HSMS presents GLAY LIVE in O-east
【渋谷O-east】
2004/12/30 (木)
1.HIGHCOMMUNICATIONS
2.coyote,colored darkness
3.天使のわけまえ
4.BUGS IN MY HEAD
5.BE WITH YOU
6.春を愛する人
7.生きてく強さ
8.彼女の"Modern・・・"
9.Winter,again
10.笑顔の多い日ばかりじゃない
11.FATSOUNDS
12.Billionaire Champagne Miles Away
13.ピーク果てしなく ソウル限りなく
14.サバイバル
15.HAPPY SWING
----------------------------
Enc.
1.ホワイトロード
2.B-BLUE(BOOWYカバー)
3.BEAT SWEET(BOOWYカバー)
4.BEAUTIFUL DREAMER
(NeverMind)





COUNTDOWN LIVE in MESSE “COME TOGETHER”
【幕張メッセ展示場ホール9・10・11】
2004/12/31 (金)
1.HAPPY SWING
2.生きてく強さ
3.サバイバル
4.天使のわけまえ
5.Blue Jean
6.INNOCENCE
7.春を愛する人
8.BLAST
9.coyote,colored darkness
10.Winter,again
11.BE WITH YOU
12.More than Love
13.Billionaire Champagne Miles Away
14.SHUTTER SPEEDSのテ−マ
15.Runaway Runaway
16.笑顔の多い日ばかりじゃない
----------------------------
Enc.
1.ホワイトロード
2.ピーク果てしなく ソウル限りなく
*** カウントダウン ***
3.BEAUTIFUL DREAMER
4.彼女の"Modern・・・"
5.BEAT SWEET(BOOWYカバー)
6.南東風
(NEVERMIND)





【GLAY COUNTDOWN LIVE in MESSE “COME TOGETHER”】
会 場:幕張メッセ展示場ホール9・10・11
REPO:みぼりん
DATE:2004/12/31
GLAY COUNTDOWN LIVE in MESSE “COME TOGETHER”
99年のカウントダウンライブで、寒くてキツい思いを強いられた曰くつきの会場なのに、
久々に東京に行きたい!って思いに駆られてチケを取ってしまった年越しライブ(^^ゞ。
当日の東京は雪が斜めに見えるくらい吹雪いてて激寒っ!こりゃあ、99年以上にツライ
思いさせられるのでは・・・と不安に思いつつ、会場のある幕張へ。千葉は、雪じゃなくて
冷たい雨が降ってて、ますますヤな感じ。駅の付近で時間を潰し、5時頃意を決して外へ。
雨は止んでてくれてほっとしたけど、風が強くてやっぱり寒い。こんな天気の中、前みたいに
何時間も並ばされたらホントに凍死する!って、恐怖と寒さに震えながら会場へ向かう。

でも何と、今回は建物の中(ホールの廊下?みたいな所)で座って待たせてくれたのだよ!
もうそれだけで極楽気分♪有り難い配慮に涙が出そうなくらい感謝!しかも、Aブロックの
整理番号何番台まではここ、Bブロックの何番台はあっち、みたいに細かく区切ってあって、
分かりやすかった。入場の時は更に細かく、「Bブロックの740〜750番の方は前へ!」
って感じで、10番台づつ区切って集めてたから、我先にって無理やり押して来る人とかも
あんまり居なくてスムーズに会場内に入れたしね。GLAYの席のない会場のライブで、
こんなに混乱もイラつきもなく快適に入場出来たのなんて初めて!並ばせ方も呼び方も
しっかり考えてあって素晴らしかった!やれば出来るやん、スタッフ!と尊大に感動。

今回はB2ブロックだったんだけど、ブロックの並び方が変則気味で、前から4番目で
左から2番目の囲いの中(分かる?^_^;)って場所だった。そこの左前4列目辺りを確保。
会場内は、GLAYの曲がずっと流れてて既にお祭り状態。ほぼ22時ちょうどに客電が落ち、
多分普通に袖からメンバーが出て来て、ライブスタート!

衣装&見た目感想。
TERU:黒のジャケット、VネックなTシャツ、破れまくりのジーンズに白ベルトで登場に見えた。
 何曲目かですぐジャケットは脱いで、6分袖くらいのTとVネックTを重ね着したっぽい格好に。
 あまりにも普通って言うか、衣装っぽくない姿で、ひとり私服?状態だったけど、ラフな感じで
 良いと思った。髪型は、まあマシになってた方かなぁ。もみあげが長過ぎっ!
TAKURO:赤のライダース、黒っぽいパンツ、後ろに何かじゃらじゃら付いた派手なベルト。
 何だかクリスマスちっくだと思っちゃった。髪ちょっと切ったのかな。すっきりしてて素敵。
 普通にかっこよかった!
HISASHI:襟と袖口が黒の白いジャケット。右襟元にクロスなアクセあり。黒のパンツ。
 網々透け透けなタンクも健在(^^;。何故カウントダウンまで忍者風網タンクなんだぁ。
 髪型はMステ出演時と同じっぽい。前髪作るとますます可愛いって評判良いよね。
JIRO:白のノースリジャケットの中に白のノースリシャツ?黒のパンツ。プチエキスポ頭。
 もう、激可愛いかった♪まるでJIROファンのように、がぶり寄りで見まくっちゃったわ(^^ゞ。
 前は、JIROちゃんのノースリってどうよ派だったけど、良い!似合ってる!可愛いよ。

オープニング曲は『HAPPY SWING』。あまりにもベタな選曲と、♪ここは華の幕張〜に
失笑しつつも盛り上がる(^^ゞ。次は、『生きてく強さ』。なぜここでこの曲?と思いつつ、
しっかり大合唱に参加してますます盛り上がる。

MC「いやーよく来てくれたね。感謝するよ。今日雪降ったじゃん。高速が止まっちゃって、
オレ達も来れるかどうか分かんないくらいだったんで、半分くらいは居ないかもなーって
心配してたんだよ(笑)。最高ー!ありがとう!後ろー!しっかり見えてるぜー!
ちゃんと知ってるんだよ。Cだろ?
(←かなり自慢気に)Cー!!Bー!!Aー!!
みんな一緒に楽しもう!ここ幕張では、このナンバーからGLAYの伝説が始まったと
思ってます。サバイバル!!」
何気に歌いながら客席に向かって歩きだすTERU。
ほえ?何かだんだん近づいて来てるように見えるんだけど、どうやって移動してるんだぁ?
ステージから、Aブロックのいくつかをグルっと囲むようにコの字型に花道があった事に
ここで初めて気付いた。足元は人の頭で全く見えなかったんで、最初ゴンドラかクレーンか
何かに乗って、水平に移動してるのかと思っちったさ(^_^;)。その花道に来てくれると、
割と近くで見れて興奮しまくり!

『天使のわけまえ』やっぱしこの曲の照明はかっこいい。
MC「31日の夜に付き合ってくれてありがとう!ホントに感謝してます。東京以外から
来てくれた人もいっぱい居るんだよね。今度はみんなの街にも会いに行くからね。
最高の思い出を作るって約束するんで、最後までオレ達について来てくれよ!
今年の夏の思い出を振り返る曲です。」
『Blue Jean』。ステージ向かって左から
TERUが、右からTAKUROがそれぞれ花道に来てくれた。真ん中辺りでぶつかって
楽しそうにじゃれる2人。今年最後にリーダーの至福の微笑みが見れて、何だか
こっちまで幸せな気持ちになったかも。

『INNOCENCE』。実はリハで聞いたものの、曲名がちっとも思い出せず、待ってる間
ずっとサビが頭をぐるぐる回ってたこの曲(^_^;)。某島に居るM姉妹まで巻き込んで、
やっと分かってすっきりしてたから良かったものの、本番でいきなり聞いてたら、この後も
ずっと悩んでたかもだわ。ライブで聞いたの初めてかもしれないなぁ。聞きたい曲アンケート
で上位だったのだろうか。次の『春を愛する人』共々、かなり歓喜の声が湧いてました。

extremeツアーでも流れてた、歩くメンバーの足元の映像があって、『BLAST』
イエーイエイエーな掛け声の所で、眉間にシワ寄せて歌うHISAくんが4分割&アップに。
続いてJIROちゃん。2人とも素敵♪ずっと映してくれてたらいいのにとまで思った(^^;。
『coyote,colored darkness』。この曲はもう、完璧HISAくんのテーマ曲だよね。
炎はなかったけど、映像も演出もフューチャリングHISASHI!でHISAワールド全開。

MC「楽しんでますか?12月31日にこんなにたくさんの人がこんな場所に居るなんて、
すげー不思議。22,000人以上の暇人がここに(笑)。
(ぬぁんだとっ!)ハハハ。
愛し合いたい人が集まってくれてるってことかな(笑)。
(言い直しても遅い。どうせ暇人さ)
女はGLAYの恋人、男は友人(出た!このフレーズ、よっぽど好きなんやね)ってことで、
腹割って、気持ちで会話しよう!
(??意味不明)GLAYは今年デビュー10周年で、
(会場拍手)ありがとう。10年を振り返ってみると、色んな出会いや別れがあったんだけど、
こうやって今みんなと出会えたことにもすごく感謝してて、その感謝の気持ちを表すには、
オレ達が大切にしてる曲を演奏することが一番だと思う。」
みたいなMCだったんで、
てっきりSPECIAL THANKSかSTREET LIFEかと思いきや、『Winter,again』へ。
久々に聞いたかも。場所的に99年のレコ大を思い出しちゃって、すごく懐かしい気がした。
続いて『BE WITH YOU』。うおぉ、好きぃ!嬉しい。TERUはアコギ、リーダーはピアノ
弾いてたよ。この頃のTERUは涙ものにかっこよかったなぁ。なんて感傷?に浸りながら、
目つぶって聞き入ってました(^^ゞ。

MC「何て言って今の気持ちを伝えていいか分からないや。みんな笑顔でいいねぇ。
ね、お母さん(笑)。
(どこのお母さん?まったりトークにややウケた。)みんなよく来たねぇ。
このあと福岡とかと繋がるんで、ガンガン盛り上がって、GLAYのライブすげーな、
オレも行けば良かったって思わせよう!みんなのビートで会場を揺らそうぜっ!」

『More than Love』『Billionaire Champagne Miles Away』と続いて、
盛り上がりまくる会場。更に、JIROちゃんがアップになり大歓声!うわーい!やたっ!!
『SHUTTER SPEEDSのテ−マ』だ!JI「うおー!!もっと盛り上がって行こうぜっ!!」
的雄たけびと歌が終わると、すぐに花道へ来てくれたJIROちゃん!きゃーきゃー!!
今日は、参加出来なかったJIROファンの友の分までしっかりJIROちゃん見なくちゃって
気合も入ってたけど、登場した瞬間からあまりの可愛さにやられて、俄かJIROファンばりに
叫びまくって見つめ倒してだけに、花道に来てくれたこの時が一番燃えてた私(^^ゞ。
『Runaway Runaway』では、途中でドラムセットにかけ上り、笑顔でドラムをいじる
JIROちゃん♪うきゃー、可愛い〜!!いやー、楽しいねぇ。きっと私は、きゃーきゃー
はしゃぐこと自体が楽しいんだわ。思い出させてくれてありがと、JIROちゃん。

MC「幕張最高!!みんなの笑顔最高!次の曲が最後なんですが、、」会場:えー!!
「えーとか言うなよ(笑)。分かってるくせに。まだカウントダウンやってないでしょ(笑)。
一旦終わらせて。最後にみんなの声を聞かせてくれ!」
『笑顔の多い日ばかりじゃない』
この曲って、「生きてく」とか「またここ」みたいにみんなに歌わせる系の曲だったのかい?
実は「ホワイトロード」買ってなくて(ごめんなさいっ!)、キャンペーンラジオも全然聞いて
なくて(許して下さいっ!)、偶然聞く機会も皆無だったんで、ここで初めてこの曲聞きました。
けど、今1ミリも思い出せません(;^_^A(ホントにすみませんっ!)。


「アンコール!」やら「GLAY!」やらの声が飛び交う中、しばらくするとモニターに映像が。
おぉ!これは99年振りの「餅つきビデオ」やん!前回の札幌のカウントダウンライブでは、
これがなくてイマイチ盛り上がりに欠けた感があっただけに、めちゃ嬉しい♪今年のは、
前のよりパワーアップしてて、かなり面白かったよ。全員Yシャツにネクタイ姿で杵持ってて、TAKUちゃんなんて完璧にお父さんみたいだし、TERUは3頭身くらいに縮んでた(^_^;)。
パラパラ漫画風の画で、杵をバットにボールを打ち、両手を挙げて走り出すTAKURO。
杵でゲートボール風の動きをした後、何故か空を飛びまわるHISASHI。火花を散らして
杵で闘いだすTERU・JIROとか。最後は臼からTERUが出てくるし、バカっぽさ満載で
みんな楽しそう。こういうのホント好きだよね(^^ゞ。そのビデオが終わるとメンバー登場。
TERU:黒のカウントダウンTシャツ。TAKURO・JIRO:白のノースリTシャツ。
HISASHI:黒のTシャツの上に黒の長袖シャツで、ニコニコ笑顔。

TE「サービスしようとしたら、変な方向に行ってしまいました(笑)」会場爆笑。
いやいや、サービスって言うより、自分らで楽しみまくった結果だしょ(^^ゞ。
「今日起きたら雪が降ってて、雪がふるさとを思い出させてくれました。
そんな雪の降る故郷を思いながら歌う曲を聞いて下さい。」
『ホワイトロード』
JIROちゃんの鈴にはしゃいだものの、やっぱ印象薄い曲だわ。

「近づいて来てるねぇ。今何時か見てみる?(画面右上にデジタル表示時計が出る。
23:46:50くらい)あと15分?(へ?)いや13分だ(笑)。計算出来ない訳じゃないよ。
そろばん2級持ってるし。
(持ってても出来てないやん^_^;)みんな2004年最後の
ナンバーは何だろうって思うでしょ。気になってた人!
(会場:手あげたり、答えたり)
オレ達もすげー考えてたんだけど、今年のUSJでのGLAY EXPOのことを思い出すと、
掛け合いで成長したナンバーがあると思わない?
(まさか、ゴチ?!それだけは勘弁!)
オレの声と掛け合いしながら、どんどん成長して行ったナンバー。オレ達はこの先も
ずっとこの曲をやって行くと思います。2004年最後は、ピーク果てしなく ソウル限りなく!」

ほぉ、こらまた意外な選曲。掛け合いって、ウオウオウ〜って所のことだよね。未だに
何て言わせたいのか分かんないんですけど(^_^;)。この曲が終わって、23:53。

TE「あと何分?2000年の時はY2K問題があって、非常事態に備えてカップラーメンを
作ったんだけど、まだ持ってる人居る?
(貰ってないし(T_T))オレもまだ持ってるけど、
賞味期限が切れちゃってさ。記念品だから、物置の裏に置いてあるんだけどね(笑)。
すげーこと教えてあげようか。今福岡の三井グランド
(福岡?グランド??何言ってんだぁ)
三井グリーンランドと中継繋がってるんだけど、ここの倍、4万人以上集まってるんだって!
あと、FM FUJI、BAY FM、それと802も頑張って繋いでくれてて、
(と各メンバーを
見ながら、この後特番があるとか番宣ちっくなことも言いつつ)T-FMでもね、、
(ってTAKUちゃんを見るものの、リーダーは袖でスタッフと何か真剣に話してる)
って、おーい!!T-FMでも繋がるから。(分かった分かったって感じで頷くTAKURO)
ラジオを聴いてるお友達!(お友達ってちょいウケた(^^;)三井グランドのお友達!」
性懲りもなくまた間違えるTERUに、JIROちゃんピック投げつける。見てなかったんだけど、
HISAくんも同時にピック投げて突っ込み入れてたらしいf^_^;。

おもむろにリーダーが近寄って来て、TERUに耳打ち。ややコントちっくな動きの2人。
「え??グリーンランドは福岡じゃなくて熊本?!」やっと気付いたのかバカモノめ。
荒尾市民(三井グリーンランドのある場所)に失礼じゃないか(^_^;)。
「ふーん」とか言いながらその場にうずくまり、何やら床をガリガリやりだしたTERU。
何だぁ、開き直る気かぁって思ってたら、床に張ってあった黒いカンペを剥がし、
カメラに大写しにさせる。そこには、『福岡/三井グリーンランド』の文字が。
「誰だぁ、これ書いたの?強いて言うなら、オレのせいじゃないね。」って笑いながら
カンペを投げ捨てるTERUに、すかさずJIROちゃんがヘッドロック!って言うの?
腕で頭を締め上げる技に、「痛いぃ」って笑うTERU。いいぞ、JIRO!もっとやれー!
カンペに頼ったうえに間違えて開き直ってるTERUなんて懲らしめちゃえー!!
「まだ時間あるね。今年最後のウェーブやろうか。しゃがんでしゃがんで!」前から後ろ、
後ろから前へウェーブやったとこで、時報が流れ出し、10秒前からカウントダウン開始。
「5・4・3・2・1、HAPPY NEW YEAR!!」銀のテーブがステージから発射され、
モニターに「A HAPPY NEW YEAR!! 2005」の文字が映し出され、メインイベントの
カウントダウン終了。何ともあっさり2005年になってしまいましたわ。

「2005年も夢を追い続けてる人にこの曲を送るぜ!BEAUTIFUL DREAMER!」
えー、これが今年1曲目?何故にぃ??イマイチぱっとしない幕開けな気が(^_^;)。
続いて『彼女の"Modern・・・"』。おぅ、こっちのがよっぽど嬉しいし盛り上がるっ!
JIROちゃんとHISAくんのイケてる2人組が、私に近い方のステージ端で向かいあって
弾いてくれて大興奮!そのまま2人で花道を歩いて来てくれたら感激だったのになぁ。

TE「改めて、明けましておめでとうございます。今年初めて言った言葉がおめでとうだよ。
年賀状出してないけど(笑)。今年もライブガンガンやりながら過ごす1年になるような
気がします。そしてそこには、ここに集まってくれたみんなが居ると思う!」
会場:歓声。
「新年一発目だし、メンバーの声も聞きたいよね。」おお!もちろん!!「まずはTOSHI」
TO「おめでとう!何?抱負を言うの?え?(誰かに促されて→)九州、盛り上がってる?
去年はドラム叩いてばっかりの1年だったけど、今年もドラムだけの人生になると思う。
この中では僕が最年長なんですが、若さに負けず歳に負けず頑張りたいと思います!」

JI「おめでとう!!このステージに無事に立てて良かった(笑)。実は何日か前に
40度くらいの熱が出て、フラフラだった。健康第一!」
えぇ、大丈夫なのかJIROちゃん。
そんなどよめきを吹き飛ばすかのように、ダブルピースで満面の笑み。激可愛い!!
「第三に(って聞こえたけどウソっぽい)みんなの前でプレイできること!。ありがとう!!」
HI「(かなり真面目口調で→)新年、明けましておめでとうございました!ってTERUが
言ってたんだけど、言うかぁ?TERU語録に追加して。はい。
(こっからはラフな口調で)
2004年はたくさんライブをやった1年でした。今年もみんなからパワーをたくさん貰って、
曲作ったり、ドームツアーやったり、ちょっと休んだり(笑)、忙しい1年になると思いますが、
これからも付き合って下さいね♪」
って、めちゃ可愛い言い方&極上スマイルのHISAくん!
これにはヤラれまくり(^^ゞ。ドーム後の休みは絶好のフェードアウトタイムかも、なんて
思ってた心を見透かされたかのような先制攻撃だぁ。あんなに可愛く言われちゃったら、
簡単には辞められなくなっちゃったf^_^;。

TA「明けましておめでとうございます。去年はデビュー10周年と言う節目の年で、
充実した活動が出来ました。無茶もしました(笑)。新曲だけのツアーとか、テーマパーク
でのライブとか、3時間ライブとか。でもその全てが、バンドの力になったと思っています。
今年もたくさんいい曲作って、みんなの心に残るような曲を作ることを約束するので、
これからもよろしくお願いします。」
もっと長かったけど、忘れちゃいました。ごめんなさい。
WピースのTERUがアップに。ホント楽しそうな笑顔。お祭り大好きだもんね(^-^*)。
TE「禁煙8ヶ月目です!(おー、続いてたのかぁ。エライエライ)これからも頑張ります!
禁煙もそうなんだけど、目標持ってやることで、自分自身も変わって来たと思うんで、
もっといい歌歌って、みんなの心に暖かさを残すような歌を歌っていきたいと思います!」


「じゃ、恒例ではありますが、最後は“これ”をね」って、ゴチの決めポーズをするTERU。
うげっ、来た!やだー!周りは、「えー!もう終わり?やだー!」的、私とは違う意味で^_^;
ダメ出しの嵐。手をバツにしてる人とかも居て、TERUは最初「え?ゴチダンス不評?」って
戸惑った顔してた。いっそのこと誤解してくれぇ!イヤな人も居ることに気付いてくれぇ!
って願いも虚しく(^^;、メンバー集めて何やら話し合い、笑顔で頷くTERU。HISAくんに
「あれでOK?」みたいに最終確認をしに行ってから、「しょうがねぇーヤツらだなぁ(笑)。
サービスです。1曲しかやらないよ。照明さんたち、突然ですがしっかり付いてきてね。」

HISAくんのギターソロから、BOOWYの『BEAT SWEET』。てか、この曲知らないから
あんまり嬉しくないんですけど(^_^;)。GLAYの曲のが嬉しかったなぁ。

TE「こうやってオレ達が憧れてたバンドのカバーが出来るのも10年経ったからだよな!
これから、こういう機会を増やして行きたいと思ってるんでお楽しみに。じゃ、今度こそラスト!
みんなゴチダンス覚えてる?」
ゴチダンス?いつの間に命名されたんだろ。ゴチ音頭だしょ。
ライブ前の待ち時間に、絶対120点貰おうね♪なんて言いつつ、これを真剣に練習してた
HISAコスの方々が目の前に居て、思いっきり引きまくってしまった私は、今回は踊る気も
周りを見る気も全くなく、ひたすらオペラグラスでJIROちゃんを見てました(^^ゞ。
真面目じゃないから、ちゃんと見てるよ、JIROちゃん!(会報P34のコメント参照)
途中のメンバー紹介後に全員花道へ来てくれたんで盛り上がってると、花道の一部が
徐々に競り上がって驚く。そんな所に地味に仕掛けがあったんだぁ。ステージに戻って、
TERUが最後の変なポーズ決めて終わりかと思いきや、突然NEVERMINDを歌いだし、
最後に「ネバーマイッ!」と高音でシャウト!

TE「ありがとう!!今日はサービスしまくりっ!ドームツアーでは、最高に楽しいライブを
やるから、またドームで会いましょう!ホントに最高!!みんな、ありがとう!!」

それぞれピック投げたりしながら、全員で花道を1周。HISAくんは、カウントダウンの
瞬間に発射された銀のテープを手に持って、ヒラヒラさせながら回ってて可愛かった。
JIROちゃんはステージでベースを真上に投げてキャッチ。かなりご機嫌な様子だった。
TERUはペットボトル投げてたかな。ステージの真ん中に集まり、手を繋ぐメンバー。
JIROちゃんの「1・2・3!」の生声でジャンプ!思い思いのポーズでメンバー退場。
モニターには、「COME TOGETHER」のロゴが映り、最近のライブエンディング恒例の
『つづれ織り』(このタイトルはどうよ(^^;)が流れてた。24:40頃かな、ライブ終了。


今回のカウントダウンは、意外なくらい楽しくて、G熱もちょっと盛り返したかぁ?くらいの
勢いで楽しめたライブでした(^^ゞ。参加してホント良かった。と言う訳で、まだしばらくは
続けられそうなので、今年もよろしくお願いします。最後まで読んでくれてありがとうm(_ _)m。








【BACK】