【ワンゼップ大阪】(GLAYPHONE presents GLAY SPECIAL LIVE)
会 場:Zepp Osaka
REPO:みぼりん
DATE:2001/12/10
GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”
「GLAYPHONE presents GLAY SPECIAL LIVE」に当たったよぉ!
ライブハウスでGLAYを見れるなんて夢みたい!ってドキドキしながら、
大阪に乗り込んで来ました!
初ライブハウスで勝手が分からず出遅れつつも、JIRO前10列目くらいをGET!
もうちょっとTERU寄りに行きたかったんだけど、センター付近はものすごい人口密度のため
危険度もMAXで断念。最初にキョードー大阪の人かな?(と思ってたら、
HSMSのWEBMASYOさんだって!)の前説で、GLAYPHONEを持っての記念撮影。
携帯なんてロッカーに置いて来ただよ(^_^;)。
約20分押しの19:20頃ライブスタート!

衣装は、
TERU:真中に「ONE LOVE PEACE」の文字が書かれた白い大きなリンゴの絵の
黒Tシャツ。左袖の一部も白かった。いつものスカート付きの黒いパンツ。
腰チェーンあり。右手に黒のリストバンド。
髪型はイイ感じだったけど、かなりなフルメイクにちょっとビビる。
TAKURO:黒Tシャツ。何か文字が書いてあった気がするけど、良く見えなかった。
あちこち破れた古着ちっくなジーンズ。ももの辺りがばっくり破れてたんで、動くたびに
生ももが見えたのでわ?TAKU前の人は卒倒モンだったかも。髪ちょっと切ってたと思う。
HISASHI:人物のイラストが大きく描かれた黒Tシャツ。TERUばりのスカート付き黒いパンツ。
JIRO:同じく黒Tシャツ。右手に赤いリストバンド。下は何だったっけ?
覚えてないです、ごめんなさい(;^_^A。

『ALL STANDARD IS YOU』おぉ!いきなりこの曲からなんて感動!
でも、♪LOOK AT MEの所で、腕振り上げて一緒に叫ぶってどうよって思った。
静かにTERUの歌に浸りたかったな。ライブハウス特有のノリだと信じたい。
『WET DREAM』前に身を乗り出して煽るTERU。久々に舐めちゅうも頂いた♪
きゃ〜!かっこいい!!
『嫉妬』アルバムのようにWET〜からの続き始まりって感じではなかったのがちょい残念。
もう押される押される。辞めてぇ!って感じだった。センターはかなり危険な状態(-_-;)。

『HIGHWAY No.5』
JIROちゃんソロ!やっぱり何て歌ってるのかさっぱり分かんなかった(^_^;)。
途中で「大阪!」って叫んでくれて盛り上がる!JIROちゃん、頭ガンガン振って弾いてたよ。
すごく楽しそうだった。これからライブの定番曲になるよね!この曲の後かは忘れたけど、
HISAくんが手をかざすと鳴る楽器?(テルミンと言う楽器らしい)みたいなので遊んでたのが、
めちゃ可愛かった♪マジックやる人みたいに、手を近づけたりちょっと離したりして、
前の方の人の反応を楽しんでたよ。

TERUがアコギ持って来てMC。「イエイ!大阪!ONE LOVEちゃんと予習して来てくれてるね。お互い楽しもうぜっ!」『Fighting Spirit』TAKUちゃんが、青いWネックのギター
弾いててすごいかっこよかった!アコギに気を取られたのか(いつもの事か)、
途中TERUは歌詞飛んじゃってた(^^;。本番大丈夫なのかい。

『ひとひらの自由』演奏始まってすぐくらいに、危険度MAXだったセンターの人達が、
手をXにして大きな声で騒ぎ出す。何でX(エックス)ジャンプ?って思ってたら、
TERUが「ストップ!」って演奏を止める。誰か倒れちゃったみたいで、会場騒然。
係りの人がそこに辿り着くのも大変な密集状態で、ライブ一時中断。
TAKUちゃんの眉間のシワが、「何で押すんだ!」って怒ってるように見えたかな。
メンバーは心配そうに見てたけど、時間かかりそうで一旦退場。
救出されてすぐくらいに再び登場。
TE「みんなもうちょっとずつ後ろに下がろうか。オレ達は逃げも隠れもしないから。
ここから見てると、後ろの方の人はゆったり楽しんでくれてるよね。
(後ろ:イエ〜イ!)
みんなで協力しあって楽しいライブにしましょうね。
(会場:はい!)オレ達にとって
大切な曲です。聞いて下さい。ひとひらの自由。」


ステージ中央でHISAくんとTERUが向かい合う。HISAくんのギターのジャ〜ンで、
『THINK ABOUT MY DAUGHTER』を歌い出すTERU。♪ゴムまりの〜辺りで
TERUがOKって感じで頷き、HISAくんは定位置に戻ってた。めちゃイイ感じの出だしだよ!
がっ!思いっきり歌詞が飛び、やっちゃったって顔で頭を指差すTERU。あ〜あ(^_^;)。
最後の方は、TAKUちゃんとTERUのコーラスが響いてた。ビシっと揃えて終わる所は、
さすが息の合った2人って感じです。

『VIVA VIVA VIVA』1回目のサビの後の「ビバ!」での、TERUの手招きが
めちゃ可愛いのだよ♪HISA側に来て、絡むTERU・TAKU。TAKUちゃんの生ももは
拝めるし、TERUは腰振って歌うし、私的に1番うきゃぁ〜♪な曲だった!
続いて『Prize』。♪サンドバッグになってくれよなの所で、
HISAくんネコパンチ!!きゃ〜きゃ〜!HISAくんも可愛い♪
『MERMAID』
JIROちゃんが前に出て来てくれて、初めてしっかり見えた。
ノリノリな曲が続いてまたまた押されまくる。うぎゃあぁ。
倒れて運び出される人も続出。怖いって!

『mister popcorn』これもホントにライブ向き!テンポが速くなる所では、拳突き上げまくり!
ゆっくり目に転調する時に、JIROちゃんとトシがプチセッションして、呼吸揃えてリズム戻す
所がかっこ良かった!『電気イルカ奇妙ナ嗜好』みんなで歌うの楽しみだった曲!
この曲は手拍子ありだよね。ハートフルになれます。『STAY TUNED』CDと同じく
DJ始まりだったよ。

MC「いや〜、今年も後2・3週間で終わりだねぇ。(会場:早い!)やり残した事はない?
オレ達はドームツアーが始まるんでね。ドームに来てくれる人居るのかな?
(会場:はーい!!)ありがとう。ツアー周って、また成長して行きたいと思います。次はオレ達もすごく
好きな曲です。」
『君が見つめた海』
TAKUちゃんのソロいけてたよ。♪たとえ君がそばにいても〜まで1人で歌いあげてた。
ぐぁっしかし!またもやTERUが、派手に歌詞を忘れる。TAKUちゃんに「全部オレが歌う!」
って言われちゃうよ(^_^;)。
『夢遊病』ユナちゃんのコーラスの所はTERUが、SKのギターソロはHISAくんが
やってました。
『Christmas Ring』酸欠絶好調な時で、ほとんど覚えてません。ごめんなさいm(_ _)m。

MC「みんな気付いてる?気付いてないのぉ。今日の曲順、アルバム通りなんだよ。
みんなちゃんと予習して、聞いてきてきき・・・
(噛む噛む(^^;)くれてるようで(笑)。
で、アルバム聞いてもらってたら分かると思うけどね、次の曲で最後なんだけども。
(会場:ええ〜!!)久しぶりだねぇ、こういうの(笑)。
これからのGLAYの活動にとって大事な言葉でもある、この曲を聞いて下さい。」

『GLOBAL COMMUNICATION』
。もうヘロヘロっす(^_^;)。

アンコールでメンバー再び登場!全員お揃いの白Tシャツ。
JIROちゃんが会場の写真を撮ってくれてた!
どっかでアップしてくれるのかな。
TE「まだ体力あり余ってる?」(会場:おぉ!)えへって感じで嬉しそうに笑うTERU♪
きゃわゆいよぉ(^-^*)。
TA「オレさ、いつもお世話になってる人にバンドに入ってくれって言われててさ(笑)。
どうしても断れなくて、「1人じゃイヤだ。この6人でなら入ってもいい。」って言ったら、
それでもいいって言うから、新しいバンドに入ったんだよね。で、当然リーダーかと
思ったら違ってさ。そいつがリーダーやるって言うんだよ(笑)。ちょっと呼んでいいかな。」

で、ガレッジセールの2人が踊りながら登場。

これから後は、ガレッジがメインのバンド「GALAY」のステージなんだけど、
私はガレッジセールについて、名前は聞いた事あるかな程度で、ほとんど知らないんだよね。
もちろん持ちネタ?(持ち芸って言うの?)も見たことないんで、周りはすごく沸いてたけど、
説明が出来ません。なので、その辺はガレッジに詳しい方のレポを参照にして下さいませ。
面白かった所で、覚えてる所だけ抜粋。

「GALAYのメンバーを紹介するぜ!ボーカルの1人、テルオ!」
TERU、アコギをジャンって弾いてアピール。
「ベース!金次郎こと、銀次郎こと、ぎんしょうちゅう!」(銀焼酎?どんな字だい(^^;)
JIROちゃん手上げる!
「今日まさかチャリで来てないよね?」JIRO爆笑!
「こないだスタジオで会ったら、チャリで来たって言っててさ。どのくらいかかるのか聞いたら、
1時間って!しかもスタジオの3階まで運び上げてるんだよ。かなり窃チャリに遭ってるね、
この人。」


「ギター!そのまんまヒサシ!」HISAくんギターかき鳴らす!
「今日も口唇潤ってるね。」HISAくん、口唇指差して笑顔。色っぽい♪
「ギター!鼻キューピット!」TAKUちゃん苦笑い。
「ボーカルのひろき!リーダーのゴリボンジュールです。こんにちわ。」
で曲に行こうとして客席から、「後2人!」と突っ込まれる。
「ドラムの色メガネ!キーボード!色違い!」メンバー大ウケ。
「北国のGLAYと南国のガレッジが一緒に曲を作りました。作曲・鼻キューピット!
作詞・ゴリボンジュール!タイトルは、道産子シーサー!」

てか、ヤンバルのパクリやん(^_^;)。♪ヤンバルクイナの所を、♪道産子シーサーに
替えて歌ってみよう!
ガレッジの2人は、歌って踊って楽しそうでした。『エンジョイプレイ2001 ダンスリミックス
バージョン』
と言う曲もやってました。

TE「ここで、GALAYでGLAYの曲のコピーやりたいと思います。
COME ON!!って曲やります!」
『COME ON!!』会場は更に盛り上がりまくる!ガレッジの2人も、
それぞれTERU・TAKUと絡んで煽りまくり!後ろから飛びながら押してくる人波も最高潮。
もうGLAY見てるどころじゃなかったです。押し潰されるかと思った(>_<)。
ピックやタオル投げてくれて、メンバーとガレッジさん退場。
「またGALAYやりたいね。」ってTERU言ってたよ。すごく楽しそうで、笑顔満載でした。


初ライブハウスの感想は、疲れた!怖っ!何人も倒れた人見たし、少しでも前に行こうと、
人の肩を押さえ付けてジャンプしながら押してくる人だらけで、本気で痛いし怖かった。
確かに近くで見れた場面もあったけど、もうしばらくいいかも(;^_^A。GLAY的には
すごく良い状態だったと思う。TERUの声も良く出てたし(歌詞も良く飛ばしてたけどf^_^;)、
調整も順調に行ってるって自信が漲ってました。ドームツアー、期待大だよ!
まずは大阪組、楽しんで来てね!!
最後まで読んでくれてありがとうでした。



【GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”】
会 場:大阪ドーム
REPO:MAYUMI
DATE:2001/12/13
GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”
ついにドームツアー初日を迎えました!
ツアー初日というものを一度見てみたい!との思いから、今回大阪まで遠征してきました。
まだ誰も見た事がないセット・衣装etc.を、誰よりも早く見れるんだ〜!というワクワク感と
ともに、
今回はアルバムが出たばっかりで、ファンもどう盛り上がればいいのか分からないまま
終わっちゃうんじゃないかとか、ただでさえGLAYサンは初日というものがどーも
苦手の様だし・・・
などという不安も抱えつつ、会場に入りました。

まずは、「50m伸びます。10m上がります。60箇所稼動します。」と言っていた
ウワサ(笑)のセットは・・・
始まる前は、シルバーの板(?)で覆われてる感じで、中の様子はさっぱり見えませんでした。
「あそこがあー開いて、あっちがこう動いて・・・」などととりあえずは勝手に想像してみたりしました。(^^;)
中央には、花道がCブロックの前辺りまでありました。
そうこうしているうちに、照明がじわ〜っと暗くなって、いよいよライブスタート!!

本編に入る前に、まずは衣装から・・・
TERU・・・黒の革ジャン・腕にドームツアーの『ONE LOVE』ロゴ入りの腕章・黒の革の
パンツに同じく黒の革スカート・ベルトは黒と白の2本・腰チェーンあり・クロスが付いた
太めのチェーンのネックレス・(ネックレスは、後半気づいたらもう一本増えていた・・・)
髪は立てていて、メークは濃いめ!
TVなんかですでに見た人も多いと思うけど、私はこういうTERUは意外に
嫌いじゃなかったりする・・・。(^^;)
ロック兄ちゃんしてるじゃん!気合入ってるじゃん!カッコイイじゃん!って思いました!

TAKURO・・・赤の革ジャン・茶色っぽい革のパンツ
ここ最近、ステージ衣装がどんどん派手(^^;)になってきていたので、
実は今回も密かに期待(?)していたんだけど、予想外にもごく普通で、
ちょっと肩透かしをくらった感じ・・・(爆)

JIRO・・・グレーのジャケット?(白くて細い線が横に3本)・同じ色のパンツ・
赤っぽいスニーカー?
なんだか、あまり特徴のある服じゃなくて、表現するのが難しい;;;これまた、
予想外にも地味
だったな・・・(^^;)ゞ

HISASHI・・・黒で、赤の細い縁取りがしてあるロングのコート・(裾はスリット入り・
背中には赤の電脳SXマーク) 黒のブーツ・黒の短パン・当然生足♪(爆)
髪は、左側は金、右側は黒
そして、最初の3曲目ぐらいまで、薄いベールの様なものを頭から顔に被っていた!!
(アラブの女性がしている様な・・・う〜ん・・もっといい表現ないかな〜 ^^;)
私の表現力の無さ(笑)ではうまく説明できてないかもしれないけど、この姿がこれまた
恐ろしいぐらい艶めかしくて妖しくて美しくて、マジでメロメロ♪♪(←死語!? 爆)
この人だけは、いつも私の期待を裏切らないんだから・・・(*^^*)

さて、照明が落ちた後、宇宙チックなSEが流れてきて、まずはステージ中央部分が
上下に開いて、大きな立体的な人の顔が浮かび上がってきました。
人の顔はどんどんいろんな顔に変わって、
何かを口々にしゃべって(最後の方は「ONE LOVE」って言ってたような・・・)
それが不意に消えたかと思ったら、その立体がいきなり爆発!!
うおぉっ!って驚いてる隙に、気が付けば、中央花道の先端にTERUがぁ!!
スポットが当たって、『ALL STANDARD IS YOU』を、アカペラでの歌い出し!!
おぉ〜っ!!と思って、ふいに、そういえば他のメンバーはどこから登場だ!?
と思って廻りを見渡すと・・・すでにステージ定位置に立ってました;;;(^^;)

『ALL STANDARD IS YOU』の「LOOK AT ME〜」のところで、ZEPPでやっていたという
腕の振り上げは、やはり何人かしている人がいました。ただ、やはりドームという広い
会場のせいか、全体に広がる事はなかったです。
歌い終わった後、スポットを浴びながら、静かに花道を歩いてステージに戻るTERU・・・
う〜ん、クールだ・・・。(^^;)

続いて『嫉妬』『WET DREAM』すごく好きな曲だし、超カッコええ〜!!
HISASHIの舞いも全開だ〜い!!(*^^*)

MCを挟んで、『Prize』、そして、スクリーンに海岸を歩く小さな女の子が映し出されて
『君が見つめた海』へ。TAKUROのコーラス・・・と思いきや、思いっきりソロじゃん!!
すげぇ〜!!

そして、『Fighting Spirit』 ここでTERU、最初の方の「お前の嫌いな仕事をしてる〜」
のところを「お前の嫌い・・・」と、思いっきり歌詞を飛ばしてしまった!!
思いっきり「しまった・・・!」という顔をして、横を見て、そして観客に向かって
「ゴメン!」と両手を合わせるTERU・・・
う〜ん、ロック兄ちゃんがちょっと崩れる;;;(笑)

MC「アルバム『ONE LOVE』の中でも、俺達がすごく大切にしている曲があるんで、
聞いてください。」

というわけで、『ひとひらの自由』
この時、JIROはドラムの前にちょっと階段状になっているところにちょこんと座って、
ベースを抱えて演奏していました! う〜ん、カワイイ!!

そして、『HIGHWAY No.5』 この時の映像がめっちゃ面白かった!!!
メンバーが街の中をぴょんぴょん飛び回ったり、くるくる廻ったり・・・
服も、HISAはFCの会報でも着てた骸骨スーツ、TAKUはファーの付いたコート、
他の二人もカラフルなおかしな服で・・・(笑)
しかも、ステージや花道にある照明が、上がったり下がったり!!
(これが、「10m上がります」か!?)
さらに、ステージから客席に向かって、カラフルで長くてでかい風船が、ぐぉ〜〜っと
伸びてきた!!(これが、「50m伸びます」か!? しかもこの風船、前の方の席の人には
非常に邪魔だったようで・・・ ^^;)
あまりのいろんな出来事に、ステージを見るのをすっかり忘れてて、慌ててステージに
目をやったり、でもあの面白い映像が気になるし、でも気が付けばJIROがソロで歌ってて、
慌ててそっちを見たり・・・と、めっちゃ忙しかった!!(^^;)それにしても、あの映像は
いつかゆっくりじっくり見たいものです・・・。

続いて、JIROが出てきて、JIROソロコーナー!!
センターステージにやってきて、「ヘイ!!ヘイ!!」と観客をあおる!
そして、かなり盛り上がってきたところで、突然スクリーンにJIRO・・によく似た
変な外人(爆)が!?
「HEY!JIRO!!」とJIROに呼びかける変なJIRO・・・もとい、外人。(笑)
「メンバー紹介を忘れちゃいないかい??」←英語でしゃべって、字幕付き(^^;)
と、どうやらJIROの新しい(?)バンドのメンバーらしい。
ベースはもちろんJIRO、そして、ギター・ドラム・ボーカル・・・と、
これまたみんなJIROによく似た(爆)変な外人サン達!!
名前は、ジョニー・ゾンビ、ジミー・ゾンビ、ジェームス・ゾンビ・・・
(ちなみに、この名前はうろ覚えなので、違ってる可能性大! ^^;)
バンド名は、サンダー・ゾンビ!!
観客はもう大盛り上がり!! いいぞ〜JIRO!!(爆)
花道から帰って行く時も、どうやらこの花道は「動く歩道」のように
なっているらしく、サーフィンの格好をしたまま、すーっとステージへ!
かなりのお茶目ぶりを発揮しておりました!

次の『mister popcorn』でも、またまたJIROのお茶目ぶりが!
間奏で、他のメンバーをあおるあおる!!
まずはHISASHIに向かい合い、ベースでベベベベベン!
それにHISASHIもギターでジャカジャカジャカ!と応酬!!
続いてTOSHI、SHIGEに向かって、またもやベースでベベベベベン!!
TOSHI、SHIGEもそれぞれドラム、キーボードで切り返す!!
最後にTAKUROにも向かい合い、同じくベベベベベン!!
TAKUROもギターで・・・と思いきや、ダチョウ倶楽部の「ヤー!」のような
ポーズで、身体を揺らしながらJIROに突っかかっていってました!!(爆)

続いて、『電気イルカ奇妙ナ嗜好』 スクリーンには、いろんなピエロの顔が!
この曲はみんなで歌いながら手拍子!!(スクリーンのピエロも歌ってた・笑)
私的には、サビの部分では、手を広げて横に振りたい!(←分かるかな?)
と思っていたんだけど・・・(^^;)ゞ
TERUとTAKUROが花道に出てきてくれたんだけど、ちょっと行進しているそぶりを
していたような・・・(笑) 気のせいかな〜??

次に、HISASHIが出てきて、HISASHIソロコーナー!!
何やら幻想的なクラシックの音楽に合わせて、ギターをかき鳴らしながら花道へ・・・
そして、花道の先端に立ったところで、ステージがすーっと上へ!!
(これも「10m上がります」か!?)
で、上に上がったところで、HISASHIのギターのネックから火花が!!
その後、ギターを頭上に掲げると、今度はギターのボディからも火花が!!
しかし、このソロコーナー、もちろんめっちゃカッコ良くて、めっちゃステキだったんだけど・・・、
なんせあの面白さ大爆発のJIROソロコーナーの後だっただけに、会場全体は、ちょっと
盛り上がりに欠けていたような;;;(もしくは、みんな見とれていたか!?・笑)
あんなにカッコイイのに〜〜!!・・・と、私的にはちょっと不満;;;(^^;)
JIROとHISAのソロコーナーは、順番を入れ替えたほうがよかったな〜・・・。

続いて、HISAギターで始まる『VIVA VIVA VIVA』
HISAのギターに気を取られていたら、いつの間にかTERUがセンターステージに!
下から飛んで出てきたのかな?? 思いっきり見逃したが;;;
この曲では、もうすっかりお馴染みの、手をクイックイッてなポーズをしてたよ!

MC「・・・で、今日は新曲を用意してきました!テレビっ子ならもう知ってると思うけど、
すっげーいい歌なので、聞いてください。」
ってことで、『Way of Difference』を!!
実は、私はちっともテレビっ子じゃない為(笑)、初めて聞いたのですが・・・(^^;)ゞ
でも、いい感じの曲ですね〜。

次に『夢遊病』 ユナちゃんのコーラスはTERUが歌っていました。
次の『Christmas Ring』では、照明は一切なし!
まずはTERUのまわりを囲むように、5〜6個の炎が!
さらにサビの部分で、ステージ後ろにもいくつかの炎がボッ!!
そしてさらに、2回目のサビで、花道にも炎が!!
すっごく幻想的な雰囲気でした。
あと、この時だったか、TAKUROが後ろの方(ドラムの方)を向いて、
ずっとしゃがんでいたような・・・
何ででしょう??

次はDJの映像で始まる『STAY TUNED』
次の『MERMAID』の時だったと思うけど、スクリーンにはビジュアル系ちっくなメンバーが!
今回の映像は、どれもホント楽しめますよ〜!!

あと、どこでだったか忘れたけど、ライブの中盤で、ステージ両端から2本のブリッジの
様なものが倒れてきて、短い花道のようなものが出来てました。
(といっても、Aブロックの前の方までしかない短い物でしたが・・・)
あれが目の前に降りてきた最前の人は、メンバーが来てくれたら、ホント目の前で
見れたのではないでしょうか・・・?? うらやますぃ〜〜!!

次は、HISAとTERUが向かい合って始まる『THINK ABOUT MY DAUGHTER』
すごく速いので、二人の息をバッチリ合わせたいところなんだけど・・・
私にはビミョーにズレて聞こえたような・・・(気のせいか?? ^^;)
でも、カッコよかった!!

そして、ラスト『GLOBAL COMMUNICATION』
で、本編終了〜!!

ちなみに、最後の方の曲で、銀のテープがパーンって飛んできたよ!!
アリーナの真中ぐらいまで飛んできて、私も無事にGETできました!!

------------------------------

アンコールでの衣装は・・・
TERU・・・黒で、白のりんごの中に「ONE LOVE PEACE」のロゴ入りTシャツ
TAKU・・・ツアーTシャツの袖なしバージョン
JIRO・・・白に人の顔がプリントされているTシャツ
HISA・・・ツアーTシャツ・スカート付きパンツ(お、お前まで最近ブームなのか〜!?)

まずはTAKUROが出てきて、「『ONE LOVE』どうですか? 今日はみんなすっごく
盛り上がってくれたんで、アンコールはめったに演らない曲をやろう!ってことで、
今、裏ですごいことになってたんだけど・・・」

おぉ〜!! 何の曲を演るんだ?? ワクワク!!
TERU「・・・じゃあ、次の曲は、ホント久しぶりに演るんだけど・・・ちょうど季節も冬という事で、
ぴったりの曲を聞いてください。」
ってことで、『Winter,again』を!!
ホント、すっごい久しぶりに聞いた〜!! 懐かしくて嬉しい〜!!

この後、恒例(笑)のウェーブをやったのかな??
TERU「ウェーブをやろうか?・・・ちなみに、ウェーブって知ってますか??(笑)
こう、前の人をよ〜く見てて、で、前の人が手を上げたら、順番に手を上げていくと、
こっちから見てると、すっごくきれいな波みたいに見える・・というものです。(笑)」

んで、アリーナ、スタンドの順で、一通りウェーブをやった結果は・・・
TERU「う〜ん・・・バラバラ!!」(爆死)「まぁ、こんなもんか〜!(笑)」・・・とのことでした;;;

続いて、『Young oh! oh!』『口唇』『サバイバル』を!
確かこの間に、メンバー紹介も!
HISAは、手を近づけると音が鳴る楽器「テルミン」を鳴らしていました!!
ちなみに歌の方は、久しぶりの曲もあったからか、はっきりとは間違えなかったけど、
ちょっと歌詞があやふやだったような・・・(^^;)

------------------------------

2回目のアンコールでは、TERUはツアーTシャツ、HISAはFCで通販した
HISA・Tシャツの
黒バージョンに着替えて登場!!
HISASHIは、ちょっと胸を反らせて、Tシャツを指差しながら出てきました〜♪

「みんな、まだまだ暴れ足りないんじゃない?? 次の曲で、またガンガン行こうぜ!!」
ってことで、『ビリビリクラッシュメン』
「汚れた手で 抱きしめた女はもう〜」のところでは、TERUはステージ左の方で、
後ろに手を回して抱きしめポーズを! おまけに自分のおしりまで触るサービスぶり!!(爆)
・・・しかし、そんなことをしていたせいか、続いてJIROと一緒に歌わなければいけない
ことなんかすっかり忘れていたようで・・・(^^;)
慌てて猛ダッシュで中央に戻るも、全然間に合わず;;;
気のせいか??JIROの顔がちょっと不機嫌そう!? (笑)

「もっとガンガン行くぜ!!カモン!JIRO〜!!」
JIROが前に出てきて、『SHUTTER SPEEDS のテ−マ』
この日のJIROは、久しぶりの大阪という事もあってか(?)、かなり絶好調!!
間奏のベースソロも、いつもより激しめ!!

そして、ラストの『誘惑』
間奏で、いつもTERUとHISAが一緒にジャンプするところを、この日はTERUが
マイクスタンドでジャンプ!!
ありゃ? HISAは飛ばないの?? なんてね;;;(^^;)

こうして、大盛り上がりのうちに、ライブ終了〜!!

アンコールでは、もっとMCがあったんだけど、どこでしゃべったか覚えてないので(^^;)ゞ
ここにいくつか書いときます。

「アルバム聞いてくれてますか?? 聞いてきてくれた人手を挙げて〜!」(は〜い!!)
「じゃあね、聞いてない人??」(男の声が数人反応・・・笑)
「やっぱりね、アルバムを聞いてライブに来るとね、全然楽しさが違うよね。
俺もこないだビョークのライブに行ったんだけど、やっぱ予習をしてから行くと、
全然違うね!!」


「今回、一番がんばってくれたのが、舞台と照明のスタッフかな。
EXPOが終わって、たった4ヶ月しか経ってないのに、こんなにカッコイイステージを
作ってくれてね〜・・・」


「今日は初日なのに、ホントすっげー盛り上がってくれてありがとう!!
これから全国を廻るんだけど、すっげー自信がついたよ!!
大阪を初日に選んで正解!!」


そして最後に、「今日は出だしという事なんで、恒例のアレをやりますか。」ってことで、
メンバー6人、手をつないでジャンプ!!

エンディングは、アルバムの最後の曲『ONE LOVE〜』
スクリーンには、メンバーが打ち合わせしている姿や、
リハの時の映像が映し出されていました。
しょっぱなで、JIROが大写しにされた時に、(これがまたカワイイ表情だった!)
一斉に「キャーーー!!」との歓声が!!う〜ん・・・やはりJIROは強い・・・(^^;)
最後は、『ALL STANDARD IS YOU』の歌詞「あなたの〜を〜しない日はない」
が、次々に映し出されて・・・んで、特効がドッカーーーン!!(笑)

最初はちょっと不安だったけど、大盛り上がりの初日だったみたいで、ホント楽しかった〜!!
次は、私は地元・福岡なので、もっともっとガンガン行くぞ〜〜!!!(^-^)v


・・・というわけで、めっっっっっちゃ長くなってしまってスミマセン;;;
でも、今回はホントに内容が盛りだくさんで、おそらくこれでもまだ全然抜けてるところが
あると思います・・・。(おまけに、かなり作ってる部分もありかも??・爆)
疲れながらも(^^;)、最後まで読んでくれた方、ホントにありがとうございます!!



【GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”】
会 場:大阪ドーム
REPO:まるまる
DATE:2001/12/15
GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”
大阪ドーム 12/15

初日の興奮覚めやらぬ大阪ドーム2日目。今回の席はすごい!Cブロックのセンター寄り。
こりゃ見えやすくてレポもさぞし易かろう、と思われたけど、興奮しすぎた(汗)

照明が落ちてすぐ、ステージセット(というか壁面)に青→紫系のライティング。終わると
『ONE LOVE』のロゴが現れてステージ中央に移動していったかと思うと、様様な人種の顔が
浮かび上がって何かを口々に言ってる(ちょっと響いて聴き取れない−)最後の3人くらいは
「ONE LOVE」と言ってたようだけど。
それが次第に一つの固まりになって、爆発!…と、センター中央にG4!え、昨日はTERUしか
いなかったのに、今日は4人いるの?って思ってたらTERU以外の3人は奥に移動。

2日目の衣装
TERU→黒レザージャケ。黒Tシャツ。ボトムも黒のレザーのボンテージパンツ。
JIRO→空手着のような(?)長い帯のついた真赤な衣装。髪もライオンみたいに立てて、
     襟足だけ下ろしてた。
HISA→ロングのダブルのジャケット(コート?)カーキ色に赤のライン。
TAKURO→青?緑?のような色のジャケ。ラメってるのかテラテラしてた。首に紫のスカーフ。

1曲目は『GLOBAL COMMUNICATION』!いきなりの明るいステージに大興奮!
ここではHISAさんが、薄いマフラーみたいなのを巻いていて、なんか異国情緒っぽい雰囲気。
『嫉妬』でのTERUはところどころの決めポーズがすごくいい!特に「♪壊れそうな十字
絡ませて♪」での腕で十字切るポーズは惚れ惚れ〜〜v
TERUのMC。「HEY!大阪ドーム!スタンド――――!アリ−ナ――――!もっともっと
        騒いでもいいんだぜ!ドームを揺らそうぜ―――――!!今日は土曜日だから
        ガンガン暴れようぜ!!」

TERUが中央でHISAさんに寄ったかと思うと、『THINK ABOUT MY DAUGHTER』
ここでは相変わらずTERU×TAKUが仲良くて…(いつもの通りだけど)TERU、ちょっとだけ
歌詞飛ばしてました(汗)ま、これもご愛嬌v
ノリノリで『PRIZE』。HISAさんのポーズ(外人がよくやる『What?』のようなの)が
カワイイ〜〜!
照明落ちて、ほんの少しSEと映像が流れたら『Fighting Spirit』。この日、ワタシ的には
TERU、ちょっと声ツライ?って思ってたんだけど、この曲は相変わらず気合入ってました。
TAKUROのソロがめっちゃ印象的な『君が見つめた海』。「好きな歌詞なので」と言ってた
だけあって思い入れたっぷりに歌うTAKUROに思わず惚れ直すv切ない〜〜。

『ひとひらの自由』画面のセピア色がこの曲にはピッタリ。TERUの後ろで座って弾いてる
JIROちゃんばかり見てました。あと、最後に「♪Don‘T worry〜♪」と歌いつづけるTERUとTAKUROの声の絡みが以前と違った雰囲気出してました。
TERUのMC。「えー、今回のドームツアーは『ONE LOVE』というタイトルが付いてますが、
        ここに色んな意味が込められてますので、今日、ここに居る皆にはこの会場で
        なにか見つけて持って帰って欲しいと思います。で、今日はね、新曲をやろうと
        思うんですけど、アルバムを持ってない人もきっといると思いますが、この新曲は         ね、耳にした人もいると思いますので、ね、ぜひ聴いて下さい。
        『Way of difference』。」

いい歌詞です。早くCDで聴きたい〜。
この辺りでTAKURO、スカーフ取ってました。ワタシ的にはスカーフするよりもっと首を見せてくれた方がいいんだけど…

映像がめっちゃ面白い『HIGHWAY NO.5』G4がクルクル回ったり、どこかの海辺の公園?でコミカルな動きを見せたりと、とにかく作りが楽しい!「♪道なき道を 歩いて行く♪」で、
地面に足を付けずに、4人で移動するシーンが特にワタシはお気に入りです。
ホント、このビデオ欲しくなる。しかしこの曲、画面を見たいわ、気が付けばセンターに
TERUが出てきて煽ってるわ、JIROちゃんのソロでは
途中で「大阪―――――!もっと盛り上がろうぜ――――――!!1・2・3・4!!」
と叫ぶわで、どこをどう見てよいのやら(汗)忙しい!
『電気イルカ〜』は、手拍子が楽しい!しかも、センターにTERU&HISA、
続いてTERU&TAKUROが出てきて、目線釘付け状態。「♪やがて七色の階段から♪」
ってとこではTERUが手で階段のポーズ?を取っててカワイイv「♪so funny♪」で
ドラムアクセントが入るんだけど、ここでのTAKUROはギターのアクションを大げさにしてて
カッコイイ!最後はTERUと2人で奥に帰って行きました〜。

警報音が鳴り響く中、センターステージの周囲にあるライト(?)が上に伸びて、HISASHIが
華麗な動きで登場!ギター鳴らしながら踊る!回る!センターの動く歩道に乗って座りこむ!
そして、これは何か映画音楽のサントラではないかと思われるような(もしくはクラシックかも)
曲に合わせて演奏。
もう、あまりの華麗さに見惚れるばかりです。ある位置まで来たら、そこからは上に伸びる!
かなり高く上がってたと思われるけど、よく見りゃHISAさんの乗ってるステージってちょっと透明みたいで、怖くないのかなあ、って思った。へーぜんとしてギターの火花を散らしたりしてる辺り、さすが。

続いてJIROちゃんのソロステージ!画面に『サンダ−ゾンビ』のロゴが出た途端、
例の動く歩道に乗って登場!流れに逆らって歩いたりしながらセンターへ。
「大阪―――――!!もっと盛り上がろうぜ――――!!Yeah!」と、とにかく煽りながら
ベースをかき鳴らす!鳴らす!と、そこへ、『ヨーヨーヨー、JIRO!テメー何分待たせんだよ!』と現れたのは、『サンダ−ゾンビ』のボーカル。この台詞が出た時、一応英語でしゃべってたんだけど、途中で『ピー』っていう放送禁止の音声が入った(笑)一体何を言ったんだろ。
で、JIROちゃん「あ、ごめん、忘れてた」と言うと、『フ…まあいいや、しょうがねえ』などと
言いながらしばらくやりとりしてたんだけど、台詞の掛け合いが決まっているらしく、
JIROちゃんがうっかりしてる間に『ああ、俺、新しい日本語覚えたぜ』と言ったので、
「俺、まだ何も言ってないのに、勝手に何か言ってるよ」と苦笑い。そうしてる間にも
『コ・ン・ニ・チ・ワ!』と挨拶してくるし、聞くところによると、テルビスよりもギャラが高い
そうなので、機嫌損ねると大変そう(汗)メンバー紹介もあったんだけど、
ボーカル以外、めっちゃ笑えます。全員、○○サンダ−・ゾンビ、って言うんだけど、
ジーミーだの、ジェームスだの、ジョニーだのと、どれがどれやら(笑)メンバー紹介の時に、
ドラム(と思われる)ジョニーが映って、この映像がグールグルと回っていくんだけど、
これが後から思わぬ所で…!?
再度、『HEY!HEY!』と皆を煽ってから、JIROちゃん、ステージ奥へと帰りました。
しかし、今回JIROちゃんすごい。次の『mister popcorn』では、間奏の時に
お遊びコーナーが(笑)
まず、HISAさんとこでベースを単音で鳴らし、反応を見るがイマイチだったらしく、すぐに
TOSHI、シゲさんとこへ。2人ともさすが、余裕を見せてJIROちゃんの遊びに付き合って、TAKUROへ。JIROちゃんのベースに彼はギターで応えず「ウィンウィンウィン…」と声で。
最後はTERUに生声で「ウオ――――――!」と挑戦。TERUも負けじと応戦。
最後にJIROちゃんが何かボソッと言ってたんだけど、聴き取れなかった〜。残念。

勢いに乗って『STAY TUNED』!ここでイントロの後に銀のテープが降ってきて、よく、
ポップジャムとかでは見るけど、生で体感したのは初めてだからびっくりした!まだまだ
仕掛けがあったりして。
TERUのMC。「OK!かなり楽しんで頂けているみたいですごく嬉しいです!前回のエキスポ
        に比べたら もう、ホントに近いです。後ろもよく見えてます!で、9/11に
        N.Y.で事件があって今回のアルバムの中でもそれに対してのメッセージの
        強い曲があるので聴いて下さい。」

『夢遊病』、そして『Christmas Ring』。気持ち溢れる曲でした。特に、『Christmas』の
ステージセットはムード満点です。画面に映像とか出ないけど、クリスマスらしい、おごそかな
雰囲気。
一転して『VIVA×3』!いきなりセンターでTERUの開脚ジャンプ!今回『FATSOUNDS』が
ないから、もう見れない、と思ってたらこれ!やっぱカッコイイぞ。歌いながらの手招きポーズも
カワイイし、あちこち動いては「♪carry on♪」とメンバーと歌ってるのが仲良さげでいいね〜。
『MERMAID』も映像がすごい。めっちゃビジュアル系っぽい衣装を着たメンバーが代わる
代わる映るんだけど、TERUの帽子姿がカワイイ−!あの格好で出てきてくれてもヨカッタのに。
『WET DREAM』はHISAのギターに赤いランプが点滅したら始まり!一気に盛り上がって
「このアルバムでも特に想いを伝えたいナンバー」と言う『ALL STANDARD IS YOU』
締め。
この曲は一番最初に聴く印象が強いけど、こうやってラストにもって来ても充分聴き応えが
あるなって思った。

アンコール1
TERUのMC。「ドームツアーが始まってまだ2日目なのに、こんなに盛り上がって、
         俺達もすごく
         楽しいです!大阪サイコ――――――!!」
との嬉しい台詞と共にスタート。

TERU→黒地に白でりんごのでっかいマーク。その中に『ONE LOVE PLACE』の
文字がある
Tシャツ。
JIRO→白地なのはわかったけど、何の模様かが見えない(><)
HISA→バイナリ−の黒地のTシャツ。
TAKU→ツアーグッズのシャツ…のノースリ版(自分で切ったのか???)

今度はアルバムを聴いてない人達にも楽しめる今までのGLAYがライブでやってきた
曲の数々。
まず『Young oh!oh!』から。やっぱりこの曲楽しい!でも、もっと楽しかったのは
メンバ−紹介。
TOSHIはスバラシイドラムソロを見せつけた後、背後になんと谷ヤン!?ここで、最初の
ステージでJIROちゃんの『サンダ−ゾンビ』に出てたドラムのジョニー・B・ゾンビが着けてた
ウィッグを被せられる(笑)
TOSHIもその映像の真似をしてスティックを画面に向けてぐるぐる回す…ビジョンも合わせて回るから会場爆笑。この次のシゲさんがめちゃめちゃまともに見えてしまった。
続いてのJIROがこれまたTOSHIのマネをして画面を指差してぐるぐる回す…が、
ビジョンが回ってくれない。ので、自分で勝手に回ったようなポーズを取ってたら
TERUに「回ってないよ」って言われるし(爆)HISAさんは、昨日はテルミンでのソロ
だったけど、今回はギター。テルミンの仕草はカワイイけど、こっちはさすがにカッコイイ!
TAKURO、TERUとメンバー紹介が終わって、曲に戻り、JIROちゃんが吼える吼える!の
『SSのテーマ』
JIROちゃんが最初歌ってる時に背後をス――っと通って行くTERUが好きv
さりげなさを装ってて全然さりげなくないんだもん(笑)センターに出て、「Who get!」の
絡みは最初にHISA、次にTAKUと、楽しそうに絡んでました。お馴染みのお姉さんの
太ももが現れたら『誘惑』ですな。

「皆の心の中にある曲です。聴いて下さい」との紹介で始まったのは『HOWEVER』
夏のエキスポでいっぱいやったからもうやらないと思ってたのに、これには感動した〜!
ここでまたG4は裏へ。

アンコール2
再び登場!今度は全員ツアーグッズのTシャツでした。(TAKUだけノースリ)

TERUのMC。「アンコールありがとう!皆の声がちゃんと届いてました!今度は、北海道出身
        の俺達にしか歌えない曲をやります。タイトルは…あえて言いません」

ここまできたらわかる『winTEr,again』。友達は『Missing〜』と勘違いしてましたが(爆)
TERUのMC。「いや〜〜、ホントに楽しいねえ。皆もすごく楽しいでしょ?あ、今日、GLAYの
        ライブ初めてって人いる?
(何人か会場手が上がる)こういう人達も楽しいって
        思って帰ってくれるとすごく嬉しいし、こういう楽しい場、っていうのはホントに
        無くしたくないよね。エヘヘ(笑)で、今度は皆でね、一緒になって歌える曲に
        しようと思います。『生きてく強さ―――!』」

この曲でドームは揺れたな、って思うくらい楽しく歌ってました。TAKUROのバックコーラスも
相変わらず健在で(笑)そのTAKUROの見せ場、といえばやっぱこの曲『ACID HEAD』
もうのっけから反る!煽る!両手広げる!TERUの投げチュウが久々に見れるなあ、
と楽しみにしてたら普通だった。しかも「♪退屈な夜も♪」の辺りから歌詞間違えてるし。
めずらし―――!でもノリはめちゃめちゃヨカッタですv

ラスト、メンバー全員でステージの端から端、そしてセンターへと挨拶に来てくれました。
感激して泣けるライブもいいけど、笑顔で立ち去るステージはいいもんだとつくづく思った
2日目でした。

開演→17:23
終了→20:10



【GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”】
会 場:大阪ドーム
REPO:みーや
DATE:2001/12/16
GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”
はじめての大阪でのライブ、行って来ました!
北の町、青森から。
完全レポはムリだけど、この興奮をお伝えしたくて、頑張ってみます。
今回の席はアリーナ24列センター花道すぐ横の鼻血覚悟の良席でございました。
神戸の友人の計らいで当日までこんないい席だなんて知らなくて・・・(びっくりさせたかった
らしい)ということで、なかなか経験できないここでしか味わえない感動をお贈りします。

1、ALL STANDERD IS YOU
TERUだけが正面花道先端から登場〜〜他のメンバーはステージ。
アカペラから始まって・・・
「あぁ今日も声出てる〜〜ぐいぐい会場がTERUの声に引っ張られていくのがわかる〜」
今日は初日と同じオールバック。近くで見るTERU・・・なんかオーラを感じました。
2、嫉妬
3、WET DREAM
このとき(たぶん)TERUとTAKUROが花道に!
煽る姿、カッコ良過ぎ!こんなにTERUやTAKUROをじっくり見たのは初めて!
となりのJIROファンの友人曰く、「なんかTAKURO寄りになってきちゃったぁ」えぇ〜〜〜〜?
まぁ・・ほんとにステキではありましたけど・・・
MC『大阪〜〜〜ガンガン行くぜ〜〜』
4、Prize
 ステージ左端にいるHISASHI・・・猫パンチ、遠くて見えませんでした。
5、君が見つめた海
早い曲ながらなんかジーンときちゃいました。
6、FightingSpirit 
TAKUROのギターがダブルネック!なんか感情込めて引いてる感じ。
  MC『ONE LOVEといってツアーをまわってますが、いろんなことがあって暗いニュース
     の中これから聞いてもらう歌はそんな時大丈夫・・・って言ってくれる歌です。』

7、ひとひらの自由
8、HIGHWAY NO5
 きました〜〜〜!!JIROの曲です。
歌ってました〜〜(でもやっぱり何て言ってるわからない)おおさかぁ〜〜〜だけはわかりましたけど(爆)バックで流れる映像が美味しい〜〜〜〜
なんかキョンシーみたいなメイク・・・動き・・・
JIROとトHISASHI・・・TAKUROとTERU・・・・ステージも見たいし映像も・・・(忙しい!!)
花道横からなが〜〜いバルーン登場!会場大騒ぎ〜〜〜

そのままJIROソロコーナー
うひゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜花道でベースかき鳴らすお姿!
ち………近い!!!!
話題の頬のキラキラも光ってるぅ〜〜〜
で、なんだかレゲェチックな人が画面に!!JIROが変装して何故かドラム叩いたりしてる・・・・
なんか変なノリ・・・だけど、一生懸命考えたんだろうな・・と思ったら急に愛しくなって
しまいました(←バカ)
『大阪すごいぜぇぃ〜〜〜〜』と喜んでるJIROにホッとしたりして・・・(爆)

9、mister popcorn 
響く〜〜〜ベース〜〜〜ってノッてたら、なんか対決コーナー?
すごい笑顔でHISASHIと向き合ってるじゃありませんか〜〜〜で、HISASHIの勝ち!?
他のメンバーとも絡み合う・・・最後TERUとは叫び声対決!どちらが勝ったの?(笑)
10、電気イルカ奇妙ナ嗜好
GLAYのディズニーソング(笑)この曲は手拍子でほんわかムード♪
花道でTAKURO、指揮者のようにリズムとり!又してもとなりの友人
TAKUROにうっとり・・・(オイ〜〜)

ほんわかムードが一転、鋭いギターが鳴り響く!!
そう・・HISASHIソロコーナー!!!!
来ました!!花道〜〜〜あぁ・・なんて細くて妖しいの〜〜〜
そしてHISASHIが上がっていく〜〜
これなのね・・ラジオで何回も言ってた「ヒサシくん、高い大丈夫だよね」って(笑)
その時キュッと口を結んでキリリとHISASHIがどんどん上がっていって、
持ってるギターから花火が舞って・・・
この時、どこからともなく飛んできたネスター発見!
ほんとうに心配そうに見つめる姿に思わず見とれてしまいました。(笑)

11、VIVAVIVAVIVA
ナマ右手カクカク〜〜〜〜間近でされちゃたりして〜〜
TERUファンだったら失神しちゃうかも・・(笑)
TAKURO・・・TERUに肩を抱かれながら(きゃ〜〜〜)『大阪〜〜』と叫ぶ!!!!!
  MC『この大阪でパワーを貰って勢いよくツアーをまわりたい。
     みんなも自分たちのまわりにある自分のステージで楽しんでくれ。
     イェ〜イ・・って声が返ってくると気持ちいいでしょ?』

(という感じで、伝わってくれるかしら?)
12、Way Of Difference
あいのりの主題歌!ライブで聞くと厚みがあって凄くイイ!鳥肌モノでした。
13、夢遊病 
CDを手にしてから日々好きな曲が変わるんだけど(どれも甲乙つけがたい)
今はこの曲がお気に入り!!ユナちゃんのところを歌うTERUの声も楽しみでした。
福岡あたりで、ホンモノのユナちゃんが来てくれたりしたら・・・なんて思っちゃいました。
14、Cristmas Ring
だんだん炎の数が増えてきて幻想の世界をかもし出す・・・
  MC『今回みんなが頑張ってくれてこんなすごいステージを作ってくれました。
     来てくれたみんなもありがとう』
わぁ〜〜〜〜って拍手!
     『みんなまじめな人ばかりだね』(笑)『次の曲はエキスポで弾けた曲です。』
15、STAY TUNED
DJの映像から始まって、途中・・銀のテープが舞い降りてくる・・・
キレイ・・でも案の定引っ張りあいが始まる(悲しくなる)
だってグルグルたくさん持ってるのに引っ張り合ってる・・・
気を取り直して!!
16、MERMAID
唯一JIROのベースとHISASHIのギターとの絡みがるので盛り上る!!
17、THINK ABOUT MY DAUGHTER
TERUとHISASHI向き合って始まる!
早くてノリノリ!!メンバーも走る走る〜〜〜
『ラスト〜〜〜』
18、GLOBAL COMMUNICATION
『また会おうぜ〜〜〜』と立ち去ってしまい・・・アンコールに期待!!

アンコールその1
ラフな姿で登場〜〜
  MC『がんばってくれたからこの曲をアンコールにこたえます。
     涙腺の弱い人は気を付けて(笑)』

1、Pure Soul
感動〜〜〜
2、HOWEVER
畳み込むようにわたしの大好きな曲!!(ウルウル・・)
  MC『さぁここからはガンガン飛ばしていくぞ〜〜』
で・・・なになに?と期待してたら
3、YOUNG OH! OH!
メンバー紹介!!
まずはドラム、TOSHI〜〜ドラムにスヌーピー(笑)
キーボード、SHIGE〜〜〜静かに!って口に手を当てて・・なんと!ホワイトクリスマス♪
ベース、JIRO〜〜SHIGEさんの真似したけど、ベースをガンガンかき鳴らす!
ギター、HISASHI〜〜テルミンで答える!
ギター、TAKURO〜〜TERUったら肩に手を置いて・・・(笑)
そしてボーカル、TERU〜〜〜〜〜〜『大阪ドーム〜〜〜』
4、ACIDHEAD
やっぱりライブに欠かせないよね。
花道にTERUとTAKURO来て煽る〜〜〜ステキ。

メンバー退場!

アンコールその2
全員ONELOVEのTシャツ!(今度こそ最後のアンコールだな・・ってちょっとさみしくなる)
MC『ライブっていう、空間を楽しんでますか?このみんなで作り上げて共存する空間を
    大切にしたい』

(同じ言葉じゃなかったかもしれないけれど、自分なりに受け取った思いを書きました。)
1、Winter Again
何回聞いても心に染みる曲。響くベースがたまらなくせつなくて・・・
2、COMEON!
花道にTERUとJIROがぁぁぁぁぁ〜〜
TERUが半拍遅れちゃったら(なにしろドームは音が広がるからね)
JIROがベースでリズムとって合わせてた!その時の顔がかわいかったぁ。
3、誘惑
HISASHIの首になんかまいてある〜〜?!(途中でとりましたけど)
黒い(あ〜〜ライブ最初に巻いてたアレ?)(意味不明)
で・・・・メンバー右へ左へ行って会場のみんなに手を振って・・・
珍しくTERUがピック投げてた・・・
JIROの投げたピックが花道の下に落ちて、スタッフがいい人で、近くの男の子に
拾ってあげてました。(うらやまし〜〜〜〜〜〜)

いつでもライブの終わりはさみしくなるけど、エンドロールと共に映されるメイキング
ムービーがあるから、そこでまた笑顔を貰って、暖かい気持ちのまま帰りました。

「JIROの?大阪でライブが見たい!」そんな夢をかなえてくれた、Nちゃんサンキュウ
TAKUROファンに変わったとしてもずっと仲良くしてね(笑)
開演前にお会いできた皆さん〜〜少しだけだったけど、うれしかったです。
次は東京ドーム!
また違った(大きくなった)彼らを見ることを楽しみにしてます。
(でも・・・やっぱりSSのテーマ見たかった・・・涙)

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。



【GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”】
会 場:福岡ドーム
REPO:みぼりん
DATE:2001/12/23
>GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”
クリスマスイブイブライブ(文字にすると変(^^;)に行って来たよ!
会場内では、テルミーナイト特別編・
オレコレのコーナーが放送されてた。今日の席は、3塁側スタンドだったんだけど、
思いっきりネット前で席的には・・・だったかも。でもGLAYに会えればどこでも良いのさ!
約20分押しでライブスタート!

オープニングは、大阪組のを参考にして下さい。手抜き過ぎ?(^^ゞ
だってね、ステージ正面がバカッと開いて、立体的なカオが色んな言葉で「ONE LOVE」って
言ってるのまでは見えたんだけど、TERUが居るのであろう花道先端から、ものすごい
強い光が達の席付近めがけて照らされてて、本気で何も見えなかったんだよ。
おかげで『ALL STANDARD IS YOU』は、眩しいよぉ。何も見えないよぉ。
どこで何が起きてるんだぁ。ってパニック状態のまま終わってしまいました。
一番好きな曲なのにぃ(T_T)。
唯一目が慣れて来てから見えたのは、花道からステージに戻るTERUの背中かな。

今日の衣装。
TERU:黒の革ジャン、黒のスカート付きパンツ、腰チェーン、クロスのネックレス、
髪はやっぱりツンツン。全体的に一言で言うならワイルド系。
がしかし、私的にはごちゃごちゃ付け過ぎ!と思ったかも。
TAKURO:青っぽいジャケット。同じ色のパンツ。首に紫っぽいマフラーみたいなの巻いてた。
髪の色が、ちょいシルバーちっくに見えた気が。シンプルにかっこ良いでわないですか!
と思った。
HISASHI:カーキ色のダブルのロングコート。赤のライン入りで裏地も赤。HISAくんにしては
ちょい地味目?って思ったけど、何か宇宙モノのアニメに出てくる総督みたいで渋く
かっこよかった!
JIRO:上下真っ赤な衣装で可愛い♪長いヒモが付いてた。エクステンション付けてたのかな。
たてがみみたいな髪型だった。何より頬のキラキラが素敵過ぎ!衣装では、JIROちゃんに
心奪われまくりでした(^^ゞ。

『嫉妬』板状だった壁から多角形のモニターが現れる!やっと全員見えた!今回のスゴイと
噂のセットは、ネット越しで良く分からなかったんだけど、壁に映る映像が曲毎に凝ってて
凄いと思った。HISAくんのネックが光って、『WET DREAM』。きゃーきゃー、かっこいい!!

MC「福岡!!ここに立つのは3年振り!3年前は感激で涙が流れたなぁ。その思い出を
取り返しに来たぜ!もうすぐクリスマスだね。クリスマス気分を味わって帰って下さい。
ちょっと早いけど、メリークリスマス!!OK!福岡ドーム!ガンガン揺らそうぜっ!」
『Prize』。壁紙(壁に映る映像)が、カラフルな「Prize」の文字がいっぱいで、
おもちゃ箱みたいだと思ったよ。HISAくんのネコパンチも確認!やっぱ可愛い♪

『君が見つめた海』TAKUちゃんのソロパート、かなりイケてるよね!歌詞を間違えないって
所では、TERUより上かも(^^ゞ。『Fighting Spirit』TERUアコギ、TAKUちゃん
Wネックギター。この曲は、最後のTERUの一言が色っぽくて良い♪

MC「えー、後1週間くらいで21世紀初めの年も終わるね。みんなにとって今年はどんな年
だったのかな?GLAYは、夏にEXPOをやりまして。
EXPOの成功によって、また新しい扉を
開いたんで、これからも前に進んで行こうと思ってます。
(会場:拍手)みんなもね、色々
悩んだり、辛いこと、大変なこと、たくさんあったりするとも思うけども、来年からは明るい
未来が開けると信じてがんばって行こう!
そんな希望の歌になれたらいいなって曲があるんで聞いて下さい。」
『ひとひらの自由』
壁紙はセピア色で、外国の新聞っぽく、「LOVE」とかの英語がたくさんあってピースフルだった。
階段に座ってベースを弾くJIROちゃんも可愛かったけど、最後の♪Don't worry〜の繰り返しの所で、TERUの映像にTAKUちゃんの映像がスっと入って来て、2人の声がハモって行く所がすごく良い感じだったよ。

『HIGHWAY No.5』話に聞いてた通り、忙しい曲だね(^^ゞ。GLAYくん出演のビデオは、
動きが早過ぎて何やってるのかイマイチ分からなかったんだけど、かなりコミカル仕立てで
楽しい!撮影してる所も見てみたいな。JIROちゃんソロ部分では、「福岡!!」って
叫んでくれたよ。そのままJIROちゃん、動く歩道に乗って花道先端へ。
おぉ!いよいよソロコーナーかぁ!!

JI「イエーイ!福岡!!オレの気合についてこいよ!」ベースジャカジャカかき鳴らすJIRO!
かっこいい!「さすが福岡!!」と叫んでまたジャカジャカ!すごいスピードでかき鳴らす!
めちゃめちゃかっこいい!!かなり惚れたね(^-^*)。その後の「サンダーゾンビ」との絡みも
面白かった。JIROちゃんのヒーロー性を満喫するのは、ドームが1番合ってると思う。
少年ジロウ大爆走って感じ。

続いて『mister popcorn』。私はこっちの間奏対決の方が楽しかった!JIROちゃんが
ベースで弾いたフレーズを、それぞれの楽器で演奏して切り返す対決なんだけど、メンバーの
アドリブやお茶目ぶりが見れて美味しいコーナーだよね。TOSHI・SHIGEとそれぞれ
対決した後、HISAくんの所へ。
何の曲をやってたのかは分からないけど、HISAくんの切り返し演奏めっちゃかっこよかった!すごく楽しそうに笑ってたのも印象的。次はTAKUちゃん。「ACID HEAD」の出だしの所かなと思ったんだけど、JIROちゃんのベースに対して、「ベンベベッベン!」って歌って返すTAKUちゃん!最高!!面白過ぎぃ!「何ぃ!これでもかっ!」って感じで、違う曲の1フレーズを
弾くJIRO。次も歌で返すTAKURO!が、すぐに自分で吹き出してしまって対決終わり。
最後はTERUとの対決。
今度はベースじゃなくて、すっごい苦しそうな声で♪ゆっくーりとー歩きぃー出すぅー!!
歌う(うめく?)JIRO!おぉ!HOWEVERやん!
それに対して、笑いながら余裕の高音で歌い返すTERU!うきゃ!素敵!!
さすがヴォーカルの貫禄!JIROちゃん、「すみませんでした」って感じで頭下げてたよ(^^ゞ。このコーナーのメンバーの掛け合い、素っぽくてすごい好きだぁ!!

モニターにピエロが映って『電気イルカ奇妙ナ嗜好』。TAKU・TERUコンビは、花道の所で客席を煽る。TERUが肘をカクカク曲げて階段を表してたって所は、説明するの難しいね(;^_^A。続いてHISAくんが、立膝ついてギターを掲げた姿で、動く花道に!かっくいい!!HISAくんのソロコーナーは、幻想的なHISAワールド全開で素敵でした。高く上がったステージ上での、
妖しい笑みがインパクト大!
コーナー終了と同時に、センターステージの両脇から、火花と共に短い花道が出現!

うぉー!って驚いてると、HISAくんのギターに続いて『VIVA VIVA VIVA』。その客席上に
突き出してる短めの花道に、それぞれメンバーが居る!前の人いいなぁ。TERUは、真中の
花道先端に居たんでそこを見てたら、いつのまにかHISAくんとTAKUちゃんも来てた。
HISAくんに跪いてギターをかき鳴らすTAKUちゃん。ビバ!と可愛く手招きポーズをする
TERU!きゃ〜!みんなかっこ可愛い!!

MC「さんきゅー!この中に、夏の北九州でのEXPOに来てくれた方は居ますか?
(会場:はーい!!)お礼を言わなきゃね。ありがとう!EXPO終わって4ヶ月くらいで、
また福岡でライブが出来て嬉しく思ってます。この会場をONE LOVEでいっぱいにしたいんで、みんなの中にもワンラブな気持ちってあると思うから、今日は思いっきり吐き出して下さい!
福岡ドームをONE LOVEで包み込みましょう!」

会場拍手。ちょっと間を置いてから、「みんなオレの間合い見て拍手してくれてるのかな?
間を作るの上手な人じゃないんで(笑)、適当に話し終わった頃に拍手してくれていいよ。」

即拍手!エヘヘって感じで笑うTERU。きゃわゆい♪
「ライブの良さは、こうやって一体感や爽快感を味わえたりする所ももちろんなんだけど、
新曲をいち早く聞ける所にもあるんだよね。TVで聞いて知ってる人も居ると思うけど、
来年辺りにはみんなのお手元に届けられると思います。すごく優しい曲なので聞いて下さい。」
『Way of Difference』
いきなり、♪逢いたくて逢えなくて〜と始まる歌い出しに、かなり客席は沸いてました。

『夢遊病』『Christmas Ring』。この2曲は、演出が素晴らしいね。
特にChristmas Ringでの炎の演出は神秘的で、GLAYのツアースタッフさんって
ホントにすごいと思った。

MC「しっとりと大人の雰囲気のクリスマスもいいけど、オレ達バカ騒ぎするのも好きなんで、
こっからはスピードナンバーでがつんと盛り上がって行くぜっ!福岡のパワーを聞きたい!
スタンド!!アリーナ!!福岡ドーム!!!!OK!!行くぜっ!」
『STAY TUNED』
モニターにDJの映像が映って、銀テープが!その発射音に本気でビビった(^_^;)。
続いて『MERMAID』。この時の映像かっこいい!!ヴィジュアル系のメンバーが、
口唇のPVっぽく代わる代わる映るんだけど、TERUがめっちゃかっこいいの!
メイクは濃い目なんだけど、帽子被っててスレンダー(それは気のせい?(^^;)で、
もうね目が釘付け!悪いけど、今現在のメンバーはほとんど見てないです(;^_^A。
友達とも、あれで出て来てくれたら最高だよね♪と盛り上がる。

HISAくんとTERUがセンターで向かい合って、『THINK ABOUT MY DAUGHTER』
この曲、CDより全然速いよね。ギターをかき鳴らすTAKUちゃんがかっこよくて堪らない!
『GLOBAL COMMUNICATION』
♪身体に無重力を感じてる〜の所で、突き出した花道に居たTERUは、今無重力だよ!
ほらねって感じで、ジャンプして極上スマイルしてた!うきゃ〜!!可愛い!!この笑顔で
完璧にぶっ壊れた私(^^ゞ。

「さんきゅー!!メリークリスマス!!」メンバー退場。直後から、モニターにONE LOVEを
持ったサンタが回る映像が。うわ〜、クリスマスな演出で嬉しい!VJチームさんありがとう。
しばらくして、ステージに電気が点いたんで、もうメンバー登場かぁって立ちあがると、
モニターにカオがTVなロボットが登場!そのTVの中のアニメなメンバーがくるくる変わって、
ロボットちっくに喋ってる。「オイース!」「コエガチイサイ!」「モット大キク!」とか。
「手首ノ裏の匂イヲカゲ!」×3。「テヤンデェ!」会場爆笑!「ゴメンナサイ」とかね。
喋りは聞き取り辛かったけど、すごく可愛くて面白かった!

今度はホントにメンバー登場!
TE「かなり盛り上がってましたね!何だぁ?って楽屋から走って見に来ちゃったよ(笑)。
スタッフもね、みんなを退屈させないように色々考えてくれてるんだよね。今回のステージ
すごいでしょ。」
会場:すごい!!「まさか板状の壁があんな風に開くとは思わなかったよね。」
確かに。「クリスマスも明日あさってって事で、もう冬ですよ。」かなり無理やり?(^_^;)
「冬にしかやらないナンバーがあるんで、それをやりたいと思うんですが、きっとみんなの
頭の中にも函館の雪が見えることでしょう。それぞれの雪景色を思い描いて聞いて下さい。」
『Winter,again』。おぉ!久しぶり!やっぱり名曲だね。因みに、↑のMCは、かなり
怪しいです。作ってます(^^;。

TERUもアコギ持って、メンバー全員椅子に座る。会場の熱い拍手を受けて、
TE「さんきゅ。待ちに待ったのかどうかは分かんないけど(笑)、クリスマスならではの
ナンバーをやります。」
会場更に沸く!うわ〜い♪「クリスマスにふさわしい感じの新曲が
あるので聞いて下さい。Happyメリークリスマス!」
『新曲』(タイトル未定)。全部英語で、
おごそかな雰囲気の曲だった気が。TAKUちゃんもコーラスで参加してました。

TA「楽しんでくれてますか?今の曲は、去年NYでレコーディングした中の1曲なんだけど、NYに大好きなゴスペルのチームが居て。チームって言うか、すごくふくよかな女性達なんだけど(笑)。その人達と一緒にセッションしたくて、この曲を持って去年NYに飛んで、すごく良い感じに仕上がった曲です。今回のアルバムには入らなかったんだけど、ドームツアー明けにまとめる
作業に入って、そのうち発表したいと思ってます。」

会場:拍手!「その時は、今のオレのへなちょこなコーラスじゃなくて、きちんとした素晴らしい
ゴスペルのコーラスが入るからね(笑)。TERUの声との相性もばっちりで、本当に素晴らしい
コーラスだよ。」

TE「ちゃんと完成した形でやったの初めてだよね。」
TA「そうだね。」初出しが福岡なんて嬉しい!!

TA「次!」
TE「ラジオ口調なんだ(笑)」可愛い♪
TA「何年か前、去年かな?FCの子にプレゼントした曲があるんですが。」
テッコだよね?うわうわっ!
「これは完全なクリスマスソングで、世に出さないのはもったいないくらいの自信作(笑)。
クリスマスにパーティーやって騒ぐのはもちろん良いけど、生まれた場所によっては、
楽しめない人も居る。クリスマスって事自体が悲しい思い出の人達だって居る。
それでも、どんな人でも幸せを歌える日が来ることを祈ってる。そんな感じの曲です。」

うるうる。TAKUちゃんのMC感動だよぉ。
TE「タイトルが恥ずかしいんだけどね(笑)。」
TA「タイトルは(笑)、頭カットします。ホリークリスマス。」
『(テッコの)ホリークリスマス』嬉しすぎるっ!FC以外の人にも聞いてもらえたのも嬉しい!
ホントにすごい良い曲だもんね。福岡ライブがクリスマス時期で良かった!ありがとう!
って心から感謝したよ。

TA「どうもありがとう!次の曲なんですが、来年の春に高校や大学を卒業する人は居ますか?」会場の反応を見て、卒業出来そうなの?(笑)今が受験とかで1番大変な時期なんじゃない?
自分達にとっても、高校を卒業するのと東京に出てくるのが同時期だったってこともあって、
卒業ってものにはたくさん思い出があるんだよね。これから卒業を迎える人達にも、
素敵な仲間達と過ごす残りの日々を大事にして欲しい。ちょっと早いんだけど、卒業の歌が
あるので聞いて下さい。タイトルは、『卒業まで後少し』です。」

これも未発表の新曲です。友達との思い出、卒業して会えなくなる事への寂しさとかを歌ってる
感じの曲。函館の高校生だった頃の彼らが浮かんでくるような、すごくGLAYっぽい曲だと
思ったかな。

TE「さんきゅ。21世紀最初のクリスマスってことで、いい思い出になりましたか?」
もちろん!ありがとう!
「クリスマスプレゼントってことでね、受け取って貰えたら嬉しいです。こっからはドカンと行くぜ!
OK?ちょっと冷えた?(笑)外は寒いけど、中は暑く熱くしようぜっ!OK!!」
HISAくんのソロに続いて『Young oh! oh!』。これも懐かしい!途中でメンバー紹介。

TE「フ・ク・オ・カ・ドーム!イエー!!ここでメンバーを紹介するぜ!」
TOSHI、華麗にドラムソロ!
SHIGEさんは、ジングルベルを弾いてくれたよ!
TE「ピアノの先生みたいだね(笑)」続いて、ベースでファミコンのマリオのテーマ
(って分かる?)を弾くJIRO!ウケた!
TE「スーパーマリオ。すごいですね。」TERUの先生みたいな喋り方もツボ!可愛い!
続いてHISAくん。ハンドベルみたいなのを手に持ってたんだけど、落として慌てて拾う。
口唇に人差し指を当てて、シーってジェスチャー。キミも可愛い過ぎ!
それをギターに近付けると、ボタンを押して色んなクリスマスソングを鳴らしてた。
オルゴールだったのかな。
続いてTAKUちゃん。TERUの肩に肘を乗せてポーズ!うきゃ〜!ラブラブ光線出まくり!
TAKUちゃんは、ホワイトクリスマスのフレーズを弾いてくれたよ。

TE「ガンガン行こうぜ!福岡ドームを揺らそうぜっ!カモン!トシ!!」『誘惑』
ドラムセットからジャンプするTERU!短い花道の先端で、ギターをかき鳴らすTAKURO!
舞うHISASHI!みんなかっこ良過ぎっ!!
『サバイバル』盛り上がりまくり!飛びまくり!スタンドは本気で揺れてたよ!
TAKUちゃんがギターをかき鳴らしながら前へ。『ACID HEAD』
ステージ上を走り回るメンバー!会場の熱も最高潮!お楽しみ、TERUの投げちゅうは
ノーマルタイプ。この曲以外でも、投げちゅう連発してくれてたんだけど、カメラを探して
キョロキョロするのが、かなり笑えた。一種のお約束事になってるもんね。
何気にやってくれるのも、私だけが貰った!って気になれて好きなんだけどな(^-^*)。

特効炸裂してライブ終了!
TE「さんきゅー!!楽しいクリスマスをありがとう!いい思い出になったよね!」
なったー!!!何度も、ありがとう!福岡最高!!って言ってくれたよ!私こそありがとう!
って毎回思う。エンドロールのオフショットなメンバーいいよね。うわ〜可愛い〜♪
って見とれてたら、ものすごい大音量の特効がっ!!ビックリしたぁ!福岡ドーム揺れたよ!
大丈夫なのかぁ。てか心臓に悪いって(^_^;)。


明日はいよいよクリスマスイブライブ!今日もこんなにスペシャルだったのに、明日は
どんな事をしてくれるんだろ!ってワクワク感いっぱいで家路へ。ライブ後って、
あぁ終わっちゃったって寂しい気持ちになることも多いんだけど、今回のライブは
ひたすら楽しかった!ONE LOVEの暖かい世界観のおかげかな。
改めて、GLAY大好き!!!って叫んじゃうような、素敵なライブでした!
最後まで読んでくれてありがとう。



【GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”】
会 場:福岡ドーム
REPO:MAYUMI
DATE:2001/12/23
>GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”
ついに私の地元・福岡でのライブがやってきました!
私は、幸運にもわりといろんな所のライブに行ってるけど、
やっぱり地元のライブは格別ですよ!! 当然、期待も高まるもんっす!!
しかも、今日はクリスマス・イブイブだしね!(^^;)
わくわくしながら、ライブスタート!!

まずは、服装から・・・
TERU・・・大阪と変わらずかな?(←略し過ぎ!?)でも、スカートの感じがちょっと違うような・・・。
この日はあまりよく見えなかったけど、次の日にはこの違いが確認できたので、
それは明日分のレポにて・・・。

TAKURO・・・シルバーっぽいブルーのジャケット・パンツに、これまたシルバーっぽい
パープルのマフラーを。背が高いので、こうして普通(?)の衣装を着ていると、
やはりカッコイイ。(^^;)

JIRO・・・赤の上下。長い紐が付いてた。なんか忍者を思い出させる格好かも?
(って、私だけ?)それより何より、髪が・・・立ってるではないの〜〜〜!!!
昔のアロエヘアをちょっと思い出させるような、それでいて、後ろ髪は長く下ろしてる!!
(多分つけ毛だろうけど・・・)こんなJIROを見たのは久しぶりだ〜〜!!かなり嬉しい〜〜!!
やっぱ、JIROはこうでなきゃ!!(笑)

HISASHI・・・グレーっぽいカーキっぽい色で、赤の縁取りがしてあるダブルのコート、
大阪初日に見たのと色違いかな? なんとなく総督ちっく!?もちろん、黒のブーツに黒の短パン。
しかし・・・ん??んんん???かぶりもの(笑)が・・・ないっ!!!
マジっすか??あのお姿をもう一度見たかったのに〜〜〜!!!
前回レポした時の表現がいまいち自分的にも気に入らなかった(笑)ので、
今回は○○○チックというバッチリな言葉を用意してたのに〜!!(爆)
あ〜あ・・・○○○チックジャパ〜〜〜ン;;;(^^;)

オープニングは・・・大阪初日と同じでした。(またもや略し過ぎ!?)
しかし前回は、いつの間にかメンバーがステージにいたので、今回はメンバーが
出てくるところを見てやる!!と、ステージの顔の立体がバァーーン!!って
割れた瞬間に、ハッとセンターステージに目をやると・・・
うがぁ!!もうTERUがいるっ!!(爆) また出てくるところを見逃した〜!(^^;)
それならば、他のメンバーをっ!と思い、メインステージに目をやると・・・
なんだかわらわらと人影が動いて、おもむろに楽器をかかえてスタンバイ;;;
な〜んだ・・・特に変わった登場ではないのかな・・・(笑)

まずはアカペラ始まりの『ALL STANDARD IS YOU』 う〜ん、いい感じっすね〜♪
続いて『嫉妬』 HISASHIのテルミン、超ステキ〜〜〜♪♪
そして、HISASHIのギターのネックがピロピロ光って『WET DREAM』
『嫉妬』か『WET DREAM』の時だったか、HISASHIがカメラに向かって、
「来いよ!」と言わんばかりに指をチョイチョイっと!!
うっひゃ〜〜!!(*><*) イクって〜〜〜!!!(爆)
さらにこの時だったか、私の隣りのケバ系のイケイケコギャル(!?)が、向こうから
全速で走ってくるTAKUROに「キャーー!!カッコイイーー!!」と絶叫!!
私的勝手な解釈(笑)では、「TAKUROファン=大人」だったので、
あまりのギャップの激しさにちょっとおののく;;;(^^;)

MCの後、『Prize』 そして『君が見つめた海』『Fighting Spirit』
『君が見つめた海』の前には、前回見た、小さな女の子が海岸を歩いてる映像は
なかったな〜・・・。なかなか雰囲気があってよかったんだけど・・・。

再びMCの後、『ひとひらの自由』
JIROはこの時、ドラムの前に座ってベースを弾くんだけど、MCの最中は
ちゃんと立っていて、TERUが曲紹介した後、おもむろに座りに行っていた。(笑)
ぷぷぷっ!カワイイヤツだ♪(^^)

続いて、『HIGHWAY No.5』 この曲の時は、ホンットに忙しい!!
メンバーを追いかけるのはもちろん、映像もめっちゃオモシロイし、
JIROは間奏で歌いながら観客をあおるし、なによりアリーナにいたら
あの長〜〜〜く伸びてくる風船がぁ〜〜〜!!!
大阪の時は、たまたま私のところには伸びてこなかったので、「うわ〜!すご〜〜い!!」
ぐらいにしか思ってなかったんだけど、前の方にいた友達が
「あれ、めっちゃ邪魔やん!!」って言ってた意味が、今回ようやく分かった!
アレが目の前にきたら、ステージが見えんっちゅうの!!(爆)
頭の上にやってくるあの風船を、うりゃ!!って向こうに追いやるのに必死で、
ホント疲れたっす;;;(^^;)

そして、JIROソロコーナーへ!
JIROが花道にやってきて、ベースをジャカジャカかき鳴らし、観客をあおった後、
「サンダーゾンビ」の登場!!
メンバーの名前を、前回のレポの時はうろ覚えで適当に書いたんだけど、
今回改めて見ると、だいたい合ってたような・・・。
我ながら、自分の記憶力に感心する・・・。(^^;)ゞ

続いて『mister popcorn』 この時の、JIROと各メンバーとの「対決」が
かなりオモシロイ!!
TOSHI、SHIGE 共に、かなり見事な切り返しの後、HISASHIに向き合うJIRO、
この時の2人の様子が妙に可愛くて、めっちゃ好き〜〜〜♪
HISASHIの笑顔も超LOVELY〜〜〜♪♪(爆)
そして、TAKURO。今日は何をやってくれるかと期待してたら、JIROのベースの音に対して、
「ベンベベベンッ!」と口で応酬!!(笑)
2度目は自分でも可笑しかったのか、途中で吹き出しておりましたが・・・。(笑)
TERUにはJIROもベースではなく歌で対決!『HOWEVER』の一節をいかにも
死にそうな声(爆)で歌ったものの、あっさりとTERUに切り返され、
テレ笑いをするJIROでした・・・(笑)

次は『電気イルカ奇妙ナ嗜好』 この曲はやはりみんなで大合唱!!
花道にはTERUとTAKUROが出てきたんだけど、サビの時、TERUが手拍子じゃなく
両手を広げて横に振るしぐさを!!!
そーだよ!そーだよ!!私もそれがしたかったんだよ〜〜!!
しかし、会場全体には広がらず、気落ちする私であった;;;(^^;)

続いてはお待ちかね(!?)のHISASHIソロコーナー!!
今日の観客の反応はどうなんだろう??と、ハラハラしながら見てると・・・
ん??もしかして・・・わいてる? わいてるよ〜〜〜!!!(爆)
そーだよね〜〜〜!!やっぱこうでなきゃ〜〜〜!!!(^^;)
それにしても、改めてみると・・・おっそろしいぐらいにカッコええぇぇぇ!!
この時の音楽といい、HISASHIの舞いといい、ギターといい・・・
極めつけは、花道先端で高く上がった時に見せる不敵な笑み!!!!!
うっひゃ〜〜〜!!!(*><*) マジたまらんっちゅうのっ!♪!♪!(爆死)

この後、ステージの両端に花火と共に短い花道が出現!!
そして、HISASHIがステージのちょっと左寄りの位置に下から登場して、
『VIVA VIVA VIVA』のイントロを!!
ふと気付くと、TAKUROとJIROがすでにさっき降りてきた短い花道の先端に!!
おぉ??どこから出てきたんだ??思いっきり見逃した〜!
おっと、ここでTERUの登場まで見逃してなるものか!!と、すばやく中央花道に
目を移すと・・・やはり下からジャンプして登場!!
よっしゃ!!今日はちゃんと見れたぞ〜〜!!(^^;)

MCに続いて、『Way of Difference』
私はこの曲を聴くのは今日でまだ2回目だけど、もうなんとなく耳に残ってるような
イイ感じの曲。
そして、『夢遊病』『Christmas Ring』
『Christmas Ring』の炎の演出は、幻想的でホントいい感じです。
ただ今日は、初めにTERUの回りの炎が出た時、ちょっと勢いがよすぎたのが
私的に密かにヒット(笑)だったりして・・・(^^;)

次は『STAY TUNED』 DJのあと、爆音と共に、銀テープがパァーーンッ!!
しかし今日はGET出来ずちょっと残念;;;

続いて『MERMAID』 この曲もすごく好きだけど、この時のビジュアルちっくな
映像もすごく好き〜〜〜♪
しかし、TERU多めで、私的にはちょっと不満・・・(^^;)

『THINK ABOUT MY DAUGHTER』 この曲のイントロのHISAギターが
これまたたまらなくカッコいいぃぃ〜〜〜〜!!!
この時は、中央でTERUとHISASHIが向き合ってるというのに、
ほとんどHISASHIしか見ておりません・・・(爆)

そして、ラストの『GLOBAL COMMUNICATION』が終わって、本編終了〜〜!!

------------------------------

メンバーがいなくなった後、モニターには『Mega Beautiful ONE LOVE Christmas』
の文字が!!
これは、福岡のラジオでTAKUROが言ってた福岡のライブタイトル(!?)じゃん!!
ちゃんと覚えててくれてるんだ〜〜!!と、ちょっと感激!!
そして照明がついたので、メンバー登場!と思いきや、またもやオモシロイ映像が!
顔がメンバー4人の顔にコロコロ変わるロボットちっくなヤツが、
「イェーイ!」「テヲタタケ!」などと観客をあおる!!
それにしても、今回はいろいろ考えてるな〜〜!!

メンバー再び登場!!
TERU「すごく盛り上がってたね!今回スタッフも、みんなを退屈させないように
いろいろ考えてるね〜。」

さらに、「今回のステージ、スゴイでしょ??まさかあの壁があんなに開くなんて
思わなかったでしょ??」

確かにスゴイけど・・・普通あの最初の状態を見たら、誰もが壁が開くと思うんじゃ
ないのかぁ〜〜??・・・と、心の中でツッコミを入れてみる・・。(^^;)ゞ

「それでは、冬にしかやらない曲があるんで、聞いて下さい。」
とのことで、『Winter,again』を。

続いては、メンバーみんな椅子に座って、アコースティックコーナー!
「では、今からはクリスマスナンバーを演ろうと思います。」
ありゃ、クリスマスナンバーは明日だけじゃないんだ・・・。
『てっこのホリークリスマス』予習してくるの忘れちゃった;;;(^^;)

ここでは、『ホリークリスマス』(『てっこの』はハズカシイので省略らしい・笑)
の他に、新曲を加えて3曲演奏してくれたよ!!
クリスマスチックで、和やかな雰囲気でした!
私的には、この時のSHIGEサンのキーボードがスゴク好き〜♪
(実は、隠れ(?)SHIGEサンファンな私&妹・・・笑)

アコースティックの後は、ガンガンな曲が連続!!
よかった〜!!実はちょっと身体が冷えてたんだよね〜。(^^;)ゞ
まずは、HISAギターが一段と冴える『Young oh! oh!』
この曲の途中で、メンバー紹介!!
まずは、TOSHIの華麗なドラムさばき!! SHIGEサンは『ジングルベル』を!!
そしてJIRO! マリオのテーマだったらしいが、私は知らなかった;;;(^^;)
そしてHISASHI!!・・・おもむろにハンドベルのようなものを持って出てきたが、
手元が狂ったのか、それを見事に(!?)落としてしまった!!(笑)
慌てて拾うHISASHI・・・うっひゃっひゃ〜〜!!可愛すぎ〜〜!!(*^^*)
んでもって、人差し指で「シーッ!」ってやった後、そのベルみたいなものを
ギターに近づけると、いろんなクリスマスソングが!!
・・・しかし、何やら思ったようにはいかなかったのか(?)、最後はそのベルで
ギターをガンッ!って叩いちゃった!!(わざとかな??)
おいおい!弦切れないのか〜〜??(^^;)
そして、TAKUROはギターで『ホワイトクリスマス』を弾いてくれました!

「ガンガン行くぜ〜〜!!カモンッ!TOSHI!!」ドラムのイントロで『誘惑』
間奏のところのジャンプは、またもやTERUが1人でドラム台からジャーンプ!!
もうHISASHIは一緒に飛ばないのか??
そんでもって、いつもならHISAソロに入る前に、
TERUが「OK!!カモン!HISASHI〜〜!!」と言うところを、
「行くぜ!!福岡ド〜〜ム!!」
だかなんだか分からなかったけど、
違うセリフを!?!?
こらぁ〜〜〜!!!TERU〜〜〜!!そこは「カモン!HISASHI!!」だろがぁ〜!!
おかげで、「HISASHI〜〜!!!」と絶叫するタイミングを失う;;;(爆)

『サバイバル』『ACID HEAD』と続いて、アンコール終了〜〜!!
そういえば、ラジオでも言ってた通り、HISASHI前にはホントにマイクスタンドが
なかったっす・・・。なので『ACID HEAD』も歌わず;;;(^^;)
でも、「NO MORE HERO!」はやっぱりHISASHIのモノでした!!(^^)

メンバーが何度も何度も挨拶して、ステージを去った後、エンドロールが・・。
妹「最後、特効鳴るよね?」 私「でも、さっき『ACID〜』の後鳴ったけん、
最後はないとか??」・・・と言った瞬間、特大の特効がドッカ〜〜ン!!!(爆)
すっかり油断してた;;;(^^;) しっかし、あの大爆音・・・ドームの屋根
割れないのか・・・(笑)


こんな感じで、福岡初日無事終了〜〜!! 楽しかったぁ〜〜!!
明日はクリスマスイブライブだし、席もかなりとっておきな席で超楽しみ〜♪
・・・てな訳で、明日に続くのであった・・・(^^;)ゞ



【GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”】
会 場:福岡ドーム
REPO:みぼりん
DATE:2001/12/24
GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”
福岡ライブ2日目!今日は待ちに待ったクリスマスイブ♪昨日の会場アナウンスでは、
メンバーからのクリスマスプレゼントもあるとのことで楽しみ度も倍増!貰えたのは、
クリスマスカードだったよ。わ〜い♪素敵なプレゼントをありがとう!
今日の席は、1塁側スタンド。昨日以上にがっつりネット前だったけど、
ステージ端の階段には近い。
ほぼ定刻通りにライブスタート!

今日は立体的なカオが爆発したと同時に、花道先端からも爆発音がして、
GLAY全員そこから登場!
うきゃー!かっこいいオープニング!4人でステージに移動して、
『GLOBAL COMMUNICATION』。続いて『嫉妬』
最初からガンガン系で、既にめちゃ暑いけど楽しい!!

今日の衣装。
TERU:多分いつもと一緒(って端折り過ぎ?(^^;)。クリスマスちっくなのをちょっと
期待してたんだけど、いたってノーマル。サンタは?トナカイは?ホントにサンタな格好で
出てこられても怖いけどね(;^_^A。
TAKURO:赤のジャケット、茶色のパンツ。足長ーい!かっこいい!!TAKUちゃんは、
奇抜な格好より、絶対こういうシンプルな衣装の方が似合うって。
HISASHI:赤いライン入りの黒っぽいダブルのロングコート。
今日は生足じっくり拝めるかな(^-^*)。
JIRO:これまた赤いライン入りのグレーっぽい衣装。昨日は赤で探しやすかったのにな。
髪型のせいか、頭が大きく見えた。ほっぺのキラキラ健在!相変わらず可愛い♪

MC「メリークリスマス!!クリスマスですよ!今日は、来てくれてありがとね。みんなが今まで
生きてきた何十年の中で、最高のクリスマスの思い出を作ってあげるんで、心から楽しんで
帰って下さい!思いっきり騒いで行こう!次はメロディアスなナンバー!」
『THINK ABOUT MY DAUGHTER』
これってメロディアス?まっいっか(^^ゞ。昨日よりテンポ速かった気がする!
『Prize』アップテンポなナンバーが続き、早くも会場ヒートアップ!スタンド揺れまくりで、
オペラグラス覗いてると酔いそうだったよ(^_^;)。

『Fighting Spirit』TERU、ちょっと歌詞飛んだかな。ごまかし方が上手くなったかも(^^;。
『君が見つめた海』TAKUちゃんのソロに行く前に、TERUが両手でTAKUちゃんを指す所が
好き。もちろんTAKUちゃんのソロもイケてます。メインヴォーカルを取る日も近い?(^^ゞ

『ひとひらの自由』すっごく気持ちが入ってて、鳥肌モノに良かった!
MC「今日すごいイイ感じだね。今のひとひらの自由を歌ってる時も、みんなの気持ちが
ピシピシ伝わって来て、すげー気持ち良くて、今世紀最高のひとひらが歌えました!」
会場:拍手!
「今日は、クリスマスってことで、忙しい人ばっかりだと思うのに、来てくれてホントにありがとう。
ここで新曲を聞いてもらいたいと思います。年末になると、忙しさとかですげーピリピリ来てる
人も居るだろうけど、すごく優しい曲なんで、癒されると思うよ。ぜひ覚えて帰って下さい。」
『Way of Difference』。曲も良いけど、マイクスタンドを這うTERUの手が
かなりセクシーで良い!癒されまくりました(^-^*)。

『HIGHWAY No.5』今日は、映像をじっくり見てみた。場所はどこなんだろ。海辺の建物
っぽかったかな。これがリハの合間に、足を筋肉痛にしながら撮ったって言う映像なんだぁ。
クルクル回ったり飛んだりする所も面白いけど、たまにカメラを覗き込んでアップになる
メンバーが可愛くて仕方ない!いつか出るかもなライブビデオには、絶対入れて欲しい
映像です。

『電気イルカ奇妙ナ嗜好』に続いて、HISAくんソロコーナー。やっぱり妖しい微笑みが素敵♪
今日初めて見た友達は、クリスマスなのに悪魔が降りてきそうって言ってた。確かにSEとか
オカルトしてるかもね(^^;。でもすごいかっこいい!って言ってたし、周りの人も拍手喝采!!
って感じで、めっちゃ沸いてました!

続いてJIROソロコーナー。今日のJIROちゃんもご機嫌でノリノリ!花道先端でジャンプ
したり、イエー!!って絶叫したりして煽りまくる。
JI「今日この日のために、オレはソロバンドを作って来たぜっ!GLAY初のソロ!
どうだい、この演奏?イカしてるだろ!」
みたいな紹介で、サンダーゾンビの面々登場。
ひとしきりセッションして、
「彼らは、LAから来たんだぜ。テルビスの先輩(笑)。最高のクリスマスにしよう!イエィ!」

JIROちゃんがステージに戻ってる途中で、『mister popcorn』が始まる。

TOSHI・SHIGEと対決して、HISAくんと向かい合うJIROちゃん。すごく短くて、
え?こんだけ?って思ったけど、HISAくんの極上スマイルが見れたから良しとしよう。
続いてTAKUちゃん。
今日は何してくれるのかなワクワクって見てたら、ドラム前の階段に座って手招きで
TAKUROを呼ぶJIRO。笑いながら近付いて、JIROちゃんの弾くフレーズを聞いてた
TAKUちゃんは、聞き終わると頷いてギターを肩から外しながらピアノへ!きゃー!!
かなり長めに弾いてくれて感激♪JIROちゃんも拍手してました。
最後にTERUに向かって、BOOWYの「NO.NEW YORK」かな?のフレーズを弾くJIRO。
それに対して、出だしをちょっと歌ってから首をかしげて笑うTERU!きゃーきゃー!可愛い!!思いっきり、アハハハハ!って笑ってたよ(^-^*)。何て可愛い人なんだ!大好きぃ!!

『STAY TUNED』今日も銀テープ発射音にビビる。慣れようよ(^^;。
スタンドから見てると、アリーナ全体がキラキラ光って見えて綺麗。
MC「最高に気持ちいいです!今のSTAY TUNEDで銀テープを振ってくれてたでしょ。
ボンボンみたいで綺麗だね(笑)。雪が舞ってるみたいに見えました。いい思い出になるよね。
福岡はこんなに寒いと思ってなかったよ。半袖で来ようかと思ってたら、福岡のDJのエイジさんが雪が降ってるって電話くれたから、厚着して来たんだよね。」
いや、降ってないし(^_^;)。
それは思いっきりガセネタですぜい。「ホントに雪が降ってくれたら良いのにね。冬をイメージ
して聞いて欲しい曲があるんで・・・・あれ?(笑)」

何か客席のリアクションを期待してたのに、しーんとしてたからか、かなり素な表情で
笑うTERU。意味不明な行動だったけど可愛い!!うきゃ〜!!
「スタンドのみんな!聞こえてる?」
うん、聞こえてるけど、どんなリアクション取って欲しいかは分かんない。
「最高のクリスマスにしたいんで、しっとりと行きます。」


『夢遊病』歌はすごく良かったし、好きなんだけど、この曲の時に壁に映る映像が苦手(;^_^A。見てると気持ち悪くなるんだもん。
『Christmas Ring』炎の明かりの中で歌い上げるTERU、素敵♪
TAKUちゃんが全然見えなかったんだけど、ピアノ弾いてたらしい。昨日もそうだったのかな。
気付かなかった。

ステージ両脇から、火花を上げながらミニ花道登場!かっこいい演出!『VIVA VIVA VIVA』
ふと気付くと1塁側のそのミニ花道にJIROちゃんが!どうやって出て来たんだぁ!
花道と一緒に壁から出て来たのかい?そこに居てくれるとかなり近くに見えて嬉しい!
でもTERUのビバ!が見たいから、目はメイン花道の方へ。ごめんよ、JIROちゃん(^^;。
また来てね。

『MERMAID』今日もモニターのかっこいい映像を見たかったんだけど、ミニ花道に
TAKUちゃんが!しかも、先端に腰掛けてギターかき鳴らしてるっ!これは見とかなきゃでしょ。ステージ端の階段にも来てくれた!うぉ〜!かっこいい!!スタイル良い!!
この曲は、TAKUちゃんの姿しか覚えてないです(^^ゞ。

HISAくんのネックがピカピカ光って、『WET DREAM』。うきゃ〜!今度はHISAくんが
走って来てくれた!!生足全開!華麗!綺麗!細い!かっこ良過ぎぃ!!てことで、
この曲はHISAくんしか覚えてません(^^ゞ。

MC「次の曲でラストナンバーです。(会場:えぇー!)今回のアルバムONE LOVEの中で、1番伝えたい事は、愛情や希望の大切さだったんだけど、みんなを見てると、伝わってるって
確信しました。」

会場:大拍手!
「今年は色々と悲しい事や暗い事も多かったけど、2002年からは、明るい未来が来ると信じて行きましょう。みんなの明るい笑顔を見てると、すごい元気を貰えます。ありがとう!愛情って誰もが持ってるものだけど、確かめて行かないと気付かない時もあるよね。今1番伝えたいことがたくさん詰まってるナンバーです。」
『ALL STANDARD IS YOU』。TERUの歌声が胸に響きまくって、めっちゃ感動!
涙が止まらなかった。「あなたの幸せ願わない日はない。」なんて素敵な言葉なんだろう。
「良いクリスマスをありがとう!今日の思い出を、ずっと大切にして欲しい!
また絶対会おうぜっ!!」

メンバー退場。

今日もアンコール待ちの間、モニターに「ONE LOVE」って看板を持って回るサンタの映像が
映ってたよ。「Mega Beautiful ONE LOVE Christmas」の文字もあり。福岡のラジオ
聞いた人なら分かると思うけど、TAKUちゃんがこの日のライブのタイトルとして命名したんだよね(^-^*)。しばらくして、GLAYロボット登場!カオがTVみたいになってて、そこにアニメキャラのメンバーのカオが交互に映るんだけど、ちゃんとJIROちゃんの時にはJIROちゃんっぽい
動きをするんだよ。「福岡イエイ!」「九州イエイ!」「その他イエイ!」「手ヲタタケ!」とか、
今日も客席を盛り上げて楽しませてくれてると、
メンバー登場!

TE「すごく楽しそうな顔を見てると、こっちもニコニコしちゃうよ(笑)。」きゃ〜♪可愛い笑顔!
今日のTERUはスマイル大放出で嬉し過ぎっ!笑顔に見とれてデレデレ状態で、MC途中
からさっぱり覚えてないし(;^_^A。
何か「次の曲は、冬と言えばこれって曲です。敢えてタイトルは言いません。」
みたいなこと言ってた気が。
『Winter,again』ドームの天井にも照明が当たって綺麗だったよ。
函館の雪景色を思い出しました。

TE「せっかくのクリスマスなんで、満喫してもらいたくて、ここからはアコースティックで
行きたいと思います。」

TA「そうですね。」メンバー全員椅子に座って、アコギバージョンスタート。
TE「去年のNYでたくさん曲をレコーディングしたんだけど、残りの未発表の曲の中から
やりたいと思います。すごい優しい曲なんだよね。」

TA「ゴスペルのコーラスをNYでばっちり録って来た曲で、すごいクリスマスにピッタリ合うと
思う。ONE LOVEにも「Christmas Ring」って曲があるけど、あれはクリスマスって
言うより年末の歌だから(笑)。それを何で今やってるのかって感じなんだよね。
タイトルは・・・決まってない(笑)」

ここで曲に行くと思いきや、変な間が開いちゃって、声を上げて笑うTERU。
可愛い過ぎるんだよぉ!!タイトル未定の『新曲』は、今日改めてじっくり聞くと、
ピアノや鈴の音が綺麗に響き合いそうな、清らかな感じの曲だった。これにゴスペル
コーラスが入ったら、かなり好きな曲になるかも!

TA「どうもありがとう!次もクリスマスソングです。このクリスマスソングは、FCの方で配った
曲なんで、大体初めて聞く人が多いと思います。今年はピリピリするようなニュースが
多かったんだけど、みんなに等しく楽しいクリスマスが訪れて欲しい。そんな願いを込めて
作った曲です。聞いて下さい。ホリークリスマス。」

今日も「テッコ」はカットです(^^;。やっぱり良い曲だぁ。これから私の中で、
クリスマスの定番曲に決まり!

TE「クリスマスっぽいねぇ(笑)。みんなクリスマス大好きですか?」
大好きかなぁ。どうだろ?(^_^;)
会場の好き!!って声を聞いて、「良かった良かった(笑)」うきゃあ!!可愛い!!
今日のTERUは、本気で私のツボ突きまくり!まったりトークも良い感じなのだよ♪
「何かしんみりするよねぇ。」

そこでJIROちゃん突っ込む。
JI「しんみりって言うな(笑)。昨日も同じメニューでアコースティックでやったんだけど、
ライブ終わって楽屋に戻る時に、オレらのクリスマスって暗いよね!って言ってたんだよ(笑)。
何か函館の空みたいな、雲が低ーい感じ(笑)」

TA「暗い(笑)。だから、今日こんないいクリスマスが過ごせてるんだよ!」
おぉ!そうだそうだ!GLAYっぽくて良いよ♪

TA「昨日も聞いたんだけど、この中に来年の春に高校や中学を卒業する人居ますか?
小学校とか(笑)。卒業に関する歌を作ったんで、聞いてもらいたいんだけど。受験生は居る?」
手を挙げてる人見て、
「パワー送ってやる!絶対受かる!!卒業までの間に、悔いのないように友達との生活を
送って欲しい。オレ達も高校の卒業と街を離れるのが一緒だったって事もあって、卒業って
すごく思い出深いんだよね。では、聞いて下さい。」
『卒業まで後少し』
椅子に座って、両手を膝の辺りで組んで歌うTERUが素敵!
♪もう少し友と呼ばせて〜って歌詞があったと思う。これも発表が楽しみな曲。

TE「オーイエ!今日は、色んなクリスマスを味合わせてあげますよ♪」
ホストみたいな口調だぁ(^-^*)。
「激しいナンバー行くぜっ!OK?!」『Young oh! oh!』
途中でメンバー紹介!TOSHI、子ども用の小さい鉄琴で、一生懸命ジングルベルを弾いて
(叩いて?)くれたよ!覚えるの大変だったのでわ。手震えてたもん。素敵な演奏ありがとね!SHIGE、かなりエフェクトかけてホワイトクリスマスを歌いながら演奏!渋くてかっこいい!!
めちゃクリスマスライブモード突入って感じ。
GLAYのメンバーに向かって、「みんなやられてるよ!がんばんなきゃねぇ(笑)」とTERU。
あぁ、可愛い♪持って帰りたい(^^ゞ。
JIRO、チョッパーでベベベンとベースを弾く。HISASHI、手に持ってたベルみたいなので
ギターを鳴らし、最後にそれを蹴る!何だったのか分かんないけど可愛いぞっ!
TAKURO、ギターかき鳴らしながら、パンクな赤鼻のトナカイを歌って盛り上がる!
かっこいいぞっ!TERUも負けじと、パンクなジングルベルを歌いながら花道先端へ!
「OK!!もっともっと熱く行こうぜ!福岡!!イエー!!スタンドー!!アリーナ!!
OK!1・2!1・2・3・4!」
で、Young oh! oh!に戻る。楽し過ぎぃ!!

TE「ガンガン行くぜ!3年前にも一緒に歌って盛り上がった曲!生きてく強さー!!」
『生きてく強さ』

歌いまくり!叫びまくり!で喉痛い(^^;。でも楽しい!JIROちゃんにスポットが当たる!
えっ!マジすか!
「イエー!福岡!!もっとぉー!!うりゃー!!!」
『SHUTTER SPEEDSのテ−マ』
うわぁ!HIGHWAYやるから、もうやらないのかと思ってた。嬉しい!!叫ぶよ!飛ぶよ!
しかもJIROちゃん、1塁側の階段に走って来てくれた!今度こそ、じっくり見るからね!
可愛いよ!かっこいいよ!触ってみたいよ!(^^ゞ

続いて、TAKUちゃんがギターを掲げてポーズ!『ACID HEAD』の始まりだっ!
TAKUちゃんすごかったんだよ!3塁側端っこの階段から、1塁側の階段まで猛ダッシュ!
めっちゃ速かった!すごい!惚れた!!TERUの投げちゅうもHISAくんの雄叫びも
JIROちゃんのジャンプも堪能!みんなかっこいいよぉ!!ドラムセットからのTERUの
ジャンプと共に特効!かなりな火薬の量でわ?大丈夫なのか福岡ドーム再び(^^;。

TE「さんきゅー!!楽しかったぜ!最高のクリスマスを過ごせました!ありがとう!!」
メンバーそれぞれ、ピック投げたり手振ったりしてくれて退場!直後から、ものすごい
アンコールコール!エンドロールも流れないし、これはもしや!来た!!!
ダブルアンコールだぁ!うわ〜い!また出て来てくれただけで感激!!

TE「すっげー楽しい!!このまま帰るのは心残りなんで、最後にクリスマスプレゼントとして
1曲送りたいと思います!」
きゃ〜きゃ〜!嬉しい!!しかも『HOWEVER』!!感動!
泣ける!クリスマスイブにこの曲が聞けるなんて、最高のプレゼントだよ!ホントにありがとう!

TE「ありがとう!!また絶対会おうぜ!」ステージのあちこちで、何度もイエイ!の掛け合いを
繰り返してメンバー退場!クリスマスをGLAYと過ごせるだけでも幸せなのに、こんなにたくさんの感動と幸せをくれて本当にありがとう!GLAYのこと好きで良かった!って心から思ったよ。
これからも今まで以上に大好き!!


まだまだ年明けまでツアーは続くんで、これから行かれる方は、GLAYからたくさんの幸せを
もらってね。残念ながら今回のツアーに参加出来ない方は、いっぱいONE LOVEを聞いて、
GLAYから愛を貰おう♪
またダラダラ長くなってしまいましたが、最後まで読んでくれた方々、ありがとうでした。



【GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”】
会 場:福岡ドーム
REPO:MAYUMI
DATE:2001/12/24
GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”
今日は福岡ドーム二日目〜!!
クリスマスイブということもあって、きっとみんな何かを期待しながら(!?)
ウキウキワクワクだったでしょう!!
しかも、私達はこの日、なぁんと中央花道のどまん前のブロックだったのです!!
うっひょ〜〜〜♪ めっちゃ楽しみだってば!!!(^^;)ゞ

昨日のライブ終了後に、「明日のコンサートでは、クリスマスプレゼントも
用意しておりますので・・・」とのアナウンスがあったけど、特に期待もせず、
中に入ると・・・入り口で配ってるチラシの中にクリスマスカードがっ!!
やった〜〜!!ラッキー!!やっぱイブは特別なんだ〜〜♪(^^)
そんでもって、お楽しみの席につくと・・・花道のどまん前(しかもど真ん中)
の5列目〜〜!! うっひゃ〜〜!!近い近い〜〜!!
ただ、照明とか機材とかも目の前にあるので、メインステージはちょっと
見にくいかも;;;(^^;)

・・・という訳で、ライブスタート!!

まずは衣装からいっときますか。
TERU・・・昨日と変わらず。(^^;) んで、昨日ちょっと不思議に思ったスカートなんだけど・・・
大阪で見た時は、完全にスカート状だったのに、昨日はなんとなく感じが違ったんだよね。
でもって、今日間近で見てみると・・・スカートじゃなくて、エプロン(!?)が前と後ろに
2枚だ〜〜!!(爆)
しかも、革製で結構厚めなんで、ありゃヘタすると八百屋or魚屋(笑)、
もしくは力士の化粧回し・・・(爆)
う〜〜〜〜ん・・・なんとも言えんな〜〜;;;
普通のスカート(笑)の方がまだ良くないか〜〜?

TAKURO・・・赤の革のジャケット、茶の革パン。よく見ると、
革の模様がちょっとまだらかな・・・?
大阪初日と一緒。

JIRO・・・グレーっぽい上下。こちらも大阪初日と一緒。
でも、髪は昨日に引き続き立ってるよ〜〜ん!!いいね〜〜!!

HISASHI・・・総督ちっく(^^;)なロングコートの黒バージョン。かぶりものは・・・
この日もナッシング;;;
ふ〜〜〜;;;用意している(笑)○○○チックという単語が使える日はやってくるのだろうか・・・?(^^;)ゞ

さて、いよいよオープニング!!
昨日は『ALL STANDARD〜』始まりだったので、今日は『GLOBAL〜』始まりかな?
でも、どうやって始まるかは、この時点で全く知らなかった私達・・・。
まずは、昨日と同じく、ステージがバーーンと開いて、顔の立体が!
(ちなみに、この顔がコロコロ変わるヤツ、ふにゅって変わるのがなんとなく
気持ち悪くて、私的にはちょっと苦手・・・^^;)
そして、立体がバーーンッ!!って炸裂した後・・・
目の前の花道から煙がシューーーーッ!!!
さらに黒い影が下からグワーーーッ!!!(←マジ、スゴイ勢いだった!!)
そして、ライトがバッ!!と付くと・・・そこにはなんとG4がぁぁ!!!!!
うぎゃーーーーーー!!!まじビビったーーーーー!!!
実は、私は普段のライブでは、「HISASHI〜〜!!」とか「JIRO〜〜!!」とか、
名前を叫ぶことはあっても、「キャーーー!!」という黄色い叫び声(笑)は
決して上げることはないのだけど・・・この時ばかりは思いっきり
「キャーーーーー!!!!!」(正確には「ギャーーーーー!!!!!」かも・爆)
って叫んじまいました・・・(笑)
ま、その後は、「HISASHI〜〜〜!!!」絶叫!!(爆)だったけど・・・(^^;)
メンバーは、しばし花道先端に立った後、くるっと回ってメインステージへ・・。
みんな普通に歩いてたんだけど、HISASHIだけは、軽くステップを踏みながら、
軽やかにステージへ!!! うっひゃ〜〜!!しょっぱなからステキ♪♪(*^^*)

今日の1曲目は『GLOBAL COMMUNICATION』
続いて『嫉妬』 HISASHIのテルミンが相変わらずステキ♪♪

MCの後、『THINK ABOUT MY DAUGHTER』
出だしのHISAギターが今日も冴えわたってる〜〜!!!
次は『Prize』 壁紙のカラフルな文字が賑やかだね〜〜!

『Fighting Spirit』に続いて『君が見つめた海』
TAKUROのソロパート、昨日は感情がこもりすぎて(!?)ちょっとハズシ気味だった
(ように私は思った・・・ ^^;)けど、今日はバッチリ!!

ちなみに、この辺の曲では、メンバーの位置は定位置。
花道前の私からの角度では・・・HISASHI、ちょっと機材にかぶってるけど、
まずまず見えるかな。JIRO&TAKUROはスッキリよく見える。
そしてTERU・・・思いっきり目の前の照明にかぶってるじゃん!!(爆死)
でも、照明とその脚の部分の隙間から、なんとか顔だけは見えた・・・(^^;)

そのまま『ひとひらの自由』へ。今日はMCは挟まないんだね。
この後、MC・・・
「・・・今、『ひとひらの自由』を歌ってる時、みんなの気持ちがビシビシと伝わってきて、
すごく気持ち良くてね〜、今世紀最高の『ひとひらの自由』が歌えました。」

・・・今世紀って、まだ始まったばっかりなんですけど;;;とツッコミを入れたのは、
相方の妹です・・・(爆) スミマセン、毒舌姉妹で・・・(^^;)ゞ

この後、新曲の『Way of Difference』
そして、『HIGHWAY No.5』では・・出た〜〜〜!!!恐怖(?)の風船攻撃〜!!(爆)
今日は、この風船の出所を間近で目撃!!
なんと、スタッフがでっかい円柱を斜めに抱えて、手で風船を追い出しながら
出していた!! う〜ん、なんか人の手が直接加わってるんだ〜!!と、ちょっとほのぼの・・・
ととと!やっぱり今日も頭上に風船がぁ〜〜〜!!!
あ〜〜!!またもや前が見えん!!あっちに行け〜〜〜!!!(^^;)

続いて、ピエロの映像が出て『電気イルカ奇妙ナ嗜好』へ!
TERUとTAKUROが花道へ!!ひゃ〜〜!!来た来た〜〜!!やっぱ近い〜〜!!
ちなみに、昨日のTERUは、両手を広げて横に振っていたが、今日はやっぱり
手拍子でした・・・(^^;) あ〜〜、みんなで横に振りたい!!(笑)

そして、いよいよHISASHIソロコーナー!!
おぉ〜〜!!今日はJIROより先なんだ!!
重厚なクラシカルな音楽と共に、舞いながら花道へ〜〜!!!!!
うっきゃ〜〜〜!!!カモ〜〜〜ン!!!来た来た来た〜〜〜!!!
ちょっと〜〜!!目の前でHISASHIの舞い炸裂〜〜〜!!!(爆)
カッコええぇぇぇ〜〜〜!!!めっちゃステキ過ぎ〜〜〜♪♪♪
しかも、観客も昨日よりもさらにわいてる〜〜〜!!!いいぞ〜〜!!
そして、一歩下がって、リフトで上がる〜〜〜!!!
・・・と同時に、目の前の照明も上に伸びていって、上がっていくHISASHIと
思いっきりかぶってるぅ〜〜〜!!!(爆死)
こらぁ〜〜〜!!!見えんっちゅうに〜〜〜!!!
・・・まぁ、上がりきったところでは、HISASHIの方が照明の高さより
高く上がってくれたので、ちゃんと見えたけどね・・・(^^;)
そして、またもや不敵な笑みを浮かべて(*><*)、火花をバーーーッ!!
そして、暗闇になって、リフトは下へ・・・
そのままステージ下まで下がって行くのかと思いきや、下がるところは別らしく、
暗闇の中、一歩前に出てきて、(多分オープニングで出てきた場所)
下に下がって行きました・・・。
いや〜〜〜、それにしても・・・めっちゃよかった〜〜〜!♪!♪!♪

続いて、JIROソロコーナー!!
JIROが観客をあおりながら花道へ!!うっひゃ〜〜!!またもや近い近い!!
大歓声のHISAソロに刺激されたか(!?)、JIROもパワー全開!!
しかし、「サンダーゾンビ」とのやり取りでは、勢い余っていっぱい余計なことを
しゃべりすぎたせいか、スクリーンの「サンダーゾンビ」のセリフが先に
出そうになって、慌ててセリフ(笑)をしゃべるJIRO・・・(爆) カワイイやつ!!
ちなみに、「こいつら(サンダーゾンビ)はね〜、今回の為に、わざわざL.A.から
来たんだぜ!!テルビスの・・・先輩!!(笑)」
とのこと。
ちょっと考えた挙句、「後輩」と言わないところが、なんとなくカワイイ♪

次は『mister popcorn』 ここでは、お楽しみの対決コーナー!!
TOSHI、SHIGE共にまたもや見事な切り返しで、観客も大喜び!!
続いて、HISASHI・・・っと、今日は1回だけか??短いな〜;;;
でも、超極上の笑みを見せるHISASHI・・・きゃわゆ〜〜〜い♪♪♪(*^^*)
続いて、TAKUROを手招きして呼ぶJIRO。JIROがベースを弾くのを聞いたTAKUROは、
おもむろにギターを肩からはずして、ピアノの方へ!!
今日はお笑いじゃないのか・・・(^^;)
そして、最後にTERU。今日はベースで挑戦!!ベースの音を聞いて、「ハハハッ!」
と声を出して笑った後、「もう1回!」とJIROに頼むTERU。(笑)
JIROが1フレーズ弾いて、もう1フレーズ弾こうとするのを遮るように
「シャワーを浴びて〜〜!」とBOOWYの歌を!!
おぉ〜〜!!さすがBOOWYっ子だ〜〜!!(なんだそりゃ!? ^^;)

スクリーンにDJが映し出されて、『STAY TUNED』
今日もなぜか私の頭上には銀のテープが飛んで来ず;;;ちぇっ・・・(^^;)

続いて『夢遊病』『Christmas Ring』
『Christmas Ring』の時、大阪レポで「TAKUROが何やら後ろ向いてしゃがんでる」
って書いたんだけど、今日はその姿を確認することが出来ました!!
ピアノ弾いてたんだ〜〜〜!!そうだよね〜〜。いくらなんでも、しゃがんで
ギターは弾かんよな〜〜。(^^;)ゞ

ここで、ステージ両端から、短い花道登場!!
・・・ってことは、次は『VIVA VIVA VIVA』だ!!
まずはHISASHIが出てくる場所に目をやると・・・見事に機材にかぶってるような
イヤな予感・・・。案の定、出てきた場所は思いっきりかぶってて、
お姿は見えず・・・(^^;)
ならば、今日はJIRO&TAKUROが出てくるところを!!と思い、短い花道に目を
やると・・・どうもその花道より一歩前の部分にリフトがあるようで、
やはり下から登場!!
そして、目の前からはTERUが下からジャンプして登場!!
ひゃ〜〜!!またまた近いよ〜〜〜ん!!
(ちなみに、メンバーが上がってくる場所は、ツアーパンフの、ステージの設計図
みたいなのが書いてあるページで確認できます・・・^^;)

勢いに乗って、『MERMAID』『WET DREAM』!!
『WET DREAM』の後、HISASHIのギターのネックが、暗闇の中、しばらくピロピロ
付いてたのがちょっとウケた・・・スイッチの場所を忘れたのか??(笑)

そして、ラストの『ALL STANDARD IS YOU』
最後の時は、アカペラ始まりじゃないんだ〜〜。
前奏で、後ろのスタンドの方から、かすかに手拍子が聞こえて、ちょっとドキッと
したけど、大きくは広がらず、次第にやんだので、ちょっとホッとした。(^^;)

こんな感じで、本編は終了〜〜!!

------------------------------

アンコールまでの間、モニターには昨日と同じく
サンタと『Mega BeautifulONE LOVE Christmas』
の文字が!!そして、メンバーロボットも登場!!

しばらくして、メンバー登場!!
実は密かにクリスマスな演出(?)を期待していたんだけど・・・
特に変わりのないTシャツ姿で登場;;;
サンタは??トナカイのかぶりものは??
う〜〜ん・・・ドームなだけに、やって欲しかったかも・・・(^^;)
数年前、クリスマスにフミヤのライブに行った時は、アンコールでフミヤが
サンタで出てきて、プレゼントばらまいてくれたのにな〜〜・・・。
(バックメンバーもみんなかぶりもので、この時のSHIGEサンは、
確かツリーだった・・・笑 ちなみに今回、同日にフミヤのライブが福岡で
あったんだけど、やはりサンタになったらしいです。)

ま、気を取り直して、まずは冬の歌ってことで『Winter,again』
冬の歌といえば・・・もう一曲『Missing You』も久々に聞きたいな〜・・・。
ライブバージョンのSHIGEサンのキーボードが、めっちゃ好きなんだけど。(^^;)

この後は、アコースティックバージョンへ。
昨日と同じ3曲を演ってくれました。
1曲ぐらい違う曲が聞きたかったけど・・・やっぱこの時のSHIGEサンのキーボード、
好きだな〜〜。(^^)

身体が冷えてしまった(笑)ところで、続いては激しいナンバーへ!!
最初は『Young oh! oh!』 そしてメンバー紹介!!
まずはTOSHI、チョイチョイっとやるところにカメラを向けると・・・
そこには小さな鉄琴が!!それでもって『ジングルベル』を緊張しながら(笑)演奏!
カワイイぞ〜〜!!TOSHI〜〜!!(^^)
次はSHIGEサン、SHIGEサンは・・なんて言ったらいいんだろう、マイクと
キーボードが繋がってる感じで、マイクで歌うと、それがエレクトーンの音に
なるみたいな・・・??それで『ホワイトクリスマス』を歌ってくれたよ!!
SHIGEサンすご〜〜い!!ってか、キーボードがスゴイのか??(^^;)
続いてJIRO、チョッパーでベースを演奏!!
さらに続いてHISASHI、今日もおもむろに何かを持ち出し、(何かはよく分からなかった)
それをギターに近づけて音を出す!!
そして、最後はその何かを地面に置いて、蹴っ飛ばしちゃった!!
昨日みたいに間違って落とす前に、自分で蹴っ飛ばしたのか!?(^^;)
TAKUROはロック調の『赤鼻のトナカイ』を歌う!!それに合わせてTERUも歌ったよ!
最後にTERUが『ジングルベル』を歌いながら、TAKUROと2人で花道へ!!
・・・しかし、今日のメンバー紹介は、完全にサポートメンバーに持っていかれ
ましたな〜〜。(^^;) TERUも「やられちゃってるよ!」って言ってたし!(笑)

続いて、「次はみんなで歌って欲しいんだけど・・・3年前もこの曲で盛り上がったよね〜!!」
・・・ん??も、もしやその曲とは・・・
「生〜きて〜く強さ〜〜〜!!!」やっぱり〜〜〜!!!(爆)
いや・・・このGLAYファンの間では大人気なこの曲・・・実は個人的にはあまり
得意ではないので・・・(^^;)
でも、ライブではつい盛り上がっちゃうんだよね〜〜!!
もちろんこの日も大合唱!!(^^;)ゞ

次には『SHUTTER SPEEDS のテ−マ』 いいぞ〜〜〜!!JIRO〜〜!!
そしてTAKUROがギターをかき鳴らし、『ACID HEAD』!!
前奏の前、TAKUROはステージの端から端まで全力で駆け抜ける!!
うぉ〜〜〜!!すげぇ〜〜〜!!
TERUは花道に出てきて、カメラに向かって投げチュウ!!
なんでぃ!!こっちに投げてくれればいいのにぃ〜〜・・・。(^^;)
「NO MORE HERO!」は、やはりHISASHIいただき♪
そして、最後に特効がなって、終了〜〜!!!

メンバーは、ステージの端から端まで、挨拶に・・・。
そして、最後に中央花道に来てくれたよ〜〜〜!!!
いろんなメンバーの名前を叫んだ(もちろん、HISASHI多め・笑)後、
SHIGEサンが近づいてきたので、妹と2人で「SHIGEサ〜〜〜ン!!!」と
数回叫ぶと・・・SHIGEサン、なんとなくこっちを向いてくれたような・・・!?
(後で、妹も同じことを言っておりました。^^;)
ヒャッホ〜〜!!やっぱSHIGEサンはいい人だ〜〜!!
(隠れSHIGEサンファン炸裂!爆)
何度も何度も「サンキュー!!」って言ってくれた後、メンバー退場・・・

・・・と、エンドロールが流れると思いきや、モニターには再びサンタの映像が!
もしやもう1回アンコールが!? そして今度こそサンタ&トナカイ??(爆)

しばらくして、メンバー再登場!!やった〜〜!!!
・・・ちなみに、格好はさっきのアンコールと同じでした;;;(^^;)

「・・・最後に、クリスマスプレゼントとして、この曲を送りたいと思います。」
ってことで、『HOWEVER』を!!!
うわ〜〜〜!!めっちゃ嬉しい〜〜〜!!
ちなみに、今日はあらゆる邪念(爆)を追い払うために、目をつぶって
じーっと聞き入ってみました。う〜〜ん、しみる〜〜〜・・・。
そして、たまたま目をパッと開けると・・・モニターには3面ともHISASHIがぁ!!
ひゃ────→!!!!!なんという偶然!!っつうか必然!?!?(爆)


・・・こんな訳で、福岡ライブは無事終了しました〜〜!!
今回の2日間のレポは、みぼりんのレポがあるので、私のはMCなんかも抜けてるし、
かな〜り偏ってます・・・。(笑)
HISAファン以外の方、お気を悪くされませんように・・・。(^^;)
それでもメゲずに読んでくれた方、ホントにありがとう!!



【GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”】
会 場:札幌ドーム
REPO:みぼりん
DATE:2001/12/31
GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”
2年振りのCDライブ!しかも今回は彼らの地元・北海道!期待感めいっぱいで、
真冬の札幌へ乗り込む。30日は猛吹雪で心配だったけど、ライブ当日は雪も止んで
お天気も回復。
やっぱりGLAYマジックは健在!
今日の席は、初のアリーナE10ブロック。定刻通りにライブスタート!

TERUのアカペラ始まりの『ALL STANDARD IS YOU』。う゛、キーが合ってない(^_^;)。
かなり高めでわ?徐々に合って来たけど、ちょっとハラハラ。私的にはこの曲大好きなんで、
1曲目だと会場もざわついてて集中出来ないし、オープニングじゃない方が嬉しかったりする。

今日の衣装。
TERU:多分他の日と一緒(;^_^A。私には同じに見えるけど、他のメンバー同様
2パターンあるのかなぁ。
TAKURO:赤のジャケット。マフラーなし。髪型がかなり自然っぽく見えた気が。イイ感じ!
JIRO:長いひも付き上下赤の衣装。今日もトゲトゲ頭とほっぺのキラキラが愛くるしいっす♪
HISASHI:グレーのロングコート。おぉ!顔に何か被ってる!これが噂のベールかぁ。
勝手に黒子みたいなのを想像してたんだけど、かっちりした被りモノではなくて、
黒っぽい布をふわっと巻いてるって感じだったよ。BE WITH YOUのジャケ写の
TERUちっくだと思ったかも(^^ゞ。いやはやお美しいです。

『嫉妬』♪OH Misfits!の時のTERUの決めポーズが好きぃ!『WET DREAM』
途中でHISAくんベール取ってたよ。やっぱ邪魔なのかな。今日も生足全開です。

MC「イエー!札幌ドーム!!デカイよね!みんなにとって、今年2001年はどういう年だった?楽しいこと、辛いこと、色んなことがあったと思うけど、今日ここで全部吐き出して、GLAYと一緒に新しい年を迎えよう!こっからは、激しい曲をやりたいと思います!ハードなナンバー行くぜ!OK?」
『Prize』この曲でのHISAくんのネコパンチ、かなりお気に入りなのだ!今日も見れてご機嫌♪

『君が見つめた海』毎回書いてるけど、TAKUちゃんのソロパートの時のTERUが好き!
優しく見守ってるって感じで微笑ましいのだよ(^-^*)。雲が流れる空の映像が映って、
『Fighting Spirit』
TAKUちゃんのWネックギターかっこいい!TERUのアコギ姿も嬉しい♪

MC「今年の夏、ここ北海道でEXPOを無事に行う事が出来ました。ホントに楽しかった!
ありがとう!九州では、アジアのバンドと、ONE LOVE、そしてGLOBAL COMMUNICATIONの精神で交流出来て、楽しいひとときを過ごしたんだけど、
その1月後にNYであんな事件が起こって悔しくてたまらなかった。そんな悔しさや辛さから
抜け出して、明るい未来へ向かってがんばって欲しいと願ってる曲です。」

『ひとひらの自由』
今年最後のひとひらも、心に染みました。

『HIGHWAY No.5』♪道なき未知を〜の所で、花道を指差すTERU。可愛い♪
アリーナだと、ホントに伸びる風船が邪魔でステージが見にくいね(^^;。
続いてJIROちゃんソロコーナー!花道先端に
来てくれると、割と良く見えて嬉しい!JIROちゃんのパフォーマンス、今日も絶好調!!
かっこいいぞ!!
「北海道!イエィ!道外から来てくれたみんな!イエィ!!オレに負けんなよ!!」
サンダーゾンビの面々とセッションしてベースをかき鳴らすJIRO!
「かっこいいだろ!」うん!めちゃかっこいいよ!
『mister popcorn』待ってましたの対決コーナー!1塁側の階段に居たJIROちゃん、
ベースで足音を鳴らしながら、ピョコピョコとステージ中央へ。TOSHIとの対決では、
もう終わると見せかけときながら、クルっと振り向いてジャカジャカってのを2回くらいやってたよ。フェイントに付いてきたTOSHIに向かって、親指でグーポーズするJIRO!きゃわゆい!!SHIGEさんとは、♪もういくつ寝ると〜ってフレーズを弾いてくれた!おぉ!正月ちっく!

続いてHISAくんの所へ。あごに手をあてて迎え撃つHISAくん。うきゃ!切り返し演奏も
かっこいい!恐れ入りました!って感じで一礼するJIRO。2人ともかっこかわいい♪
次はお楽しみTAKUちゃん。
JIROちゃんの演奏に対して、「ぷぃ〜〜〜ん!」と声で切り返す!
今日も面白過ぎるぞ、リーダー!
続いて、あごに2本指当てて(TAKUちゃんが良くやってるポーズね)笑いながら
向かい合うTERU。
もしやキミらリーダーの真似してる?ベベンと何か弾きかけて間違えたらしく、
「ごめん!今のナシね。もう1回!」って感じのジェスチャーして、新たに演奏するJIROちゃん。それに対して、何か歌って返してたTERU。何の曲だったんだろう。全然分かんなかったけど、今日の対決もめちゃ楽しかった!

『電気イルカ奇妙ナ嗜好』福岡で見た時から思ってたんだけど、この曲の時にステージ上に
出てくる変なバルーンみたいなのは何なんだろう?最初は手かなと思ったけど、コブみたいな
のもあるし・・・ネコ?分かる方が居たら情報カムッ!花道先端で絡むTAKU・TERU!
何て美味しいショットなんだ!
続いてHISAくんソロ!今日の不敵な笑みも妖しさ200%で素敵です!火を吹くTALBOは、
火薬を仕込んであるんだろうか。金属なだけにすごく熱くなるハズだよね。残りの公演も
お気を付けて。

火花と共にミニ花道が出現して、ステージ上のHISAくんのギターが響き渡り、
『VIVA VIVA VIVA』。きっと花道下を全速力で移動してるんだろうなぁ。ご苦労サマです。
TAKU・JIROの登場シーンは福岡で確認出来たから、今日はTERUの登場を見つけるのだ!
出たっ!花道先端に、下から開脚ジャンプで登場!!かっこいい!!しかも途中で、
そこに来てくれたHISAくんの肩に手を回して絡む!きゃ〜きゃ〜!TAKU・TERUコンビは
良く見るけど、この2人の絡みはACID以外ではあんまり見ないよね。貴重なショットだぁ!
TERU、今度はHISAくんに逃げられなくて良かったね(^^ゞ。

MC「楽しんでますか!後1時間くらいで今年も終わりだよ!2001年最後のライブってことで、
オレも気合入ってるんで!髪も爆発してるし(笑)。みんなで今年最後にふさわしいライブに
しようぜっ!!心から楽しんでって下さい。暖かい思い出を持って帰って欲しい。自分の半径10cmをステージにしてガンガン暴れてくれ!大阪では、半径30cmって言ったけど、
ここ北海道ではギュッと詰まってるから半径10cmね(笑)。OK?思いっきり暴れよう!
と言いつつ、次は優しくて切ないナンバーなんだけど。TVで聞いたことある人も居ると
思いますが、未発表曲でGLAYの新しい一面を見られるような、そんなナンバーです。
タイトルは・・・『Way of Difference』。聞いて下さい。」

ここでも会場かなり沸いてたよ。あいのりパワー恐るべし。
壁紙がピンクな千鳥格子模様で可愛い。
♪もうすぐここにも雪が降り積もり 〜の所で、両手を広げて空を見上げて歌うTERU。
心が癒されるようなすごく暖かい曲になってるのは、TERUのGLAYの優しい気持ちが
いっぱい入ってるからだと思う。

『夢遊病』『Christmas Ring』。Christmas Ringで、初めてピアノを弾いてる
TAKUちゃんを発見!なんであんな後ろに居るんだろ。炎な演出でステージが見え難い
のもあるけど、思わずセットの一部かと思っちゃったよ(;^_^A。夢遊病好き♪
いつかライブでユナちゃんとセッションして欲しいな。

MC「北海道の今の季節にピッタリなナンバーだったでしょ。これからは激しくガツンと行きたい!OK?カウントダウンライブってことで、道外から来てくれた人もいっぱい居るよね?
(会場:は〜い!!)昨日の雪は参ったね。オレ達も昨日こっちに向かってたんだけど、
青森上空から東京に戻っちゃったんだよ(笑)」

えぇ!そうなんだぁ。CDライブ危うしだったのか。
「今日は天気も回復して、無事にライブも行われて良かった。これもGLAYマジックって
ことでね(笑)。みんなのパワーぶつけようぜ!!」

『STAY TUNED』
♪腕の時計と〜の所で、腕時計を見る仕草をするTERU。
ベタ過ぎるけど、そこも可愛いのだっ(^-^*)。今回は銀テープの発射なし。
おりょ?拾う気満々だったのに残念。

『MERMAID』やっぱり映像のTERUがかっこ良くて、
現在のメンバーを見るの忘れ勝ちです(;^_^A。
「もっともっと揺らそうぜ!!」
『THINK ABOUT MY DAUGHTER』この曲は、最初のTERU・HISA始まりも好きだけど、
何たって熱くギターをかき鳴らすTAKUちゃんがかっこよい!!これでもかっ!てくらい
頭ガンガン振って弾きまくってたよ。思わず、HG大阪での「頭フレフレ!バカになれ!」
って仮タイトルを思いだしちゃいました。

「OK!ラスト!!思いっきり盛り上がろうぜ!今年の夏のEXPOのテーマにもなってたこの曲!」『GLOBAL COMMUNICATION』おぅ!盛り上がるよ!楽しいよ!
♪GROWING UP×2の掛け声をHISAくんもやってくれてた!
「気持ちいいぜっ!札幌最高!!」本編終了!メンバー退場。

即時計をチェック。23:43くらいだったかな。いよいよ2002年まで後少し!
2年前のCDライブでは、ここでメンバー総出演の餅つきビデオが流れたんで、今年も
おもしろビデオを期待!しばらくして、モニターにあのテルビスが登場!
「GOOD MORNING N.Y.C」のPVばりに、ハートマーク飛ばしまくりの熱狂的な
ファン達をバックにしたブロマイドのテルビスなんだけど、口元だけが不気味に
パクパク動いてる!裏でTERUが喋ってると見た。息荒いし、キャラが中途半端
なんだもん(^^;。何言ってたのかあんまり聞き取れなかったんだけど、
「ニュージャージーのマイ会場でカジノやってるんで来れない。年末の忙しい時期に、
GLAYのために集まってくれてセンキュー!!
GLAYとのカウントダウン、楽しみにしてて!また日本に行くぜ!」

みたいなこと言ってた気が。

間もなくメンバー登場!
TE「今懐かしい人が出てたね。急遽コメントもらったんだよ。口は合ってないんだけどね(笑)。
もうすぐ2002年に突入しますよ!北海道でCDライブやるのすごく楽しみにしてたんで・・・」

会場から拍手!「あい、ありがと!」きゃ〜、可愛い♪「じゃ、今年1番楽しかったことを
1人ずつ単刀直入に話してもらおうかな。TOSHIから。」

トシ「マジック!」やっぱそれかい!
TERUが何か言ってたけど、笑ってたら聞き逃しちゃった(^_^;)。
シゲ「九州のEXPOかな。」おぉ!!嬉しいこと言ってくれるねぇ。
TE「さすが年の功(笑)」まったりトークは続く。

TE「JIROは?」
JI「何?」
TE「今年1番楽しかったこと!」
JI「今日だよ!!」会場沸きまくり!さすがJIROちゃん。
TE「オレもそうかな。エヘ(笑)。HISASHIは?」
HI「レコーディングにライブに、ホントにGLAYは良く働きました。ありがとう。」
ホントだね。お疲れサマ。
TE「TAKURO!」
TA「楽しかったこと?嬉しかったことでもいい?ONE LOVEが完成したこと!3回は泣いた!」
TE「オレのこと聞きたい?」もちろん!
「EXPOで楽しく過ごせたこと!他にもたくさんあるけど、ずっと話してるとカウントダウン
超えてしまうんでね(笑)」
それもマヌケで面白いかも(^_^;)。

TE「後3分!じゃ、3分間みんなのデカイ声を聞かせてくれ!イエーイ!!」
は?と思いつつもイエー!
「2002年はどういう年にしたいか考えながら叫ぼう!今日より明日!
今日より幸せな明日が来ることを願って!イエー!!」

何かだんだん可笑しくなって来た。TERUワールド全開!
モニターに残り時間が出る。
「おぉ〜!今日のパワーを糧にしてがんばって行こう!受験生も来てくれてるよね。ありがとう!!社会人の人も、ホントに忙しい人もありがとう!!2002年をこのライブで迎えるってことで、気合入れて行くぜ!!用意はいいかな?」残り1分。
「1分で今年のイヤなこと全部吐き出そう!来年に持ち越さないように叫び飛ばそうぜ!」

うおぉ〜!!みんなで絶叫大会!残り30秒!
「じゃ、10秒前からみんなでカウントダウンしよう!
5・4・3・2・1!HAPPY NEW YEAR!!!」

新年と共に銀テープ炸裂!モニターにも門松が。

TE「イエィ!スタンド!!アリーナ!!札幌ドーム!!北海道!!日本!!!」
日本ってオイオイ(;^_^A。めちゃウケ!2002年初のツボ突かれまくり!
「2000年初のCDはドキドキしたけど、今年はY2Kみたいな何の心配もなく無事に
迎えられたね!今年は去年よりも楽しく行きましょう!」
ここでなぜかステージ暗転。
「年越えていきなり暗転はないよね(笑)。照明さんも考えてよ。2002年1発目は、
冬にしかやらない曲をやりたいと思います!北海道の雪景色にピッタリなナンバーです。」

『Winter,again』

彼らの生まれ故郷・北海道で聞くと、感動も格別です。

HISAくんのギターに続いて、『Young oh! oh!』。途中で恒例のメンバー紹介。
TOSHIは、ひとしきりドラムソロを披露した後、表紙に自作のスヌーピーが描かれた
スケッチブックを取り出す。パラパラとめくると、全部のページに「松」の文字が!今度は
それを逆からめくると、文字が「竹」に!次は「梅」に変わって、最後は「賀正」の文字!
おぉ!!これがお得意のマジックなのかぁ。会場、拍手喝采で盛り上がりまくる!
TE「新年早々から活きがいいや!」うひゃひゃ!何言ってんだぁ。2002年2発目のツボ!
SHIGEさんは、正月な曲を速弾きしてくれたよ。(タイトルは分かりません(^^;)
JIROちゃん、口にピック銜えてチョッパー!めちゃかっこいい!!
HISAくんは、久々に光線銃でギター鳴らしてた。
TAKUちゃんも鮮やかにソロを決める!君らは何でこんなにかっこいいんだぁ!
TE「カモン!TAKURO!!」でYoung oh! oh!に戻る。

TE「もっともっと一体感を味わおうぜ!大声を出すと気持ちいいだろ!みんなで歌おう!
生きてく強さ!!」
ステージ上を走り回って煽るメンバー!札幌ドーム全体が1つになって
揺れてたよ。モニターに、ベースをアンプに押し付けてブィ〜ンと鳴らすJIROちゃんの
後姿のアップが!真後ろから見るトゲトゲ頭も新鮮!
「うぉー!!札幌!!行くぜっ!!」『SHUTTER SPEEDSのテ−マ』
盛り上がりまくる会場!

TAKUちゃんのギターに続いて、「ラスト〜!!!ACID HEAD!!」花道先端に来て
煽りまくるTERU!♪ふらつく胸元にBeatを刻め〜の所で、自分の左胸を揉みしだく!
うきゃ〜!!せくすぃ〜!!エロい!!お約束の場面では、1台のカメラを指差して
決めておいてから、それに向かって投げちゅう!きゃ〜きゃ〜!完璧に壊れた!(^^ゞ
HISAくんソロの所では、画面にHAPPY NEW YEARの文字が!HISAくん、いっぱい
コーラスしてくれてたよ!ステージから花火が上がり、TERUのジャンプと共に特効ドカン
でライブ終了!

最後にステージ上を全員で移動して挨拶してくれるでしょ。まず1塁側端の階段でイェイ!
の掛け合いを繰り返し、ミニ花道にみんなで移動と思いきや、TAKUちゃん1人で3塁側に
向かって猛ダッシュ!
途中からみんなも追いかけ始め、競争モードに突入!走る走る!元気だねぇ(^^ゞ。
結局、HISAくんがTAKUちゃんを追い越して1番になってた!意外だぁ!
みんなの楽しそうな笑顔が満載で嬉しかったよ。

TE「さんきゅ!!今年1年も楽しくしようぜっ!ありがとう!!」
HI「ありがとう!明けましておめでとう・・・ございました!」きゃわゆい!!
JI「わ―――!!!」
TE「北海道まで来てくれたみんな!ありがとう!!2002年1発目のライブ!
すげー楽しい思い出になりました!!」

TAKUちゃんも何か言ってくれたのかな。聞き取れなかった(^_^;)。ステージ袖にはける時、
両手を左右に広げるTAKUちゃんのポーズを真似するJIROちゃんが可愛いかったよ♪

すぐにエンドロールが流れ始めたんだけど、アンコールコールは止まらない。結局2度目の
アンコールはなく、特効が炸裂!終電の時間が決まってるから仕方ないのは分かってるけど、かなり残念だった(-_-;)。この札幌ライブにしか行けない人には、不満が残るのでわ。
因みに、2年前のようなカップラーメンの配布もなかったです。年越しの瞬間を、
GLAYとファンのみんなで共有出来ただけで、幸せなことなんだけどね。


私のドームライブは、これで終了!GLAYと一緒に迎えた2002年は、去年以上に
GLAY尽くしな1年で、楽しく幸せなことがいっぱいあるとイイなぁ。これから参加の
みなさまも、思いっきり楽しんで来てね!!
毎回まとまりなく長過ぎるレポを、最後まで読んでくれてありがとうございました!



【GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”】
会 場:名古屋ドーム
REPO:真悠
DATE:2002/1/5
GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”
1.ALL STANDARD IS YOU
2.嫉妬
3.WET DREAM

TE 名古屋〜!2002年1発目〜!
  勢いでいきたいと思うんだぎゃ〜!
  協力してくれるか〜?
  スタンド〜!がんがんぶつけてくれよ〜!
  アリーナ!がんがんいこうぜ〜!
  名古屋〜!激しく名古屋ドーム揺らそうぜ!
  まずゆらしてみよっか?ねっ!
  次のナンバーで行くぜ!


4. PRIZE
5. 君が見つめた海
6. Fighting sprit


TE THANK YOU!2001年いろんなことあったけど、
  明るい話題ばっかりの1年になるといいよね。
  自分たちの信じた音楽で大切なものや
  忘れてたものを思い出されていくとうれしい。
  ONE LOVEだよね。ステージからみると、
  みんなの顔が輝いてるよ。ステキな1年になる
  予感がします。ありがとう。結成して、
  いろんなことを伝えたいと思って、それがどんどん
  大きくなるけど、それをさらっと伝えられたら
  いいなと思います。みんなが帰ってから思い出せて
  みんなから広がっていくといいな。みんなに
  「大丈夫」といえるナンバーです。


7. ひとひらの自由
8. HIGHWAY NO.5


JIROさんソロ  ソ゛ンヒ゛

9. mister popcorn

JIROさんのメンバー音比べ
TOSHIさん→SHIGEさん(音が取れなくて適当びきになった)
→HISAさん(最後、JIROさんの音程と違った)→TAKUさん
(最後ACID HEADのイントロ)→TERUさん(JIROさんの音程に
合わせてYEAHで叫ぶ)その後客席にも同じ様にJIROさんが音出して、
それに合わせてYEAHをやる。
JI 今日のお客さんオンチだね。。。

10. 電気イルカ奇妙ナ嗜好

HISAさんソロ  バトロワ
サイド花道降りる

11. VIVA VIVA VIVA

TE YEAH!みんなどんなお正月迎えましたか?
  聞いてみたいけど、みんなに聞くと時間かかるので。
  GLAYはね、札幌でLIVEしたんだけど、すげーいいLIVEで
  今日もすげーいいLIVEだぜ!すげーいい年になる予感が
  するよ。そう信じるとそういう年になるんだよ。
  なんかあってもGLAYLのLIVE行くからいっか!って。

  (会場拍手)拍手?それでは、楽しみに待っててくれた
  みんなに新曲をやりたいと思います。春にむけて、
  切ないけどほっとさせてくれるナンバーです。


12. WAY OF DIFFERENCE
13. 夢遊病
14. Christmas Ring


TE 名古屋こんな感じだったっけ?なんか不思議な拍手で
  迎えてくれる名古屋が好き。。。2年前はね、Y2Kとかで
  2000年になるってことで、2001年もやったーって思って、
  2002年はLIVEで迎えられて、3年連続でいい年だよ。
  みんなもいい1年、いい年迎えられましたか?ってのも変?
  みんなにいい情報です。今年はLIVEやらないんじゃないかって
  心配してる人もいるかと思うんだけど、安心してください。
  情報はね、FAN CLUBでGETしてください!FAN CLUBの
  勧誘じゃないよ!早く情報がしりたいならFAN CLUBってことで。
  みんな笑顔だねぇ。なんかオレ今日変だよね。つかみはOK!

TA 全然!
TE CHRISTMAS RINGのあとのMCってやりにくいのよ。
TA ナニいってんの?!
TE 名古屋の声でも聞いてみるか!YEAH!(ちょっと会場の声が小さかったせい・・・?)
  恥ずかしいからもっと大きな声で言って!

15. STAY TUNED (多分歌詞とびました)
16. MERMAID
17. THINK ABOUT MY DAUGHTER

TE ラストー!がんがんいこうぜー!

18. GLOBAL COMMUNICATION

アンコール
画面にFAN CLUBの年賀状の画像。音楽もお正月の曲が流れる。
その後、テルビスが画面に。
テルビス テルビスだよー。今年もGLAYをよろしく。
     また遊びにくるからね!MY LADY!


メンバー登場
TE いきなりでびっくりした?
  テルビス、まだひっぱるかって感じですけどね。
  アンコールありがとう。ONE LOVEっていうでっかいテーマを
  掲げて、今伝えなきゃいけないのを伝えるためにドームを
  まわってるんですけど、昔から気付かずに伝えてた
  テーマの曲を聴いてください。


19. HOWEVER

TE OK!ここから、じゃ、また激しいナンバー行くぜ!
  心の準備はOKか?ガンガン行くぜー!スタンド!
  すげー近いからよー!ぶつけてきてくれ!アリーナ!

  
20. YOUNG OH OH!

メンバー紹介 TOSHIさん→SHIGEさん(シニカルのラスト演奏)
→JIROさん→HISAさん(ギターひいたとき音がおかしかったのか、
怒って〔?〕ピックを投げるしぐさ)→TAKUさん→TERUさん

21. COME ON!
22. 誘惑


Wアンコール
画面にメンバーの似顔絵イラスト画像が登場。
おいーっす、名古屋YEAH!を連発。
手をたたくように指示。アンコールと叫ぶように指示。

メンバー登場

TE YEAH!遠くまで聞こえたよ。ありがとね。すげーでかい声だね。
  びっくりした。もっ回聞かせて!
(TERUさん手だけあげて会場YEAH!)
  すごい気持ちいいです。ありがと。えへへ。
  名古屋雪降ったのお正月すぎだね。何十年ぶりかの大雪で
  すげーびっくりした。新幹線とか飛行機とかどきどきして
  来たけど、こんなに集まってくれてありがとう。
  雪が降った街にぴったりの曲です。


23. Winter again

TE それではここでまたこの一体感の中にぐっと入りこむ、
  みんなの記憶に新しい幕張や去年のエキスポとか、
  いい思い出の曲!


24. サバイバル
25. ACID HEAD


終了



【GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”】
会 場:名古屋ドーム
REPO:真悠
DATE:2002/1/6
GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”
1. GLOBAL COMMUNICATION
2. 嫉妬


TE 名古屋ドーム!ずいぶん待たせたけど、
  がんがんぶっとばすからよー!
  ついてきてくれー!みんなの熱で
  いっぱいにしようぜ!!!えへへっ!


3. THINK ABOUT MY DAUGHTER
4. PRIZE
5. FIGHTING SPIRIT
6. 君が見つめた海
7. ひとひらの自由


TE 2002年始まって1週間。これから大変になると思うけど
  音楽がみんなを助ける役割をしてくれたと思います。
  オレたちが音楽を通してみんなの力になれればと思います。
  後ろ向きじゃなくて前向きでいきましょう。ここで新曲を。
  すげー切なくて、でもやさしい曲です。


8. WAY OF DIFFERENCE
9. HIGHWAY NO.5
10. 電気イルカ奇妙ナ嗜好

  (中央ステージの左右にでっかい風船みたいな
   お人形。なんの形かわからなかったです)

HISAさんソロ バトロワ
JIROさんソロ ゾンビ

11. mister popcorn

JIROさん音比べ TOSHIさん→SHIGEさん(スーパーマリオの曲)
→HISAさん→TAKUさん(ACID HEADのイントロ TAKUさんが
うまくどんどんすすんでいってしまうため、JIROさんTAKUさんの
ギターの弦を手で抑えて阻止。TAKUさんもJIROさんのベースの
弦を抑えてお返し)→TERUさん(昨日と同じくJIROさんのギターに
あわせてYEAH!)客席にもYEAH!JIROさん生声でYEAH!

12. STAY TUNED

TE LIVEってすっげー気持ちいいでしょ?曲の世界感、感じるよね。
  この大きな空間でしか味わえないよね。次はこの大きな空間でしか
  感じられない曲です。


13. 夢遊病
14. Christmas Ring


サイド花道降りる

15. VIVA VIVA VIVA
16. MERMAID
17. WET DREAM


TE 20世紀、いろんなことあったね。心に残ったこともたくさんあって
  レコーディング中にN.Yの事件が起こったんだけど、今、
  自分たちが伝えられることを伝えようという曲です。
  ラストナンバーです。


18. ALL STANDARD IS YOU

アンコール
昨日と同じく画面にメンバーのイラストキャラクター。
TERUさんのイラスト「オイーッス」
HISAさんのイラスト「名古屋、YEAH!」
TAKUさんのイラスト「その他、YEAH!」
JIROさんのイラスト「YEAH!」
拍手の指示、アンコールの指示

メンバー登場

TE 一体感がすごいですねー!YEAH!
  すげーハードなナンバーいくぜ!ついてこいよー!
  OH YEAH!

19. ビリビリクラッシュメン
20. 生きてく強さ
21. サバイバル


TE でかい声で歌ってでかい声で騒いで君らもすごいですね。
  受験生の人も大変な中、社会人の人も大変ですが、
  LIVEでがんばってくれたらうれしいなと思ってます。
  それでは冬なんで、大好きな冬のナンバーを聞いてください。


22. Winter again
23. YOUNG OH OH!


メンバー紹介 TOSHIさん→SHIGEさん→JIROさん→HISAさん→
TAKUさん→TERUさん

TE がんがんゆるがそうぜ!!!YEAH! JIRO!!!

24. SHUTTER SPEEDSのテーマ
25. 誘惑


終了



【GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”】
会 場:名古屋ドーム
REPO:真悠
DATE:2002/1/8
GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”
1. GLOBAL COMMUNICATION
2. 嫉妬


TE 名古屋〜!今日最終日!!!思いっきり
  楽しんでいこうぜ!スタンド!アリーナ!名古屋!
  激しくいこうぜ!!この会場をONE LOVEで
  いっぱいにしようぜ!スピードナンバーいくぜ!


3. THINK ABOUT MY DAUGHTER
4. PRIZE
5. Fighting spirit
6. 君が見つめた海
7. ひとひらの自由


TE 正月も過ぎて学生も社会人もそれぞれ忙しいときに
  集まってくれてありがとう。いろんなGLAYのナンバー
  あるけど、今日はみんなのためにだけ歌うっていっても
  いい曲がたくさんあると思います。その中で心を
  いやしてくれるナンバーです。


8. Way of difference
9. HIGHWAY No.5
10. 電気イルカ奇妙ナ嗜好


HISAさんソロ
JIROさんソロ(バンドは今日はシカゴから来たそうです)

11. mister popcorn

JIROさんとの音比べ
TOSHIさん→SHIGEさん(反対にSHIGEさんからの出題?もあり)→
HISAさん(このとき、JIROさんツアーグッズのIDキーホルダーを
とりだして、中のプロフィールを出して見る。その後ポッケへ。
HISAさんと鏡状態で同じ格好をしてまねっこ。)→TAKUさん
(いつもどおりあごに手をやったポーズでお迎え。JIROさん、また
IDキーホルダーを取りだし、中のプロフィールを見ながらうなずく。
このとき、TAKUさんもJIROさんと同じ様に足を出して、TOSHIさんに
ドラム音を要求。でも音ずれる。そして、TAKUさん、JIROさんの
出したお題?の音がわからず、もっ回やってくれと要求。JIROさんが
もっ回弾いたら、TAKUさん、Fu〜っと叫んだだけ。会場爆笑。
その後FATSOUNDSのイントロあり)→TERUさん(LIVE中、メンバーを
うつしてるカメラを借りてJIROさんをどアップに。「どうぞ☆」っと言って、
てるびすのテーマがスタート。てるびす?「DON´T BE COOL!」っと発言。
TERUさんにもどって、たまたま横切った多分スタッフの方が画面に映って
しまったらTERUさん「あの、みんなの顔写したいんですけど・・・」
会場にカメラむけて「あ、映った映った!結構映るもんだねぇ・・・」
カメラをもどして、「はい、ありがとうございました」っと御挨拶。
その後JIROさん生声「うぉぉぉぉぉ!」「やぁぁぁぁぁ!」っと叫ぶ。

名古屋のFM局、ZIP−FMの曲が流れる。
ZIP DJ 落合健太郎(通称 おちけん 以後 お)登場。
TE おちけん、元気ですか〜?
お 元気ですよ〜!このために夕べ眠れなかった!
TE おちけんに来てもらったのはですね、以前名古屋でZIPに
  ゲスト出演したときに、STAY TUNEDのイントロで生DJやって
  という話になりまして。今日実現しました!

お ついにきてしまいました!心臓すごい早いよ。
  倒れそうだよ。すごい人だねぇ。

TE あははは
お 今日のために番組に送られて来たみんなのGLAYへのメッセージを
  持ってきたよ!

TE じゃ、この中の人のメッセージもあるのね?
お 厳選してきた!すごい量だった!まず1つ目。
  (メッセージと送った人の名前読む メッセージは、これからも
  たくさん名古屋でLIVEやって欲しい、ウエーブとかでももりあがりたい、
  といった内容)
TE ○○さ〜ん(メッセージ送信者の方の名前)!あ、いたいた!
  あ?違うか・・・。あ〜!いたいた!

お もうひとつ!おちけんに初めてあったときの印象は?
TE おちけんは普段はしゃべらない!番組始まるとすっげーんだけど。
  小心者だよね。いつもペコペコしてる

TA 華奢なやさ男。番組始まったらすげーパワーで、初めてのとき、
  多分メンバー全員圧倒された。

お 次、これたくさんいただいた質問なんですけど、7日の日は
  何してたんですか?じゃ、これはJIROさんHISAさんに!

HI 大須の鳥居(大須には結構有名な神社があります)の前で
  座ってました!
(と言ってヤンキー座りしてタバコ吸うマネ)
JI 泉(名古屋市東区にある地名)のコンビニの前で
  座ってました!
(とヤンキー座り)
TE オレは名古屋から電車で40分くらいのとこに笠寺っていう
  競馬場
(ほんとは笠松じゃないかなぁ・・・)で座ってました!
  (と、またヤンキー座り)それじゃー、そろそろ行くかー!

12. STAY TUEND

TE おちけん最高!!!いやぁ、久々にゲストよんだから、
  緊張しちゃったね。おちけん、わざわざ来てくれてありがとう!
  こういうのっていいね。名古屋最終日にふさわしいよね!
  みんなにみてもらいたいと思いました。


13. 夢遊病
14. Christmas Ring

花道降りる。いつもと曲が違いました。

15. VIVA VIVA VIVA
16. MERMAID
17. WET DREAM


TE ありがとう!すっごい燃えました。次、ラストナンバーなんですが、
  ONE LOVEをしょって
(しょって?っと思ったら舌がまわらなかった
  らしく、手で違うわっと合図して)
、背負って(と言い直し)
  ドームツアー廻ってるんですが、N.Yとか納得できない話題も多くて
  2002年は明るい話題にしたいという、オレたちの気持ちをこめた
  曲です。みんなの幸せ願わない日はないという、ほんとにそういう
  気持ちの曲です。


18. ALL STANDARD IS YOU

TE 聞いてくれてありがとう。みんなが幸せになれる日を祈ってます。

アンコール
昨日と同様CGの似顔絵が掛け声、拍手を指示。
メンバー登場

TE THANK YOU!名古屋はこの間大雪だったみたいで、イベンターに
  聞いたら何十年ぶりかって
(ここで男の人の声でTERU〜っと声。)
  おたけび、誰?函館や雪の似合う街に合う曲です。冬しかやんないからね。
  聞けた人はラッキーだよ!


19. Winter again

TE 冬しかできないナンバーなんだよね。この時期、ジーンとくるよね。
  自分たちの曲でじーんと来るのもなんなんですが・・・。GLAYの
  世界観だなぁと。それじゃ、久々のナンバーです。知ってる人は
  懐かしいと思うだろうし、新しく聞く人もじーんとくると思います。


20. pure soul
21. HOWEVER


TE オーレー!名古屋最終スペシャル名鑑だね。

21. SOUL LOVE
22. Young oh oh!


メンバー紹介 
TOSHIさん→SHIGEさん→JIROさん→HISAさん→TAKUさん→TERUさん
TE おりゃー!がんがんいこうぜ!もっともっと会場揺らそうぜ!
  すっげーハードなナンバーいくぜ!


23. SHUTTER SPEEDSのテーマ(JIROさんスピーカーにあててベース弾き)
24. 誘惑

TE 封印とくぜ!久々のナンバー!BURST!(TERUさん中央花道に降りる階段、
  一気に飛び降りる)

25. BURST

TE 最高のLIVEだったぜー!

メンバー全員手つないでステージ中央でバンザイ

以上です。長かった・・・。長々すみません。
だいたい6時半ちょうどくらいに始まって、9時30分すぎまででした。
ダブルアンコールはなかったですが、長かったし、
ハードなライブでした。みんな燃え尽きたって感じでした。
とんでるところも多いと思いますがすみません。



【GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”】
会 場:東京ドーム
REPO:あるふぉんす
DATE:2002/1/11
GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”
2002.1.11(Fri)

待ちに待ったONE LOVEツアー東京ドーム!

特に用事も無かったので17:30位に会場に着いた。
グッズでも買おうかな〜なんて思ったら、すんごい人が並んでいて断念。
でも中でも売っててすぐ買えたよ。寒空の下で並んでる人の立場は…。
極貧のためパンフも買わずテルのよそ行きバッグだけを購入♪満足♪

今日の座席は3塁1Fスタンド8列286番。アリーナならEブロックあたりかな。
…ネットフェンスが邪魔である…。ま、いーか。
今回はステージ自体がセットに包まれていて見えない。
18:30過ぎ、客電が落ちる。
センタースクリーンには人の顔のアップが出て来て色々な国の言葉で
「ONE LOVE」と言ってる。
そして!ステージが開いたかと思うと花道先端からTERU登場!!
バックバンドの皆さん(オイ…)はステージにいた(笑)
歓声の中からTERUの歌声が聞こえて来る。
ALL STANDARD IS YOUだ!
アカペラで聴くALL STANDARD IS YOUもいいなあ…。
しっかし照明がキレイだな〜。(どうにも私の駄文では表現できないが…)
続いて嫉妬WET DREAM!そう来たか〜!(どう来ればいいんだよ?)
ちゅーか、照明が点いてスクリーンにメンバーが映ってビックリ!

TERU>>短髪の髪は立ってるって言うか流れてるっていうか…。
     驚いたのは短髪じゃなくて「似合ってるじゃーん♪」と思ってる自分だ(笑)
     カッコイイというより可愛かったな〜。今回の髪型は結構好き♪
     今気付いた、モンチッチ頭です。可愛いぞ〜。
TAKURO>>初めマフラーしててミレニアムみたいって思った。
      いつもとそんなに変わらないけど、痩せたような気がする…気のせいかな。
JIRO>>!?着物??忍者?しかも「赤」???髪型は随分髪が伸びてたね。
     HISASHIみたいに着け毛してるのかと思った。メイクは可愛かった〜♪
HISASHI>>…オイオイ、ステージに盗賊が居ますぜ!リーダー(爆)
       「なんちゅーカッコしてんだよー!」と思わず突っ込んでしまいました(笑)
       しかし、チラチラ生足は健在!そして美しかった…。

TE「HEY!東京ドーム!ドームツアーの最後、東京ドームが始まったぜ!
3年ぶりの東京ドーム!盛り上がって行こうぜ!みんなのパワーを見せてくれ!
ステージにみんなのパワーをぶつけてくれ!ステージからのパワーもぶつけるぜ!
Prize!」

盛り上がって行こう!と言いつつ、TERUってば2番の♪バンダム級の〜♪から
歌詞がぶっ飛ぶ。♪気付かずに狂いっぱなしの日々♪から復活したけど、
JIROが何気に寄ってきて「今のは何でしゅか〜?」みたいにわざと覗き込むと
TERUがばつ悪そうにシッシッてJIROを追い払おうとする(笑)
それでもJIROが「ああ〜ん?」て感じでニヤニヤしながらTERUの顔を覗き込むと
歌いながら「いいのー!」って感じで身をよじって逃げるTERUが可愛かった。
続いて君が見つめた海
これはリーダーのコーラスがすごく良かったな。
そしてFighting Spirit
これはとってもいい曲で聞き入ってるのに、最後の♪生きることは辛いな♪の直前に
「そいつを寄越してもらおうか」っていうPVの敵のセリフが頭の中を駆け巡る…。
キミたちーぃ、どうしてくれるんだーぃ?(河村隆一風)

TE「東京ドーム!盛り上がってるかー!?こうね、今もずっと人生いろんなことに対して
戦ってる人とかもいると思うんだけど、またね、これから戦っていこうと前向きに
思ってる人もいると思うんだけどもね、そんな皆を"大丈夫だよ"って背中を支えて

(さすって?)あげられるようなそんな曲を聴いて欲しいと思います。ひとひらの自由」
この曲に関しては今まで故意にノーコメントで来たけれども(個人的理由。)
今日のは特に想いがこもっていた気がする。TERUもTAKUROも。
HGファイナル以来久々にグッと来た。
私もひとり立ちしたこの曲を黙って見守っていられるようになったしね。
私の大好きな曲とはまた違う意味でGLAYの中で1番大切な曲です。

やって参りました!盛り上がる曲!HIGHWAY No.5!
ちょっと!コレ映像めちゃくちゃ面白いって!!!全員可愛すぎる〜〜!!
(「面白い」では説明になりませんて…)
ちゃんと見せて欲しい〜!しかもステージから客席に向かって伸びる風船?
いつもなら空気が入って天井に向かって伸びるのに、今回は横に伸びたよ!
音楽&視覚でも楽しめたね!
そしてJIROソロコーナー突入!
ベンベケとベースを弾きながら花道へ。と、なんだあ!?花道が動いてるよ!
ステージから花道途中まで動く歩道になってる!(笑)
JI「イエ〜!楽しいゼ〜!」
などとJIROが言ってるそばから、後ろのセンタースクリーンになんか映った。
ロックバンド?パンクバンド?のボーカルらしい。
海外から呼んだ(どこか忘れた)サンダー・ゾンビ?とかいうバンド(笑)
ドラマーが可愛かったなあ。(JIROちゃん似合うなあ…(笑))
そしてセッションが終わって、JIROがステージに戻るんだけど、自分の歩きに
合わせてベースを弾くの。「ベ、ベ、ベ、ベ、」って(笑)そのままドラムセットのところ
まで登って行ってTOSHIさんとセッション。
JIROが弾いたベースと同じようにドラムを叩く。
次にSHIGEさん。JIROが弾いたベースと同じようにキーボードを弾く。
終わると自分の立ち位置あたりから今回のグッズのID貴一(キーホルダー)を
出してキュッキュッとふたを開けると紙が入ってて、それをカメラに向かって
クルクルと開いていくと…「本日のお題」って書いてある!
…ちゅーか、JIRO!マニキュア黒かよ!!(笑)
そしてそのままリーダーのところへ。
リーダーが「俺か?」って感じでJIROと向き合って、ギターを弾くけど、一度
間違って「もっかい!」って再度挑戦(笑)次のお題ではギターでは音が出ない
らしく、ピアノに変えてしっかり弾いてました♪
JIROがウンウンと満足げに自分の立ち位置に戻りまたまたキーホルダーを出して
中には…「本日のお題A」って書いてある!!(笑)
そしてスタスタと不敵な笑みをもらすHISASHIの前に立って、ベースを弾く。
HISASHIがカンペキに弾き終わると「オー」って感じで感心してたけど、なんか
HISASHIの右腕をさわってた。ように見えた。何してたんだ?
何度か繰り返して、次はTERUへ。
そしたらTERUはドラムセットの前においてあったカメラを持って客席を映しながら
JIROとセッションしてる!
TERUとのセッションが終わるとそのままmister popcornへ突入!

今回のJIROソロコーナーは随分長いのね。すっごい笑ったけど。
あんまりJIROが可愛くて。

電気イルカ奇妙ナ嗜好
これは手拍子あり?あってもいいかな〜とは思ったけど。
手拍子あったほうがノリやすそうだったな。
そのままHISASHIソロコーナー突入。
またなんだかよくわからないクラシックの曲にHISASHIのギターが映えます!
うお〜!なんだ!花道の先端がせりあがったよ〜!しかもカナリ高い!
しっかも、HISASHIのギターネックから花火かよ!!
またもやレーザーかと思っていた私が甘かった…。悪かったよ…。
しかし、すごいしかけのギター作るなあ(笑)
ステージではHISASHIならではの手のバルーンが左右に出てた。
そして!!VIVA VIVA VIVA
何が驚いたって、なんだよ!あのステージ上手と下手から降りてくる橋みたいなのは!
しかも…TAKURO側は花火がシャーーーって出てるのにHISASHI側は
なーんも出てません…。なぜ…?
ステージや花道に所々にある柱も背が伸びたりちぢんだり…。
なんだか色々仕掛けがあって面白いぞ!
マジ、エンターテイメントだ!(笑)
TE「ここで新曲を聞いてもらいたいと思います。卒業の季節にぴったりなんじゃ
ないかと思います。Way of Difference」

あいのり主題歌か〜と思っていたら、あとから相方に「私は知らない曲だったから
『おお〜!』と思ってたら隣で、あるはタイトル聞いた途端『…ああ…』ってため息
ついててがっくりしたぞ!」と怒られた…。
だって!ホントに知らない新曲だと思ったのに知ってる曲だったんだもん!
でもこの曲好きだなあ。何いってるかわかんないけど(笑)
そして次に夢遊病&Christmas Ring
夢遊病のユナちゃんのコーラスどうするのかと思ったらTERU自身が歌うのね。
やっぱりこの曲いいな〜。好きだな。
Christmas Ringは教会のろうそくみたいにステージのあちこちに炎が上がって
キレイだったな。
TE「もっとドームを揺らそうぜ!」と銀テープが飛ばされると共に始まった曲は
STAY TUNED
友は必死で手を伸ばして銀テープを取ろうとしてた。ムリです。ココはスタンドです。
それにこのライブはGLAYですよ。LU○AS○Aじゃありません!
銀テープを見ると目の色が変わるのはSLAVE(ルナファン)です(爆)
そのままハードナンバーMERMAID
これがまた!映像が見たい!しかし、ちょっと映像に夢中になってふと、我に返ると
たくてるがイチャついてやがる!
いきなり2人で顔近づけてたら、ビックリするだろーが!(爆)
そしてTHINK ABOUT MY DAUGHTER。…マジで速いっす…。
歌詞に似合わぬこのスピード感。
TE「ラストナンバー!みんなで一緒に!GLOBAL COMMUNICATION」
やっぱりこの曲は盛り上がるね〜。ワクワクするもんね!
TE「サンキュー!東京ドーム!」とメンバー退場。

バラバラなアンコールがかかる中、センタースクリーンに映像が。
ロボットの顔だけがメンバー(アニメ)になってる。
TERUロボットが「ウィーッス!」って言うと一瞬客席が戸惑う(笑)
すると「もう1回」「ウィーッス!」って言うと今度は客席も「イエ〜!」と返す。
それが何度か続いたら、今度は「テヲタタケ」って出て、皆がアンコールするように
手を叩くと「アンコール」って出た!するとみんながアンコールを始めて声が揃って
来たところでメンバー登場!
…面白いことするね。強制的にアンコールさせられるのはあまりいい気は
しなかったが、まあ、楽しめたからいーや。
TE「東京ドーム!みんなのパワーすごいね!次はね、冬の曲をやりたいと思い
ます。冬にしかできない曲なんでね。俺達がすごく大事にしている曲です。
聞いて欲しいと思います。Winter,again」

久々だな〜。この曲は聴くたびに存在感が大きくなっていく気がする。
まさに名曲!!
そしてHISASHIのギターリフを聴いて「ん?」もう一度聴いて「もしや…?」
Young oh! oh!だーーーーーーーーーーーーーーー!!(理性強制終了)
本編でやらなかったから、もう今日はやらないんだと思ってた!
曲を聴けただけでも理性を手放してしまうのに、なんとメンバー紹介付き!?
それってもしや、この4日間ずっと聴けるってこと…?(歓喜の涙)
メンバー紹介があって、(←理性を強制終了しているのでいい加減になっている)
曲の最後のところで花道先端でたくてる仲良し爆発!
背中あわせで歌う2人。ビバ、たくてる。
そのまま続けて口唇
TE「東京ドーム!こんなもんじゃないだろ!もっとドームを揺らそうぜ!SURVIVAL!」
しかーし、たくてる曲のはずのサバイバルでは絡みなし。なぜ?
TE「ドーム!本当にありがとー!!」
とメンバー退場。

しかし、エンディングロールが流れないのでもう一度ある!ということで
アンコール開始。すぐに照明がつく。
TE「みんなの声すごいね!裏で聞いててね、(皆の声が)ビリビリ響いてるんだよ!
もっともっと皆の声を響かせようぜ!
(客席の声が気に入らなかったらしく)
ネッ!!(大歓声に満足そうに)ビリビリクラッシュメン」
ああ、だからビリビリ言ってたのか(笑)
TE「カモン!JIRO!!」
JIRO「わ゛ーーーーー!すげえ、楽しい!行くぜっ!」
SHUTTER SPEEDSのテ−マ
サビでまたもや花道先端にて、たくてる大爆発!
今回は頻繁には絡みはなかったけど、その分濃かったなあ(何が?)
続けて誘惑
最後のジャンプで花火が爆発して終了。
TE「サンキュー!ONE LOVE東京ドームは成功です!(みたいなことを言った)
サンキューを言いながら上手、下手、中央と移動する間、リーダーは何度も
その場にしゃがみこんで嬉しそうに客席を眺めてた。
花道ではJIROが数人のお客さんの手を触ってた!ずるい。
そしてメンバー退場。エンディングロールが流れる。
今回はエンディングロールでも映像が流れるんだね〜。
終わるまで見ていたかったけど、長居できなかったのであまり見れなかった。
早くスタンドから抜け出そうとした途端、ドバァーン!!!!とこれまた尋常で
ない花火の音が…。ひっくり返るかと思ったがな。
やっぱり火薬の量、考え直した方がいいと思うけどな…(笑)

どこか忘れたけど、TERUが上手に歌いながら移動中、トコトコと後ろをついて
いくリーダー。わざとピョコピョコとヘンな歩き方で(笑)
王子ったら随分先に行くまで気付いてなかった。
MERMAIDの時かな、ひさじろがギターとベースの鳴らし合いをしてる時に
後ろではいつものごとく、リーダーと王子がなにやらコソコソ話してた。

さすがにリーダーが太鼓判押すだけあって、楽しかった!
仕掛けと映像で随分遊んでたなあ。
残り3days楽しみです!!
ハイテンションなのと眠いのとで支離滅裂ですいません…。



【GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”】
会 場:東京ドーム
REPO:真悠
DATE:2002/1/11
GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”
1. ALL STANDARD IS YOU
2. 嫉妬
3. WET DREAM


TE 東京ドーム!!東京ドーム!!
  やっと帰ってきたぞ!去年大阪からONE LOVEやってきて、
  東京4日間!東京初日!ガンガンいこうぜ!
  ステージからあおってやるぜ!ついてこいよ!行くぜ!


4. PRIZE (歌詞思いっきりとびました)
5. 君が見つめた海(これも歌詞とびました)
6. Fighting Spirit

TE ありがとうございます。東京ドーム初日、久々の東京ドーム。
  みんなとバンドの気持ちぶつけると、すっげー気持ちいいです。
  自分たちの場所で楽しんでね。毎日戦ってばかりとか、
  これから戦うんだって走ってる人もたくさんいると思うんだけど、
  苦しかったら、大丈夫だよって背中をさすってくれるそんなナンバーです。


7. ひとひらの自由
8. HIGHWAY No.55
(ラストTERUさん投げチューあり)

JIROさんソロ
JI マジで気持ちいいよ!THANK YOU!

9. mister popcorn

JIROさん音比べ TOSHIさん→SHIGEさん(SHIGEさんが弾いてる最中、
JIROさん鍵盤いじって邪魔したり。SHIGEさん終了後、IDキーホルダー取りだし、
中の紙をひっぱりだすと、「本日のお題」とある。)→TAKUさん(途中でTAKUさん、
音を間違えてあごに手をやるポーズで笑い、JIROさんにもっ回やれと請求、
その後また違う音を出して会場も本人も爆笑、JIROさんが弾き直すとTAKUさん、
ギターをおいて、ピアノで演奏、その後またJIROさんIDキーホルダー取り出す。
また本日のお題の文字。HISAさんあごに手をおくポーズでJIROさんを待つ)→
HISAさんTERUさん(GLAYさんうつしてるメインのカメラを取り上げて、
JIROさんをドラムセットの台の上から撮る。HISAさんもJIROさんの横に
カメラに映りに入って来たり。TE あはは!OK JIROさんの音に合わせて
YEAH!で答える)

10. 電気イルカ奇妙ナ嗜好

HISAさんソロ

花道降りる(HISAさん側の花道の特効花火、出ない)

11. VIVA VIVA VIVA

TE YEAH!さすが東京ドーム!やっぱりみんな1人1人の声が重なって、
  でっかいホールうめつくすのって気持ちいいねっ!
(会場 YEAH!
  と答えた・・・はず)ねっ!!YEAH!GLAYパワフルになって帰って
  きたぜ!地方も見に来てくれた人もいると思うけど、東京のパワーも
  感じて欲しい。ここで新曲いきましょう。これから卒業とかあるけど、
  別れの中から生まれたものを表現したので聞いてください。


12. Way of difference
13. 夢遊病
14. Christmas Ring


TE 東京ドームの景色は3年ぶりだぜ!ずらーっとたくさんの人がいて、
  1人1人の気持ちや声が届いてすげー楽しいぜ!THANK YOU!
  みんなで歌って1つになれるナンバー!OK?東京ドームは
  こんなもんじゃない!!もっともっと!!YEAH!


15. STAY TUNED
16. MERMAID
17. THINK ABOUT MY DAUGHTER


TE 東京ドーム!!ラストナンバーいくぜ!ガンガンゆらそうぜ!

18. GLOBAL COMMUNICATION

アンコール
名古屋と同じくCGのお人形。名古屋YEAH!のとこが東京YEAH!になってました。
GLAYさん登場

TE すげーなぁ。あ・・・あ?(多分舌がまわらなかった)ありあまってるPOWER、炸裂!
  みんなの声だけで会場ビリビリ言ってるのよ。それではアンコールにお答えして、
  冬の歌です。ドームツアー冬にやってるんですけど冬しかできない、大切なナンバーです。


19. Winter again
20. Young oh oh!


メンバー紹介 TOSHIさん→SHIGEさん→JIROさん(生声でWOO〜っと叫ぶ)→
HISAさん(お人形かなにかわからないんですが、手だけの動くもの、なんか
ミッキーの手みたいなもの・・・よくわからなくてごめんなさい、で演奏)
TAKUさん→TERUさん(JIROさんが変わってon VOCAL?と会場にふる。
TERUさん歓声に片手倒立でこたえる)

21. 口唇

TE もっともっとガンガン揺らしていこうぜ!一体になろうぜ!

22. サバイバル

ダブルアンコール
メンバー登場

TE 東京ドームゆらそうぜ!

23. ビリビリクラッシュメン

TE オラァ!もっともっとゆらそうぜ!激しくいこうぜ!

24. SHUTTER SPEEDのテーマ
25. 誘惑


TE ONE LOVE1つまた達成できました。ありがとう!



【GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”】
会 場:東京ドーム
REPO:ともら〜
DATE:2002/1/12
GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”
いよいよ待ちに待ったONE LOVEツアー!!
席もアリーナA2ブロックで前から5列目だったから肉眼でも
かなりよく見えたよ♪更に一番右側の場所と右側の花道にも
近かったからかなりよい席だったね!!\(^0^)/

今日の衣装は・・・。

TERU・・・黒の革ジャン、黒のスカートパンツ。
      髪型はサル系!?中途半端な感じだったなぁ!!
      立ってるのやら流してるのやら説明しづらい・・・。

JIRO・・・グレイの着物みたいな感じ!?帯付いてたし!!
      目の下には星が2つ付いてた!!
      髪型はアロエヘアーでたてがみみたいのが付いてた!!
      なんか自分的にはJIROがあゆに見えたよ!!似てた!!

HISASHI・・・なんかドイツの軍曹みたいな格好してた!!
        渋い緑のロングコート!!地味だった。

TAKURO・・・上下赤。以上。


約15分押しでスタート!!
真ん中のスクリーンに丸い顔が出てきて「ONE LOVE」って言ってた。
真ん中の花道より六人登場!!拳を振りかざしながらメインステージへ!!

1.GLOBAL COMMUNICATION
いきなり爆発!!かなりびっくりした!!
2. 嫉妬
ヒサシのソロで特殊な機械使ってた!!なんじゃあれは!?
毒ロックで使ってたような感じだったよ・・。
MC
TE「昨日も凄かったけど今日もスゲエぜ〜!!もっともっと熱くいこうぜ〜!!
今日は内気な人もいると思うけど恥かしがらないでね!!もし恥かしいなら隣の人を
見てごらん!!危ない人もいるから(笑)」

3. THINK ABOUT MY DAUGHTER
TERU&HISASHIのセッションでスタート!!かっこよかった!!
4.Prize
TAKUROが右側に来て階段に登って客をあおる!!
間近でみると微妙にキムタクに見えたの自分だけ!?
カッコよかった!!
5.Fighting Spirit
TERUがアコギを持ってた!!とまどいとI’m in Loveだけじゃなかったのね!!
自分の位置からちょうど火が出る柱が邪魔してTERUが見えなかった(泣)
TAKUROしか見えなかった!!TAKUROはダブルネックのギターだった!!
JIRO&HISASHIは完全に見えなかった!!(悲)
6.君が見つめた海
ドーム天井が海の照明で照らされてた・・・。ちょっと感動・・・。
途中のところでタクロウが歌ってたなぁ・・。あれはありなのか!?
でもあれはあれでよかったかも!!
7.ひとひらの自由
最後の方の「Don’t Worry〜」のところがアレンジしてて、なかなか
よかったよ!!さすがって感じ♪

MC
愛についての大切さを語り
TE「今日は新曲を用意してきました。聞いてください」
8.Way of Difference
間奏のTAKUROのギターが熱かった!!
イイ歌だ!!感動したよ!!テルビスさん♪
9.HIGHWAY No.5
すぐ前から長い風船が出てきた!!スクリーンには意味不明なGLAYの
スナップ映像が!!途中でJIROが歌ってた!!あれはイイね〜!!
JIROはイイ声してるよ!!ホントに♪
10.電気イルカ奇妙ナ嗜好
風船が凄い力で戻される!!引っ張り返しても駄目だった(T T)
スクリーンにはピエロ集団が!!TERUが最後の英語の部分をみんなに
あおって歌わせる!!給料減らすぞっ!!サボるな!!と思いつつも
爆声で歌う自分( ̄□ ̄;)!!

☆HISASHIソロコーナー
中央でギターを弾くヒサシ!!ギターから火が出てた!!熱くねーのか!?
ヤケドすんなよ!!と心配してた様な気がした!!多分・・。( -_-)
☆JIROソロコーナー
サンダーゾンビ!!よく見たら全員JIROじゃね〜か!?と独り悩む・・・。
ここでJIRO失態!!サンダーゾンビとの会話に異変が!!
JIROが喋り終わってないのに喋りだした!!JIROとサンダーゾンビの会話の
間がおかしかった!!もっと会話の間の練習しとくようにね!!JIRO君♪( ̄〜 ̄)ζ
11.mister popcorn
間奏でメンバーとの対決!!TOSHI、SHIGEとは不意をついて音を合わせ対決!?
(意味不明!?)トシ&シゲなかなかやるなぁ〜!!p(^^)q
HISASHI、TAKUROとはこの音をマネして弾いてみろ対決!!(これも意味不明!?)
この二人は常にJIROを超えた事をしてくれてたなぁ〜!!尊敬!!(*^0^*)
TERUとは声量対決!!JI「うぉ〜!!」TE「うお〜!!」
JI「俺のほうがすげ〜!!」テル喉にしゅっしゅをやって「俺のほうがすげ〜!!!!!」
テル圧勝!!さすがTERUだね!!かっこいい!!髪型はイマイチだけど・・・。(-_-)/
とすかさずTOSHIにふる!!TOSHIスキ無し!!JIRO形無し!!
かなり笑わせてもらったな!!このコーナー!!最高!!

12.STAY TUNED
最初の英語ラップで外人さん登場!!そのあと大爆発!!
かなり焦った!!ビビりなんで!!m(- -)m
MC
今日は昨日よりスゲエよ的な事言ってた!!
13.夢遊病
女の子のパートはTERUが歌ってた!!てっきりタックンが歌うと予想してた!!
14.Christmas Ring
火が柱から噴射!!端から見るとTERUパンツ焦げてない!?と思った!!
途中でタックンがいない!?なんで!?トイレか!?
15.VIVA VIVA VIVA
いないと思ってたタックンが右の花道から登場!!そんなとこに隠れてたのね!!
心配させんじゃね〜!!でもかっこいいか許す!!
16.MERMAID
やっぱこの曲のギターはかっこいいね!!
17.WET DREAM
CD版よりかはスローテンポ!!ヒサシはエキスポのビデオと同じギターを使ってた!!
MC
TE「今日は昨日より凄いよ!!ホント凄い!!」的な事いってたかな!?
TE「それでは最後にこの歌を聴いてください・・・。」
18.ALL STANDARD IS YOU
アカペラじゃなかったな。この歌は最初に聞きたかった(ToT)
自分的には最後は盛り上がり系がよかったりすんだよね!!
でもアリかな!!
TE「ありがと〜!!東京ドーム!!ホントに楽しかった!!」
GLAY去る・・・。

スクリーンにロボットが!!顔がGLAYのメンバーに次々と入れ替わって
アンコールと言わせる!!ある意味洗脳か!!?

GLAY登場!!
TERU・・・黒のONE LOVEのTシャツ
JIRO・・・キャラメルの赤Tシャツ(多分)
TAKURO・・・黒のONE LOVEのタンクトップ(ワキゲが見えた・・。薄いのねタックン♪)
HISASHI・・・白のTシャツだったかな!?

愛の話をして(完全に忘れました!すいません。)
1.HOWEVER
この曲は3年前の東京ドームぶりに聞いた!!おかえり!!
今日のテル声はよく出てた!!すばらしい!!
2.Young oh! oh!
メンバー紹介!!
3.グロリアス
JIROハモリまくり!!
4.誘惑
最初にお決まりのお姉さん登場!!
TE「サンキュウ!!東京ドーム!!」
GLAY退場!!

結構スグにGLAY登場!!
JIROだけキャラメルTシャツから黒Tシャツに着替えてた!!
TE「アンコールありがとうございました!!」
TE「今の冬の季節にスゲー合ってる曲があります!!聞いて下さい!!
  あえて題名は言いません」

なんでやねんと思ったけどすぐわかった!!
まさかMissing Youではないとは思ったけど・・。
1.Winter,again
この曲も3年前の東京ドームぶりに聞いた!!おかえり!!
やっぱこの曲は神秘的だね!!

TE「カモン!!JIRO〜!!!!!!」とJIROを呼ぶテル!!
2.SHUTTER SPEEDSのテ−マ
3.ACID HEAD

間近でみるテルはかっこいい!!でもエキスポの髪型の方がスキ!!
でも超カッコええ!!
最後は大爆発にて終了!!
TE「絶対また会おうなぁ〜!!スタンド〜!!アリーナー!!東京ドーム!!」
左、右、真ん中と客に挨拶!!
GLAY退場(悲)

ONE LOVEが流れて最後に大爆発!!
これには1番驚いた!!エキスポの時にも同じ事でビビったのに!!(悔)
くっそ〜!!次はビビらんぞぉ〜!!おぼえとけ〜!!



【GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”】
会 場:東京ドーム
REPO:あるふぉんす
DATE:2002/1/12
GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”
2002.1.12(Sat)

のんびり相方と昼食を食べていたら、ゆっくしりしすぎて時間がなくなって携帯メールを
くれた友達には会えずじまい…。ゴメンナサイまた会って下さい(^^;)

今日は2階席。まるで武道館の上層部のような急な階段で怖かった。
おー、見晴らしがいいな〜(苦笑)
センターより微妙にTAKURO側だったけども、なんと音響がセンターに重なって、
「TERUが!!」見えない…。サイアク〜…。スクリーン見るしかないのね〜。
待ってる間、昨日は「TAKU ME NIGHT GLAY」をやっていたけど、今日はなかった。
フツーに音楽が流れてるだけだったなあ。

17:10過ぎに照明が落ちた。
ウキウキと双眼鏡で花道先端にTERUが出てくるのを待つ♪
出てきたー!!うおっ!今日は4人並んでる!!びっくり!
最初4人が花道に出てくるとは思わなくてステージ下手で手をあげてる人がいて
「TAKURO?」と思ったらTOSHIさんでした(笑)

TERU>>今日も同じ真っ黒。モンチッチTERU(笑)可愛いって絶対!
TAKURO>>今日のスーツは赤だ。まるで3年前のドームみたい。使いまわし?(笑)
JIRO>>黒の忍者だ(笑)昨日と同じく髪は立ってる。付け毛ありで。
HISASHI>>カーキに赤の衣装。お、今日は盗賊じゃないじゃん(笑)

TE「OK!東京ドーム!!みんなのパワーをぶつけてくれ!飛ばして行くぜ!(かな?)
GLOBAL COMMUNICATION!」
おおっと!今日は昨日とは逆のセットリストですか!!
いきなりテンション上がる。そのまま続いて嫉妬
TE「もっとみんなと盛りあがれる曲をやりたいと思います。カモン!HISASHI!」
TERUとHISASHIが向き合って始まったのは、THINK ABOUT MY DAUGHTER
そしてPrize。今日は間違えなかったな(笑)
Fighting Spirit君が見つめた海ひとひらの自由と続く。
ひとひらはいつも心の中では正座する位の気分で聞いてるんだけども、今日は違った。
♪wow〜人は孤独だ〜♪のwow〜の息が!!なんでそんな色っぽいの!今日は!!
いつもの♪ウ〜ゥ♪じゃないの。♪ウ〜ンハァ♪(←うーん表現できん)なんか悩ましげな
息なの(笑)
聴くたびに「おわ〜!」ってゾワゾワしちゃったよ!煩悩に走っちゃったじゃないか!(爆)
TE「(うんにゃらかんにゃら言って)みんなにね、大丈夫だよって言ってあげたくてね。
それで、次は新曲を聞いて欲しいと思います。Way of Difference」

…演奏はまだいいとして、TERUのMCになるとあの独特のボソボソ声が反響してか、
何言ってるかわかんないのだ。
この曲はキーが高くてTVで歌うとき、TERUは苦しいだろうな〜と思いつつも、この高さの
TERUの声がやっぱり1番キレイだなと思って、リーダーがこのキーを使おうとするのが
わかる気がしたよ。
そしてHIGHWAY No.5!今日は映像に集中するぞ!と言うことで曲や手振りを無視して
双眼鏡でスクリーンがぶりつき!(笑)何度見てもかわいい!PVにしてくんないかな〜。
最後、TERU、JIRO、TAKUROと海に飛び込んで、なんでHISASHIは帰るんだ?(笑)

続いて電気イルカ奇妙ナ嗜好
アレっ?JIROのソロに行くんじゃないんだ。今日はHISASHIソロから?
HISASHIのソロが終わってせり上がってた花道先端が戻る時のあの音が好き。
よくアニメとかで機械ぶっ壊した時とかに出る「EMERGENCY発動」みたいな音(笑)
わからんって。
そして出てきた、バンド、サンダーゾンビ(笑)
JIRO「昨日も盛り上がったんだけどね、今日はもっと盛り上がって行こう!
(サンダーゾンビは)俺の友達なんだよ。わざわざね、来てくれたんだよ。
えっとー…ロスから!(笑)」

今日はロスなんだ(笑)
mister popcorn。そしてベース対メンバー対決(笑)
TOSHI、SHIGEと来てHISASHI。JIROが両手にグッズのキーホルダーを持って
揺らしながら「どっちにする?」ってHISASHIに差し出す。
HISASHIが「こっち」と右手を差して決定。中の紙には「本日のお題」と書いてある。
一度音を間違えて「あらっ?」って笑うHISASHIや、弾き終わったあと、「オー」と
お互い指差してみたり、可愛い二人だった(笑)
最後にはHISASHIがジャンッ!てギターを鳴らしてTOSHIに振り向くと、ちゃんと
同時にドドンッてドラム鳴らしてくれた。さすがTOSHI。
次にリーダー。キーホルダーに入っている紙には…「今日の天気(曇りマーク付き)」。
そしてTERU。今日はマイクスタンドを持って来た。
大歓声の中JIROが口元に人差し指を当てると会場がシーンとなって、マイクを通さず
JIRO「わーーー!」
するとTERUも負けじと
TERU「わーーー!」
TERUの方が声がでかかった(笑)
JIRO「俺の方がでけえぞー!!」
TERU「俺の方がでけえぞーー!!」
TERUの勝ち(笑)
"参りました"とお辞儀するJIRO(笑)が可愛かった♪
するとマイクスタンドを持ってバッとTOSHIを振り返るTERU。しかーし、TOSHI反応なし。
会場大爆笑。TERUも「あらっ」って感じでテレ笑いしてた。反応してやってTOSHIさん(笑)

そしてDJさんの映像が流れてSTAY TUNED
TERUのMCが入って夢遊病。(ここのMCどうにも思い出せない)
そのまま続いてChristmas Ring。続いてVIVA VIVA VIVA
TE「昨日もね、すごい盛り上がったんだけど、今日はそれに増してすごいね!
スタンド!
(ワー!)アリーナ!(ウオ〜!)…すごいね(笑)」
スタンドは自分も叫んでるからよくわからないけど、アリーナの声はすごかった!
男性陣が多かったのかな?ワーとかイエーとかじゃなくて「ウォー!!」だもん(笑)
TE「それじゃもっともっとドームを揺らそうぜ!MERMAID!」
またまた映像に釘付け。やっぱりあの白い帽子被ったTERU好きだなあ。
あーゆーメイクなら濃くても好き。キレイだもん。一時期の美しいTERUを思い出した(笑)
そのままWET DREAM。まだやってなかったことにも気付かなかったよ。
TE「うんにゃらかんにゃら(←MC全滅…)"あなたの幸せ願わない日はない"ということで
聴いてください。ALL STANDARD IS YOU」

今日のバラードのTERUはモンチッチにもかかわらず(笑)色っぽかったわあ♪
TE「東京ドーム!サイコーに楽しかったぜ!ありがとう!」

アンコール中、2階席3塁側からウェーブが起こる。
今日の会場はハイテンションだな〜と思いつつ飛んでみる(笑)
波が戻ってくる前に強制アンコールの映像が始まった。邪魔すんなよー(笑)
TE「大きなアンコールありがとう。今回"ONE LOVE"っていうテーマでね、アルバムを作って
ツアーをやっているわけだけども、GLAYはもっと前から"愛情"と言うものを歌っていてね、
1番売れた曲ですね。HOWEVER」

…来るかなっ♪そろそろ来るかなっ♪ウキウキ。来たー!!(喜)Young oh! oh!
今日は飛び跳ねて狂ったりしませんよー(笑)(昨日そうだったのか…)
TE「それじゃ、メンバー紹介行くぜ!」
そういや、昨日のメンバー紹介のボーカルの時、JIROがTERUのマイクを奪い取って
JI「ボーカル!(会場:TERU〜!)ボーカル!(会場:TERU〜!)ってやったっけな。
今日はないんだ。そして昨日より一人一人の持ち時間が"微妙"に長かった(笑)
グロリアス誘惑と続く。

またまたアンコール中ウェーブが起こる。声もよく揃ってたな。
メンバーが出て来て、まさにドームが割れんばかりの大歓声が起こる。
TE「……スゴイね…。スタンド!(イエー!!)アリーナ!(イエー!!)イエー!(イエー!)
両手をあげて目をつぶったままじっとしてるTERU。
TE「…なんかもう言葉にならないね。なんかね、みんなの声がこう、頭の上から降ってくる
感じなんだよ。すごいね。次に聴いてもらう曲はね、GLAYが大事にしてる、冬の曲なんだ
けどもね。タイトルは、あえて言いません!」

Winter,again
TE「カモン!JIRO〜!」
ベベヨ〜ンとベースを鳴らしてJIROセンターへ。なんか言ったけど忘れた…。
SHUTTER SPEEDSのテ−マ。おやっ!?いつもの例の曲につながる伴奏が聞こえてきたぞ!
もしや…?リーダーがギターを弾きながら上手、下手、センターとまわって。
TE「ラストー!ACID HEAD!!」
おお〜!!やってくれるのかー!久々に飛んだ、飛びまくった!
TE「ホントにね、今日はすげえいいライブで、みんなの声を聴いてるとね、2002年がいい年に
なりそうなそんな気がします。」

なんかもっと、いいこと言ってたんだけどな〜、もう忘れちゃった…。
ライブ中「今日はいいライブだ!」って何度も言ってくれた。

今日はTERUの立ち位置がまったく見えない&ステージ遠すぎっていうこともあって、
ほんどスクリーンを見ていたから、細かいしぐさとかはチェックできなかったけど、たくてるは
よく花道や上手で「人」の字になりながら歌ってました(笑)(TERUがTAKUROに寄りかかってる)
あっさり仲良しって感じかな。(←なんとなく物足りなかったらしい(笑))
そうそう!今日のVIVA VIVA VIVAでは下手の橋、ちゃんと花火出ながら降りてきた(笑)
昨日は失敗したんだね。

しかし、今回沢山のメンバー出演のライブ用映像を見て思ったけど、GLAYさん忙しいって…、
こんな映像いっぱい撮ってるからだよーーー!(笑)
映像はすごく楽しくてよかったけど、見ながら「休んでくれよ…」とちょっと思った。
サービス精神旺盛すぎ(笑)
でもホントに今回のドームはエンタテイメントが素晴らしかった!
是非ともDVD化する際には隠し映像でもいいから、今回の映像(特に5番と人魚)
全部入れてくれ!(願)



【GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”】
会 場:東京ドーム
REPO:まるまる
DATE:2002/1/12
GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”
東京ドーム 1/12

2年振りの東京ドーム。今回TAKURO側A16ブロックって事で、またまた
センターからは遠い…ので、こっち側にアピールした人ばかりのレポになりまする。

OP後、センターに現れたG4!ゆっくりとステージへ移動する。

TERU→黒のレザー上下。スカート付き。髪がちょい短めに見えたのは気のせい?
TAKURO→上下赤のレザー。インナーのTシャツも赤。今回はスカーフなし。
JIRO→上下黒に白っぽいラインの服。髪立てて裾がめちゃくちゃ長い。
HISASHI→カーキ色、赤ラインのスーツ。マフラーなし。

すごく明るいステージで始まった『GLOBAL COMMUNICATION』!メンバーのノリも
すごく良くて、「♪夜明けの〜♪」の辺りでTAKURO、軽やかにステップ踏むし、
「♪情熱のままに〜♪」の後はTOSHIの方からTERUがジャンプ!
やっぱりジャンプ位置高―――い!
『嫉妬』でTAKURO移動。いつもは3曲目くらいでアピールに来るのに今回早い!
しかもセンターからいきなりダッシュ!お立ち台に来て柵に座る、足架ける、小さく投げチュ―する、
アピールだらけで倒れそう。
TERUのMC。「東京ドーム!スタンド――――!ガンガンぶつかっていこうぜ――――!
        アリーナ―――――!ぐるっと見渡してみろよ!こんだけのパワーが集まっ
        てるぜ―――――!!東京ド―――――ム!もっとでっかいパワーを見せて
        くれ――――――!えっとですね、今日見に来てくれた人で、内気な性格の人に
        注意します。恥ずかしがらずに楽しく盛り上がって下さい!もし、恥ずかしいなと
        思ったら、隣の人を見て下さい(笑)OK!?カモン、ヒサシ!
(ここ、すごい
        カワイイ言い方だった)

『THINK〜』ではラストの「♪I still think〜♪」の所でHISAとJIROの
リズムの取り方が同じだったのが印象的(足でリズム取ってたのが横並びで揃ってたの)
簡抜入れずに『Prize』!HISAが少しずつ、少しずつTAKURO側へ来ながらアピール。
でも、端っこのお立ち台までは来ず、指で小さく「come on!」のポーズをとって立ち去る…ふと、ステージ中央を見ると、TAKUROがギター抱えてモデル立ち――!
少し間をおいて『Fighting Spirit』。ラストのバックコーラス歌うTAKUROの顔が切なげ―…いつももう少し大きく聞こえてたコーラスがちょい小さいのか聞こえにくい。次のソロ、大丈夫かなと思いながら聴いた『君が見つめた海』。これはよく聞こえました。すごく頑張ってるかも〜〜。
この時はTERUのリアクションも印象的で、「♪君にもし羽があれば♪」では会場をぐるっと指差してから小さく羽のポーズ。「♪君だけがいつも微笑んでた♪」では手を大きく上下に動かしていつもと違う勢いを感じました。そして、ラストでふっと見せたTERUの笑顔が素晴らしく良かった。

今回、ワタシの席からはセンターのビジョンがあまりよく見えず、その代わりと言っては
なんだけどステージはよく見えました。なので、直接本人を見てたのだけど、『ひとひらの自由』できっといつもしてるであろうマイクスタンドに倒れこむ仕草がホントに倒れこむんじゃないかと
思うくらい勢いあってびっくり。この日のラストの「♪wow〜〜♪」の歌い方はすごく色気のある
ブレス(?)で、背中の毛が立ちました。最近聴き慣れてきた曲だけどまた改めていいとこ
見つけたって感じ。
TERUのMC。「え―――…すげえ気持ちいいです。ステージで確認してたメッセージが
        吸い込まれていく様な感じがします。去年はホントに色んな事件があって、
        愛情とかそういうのを考えていく中で、今回のツアーで『ONE LOVE』を
        提示しているんですけども、どんなものか考えてね、何の為、自分の為に、
        皆の為にって考えたらもっと『ONE LOVE』に近付けるんじゃないかな?
        皆のその空気を持っていけたらって思います。
(拍手)今日は、ぜひ楽しんで
        いって欲しいと思います。で、これから新曲をやるので、聴いて欲しいです。
        すごく優しい曲なので、今日来てくれた皆の為に歌います。」

『Way of Difference』ラストが少し苦しそうに聞こえたけど、
切なげな雰囲気にはいいかな?
やっぱり映像が見れない『HIGHWAY No.5』。バルーンまで出てきてジャマ〜〜(泣)
でも、HISAとTAKUROが一緒にTAKURO側でアピールしてた。珍しい…
ピエロのビジョンが出て『電気イルカ〜』。相変わらずセンターでTERUとTAKUROが仲良く
アピール。ちょっと見にくいのでステージ見ると、空気の手(のようなもの)で遊ぶHISA、
カワイイ〜〜v
対象的に反対側のJIROは何もせず、いつも通り演奏してました。
個人的に名古屋以来大注目のHISAソロステージ!ステージに出てきていきなりしゃがみ
込んで生足が丸見え!そのままモデル歩きしながらセンターの動く歩道へ。ここではずっと
立ったまま。
華麗な舞いを披露した後、上昇ステージへ。ここでは笑顔もチラリ。それもHISAならではの
ニッコリ、とした笑み。すごい爽やか〜〜な感じでした。

続いてJIROソロ!こっちは元気よくステージ階段からジャーンプ!センターへ。
センターの先頭ですぐベースかき鳴らす。
「Yeah――――――!!東京ドーム!初めての人もそうでない人も、ドーム中俺達の
もんだぜ―――!昨日も盛り上がったけど今日も気合入れてガンガンいこうぜ―――!!」
「皆の声聴かせてくれ!」
と煽るJIRO。そして、相変わらず『サンダ―ゾンビ』とのやり取りは
見てて楽しいです♪生き生きしてる、JIRO。
その流れで『mister popcorn』へ。HISA側で煽っていたJIRO、途中でゆっくりステージ
中央へベース鳴らしながら移動。ここからお遊びコーナーへ。

 TOSHI→最初、いつもと違うドラム音(おそらくボンゴだと思う)でJIROと合わせる。
       2〜3回でいつものスネアドラムで、ちょっとズレるけど、すぐにバッチリ合わ
       せてまたポコッ、とボンゴで反応。ズレた時にJIRO、『チッチッ』という指ポーズ
       (カワイイ〜)
 シゲさん→JIROが指差して、シゲさん笑う。最初は連続音で音合わせ。続いてJIROが
        ベースのネックを両手で叩くと、シゲさん両手で鍵盤をバンッ!続いてJIROが
        頭と両手を使って叩くと、これまた負けじと同じように鍵盤叩き。
 HISASHI→JIROがHISAに指でちょいちょいとお招きポーズ。
         IDキーホルダーを取り出して『本日のお題』(笑)弾き合ってからお互い
         指差し合ったり、同じポーズで弾き合ったりとすごく嬉しそう♪最後のお題で
         HISA悩む…が、『毒ロック』でした。
 TAKURO→またも取り出したるIDキーホルダー。『日中の天気晴れ→曇り』(ホントは
        晴れマークと曇りマークで絵が書いてあったの)それ見て笑う2人v
        『ACID〜』のイントロでポーズ!TAKUROもさすが、いつもやってる
        本人だけあって、ポーズ!キメッ!
        JIRO、早弾きして「Yeah――――!」。TAKUROも負けず。
        さらにJIRO、「まー、まー、まー…」とポーズして再度早弾き。2人の早弾き対決。
        最後に『ACID〜』でキメて、2人揃ってTOSHIへ向き合う、ダンッ!
        (息ピッタリ―――)
 TERU→マイクスタンドに手をかけて待つ(笑)久々の生声対決!JIROの叫びにTERU、
      「チッチッ」とポーズ。TERUの方がスゴかった。またもやJIRO、叫ぶ!
      そしてTERU、「オレの方がすげ―ぞ――――――っっっ!!」
      確かにスゴイ…その後、TAKUROに慰められるJIROがめっちゃカワイイ!
そして再び『mister〜』へ。TAKURO、ステージ中央でギターにkiss☆したりとノリノリ〜〜。
しかもステージではTERUと仲良しさんで(またか)TERUはTAKUROの肩に手をかけたり
してるし。
最後はJIROとTAKUROで向かい合って演奏の締め、でした。銀テープが降ってきて
盛り上がる『STAY TUNED』。やっとこさTERUがこちらTAKURO側へ来た!
と思ったら短すぎる…
その代わりといってはなんだけどTAKUROが自分サイドってことでお立ち台で頭振りながら
右→左へ方向転換しながら盛り上げてました。

TERUのMC。「Yeah―――――!すげーね、今日!昨日にも増してすごいんじゃない?
        オレ、テンション上がってると日本語じゃない日本語になるんだよね(笑)
        ホントにね、こんなに人が集まってるんで、皆の心に響く曲をやりたいと
        思います。『夢遊病』。」

この曲、間奏中のTERUはマイクスタンドで激しくリアクションしてました。
ユナちゃんの歌う「♪wow〜〜♪」もすごくいいけど、ライブ重ねてTERUは自分なりの
ボーカルにしてました。聴いてて心地いいです。そして『Christmas Ring』は、いつも
TAKUROはどこ?って探すんだけど、席のせいか、単にワタシが背が低い為か、
どこにいるのやらまるでわかりませぬ。この曲でも、ラスト、マイクスタンドに倒れこむ
TERUが何とも言えませんな。
いよいよ小花道出現!そして『VIVA×3』のイントロ弾くHISASHI。以前の福岡では見惚れて
TERUの開脚ジャンプが見れなかったので、今度は忘れずにチェック!やっぱり飛び位置
高―――い!すぐにTAKURO側の小花道を見るとJIROが来てて、すごく嬉しそうに
ニッコリ笑ったり、にらめっこするみたいな顔したりして、非常に表情豊かでした。
HISA側では、小花道にTAKUROが、お立ち台にはHISAがそれぞれアピール合戦。
そのうちHISAはTERUと一緒にセンターで煽っていて、TAKUROがHISA側のお立ち台に
いました。
ラストでTERUとHISAが一緒にセンターからステージへ帰って来た時、HISAが持ってた
ギターを銃のように構えてポーズ!

『MERMAID』では、やっとこさTERUがTAKURO側へ。小花道で煽りまくってました。
もう、柵に足架けて身を乗り出すし、こっちまでつられてしまいそう。このビジョンが好きなので
見ていると、ちょっとずつ背景とか効果が変わってきてましたね。
『WET DREAM』はもう暴れまくってて何が何やら。HISASHIが自分のサイドで、JIROがTAKURO側、TAKUROはセンターに出て煽ってました。
TERUのMC。「え―――…今の自分が伝えたい『ONE LOVE』っていうのは、この空間の中に
       あるんじゃないかなって思います。皆が感じてる楽しさをこれからも伝えていきたい。
       それで、これからも皆の幸せを願いたいというこのナンバーを聴いて欲しいと思い
       ます。『ALL STANDARD IS YOU』。」

この日、また手拍子があるのかなあ、なんて思ってたらほとんど聞こえなかった。
人それぞれの聴き方があるとはいうけど、やっぱりこの曲はじっくりと聴きたいね。

アンコール前、オイ―ッス!のロボアニメ(?)登場。
笑えたのは、メンバーそれぞれが「トウキョウ、イエー!」「サイタマ、イエー!」「チバ、イエー!」って各地言うんだけど、最後に「ソノタ、イエー!」。その他って…

アンコール1
TERUのMC。「すぐに呼んでくれてありがとう!気持ちいいでしょ?声が響く!響く!皆の
        でかい気持ちのこもったコールに応えて、アンコールではね、このライブは
        アルバムの『ONE LOVE』からずっと曲をやってきたんだけど、これからは
        今までのGLAYのライブでやってきた大切な曲をやっていきたいと思います。」

ここで『HOWEVER』。ホントにこの日のTERUのボーカルは素晴らしくて、ちょっと聴き入り
過ぎました。どんなリアクションしたかまるで覚えてません(汗)
ガラッと雰囲気変わって『Young oh! oh!』!別の曲で、HISAがTAKURO側のお立ち台、JIROが同じ側の小花道だったんだけど、今度は逆。しかも最初、HISAの後ろをJIROが
付いて行くっていうカワイイパターンでしたv
ここでメンバー紹介。
TOSHI→最初、8ビートのリズム、途中から激しい4ビートへ。
シゲさん→絶対一礼してから弾き始め。3連符のメロディー。何度か客席の「Yeah―――!」
     を確認する仕草。(この時、ビジョンの後ろに映ってたTAKURO、同じポーズを
     取ってた)ラストはグリッサンドで締め。
JIRO「Yeah―――――――!!!」生声でした。
HISASHI→首に架けてた『666』のパスカードを見せてから、『FATSOUNDS』
        のイントロっぽい曲を弾く。
TAKURO→曲はわからないけど、カッコイイ!ドラムも加わって2倍カッコイイ――!
       最後、2本指立てポーズでキメ。
TERU→センターへ走りだし、「ボーカル――!TERU――――!そして、東京ドーム!
     東京ドーム!!」
と叫ぶ。
『Young〜』の続きへ戻る為、「カモン!TAKURO!」と一声。TAKUROソロへ。
そして夏以来久々の『グロリアス』!TAKURO、自分のサイドの小花道へ。すごい!
めちゃ近い――!彼の煽り方はホントに独特なんだけど、ここでは必ずといっていい程
座ります。目の前のお客さん、いいな〜〜〜。
アンコール1ラストは『誘惑』。ここは何も覚えてません。ひたすら頭振りまくってました。
そしてTERUの煽り。「スタンド――――!後ろの方まで見えてるぜ――――!
           アリーナ―――――!思いっきり揺れてたぜ―――――!
           東京ドーム!今日は最っ高に盛りあがってたぜ!!」

興奮残したまま立ち去るメンバー。

アンコール2
TERU、出てくるなりタオルを投げる!しかも2回も。
投げた方向をチラッと見てステージ中央へ立ち去る。そして、TAKUROまでタオル投げるし…
うらやましい〜〜〜
TERUのMC。「え――…アンコール、ありがとうでした!すごいね――…(この言い方が
        なんとも表現しがたい)スタンド――!ホントにすごいよね!アリーナ――!
        アリーナ――――――!東京ド―――ム!
(この時、少し首かしげてニコッv)
        ここでは、気持ち良かったアンコールをかけてくれたので、冬のナンバーを
        送ります。タイトルは、敢えて言いません(笑)」

お馴染みの台詞から『Winter,again』が始まる。この日はホントに静かだったなあ。
曲後、一転して明るくなったステージで両手を上げるTERU。
「もっと、ハジケていこうぜ――――っっ!!」
そしてJIROのベースが響き、『SSのテーマ』!またもTAKUROが自分サイドの小花道と
お立ち台でアピール!頭振ってノリまくり―――!こっちもつられて振るから周りが何してる
のか全くわからない(><)
いつの間にかHISA側でアピールしてTAKUROがこっちへダッシュして煽りまくる。
そしてまた走り出してセンターでアピール、といえば始まるのが『ACID HEAD』
HISASHIがTAKURO側で煽ってて、「♪嫌なムードだ♪」のとこでは外人がよくやる
お手上げポーズを取ってくれた。すごいカワイイ!ラストにTERU&TAKUROが2人で
TAKURO側お立ち台へダッシュして走る!走る!散々暴れまくって立ち去りました。

この日、TERUの声がすごく良かったのと、ちょっと最近多かったバラードの手拍子が少なくて、
気持ちよくライブにのれました。なんとも言えない、いいライブでした。

開演→17:15
終演→20:17



【GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”】
会 場:東京ドーム
REPO:真悠
DATE:2002/1/15
GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”
1. ALL STANDARD IS YOU
2. 嫉妬
3. WET DREAM
(てるっちラストカメラにあおり、 ジャンプでしめ)

TE YEAH!東京ドーム!!今日はファイナル!
  とうとう終っってしまう・・・。さみしいけど、  
  みんなの力出しきってステージに熱い高揚ぶつけてくれよ!
  この会場で愛しあいましょう!
  次行きます!OK???


4. PRIZE
5. 君が見つめた海
6. Fighting Spirit


TE 楽しんでもらえてますか?ほんとにね、今日、
  ドームラストなんですけど、楽しみにしてきてくれた人、
  たくさんいると思います。今、この瞬間、
  いろんなとこまわって、いろんな声かけてもらって、
  いろんな顔見て、言葉もらって終るのはさみしいです。
  去年、レコ中だったりしたんですけど、NYの事件とか、
  いろんなことがあって、愛情の大切さを感じて、
  ONE LOVEとして掲げてきました。こういう空間、愛で
  あふれてて、それが外に向かってくれるとうれしいです。
  みんなの笑顔見てると、大丈夫だ、明るい方向に
  向かってると思えます。その笑顔を忘れずにいてね。
  みんなに大丈夫と言ってるナンバーです。


7. ひとひらの自由
8. HIGHWAY No.5


JIROさんソロ
JI 最後だからちょっと切ね〜!スタンド!落ちるなよ!

9. mister popcorn(ラストてるくん階段とばしてステージへ)

   JIROくんとの音比べ TOSHIさんお花を出すマジック披露
   音に合わせて次々お花。ラストは大きいお花。JIROさんも
   TOSHIさんもうれしそうに超にこにこ→SHIGEさんうまく
   演奏できるとすごく得意げ。JIROさんもうなずく。
   JIROさんスーパーマリオテーマ、SHIGEさん何か違う、 
   JIROさんに頭下げてごめんなさい。→HISAさん、いつもの  
   あごに手をやるポーズでお出迎え。JIROさん一瞬立ち止まり
   ステージ奥から光線銃をとりだして、光線銃で演奏。
   HISAさんいつものポーズのまま。JIROさんの演奏聞いたあと、
   HISAさんも奥から何かとりだして(何か不明)、それで演奏。
   そしてその何かをJIROさんに渡す。JIROさん、1度それで
   演奏してみた後、それをステージに捨てる。HISAさん、
   慌ててそれを拾って無言でJIROさんを見つめる。→TAKUさん
   いつものあごに手をやるポーズでお出迎え。アシヘのラスト演奏。
   JIROさんがきめのポーズをとると、TAKUさんも同じポーズを
   マネしてきめ。やったあと、TAKUさん恥ずかしかったらしく、
   ステージ上でしゃがみこむ。それでも何度もJIROさん
   きめポーズをマネしつづける。→TERUさん、JIROさんが
   生声でWOO〜っと叫ぶ。TERUさん、口に指あてて、し〜っと
   したあと、カメラ目線でウインク。JIROさんもう1度生声でYEAH!、
   TERUさん、カメラ目線で、カメラここ?っとカメラを確認して、投げチュー。

10. 電気イルカ奇妙ナ嗜好(ひっちゃ、ステージ上に出てきたビニールの人形?
   にもたれて演奏し、しまいにゃ蹴とばす)

HISAさんソロ ラストギターなめてギターにキス
       ステージが降りてくるとき中指立てるポーズ

サイド花道登場

11. VIVA VIVA VIVA(ラストカメラ目線ジャンプしめ)

TE YEAH! さすがファイナル!すげー声届いてるよ、ありがとう。
  何がすごいってスタンド!ステージから遠いと思ってるっしょ?
  すげー近いよ!アリーナも届いてるぜ!顔の表情も見えるよ。
  1つの空間っていいね!ねっ!あはは!じゃ、新曲。これを
  LIVEでやるのもラストなんだね、さみしいね。でも2月27日には
  みんなに届けられるからね。あいのりの曲なんで聞いて欲しい。
  これから卒業の人、別れはさみしいけど、離れてみてわかること
  たくさんあるので、悲しいものだけじゃないことを感じとって
  くれたらうれしいです。


12. Way of difference
13. 夢遊病
14. Christmas Ring


TE 今日はきてます!このステージ上に感情のうずがまいてますが
  そちらのステージはどうですか?・・・ステージじゃないや!

  (会場爆笑)笑ったなぁ!みんなのまわり30cmがキミらの
  ステージだから!そこで熱くなろうぜ!YEAH!もっと〜!
  まだ小さい!YEAH!YEAH!


15. STAY TUNED(TAKUさん1塁側花道で座りこむ。ギターもひかず
   観客観察、ラストTERUさん「STAY TUNED」っとアナ)
16. MERMAID
17. THINK ABOUT MY DAUGHTER


TE 東京ファイナルラストナンバー!ちゃんとついてきてくれよー!
  みんなのでかい声を聞かせてくれよ〜!


18. GLOBAL COMMUNICATION(TERUさん2番無重力のとこで翼の格好?
   サイド花道の段にのぼって、降りてってしてた)

TE ファイナル!すばらしかった!ありがとう!!!

アンコール
客席勝手にウエーブがスタート。やたらもりあがる。
メンバー登場
TERUさんキャンスパとのコラボフィギュアをカメラに出す。

TA すばらしいアンコールありがとう。今日、みんなといることを
  幸せに感じます。せっかく盛大なアンコールいただいたんで、
  ここで新曲をやりたいと思います。卒業ソングなんですが。
  卒業なんてもうずいぶん前のことなんだけど、そのときからの
  友達がたくさんいて、仲間って一生もんだよ。オレ、曲かくとき
  ノートと辞書と大好きなウーロン茶置いて書くのね。で、その辞書、
  高校のときから使ってるんだけど、そのころ、真面目に授業受けてなくて、
  辞書忘れたヤツとかが、オレの辞書まわして使ってたりしたのね。
  そのうち、月日が流れて、いろんな言葉を辞書で調べてくと、
  辞書のすみにメッセージがいろいろ書いてあんの。
  東京行ってもまけんな!とかいろいろ。細かい字でびっしりさ。
  これ、3〜4年前に発見したんだけど、すげーみんなの気持ちが
  うれしくてさ、自分が納得できるまでこのことは曲には
  しないって誓ってて、それがやっと描けたよ。卒業の曲。
  ドームツアーっていうとさ、3年前、もっと大きくなってここに
  もどってきますって言って、あれ、思わず口から出たんだけど、
  もっと大きくなるってどういうことなんだろうって思ったら
  幕張とかヘビーゲージの100万人ライブとか、そういうのも
  そうだし。考えたんだけど、別れって去っていく人と残る人、
  どっちがつらいんだろうって、残る人のほうがつらい気がして。
  大好きだったバンドが解散したり、みんなどんどん成長してくのに
  おいてかれてるって。どうやってみんなに伝えるかわからなかった。
  だから99年はみんなを受けとめられなかったのね。でも今なら
  GLAYの音楽好きな人、全部受けとめられる。自信がつきました。


19. 卒業まであと少し
20. Winter again
21. pure soul


TE 東京ドーム!!ここからガンガンガンガンスピードナンバーとばすぜー!
   ガンガン揺らしていこうぜ!


22. Young oh oh!
メンバー紹介 紹介前、TERUさん中央までエスカレータ使って移動
   TOSHIさん(字幕にドラム音に合わせてワンワンとかドンドンとか字幕)→
   SHIGEさん(SHIGEさんとTOSHIさん2人のセッション TE やるね!
   っといい、拍手するよう要求 そして NEXTと叫ぶ)→JIROさん
   (拍手要求 拍手にあわせて演奏。TERUさん首ふってリズム
   とてました)→HISAさん(11日も登場した変な手で演奏。演奏後、
   ステージに手を置いて演奏。手は不気味に指が微妙に動いてた)→
   TAKUさん(TERUさん超ノリノリ)→TERUさん(ラストー!っと
   自分を指してON VOCAL繰り返し 花道階段飛ばして降りる)

23. 彼女のModern…(まさかのひっちゃん間違い。TERUさんがOK!COME ON
   HISASHI!っとソロをあおった瞬間。ひっちゃんとりあえず笑う)
24. 誘惑(TERUさんイヤモニの状態がおかしかったらしく、微妙に声を
   小さめにして調子見ながら最初のほう歌う。途中で直ったらしい、が、
   彼の鬼門。歌詞とばし)
25. SHUTTER SPEEDSのテーマ(最初にJIROさんのあおりあり。TERUさん
   寝てるマイクスタンドを足でけって元に戻す。)
26. ACID HEAD

TE みんな本当にありがとう!この場を借りてこのツアーに
  協力してくれたスタッフのみなさんにもお礼を言いたいと思います。
  ほんとにありがとう!無事、ONE LOVEツアーファイナル終了しました!
  ほんとにありがとう!ここで宣言します!スタッフ、全国から集まって
  くれたみんな!おまえたち、最高だぜー!
(手ふりあげて)じゃ、
  みんなでこれやろっか?
(みんなでばんざい)年末年始はさんですげー
  ハッピーな思い出として、みんなのここ
(胸さして)に残ってくれたら
  うれしいです。また必ず会おうぜ――――――!!



【GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”】
会 場:東京ドーム
REPO:MAYUMI
DATE:2002/1/15
GLAY DOME TOUR 2001-2002 “ONE LOVE”
ついにドームツアーファイナル!!
今日は、最終日にして、ついに念願のAブロック〜〜!!
・・・しかし、HISAファン的にはちょっと残念(!?)なA−17ブロック;;;
(いや、もちろん贅沢なのは百も承知です。スミマセン・・・ ^^;)
場所的には、右端の花道先端よりもちょっとはみ出したぐらいの場所で、
前から6列目!!
短い花道ができるところからは、2ブロックぐらい離れたところでした。
ま、中央ステージは、かなり見づらい角度だったけど、
花道右端の高いところと、後半登場する短い花道に来てくれたら、
ばっちり近くで見れるという、かなりおいしい席でした!!
あとは、HISASHIがたくさん来てくれる事を祈ろう・・・(^^;)

6:00ちょっと過ぎぐらいに早くも照明が落ちて、いよいよライブスタート!!
まずはオープニング。私は、このオープニングで、『ONE LOVE』という文字が
壁に映し出されて、それが左右に動くと同時に、セットの壁が開く・・・という所が
めっちゃ好きで(すごくカッコイイよね!?)今日は最終日だし、それを思いっきり
堪能したかったんだけど・・・私の位置からでは、かなり角度が悪くて、
ちょっと見づらかった;;;
デカイ顔の球体も、横顔がちょっと見えるぐらいで、あんまり見えなかったな〜。
しょうがない、それなら今日はTERUが花道から登場するのを見逃すまい!・・・と、
すでに視線は花道へ・・・(笑)
しかし、私の周りも、やはりこの辺の席の人は、もうすでに今回のドームツアーを
いくつか見てきた人が多いのか、心なしかほとんどの人が、すでに私と同じように、
花道に顔を向けていた・・・(^^;)

さて、衣装ですが・・・
TERU・・・いつもと同じ
TAKURO・・・赤バージョン
JIRO・・・赤バージョン
HISASHI・・・黒バージョン
・・・あとは、今までのライブレポを参照して下さいませ・・・。(爆)

まずは1曲目『ALL STANDARD IS YOU』
出だしのアカペラ、札幌ではかなりハズシていたので(爆)、ちょっとドキドキで
聞いていたけど、・・・な、なんとか持ちこたえたか・・・(^^;)
暗がりの中、HISASHIを見ると・・・おっ!? どうやらかぶり物(笑)を
被っている様子!! やったね!!(^-^)

次は『嫉妬』この時初めてメンバーがモニターに大写しになって、改めてHISASHIの
姿を確認!! やっぱり被ってる〜〜♪
しかも、札幌の時は、黒の薄いベールだけをふわっと被ってる感じだったけど、
今日は口元(顔の下半分)も完全に覆われてて、超ミステリアス!!!(*><*)
さらに、これでテルミンを操る姿が、さながら黒魔術師のよう!?!?(爆)
それにしても・・・恐ろしいほど美しすぎる!!こんな格好が、こんなに妖しくも
美しく似合う人は、そうはいないでしょう!! マジで超カッコ良過ぎやん!!!
やっぱりHISASHIは天才だ〜〜!!(←意味不明;;; ^^;)
私、なぜか一人で感無量になり、涙ウルウル・・・(爆死)

続いて『WET DREAM』 早速TAKUROがこっちの花道へ猛ダッシュ!!
右端の高いところに来てくれたら、やっぱかなり近〜い!!
しかし・・・目の前で見るTAKUROは、動きからしぐさから、もう何から何まで、
まさにTV・ビデオ等で見るTAKUROそのもの!!(当たり前だっちゅうの・・ ^^;)
「うわぁ〜!!ホンモノのTAKUROだ〜!!」と、妙なところで感動!(笑)

・・・ところが、この曲も終盤に入り、めっちゃテンションも高くなっていた時に、
何やら私の席に1人のオバサンが入り込んできて・・・
「ここ何番ですか??」「えっ??」
その人、おもむろにチケットを私に見せるんだけど・・・見ると、私と同じ68番!?
ウソやろ〜〜!?!?そんな筈はないっ!!うちらは確かにこの席のはず・・・
と思って、よくよくそのチケットを見ると・・・ん??B−17ブロックって
書いてあるやんか〜!!!
「これ、Bブロックですよ。ここはAブロックですけど・・・」と言うと、
「あら!やだ!!」と、そのまま去っていった;;;
な〜〜にが「あら!やだ!!」だ〜〜〜!! こんな盛り上がり最高潮の時に
遅れてきて、挙げ句の果てに席を間違えるんじゃない!!!(激怒)
おかげで思いっきりテンション下がったっちゅうの!!!(--;)

MC「イエーイ!!東京ドーム!! 今日でついにドームツアーファイナルだけど、
今日はこの会場みんなで思いっきり弾けて、そして愛し合いましょう!!」

・・・確かこんな感じの事を言ったはず・・・。
いきなり「愛し合いましょう」ときたか!(爆) やはり最終日なだけに、
すでにハイテンション!?

次は『Prize』 HISASHIがこっち(右側)に2〜3歩やってきた!!
キャーーー!!こっちこっち〜〜!!カモ〜〜〜ン!!!・・・と思いきや、
3分の1ぐらいのところで止まってしまい;;;
でも、さらにこっちに2〜3歩やってきて、今度こそ端っこまで来〜〜い!・・・
と思いきや、またも、半分ぐらいのところで止まってしまい;;;
そして、そのまま中央に帰って行っちゃった;;;;;(爆)
う゛〜〜・・・やはりHISASHIは遠い・・・(^^;)

続いて『君が見つめた海』『Fighting Spirit』
さらにMCを挟んで『ひとひらの自由』
この辺はメンバーは定位置で演奏・・・。
私の位置から見ると・・・、TOSHI、SHIGEともに、楽器すら見えず;;;
TAKUROはステージ上のカメラマンに被って見えたり見えなかったり;;;
TERUとJIROは割とよく見えたが・・・
肝心のHISASHI、TERUに思いっきり被ってやんの〜〜!!(爆)
うが〜!!TERU〜!! 目立ってもいいから、もう1歩前に出てくれ〜〜!!(^^;)

次は『HIGHWAY No.5』 ここでまたまたTAKUROがこっちに!!
いつもにも増してガンガンお客さんを煽る煽る!!
さらに、動きもいつもにも増して激しい上に・・・
かなりノリノリ(←死語!?)だったのか、ギターを弾きながら、まっすぐ立って
お尻をクイックイッて振ってた〜〜〜!!!(爆)
これはかなり私のツボにきたっ!!ツボにハマリすぎて、なぜか涙ボロボロ!!(笑)
いや〜、いまだにあの姿が忘れられん・・・(^^;)

次は、JIROソロコーナー! 『サンダー・ゾンビ』は今日も元気でした。(笑)
私的には、あのいかにも非力そうな、女の子みたいなドラム(笑)が
妙にお気に入り!?

続いて『mister popcorn』 またまたTAKUROがこっちへダッシュ!!
やはり右側は、TAKUROオンステージなのか!?(笑)
そして、JIROとメンバーとの対決コーナーへ!!
まずはTOSHI、JIROがベースを「ベン!」と1音鳴らすと、TOSHIもドラムを
「ドン!」と1回叩いてたんだけど、ドラムを叩くと同時に、TOSHIの手から
花みたいなものがポロっと!!
おぉ〜!!こんな所でTOSHIのマジックが見れるとは!?(笑)
しかし・・・握った手から、ブツがはみ出して見えるという、かなりインチキくさい
(?)マジックだったけど・・・。(^^;)
でも、最後にはちょっと大きめのボンボンの様なものが出てきて、拍手喝采!!(笑)
続いてSHIGE、お互い数回弾き合った後、どうやらSHIGEさんのほうが負けを
悟ったのか、JIROに向かって「参りました」と頭をペコリ! 大喜びのJIRO!
ってか、JIROが勝ったのって初めて見たような・・・。(^^;)
さて、次にステージ左の方に目をやると・・・HISASHIがあごに手をやって、
「考える人」ポーズ(?)でお待ちかね!!(*^^*)
向かい合って、何回か弾き合った後、JIROがHISASHIの小道具置き場(笑)から、
おもちゃのピストルを持ち出して、それでベースを演奏!!
HISASHIも負けじと、別のおもちゃ(?)を持ってきて(何かは分からなかった;;)
それでギターを演奏!!
そして、「お前もやってみ」と言わんばかりに、そのおもちゃをJIROに渡して、
JIROもチャレンジしてみたけど・・どうもうまくいかないのか、ふてくされて(!?)
それを床に投げちゃった!!(笑)
笑いながら拾うHISASHI・・・う〜ん、カワイイ!!(*^^*)
さて、続いては・・・TAKUROも同じく「考える人」ポーズでお待ちかね!
1回何かを弾き合った後、JIROがベースで『ACID HEAD』のイントロを弾いて、
最後に両手を広げてTAKUROの決めポーズを!!(笑)
TAKUROも、十八番で負けちゃいられないとばかりに、イントロを弾いて、
さらに大袈裟なしぐさで決めポーズ!!(爆)
・・・しかし、やった後、ちょっと恥ずかしそうなTAKURO・・・(^^;)
ちなみにこの時、後ろの暗がりで、ひそかにHISASHIもTAKUROの決めポーズを
真似してたりして・・・(笑) ぷぷぷ・・・私は見逃さなかったっすよ〜。(^-^)
そして、最後にTERU、JIROと2人並んで前に出て・・・
まずはJIROがマイクを外して「うぉーーーーー!!!」
これを見たTERU、「まだまだ甘いな!」と言わんばかりにチッチッと指を振った後、
「シーッ!」として・・・・・パチッ☆
・・・んあ!?!? ウインクしたんか〜〜!!!(爆) これはまた奇抜なことを!?
(↑スミマセン、私ったらこんな反応で・・・ ^^;)
もちろん、会場は大騒ぎ!!!
JIROはさらに何かを大声で叫んだ(何て言ったかは不明;;;)けど、TERUは
またもや会場を静かにさせた後、得意(?)の投げチュウを!!
あぁJIRO・・・今回は分が悪かったね;;;(^^;)

すっかり長くなりましたが;;;(^^;) 続いては『電気イルカ奇妙ナ嗜好』
これはもう手拍子が定番になりましたね〜。
私の「サビで両手を横に振る」野望(!?)は、結局あえなく撃沈;;;(笑)

さて、いよいよお待ちかねのHISASHIソロコーナー!!
やっぱり、何度見てもカッコイイ〜〜★
曲も、登場から終演までばっちりハマってて、めっちゃ好き〜〜♪
そして、落下防止の柵が出てくる位置をちょっと気にしながら(笑)、上昇!!
今日は不敵な笑みというよりも、ちょっと挑戦的な表情!!(これもまたGOOD♪)
しかも、この時だったと思うけど、ギターの弦を舐める仕草を!!!(爆)
ひょえーーーー!!!マジたまらんっちゅうの!!!(*><*)
それにしても、よくよく見ると・・・あれってすんごく高いよね!?!?
絶対足がすくみそう!!
そりゃ〜、「やめてもいい??」(笑) って言いたくなる気持ちも分かるっす!!
でも、めっちゃカッコよかったよ〜〜!! ありがとう〜HISASHI〜〜★ (^^;)ゞ
そして、終わって下に下がる時に、HISASHI的にもやり終えた感があったのか、
ちょっと満足そうなにこやかな笑みを〜〜!!
ひゃ────→!!! なんていい表情だ〜〜〜♪♪♪ (*^^*)

さて、いよいよ花火とともに短い花道が降りてきた!!
そして、『VIVA VIVA VIVA』のイントロで、右側の花道からJIROが登場!!
おぉ〜〜!!やっぱりここもかなり近くに見えるよ〜ん!!(^^)

『Way of Difference』は、TVっ子じゃない私も、ライブの間にすっかり
お馴染みになったな〜。
いい感じの曲だし、私の周りの一般人にもウケがいいようで、ちょっと期待の1曲!
久しぶり(!?)のヒットを祈願!!(爆)

続いて『夢遊病』
バックに映し出される鎖みたいな模様が、私的にはちょっと好きではないかも;;;
すごくいい曲なので、雰囲気のあるシンプルな照明だけでも十分だったのにな〜・・

『Christmas Ring』は、炎の演出がすごく印象的な曲・・・だけど、
やはり私の位置からでは、あまりその演出の効果が見えなくて、ちょっと残念;;;
照明は全くなくて、炎だけなのかな〜と思っていたんだけど、横から見ると、
やはりライトも少しだけ当たっていたのが確認できたのが収穫かな?(笑)

MCを挟んで『STAY TUNED』 特効と共に銀テープがパーーーン!!
しかし、私の位置はやはり右端過ぎて死角だったのか、またもやGETできず;;;

次は『MERMAID』
・・・この辺りだったか、かなり自信がないけど(^^;)、や〜〜〜っとHISASHIが
初めて右側(途中で出来た短い花道のほう)に来てくれたよ〜〜!!
も〜待ちかねたよ〜〜ん!!! でも、喜びもひとしお!!!
・・・と思ったのもつかの間、この時、さらにJIROが花道右端の高いところに
やってきたよ〜〜!!(爆)
私から見たら、左にHISASHI、右にJIRO、どっちも同じぐらいの距離で、
かなりビミョーーー!!!(爆)
もちろん、HISASHIを見たいところなんだけど(笑)、でもせっかくJIROも
こんなに近くに来てくれてるのに〜〜;;;
結局なんだか右に左にキョロキョロして、妙に落ち着きのない私;;;(爆)
2人一緒に来るのは反則だ〜〜!!(^^;)

『THINK ABOUT MY DAUGHTER』は、HISASHIの最初のギターがカッコ良くて、
めっちゃ大好き!!
TERUと向かい合って弾きおわった後、弾かれたようにクルっと回って去っていくのも
かなりステキ〜♪

そして、本編ラストの『GLOBAL COMMUNICATION』
前の数曲が速いテンポの曲のせいか、妙にスローリーに聞こえてしまうのは
私だけでしょうか・・・??(^^;)ゞ

とにもかくにも、以上で本編終了〜!!

------------------------------

アンコールの前には、スタンドでウェーブが発生!!
何回かやってるうちに、大きくてきれいなウェーブになって、みんなで拍手喝采!
盛り上がってきたところで、モニターにメンバーロボットが出てきて、
さらにお客さんを煽る!!(ってか、この煽りは一種のやらせ!?爆)

メンバーが出てきて、いよいよアンコール!
まずは、いすが並べられて、アコースティックバージョンのよう。
ここで、TAKUROが次の曲『卒業まであと少し』について、熱く語ってくれました。
「俺が詩を書く時に使ってる辞書があって、それはもう高校の頃からずっと使ってる
やつでね、高校の頃は、学校に辞書なんて持ってきてないヤツも多くて、
俺の辞書がいろんな友達に回されて使われてたのね。で、その中に、俺が東京に
出るってんで、辞書の1ページに『東京にいっても頑張れ!』って書いてあって・・
俺がそれを見つけたのは、3〜4年前なんだけど、それを書いてくれた友達の事を
思うと、ホントに泣きたいぐらいに嬉しくて・・・。今はまだ書けないけど、いつか
立派な詩が書けるようになったら、絶対にこのことを詩に書こうって思って、去年、
今なら書けるってことで、この曲が出来ました。」

・・・そっか〜、そんな思い出の曲だったんだね〜・・・
実はこの曲、私的にはちょっと苦手な曲(ゴメンよTAKURO・爆)だったんだけど、
TAKUROがこんな思いで作った曲なら、許しちゃおうかな・・と思いました。(^^;)ゞ

さらに、TAKUROはこんなことも言ってました。
「前回のドームツアーで、俺『絶対大きくなって、ここに戻ってきます!』って
言ったんだけど、『大きくなって戻ってくる』ってことはどういう事なのか、
考えてたんだよね。でも、あの時はがむしゃらで言った事だったけど、
今なら、GLAYの事、GLAYの曲の事を好きでいてくれるすべての人の事を、
暖かく包み込んであげられるようになったと思います・・。」

(最後の方、かなり作ってるかも;;だいたいこんな感じという事でご勘弁を・・)
TAKUROったら・・・すごい・・・! なんて立派な人なんだ〜〜!
ホントにTAKUROって人は大きな人(身長もだけど・・・^^;)だよね〜〜。
前回は、感極まってあんな風に涙を流してたけど、今回はこんなに立派に
私達に伝えてくれて・・・。
ホントにすごい!!ホントにGLAYは大きくなって戻ってきたんだね!!

『卒業まであと少し』『Winter,again』と続いた後、『pure soul』を!!
うわ〜〜!!久しぶりに聞いたよ〜〜!!かなり嬉しい!!
3年前のpure soulツアーの時よりも、TAKUROやGLAYと同じく、
この曲もきっとずいぶん成長して、このドームに帰ってきたんだろうね!!

続いては『Young oh! oh!』 ここではお馴染みのメンバー紹介!!
まずはTOSHI、ドラムを鳴らすたびに、モニターにも「ダダダダダ!」「ダンッ!」
などという文字が!!(笑)
SHIGEサンもテクニカルなキーボードを!!
JIROのチョッパーベースに続いて、HISASHIはなんだかウニョウニョと指が動く
白い手のおもちゃを持ち出して、その手でギターを演奏!!
しっかし、そんなおもちゃ、どこで見付けてくるんだ??(^^;)
さらに、TAKURO、TERUと紹介は続いて、TAKUROギターソロで曲に戻る!

『Young〜』が終わると、そのままの勢いでTERUが叫んだ!!
「彼女のモダ〜〜ン!!」
うっきゃーーー!!!やったーーー!!!
ついに念願の『彼女の“Modern・・・”』だーーー!!
ライブではとびきりに大好きな曲なのに、最近はパッタリと演らなくなってさ・・
ホント、1年以上待ちつづけたぞ〜〜〜!!!
でも、FCの会報のアンケート結果にも出てたけど、きっとみんなが
演って欲しかった曲だったに違いない!!
会場ももちろん、私の盛り上がりも最高潮!!(笑)
・・・とその時、HISASHIギターソロの音が・・・聞こえない??
ん??もしや・・・ド忘れ!?!?!?(爆)
もちろん、HISASHIの見せ場だったので、モニターにはHISASHIの姿が大写し!!
ギターを弾こうとするそぶりを見せるも、「・・・あれ??」(笑)
さらに弾こうとするも、「・・・あれれれ???」(笑)
そして、TAKURO曰く、「薬師丸ひろ子ばりの笑顔」(笑) を!!!
キャーーーーー!!!きゃわゆい〜〜〜〜♪♪♪(爆死)
こりゃ〜かなり貴重なものを見れたよ〜〜〜!!!(*^^*)

続いて『誘惑』 今度はTERUが見事(!?)に歌詞をぶっ飛ばす!!(爆)
しかしTERU・・・最近『誘惑』を間違えずに歌えた事が何回
あるのだろうか・・・。(^^;)
ちなみに、この日は間奏でTERUとHISASHIが一緒にジャンプ!!
そして、「OK!カモン!! HISASHIーーー!!!」の声とともに、
さっきのミスなんて素知らぬ顔(!?)でギターソロを弾くHISASHI・・・(笑)

この辺で1回メンバーが引っ込むのかな〜と思いきや、そのままの勢いで
『SHUTTER SPEEDSのテ−マ』へ!!
1回目の「WHO GET!」の時に、JIROが右端の高い所へ!!
ひゃっほーー!! やっぱりこの曲の時に、目の前にJIROがいてくれると、
盛り上がりも最高っす!!

そしてついにラストの『ACID HEAD』
まずはTAKUROがこっちにやってきて、観客を煽る!!
さらに猛ダッシュで左に走り、そっちでも観客を煽る!!
(それにしてもこのツアー中、TAKUROは右に左によく走ってたよね〜!!)
そして、曲が始まり、まずはTERUが右側の短い花道にやってきた!!
TERU〜〜!!!って叫んでるところへ、さらにHISASHIがこっちに走ってきた〜!!
やった〜!!これでこっちに来てくれたのや〜〜っと2回目だよ〜〜!!!
HISASHI、右端の高いところに上がるのに、階段を駆け上がっていたんだけど
・・・ん??HISASHIが消えた!?!? っつうか、もしかしてコケた???(爆)
しかし、この時は、ちょっと暗がりで、しかもほとんどの人が先に短い花道の方に
来ていたTERUを見ていたため、「あれ??今HISASHIコケた??」という反応を
数人がしただけだった!!(笑)
再び立ち上がり、階段を上がったHISASHIは、なんだか恥ずかしそうな笑顔を〜♪♪
超LOVELY〜〜!♪!♪!(*^^*) またもや貴重なものを見てしまったよ〜ん!!
(この事を、HISASHIが先日のG.R.C.で同じように言ってたのがおかしかった!
心配しなくても、ちゃ〜んと見てましたよ〜〜!! 笑)
・・・という訳で、この時も左にTERU、右にHISASHI・・・と、またもや贅沢
ながらも落ち着きがなくなる(笑)パターン;;;(^^;)
どっちも近いんだけど、どっちも一緒に見る事が出来ないのがかなりツライっす!
ちなみに、TERUがお客さんを煽ろうとして、こっちを向いた時、やはりHISASHI
の方を見ている人もいたため、「あれ??みんなが俺の方を見てくれてる訳では
ないの??」というような顔をしたとかしなかったとか・・・??(笑)
そのTERU、投げチュウはやはりカメラに向かって!
そして、さらに舐めチュウもしたかな〜〜??
(HISASHIを見ていたため、はっきりとは確認できず・・・ ^^;)

盛り上がりも最高潮で、ライブは無事に終了〜〜!!!
花道を右、左、そして中央へと挨拶に行くメンバー・・・。
最後に中央花道で「今日で無事に終わったという事で、みんなでしよう!!」
ってことで、1、2、のジャーンプ!!!
「サンキュー!!東京ドーム!!! 全国から来てくれたみんなホントに
ありがとう!! この『ONE LOVE』ツアー、おかげさまで無事大成功に
終わりました!!!」


帰っていくメンバーはみんなすごく満足そう!!TAKUROは最後泣き真似(!?)を
しながら退場・・・(笑)

エンドロールが流れて、最後に特効が鳴っても、「アンコール!!」の声は
どんどん大きくなるばかり!
・・・でも、スタッフがステージに出てきて、ライブはこれで終了でした;;;

ついにドームツアーも終わっちゃいました・・・。
ライブ前は、こないだEXPOがあったのに、もうツアーするの〜〜??とか
いろいろ言ったりもしたけど、(^^;)ゞ
何はさておき、やっぱGLAYはライブだよね!!!
雑誌の写真がどんなにカッコよくても、どんなにTVにいっぱい出てくれたと
しても、ラジオのトークがどんなに面白くても、このライブに優るものは
何もないでしょう!!!
地元・遠征も含め、どれもホント行ってよかった!!!
きっとこの先も、文句をタラタラ言いつつも、しっかりライブに駈けずり回る
自分がいる事でしょう・・・。(笑)

あ〜・・・またもやかなり長くなってしまった;;;
しかも偏り(爆)も相変わらずだし・・・(^^;)
今回もいくつかライブレポを書かせてもらったけど、こんなんでも、
読んでもらってる人もいるみたいなんで、かなり心強かったっす!!(爆)
それでは、あまりの長さにクリックする手が疲れるのにもメゲずに(笑)
読んでくれた方々、どうもありがとうございました!!!



【BACK】