど、この曲はHISAのラジオでメールを読まれた
思い出の曲なのだ♪
演ってない日もあるのに、私達が行くと(って言っても2回目だけど・・・(^^;))
演ってくれるなんて・・・
HISAったら、やっぱり私達が来るの知ってたんじゃないの〜〜???(大爆)
この曲を聞くと、成田に向かう時に通った高速、右手に見えた幕張、
ロンドンに行って、ハイドパークに着いた時にちょうど日がさしてきたこと、そして、
ラジオでHISAに言ってもらったコメント・・・いろんな事が思い出されて、
やっぱり感慨深いよ〜。
そして、この歌の最後「You're my precious 〜〜〜」のところをみんなで
大合唱!!なんだかだんだんじ〜んときちゃって・・・すごくよかった!(><)
A生きてく強さ
BSHUTTER SPEEDSのテーマ
JIROクンがベース弾きながら出てきた途端、「やった〜〜!!JIRO〜〜!!」
この曲も代々木で演ってくれなかったから、めっちゃ嬉しかった〜〜!!
演奏の前に、観客をあおりながら、ちょっとやんだ時に「ま、まだまだ・・・!」
って言ったJIROクンがみょ〜にかわいかった♪
CACID HEAD
HISAの「NO MORE HERO!!」のシャウトが!!!あ゛〜〜〜!!!
もう完全にノックアウト♪♪(爆裂)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日はメンバーもすっごく楽しそうで、こっちもすごく熱くなったよ!!
嬉しかったのが、本編が終わった時、TERUサンが「今日はすっごく楽しかったぜ!広島!!
ありがとう!!」

って言った時の声がすごく素の声だったこと!
わ〜〜!ほんっとに楽しかったんだろうな〜って思って、めっちゃ嬉しかったよ〜〜♪
あと、この日はステージを上から見れたので、いろんなものが見れたよ!
HISAとJIROクンが話しながら水を飲んでるところ、TAKUROサンがTERUのところにいって
なにやら話し掛けてるところなんかはもちろん、ステージ脇のギターがずらっと立て掛けてある棚、その横でギターを拭いてるスタッフ、つまみ系(!?)を操作してるスタッフ、
前から後ろからスタンドまで細かに見まわってたネスター(目の前を通って行った!)・・・
こういう多くのスタッフの人達のおかげで、ライブって成り立ってるんだな〜と、
改めて感じました。

それから、ステージ横ってやっぱいい!!(特にHISA側♪)
HISAなんて「ここは自分の場所だぜ!!」と言わんばかりによく来てくれたし
(もちろんそのたびに絶叫!!!(爆)) JIROクンもこっち見上げて指差しながら
「うんうん」ってしてくれた日にゃ、「こっち見てる〜〜♪」って大騒ぎ!!
(完全勘違い野郎だ・・・(^^;)) いや〜、ほんっと燃えました!!!

・・・なんかすんごく長い(しかももちろん自己中(爆))レポになってしまったよ〜〜。
最後まで飽きずに読んでくれた人、ありがとう!そして、お疲れさまでした・・・(^^;)



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:広島グリーンアリーナ
REPO:みぼりん
DATE:2000/6/3
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
チケットが届いたあの日から、広島のライブは私の毎日の目標だった。
なんたってアリーナ2列目!2度と取れない夢の席。広島がある!って思えば、
イヤなことがあってもかんばれた。楽しみにし過ぎて風邪っぴいちゃったけどね(^^ゞ

会場に入って席を確認するまでは、2列目なんて実感湧かないし、端っこ過ぎて機材とかが
邪魔で良く見えないかもねって思ってた。けど席に着いてドキドキ!ちょうどステージの端の
真ん前!視界を遮るものなんて何もナイ!TAKUちゃん側だったんで、TAKUちゃんの
立ち位置にオペラグラスを合わせて、これでツメの先まで見えちゃうよ!なんて想像してたら
胸が苦しくなっちゃった。単に浴衣の帯がキツかったのかも・・・(;^_^A

いよいよライブスタート!SEが流れてメンバーがせり上がって来る!
近いっ!!視力良くない私でも衣装までバッチシ見えちゃう!
TERU・・黒のTシャツ、ポケットに赤い十字架の付いたジャケット(背中には赤でHG)、
黒の鋲付きチョーカー、黒のパンツ(プリーツスカート付き)、黒に赤い線の入った
リストバンドを両手にしてた。
TAKURO・・いつもの青緑のスーツ、髪はちょっとパーマかけたかんじ。
HISASHI・・黒い長いマントみたいなのにブーツ、半モヒ全開!
左側の髪はなくてシルバーだったよ。
JIRO・・青のTシャツ、黒のパンツ、いたってシンプル!

『HEAVY GAUGE』。最初の間奏でチョーカーをハズして後ろに投げるTERU。
そんなに早く取っちゃうなら衣装の意味ないやんって思ったよ(*^_^*)
次の間奏ではジャケットも脱いじゃった。すごく声でてる!
『FATSOUNDS』。TERU、マイクスタンド抱えてジャンプ!かっこいい〜!!TAKUちゃんが来てくれた!ギターのネックをガジガジやってたよ。足長い!もっともっと!のポーズも見れた!
『SURVIVAL』。TERUとTAKU、センターで絡む。こっちでもやってくれぃ!!

MC「広島!オープニングから最高に盛り上がってるね!声が上から降ってくるみたいだよ。
どんどん激しい曲行くぜぇ!彼女のモッダーン!!」


『彼女のModern・・・』。JIROちゃん来る!スタンド見て笑ってたよ。笑顔が可愛い☆
入れ替わりにHISAくんが走って来てくれた!生足見えまくり!細いっ!めちゃ綺麗!
TOSHIのドラムソロに続いて『口唇』。暑いよぉ!浴衣脱ぎたいっ。
『生きがい』『ここではない、どこかへ』。ちょっと落ちつけたんで、TERUが水飲むとことか
喉にシュッてやるとこを見てた!噂通り2回シュシュってやってたよ。タオルでゴシゴシ
汗拭いてたしね(^_^;)

MC「今日はすごいよ!圧倒されちゃって前に出て行けないくらい!」「ええだがな!」
(?広島弁かな)
「今まではMCで長々と語ってたんだけど、今回のツアーは言いたいことは全て音で言ってる!
だからみんなも音で感じて欲しい!心で感じてイッちゃって下さい(笑)」
違うかも。(^_^;)

「アルバムHEAVY GAUGEの中でも大事に育ててる曲があるように、今までの曲も新しい
アレンジで生まれ変わっていくんだよね。バラードで手拍子されちゃうと、俺トチっちゃたり
走っちゃったりしちゃうんで、バラードは目をつぶって心で聴くような気持ちでね!
わかったかな?」
会場「は〜い!」

『HOWEVER』。今日は完璧!やったね、TERU!アコースティックなアレンジで
懐かしいかんじ。
TAKUちゃんのピアノソロ。みんな静かに聞いてた。青い光が降り注いでてすごく幻想的。
『HAPPINESS』。TERU、HISA、JIROと光が降りてくる演出が本当に綺麗!
手拍子もなかったし、最高のハピネスが歌えたよね。

突然TERUの「ネバーマイっ!」の叫びがっ!えっ?ネバマイ?って思ってるとVJ紹介が
始まる。広島の映像(宮島とか市電とか)が次々に映るんだけど、その時演奏してた曲が
「POWER NEVER MIND」
だったんだよ!血管切れそうなくらい高音な「ネバーマイっ!」
の叫びと共に映像も終る。かっこ良かった!最後に「秘密ねっ!」ってお茶目に言うTERU。
ごめん、バラしちゃった(;^_^A

MC「7月に新曲マーメイドを発表することが決定しました!」会場拍手!
「おぉ!(何か言いかけて)あれ?ボクはもう寝ちゃったかな(笑)」
最前の男のコが寝てたみたい。すごく優しい笑顔で語りかけてたよ。いいなぁ、そのコ。
「ありがとぅ!ここにいる人たちに、一足お先に新曲を!すっげえイイ思い出作ってくれよ!」

『MERMAID』。メンバーみんな前に出てくる!
最後のJIRO&HISAの絡みがポイントだよね♪
『LEVEL DEVIL』。TERU来る!スタンドの方見て煽りまくり!あ゛〜行かないでぇ!
ってかんじ。
HISAくんが舞いながら来て、目の前で華麗なプレーを披露してくれた!指も細いんだよ!

TAKUちゃんが前に出てジャカジャカ。ACID HEADじゃないよね?何だろ?きゃ〜!
『LOVE SLAVE』だぁ!♪LAY DOWN♪のとこで親指下に向けるんだね。知らなかったよ。
『COME ON!!』。JIROちゃんが目の前で何度もジャンプ!今日はノリノリだね♪
『誘惑』。激しい曲の連続でハジけまくり!またまたHISAくんカムッ!今度はアンプに足
乗せてうりうりやってくれたよ!オペラグラスでなめるように見てしまった(;^_^A
エロおやじでごめんね。

MC「広島ありがとぉ!気持ちがいいです。みんなの笑顔見てると楽しい!俺らもみんなに
笑顔を分けてあげたいし、それでみんなが幸せになれれば嬉しいよ。楽しい1日をありがとう!」

会場「幸せだよー!」TERU「ありがとう!次の曲で最後なんだけど・・・」
会場「えぇ〜、イヤだぁ!」
TERU「どうどう(笑)。1番揃ったブーイングだよ。」

「みんなもいろんなことがあると思うけど、楽しさを胸に抱いて苦しみを乗り越えて
がんばりましょう!大切な曲で、いろんな思いを体全体から伝えたい曲です。
心を開いて聴いて下さい!」


『Will Be King』。この曲の前のMCでは、毎回すごく心に染みること言ってくれるよね。
自分たちも悩みながら今回のツアーがんばってる!だからみんなもがんばれ!
みたいに私には聞こえるよ♪この曲で終る今回の構成ってすごく好きだな。

今日はずっとマナー良くてイイかんじだったのに、アンコール前に「GLAY!チャチャチャ!」
がっ!しかも見事に揃ってる(^_^;)みんな知らないのかなぁ。ちょっと残念。

ツアーTシャツでメンバー登場!TERUのペットボトルはかなり後ろまで飛んでったよ。
HISAくんはデジカメ持ってなかったと思う。良く見えなかった。

MC「でかいアンコールありがとぅ!その声に応えるためにこの曲を!」『SOUL LOVE』
イントロ聴いて絶叫!「きゃ〜!SOUL LOVEだよ!嬉しいっ!!」後は声にならなかった。
嬉しさと感動のあまり涙が止まらなかったよ。まさか今回のツアーで大好きなこの曲が
聞けるなんて!SOUL LOVEのPVの笑顔がきっかけでGLAYを好きになった私は、
この曲には特別な思い入れがあってほんとに大好きなの!この曲に出会わなければ、
今の私はナイって断言出来ちゃうくらい大切な曲!
他の日ではなく今日やってくれたことに運命すら感じちゃったよ。
♪軽い出会いは突然、運命めいたものになる♪まさに私とGLAYの出会いそのものやん!
ってただひたすら感動に浸って聞いてたんで、メンバーの様子なんかは全然覚えてないです(^-^;

MC「もっともっとみんなの声で会場を埋め・・うめっ・・」口がまわらないTERUに会場爆笑!
「何だよ〜。悪いかよ〜。」すねるTERU。可愛い☆
「〜ちゃって下さい!」
(あ゛聞き取れない(>_<))
「ふはははっ!!」自分の言ったことにウケて本気で笑ってた!
TERU MEなんかで良く聞く、トシちゃん入った素な笑いね。わかる?
SOUL LOVEの感動の涙を拭う暇なく笑わせてくれてありがとう。

『生きてく強さ』。みんなで大合唱!TAKUちゃんのギターをベンベケやってるJIROちゃん。
TAKU&JIROの絡みも可愛いね。JIROちゃんがアンプの所で後ろ向いてベース弾く!
結構長い間弾いてから、センターへ。マイクの前でもしばらくベンベケやってるJIROちゃん。
TERUはHISAくん側のアンプに座って手叩きながら見てたよ♪「ウォ〜〜!!」

「SHUTTER SPEEDSのテーマ」。♪わかっちゃいるけど、じゃけじゃけっ!♪って歌いながら
笑ってたJIROちゃん可愛いすぎっ。マイク奪うTERUも笑ってた!ご機嫌だね!

TAKUちゃんのギターで『ACID HEAD』!TAKUちゃんの肩に手回して覗き込むようにして
歌うTERU!出たっ!角度によってはキスしてるようにしか見えない濃厚な絡み!
キス&キス♪の所でも、TAKUちゃんの肩を抱いたままカメラに向かって投げキッス☆
何だかなぁ〜(;^_^A
JIROちゃんHISAくんの雄叫びも聞けた!特効が上がってライブ終了!

「さんきゅー広島!また絶対来るからな!」メンバーみんなで来てくれて大ハシャギ!
TERUの「ありがとぉ!」JIROの「うぁ゛〜!」HISAの「さんきゅぅ!」
TAKUROの「ありがとう!」生の声が聞こえるの!
目こそ合わなかったし何も拾えなかったけど、やっぱアリーナ2列目美味しすぎっ!

***********************************
ほんとに夢のような一時だったよ。ステージ端に来てくれたメンバーって、それ以上
行けないから絶対止まるでしょ。その目の前の席なの!もちろん肉眼でもばっちし
見えちゃう距離!
この近さでしか見れないとこを見なきゃ!って思って、カオはもちろんじっと見たけど、
メンバーの指もとを見て来たよ!
TERUの指は細くて長くてツメまで綺麗!始終動かしてたから指輪までは確認出来なかった。
TAKUちゃんの指も長かったよ。なんであんなに早く動くんだろって感動!
1番じっくり見れたのがHISAくん!最初は生足見てたんだけど、指も細い!
骸骨指輪まで見えたよ!TAKUちゃんとは対象的に、早く動かしてるんだろうけど止まって
見えるかんじ。変な言葉だね(^_^;)動きが華麗だからかな。
JIROちゃんはじっとしてなくて指まで見えなかった。肌はほんとに綺麗だったよ!
すべすべだもんね♪
後は生声が聞けたことが嬉しかった!TERUの声いっぱい聞いたよ!

2度と有り得ないこんな良い席からGLAYを見れた上に、大好きなSOUL LOVEまで聞けて
最高に楽しかった!今日のライブに行けたことを心から感謝!この日の感動があれば、
どんなツラいことでもがんばれるよ!

最後まで読んでくれてありがとぅ!ますますGLAYが大好きになった記念すべきライブでした。
みんなも楽しい思い出いっぱい作ってね♪



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:広島グリーンアリーナ
REPO:MAYUMI
DATE:2000/6/4
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
・・・初日に続いて今日も日帰り広島ライブ♪
今日は連れの妹の誕生日なので、いいライブになればいいな〜!と思いつつ、
前日のあのBBSの騒ぎを見れば期待しない訳ないっしょ!とも思いつつ、
でも酔っぱらって二日酔い集団になってたらどぉなるの??
とも思いつつ(笑)、いろんな思いが交錯する中、広島到着〜♪

今日は早めに会場に着いたので、やっとお目当てのHISAレゴもGET!!
(う〜ん、やっぱカワイイ♪)
今日の席はアリーナ42列目で、かなり後ろの方だったんだけど、ちょうどHISAの真正面!!
たとえ遠くてもHISAは私達を見捨ててなかったのね♪なんて都合のいいように解釈しながら(笑)、いよいよライブスタート!

客電が落ちた途端、いつもにも増して「きゃーーーーーーー!!!!!」と、もうすでに熱気ムンムン!!こりゃ今日はすごいぞ!!てな訳で、いよいよメンバー登場♪

HISAの衣装が・・・青だ〜〜〜〜〜!!!これがウワサのブルーの衣装なんだ〜〜〜♪♪
な、なんて美しいの!?!?!?
妹と2人で「尚(なお)サン、(←我が家ではなぜかHISAのことをこう読んでる(^^;))
青だよ〜〜!♪!♪!」と、すでに大興奮状態!!(><)

いつもにも増して重厚で心に響く『HEAVY GAUGE』に続き、『FATSOUNDS』でいよいよ
メンバーハジケまくり!!
HISAの動きもめちゃくちゃ激しい!!
そして、華麗に舞うたびに・・・な、生足が〜〜〜〜〜!♪!♪!
聞いてたとおり、グレーの衣装よりも生足見せて(魅せて!?)くれるじゃないの!!
私の「HISASHI〜〜〜〜〜!!!!!」の声も、すでに裏返り気味!(爆)

もちろん、他の3人もガンガンきてた!!
TERUサンの「クールで熱くいこうぜ!ってどんなんだ?(爆)」という1人ボケ突っ込みには
かなり笑った!!
VJ紹介の時の『ネバマイ』の声は、TERUではなく、すっごくワイルドなテリーの声だったよ!!
JIROクンもめっちゃ炸裂!!『SHUTTER〜』でのボーカルはほとんど叫びに近い感じ!!
ベースソロも今まで見たこともないぐらい激しかった!!ベースも叩きつけちゃうほど(←これは私は見てなかった・・・(><))ハジケてたよ!!
TAKUROサンのピアノやコーラスも、いつもにも増して感情がこもってるような気がしてじーんときたよ!!

この日はMCは少なかったよ。でも、悪い意味じゃなくてきっといい意味で少なかったんだと思う。
TERUさんも手拍子とかの件を注意することもなく、でも言われなくてもみんなマナーも
よかった!
まるで、「言葉なんて要らない。音で、俺達を感じてくれ!」って言われてるみたいだった!
それに観客もひとつになってた!それだけすっごく勢いのあるライブだったよ!!
メンバーもそんなライブが出来て、すっごく充実してるみたいだった!!アンコールも終わって、
メンバーが帰って行く中、
TERUサンが最後の最後まで名残惜しそうに、「広島〜〜!!!サンキュー〜〜!!!
また会おうぜ〜〜!!」
って何度も何度も言ってくれたのがすごく嬉しかった!!
そして、最後に一言一際大きな声で・・・「じゃけ〜〜〜!!!」(爆)
も〜〜!!じゃけじゃけ言えばいいってもんじゃないっちゅうの!(大笑)

アンコールが終わって、エンディングが流れる中、観客もまだまだこの興奮状態から
冷めきれなくて、再び「アンコール!!」の声が!!(しかも、最初の時よりも一際大きく
揃った声で!!)・・・でも、やっぱりそのまま終わっちゃった・・・(^^;)
お願い!!もう一度出てきて〜〜!!って思ったけど、メンバーもきっとこの最高の気分
のままでいたいんだろうな〜と、いい方に解釈したりして・・・。(笑)

それにつけても恐ろしいのはHISASHI・・・♪♪(><) あのカッコよさはもはや・・・
犯罪だ〜〜〜!!!!!(爆)なんで??なんであんなに素敵なのさ??も〜〜、
見れば見るほどハマってしまう・・・(><)
てりみぃとも話したんだけど、「これだからHISAファンは辞められんな〜♪」ってね!(爆)
そうそう、アンコールの時にHISAが観客をデジカメを撮ってくれたよ!
(多分CNCのHPにのってるやつだと思う!)
ちょうど真正面で撮ってくれてたから、絶対写ってると思う!!んだけど・・
しかし、さすがに42列目は遠い・・・(^^;) 光も思いっきり邪魔だしさ〜(笑)

でも、ホンットによかった!!ライブに行く度に絶対また行きたい!!って思うよ!!
これだからGLAYファンは辞められないんだけどね!!(^^)



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:名古屋レインボーホール
REPO:みぼりん
DATE:2000/6/8
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”

行って来たよ!夢のTERU誕ライブ!!席はHISAくん側スタンドだったんだけど、
思ったよりステージに近くて良いかんじ!席なんてほんとにどこでも良かった!
あの場所に居れるだけで幸せなことだもん(*^_^*)

ほぼ時間通りにライブスタート!
TERU・・黒のTシャツ、黒のパンツ(エプロンみたいなスカート付き)、黒のリストバンド。
TAKURO・・黒の半袖シャツ、ジーンズ?に見えた。珍しくラフな格好。
HISASHI・・黒の長いヤツ(背中には蛍光ドクロ)、やっぱり半モヒ。
JIRO・・黒のTシャツ(キラキラ光る文字入り)、黒のパンツ、髪ちょっと切ってた。

『HEAVY GAUGE』。間奏のシャウトも絶好調!オペラグラスでTERUを見ると、
絶対にTAKUちゃんも一緒に見えちゃう美味しい角度だったよ♪真剣な表情でギター
かき鳴らすTAKUちゃんも素敵!
『FATSOUNDS』。HISAくん、JIROちゃん来る!TERUの開脚ジャンプも炸裂!
かっこいい!!
「もっともっとカッ飛ばそうぜ!」『SURVIVAL』。TERU煽りまくり!暑いよぉ。

MC「名古屋は今日も熱いぜっ!俺が倒れたら介抱して下さい!
ブチ切れて行こう!ガンガン飛ばそうぜ!彼女のモダーン!」

『彼女のModern・・・』。だからめちゃ暑いってば(^_^;)JIROちゃん、
スタンドいっぱい見てくれて嬉しい☆

HISAくんが前に出てソロ。何だろ?初めて見たよ。おぉ!嬉しい!!
『Young Oh!Oh!』だぁ!
この曲好きだし聞きたかったから大ハシャギ♪ドームビデオのJIROちゃん思い出しちゃった。
『口唇』。ちょっと歌詞ヤバかったかな(^_^メ)がんばれ、TERU!
『生きがい』。この辺から高音がツラそうに聞こえた。

MC「ボハッ。ねっ・・・まっ・・・。皮膚呼吸が出来なくて、鼻息荒くてすみません。今日は
全国から集まって来てくれてるって聞いてます。ありがとう。デビュー当時から、名古屋は
ハズせない大切なとこです。ほんとにありがとう!」
会場から歓声!地元の人大喜びだよね♪

「自分たちの中でHEAVY GAUGEを繰り返しやることで、その意味を考えてきた。
みんなもHEAVY GAUGEを素直に受けとめて欲しい。ライブで、体で、音で、気持ちで
感じてくれ!そんな思いで全国を回ってる。GLAYはこれからどこに行っちゃうんだろうって
思ってる人もいるだろう。俺らも新しい場所を探してるんだよ。そんな気持ちが詰まった曲です。」


『ここではない、どこかへ』。すごくじ〜んと来ちゃった。ちゃんと音で伝わってるよ。
TAKUちゃんのピアノソロに続いて『HAPPINESS』。この曲の光の演出っていいよね。
TERUの歌もTAKUちゃんのピアノの音色も優しくて良かった♪

「クールに!クールにかますぜっ!カモン!VJ!」VJ紹介。でも見えないんだよねって
思ってると、こっちを指差して、「スタンドからは見えない人もいるだろうけど、サウンド
で楽しもう!カモン、VJ!」
ってTERU!なんて優しいんだぁ。ウルウル(@_@)

「新曲をぶちかますぜっ!マーメイド!」『MERMAID』。メンバーが揃って前に出てくるとこ
好き!めちゃかっこいい!TVでもやってくれるかな。楽しみだね♪
『LEVEL DEVIL』。♪誰がっ!♪の前にToshiのとこでタイミングを計ってるTERU。
ドラムの方見てる時はすごい笑顔なのに、マイクに向かうとヴォーカルのカオなんだよね。
そのギャップがまた堪らなく可愛くてかっこいいよぉ!

TAKUちゃんのソロ。ギターソロの後って意外な曲が始まるからわくわく♪キャー!
『月に祈る』だよ!初めてライブで聞けた!嬉しい♪みんなノリノリ!

TERU「イエーイ!」会場「イエーイ!」を何度も繰り返す。だんだん早くなって、
『COME ON!!』のイントロへ。楽しすぎっ!TERU&TAKUの絡みもばっちし!
『誘惑』。HISAくんもJIROちゃんも思いっきりハジけてたよ!

MC「次の曲で最後です。」会場「えぇ〜!」TE「すごく嬉しいよ!最後です!って言って、
あぁ良かった!って言われたら寂しいもん。短く感じるかもしれないけど、今回のツアーは
HEAVY GAUGEがテーマってことで、音で気持ちで伝わればいいと思ってる。GLAYが
醸し出すHEAVY GAUGEにどっぷり浸ってください。大切な曲です。」


『Will Be King』。どっぷり浸らせてもらいました(*^_^*)

「サンキュー名古屋!」はけるメンバーがずっと見れて嬉しい♪あそこから出てくるんだぁ。
その階段をずっと見ながら、みんなで♪HAPPY BIRTHDAY♪を歌う。何10回も繰り返して
歌ったよ!来れなかったみんなの分も!って思いっきり歌って来たからね♪
階段に人影がっ!TERUが1人でツアーTシャツにタオルひっかけて登場!

「誕生日おめでとぉ!!」

TERU「ありがとう!めでたく今朝5時に29になりました!1つ嬉しかった事は、みんなが
“てるくん”って呼んでくれたことです。いつでも気持ちはティーンエイジャー!これからも
がんばります。ありがとう!」


イベンターさんから真っ赤なバラの花束を貰う。1本抜いて口に銜えるTERU。きゃ〜!
客席に投げようとしたけど、アンプのとこに落ちて笑いながら拾う。もぉ、可愛いすぎっ!!
「あれ?まだみんな来ないのかな?」花束をドラムのとこに置きに行ってると、
他のメンバー登場。
1人でウォ〜って両手を上げたものの、他のメンバーがやってなかったからか、
中途半端にやめて腕をおろすHISAくん!何がしたかったんだろ?キミも可愛いすぎるって!

TERU「HEAVY GAUGEツアーなんで、誕生日だからって浮かれてられないぜっ!
いつもならここでミディアムナンバーに行くんだけど、俺がすごくハイなんでハードな
ナンバー行くぜっ!
お前らを愛の奴隷にしてやるっ!
『LOVE SLAVE』

ウギャ〜!!この一言にみんなヤラれたことでしょう(*^_^*)完全に壊れたよ。
奴隷にでも何でもなるって!TERU大好き!かっこいい!!\(^o^)/!!
この後の事はほとんど覚えてナイです。ごめんなさい(^^ゞ

「もっとパワフルに行こうぜっ!思いっきり声出して歌おうぜ!」
『生きてく強さ』。もう喉ガラガラだよ!JIROちゃんがセンターへ。ベースジャカジャカやって
止めるのを何回か繰り返す。マイク持って「ウォ〜〜〜〜!」。納得行かなかったのか、
TERUに何やら言ってる。今度はTERUがマイク持って「ウォ〜〜〜〜〜〜!!」すごい!
どうよってかんじで得意げなTERU!JIROちゃんの「行くぜぇ〜!」『SSのテーマ』

マイクスタンド持ってぴょんぴょん跳ねるTERU、可愛いよぉ!JIROちゃんもジャンプ
しまくってた。そのまま『ACID HEAD』へ。会場もメンバーのノリも最高潮!
マイクスタンド後ろに投げるTERU。煽りまくるTAKURO。舞うHISASHI。跳ねるJIRO。
このままずっと続けばいいのにって思うくらい楽しかった!
けど特効が上がってライブ終了。

「サンキュー名古屋!また絶対会おうぜ!サンキュー!!」

**************************************
あぁ。終ってしまった・・・今までで1番名残惜しかったライブだったよ。
TERUの誕生日は、特別なイベントとかなかったけど、一緒にお祝い出来ただけで最高に幸せ♪
“愛の奴隷”発言にメロメロにされたしね(*^_^*)ますますTERUにハマって帰って来ました。
29歳になっても相変わらずお茶目でかっこいいTERUが大好き!!
レポになってなくてごめんなさい。




【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:名古屋レインボーホール
REPO:なっつ
DATE:2000/6/8
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
6月8日・・テル誕ライブ
IN!!名古屋!!

うぅぅぅぅ帰ってきたよーーー!!(>∇<)
メチャよかったよーー。
で・・・少しだけ!!笑・・頭とんでたから・・覚えてることのみ・・爆!

はじまってすぐからみんなテンションたかかったよー。
2曲目で・・テルくんの開脚!!キャー−−!!
5曲くらい・・激しい曲続いたのよ。
で・・もうなっつ汗だくだったよ・・・(><)

テルくんも・・・皮膚呼吸が・・できないよぉぉぉ!!って言ってた!!

曲順は違うけど・・苦笑・・爆!曲名

ヘビー ゲイジ
FATSOUNDS
口唇
YOUNG OH OH
サバイバル
月に祈る
生きがい
マーメイド 
彼女のモダン
ここではないどこかへ
LEVELDEVIL 
PUER SOUL
ハピネス
WILL BE KING
(アンコール前の最後の曲)
LOVE SLAVE
ACID HEAD
生きてく強さ
(みんなも一緒に歌ってくれ!!)
COME ON
シャッタースピードのテーマ


・・まだあったような・・ゴメンよ・・。絶対・・まだあるような・・・(−−;)))
許して・・・苦笑

で・・なっつは席・・思った以上にメチャよくって
最前列のすぐ横の・・2階席の2段目だったけど・・1番前だったよ。
タク兄側だったんだーー。
なんかみんなも言ってたけど・・今回はタク兄方にみんなメチャ
きてくれてぇぇぇなっつ感激・・興奮状態だったよ・・爆

で・・なっつが一番感動したのが・・
なんの曲の時だかは・・興奮してて覚えてないけど・・・苦笑・・・
みんなが手をたてにふってる時に・・なっつと一緒に行った
祐三となっつだけは・・モンキーダンスしてたの。笑
そしたらねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ
テルさんがこっちにきたからもうもうオーバーアクションで
2人してモンキーダンスのように手振ってたらねぇぇ
テルさんが・・笑いながら、ちょーーっとモンキーダンスの格好
して踊ってくれたのぉぉぉぉぉぉ

これって・・2人を見てたつてことだよねぇぇぇぇ(((>∇<)
それみてなっつももっとオーバーアクションさ!!爆
メッチャ嬉しかった。グレイ兄さんたちもまともに顔まで
見える距離だったしね!!(@^o^@)

あとは、MCで・・・
今回のライブはみんなは短く感じと思うけど・・・
ヘビーゲージツアーで・・伝えたいこと・・・それは言葉じゃなくって、
曲を聴いてもらつた方がわかってもらえると思ってるので・・・

っと真面目トークも。

あとは、最後の曲(WILL BE KING)が終わって・・アンコールになったとき
みんな・・ハッピーバースディ トゥーユー・・の合唱になって・・

♪ハッピーバースディ・・ディア・・テルくん!!ハッピーバースディトゥーユー♪

ってもう何回も合唱してたのね・・そしてやっとでてきたのね。
で・・その時言った言葉が・・・

ありがとう・・今日で29才になりました!!みんなが・・テルくんって言ってくれてて
嬉しかったって
・・・笑
くんがうれしかったみたい。(>∇<)

そして・・いつまでも・・ティーンエイジの気持ちでがんばりますって!!

で・・・そのあと・・花束贈呈・・
その花(バラ)を口にくわえて・・ちーーっと痛かったみたいで・・爆
ハぐハぐしてた!!笑

そのあと、そのバラを客席になげたの。
ところが・・そのまま・・照明のしたにおちてしまった・・爆笑!!
で・・またテルくん自分で拾って・・持っていってしまった・・・・
また。投げてくれればよかったのに・・・苦笑
そのあと・・ジロウちゃんがマネして・・笑
ペットボトルを照明に落としてた・・・爆。ジロウちゃんのナイスジョーク!笑

で・・曲に入る前に・・・

いつもは、アンコールの最初はミディアムテンポがおおいのですが・・今日は気分がいいのでっ
っといって歌った曲が・・
ラブスレーブからだった。メチャハードだったよ。

で・・歌の前に・・

みんなを愛の奴隷にしてやるぅぅぅぅぅぅぅぅって叫んだのぉぉぉぉ

もうもうもうもう・・・・・・・・・・キャー−−−−−−−−っと
なっつ絶叫・・・爆!!!
曲中に・・タク兄とテルさんがよってって・・何話したのかなぁぁって
思ってたら・・テルさんの口から・・サンキューって・・。
ってことは・・たぶん、おめでとうってタク兄が
言ったと思うんだ。
てせも・・マイク通して・・サンキュー・・にはまいったね・・・爆

テルくん・・ペットボトル投げたのねーー
そしたら・・めちゃ遠くまで飛んで・・・ビックリしたよ。
さすが、グレイじゃなかったら・・ブロ野球選手って
答えるだけあると思ったね!!

で・・なっつの記憶は今はこれくらいだよ・・
また思いだしたらメルするよーー。許してねぇぇぇ・・・苦笑



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:名古屋レインボーホール
REPO:たくちょっぷ♪
DATE:2000/6/11
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
梅雨入りのおかげで、名古屋の天気予報は雨≠セったけど
結局、雨は降らなかったよ。夕方には薄日も差してたしね♪

開演30分前に会場に入りました。
うわぁ...この会場 めっちゃ暑い。(−−;

メンバーの衣裳  TERU:黒のTシャツ(文字入り)・パンツ
              両手にリストバンド(右:黒 左:赤のライン入り)
              首輪・チョーカーなし

         TAKURO:黒のシャツ(襟はあったと思う)、パンツ(柄有り?)
              ネックレス、左手にはブレスレット

         HISA:黒のコート(背中には光るドクロ)、短パン、黒のブーツ
              モヒは...隠れてた(^^;

         JIRO:黒のTシャツ(光る文字入り)、パンツ(裾にファスナー有り)

定刻の17:00より、約10押しでライブスタート!
『HEAVY GAUGE』
 う〜ん、体にズシッとした音の重みを感じるね。マジでカッコいい!!!

 HISAくんのギターで始まった『FAT SOUNDS』
 メンバーも全員前に出てきて、会場の熱気は一気に急上昇!!!
 TERUくんのひゃ―――→≠ヘ今日も健在!
 最後に、マイクスタンドを飛び越えるかぁ!?と思ったら...ジャンプだけだった。(^^;

『サバイバル』
 HISAくんとJIROちゃんの絡みがカッコいい!
 TERUくんとTAKUちゃん、絡みながら何か笑ってる。なになに?何なの〜〜???
 今日はTAKUちゃんがいっぱいスクリーンに映ってる〜♪嬉しぃぃぃぃ(>∇<)

 〜MC〜
 「今日は最終日ー!!!恥かしさをブッ飛ばして ガンガン騒いでいこうぜー!
  ガンガンぶっち切れていこうぜー! 男も女も関係なーい!!!」

 
 ここでね、たぶん「もっとハードなナンバーを...」みたいな事を
言おうとしたんだろうけど口がまわらなかったTERUくん。
ちょっと恥かしそうに...
 
 「俺、興奮したら口がまわらなくなるんだ(^^;」 カ、カワイイ〜♪(*^0^*)

『More than Love』
 サングラスを取ったJIROちゃん。ん?いつもよりメイク薄い???
 と思って双眼鏡を覗きこんだら、目元に薄〜く描いてるだけで 殆ど素顔だったよ!
 メイクをしているJIROちゃんも好きだけど、素顔のJIROちゃんは
 もっと好きだぁぁぁぁ!!!
 メンバーの動きは...見てませ〜ん。( ̄∇ ̄;

 スクリーンにドカ〜ンと映ったHISAくんがギターを鳴らして
『Young Oh Oh!』
 JIROちゃんが、曲に合わせて小さく跳ねながらステージを移動してたよ。
 ピョコピョコした感じでめちゃカワイイ♪
 TAKUちゃんとの絡みではニコニコ笑ってた。(^-^)
メンバー全員、楽しそうだったよ。
 
『生きがい』『ここではない、どこかへ』と続く。

 〜MC〜
 「みんな!楽しんでもらえてる?ニコニコした笑顔が見えると嬉しいよ。
  これからも、そんな笑顔を忘れないで下さい。」

 
 MCはまだ続きがあるんだけど、メモに書き取れませんでした。ゴメン。
 確か、「思いやりを大切に!」「周りの人にも愛情をわけてあげて」
 と言ってました。
 TERUくんのMCには、いつも優しさが感じられるよね。

『HOWEVER』
 嬉しいことに、神戸に続いてまたまた聴くことが出来たよ♪
 澄んだようにキレイなTERUくんの声。
 私は、最後まで目を閉じて聴きました。
 今回は、ハプニング(笑)もなく完璧!!!

 TAKUちゃんのピアノソロが流れて『HAPPINESS』
 あれ?ソロのメロディーがいつもと違うような...
 しかも、ちょっと長いんじゃない???
 メロディーに いろんなバージョンがあるのかなぁ。
 私の勘違いかもね。(^^;
 TAKUちゃんがピアノを弾く姿、いつ見てもウットリしちゃうよ〜〜♪
 
 〜VJ紹介〜
 「タカシマ、ハナオカ、アオキ!今日もクールな映像たのむぜ!!!
  カモン!VJー!」


 とTERUくんが叫んで、ネバマイの『What's goin' on 』
 に合わせて いつものカッコいい映像が流れる。

 「名古屋もハデに行こうぜ!会場揺らそうぜーー!!! カモン!VJー!」
  
 TERUくんがWhat's goin' on、What' goin' on〜♪
 って歌ってるぅぅぅぅ。(>∇<)
 映像は、名古屋ということでシャチホコ≠ェメインだったよ。(笑)
 シャチホコ≠フ言葉が入った文章がいっぱい出てきたけど、早くて覚えられない〜。(^^;
 確かじゃないけど、シャチホコまで0分≠ニかキミのシャチホコに誇りを持て
 というのがあったと思う。
 キミのシャチホコ≠チて...いったい何ぞや???

『MERMAID』
 メンバー全員前に出てきてノリノリ〜♪
 TERUくん、TAKUちゃんの肩に手をまわして歌ってる。
 しかも、二人の顔がピタ〜ッとくっついてるよぉ!! 二人の間に入りたい(*^_^*)
ありゃ!?TERUくんのTシャツが変わってる。い、いつの間に...。
 色が同じ黒だったから全然気づかなかったよ。(^^;
 HISAくんとJIROちゃんの絡みは最高にカッコいいね!

『LEVEL DEVIL』
 TAKUちゃんが、これでもかっ!!!ってくらい いっぱいスクリーンに映ったよ!
 もう、他のメンバーなんて全然見てない私。(笑)
 間奏で、スクリーンに映ったTAKUちゃんが ユラユラ揺れながら消えていくぅぅぅぅ
と思った瞬間!HISAくんの顔のドアップが!!!
 キャ〜〜〜☆ めちゃキレイやん♪

『LOVE SLAVE』
 またまたスクリーンにデカデカと映ったTAKUちゃんのギターソロで始まる。
 この曲、未だに歌詞が覚えられない。何か早口言葉みたいだよ。(^^;
 TERUくん、よく口まわるよねぇ。やっぱ勢いで歌うのかなぁ。(笑)

 後奏でTERUくんが叫ぶ!
 「もっともっとブチ切れようぜー!まだまだいけるぜー!!」
 
 TE:「イエーーイ!」会場:「イエーーイ!」...と何回か続く。

『COME ON!!』
 TAKUちゃんがセンターに立ってギターソロが始まった。
 ギターを立てて弾く姿がめちゃカッコいい〜〜☆(>∇<)
 スラ〜ッとした長身がきわだつよ!!!それにしても...足なげーなぁ。(笑)
 最近のTAKUちゃん、ミョーに色っぽい。(*^_^*)
「カモン♪」のところは、1番がHISAくん、2番はTAKUちゃんが
 歌って、HISAくんは何回か「名古屋♪」って言ってたよ。

 『COME ON!!』の流れのまま『誘惑』へ。
 
 間奏でTERUくんが「カモン!HISASHI!!」と叫んで、
 HISAくんのギターソロ。
 HISAくんて、いつ どんな角度から見てもキレイだよね〜♪
 TAKUちゃんとは また違った色っぽさを感じるよ。
 妖艶≠チて言葉がピッタリ♪
 
 間奏中、カメラに向かってTAKUちゃん吠える!(爆)
 スクリーンに映った顔からガオ〜〜っていう声が聞こえてきそうな感じだったよ。(^^;
 私も負けずにガオ〜〜って吠え返す!(←バカ ^^;)

〜MC〜
 「ステージ上で どんどん熱が上がっていくけど、会場の熱よりも
  もっと熱いもの感じた?
  俺達と同じくらいの歳の人で、なかなか思うように前に進めない人達も
  たくさんいると思うんだけど、一緒にがんばっていこうよ。
  夢を叶える≠チてよく言うけど、夢のつかみ方っていろいろあると思うんだ。
  うまく進めなくても、一人でヤッケにならないで欲しい。
  俺達みたいに4人で一緒に夢を叶えるっていう方法もあるんだからね。
  みんなで温かいものを作っていきましょう!
 俺達が大切にしている曲を聴いて下さい。『Will Be King』」


 さっきまでギャ〜〜〜☆ってキレまくって暴れてたのに、なぜかこの曲が
 始まると涙が出てくるんだ。
 特にTERUくんとTAKUちゃんがハモるところはジ〜〜ンとくるよ。
 勝てるまで〜〜≠チて歌うところのTERUくんの声が大好き!
 なんかね、胸にキュ〜ンとくるの。

 何度も「ありがとーーー!!!」と言って、メンバーはステージを後にしました。

 直後から「アンコール!!!」の大合唱!
 めちゃくちゃ揃ってて気持ち良かったよ♪

 アンコールの声が響く中、ツアーTシャツに着替え 肩からバスタオルを
 かけてメンバー登場!
 JIROちゃん、HISAくん、TERUくん、TAKUちゃんの順にステージへ。
 JIROちゃんは、出てきていきなりペットボトルの水を思いっきり
 客席(HISA側)にかけてた。
 HISAくんは、デジカメを持ってたよ。

 「盛大なアンコール、ありがとう!ヘヘッ...鳴り止まなかったね。
  それじゃ、みんなが聴きたいと思ってる曲を...。」


『SOUL LOVE』
 イントロが流れたとたん、思わず嬉しくてキャ〜〜〜〜☆って叫んだよ!!!
 思わず みぼりんの顔がポワ〜ンと浮かんだ。(笑)

 「今日は、みんなが聴きたい曲 一緒に歌いたい曲をやろうと思います。
  生きてく強さーーーー!!!」


『生きてく強さ』
 もう、初めっから会場内で大合唱!すんごいパワー全開!!!\(^0^)/ 
メンバーもみんな楽しそうでね、JIROちゃんと絡んでたTAKUちゃんは
 ギターを弾きながらチョコチョコって跳ねながら後ろに下がってた。
 体はデカイけど...なんかカワイイ♪(^^;

 JIROちゃんがベースを鳴らしながらセンターへ。
 「もっと盛りあがろうぜ!!」と叫んで『SHUTTER SPEEDSのテーマ』
 間奏中 ずっとピョ〜ンピョ〜ンと跳ねてたJIROちゃん。カワイすぎ♪
 
 「イエーーーーーーーーーーーイ」と、かなり長いTERUくんの叫びの後、
 TAKUちゃんのギターソロで『ACID HEAD』
 会場は暑いし、頭はイッちゃってるわで 私もうフラフラ〜。(^^;
 それでも TERUくんの投げKISSはしっかり頂きました。(^^ゞ
 スクリーンには薬のカプセルの映像がクルクル回ってて笑えた。
 やっぱ『ACID HEAD』だから???

 TE:「イエーーーイ!」会場:「イエーーーイ!」と何回か続いて
 「サンキューーーーー!」という言葉と一緒に、両手でチュバ〜と投げKISS☆
 
 特効が上がってライブ終了。投げKISSでヘロヘロになった私は座り込む。(笑)

 「サンキュー名古屋ーー!サイコーだぜーー!!
  サンキュ、サンキュ、サンキュ、サンキュ、サンキュー!」
←もっといっぱい言ってた。

 TE:「サンキューー!!」会場:「イエーーイ!!」と4回繰り返す。

 最後に、TERUくんは汗拭きタオルを客席に投げて帰っていきました。
 
 
 今日の観客はスゴイ!!!ライブは終わったのに、アンコールの声が鳴り止まないんだよ。
 めっちゃ声はデカイし、恐いくらいに揃ってるの!
「本日の公演は〜」っていうアナウンスが流れて、やっとおさまったよ。(^^;
 私にとっては、今まで行った公演の中でも1、2を争うくらいキレまくったライブでした。
 TAKUちゃんの笑顔がいっぱい見れたのが最高だった!
 衣裳もスーツだけじゃないっていうのも確認できたし。(爆)


 何かダラダラした まとまりのないレポでスイマセン。
 もっと手短にまとめろよ!って自分でも思うんだけど...できないんですぅ。(^^;
 少しでも雰囲気が伝わればいいなぁと思って書きました。
 最後まで読んで下さった方、ホントにありがとう♪



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:大阪城ホール
REPO:コツオ
DATE:2000/6/15
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
・噂のバンビTだったTERUさんですが、8曲目の「ここどこ」に出てきた時には、
 違う衣装になっていた。
「ここどこ」前、MC。
 『みんな今、向かいたい方向があるけど、そっちに行けなくて、
  もどかしい気持ちの人も、たくさんいると思います。
  でも、自分に自信を持って信じていれば、叶うと思います。』

・EC2曲目。『それでは、元気な曲でもいきましょう。カモ――ン・・・・・・・』で、
 ダダッダダッって「Cynicai」前奏が入った。嬉しすぎ!
・VJで、「What’s goin’ on」を披露!嬉しすぎ!
 しかも続いて、歌無しだったけど、〜極悪トニー〜をギターでメロデイーを弾き披露。
 レアモのすぎ!
・アンコール終了後、アリーナにピックを投げるHISASHI。
 しかし最前と、ステージの間に、ヒラヒラヒラと落ちて行き、
 前の子に向かって、右手を上げて『ゴメン、ゴメン』って感じでして。
 カナリかわいすぎ!

MC。かなり客席うるさかった。
TERUさんがしゃべってる時、誰かが『TERU〜〜〜』って叫んで、
『はい。ありがとう。』って言ったのね。
だから、そしたら歓声が増えて増えて・・・・。
しまいに、『うるせぇよ、もう!』って・・・・。怒られました・・・・。
そして、『会場を見てるといろんな人がいるね〜〜。一生懸命楽しんでる人もいれば、
つまんなそうな人もいて。まっ、そんな人は帰ってもいいよって感じなんですが・・・。』
と。
ちょっと、カライとコツオは思いました。
アンコールで出てきて、TERUさんがしゃべってた時、
客席から、『関西弁しゃべって〜』の声に、『楽しいやろ〜〜?』って。

それぐらいです。
なんか、とにかく今充実感ありありで。
最高に楽しかったんです。
どこで、どんなこと言ったとか、どんな行動してたとか
もう、なんかどうでも良くなってきて・・・・。ホント、音楽で楽しめて。
でも、それじゃレポ隊にはなれないんですけどね・・・・。
なので、とにかくスイマセン・・・・・。

はみだし=友達が、HISASHIピックをGETしました。



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:真駒内アイスアリーナ
REPO:みぼりん
DATE:2000/6/24
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
とおとお前半戦もラスト!遥々福岡から見納めに行って来たよo(^-^)o
6月の北海道=適度に涼しくてイイ感じ!とウキウキ気分で乗り込んだ私を出迎えたのは、
福岡並みのウダルような暑さだった(;^_^A本当に暑くてビックリ!27℃くらいあったよ。

今回の席は、JIROちゃんの真正面の20列目くらい!久々にGLAYに会える
北海道民の熱気と全然効いてない空調のおかげで、会場の中も異様に暑い。
SEが流れて遂にライブスタート!

衣装は、TERU・・黒のTシャツ(左肩の所にバッチが2個付いてた)、黒のエプロン付きパンツ、
両手に黒のリストバンド(左手のは赤いライン入り)。首輪系なし。
TAKURO・・いつもの青緑のスーツ。髪がすごい伸びてた。暑そう(;^_^A
HISASHI・・黒の長いやつ。今日のパンツは短め!(膝上15cmくらいかな)。
もちろん半モヒ!
JIRO・・黒のTシャツ(襟ぐりと袖の所にキラキラが付いてた)、黒のパンツ、最初はグラサン。

『HEAVY GAUGE』。約1週間ぶりのライブのせいか、TERUの声の調子も良かったよ♪
題名通り歌詞も音も重くて深いんだけど、今回のツアーのオープニングにぴったりな曲。
TERUのシャウトが心に突き刺さる。ギターをかき鳴らすTAKUちゃんも素敵!

HISAくんにスポットが当って『FATSOUNDS』。かっこ良すぎ〜!!
生ひゃーも絶好調!TERUの開脚ジャンプ炸裂!キャ〜!既に壊れ気味の私(^_^メ)

「もっともっと盛り上がって行こうぜっ!」『SURVIVAL』。ハジけるJIROちゃん。

MC「北海道!まだまだこんなもんじゃねぇーよな!北海道は1番デカイ所だろ?
デカイパワーをぶつけろよっ!ガンガン行こうぜ!」


『More Than Love』。激しい曲が続いて汗ダクになる。ヤバイくらい暑いって(;^_^A

HISAくんのソロに続いて『Young Oh!Oh!』。TAKUちゃんの所にとことこ行って、
向かいあって弾いてるJIROちゃんの笑顔がめちゃ可愛かった☆

『生きがい』。この曲のTAKUちゃんのギター好き!やっぱ1番思い入れがあるからかな。
ギターに気合入りまくりだよね。最後にジャンってやるとこ最高にかっこいい!

Tシャツを着替えてきたTERU。残念ながら生着替えは見れなかったよ(^^ゞ
『ここではない、どこかへ』

MC「いやー。18年間北海道に住んでたけど、北海道がこんなに暑いなんて知らなかったよ。
みんなも暑い?」
会場「暑い〜!」「ライブは熱いもんです!(笑)」TERUうまいっ!

「北海道は前回のドームツアー以来かな?あれドームじゃないや。スタジアム?
せっかく北海道に来たんで楽しみたい!今回のHEAVY GAUGEツアーは音で勝負してる。
余計な話はしないけど、守って欲しいことなんかはMCで言って来てる。みんなで良い方向に
成長していけたらいいと思うから。静かな曲に行きたいんだけど、耳で心で聞いて欲しい!」


♪あなたに逢えたこと〜♪『BE WITH YOU』。うわ〜!めちゃ嬉しい♪この歌い出しって
聞く度に鳥肌モノに感動しちゃうよ。TAKUちゃんはピアノ弾いてた。そのままピアノソロに
入って、『HAPPINESS』。すごい綺麗な流れに感動!今日のハピネスも聞かせてくれました。
『LEVEL DEVIL』。ドラムセットからジャンプするTERU!目の前で熱くプレイするTAKURO!

『What’s goin’on』でVJ紹介!やった、ネバマイ!これ大好き♪
「みんなとVJで遊ぼうぜ!北海道のかっこいい映像行くぜっ!VJとセッション、激しく行こう!
みんなで会場揺らそう!北海道はGLAYの故郷!かっこよく決めるぜっ!カモーン、VJ!!」

モニター良く見えたの初めて!回るクラーク像。「なまら時計台だべさ」「なまらTV塔だべさ」
「なまらGLAYだべさ」の文字と共に、札幌の名所が映る!かっこ良くて面白いd(^-^)!

「新曲行くぜ!ハードなナンバーで、北海道でっかく揺らそうぜっ!」『MERMAID』
歌詞わかって聞くと、かっこよさも倍増だよ!HISA&JIROの絡みも好き!

「あ゛ぁ――――――――――!!!」TERUシャウト!
「やぁ――――――――――!!」JIROも続けてシャウト!
『LOVE SLAVE』。きゃ〜、愛の奴隷再びだっ!私も叫びまくりっ!
「スタンド!アリーナ!北海道!!もっともっと燃えようぜっ!男!女!行くぜっ!!」
途中で煽りまくるTERU!NO、NO、ラブスレイブ!!何度も掛合いやってめちゃ楽しかった!

『COME ON!!』『誘惑』と続いて、会場のノリも最高潮!煽るTAKURO!飛ぶTERU!
「カモン、HISASHI!」間奏をバッチシ決めるHISASHI!もぉ、みんなかっこいい〜!!

MC「北海道、すっげー楽しい!勝手に盛り上がっててごめんね。すげー何だろハイな気分なんだよね。このハイテンションがみんなに届いてるでしょうか?」会場「おぉー!届いてるよぉ!」
「今年東京で2000年を迎えて、みんなでタフに生きて行こうと『サバイバル』ってシングルも
出した。北海道に住んでる頃は、東京で起こってるニュースってすごく遠くて関係ない事に
感じてた。けど今はいろんなニュースが身近で起こってて、怖くなったり不安になったりする
事も多いよね。GLAYの音楽に触れてくれてる人たちに、間違いを起こして欲しくない。
楽しくタフに生きて行こう!次世代に良い環境を伝えて行くことが俺らの役目だと思うんだよね。精一杯がんばって行こうよ!」


何度も「前向きにがんばろう!」「次の世代のためにもがんばって行こう!」みたいな事
言ってたよ。最近の理解できない暗い事件に対しての憂いと、同じ年代の子達への
メッセージだと思った。

「次の曲で最後なんだけど・・・」「え゛ぇ〜!!」「みんなの気持ちはしっかりわかってるから!
音勝負で回ってる今回のツアーで、こういうGLAYもいるって伝えたい。HEAVY GAUGEの
中でも大切な曲を聞いて欲しい。それでは聞いて下さい。」
『Will Be King』

この前のMCと、あぁ終ってしまうって思いで泣いてしまった。GLAYが音で発するメッセージが、
1人でも多くの人の心に伝わればイイのにね。TERUの熱い想いがみんなに届きますように!

「サンキュー北海道!!」

ツアーTシャツにタオルひっかけてメンバー登場!客席に水を投げるJIROちゃん!
やっぱりここまでは飛んでこないのね(^_^メ)HISAくんが何かやって笑いを取ってた。

MC「アイスアリーナと言う名のサウナへようこそ!」まじウケ(^。^)まさにそう!
「ほんとにアイスアリーナなの?」「あづい〜〜〜!!」JIROちゃんも叫ぶ。
「アンコールに応えたいと思うんですが。北海道の子たちもHEAVY GAUGEを
聞いてくれたら、きっとライブで聞きたいって思ってる曲を。」
『Savile Row』

きゃ〜きゃ〜、初めて聞けた!嬉しいよぉ!みんなで歌うとこ感動だね♪
ヘビゲ版『I'm in Love』だぁ。TERUのもっともっと!を聞いてまたまた涙(@_@)

「暑いんだよー!暑いぜっ!!もっと熱く行こうぜっ!!声が小せぇんだよっ!」
「うぉ――――――――!!」
会場「おぉ――――――!!」何回か繰り返す。
「生きてく強さー!!」途中「カモン、JIRO!」で前に出てきてプレイするJIRO!
今日のJIROちゃんはやたらご機嫌でかっこいい!!

JIROちゃんにスポットが当る!ベースをジャカジャカ鳴らして止める。
会場「イエーイ!!」ジャカジャカ!イエーイ!!を何度か繰り返してると、
「疲れないで帰りたいんだ!」えぇ?意味わかんないよ。
「疲れないで帰りたいんですかぁ?」「いやだぁ!!」そういう意味か。

モニターにすごいカオで覗き込むTAKUちゃんのアップが!可愛い☆って見てると、
TERUもやって来て2人で肩組んで極上スマイル!!きゃ〜〜〜!!美味しすぎる!!

「じゃ、GLAYの中でもパンクなナンバーやるんで、コレで見るなよっ!コレで見るなっ!」
手を丸くして目に当てるJIROちゃん。オペラグラスね(^_^;)OK!!『SSのテーマ』
ベースを床に押し付けて激しく弾くJIRO!吠えるHISASHI!メンバーもノリまくりだぁ!

HISAくんのソロに続いて、簡単にメンバー紹介。
「イエーイ!!ラストっ!!アシッドヘッド!!!」『ACID HEAD』
メンバーもみんなも最後の力を振り絞ってノリまくってる!
でも恒例のTERUの投げキッスがぁ!アリーナの誰かに向かって
やったんだよ(>_<)TERUのキッスはみんなのモノなのにぃ!!

特効と共にライブ終了!「サンキュー北海道!!」「また絶対会おうなっ!」「ありがとぉ!!」
思い思いにピックやタオルを投げて帰って行くメンバー。たくさんの感動をありがとう!

この日の会場はほんとに暑かった!TERUもドラムセットにもたれてうだ〜って溶けてたもん。
ライトとかガンガン浴びてるし、歌いながら走ったり飛んだりしてるから、見てる私達よりも
何倍も暑いよね。そんな状況でも、見るからに暑そうな衣装を着つづけてたHISA&TAKU
ってすごいと思った!ギタリスト魂ってやつかな。GLAYくん、熱いライブをありがとぉ!
お疲れサマ!

**************************************
あぁ、ほんとに終っちゃった。みんなも書いてたけど、寂しさで胸がいっぱいになるよね。
またしばらくGLAYに会えない日々が始まるけど、前半ライブで貰った感動と興奮があれば
どんなツライ事でもがんばれるよ!楽しい時間をありがとぅ!北海道まで行って良かった♪



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:真駒内アイスアリーナ
REPO:なっつ
DATE:2000/6/27
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
ういーーーーーーーす!!!!!!!
27日ライブ行って参りました!!!!!(@^o^@)

またまた・・・レポもどきを・・・爆!!
よかったら読んでくれ!

27日は朝から・・・雨・・・・・
かなりHEAVY でした・・・苦笑
なっつは4時から・・会場の前でまっておりました・・雨ものずごかったっす!

席は・・5ブロックの真中よりでした。
テルさんの真ん前状態!!15列目だったんだよーーー
みんなかっこよかった!!!(@^O^@)

曲名でーーす。
またまたおきまりどおり・・曲順はバラバラっす・・あしからず・・爆!

HEAVY GAUGE
サバイバル
口唇
young oh oh!
誘惑
ここではないどこかへ・・・
マーメイド
HOWEVER
HAPPINESS
More than Love
COME ON!
LEVEL DEVIL
SHUTTER SPEEDSのテーマ
生きがい
Will Be King
サブィルロウ〜
LOVE SLAVE
ACID HEAD


まだ・・あるかも・・・・すんません・・・(−−;)))
なにしろかなり壊れてたもんで・・
(Iメルしたかたにはわかると思いますが・・爆)

メンバーは終始はしりまわってました!!(@^O^@)
なっつが思うには、絡みが・・・ふっふっふ・・・笑・・多かったような・・・・

テル&たく兄
テル&ヒサ兄
テル&ジロウちゃん
ヒサ兄&ジロウちゃん
たく兄&ヒサ兄・・・・・・・・・もーーーもーーーー絡みおおかったっす!!
鼻血が・・・・・(>∇<))))))))))))爆

テルくんは・・投げキッスをはじめ!
       その前には・・・たく兄に向かって・・チュウしてたような・・・
       なっつはそれをみて・・ぎゃーーーーーーっと叫んでました・・爆!
        あとは・・テルくんお得意!!開脚!!ジャンプ!!
       高かった・・・・・(@>∇<@)キャー!!

ジロウちゃんは・・終始飛び跳ねてました!!!(@^O^@)
          楽しそうにジャンプしてる姿みると・・・・かわいかった!!
          画面に向かって・・アップ!!!キャー−−!!

ヒサ兄・・・画面にアップになったとき・・・・キレイだった・・・

タク兄・・・テルさんとの絡みしか記憶が・・爆!
      でもいつものポーズ・・手をひろげたポーズ連発っす!!(>∇<)

テルくんの最初のMCは・・

    今日はなんかカップルが多いネー−−
    なんかグレイのライブじゃないみたいで・・・笑
    みんな楽しんでってください!!(@^O^@)



テルくんは今日は声の伸び・・・メチャよかったです。
もうもう感動しました!!(@^O^@)
あらためてやっぱりうまいなぁぁぁっと思ったよ!あたり前だけど・・

それがメチャ感じた曲は・・・HAPPINESS・・・
もうもう鳥肌もんでした!感動しました。
自然と・・うぁぁぁぁぁぁぁっと小さく叫んでました・・・・・・

HOWEVERを歌う前のMCでは・・・真面目モードでした・・

         最近17才のコのふにおちない事件が多くってイライラしてます。
        でもそのコ達には・・愛がたりないのだと思います。
        俺はみんなに愛をもらってます。
        今度はみんなに愛を送りたいと思います・・
       聴いてください・・・・・・・

みたいな事をいって歌ってくれました。。。言い方は違うけどね。

あとは・・なんか1人言もいってました・・・・・爆
    会場内・・爆笑でした・・・

テルくんのペットボトルは・・2階席へ・・・
ジロウちゃんのピックは・・前のほうへ・・・
ヒサ兄のピック・・・なっつの横を飛び・・・・後ろの方へおとーちた・・・・
           通路のところだったらしい・・・・おしかった・・・・!(><)


そしてそしてぇぇぇぇぇぇぇぇぇ1番嬉しかったテルくんの言葉は!!!!

北海道のみんなに言いたい事があるんだ!!
  で・・・・みんな・・・なにーーー?????って言ったら!!!
      最 高 !!!!!
   って・・いってくれたのぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!(>∇<)))))))

もうもうもうもうもうもうもう鼻血っす・・・爆!!


アンコールでは・・掛け合いがおおかったです!!(@^O^@)
もうなっつはジャンプ・・・モンキーダンス・・・叫び・・・・
歌い・・・すざましいライブでした・・・(@>∇<@)
ライブ終了後・・・しばし・・歩けませんでした・・爆

かなり激しいライブでした。汗がこんなにでるもんかと・・・苦笑
これでなっつのレポもどきはおわりっす。
頭の中で覚えてることだけなので・・・あしからず。
ではでは・・・・



【GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”】
会 場:真駒内アイスアリーナ
REPO:たくちょっぷ♪
DATE:2000/6/28
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
ついにやって来ました、前半戦最終日!!
「おっしゃ――っ!行くで――!!!」と窓を開けたら外は雨。(T0T)
あぁ...北海道初上陸という記念すべき日が雨だなんて。悲しすぎるぅ。
おまけに、新千歳空港に着陸寸前 私の座席の上から まさかの雨漏りが...。
機内で雨漏りを体験するなんて思ってもみなかったよ。(^^;
ANAよ!しっかりせい!!!

17:00、真駒内に到着。この頃には雨もすっかりあがってたよ。
最終日ということもあってか、場内のスタッフがやたらと多い。
ちょっと目障りだった。(^^;

メンバーの衣裳  TERU:黒のTシャツ(バックに文字プリント)・パンツ
              右手に鋲付の腕輪、左手にはリストバンド(赤のライン入り)黒のバッファ
       
      TAKURO:いつものスーツ(中は黒のTシャツ) 左手にブレスか時計

      HISA:黒のコート(バックに光るドクロ)、短パン、黒のロングブーツ、
          髪は茶髪でモヒ全開!

      JIRO:黒のTシャツ(光る文字プリント)、パンツ、左手に時計(?)、サングラス、
          靴はニューバランス  

18:40、ライブスタート!!!
 『HEAVY GAUGE』
 今日のメンバーは何かが違う!演奏してる姿から、すんごいパワーが
 伝わってきました。
 特にJIROちゃんは、この時点でもうノリノリ!

 『FATSOUNDS』
 HISAくんがいつも以上に輝いてるよ!!カッコいい〜〜〜☆
 TERUくんのひゃ――――→≠ヘ、今まで聴いた中で一番強烈な叫びだったよ。
 メンバー全員前に出てきて会場を煽る!
 TERUくんの開脚ジャンプもカッコ良かった〜♪

 TE:「ガンガン行こうぜ――っ!カモン、TOSHI!!!」

 『誘惑』
 TAKU&JIROちゃんは、ガンガン頭振りながら演奏してたよ。
 HISAくんはクルクル回ってた。
 
 この曲あたりから、会場は一気にサウナ状態に。
 これが噂の真駒内アイスアリーナという名のサウナ≠ネんだね。(^^;
 マジであづ〜〜い...(−−;

 〜MC〜
 「ヘビーゲージツアー最終日――!今日は暴れまくろうぜ!!!
  そして最終日、北海道だ!北海道のパワー見せてくれ――!!!
  GLAYに負けるな――!ガンガン行こうぜ――!!!
  彼女のモダ――ン!」


 『彼女のModern・・・』
 JIROちゃんがTAKU側で客席を煽る煽る!ジャンプしながら煽る!!  
 そこへ、HISAくんがクルクル回りながらやって来た!
 「おぉ〜、HISAくんが舞ってるぅ♪」って思わず見惚れちゃった♪(^-^)
 ステージ中央で絡むTAKU&HISAくんの姿、カッコ良すぎ!!!
 TERUくんもステージを左右に動き回って煽る。

 『ビリビリクラッシュメン』
 再びHISAくんがクルクル回りながらTAKU側にやって来た♪
 他のメンバーを見てても、HISAくんが回り出すとついついそっちに
 目がいっちゃうんだよ。だって、ナマ足チラチラさせて誘うんだもん♪(^^;
 間奏の時、「あっ、TAKUちゃんが後ろ向いてる...」と思った次の瞬間
 オラオラ〜〜そこ――っ!!!≠チて感じで指さすTAKUちゃんが
 スクリーンにドアップで映る。
 目線や指さす方向が、まさにTAKU側!
 誰を指してるかって??? もちろん、わ・た・し♪(*^-^*)

 『生きがい』『ここではない、どこかへ』と続く。

 〜MC〜
 「やっと最終日を迎えることが出来たんだけど、今日で40本目なんだ。
  1本1本思い出があってね、毎日すげぇ良いライブができてて
  中には、思いが伝わらなくて 直接言ってしまって雰囲気を崩してしまった
  事もあったし、何か暗い雰囲気になってしまった事もあったけど
  今日、最終日を迎えて 一つ一つの積み重ねが良いライブを作り上げて
  いくんだなぁと実感したので、最終日に良いライブが出来て嬉しく思います。
  全国のみんな、そして 目の前にいるみんなに 直接自分の口で伝えたい
  気持ちがあるので届けたいと思います。聴いて下さい。」


 ん???聴いたことのない前奏が.....あなたに逢えたこと〜♪
 キャ〜〜ッ☆『BE WITH YOU』だ〜!!!
 一生懸命歌うTERUくんを見てたら泣けた。

 TAKUちゃんのピアノソロが始まって『HAPPINESS』
 今日のソロは2分5秒!!!長――い!!!
 最終日だから、めいっぱい弾いてくれる事を期待して計ってみました。(笑)
 私的には、もっといっぱい聴きたいくらいです♪
 
 『LEVEL DEVIL』
 TAKU&TERUが絡む! ちょっとぉ〜、お二人さん 顔近づけすぎだってばぁ。(^^;
 間奏中、ギターを立てて弾くTAKUちゃんがスクリーンに映る。
 「キャ〜〜、カッコいい〜〜☆」って叫びながら見てたら、いきなりHISAくんの
 モヒのドアップが!!!
 ひぇぇぇぇ〜〜、ドアップで見るとすげぇ!!!(^^;
 黒で模様が描いてあったけど、何の模様だったんだろう???
 耳にピアスしてたよ。

 JIROちゃんがベースをジャカジャカ鳴らしてVJ紹介へ。
 
 TE:「オ――イェ――!!!」 会場:「イェ――イ!!!」
  
 TE:「それじゃ 後ろにいるVJ、紹介しようかな。
     VJタカシマ、VJタキモト、VJハナオカ、VJアオキ
     今日は前半戦最終日!!北海道のみんな、ガンガン行こうぜ!
     カモン!VJ―――!!!」

 
   迫力のあるカッコイイ映像が流れる...。

 TE:「OK、ここは北海道――!ちょっとだけ俺達の...ちょっとだけ恥かしい
     映像を見せてあげようか。カモン!VJ―――!!!」


   なまらGLAYだべさ%凾ニいう言葉と共に、時計台や牛の映像が流れたよ。
    牛の体には、ヘビゲのロゴが入ってて笑えた。
    その後、ひみつ打ちあげ≠ニ題して打ちあげの映像が流れました。
    メンバーそれぞれのショットに一言コメントが付いてたよ。
    じゃんけんに勝って喜ぶTERU∞毛ガニvsJIRO=@  
    なごむHISASHI、SHIGE∞すてきなスピーチTAKURO
    とか、他にはTOSHIさん ネスターの映像もあったよ。
    めちゃくちゃ楽しそうな打ちあげ映像でした♪
    そして最後に、お疲れっす!後半もブッちぎれて行こうぜ――!!
    という言葉が出てきました。

    本当にみなさん お疲れ様でした!後半戦も楽しみにしてるよ〜♪  

 『MERMAID』
 TAKU&JIROちゃんが絡む!真剣にギターを弾く姿がめちゃくちゃカッコいい☆
 最後のJIRO&HISAくんの絡みは大好き♪

 「ダ――――――ッ!」というTERUくんの叫びと、TAKUちゃんのギターソロで
 『LOVE SLAVE』が始まる。
 あっ...TERUくんのTシャツが変わってる。いつ着替えたんだろう。
 今回も見逃した〜。(><)
 JIROちゃんのベースを弾く手が スクリーンにドアップで映る!
 HISAくんがクルクル、ひらひらと舞う。コートの裾がふわ〜っと広がるから
 ナマ足が丸見え。キャ〜〜〜〜☆(>∇<)
 
 『COME ON!!』
 TAKUちゃんがギターを立てて弾きながら会場を煽る!
 メンバー全員、ステージ上を動きまわる。
 カモン♪≠フところは、1番がHISAくん 2番がTAKUちゃんだったよ。

 『COME ON!!』の流れのまま、TERUくんの「イェ――――イ!!!」という
 叫びで『サバイバル』へ。

 『サバイバル』
 前奏からTAKUちゃんが頭ガンガン振ってノリノリ状態!!めっちゃ激しいぞ。(^^;
 間奏では、JIRO&HISAくんが絡む。
 そして...本日最大のTAKU&TERUの絡みが!!!
 TAKUちゃんが、ギターを弾きながらチラッ...チラッとTERUくんの方を
 見てるの。むむむ...何かあやしいぞ。
 あれはもう あきらかにTERUくんを誘ってる目だ!!!
 TAKUちゃんの思いが通じたのか(笑)、TERUくんが気づいたぁ!
 待ってましたとばかりに、TERUくんの元へと滑り込むTAKUちゃん。(^^;
 両膝をついて、上体をめいっぱい反らしてギターを弾くTAKUちゃんの上に
 TERUくんが覆いかぶさるような感じで歌ってた。
 私は、もう歌を聴くどころじゃなくて 二人の密着度に目がクギヅケです。(^^ゞ
 何だかんだ言って、毎回楽しみにしてる場面の一つなんです。(笑)

 TE:「スタンド―――!アリーナ―――!北海道――!センキュ―!!!」

 〜MC〜
 「今日は最高に暑いね。あぁ...違う、今日もだね。(苦笑)
  次の曲で最後になるんだけど、今回のツアーでは すごくいい思い出が
  いっぱいあって、そんな思い出はずっと忘れたくないと思うし...。
  なんかね、今日気分いいんだ♪ 最高のWill Be Kingが聴けると思います。」
 

 『Will Be King』
 TERUくんの言ったとおり、最高のWill Be Kingが聴けたよ♪
 TERUくんとTAKUちゃんのハモリのところで思わず泣いちゃった...。

 そうそう、初めの Days of the roses〜♪≠ニTERUくんが
 歌ってる時、何気にHISAくんを見てたら 左手の甲で鼻の汗をポンポンッと
 押さえてたの。HISAくんでも汗かくんだぁ...と思った。(^^;
 可愛かったのが、左右の髪が少し顔にかかって邪魔になったらしくてね、
 普通だったら かきあげるか首を振って髪をはらえばいいのに、両手ですぅ〜〜っと
 なでるようにサイドに流してた。何だか女の子みたいで可愛かったなぁ♪(*^-^*)

TE:「センキュー北海道、ありがと―――!!!
      ホントに みんなありがと――!!!」

 
 メンバーは手を振ってステージを後にする。
 その直後から、アンコールの声が会場に響く!!!
 
 会場全体の声が揃ったなぁ...と思った時、メンバー再び登場!
 ツアーTに着替えて、肩からバスタオルをかけて
 TERUくん、JIROちゃん、TAKUちゃん、HISAくんの順で。
 JIROちゃんが、ペットボトルを持ってTAKU側に歩いて来たから、
 「おぉ!今日こそ私の所に飛んで来るかなぁ。」って期待してたのに...
 スタンドに飛んで来るはずだったペットボトルはアリーナへ一直線!!(おいおい^^;)
 みんな 思わず目がテン。(笑)
JIROちゃんは、「おかしいなぁ?」って顔をして自分の手を見てた。
 苦笑いしながら恥かしそうに戻って行ったところを見ると、やっぱ失敗したようだ。(爆)
 JIROちゃん、カワイすぎ♪

 TE:「盛大なアンコール、本当にありがとうございます。
     アンコールを求められるのは本当に嬉しいです。ありがとう!
     そんな盛大なアンコールに応えて、まだ みんなが聴いたことのない新曲を
     聴いてもらいたいと思います。
     世の中に出会いとか別れとかたくさんあって、出会った時はすごく嬉しいし
     別れの時はすごく胸が苦しくなるよね。そんな出会いの一つ一つが自分に
     大切なモノだと思ってます。
     GLAYが大きくなって離れていってしまう人達もいるけど、そんな人達も
     新しい出会いの中でがんばって欲しいと心から願い続けています。
     そんな 大切な人にこの曲を送りたいと思います。聴いて下さい。」


 〜新曲〜(タイトルはわかりません)
 すごく良い曲だったよ。
 好きだった人と一緒に過ごした日々を思い出して、今 何かを伝えようとしている...
 そんな感じがして、何だかせつない曲だなぁと思いました。
 出会いと別れ≠ェテーマだったのかなぁ...。もう一度聴きたいな。
        
 『Winter,again』
 イントロが始まった瞬間、感動で鳥肌がたったよ!!!
 周りにいた人も「すごいね〜」「感動だよ〜!」って言ってました。
 スクリーンに映る映像(メンバー)はすべて白黒でした。
 曲の雰囲気にピッタリ!

 TE:「そしたら、その北海道の元気を爆発させようぜ!!!」 
 会場:「イェ――――イ!」 
 TE:「OK!生きてく強さ―――!!!」

 『生きてく強さ』
 会場のみんなで大合唱!!!
 いっぱい元気を貰っちゃったよ♪

 『SHUTTER SPEEDSのテーマ』
 JIROちゃんがベースをジャカジャカ鳴らす。
 
 J:「イェ―――――イ!!!」 会場:「キャ〜〜〜〜☆JIRO〜〜♪」
 J:「みんなの気持ちは伝わったぜ!OK!行くぜっ!!!」 
 JIROちゃんはステージを左右に走り廻る。めっちゃ楽しそう!
 
 「イェ――――――――――イ!」という、TERUくんの長〜い叫びの後、
 TAKU&HISAくんのギターの掛け合いが始まってメンバー紹介。
 
 TE:「OK、ギターHISASHI!ギターTAKURO!キーボードSHIGE!
     ドラムTOSHI!ベースJIRO!そしてボーカル、TERU―!」

 TE:「イェ―――イ!」 会場:「イェ―――イ!」と8回繰り返す。 
 TE:「もっと、もっと―――っ!!!」
 一段と声が大きくなって叫ぶ!
 TE:「イェ―――――イ!」 会場:「イェ―――――イ!」...7回繰り返す。
                              
 この流れのまま『ACID HEAD』のイントロが始まる。
 TE:「ラスト――!ACID HEAD!!!」

 メンバー全員、ガンガン暴れまくる!
 TERUが叫び、TAKUROが吠える!HISAHIが舞い、JIROが飛ぶ!!!
 間奏ではTERUくんの武器投げチュウ≠2回いただきました。(*^0^*)

 TE:「イェ――――イ!」 会場:「イェ――――イ!」xいっぱい(^^;
 TE:「センキュ―――――――!!!」

特効が上がってライブ終了!!!
 ステージセンターに6人が並んで 手をつないだ!1・2・3・ジャ〜〜〜ンプ!!!
 私も、友達と手をつないで メンバー達と一緒に思いっきりジャンプしたよ!
 
 メンバーは、ピックやタオルを投げた後 ステージを降りて行きました。

 今日はここからがすごかった!
 スタッフロールが流れ始めても誰も帰ろうとしないの。帰るどころか、アンコールを求める声が
 始まったの。
 ヘロヘロになった私は、椅子に座ったまま アンコールの声に合わせて手拍子しました。
 ボ〜〜ッとスクリーンを見てたら、突然 映像と音が止まって照明がついたの!!!
 なんと!メンバーがステージにもどってきてくれたんだよ。
 会場内は、キャ〜〜〜〜〜〜〜☆っていう半狂乱に近い状態でした。(^^;

 メンバーはいきなり演奏し始めて それにあわせてTERUくんの掛け声が飛ぶ!
 TE:「イェ――イ!」 会場:「イェ――イ!」xいっぱい
 
 演奏が終わって、TERUくんが話そうとした時、突然HISAくんが「誰も帰ってないね。」
 って、笑いながら言ったの。ホントに驚いたみたいで、思わず素に戻ったHISAくん♪
 TERUくんは、HISAくんの突然の発言にビックリしてたけど、「ねぇ♪ホントだね。」って
 応えてたよ。何だか微笑ましい一場面でした。

 TE:「今日はね、ホントにみんなの気持ちがステージに届いたよ。全国から来た人も
     最後だから期待したと思うんだけど、今日はその願いを叶えて...。
     最後の一曲になるんだけど聴いて下さい。Savile Row」


 You're my precious・・・
           Everything must pass oh oh oh〜♪≠フところは
 私達に歌わせてくれたよ♪
 何度も何度も繰り返し歌ったよ。メンバーは小さな音で演奏して、
 私達の歌声をじっと聴いてくれました♪
 
 TE:「ありがと!また必ず逢おう!!!センキュー北海道!!!
                  センキュ―――――――!!!」


 メンバーは笑顔で手を振って帰っていきました。
 最後にステージに残ったTAKUちゃんが、深々と一礼して帰って行ったのが印象的でした。

 前半戦の最後にふさわしい、感動的なライブでした。
 この日のライブに参加出来た事を幸せに思ってます!

 
 5/17から始まった 私のヘビゲツアー。この2ヶ月はホントに充実した日々でした。
 一日一日が過ぎて行くのが、これほど名残惜しく思えたのも生まれて初めてです。
 前半戦のライブに参加したみなさん、お疲れ様でした。
 また、前半戦に参加できなかったみなさん、後半戦で思いっきりはじけようね♪

 毎度のことながら、ダラダラした文章でごめんなさい。
 反省はしてるけど このクセは治りません!(^^; 
 最後まで読んでくれて ホントにありがとう。



【LIGHT GAUGEたびたび】
会 場:Zepp SAPPORO
REPO:コツオ
DATE:2000/6/29
GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”
行って来ました、ZeppSapporo。
勿論、北海道、札幌であることは言うまでもない。

6月28日PM10:00に急遽発表された、
前半戦終了、打ち上げ的LIVE。

行く気は全く無かった。けど、29日朝の電話受け付けかけてみた。
かかるものなのかな〜?って。
そしたら、かかっちゃったのよ。
どうするのよ?札幌よ。今日はバイトよ。
どうする?どうする?・・・・・・・行こうっ!!!!!
急遽、札幌行き決定。29日AM10:30。(バイトはずる休み)
LIVEは29日、PM19:00開演。

JALにて札幌行き最終便、15:55発に乗る。(コツオ初飛行機)
18:00新千歳空港着。
もう、あせってあせって、JR乗って、地下鉄乗って、
迷って、走って、走って、走って、
ぎりぎり18:58に、ZeppSapporo会場入り。
スタッフによる前説が始まっていた。

運良く、席(といってもオールスタンデイングだけど)がAで、
1番前で、もうまえに5人だけ。3メートルぐらいかな?
近すぎ!でかすぎ!!

そして、そしてついに始まった!!
そう!あのトニーが出てきたのだ!!
ビリビリのTシャツでね。そして、なまってた!!
『どうも・・・。ネバーマインドのトニーです。』(かなりなまってるのを想像して)
『今日はZeppSapporo中日って事で・・・』(トニージョーク)
そして、ネバマイメンバー紹介。
『ドラムの???(忘れた。シゲさん。)ベースのトシボーボー。
キーボードのブタゴリラ!上手(右)ギターのジド。下手(左)ギターのテリ―!』

メンバー登場。
『俺がNEVERって言ったら、MINDって言ってください。』
そして「アナーキーインザUK」が始まる。
トニーが歌おうとした瞬間、後ろからタッキ―がハリセンを持って登場。
トニーの頭をポカンをなぐる。
小さい声で、『はやいよ〜〜〜』とトニー。
『今のは見なかった事にしてください・・・。』
で、もう1度やりなおし。
そしてトニーが歌い出すと、後ろからマスヤンが忍び寄る。
そして、またもやお尻をハリセンでスパン!と。
『今日も歌えなかった・・・・。今日のはけは下手だ!逃げろっ!!!』
と言って、ネバマイは逃げて行きました。

そして数分後、いよいよGLAY登場!!
以下順不明。LEVELDEVIL(最初)・彼女のModernサバイバルHOWEVER
誘惑新曲生きがいMERMAIDCOMEON!HEAVYFATACID(ラスト)

そのなかで、『今日は俺らのすごく尊敬してるバンドの曲をやります』
と言って始まったのは、ネバマイの「What’s goin on」だった。
極悪では、後ろに置いてあったカセットデッキをHISASHIがマイクに近づけると、
『極悪トニ〜〜♪』の部分が流れてきた。
ハリセンチョップ う〜〜〜〜だけ、歌った。
そして「I(はあと)N.Y」もやった。
あと「POWER N.M」を曲を曲の間でいきなりやるのを、4回ぐらいした。

そしてアンコール『SSのテーマ』

JIROがペットボトルの水を客席にかけてくれて、
コツオも水をいただきやした。
アンコールの時は、全員ビールを飲みながら出てきて、
またもやJIROがビールを思いっきり振って、客席にかけてくれた。
あとTERUがさらのペットボトルを、最前の人に渡して
『みんなで回して飲んで』って。(まわしてくれんかったけど・・・)

HISASHIが『俺ね〜。毛生やすわ』って。
『後半戦は、変わってると思います・・・』って。そしたらJIROが
『あんね〜、そこにモヒのこがいるんだよ〜」と指差す。
『やってて楽しい?バイトやめさせられたり、しなかった??』
とその子に聞いてた。
『じゃ〜、俺らも髪のばそう。腰まで・・・。(笑)』とTERUが言った。

最初、3曲ぐらい終わった時点で、
『ちょっとみんなもう少し、後ろにさがろ〜』とTERUが言った。
『はい。1歩ずつさがって〜〜。さがって〜。さがらないと帰るよ〜〜!』
その時コツオは見てなかったけど、HISASHIがひそかに
1歩1歩左に寄っていって、帰って行こうとしてたらしい・・・。かわいい!!
で、『そこ大丈夫??』とかなりすし詰め状態の、コツオの前の方を指して言ってた。
優しいよな〜、メンバー・・・。とつくづく思った・・・。

トニー『ドラムなんだけど、前はあまりにも名前がはずかしすぎて、俺も口にできないんで、
名前を変えました。』
(でも忘れちゃった!ゴメンナサイ)
 『4月から、全国ZEPP TOURを回ってきたんだけど・・・。Zeppおしゃまんべ、Zeppもり・・・
(あと何個か言ってた)
今日とあと1かしょでネバマイは解散します!やりたいこともやったしね・・・。あとメンバーも、子育て忙しいんで・・・。』(トニージョークだと思うんで、あまり本気にしないでね。>解散)

SSのテーマ前
JIRO『今日は誰も怪我人がでなくて良かった。特にこの人が・・・。」
とHISASHIの方を見る。HISASHI笑う。
そして今回のTOURでは1度もなかったのに、Zeppでは
『人騒がせな 札幌っ!』でした。TERUが隣で、笑ってた。

ACIDの『KISS&KISS』で、「投げチュウ」発言を思い出したのか、
その直前でTERUが、思いだし笑いみたいなのをして、
ン〜〜〜〜〜パっ★って感じで、両手でゆっくりと、
ポワ〜〜〜ンって飛んで行くように、チュウをいただきやした・・・。

3メートル先のGLAY。
結構HISASHI以外は、薄メイクで、JIROとかほんまにかわいかった!!
顔とか、プニプニ!!めっちゃかわいいで!マジで!!!(いまさら)
「POWER N.M」の時に、いつも前に来てくれて、『ネバーマインド♪』
って歌って、拳を振り上げる時の顔が、めっちゃかわいかった!!!
TAKUROも近くで見ると(?)、めっちゃかっこいい!!
って言うか、足細い!!
TERUのカッコ良さは、言うまでもありません・・・・。
マジで、かっこいい!!!
HISASHIはHISASHIやった・・・。
モヒの部分が、めっちゃつるっぱげやった。マジで、つるつるに剃ってた!!
で、LIVE終了まで水分を1滴もとれず、死にそうでした。
貧血(?)で倒れて、担ぎ出されてる人も、数名いた。

LIVE終了後、裏に止まってた『チョロQ』マジもんを写真を撮った。
そして、札幌大通公園に向かう関西人二人。
屋台にて、「札幌名物しょうゆラーメン」を食った!
夜は大通り公園にいた。しっかし北海道は寒い。
夜は半そでなんかじゃ、とてもいられない。
しかもLIVEで汗かきマクって、それが冷えて、死ぬかと思った。(歯はカチカチ言うし)
そして、車椅子ようの大きい電話ボックスに避難。そこで朝を迎えた。
電工掲示板。札幌温度14°C。そりゃ寒いって!
(今日、神戸は25℃)

で、30日AM8:00札幌発で、無事昼に帰宅しました。

一生、生で見ることは無いと思ってたネバーマインドを見れて、
初飛行機、初北海道、宿無しと大変やったけど、
一生ものの価値ありLIVEでした。ホント、よかった〜〜〜〜!!!

ながくて、ごめんなさい。以上、コツオの苦労話でした・・・・。



【BACK】