★ FC Special Live 全セットリスト ★
 
【新潟PHASE】 【Zepp Sendai】
2002/8/11 (日) 2002/8/12 (月)
1.summer FM
2.YOU MAY DREAM
3.彼女の“Modern・・・”
4.Cynical
5.生きてく強さ
6.春を愛する人
7.Together
8.『ザ・スタンダード』(奥田民夫)
9.WET DREAM
10.FATSOUNDS
11.またここであいましょう
12.都忘れ
13.Believe in fate
14.BROTHEL CREEPERS
15.SHUTTER SPEEDSのテ-マ
16.誘惑
17.航海(新曲)
----------------------------
Enc.
1.BELOVED
2.HAPPY SWING
3.More than Love
4.BURST
1.summer FM
2.YOU MAY DREAM
3.More than Love
4.Cynical
5.グロリアス
6.春を愛する人
7.ずっと2人で・・・
8.『RUSH』(the pillows)
9.WET DREAM
10.FATSOUNDS
11.またここであいましょう
12.Way of Difference
13.Believe in fate
14.BROTHEL CREEPERS
15.SHUTTER SPEEDSのテ-マ
16.彼女の“Modern・・・”
17.航海(新曲)
----------------------------
Enc.
1.逢いたい気持ち
2.HAPPY SWING
3.誘惑
4.BURST
【Zepp Sapporo】 【名古屋ダイアモンドホール】
2002/8/14 (水) 2002/8/16 (金)
1.summer FM
2.YOU MAY DREAM
3.彼女の“Modern・・・”
4.Cynical
5.生きてく強さ
6.春を愛する人
7.Together
8.『KITE』(U2)
9.WET DREAM
10.FATSOUNDS
11.またここであいましょう
12.都忘れ
13.Believe in fate
14.BROTHEL CREEPERS
15.SHUTTER SPEEDSのテ-マ
16.誘惑
17.航海(新曲)
----------------------------
Enc.
1.BELOVED
2.HAPPY SWING
3.VIVA VIVA VIVA
4.BURST
1.summer FM
2.YOU MAY DREAM
3.More than Love
4.Cynical
5.グロリアス
6.春を愛する人
7.ずっと2人で・・・
8.『RUSH』(the pillows)
9.WET DREAM
10.FATSOUNDS
11.またここであいましょう
12.Way of Difference
13.Believe in fate
14.BROTHEL CREEPERS
15.VIVA VIVA VIVA
16.彼女の“Modern・・・”
17.航海(新曲)
----------------------------
Enc.
1.軌跡の果て
2.HAPPY SWING
3.誘惑
4.BURST
【高松オリーブホール】 【東京国際フォーラム】
2002/8/17 (土) 2002/8/19 (月)
1.summer FM
2.YOU MAY DREAM
3.彼女の“Modern・・・”
4.Cynical
5.生きてく強さ
6.春を愛する人
7.Together
8.『BOUND TO BREAK』(アンセム)
9.WET DREAM
10.FATSOUNDS
11.またここであいましょう
12.都忘れ
13.Believe in fate
14.BROTHEL CREEPERS
15.VIVA VIVA VIVA
16.SHUTTER SPEEDSのテ-マ
17.誘惑
18.航海(新曲)
----------------------------
Enc.
1.HOWEVER
2.HAPPY SWING
3.What's goin' on(ネバマイ曲)
4.Super Ball 425
5.BURST
1.summer FM
2.a Boy〜ずっと忘れない〜
3.Way of Difference
4.Good Bye Bye Sunday
5.I'm in Love
〜ここまでアコースティック〜
6.SPEED POP
7.HAPPY SWING
8.More than Love
9.Cynical
10.生きてく強さ
11.春を愛する人
12.ずっと2人で・・・
13.SOUL LOVE
14.『KITE』(U2)
15.WET DREAM
16.FATSOUNDS
17.誘惑
18.SHUTTER SPEEDSのテ-マ
19.航海(新曲)
----------------------------
Enc.
1.逢いたい気持ち
2.またここであいましょう
3.Believe in fate
4.VIVA VIVA VIVA
5.BURST
【広島CLUB QUATTRO】 【Zepp Fukuoka】
2002/8/21 (水) 2002/8/22 (木)
1.summer FM
2.YOU MAY DREAM
3.嫉妬
4.Cynical
5.生きてく強さ
6.春を愛する人
7.ずっと2人で・・・
8.『ザ・スタンダード』(奥田民夫)
9.WET DREAM
10.VIVA VIVA VIVA
11.またここであいましょう
12.Way of Difference(アコギVer)
13.Believe in fate
14.BROTHEL CREEPERS
15.SHUTTER SPEEDSのテ-マ
16.彼女の“Modern・・・”
17.航海(新曲)
----------------------------
Enc.
1.BELOVED
2.HAPPY SWING
3.誘惑
4.BURST
1.summer FM
2.YOU MAY DREAM
3.彼女の“Modern・・・”
4.Cynical
5.グロリアス
6.春を愛する人
7.Together
8.『RUSH』(the pillows)
9.HEAGY GAUGE
10.FATSOUNDS
11.またここであいましょう
12.君が見つめた海
13.Believe in fate
14.VIVA VIVA VIVA
15.SHUTTER SPEEDSのテ-マ
16.誘惑
17.航海(新曲)
----------------------------
Enc.
1.逢いたい気持ち
2.HAPPY SWING
3.BROTHEL CREEPERS
4.BURST
【横浜アリーナ】
2002/8/24 (土) 2002/8/25 (日)
1.生きてく強さ
2.嫉妬
3.Believe in fate
4.Cynical
5.君が見つめた海
6.春を愛する人
7.Way of Difference
8.ずっと2人で・・・
9.『RUSH』(the pillows)
10.WET DREAM
11.BROTHEL CREEPERS
12.FATSOUNDS
13.逢いたい気持ち
14.YOU MAY DREAM
15.SHUTTER SPEEDSのテ-マ
16.誘惑
17.グロリアス
18.航海(新曲)
----------------------------
Enc.
1.またここであいましょう
2.HAPPY SWING
3.VIVA VIVA VIVA
4.BURST
5.I'm in Love
1.More than Love
2.嫉妬
3.生きてく強さ
4.彼女の“Modern・・・”
5.Cynical
6.君が見つめた海
7.summer FM
8.Together
9.『ザ・スタンダード』(奥田民夫)
10.WET DREAM
11.BROTHEL CREEPERS
12.Believe in fate
13.Way of Difference
14.逢いたい気持ち
15.YOU MAY DREAM
16.VIVA VIVA VIVA
17.SHUTTER SPEEDSのテ-マ
18.グロリアス
19.航海(新曲)
----------------------------
Enc.
1.またここであいましょう
2.HAPPY SWING
3.誘惑
4.BURST
5.I'm in Love
【大阪城ホール】 【沖縄ダンスクラブ松下】
2002/8/28 (水) 2002/9/1 (日)
1.More than Love
2.嫉妬
3.生きてく強さ
4.Believe in fate
5.Cynical
6.君が見つめた海
7.春を愛する人
8.ずっと2人で・・・
9.『KITE』(U2)
10.WET DREAM
11.BROTHEL CREEPERS
12.FATSOUNDS
13.Way of Difference
14.逢いたい気持ち
15.YOU MAY DREAM
16.SHUTTER SPEEDSのテ-マ
17.誘惑
18.グロリアス
19.航海(新曲)
----------------------------
Enc.
1.またここであいましょう
2.HAPPY SWING
3.VIVA VIVA VIVA
4.BURST
5.I'm in Love
1.summer FM
2.YOU MAY DREAM
3.彼女の“Modern・・・”
4.Cynical
5.生きてく強さ
6.君が見つめた海
7.ずっと2人で・・・
8.『ザ・スタンダード』(奥田民夫)
9.WET DREAM
10.FATSOUNDS
11.Way of Difference(アコギVer)
12.ひとひらの自由
13.Believe in fate
14.BROTHEL CREEPERS
15.VIVA VIVA VIVA
16.誘惑
17.航海(新曲)
----------------------------
Enc.
1.HOWEVER
2.またここであいましょう
3.HAPPY SWING
4.SHUTTER SPEEDSのテ-マ
5.BURST


BOYS ONLY NIGHT
【大阪BIG CAT】(男限定ライブ)
2002/8/27 (火)
1.HEAGY GAUGE
2.BROTHEL CREEPERS
3.彼女の“Modern・・・”
4.Cynical
5.グロリアス
6.『ザ・スタンダード』(奥田民夫)
7.ひとひらの自由
8.『BOUND TO BREAK』(アンセム)
9.What's goin' on(ネバマイ曲)
10.またここであいましょう
11.WET DREAM
12.FATSOUNDS
13.VIVA VIVA VIVA
14.SHUTTER SPEEDSのテ-マ
15.航海(新曲)
----------------------------
Enc.
1.誘惑
2.BURST





★ FC Special Live ライブレポ ★
【GLORIOUS NIGHT CRUISE】
会 場:新潟PHASE
REPO:ともら〜
DATE:2002/8/11
GLORIOUS NIGHT CRUISE
ほとんど遅れがなくライブスタート!!
GLAYの衣装は
TERU・・・黒Tに黒パンツに黒ジャケット!髪の毛は切ってカッコ良かった!!
タクロウ・・・赤のノースリーブ、赤パンツ
ヒサシ・・・ピンクと黒の横じまの長シャツ!!チェックのスカート
ジロウ・・・青のジーパンに灰色のTシャツ

♪summer FM

テ「昔の夏の歌も歌うから!!」
客「いぇ〜!!!」
この時誰もが真夏の扉だと思った!!それを感じて
テ「そんなに昔の歌じゃないから!!」
♪YOU MAY DREAM

♪彼女の“Modern・・・”
タクロウ&ヒサシのブッキング!!相変わらずタクロウは右45度が
キムタクに似てる!!

♪Cynical
テル噛んだ!!みんな大喜び!!

テ「ある意味みんなはGLAYよりGLAYを知ってるからたち悪いよね!!」
客「いぇ〜〜〜〜!!」
テ「みんなで歌える曲を歌いたと思います!!」
♪生きてく強さ
またもテル噛んだ!!またまた大喜び!!

♪春を愛する人
♪Together

バラード系に入ってみんな一休み!!
正直酸欠で死にそうだったので助かった!!

テルアコギを持つ!!とまどいか?と思いながらテル喋る!!
テ「今までもカバーは5.6曲やってきたんだけど、今回も1曲
やりたいと思います!!おれの大好きな奥田民夫さんのザ・スタンダードです!!」

♪ザ・スタンダード

ヒサシが光ってるギターを持って図太い音を奏でる!!
♪WET DREAM

テ「ひゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
♪FAT SOUNDS

テ「グロッキーになってる人いないね〜!!?」とヒサシが手を挙げてしんどそうに喋る
ヒ「まだ10曲なんだけど髪の毛が・・・。」ヒサシの髪の毛が凄い事に!!
前髪が落ちてきて見えにくそうな状態に!!
テ「またここであいたいという気持ちがねあるんで!!」
♪またここであいましょう

シゲの奏でるピアノに引き込まれ
♪都忘れ

テ「家に帰ったら会報見てみてね!!アンケートを元にやってるから!!
会報見て、これもこれもこれもやったってチェックしてね!!GLAYは律儀
だと思うでしょ!!」
テ「まさかねこの曲が上位に来るとは思わなかった!!こっからホント
ハードできつくなるから気をつけてね!!倒れないように!!」

♪Believe in fate

♪BROTHEL CREEPERS
「王様だ!!」

ジロウ何も喋らずにそのままノンストップで
♪SHUTTER SPEEDSのテ-マ

ノンストップで
♪誘惑

テ「この曲が最後です!!今回のアルバムの曲で核になる曲です!!」
♪航海
----------------------------
Enc.
みんなグロリアスナイトの黒Tで登場!!

テ「みんが好きでいてくれたらいいなと思う曲を歌います!」
♪BELOVED

♪HAPPY SWING

「ここは花の新潟だ〜!!」

♪More Than Love
「ジャンプ!!」

テ「この曲は歌って欲しい曲ナンバー1だ!!」
♪BURST
テ「新潟みんなの声だけを聞かせてくれ〜!!!」とあおる!!
爆破なく終了!!
テ「夏の思い出になった最高のライブだったぜ!!サンキュウ!!!」



【GLORIOUS NIGHT CRUISE】
会 場:新潟PHASE
REPO:kira
DATE:2002/8/11
GLORIOUS NIGHT CRUISE
私の目から見たライブの感想。
TERUさん、髪の毛パ-マじゃなかったので、あの頭が嫌だった人、
安心して行って下さい、98年位の様なヘアでしたから。
金パじゃなく、茶色かったんで。楽しみに行って下さい!
全体的に懐かしい曲ばかりで、BESTALBUMを聴いてる様なライブでした。
本当に聞きたいと思ってた曲ばかりで。
Togetherなんて、予想もしてなかったし。
TERUさん、歌詞噛みすぎですね。もう少し練習して下さい。
TAKUROさん、ハモリが大きくて、TERUさんの声量と同じでした。
あまりTERUさんの声が聞き取れなかった曲もありました
(MoreThanLove,生きてく強さ)それはそれでいいですけど・・・。

Togetherの時TERUさんが熱唱しすぎて、そのまま倒れるんじゃないかと
心配でした。立ってるのもフラフラっぽくて。
でもいい声に磨きがかかってました。

新曲の「航海」タイトルはすごいけど、歌詞もすごい。
よく覚えてないけど、ぐっとくる物がありました。
10分アンコ−ルを続けるのは大変でしたけど、
出てきた瞬間はやはり嬉しいですね。
BELOVED。本当久しぶりに聞きました。あんなにいい曲だったんですって
事を忘れてました。



【GLORIOUS NIGHT CRUISE】
会 場:Zepp Sendai
REPO:モギュ
DATE:2002/8/12
GLORIOUS NIGHT CRUISE
かれこれ30分押しでスタート!
ライブハウス初参加の私は場所取りに失敗。とてもせまい。
しかも、私の身長は高く見積もっても153センチ。そんなミクロな世界からこんばんは。
ほぼヒサシ氏しか見えない。しかも上半身。
ゆえにメンバーの細かい動きは分かりません。ごめんね〜。
雰囲気だけでもお伝えできればと思います。

服装は新潟のと色違い系。
ヒサシ氏は緑と黒のしましま。髪は昨日の事態をふまえてかサラッサラ。普通におろしてる。
ほんと羨ましいくらいにサラサラ。でもジャマそうにしてました。札幌からまた変わるかも?

1.summer FM
この曲は何度聴いてもよいね。やっぱり幕張を思い出します。
今日もヒサシ氏のアコギがステキでした。

2.YOU MAY DREAM

3.More than Love
イエス!イエス!周りを気にしつつも飛び跳ねる。調子でてきた。
でも、顔のすぐ横と頭の上に人様の腕が!突き出した拳が!危険だ。

4.Cynical
オリジナルに近い感じ。
エキスポでアコースティックバージョンは聞いたことあるけどこちらもよいです。

5.グロリアス
テル氏歌詞間違えたね。

6.春を愛する人
はじめてライブで聴いた。じ〜んときた。この曲のギターソロはタクロウ氏だと知る。

7.ずっと2人で・・・

8.the pillowsの「RUSH」
みんながのりやすいようにかな?メンバーが1番飛び跳ねてた。粋なヤツラだなと思った。

9.WET DREAM
ヒサシ氏、今日も光るギターでぶっとい音をだしてたよ。
ONE LOVEの時と少し違ったアレンジのような気がした?

10.FATSOUNDS

ここでアルバムのお知らせあり。
テル『今はじめて(アルバムについて)聞いた人もいるでしょう?』
会場「・・・」
テル『あっ、みんな知ってるんだ?』
知ってるとも。なんたってみんな、なんらかの会員なんだもの。(笑)

テル『次はそのアルバムの中の曲で"またここであいましょう"なんだけど、
この曲は東北ツアーでもやってた曲で、
やったよね?言うなれば東北生まれの曲とも言えるわけだけど〜』
『歌詞覚えた?では一緒に歌ってください。』


11.またここであいましょう
この曲だけはしっかり歌詞を覚えて行こう!

12.Way of Difference
アコースティックバージョン。良かった。ジロウ氏は得意のマラカス?を披露。
ここでテル氏からお叱りの言葉が。
実は会場のみなさん、勢い余ってこの曲まで熱唱。"またここ"より声でてた気がする。
テル『予想外のことが起こるとジーンとしちゃうね。でも、俺の歌を、声を聴いてよ!
勝手に酔うなよ自分に!まぁ、よかったけどね。』
(注:笑顔です)

13.Believe in fate

14.BROTHEL CREEPERS
最高かっこいい!英語の方をテル氏。歌詞にある方をタクロウ氏が歌ってました。

15.SHUTTER SPEEDSのテ-マ
あたまのジロウ氏のコメントなし。お約束の『仙台!』はあり。

16.彼女の"Modern・・・"

17.航海(新曲)
この前のGRCでかかってた曲だと思う。いいかんじ。
----------------------------
Enc.(はじめは「アンコール、アンコール」途中から"生きてく強さ"にチェンジ)

テル『とっても速い(テンポが)"生きてく強さ"どうもありがとう』←ツボッた。笑けた。

1.逢いたい気持ち
でだしの"逢いたい・・"がたまんねー。やっぱしテル氏の声っていいよね。

2.HAPPY SWING
今日のライブで1番あったかい感じがした曲です。いつもよりゆっくりなテンポで、
会場のみんなを見回しながら
「ありがとう」って言ってくれてるような、「みんなが大好きさ」みたいな?(笑)
そんな気持ちがすごく伝わってきた。
すーごく良かった。GLAYはホントにファンを大事にしてくれてるんだなって実感した瞬間。

3.誘惑

4.BURST
声枯れた。燃え尽きた。

ミニ情報
タクロウ氏のTシャツは10枚販売されたみたいだけど、徹夜組が出てしまったので
急遽整理券を配ったそうです。

とにかく最高なライブでした。単なる感想文みたいになったけど読んでくれた人ありがとうね。



【GLORIOUS NIGHT CRUISE】
会 場:Zepp Sendai
REPO:神楽
DATE:2002/8/12
GLORIOUS NIGHT CRUISE
今回は初めてのライブハウスでかなりオドオド気味だったんだけど。。。。
何のことはない、Zepp前に着いたらそんな気持ちもふっとび態度がでかくなる(笑)
入場時、自分の整理番号が近づいてくると気持ちがだんだん高ぶってくるのがわかったよ!(^^)
1000番代だったんで、後ろの方だったんだけど結構スペースあって移動が楽にできました。
GLAYの曲がずっとかかってました。
もちろんジロウさん側から動くものか!!(笑)と向かって左側をキープ。

30分押しでスタート。
メンバー登場!
あたしの身長(164)では、タクロウさん以外の上半身しか見えず。
ヒサシさんは、緑と黒の太いボーダー。鬼太郎のような。髪は下ろしただけのサラサラ。
邪魔そうに何度もかきあげてた。
ジロウさんは、黒の襟つき半袖シャツ(ポロシャツみたいな感じの)
髪は今の髪型そのまま。
テルさん、髪は立ててました。おでこ全開〜!!少し痩せてた!!と思う。。。

始まる前にテルさんが、「押したりしてケガのないように。そういうことがあるとオレ達は
一度このステージの後ろに下がらなければならないんで。あと、具合の悪い人が居たら
周りの人助けてあげてくださいね。」
らしきことを言ってました。
ちょ〜〜〜っと違うかも。。。多目に見て。。(^^;)
その後、ジロウさん『ぶったおれんなよ!!!』と!
「おぉ〜〜〜〜〜っ!!!」と会場!!○(>▽<)○

1.Summer FM 
夏。。。ですね。やはり、幕張思い出します。海岸を車で走ってるイメージがあるなぁ。
始まった〜〜〜!!!!という感じで大歓声!

2.YOU MAY DREAM
初ライブスタジアムツアーで一番に聴いた曲。あの時とはまた違う身近な感じがしました(^^)
To the SKY!!!で思いっきりジャンプ!
3.More than Love
4.Cynical

5.グロリアス
テルさんが凄〜〜〜〜く優しい顔で会場を見てるのがわかりました。それにじ〜〜〜ん。。。。
少しうるっと(>_<。。きたんだけど、歌詞間違えたですね?(笑)
ジロウさんも笑顔!!!!

6.春を愛する人 
7.ずっと2人で…
テルさん声がのびて、ぞくぞくゾクゾクしました。この2曲続けられるときますね。。。(T-T)
8.RUSH(the pillowsのカバー)
ジロウの好きなピロウズのカバーです。こういうかっこいいバンドがいるのだ。
ということをテルさん言ってました。
カバー曲を聴いたのは初めてだったんで、メンバー全員がかなり新鮮!
よく飛んでました!!
9.WET DREAM
10.FATSOUNDS 
「ヒャーーーーーーーーー→!!!」で一瞬何の曲か忘れてしまった!(×_×)
ガンガン手振り上げて、ジャンプし通し!!
おまけに酸欠で声が出ない!!!ほんとに出ないんだよぉ!!
吸っても、吸っても酸素足りなくて。。。。。ちとヨロヨロしてました(笑)

11.またここであいましょう 
テルさん「みんなで歌える曲を行こうと思います。またここであいましょう。と言う曲なんだけど、
これは東北ツアーでもやったよね?言うなれば東北が発祥といえる曲なんだけど。歌詞覚えた??」

会場「いぇ〜〜〜っ!!!」
テルさん「では一緒に歌ってください。」
小森さんのイントロ。。。良い〜〜〜!!!(>_<。。
みんなで歌う!!!!イェ〜〜〜〜〜〜〜!!!!会場にマイクを向けて、うちらの声だけで!!というとこもあり(>▽<)一体感ありました!

12.Way of Difference 
これもイントロで涙ど〜〜ん。。。アコーステックバージョン。
ジロウさんが足ツボ押し(例えが変だけど)のような木の棒でコンコン♪コンコン♪
とリズムをとるんだけどぷりちぃ〜〜〜(*^o^*)
始まりでトシさんに「このリズムでいいの??」みたいに首をかしげているとこがもう。。。。
あうち!!!
やられっぱなし!(>▽<)
思わず小声で「かわいい。。。。」と言ってしまいました(笑)
その後、マラカスしゃんしゃん♪と交互にでした。
ず〜〜っとトシさんの方向いてましたね(笑)
ただ、この曲会場も合唱してしまいました。何かそうなる雰囲気だった(笑)
テルさん「オレの歌も声も聴いて!!自分に酔うなよ(笑)」と。
ごめんなさい。。。。(^^;)

13.Believe in Fate 
この曲、一度も聴いてなかったんで。。新曲のような感じでのってました。

14.BLOTHEL CREEPERS
これは最高にかっこいい!!!つまり!!つまり!!が(笑)

15.SHUTTER SPEEDSのテーマ 
これはもう。。。。言うことなしね。
ジロウさん「仙台!!!」

16.彼女の"Modern…"
ここらへんで2度目の酸欠状態。。。(×_×)3曲ハード系ノンストップ!!!!
ジャンプし通し!!!

17.航海(NEW ALBUMから新曲)
ほんとうに海原に出るという感じ。徐々にこう盛り上がるような。。


アンコール 生きてく強さが。。。。。
テルさん「早い、生きてく強さありがとう(笑)」
メンバーみんなGNC黒Tでした。

1.逢いたい気持ち
出だしのテルさんの声がとても良い。たまらない。。。。
聴かせてくれました。息づかいが何とも。

2.HAPPY SWING
「HAPPY SWING!」でテルさん会場を指さし、笑顔!笑顔!!笑顔!!!
愛を感じる〜〜!!(*^o^*)ありがとうっ!!て感じがした。

3.誘惑

4.BURST 
最後ノンストップでバースト!!バースト!!!!!
泣きながらバーストしたのは初めて!!!(T▽T)
もう、めちゃくちゃでしたね!(笑)
「GLAY最高〜〜〜〜〜〜!!!!!!」と叫んだ!叫んだ!!
ジロウさん最後までダブルピースで!!v(^O^)v


どっかでテルさんがマイクスタンドで開脚ジャンプしてたんだけど、思い出せないです。
(FATだったかな?)
会場に水かけた後、ジロウさんが足で一生懸命床拭いてたのが。。。(笑)
とにかく、燃え尽きました!!!!ハードでした!!!
熱いライブでした!!!


みんなが手振りするとほとんどメンバー見えなかったんで、細かい動きとか
よくわかんないんだけど。。
雰囲気少しでも伝わってくれれば。。。(汗)



【GLORIOUS NIGHT CRUISE】
会 場:Zepp Sapporo
REPO:苑
DATE:2002/8/14
GLORIOUS NIGHT CRUISE
席はTERUとHISASHIの間というよりJIROの正面。
前から5列目でした!

2階席に人が全員入ったところでライブスタート。
結局10〜20分くらいおしたのかな?
すごい歓声の中メンバー登場。
1曲目の「summer FM」を聴きながらメンバーとのあまりの近距離に
実感の沸かないまま感動してました。
あ、HISASHIさんの髪がサラッサラでした!!
そして歌うTERUさんに瞳は釘付け!!
TERUさんは右手に内職セットのリストバンドとみんな知ってる黒と赤のブレスをして、
指には一指し指にフィンガーバンド、薬指に指輪をしてました。
そして左手にブレスを一つ付けてましたv
ここでメンバーの衣装を説明します!

TERU>>最初は上着を着て登場したんだけど何曲目かですぐに脱いでました。
下には黒のTシャツを着てて「2002 GLORIOUS NIGHT CRUISE」って白字書いてあって
髑髏のイラスト入りのTシャツでした。
JIRO>>大きなダイヤモンドみたいなプリントが入っている紺色のTシャツv
下はジーパン。JIROくんの足は細かった!
HISASHI>>ピンクと黒の毛糸の長袖。暑そう(笑)
下は何て言うのか忘れちゃったけど、スカートにズボンの組み合わせv
TAKURO>>黒Tの袖なしバージョン。
右手薬指に指輪。筋肉の見える二の腕がまぶしくて男らしさ満開で素敵過ぎ〜!!
ギリギリまでメンバーが来てくれた時なんて、距離がもう3メートルくらいでした!!

TERUのMCで覚えているのは、「いつもこの季節になると函館に帰りたくなるんだよね」
と言ってました。
「みんなが来れるようにいつもこの時期にライブをするんだけど〜」とかも言ってました。
「やっぱり北海道に戻ってくるとね、イントネーションが変になるね(笑)」と言うと
会場から笑いが起きてました。
あと、最後の方のMCで「男〜!」って言ってました。

3曲目の「彼女のModern…」でHISASHIとTAKUROが接近してギターを弾く。
TAKUROさんはやっぱめちゃくちゃスタイルよくて足もマジで細長かった!!
「春を愛する人」を歌った後、TERUは深々とお辞儀。
他の曲もバラードの後は必ずお辞儀してました。
それに、バラードを歌う時のあのマイクに体重をかけて前かがみで持たれかかる様な体勢が
何とも言えない程気持ちをギュ〜っとさせられました。
「Together」の時はボーカルのTERUとキーボードのシゲさんだけにスポットが
当たってました。
「他の3人は何してるのかな?」と思って見てみたら3人とも俯いてました。

札幌ではTAKURO選曲のU2の「KITE」を演奏してくれたのですが、歌詞は英語で
聞き取れず、メロディーも全然覚えてないんです〜。スイマセン!
FATSOUNDSは生「ひゃ〜〜〜〜!!」が嬉しくて興奮!
皆さん「大体お前気にいらねえ〜!!」を指差しながら大声で歌ってました(笑)
「またここであいましょう」「みんなで歌って欲しい。自分なりでいいから歌ってね!」
TERUのMCで言っていた通りみんなで合唱して、TERUも笑顔で楽しかったよv

TERUさん、「都忘れ」の最初で初めて歌詞を忘れる。
本人は「うわ、やっちゃった〜!」みたいな顔してたけど客席は嬉しそうな歓声を上げる(笑)
「Believe in fate」は演奏の前にまずTERUのMCがありました。
「やってみたらすごい盛り上がってさ〜」と言うと客席から「何〜?何の曲〜??」との声。
それにJIROくんが「うるせえ!」と一言。
これが初めてのJIROくんの声だったのでみんな大喜び(笑)
「BROTHEL CREEPERS」はTERUが英詞を歌って
TAKUROが「だからただそばにある〜」の部分を歌っていて
この時はTAKUROさんに視線集中でした。

んでもって、「SHUTTER SPEEDS〜」はすごかった!!
JIROくんが何回も前に来てくれたんだよね。
ベースだから3人よりも後の位置にいるせいか
みんな「JIROが前に来た!」と言わんばかりにJIROの元に詰め寄る!
お約束で『〜人騒がせな札幌!!』と言ってくれてましたv
手で「来いよ!」っていう仕草をしたり
色んな表情でみんなを煽ってくれて良かったよーv
もうジャンプしまくりで、足を踏んだり踏まれたり
前の人の髪が口の中に入っても、靴紐ほどけててもそんなこと気にしてられない!
横の人がぶつかってきて、あやうくメガネが吹っ飛びそうになりました。
あれがないと何も見えないので危なかった〜!!(汗)
もう汗ダラダラでこんなに汗かくのは初めてかもしれないと思ったくらいの熱気ぶりに
自分でも驚き!

「誘惑」でふとHISASHIさんを見ると、初めはサラサラだった髪が
いつの間にか元のクセっ毛に戻ってました(笑)
曲が終わり、盛り上がっている会場が静まったのを確認してから
「次の曲で最後になるんですが…」とTERUが言うと
客席からは「え〜!!やだ〜!!」の声。
「9月19日にアルバムが発売されるんですが…」
TERUが話を切り出して軽くアルバムの話をしていたんですが
何を話していたのかさっぱり覚えていません…(><)
そうして「〜聴いて下さい、『航海』。」で、初めて生『航海』を聴きました。
メロディーとか全然覚えてないんですけど、
サビが「〜求め合い 愛し合い 奪い合い 与え合う」って歌詞でした。

曲が終わってメンバーが去っていくとすぐにアンコールの声と手拍子。
そしてアンコールの声がいつしか「生きてく強さ」の大合唱に…。
そうしてしばらくしたら、TERU、JIRO、HISASHIが黒Tに着替えて再登場!
TAKUROさんだけ「LOVE IS IN OUR SIDE」(?)って赤い字で書いてある
黒い袖なしを着てました。

「まだまだ歌い足りないみたいだね。でも次はバラードだから聴いててね。」
みたいな事をTERUが言って「BELOVED」が始まる。
この時初めてHISASHIが左手に黒いリストバンドをしていることに気付く。
多分何か赤い刺繍が入っていたはず。
「HAPPY SWING」でもお約束で『ここが華の札幌だ〜!!』と言ってくれてましたv

「VIVA VIVA VIAV」は楽しかった〜!!あの手招きするような振りでTERUと
お客さんで軽く遊びましたv
TERUさんが「ビバ!」と言ってワンテンポ置いて客席が「ビバ!」と返す。
という内容だったんですけど、「それでは、まず俺とシゲでお手本を見せます」って
言ってるのに客席からは既に声が出てました(笑)
TERU:「ビバビバ!」客:「ビバビバ!」
TERU:「ビバビバビバ!」客:「ビバビバビバ!」
ってな風にイイ感じでした。
そこでTERUさんは思いついたように「初の試みですが〜」と言って4ビバに挑戦!
(段取り通りなのかも知れないけど)
「ビバビバビバビバ!」と言うと客席からは上手に「ビバビバビバビバ!」と返ってきました。

「OK!TAKURO〜!!」のTERU声でTAKUROさんのギターから曲が再開。
ラストの「BURST」はTERUさんのマイクなしでの「バースト!バースト!」の声が印象的v
後の方は聞こえてなかったかも知れないけど、ばっちり生声聞こえたよv
あの反る様に両手を広げるポーズがカッコよかったv
「みんなの声だけを聞かせてくれ〜!!」で、もうみんなかなり体力消耗しきってるはずなのに
「バースト!バースト!」って大声張り上げてたよ!
あたしも頑張って叫んだ!
「OK!札幌!北海道!最高〜!イエ〜イ!!」で本当にみんなでバースト〜!!
最後はTAKUROさんが最前の子の手を叩いてあげたり
TERUが口に含んだ水を客席に吹きかけたり
JIROが水かけたりしてあげてましたv
「センキュー!!」とTERUが最後に叫んでライブ終了。


ライブの途中でTERUが2回位ペットボトルの水を右中央の客席にかけてました。
少しだけどあたしのほっぺと頭にも水がかかって幸せv
JIRO君もコップに入った水をかけて、ピックを2回くらい左の客席に投げてました。
あと、HISASHIのギターから赤い光りが出てました。
TERUは2階席を見ながら指舐め投げチューをしてました!
した後のニヤニヤした笑顔がカワイイんだけどまたいやらしいv
&TERUは何かの曲の後、マイクスタンドを持ち上げてそれを支えにして
高いジャンプしてました。
カッコイイ!

そして、タクテルの絡みv
TERUさんが左手を広げてTAKUROさんの肩の後ろ辺りに回して、
TAKUROさんはTERUさんの耳元に顔を近付けてましたv
TERUさんは本当に曲中や最後に2階席や前の子達の顔を見て指を指しながら
ニコッと笑ってました。
あと、当たり前の話だけど、TERUは間奏とか曲の間に必ず水分取ってました。(初めて見た)
んで、水を飲んだ後に口に喉の薬みたいなのをシュッと入れてました。

音漏れ隊で出待ちをして友達から聴いたのですが、バスの中からJIROくんがタオルを振って、
TERUさんが腕を上げて応えてくれていたそうです。優しいねv

GLAY、最高の夏の夜をありがとうv



【GLORIOUS NIGHT CRUISE】
会 場:名古屋ダイアモンドホール
REPO:はな
DATE:2002/8/16
GLORIOUS NIGHT CRUISE
初の箱ライブなので体力的にきつかったぁ・・・最高で前から2列目テッコ正面までいけました。
ってことで今日のメンバーは
TERU→黒の袖なしに黒のパンツ(祝?スカート卒業だねvv)
TAKURO→赤の袖なしに下はよく覚えてない。ゴメン。
HISASHI→緑(黄緑?)と黒のセーター?みたいの。
JIRO→黒のTシャツ。LONDONって文字が入ってた・・・と思う。

開演は結構早めでした。最初のほうはとにかくきつかったので覚えてる範囲で・・・
summerFM
この時点でアタシは照正面の5・6列目でした。
みんな跳ねててよく見えなかった・・・
YOU MAY DREAM
見えた!!近いことに気付きアタシも跳ねる。(笑)
More than love
感激!!
Cynical
尚サン動き始める。
グロリアス
みんな合唱してましたっ。この時すでに前の方へ。。でも気付いてませんでした。
春を愛する人
ずっと2人で・・・
初めて聞いたカナ?泣いてる人が多かったです。
the pillowsのRUSH
とってもノリやすい曲だなぁと思いました。ジロウ君が前に出てきました。

VIVA VIVA VIVA
今回のライブで一番心に残ってます。
「VIVA遊び」をやりました。
まずはテッコとSHIGEサンで見本。ちなみに1(ワン)VIVAでした。
そして客席。まずは1(ワン)VIVA!!
TERU「VIVA!」客「VIVA!」
2(ツー)VIVA
TERU「VIVA!VIVA!」客「VIVA!VIVA!」
3(スリー)VIVA
TERU「VIVA!VIVA!VIVA!」客「VIVA!VIVA!VIVA!」
TERU「次はちょっと難しいよ。4(よん)VIVA!フォーVIVAじゃなくてよんVIVAです。
ワンツースリーよんだから(笑)」

4(よん)VIVA
TERU「VIVA!VIVA!VIVA!VIVA!」客「VIVA!VIVA!VIVA!VIVA!」

10WET DREAM
尚サン1歩前へ(その場で)そして始まる。
11FATSOUNDS
テッコのひゃ−−−はとってもカッコイイ!!生で見たの初めてvv
12またここであいましょう
TERU「みんなに一緒に歌って欲しいと思います。」
みんなで大合唱。テッコの笑顔炸裂でした。
13Way of Difference
これもみんなで大合唱。一部テッコ歌わず。歌詞とんだ??この後MC。
TERU「とってもイイ感じでした。有難う!」
14Believe in fate
初めて聞いた曲。ノリやすくてよかった!!かなり盛り上がりました!!
15BROTHEL CREEPERS
英語?の部分をテッコ。歌詞カードに載ってる歌詞を琢郎サン&尚サンが歌ってました。
16彼女の“Modern・・・”
みんな跳ねまくり。倒れる人続出。大盛り上がり。
17航海
よかった。みんな真剣に聞いててイイ雰囲気でした。

〜アンコール〜
ジロウ君が客席にむけて水をまく。
軌跡の果て
意外だった。すごい好きな曲だし聞けて良かったと思う。
HAPPY SWING
みんな歌ってた。テッコがとっても近くに!!カワイイ笑顔を見せてくれましたvv
誘惑
ギターソロで尚サンセンター前へ登場!!
カッコよかったvv思ったより大きかった気が・・・
BURST
4人とも前へ。琢郎サンが右端でスッゴイ前に出てた。
TERU「みんなの声だけを聞かせてくれよ!!」
(マイクなし&演奏なしで)TERU「Let me BURST」客「BURST!BURST!」
少しの間同じ状態が続き・・・
テンポ速で演奏も入りTERU「Let me BURST」客「BURST!BURST!」
最後にピック投げ!テッコは口に水を含むと「プーっ!」ってふいてました!
それをステージの端から端まで!!みんなで浴びました。(笑)
そして終了。

最初のほうのMCであったのですがテッコは名古屋城のお祭りに行ってきたらしいです。
そして「テッコ」というおばさん2人組に出会ったらしいです。
路上で楽器を演奏していて夢を追う姿に心を引かれたみたいです。
ちなみにそのおばさんは2人合わせて98歳だそうです。
今回テッコ以外のメンバーは一言もしゃべりませんでした。

おまけ(私事)
トイレに友達と他1人の3人で閉じ込められたんです。
そしたら「キャーキャー!」って声が聞こえてメンバーだってことに気付いて扉に耳を
押し付けたんです。
そしたら「おはようございます」ってメンバーの声が!!5cmの扉の向こうにはノーメイクの
メンバーがぁ!!尚サンは一人遅れて会場入りしたらしくてファンの子に手を振ってくれた
らしいです。
ネスターが外をフラフラと歩いてました。思わずシャッター押しちゃいました。(笑)



【GLORIOUS NIGHT CRUISE】
会 場:東京国際フォーラム
REPO:ai
DATE:2002/8/19
GLORIOUS NIGHT CRUISE
 今夜は、古株ナイト(結構このネーミング気に入った(^^;)です。
会場は、初の国際フォーラム。駅降りてすぐなので、わかった。
駅から会場に向かう中にも、ダフ屋登場。あんたら、なんでチケットもってんねん。
 今回は、結成2年以内にってHAPPYSWINGER・・・なんか年齢層が高かった気がする。
 

 会場に入るまで、随分と並び、建物内に入っても会場に入れたのは6時40分?くらい、
すでに1時間も押してる(^^;    
会場に入ると、SEはGLAYの曲、懐かしき「KISSEN NOISE」から「逢いたい気持ち」
までさまざま。
会場に入って私の席は、2階24列。後ろから3列目だった(^^;。結構広い会場に、
ビックリしながら、リサイタル!とかが合いそうな、綺麗な会場だった。
私たちの席は、天井に届きそうなくらいの高さでした。そのくらい傾斜がついてた。
 会場が埋まって・・・19時20分、客電が落ち幕が開く、あっこの曲は

1.「summer FM」だ〜  おっみんな座ってる、アコギ??
衣装は遠くって、動きしか良く見えなかったけど
TERU>黒っぽいジャケットにTシャツ、
JIRO>TERUチックな感じ。
TAKURO
>やっぱノースリーブ 
HISASHI>あの噂の暑そうな赤と紺っぽいボーダーの服に
チェックのスカート、生脚ブーツ(ほっそー)。髪は白と黒っぽいのの半々で。
あ〜ほんと遠くって、仕草、表情はわかんない。大きな動きで許してね。
この曲は、やっぱり幕張を思い出しちゃう、アコギだし感動してる(もう(^^; )
TERU「今日はね、ほんと、みなさん3年以上契約してくれて、ありがとう
(契約って会社かよv(^^)v)、まぁーアコーステックなんで、まぁーすわって
(ここで、みんな着席)アコーステックで、ゆっくり、くつろいで聴いてください。
久し振りにやります」

2.「a Boy〜ずっと忘れない〜」
う〜LIVEで聴くの久々。大好き、間奏の切なそうに弾くHISASHIのアコギが大好き。
みんな静かに聴き入ってる。
3.「Way of Difference」
シーンとした間奏から、聴きなれない・・・・♪行く先はそれぞれに〜〜  
あ〜アレンジが全然違くって分からなかった。JIROちゃんがマラカス振ってる。
TERUギターを持つ
「今日はね、ほんと、おして申し訳ない。ここは、オーケストラとかがやる会場で
そんな会場で、GLAYの音楽がどうやったら、よく聴こえるか、いい音を出そうと思って
やってて、やっと良い音が出来た!って思ったらその時点で6時半でした(笑)

(おいおい、それって開演時間よぉ〜)。でも、どうだった??良い音でしょう??ね?
(会場から拍手)と、許してもらったところで(笑)・・・・次の曲は、この曲をやると
ドームツアーを思い出します。

4.「Good Bye Bye Sunday」
なつかしい。でも、アコギピッタリ。TERUの声もいい感じ♪
TERU「じゃー最後の曲、みんな一緒に歌ってください」
5.「I'm in Love」
あれ??おわり??みんな座ったまま、手拍子・・・・
曲が終わって、幕まで落ちて。おいおい(^^;

フツーに手拍子・・・しばらくして
あっこの曲
6.SPEED POP
7.「HAPPY SWING」
会場も明るくなって、みんながよりはっきり見える。GLAYの4人より
前の何千人のファンの方が私には良く見えた(^^;
盛り上がるね。この曲。♪ここは華の東京!!
8.「More than Love」
明るい中、4人が前に!!(遠いけど・・・)きゃーHISASHI〜さらに
9.「Cynical」
あ〜この曲ここで聴けるって、なんか、最高!!HISASHIがセンターでまわるまわる、
間奏のツインギターも、ちょーかっこいい。
10.「生きてく強さ」
みんなで唄う。名曲だわ〜
11.春を愛する人
ピアノの前奏から始まりTERUが♪サーンシャイン・・・・・って唄い出したら歓声が、
みんな好きなんだね〜この曲。私もLIVEで聞くの2回目?かも。
TERU「今回、新潟,、札幌、仙台、高松と廻ってきて、5ヶ所目・・・(会場から名古屋ーって)
そうそう(笑)名古屋もあったね。ずっと、ここより小さいところで廻ってきて、
今回、久々のこのくらいの会場で・・・・なんか、アコースティックでは異様な雰囲気で。

(なんだい、TERU?盛り上がりに欠けてるかい??確かにいつもより静かだなぁ〜。歓声とか)
まぁ〜俺らがアマチュアのときから、ずっと大切にしてきた曲、大切なときにしか
歌わない曲・・・聴いてください。」

12.「ずっと2人で・・・」
お〜こうきたか・・・・みんな感動でしたね。
おわって、
結構シーンってしてて
TERU「みんな、かたくない??伸び足りなくない??いつもより伸びてないでしょう??
いい??リラックスして。」
(やっぱり、静か??)
客「はーい」
13.「SOUL LOVE」
なんか、幸せになれる曲だよね。いい!!
TERU「今回のツアーは、メンバーそれぞれが選曲した、カヴァー曲ってやってて
その中でも、TAKUROの選曲した、U2の曲は、すっげーカッコ良くって
メンバーみんなに気に入ってます。
(でも、HISASHIの選曲はマニアックって
言ってたわよ、あーた(^^; )きいてください。」
14.「KITE」(U2)
かっこいい。英語もいいかも、TERUっち。
HISASHIのギターが赤く光る!!これは、もしや
15.「WET DREAM」
16.「FATSOUNDS」
この2曲は、HISASHIの独壇場よぉ〜〜〜って私が思ってるだけかしら??
世の中の、HISASHIファンは倒れたはず・・・・・かっこいい!!
間髪いれず
17.「誘惑」
やっぱり、間奏のHISASHIがとってもかっこいい!!で
ジャ〜〜〜ン。JIROちゃん、前へ。
ひときわ大きな歓声(やっぱり、JIRO人気はさすがです(^^;)
18.SHUTTER SPEEDSのテ-マ
サビでは、TERUがHISASHIの肩に手を回して・・・う〜かっこいい!!きゃー
TERU「次の曲で最後になります。9月に新しいアルバムが出るんですが
その中で,核になる、アルバムを象徴する、今の俺たちを、象徴する曲です
聴いてください。航海。」

19.「航海(新曲)」
う〜なんか、壮大な曲。ほんとに、なんか、スケールの大きな曲って感じ。
来週のGRCでは聴けるかな。うん。いい曲です。

TERU「今日はほんとにありがとー」  HISASHIは跳ねながら退場。その歩きかた
変だって(^^;TAKUちゃんは、最後に、両手を広げて最後に退場でした。

アンコール、アンコールと、結構長めの、時間が・・・・。生きてく強さにはならなかったなぁ。

客電消えて、G4登場。
4人とも,ツアーT(カミナリT)着てました。黒の。
定位置について、TERUとTAKUちゃんが指差しあって、なんか譲り合ってたのが
なんか、よかったよぉ。
TERU「アンコール、どうもありがとう!いま、楽屋でもっと激しい曲を
やろうって、話し合ったんだけど・・・・
(そんなに、煽りたかったかい??)
シングルを2枚出しまして、そのうちの一曲・・・」
1.「逢いたい気持ち」
TERUの歌い出し、生でも最高でした。
TERU「そんじゃーねー、次はみんなにマイクを渡します!」会場から「えー」と
TERU「そんな、喜べよ(笑)。この曲はみんなと一緒に唄って来たんですけど
東京は、大丈夫かな??自信ない人?」
会場で何人か、手を挙げる。
「まぁ、俺も歌詞間違うし・・・うんうん」(TERUそれ励ましてるの(^^;?)
2.「またここであいましょう」
東京、大丈夫でした。
3.「Believe in fate」
なつかし〜LIVEで初めてきいたよ。かっこいい曲だ。
4.「VIVA VIVA VIVA」
噂の、one two three ”よんVIVA”やりました。TERUは「上手いもんだねー」
って誉めてくれました。ラストは
5.「BURST」
やっぱり、盛り上がったね。最高でした。何回もBURSTやって・・・ヘトヘト。
お約束TERUの「イェ−ーーーー」を、何回かやって。
結構あっさり帰ってった(^^;TAKUちゃんはやっぱり、最後だったけどね。

21時50分・・・・台風もどこか行ってました。さすがGLAYマジック。
レボっていうよりは、半分は私の感想。今回は古株ナイトってこともあって
やっぱり、結構、キャーキャーしてなかったと思う。
でも、けして、盛り上がってなかったわけじゃないので。と思うけど(笑)。
長々と、読んでいただいて、ありがと〜〜〜(TERU風)(^o^)/



【GLORIOUS NIGHT CRUISE】
会 場:広島CLUB QUATTRO
REPO:眞澄
DATE:2002/8/21
GLORIOUS NIGHT CRUISE
〜8月21日(水)広島クラブ クワトロにて〜

行ってきました。私にとってのライブハウスでの初ライブに。
行くまでは、本当にドキドキしっぱなし。どうなるのか分からず、いろいろ心配してたんだけど、
まず、会場に入って驚きました。「せまい〜」それは私にとって、とても衝撃的でした。
急いで席をキープしたのですが、数えてみると、そこはナント前から6列目!
おまけにTERUが立つであろうスタンドマイクから、僅か数メートルの位置。
もうそれだけで、かなり興奮状態。「こんなに近くでいいの??」って感じでした。
時計を持っていなかった私にとって、待っている時間は、とても長く感じました。

そして、広島の「壺」って番組のジャケ高波さんが登場。
(GLAYと仲のいい、あのお方)
「え〜今日はGLAYのグロリ・・・」といきなり、で出しで噛む。
みんなそこで大爆笑。その後はライブでの注意事項についてのお話。
「みんな絶対に押したらダメだよ。ここで見るのも、あそこで見るのも一緒だから!!」
GLAYをこんなに近くで見れるだけでも、すごい事なんだから。」と言って、
一番前と一番後ろを指差す。
そして「あと携帯の写メールも絶対禁止!って言うか撮ってたら、すぐにメンバー、
気付くよ。そしたらメンバーのテンションが下がって、つまんないライブになるからね。
そうならないように、ちゃんと守ってね。」
そこで会場のみんなが「はあ〜い!」と返事。
そんなこんなで、高波さんの話は続き、その時、既に、和やかなムードになってたの。
あとはスタッフがビデオを2つもまわしてたよ。番組でやるのかな?と、ちょっと期待。

ここで、みんなに一言、断っておきたいけど、完璧に覚えてないし、
聞き取れなかったり、たぶん・・・て感じの表現があると思うけど、許して下さいね。

長くなったけど、いよいよライブがスタート!!
4人が登場・・・。が、しかし、TERUだけは後向き。「もう、じらさないで!!」
ここでメンバーの衣装を紹介しておきます。

TERU・・・・紺色っぽいジャケットとパンツ(上下ともにチェック)中にはドクロ
       マークと、文字の書いてある白いTシャツ。
       左手には黒のリストバンド。右手には赤と白のゴムのようなものつけてた。
       そして、フィンガーバンドだっけ??
       あとは薬指にシルバーリング。髪はベッカムとは気が付かず、ゴルゴ松本
       だと思った。

JIRO・・・・・TシャツにGパン(白くマダラに抜けてるやつ)
       右の薬指にシルバーリング。小さいペンダントトップのついた、ペンダント
       を付けていた。

HISASHI・・・緑と黒のボーダーセーター。とにかく暑そう。黒の革紐にシルバー
        が2つ付いたペンダント。
        パンツはTERUと、お揃いかのように見えた紺のチェック。
        スカートっぽくなってた。  
        そして右手首の裏に紫色の何かのマークがあった。髪はちょっとだけ
        かためてた。

TAKURO・・・黒のカミナリシャツ(もち、ノースリー)に、あれはGパンだったのかな?
        とにかく超スレンダー。かっこよかった。あとは右の薬指にシルバーリング。
        (女の子が、しそうな細いタイプだった)そして右手の肘の裏あたりに、
        赤い文字が2文字。←これ不明。
      
1.Summer FM
   TERUが前向きになり、歓声もひときわに!やっぱりこの歌は幕張を思い出す。
   そして会場に向かって、満面の笑顔にVサイン!きゃわゆい★

2.YOU MAY DREAM

3.嫉妬
   いきなり、で出しで歌詞を間違える。そしてまた、やっちゃったテレ笑い。
   JIROちゃんも笑ってる。←こっちは呆れ笑い。

4.Cynical

〜MC〜
   ほとんど覚えてないけど、TERU「広島〜!盛り上がってるか?いや〜久しぶりだね。
   広島のこの会場でやるのは、初めてなんだけど、 かなり、みんな熱いね。
   そしてみんなHAPPY SWINGERだから、アットホームな感じだし、
   親戚って感じでいいね。だけどみんな、熱いライブにしようぜ!盛り上がって行こうぜ!」
  

5.生きてく強さ
   会場も一緒になって、歌う。盛り上がってました。

6.春を愛する人
   やっぱり、この歌を待ってた人は多く、会場は、ざわついてました。

7.ずっと二人で・・・
   前奏でピアノ?の音が流れ、何の曲か分からなかったんだけど、 始まったら、
   みんなシ〜ンとして聴き入ってました。
   私の前の方に居た子は、泣いてました。私はちょいとウルッときました。1番は
   しっかり目を見開いて、TERUを凝視し、(こわい?!)2番は目を閉じて、聴きました。
   やっぱ、いい歌だ。でもこの瞬間、私の夢見た「都忘れ」は歌わないんだろうなって、
   寂しい気持ちにもなりました。

〜MC〜
   「シィ〜ン・・・」とTERUが両手を広げながら言う。
   そして、みんな爆笑。「いや〜さすが会員のみんなだけあって、聴くところは
   聴く。騒ぐところは騒ぐ。歌うところは歌う。
   黙るところは黙る。(笑)みんなすごい、揃ってるよね。さすがだね。」

   あとはカバー曲について、それぞれの選んだ曲の話をして、「俺が選んだのは、
   奥田民夫さんの歌なんだけど、
   なんで、広島なのかと言うと・・・
(「なんで、広島では奥田民夫さんの歌なのかと言うと」
   の間違いでは??)
   民夫さんは広島出身なので、選んだんだけど、少しでも近づけるように、頑張ります。
   すっげ〜いい歌なんで聴いて下さい。」


8.ザ・スタンダード(奥田民夫のカバー曲)
   民夫さんの独特な、けだるさはなかったが、本人よりいい歌に聴こえた。(ヨイショ?!)
   ♪裸のあなたを、もっと、もっと知りたい〜って感じでちょっとエロティック(笑)
   ♪あなたに会えない時は、死ぬ程、寂しい〜これはすごく切ない感じ。
   とにかくいい歌でした。(本人が歌ってた時は、これほどまで歌詞を聞いたことがなかった。
   ごめんなさい)

9.WET DREAM
   この歌だったかは忘れたけど、HISASHIのギターがキュイイ〜ンってなり、
   マイクが言ってるのかと思い、
   みんな笑ってたら、HISASHIの音だった為、その瞬間、会場からは「ひゅぅ〜」と歓声。

10.VIVA VIVA VIVA
   途中でTERUのMC。「みんなも一緒にやってみよう!」ってな感じで、TAKUROとTERUが見本を見せる。
   例のワンビバ、ツゥービバ、スリービバ、よんビバが始まった。
   (本人はおかしいことに気が付いていないのだろうか?!)
   でも、TERUのあの手招きは、超かわいいよね。幼稚園の先生が、お遊戯とかで、
   おいでってやってるみたい。
〜MC〜
   みんなで遊ぶのに、この歌はいいよね。でもワンビバて言ったら、みんな笑うんだ。
   ってTERUが言ってたら、そこでJIROちゃんが口を挟む。
   JIRO「・・・て言うか、この人って絶対におかしいよ。(笑)(よんビバのことツッコミ
   入れるのかと思いきや、)ワンビバって絶対におかしいよ。この人おかしいもん。
   だってこの間バーベキューやった時だってさ、セミをピトッってやったら、「わあ〜」
   って逃げて、またピトッってやったら、「わあ〜」って、また逃げる」

      と言いながら1人2役を演じるJIROちゃん。(ジェスチャー付きで)
      そして「セミだよ、セミ!」ってJIROちゃんが言うと「セミ嫌いだもん。」とTERU。
   JIRO「この人、ヘンなものが嫌いで、例えば、ハムスターとか」
   TERU「ハムスターだよ!あれってネズミじゃん!!ネズミだよ〜、ただの。」
   JIRO「あと、かぼちゃとか、〜とか・・・」ってブツブツ言ってたけど、
      よく聞き取れなかった。「あっ、あとプリンとか」
   会場はずっと、大笑い。
   TERU「プリン、いや!」
   会場「えぇっつ〜〜〜!!」
   TERU「あと小鳥とか、・・・」(あとは忘れた。)とにかく小さいものが嫌いとTERUは
   ブツブツ言ってた。
   そして、「人の事言うけどさあ〜、つけもの嫌いなくせに!」と反撃するTERU。
   JIRO「つけものだよ、だって臭いじゃん!・・・て言うかそのマイク!
       シャッタースピードの時、俺も使うんだけど、TERUがつけもの食べた後、
       それ使ったら、くさいもん!」

   会場中、大爆笑!!
   JIRO「じゃあさ、〜がそこに落ちてたら、どうする??」
      (たくあんって聞こえたんだけど、よく聞き取れなかった)
   TERU「プリッってやるね。」と言ってヘンなポーズをする。
      あとは覚えてないけど、そんな感じで、2人は子供のケンカみたく言い合いこをしてました。
      あんなにJIROちゃんが喋るなんてって驚きでした。残りの2人は、と言うと・・・。
      そのやりとりに、釘付けだったため、見ていません。ごめんなさい。
   TERU「次の歌は、みんなで一緒に歌って欲しいんだけど、まだ歌詞を覚えていない人も
       いるだろうけど、間違ってもいいから、自分なりに大きい声で、歌ってみて下さい。
       恥ずかしがって、普段歌えない人も声を出してみたら、きっと楽しめるようになると
       思うから。
       この歌はすごくいい歌だから、これからは、みんなでライブの時、
       一緒になって歌っていきたい思います。今までは「生きてく強さ」が
       そうだったけど、これからは、またこの会場で会えたらいいねって
       気持ちを込めて、この歌を、歌っていきたいと思います。20世紀で
       「生きてく強さ」は終わりにして・・・」

       会場は「え〜〜〜!!」とブーイング!・・・て言うか、さっき歌わなかったけ?!
       TERUさんよ〜って感じ。
       「21世紀からは、「またここで逢いましょう」と言うことで」と再びTERU。
       (いや〜、もうとっくに21世紀なんだけど)

11.またここであいましょう
   会場は一つになって大きい声で歌ってました。
   TERUは嬉しそうに笑って、OK!と親指を立てていました。
   そして曲の最後の♪逢いたくなったら〜
   を歌い切り、両手で投げちゅう!!いやぁ〜ついに、出た!出た!!良かったよ。

12.Way of Difference
   この曲も出だしが、何の歌か分からず、新曲?って思ってたら、
   ♪逢いたくて〜と始まり歓声が飛ぶ。アコースティック、バージョンで、とても良かった。  

〜MC〜
   「このWay of〜は」と言おうと思ったら、またしても噛み、みんなに笑われるTERU。
   「なんかねぇ、俺ってこうやって低い声で喋ると、結構、噛むんだよね。(言い訳中)
   うえいおぶ〜でぃふぁれんす〜」とムキになって、1オクターブ高い声で喋るTERU。
   もう、かわいすぎ!! 
   改めて、再トーク。
   「出だしに、みんなの反応がなくて、♪傷つけあわずにはいられずに〜って歌ったら、
   「ひゅう〜」ってすっげぇ〜反応してくれるんだけど、一番いいところで、盛り上がる
   んだけど、みんなの声で俺の声が聞こえないの。」

   またみんな大笑い。・・・でも、もう1つTERUにツッコむと、それは2番の歌詞なんだけど・・・・。
   「みんな知ってると思うけど、会報でライブで聴きたい歌を募ったら、結構マニアックな
   歌が多くて、この歌もそうなんだけど、まあ、ライブであんまり歌ってなかったから・・・」

とか言ってました。

13.Belive in fate

14.BROTHER CREEPERS

15.SHUTTER SPEEDS のテーマ
   やっぱ、盛り上がりました。会場は熱気ムンムン。
   気が付いたら私は、前から3列目にいました。この歌から、盛り上がりピークに!!
   あと、私は、もう1つ気が付いたことがある。それは、いつの間にか、
   私の目はJIROちゃんを追っていた。
   JIROちゃんが、あまりにもかわいかったのと、(お持ち帰りしたいくらい)
   「勘違い!!」ってみんなにツッコまれると思うけど、JIROちゃんと目が合い、
   微笑んでくれたの。
   ・・・・て言うか、そんな気がしただけかも?!その瞬間からJIROちゃんに恋してしまいそう   だった。(笑)かなり単純な私・・・。
   「いけん、いけん、私はTERU一筋なのに・・・」って正気に戻りました。JIROちゃんに
   後ろ髪、引かれる思いで。

16.彼女の''Modern・・・''
   もちろん凄い歓声でした。

〜MC〜
   「え〜、9月19日に俺達の新しいアルバムが出るんだけど、その中でメンバーが
   とても大事にしてる1曲で、アルバムの中でも中心になってる歌です。
   この歌で最後になるけど、「航海」聴いて下さい」
とTERU。

17.航海
   ♪愛し合い、奪い合い、与え合い〜って感じの歌詞のところで、TERUの生ツバが飛ぶ。
   そのくらい熱唱していました。

この辺りだったと思うけど確か、TERUとJIROちゃんが、ペットボトルの水を会場に
まき散らす!
見事、私にもおもいっきりかかりました。(目にも入るくらい)でもその光景は、彼らからすると、
きっとエサに飛びつく鯉のようだったに違いない。
だって、みんな水にかかろうと必死だったから・・・。

この後はいつものように、「広島最高〜!センキュウ〜!!また会おうな!」の連発。
で、彼らは退場。そして、アンコール。

〜Enc〜

衣装はみんな例のTシャツだったよ。この時、初めて、上着を脱いだTERUと、
セーターを脱いだHISASHI。暑かったでしょうに・・・。おつかれさま〜。
   
1.BELOVED
  あ〜懐かしい。この歌ってGLAYがメジャーになったきっかけの歌だもんね。
  会場からも歓声。

2.HAPPY SWING
  これも幕張を思い出す。

3.誘惑
  再び、会場が沸く!!みんなグチャグチャ状態。手を伸ばしたら、もうすぐ届きそうな距離に
  TERUがいるあ〜、あともう少し。

4.BURST
  いやぁ〜、もう終わっちゃうよ。悲しくなってきたけど、久々の〆BURSTも、いいぞ!
  ♪LET’ME BURST〜何度も繰り返すTERU。
  もう、終わる・・・そう思った瞬間、また繰り返しに戻る。やった〜!!1分でも1秒でも
  いいから、長くここでGLAYと過ごしたい。
  そんな願いも束の間で、終了・・・・。普段大きい会場である最後のバーン!!
  ・・・・がない。そりゃ、そうだよね。ちょっと寂しい。
  でも、TERUが、水を口に含んで、ピュウ〜ってやったんだけど、それもいっぱい、
  くらっちゃいました。ひそかに、嬉しかった(笑)

あと、ゴルゴヘアー(ベッカム?!)はどんなに動いても、崩れてませんでした。お見事!!
ちなみにHISASHIは、すぐに崩れてペシャンコになっていた。
ライブ中、一言も喋らなかったTAKUROも初めて、最後では、笑顔になった。ヨカッタ。
本当は、ちょっと心配だったんだ。広島ってダメ?イケてない?たくちゃん的には。てね。
でも、HISASHIも、ちょっと「ホォウ〜!」て感じで叫んだだけで、トークはなし。
いつもそうかもしれないけど、それが少し寂しかった。

でも、初のライブハウスを満喫できました。本当に最高だった。
友達とは、一緒に見ることは出来なかったけど、1人でもハジケルことが出来ました。
いつか、1列目で見たライブよりも、良かった。サウナー以上に暑く、今まで生きてきた中で、
1番、汗かいたような気がする。 一生、心に残るいいライブだったと思います。   

長々と書いて、読みにくかったでしょうが、最後まで読んで下さった方、本当にありがとうでした。



【GLORIOUS NIGHT CRUISE】
会 場:Zepp Fukuoka
REPO:みぼりん
DATE:2002/8/22
GLORIOUS NIGHT CRUISE
行って来たよ!SPライブ!!私的に鬼門な^_^;Zeppも、
スタンドだったから安心して参加出来ました!

ほぼ定刻にスタートしたと思う。
前説で何とTOSHI登場!(実は誰か分かんなかったんだけど(;^_^A)
めちゃ楽しいトークで、ライブ前から笑わせてもらいました。覚えてる所だけ抜粋。
TOSHI「今日運良く録音機器を持ち込めちゃった人居る?でも録音はしないでね!
ステージに物を投げないでね。お金ならOK!
(会場爆笑)ウソウソ。危ないから辞めてね(笑)」

客電が落ちてメンバー登場!!
TERU:黒いジャケット。中は白いTシャツ。うわっ!ホントに頭がベッカムしてるよ(^^ゞ。
『テッカムヘア』と命名されたらしい。シルエットだけ見てるとゴリくん?
近くで見たらかっこいいのだろうか?変なパーマよりマシかなぁ。辛口でごめんなさい。
TAKURO:赤に黒の縁取りのタンクトップ。下はジーンズっぽく見えた。
ギターも赤できまってます!
JIRO:紺のポロシャツみたいな上着。JIROちゃんもジーンズに見えたなぁ。かなりラフな感じ。
HISASHI:黒と赤のボーダーセーターに、赤ベースのチェックのスカート。
生足にロングブーツ。思わず絶句な衣装だったかもf^_^;。
今までにナイ路線で新鮮と言えば新鮮?(かなり無理やり^_^;)

『summer FM』 この曲がオープニングってどうなの?って思ってたけど、
意外とすんなり盛り上がれたかな。
でもやっぱり野外で夕陽を見ながら聞くのが合ってると思う。

TE「イエー!福岡!盛り上がってよか?!(違う気が^_^;。とにかく変な博多弁使ってた)
さっき楽屋で習ったんだけどね(笑)。今日の前説は九州出身ってことでTOSHIに
お願いしたんだけど、最高だったでしょ?
(会場拍手!)なぜTOSHIを抜擢したかって言うと、
すごく上手なんだよね。お金投げていいよって言い出した時は、オイオイおひねりじゃないんだからって突っ込みたかったけど。あっでも、1万円札なら投げてくれてOKだよ(笑)」
みたいなこと
言ってた。最初からまったりトークで面白かったよ。
「こっからガンガン行くぜ!!OK?!」

『YOU MAY DREAM』 ライブで聞くの久々!!かけあいが盛り上がるね。
『彼女の“Modern・・・”』 定番曲もやっぱ良い!
『Cynical』 懐かしい!!前どこで聞いたか思い出せないくらいにf^_^;。
HISAくん舞ってた!
盛り上がりまくって熱い!いきなり汗だくだよ。スタンド思いっきり揺れてました。

TE「激しいナンバーが続いたんで、ここでちょっと救出タイム。気分が悪い人居ませんか?
もうダメって人手挙げて。
(前の方何人か救出されてた)他はみんな大丈夫?キツイ?
みんなもう半歩づつでいいから下がってみようか。えっ?そっか。バーがあるんだぁ。
うーん。じゃ、ちょっと我慢してね♪これがライブハウスってことでね(笑)。
次はみんなで歌えるナンバー行きます!」

『グロリアス』 何か久々!(←感想こればっか^_^;)

『春を愛する人』 きゃ〜!!初めて聞いた!!嬉しい!良い曲だよね。
ぜひライブの定番曲にして欲しい。
『Together』 またもやきゃ〜!きゃ〜!!この曲大好き!生で聞けて感激!
歌い上げるTERUとSHIGEさんだけにスポットが当たってて、演出も良い感じだった。

TE「次はカバー曲なんだけど。昨日は広島でオレの大好きな奥田民夫さんの「ザ・スタンダード」
って曲をやりました。他のメンバーの選曲もすげーかっこよくて、TAKUROはU2、
HISASHIはパンクが好きってことでアンセム。で、今日はJIROの選曲なんだけど、
JIROお薦めと言えば?」
 
会場「ピロウズ!!」
TE「当たりぃ!すげーかっこいい曲なんで聞いて下さい。」
『RUSH』(the pillows) ピロウズの曲ってあんまり聞いたことなかったんだけど、
この曲好き!!ホントにかっこいいし、盛り上がれました!

『HEAGY GAUGE』 うわっ!懐かしくて新鮮!!TAKUちゃんのギターが
思いっきり唸ってた。
『FATSOUNDS』 この流れはHGツアーを思い出すよね。
TERUのマイクスタンド開脚ジャンプもあり♪

TE「ここでみんなで歌えるナンバー行きたいんですが。7月に発売した新曲で
「またここであいましょう」なんだけど、もう覚えた?みんなで歌える曲って言うと
「生きてく強さ」が定番ですが、いつまでもそれに頼ってちゃいけねえってことで、
この曲をスタンダードにしたいと思ってるんだけど、GLAYの思惑通りには行かないようで(笑)。みんなサビは大丈夫でもAメロでマイク向けると慌ててキョロキョロしだすんだよね。
間違ってもいいから大きな声で歌おう!オレもリードするからね。でもあんまりオレに
頼んないでね。オレも間違えることあるから(笑)」
TERU、可愛いぞぉ!!
『またここであいましょう』 なかなか歌えてたのでわ。TERUも曲終わって、
「福岡、完璧!!」
って言ってくれてたし。GLAYの思惑は叶った?

『君が見つめた海』 おー、意外な選曲!TAKUちゃん、かっこよかったです!

TE「えー、FCライブってことで懐かしい曲もやってるんだけど、会報のザ・レイティングって
コーナーで今回のライブでやって欲しい曲を募りまして。その中の上位曲で、懐かしいんだけど、やってみたらすげーかっこいいナンバーがあるんで聞いて下さい。」

『Believe in fate』 これも初めて聞いた!!確かにかっこいい!この曲が好きって人が
多いの分かる気がしたよ。ギターもベースもドラムもみんなみんなすっごくかっこよかった!

『VIVA VIVA VIVA』 VIVA遊びやったよ♪途中で演奏がドラムだけになり、TERUが説明。
TE「じゃここでかけあいをやります!いわゆるキャッチボールね(笑)。まずお手本を見せる
からね。誰かお手すきの人?」
ステージを見回すTERU。何となくみんな目を逸らしてる風に
見えて笑えた(^^ゞ。
「えっと、じゃあ、暇そうなTAKURO!」TAKUちゃんの肩に腕を回して2人でステージ前に
出る。
TE「1・2・1・2・3・4!ビバ!」
TA:ギターをジャン!
TE「ビバ!ビバ!」 

TA:ギタージャンジャン!
TE「こんな感じで。手はこうね(手招き)。良い?それじゃ行くぜ!みんなで、ビバろうぜ!!
ビバれよ!
(ビバるって何^_^;)関係者、スタッフの方も参加して下さい!
まずは、1(ワン)ビバ!!」
3ビバまで続けてから、
「OK!それじゃあ、ここで初めての試み!みんなの声だけ聞かせてくれ!!
TOSHI、OK?じゃ、3(スリー)ビバでよろしく!」

会場の声だけで、ビバビバビバ!!楽しい〜!4(よん)ビバまでやって、
「OK!TAKURO!」で演奏に戻る。めちゃ盛り上がって楽しかった!!
2階の関係者席みたいな所に5歳くらいの男の子が居て、すっごく楽しそうに
ピョンピョン跳びながらビバってたのが可愛かった♪TERUも嬉しそうに見てた気がする。

『SHUTTER SPEEDSのテ-マ』 盛り上がり状態のまま、いきなりスタート!
JIROちゃん客席煽りまくってた。
『誘惑』 盛り上がり最高潮!!スタンドも揺れまくり!!

TE「えー、次の曲で最後です。9月19日にアルバムが発売されるんだけど、その中で
核になる大切な曲です。」
もっといっぱいしゃべってくれてたけど、覚えてないf^_^;。
すみません。
『航海』イントロが良いねぇ。自然に大海原のイメージが浮かんでくるような壮大な
曲調だと思ったよ。

アンコール。全員ツアーTシャツ黒バージョンで登場!もちろんリーダーはケビンTで。
TAKUちゃんの稲妻模様だけが、やけに幅広に見えたんだけど、単に普通のTシャツの
袖を落としたバージョンではないのだろうか。どうでも良い疑問でした(^^ゞ。
JIROちゃんとTERUが前の方の人にいっぱい水をかけてあげてた。いいなぁ。
2人にちょっと遅れてペットボトルを持って前に行ったTAKUちゃんは、
ボトルごと投げ入れてた。

TE「ボトルごとかい!(笑)アンコールありがとう!みんな大丈夫?キツくない?
それも良い思い出ってことでね。きっと10年後くらいに、「あの時はキツかったわい」って
懐かしく思い出せるよ(笑)。今回FC限定ライブってことで、みんなもすごく聞き分けがいいし、
オレ達もやりやすくて楽しいです。
(会場拍手)またこれからもこういうライブやって行きたいと
思ってるので、解約しないで待っててね。
(解約ってツボ!)2・3年後にはまたやりたいな!」
マジすか?嬉しいけど、もうちょっと大きい所でやらない?(^^ゞ
『逢いたい気持ち』 TAKUちゃんのピアノとTERUの声が染みました。
歌いだしの「あ」はCDと同じ感じで、
TAKUちゃんますます惚れ直してるだろうなと思ったよ。

『HAPPY SWING』 もちろん、華の福岡♪FCライブなんだ!って実感しました。
『BROTHEL CREEPERS』 HISA&TAKUがコーラスを歌ってる!
JIROちゃんにも歌って欲しかった。

TE「ラスト!!バースト!!」
『BURST』 これも久々!燃え尽きるけど、私はACIDのがいいなぁ。
舐めちゅうが見れるから(^-^*)。
途中で、TERUが口から水をブーって吹き出して、前の方の人にかけてたよ。
TAKUちゃんはHISAくん側ステージのギリギリ端まで行って、ネックを触らせてた!
JIROちゃんは、最後にベースを最前に投げた!
すぐスタッフさんが回収してたけど。HISAくんは、・・・あれ?覚えてない。
ごめんなさい(;^_^A。
最後の方は超高速バージョンバーストになって、TOSHIのドラム乱れ打ちが炸裂してたよ。

ライブ終了!水かけたり、ピック投げたりしてくれて、メンバー退場。HISAくんの投げてくれた
ピックが2階スタンドまで届いてた!拾った子泣いて喜んでたよ。良かったね。
私も何か拾いたかったなぁ。

どこでか忘れたけど、
TE「毎回ライブ終わるとその日のライブビデオ見てるのね。で気付いたってか
気になったんだけど、オレMCで喋ってる時、手をいつも腰にあててるんだよね(笑)」

と言いつつも、しっかり左手は腰に!
TE「癖なんだよねー。ハハ。気にしないで下さい(笑)。で、・・・」
手はそのままで何か言いかけると、すかさずJIROちゃんが後ろから回り込んで、
その手をバシってはらう!爆笑!!
JIROちゃんナイス!またTERUが腰に戻すと「変!」と言い放って、
今度は左手を右腕に乗せて腕を組ませるJIROちゃん。
兄弟コントみたいでめちゃめちゃ可愛かったよ♪普段のツアーじゃなかなか見られない、
アットホームで暖かい空気がいっぱいなライブでした!!今回惜しくも参加出来なかった方々!
2・3年後にまたやってくれることを信じて、解約しないで待ってよう!


今回はレポモード(何じゃそら^_^;)で参加してなかったんで、
手抜きなレポになってしまいましたが、
最後まで読んでくれた方々、ありがとうです!



【GLORIOUS NIGHT CRUISE】
会 場:Zepp Fukuoka
REPO:律
DATE:2002/8/22
GLORIOUS NIGHT CRUISE
初めてライブレポ(もどき)を書いたのですが、MCはほとんど覚えていないので、
MCの順番や内容が他の方と違ったら、それは私が間違っています(自信を持って言えます・笑)メンバーの動きはバッチリ覚えているので、JIRO多めですが、その部分を見てやって下さい!

この日の福岡はJIROの大嫌いな湿気も少ない天候で過ごしやすいものの、
やっぱり待ってる間は暑かった・・・。リハの音漏れでタンバリンの音が聞こえたけど
一体何だったんだろ??

 会場に入ると、すでにお客さんでいっぱいになってたけど、会場内で流れていた
春を愛する人の一部分を、ステージ裏に居るであろうTERUがマイクを使って歌った瞬間、
「キャー」という歓声と共に客がステージの方へ押し寄せ、その波につられて移動した私は、
気がついたら端っこに居たハズがJIRO正面まで辿り着いてました!!ステージと客席の間が
30p程しかない為、すぐそこにはHISASHIのアコギが置いてあり、もうドキドキが止まらない!!

 場内が暗くなり、出てきたのはTOSHI!九州出身という事で抜擢されたらしく
方言で会場での注意事項を説明。録音機器などは持ち込んでないと思うけど、
もし上手いこと持ち込んだ人がいたら絶対に使わないようにっていうのと、
ステージに物を投げないように!でも1万円札ならいいよ。などと言ってた。

 そしてそして、いよいよGLAY登場(普通に手を振りながら出てきました)

TERU・・黒い長袖のジャケットに中は白いTシャツで、頭はリーゼント!所々金髪
で前髪の真ん中部分だけピョコっとふくらんでた。ドームツアーの時より痩せてて、
メイクはしっかりしてました。かっこよかった!
TAKURO・・上下赤で、勿論ノースリで腕出してます。この衣装ってば、後ろ姿が
すごくセクシー!!上手く説明出来ないけど、スニーカーのひも部分を背中に持ってきた
ような感じ。(ホント分かりにくくてすみません)
HISASHI・・ピンクと黒のボーダーのセーター(暑くないのかな?)にチェックのパンクの
スカート。髪はほとんど立ててなくて、おろしてました。それだけに、髪の多さを再確認。
メイクはバッチリ。・・・で、さすがお綺麗。見とれます。
JIRO・・黒のポロシャツ(お手製っぽい落書きがあった)で、ボタン全開!(これには参った・・・)
ネックレスしてました。髪はウルフカットの襟足部分を切って何のセットもしていなくて、
マッシュな感じになってました。そして、ほとんどノーメイク!いいのか?!それで!!
(個人的には大歓迎ですが)

 summer FM メンバー定位置で演奏。HISASHIさんのアコギが心地よい。
 
MC TERUがTOSHIに習ったという博多弁を使ってました。(言った後照れてた)
TOSHIが1万円札ならいいと言った時はどうしようかと思った。おひねりじゃないんだから・・・。
と苦笑。そして客席に行くぜーっと煽り始めました。

 YOU MAY DREAM ステージが明るくなり、メンバー全員の顔がハッキリ見えました!
TERUの目線はテルビスを思わせる感じです!JIROがほんの1メートル先にやってきた!!
すっごく肌がきれい!!触りたい!!客席を見下ろす表情がやけに色っぽくて、
何が何でもここは動くまい!と心に誓いました。
 彼女の"Modern・・・" TERUが前奏で恒例のガッツポーズ。私も腕挙げたいけど、
とにかくギュウギュウで身動きが取れないし、汗だくですでにヘトヘト・・・。
FC会員しかいないだけあって、掛け合いはバッチリ!メンバーもノリノリで、
TERUは客席に鋭い視線を送りながら熱唱!指をたてて「カモン」をしながら煽ります!
 Cynical 始まった瞬間、ファンの「キャー」という黄色い声。
HISASHIさんが軽快に動きながらギターを弾いて魅了してました。

MCの為ステージが暗くなった瞬間、HISASHIさんが、額にくっついた前髪を手で
かき分けていました。やっぱりセーターは暑いのでは?!
ここでTERUが気分の悪くなった人はいないか確認。1人いて、その人が移動したら、
「後ろの方でゆっくり見ててね」と声をかけてあげてました。前の方がかなり苦しい状態
だったので、「後ろに下がってくれると嬉しいです」「前でも後ろでも同じだよ」と言って
くれたけど、「バーがあって動けん」という声に「バーがあるんだ」と諦めてました。
このやりとりの間、他のメンバーは無表情でした。
 グロリアス Aメロからみんなで大合唱。いい曲だわやっぱり。
 春を愛する人 「サーンシャイン♪」の瞬間、客席から歓声。ここでちょっと落ち着いてきたので、忘れていたJIROのベースプレイに注目。耳コピでは聞き取れなかった部分が分かると
「ほほぉ」と1人感心してました(笑)
 Together これはもう目を瞑ったまま熱唱するTERUの歌声にうっとり〜。会場もシーン
として聴き入ってました。JIROが指弾きしてくれるかな?と思ったけどピックで演奏(結局、
全曲指弾きはしなかったです)

 MC TERUが「ここでメンバーがそれぞれ好きな曲をやってるのね。昨日の広島では俺が
好きな奥田民生さんのザ・スタンダードをやって、TAKUROはU2、HISASHIはアンセム。
これがまたマニアックなんだよなー。
(会場笑いがおこる)そして今日はJIROの好きな曲を
やりたいと思います。
(やったー!!)JIROと言えば?(会場:「ピロウズ!!」)当たり!」
(JIRO:うんうんとうなずきながら笑顔)

 RUSH・・何気にここまでで1番ノリノリなJIRO。TOSHIの方を見ながら楽しそうにベースを弾く。GLAYってどうしてこんなに他のバンドの曲をGLAY色に染めることができるんだろー?
 HEAVY GAUGE・・前奏でお客さんはビックリのどよめき!メンバー全員、アリーナツアーと
同じような感じでした。スタンドマイクを抱きかかえるようにして歌い上げるTERU。
(手が震えてるようにも見えました)
最初は淡々と弾いているけど徐々にテンション上げて最後には中腰で頭ガンガン振っているJIRO。
猫背でクルクル回りながらステージを左右に移動するHISASHI。ギターを縦にして
ジャンジャーン♪と弾く姿はかなり哀愁があって最高でした。
 FATSOUNDS・・こっ・・・この続き方はまさにアリーナツアー!!会場のテンションもMAX!!(ギュウギュウさもMAX・・・)メンバーがほぼ同時にステージ最前までやってきて、煽る煽る!
JIROのウガー顔がこんなに近い!もう泣きそう(これは現実なのかと一瞬疑いました)
大好きな「しみったれた才能で♪」のハモリが聴けました。そして、最後の方でスタンドマイクを
抱えだしたTERU。
やるのか?やってくれるのかー?!(TERUマイクスタンド使ってハイジャンプ)やったー!!
客席もTERUに向かって「イエーイ」と手を挙げます。(ハイジャンプを見たJIROは「おぉっ」と
驚き顔で笑ってました)

 ここで、生きてく強さに頼ってないで、これからはまたここであいましょうをみんなで歌える曲にしたいと言うTERU。
「これまではサビはいいけどAメロになると声が小さくなって周りをキョロキョロしている人が
多かったけど、間違うのは気にしないで大きな声で歌ってください。俺もサポートさせて頂きます。でも俺に頼らないでね。俺も間違うから
(会場笑)

 またここであいましょう・・サビはTERUと一緒に、Aメロ、Bメロは客席だけで歌いました
(サポートして欲しいのはサビ以外なのにぃ!)みんなが口ごもるのは「座りこんでいた」と
「黙り込んでいた」がどちらか分からない部分でした。客席が歌う間、JIROとHISASHIが
ちゃんと歌ってるか、前かがみで目をこらしてみんなの口元をチェック。歌えていると
「よしよしっ」と頷いてくれました。あの、「イエーイ♪」部分を歌うとTERUがにっこり笑いました。他の公演がどの程度歌えたのかは分からないけど、TERUの表情を見る限り、ちゃんと
歌えてたんじゃないかな?
 君が見つめた海・・ドームを思い出します。TAKUROのソロ部分、みんなシーンとして
聴き入ります。「息を吸い込むように♪」にはみんなうっとり〜。でもでもリーダーってば
最後をトチってしまいました!
何事もなかったようにしてたけど、あれはもったいなかったなぁ。まぁそんな事どうでもいい位
TAKUROソロはかっこよかったです。
TERU・・「ここまでのライブ(グロリアスナイト)のビデオは全部チェックしてきてるんだけど、
そこで気がついた事がありました
(会場:なーに?)こうやってMCしてる間、必ず、手をこう
腰にあててるのね。
(苦笑するTERUに「かっこいいよ!」と口を揃えて言う客席)そう?
(後ろでTERUのものまねをするJIROに客席から笑いがおこる)
その客席の反応に気づいたJIROは少々照れながらTERUのもとへ。
されるがままのTERUの左手を右のヒジにかけて満足げに持ち場へ帰りました
(JIRO・・・それはあなたのいつものポーズなんじゃ?それでいいのか?!TERU!!)
Believe in fate また懐かしい曲をやってくれました!TERUが言うようにかっこよくって
盛り上がりました。
前奏や間奏の「ジャジャッ・ジャジャッ・ジャン♪」が特に印象的だった。
VIVAVIVAVIVA みんなでビバ遊び!リーダーのお手本はVIで手をこめかみに当てて、
VAで腕を真横に肩と水平に上げて、壁を指さすというもの。TERUの後に続いて
1ビバ2ビバ3ビバと順調に回数を増やしていきます
(この時のTERUはまるで歌のおにいさん風)そして、初の試みだという4ビバに挑戦!
女の子の声が揃っているのですっごくかわいかったんじゃないかなぁ。
TERUの「手はこう90度にするんだよ」との声に、再びJIROとHISASHIがチェック開始!HISASHIさんはおでこに手をあてて「どれどれ?」とこれまた歌のおにいさん風。
最後にTERUが「ありがとうVIVA娘!!」って言ってくれました(VIVA娘っていつ
命名したのでしょう・笑)
SHUTTER SPEEDSのテーマ・・JIROは「イエーイ」の叫び声から間髪入れずに演奏開始。
(MCなくてちょっと残念)
お約束な「何て人騒がせなぁ福岡!」は欠かさず。ソロを終えるとピョンピョン跳びながら
ステージを駆け回ってました。
ベースソロ部分でリーダー側に行ってしまったのが悔しい!!楽しみにしてたのに!
誘惑・・この曲の一体感って改めてすごいと感じました!メンバーの煽りも激しくて、
会場全体が揺れる揺れる!
相変わらずのギュウギュウ状態で、1度挙げたら下に下ろせない腕の疲労もピークでした。
TERUはスピーカーに足を乗せた状態で客を煽るんだけど、その場所を離れる時に
笑顔になるんです!何かHAPPY SWINGERの父とも思わせる微笑みにはクラッときました。
航海・・メンバー定位置で演奏に集中。JIROの横顔はやっぱりかわいかったです。

メンバー退場。アンコール途切れる事なく続きました。空気の入れ換えもあって一息。
再びメンバー登場!1番先に出てきたのは肩を組んで出てきたJIROとTOSHI。
JIROの手には飲みかけのコップの水が・・・。ニヤッと悪ガキのように笑った瞬間客席に
向かって水かけ攻撃!!
その水はバッチリかけて頂きました。(計3回のJIROの水かけは全部同じ場所だったので
ラッキーでした)すっごく冷たかっけど、自分の体が熱いからなのか、水が氷水だったのかは
不明です。でもクールダウンにもなってJIROには感謝。メンバーはみんな黒いツアT。
リーダーはやっぱりノースリでした。ステージ奥でTERUとJIROが楽しげに会話してて、
何話してたのかとても気になりました。
TERU・・「前の方とかきついと思うけど、まあこれもいい思い出ってことで、こういうツアーは
また2〜3年後にでもやりたいなって思ってるので、皆さん解約しないで下さいね
(リーダー笑う)
確かもう1回解約しないでねってTERUが言ったと思う。そしてまたリーダーが笑ってました。
逢いたい気持ち・・TERUの歌い出しを見た後はJIROのベースに集中。この曲のベースって
優しくて好きです。
HAPPY SWING・・「ここは華の福岡!♪」もバッチリ息が合って楽しい!
TERU・・「こう前に出ると、(ステージギリギリやってくる)熱ーい空気がブワーッてくるのね、
あははっ。」

こっちはその真っ只中に居るんですけどねー(笑)
BROTHEL CREEPERS・・「王様だ」部分でTERUのけ反ってました!
この曲はライブハウス向きだと思います!
TERU・・「ラストぉ!BURST!!」
BURST・・とうとう最後かぁ・・・でも私の体力も限界超えてるし・・でもまだ楽しみたい!
BURSTの盛り上がりについては皆さん体験した事あると思うけど、ACID HEAD派な私も、
ライブハウスならBURSTの方がいいのかも!と感じました。JIROはベースのボディでドラムの
シンバル叩くし(危険行為です・笑)ステージから落ちそうな勢いで飛び跳ねるし、
こっちがヒヤヒヤでした。
リーダーの反りは天下一品!HISASHIさんはギターを上に持ち上げて客を煽るし、
TERUは生声で「BURST!!」と叫んでくれるし、口に含んだ水を吹くし
(うちの姉はもろにかぶったそうです)もう最高でした!!
最後の最後、JIROがストラップも外してベースを持ち上げたかと思ったら、
そのまま客席へ放り投げました!
そして客とJIROで綱引き状態!!私もあと何pで届きそうだったけど、私はベースよりも
JIROの餅肌に手が伸びてしまいました(変態・爆)自分の負けを悟ったJIROは後を
スタッフに任せて引っ込みましたが(笑いながら)、私はこんなやりとりを見るの初めてだったので、呆然としちゃいました。
メンバーは退場するとき、最前のお客さんの手を叩いて行きました(私も触れたかったYo!)

ライブハウスを舐めてました・・。GLAY以外のライブハウスでのライブではこんな状況に
なった事ないです。
Tシャツは周りの人との摩擦で毛玉が大量発生だし、水かけ攻撃により色うつりしてるし、
後ろの人の腕が私の頭を小突いてたし、腕にはアザ出来てるし、終始、将棋倒し寸前の状態だったし、体全体が筋肉痛だし。でも、あんな手の届きそうな至近距離で、"素"なJIROを含む(笑)GLAYを見る事とは二度とないと思うし、(あり得ない近さでした)ほとんど、メンバーは
前の方に出っぱなしだったのが物語ってる程、ライブ自体大盛り上がりだったので、
しばらくはこの熱は冷めそうにありません。会場外に出た直後、グッズ売り場の後ろを、
メンバーが移動する車が通過!窓を開けてました!最後の最後までドキドキさせる
GLAYにこれからもついて行きます!!

最後に、これは聞いた話なのですが、TERUのズボンのチャックが開いていたらしく、
後ろでJIROにこっそり教えてもらって閉めたそうです。本当かどうかは確かじゃないけど、
これもいい思い出(?)になったのでしょうかねー(笑)
ここまで読んで下さった方、ひどく雑なレポでしたが、ありがとうございました。



【GLORIOUS NIGHT CRUISE】
会 場:Zepp Fukuoka
REPO:MAYUMI
DATE:2002/8/22
GLORIOUS NIGHT CRUISE
ついにというか、やっとというか、この日がやってきました!
GNC in Zepp FUKUOKA〜!!
ZeppでGLAYが見れるなんて、ホント幸せ者です♪
ただし、私のチケ番号は、後ろから入場させてもらえるんだったら
最前列も夢ではない!・・・と言う程の番号(笑)だったため、
入場前は案外落ち着いておりました・・・(^^;)

会場に入ると、すでに一段高くなっている後ろのフロアまで
ギッシリって感じで、「はて、どの辺で見るべ?」と思案していたら、
右奥の方で「まだ前のほうが空いてますよ〜」という係員の声が!
どれどれ??とスルスルっと右奥に行ってみると、一段低いフロアの
後ろの方がまだ空いているではないの!
そんな訳で、チケ番号の割には、右端とはいえ、大体前から3分の2
辺りで見る事ができました。
後ろの方とはいえ、背の高い私達(妹も近い番号だったので)にとっては
何の障害もなく前が見渡せたし、しかも私達の後ろにはまだ少しスペースが
あったにもかかわらず、電柱2人組(爆)のすぐ後ろで見るよりは、
その少し後ろでも一段高くなっているフロアから見た方がいいと
思われたのでしょうか、すぐ後ろに人が寄ってくる事もなく(笑)、
思いのほか快適なスペースでライブを過ごせました。(^^;)ゞ

ライブ前に、前説でなんとTOSHIが登場!
「今日は九州出身の俺にとっても、すごく楽しみなライブです!
そこで、ライブ前にちょっと注意事項を・・・
カメラ・テープレコーダーなどの録音機器は禁止されています・・・が、
運良く持ち込めた人いますか?(笑)でも、録音はしない様に!
あと、ステージに物を投げない様に!・・・お金はOK!(笑)ウソウソ!」

TOSHIったら、最初からうまく場を和ませてくれるじゃないか〜〜!(笑)

TOSHIも一旦下がって、しばらくして客電がおちてSEが流れ始めた!
ライブハウスなのにSEがちゃんとあるんやね〜。ちょっと意外だった。
そして、メンバー登場!!

TERU・・・黒っぽい長袖ジャケットにパンツ、下は白に何かの絵か字が書いてある
Tシャツかな〜? そして、頭が・・・く、栗!!!(爆)
思わずあ然!?ありゃ〜どう見ても栗やろ〜〜!!
テッカムだか何だか知らないが、ベッカムみたいに短い髪を
立ててるんならまだしも、あれは全く違うやん!!
(どっちかと言えば、BELOVED時のJIROを想像させた・・・)
ロン毛パーマもイヤだけど、栗頭(爆)もどーなの!?

TAKURO・・・赤と黒のシャツ、もちろん袖なし。さらに首は深いVネック
・・・だんだん肌の露出度が増しているような気が。(笑)
次はヘソが見えてるんじゃないだろうか。(^^;)

JIRO・・・紺のポロシャツにジーンズ・・・に見えた。
かなりシンプル。でもライブハウスにはぴったりでしょう。
髪も短くて普通にしてて、いい感じ〜♪

HISASHI・・・黒とどピンクの太い横ボーダーのセーターに、
赤系のチェックのひざ下スカート!?!?!?
な、なんじゃ??そのチンドン屋みたいな衣装は〜!?!?(爆死)
あまりのイケてなさに、滝壷にでも落とされたような衝撃!!!
最近雑誌とかTVとかの衣装がかなりいただけないことはあったけど、
ライブだけはいつもめっちゃカッコ良かったのにぃ〜;;;
あんまりだ〜;;;あんまりやろ〜;;;あんまり過ぎる〜;;;
(↑エコーをかけてだんだん小さく・・・ ^^;)

・・・そんなこんなで、しょっぱなからいろんなものに衝撃を受けつつ(^^;)、
いよいよライブスタート!!

まずは1曲目『summer FM』
この曲がライブの1曲目だってのは、ちょっと意外な気もしたけど、
そういえばこの曲はHISASHIの超ステキなアコギが聞けるじゃないの〜♪
さっきまで衣装にショックでめまいがしていたにもかかわらず、
すっかりゴキゲンになるゲンキンな私・・・(^^;)ゞ
それにしても、相変わらずいい音色だこと〜〜♪

ここで早速MC・・・
TE「(何て喋ったか忘れたけど、ビミョ〜な博多弁をしゃべってた ^^;)
さっきTOSHIのを聞いてて覚えたんだけど・・・(笑)
今日は九州出身という事でTOSHIに前説をお願いしたんだけど、
よかったでしょ??すごく上手だよね〜!笑いも交えながらね〜。
『お金はOK!』って言った時はドキっとしたけど。おひねりじゃないん
だから・・・(爆)でも1万円札ならOK!(笑)」


2曲目は『YOU MAY DREAM』
わ〜〜い!!大好きな曲だよ〜〜!!
HISAソロではもちろん「HISASHI〜〜!!!」絶叫!!
久しぶりにこんな大声を出したぜ〜〜!!やっぱライブは最高!!(笑)
おっと、右の方では早速TERUがTAKUROに絡んでる〜!(爆) もうきたか!!(^^;)

次は『彼女の“Modern・・・”』
うっひょ〜!!これも大好きな曲さ〜〜!!
TERUのガッツポーズ(?)が見れる〜〜!!(^0^)←ウキウキ♪
・・・でも長袖やんかぁ〜!?!?(--;)←ガッカリ;;;
それにしても、TERUは最後の方かなり暑そうに上着をパタパタさせていたのに、
結局本編の最後まで上着は脱がなかった・・・。
BBSによると、何やらこだわりがあるらしいが、なんのこだわりだろう!?
ちなみに、HISASHIソロは無事に弾いておりました。(^^;)

続いて『Cynical』
おぉ〜〜!!好きな曲が続く続く!!嬉しいよ〜〜ん♪
でも、たまには違うHISASHIの曲(『Surf Rider』とか・・・)も
聴きたいかも・・・。(^^;)

ここで、再びMC・・・
TE「激しい曲が続いたので、ちょっと一息入れようか。気分悪い人いる??
・・・大丈夫??
(ここで前のほうで数人救出されている模様・・・)
みんな、もう一歩ずつ後ろに下がろうか・・・え??バーがある??
バーがあって動けないんだ・・・入りすぎだよ!!(笑)
まぁしょうがないか〜」

なるほど・・・バーね・・・数ヶ月前に別のライブでバーに押しつぶされた事を
ふと思い出した・・・(アレは実際かなり痛かった;;;)

TE「次はみんなで歌えるナンバーを・・・」ってことで『グロリアス』を!
しかしこの『グロリアス』、すごく好きな曲なんだけど、これってみんなで
合唱するような曲なのかな〜・・・昔からちょっと疑問なんだけど・・・(^^;)

続いて『春を愛する人』
みんなの歓声もひときわ大きい!!
私はライブで聴くのは2回目なんだけど、この曲は絶対ライブで聴く方が
好きなんだけどな〜。これからのライブでも出し惜しみしないで(笑)
演ってくれればいいのにね〜!

次は『Together』
これはもうSHIGEさんのピアノにジ〜〜〜〜〜〜ン♪
この曲を聴くたびに「もしも〜ピアノが〜弾け〜たなら〜〜」と思って
しまいます・・・(^^;)ゞ
まずはSHIGEさんだけにスポット、そしてTERUにスポット、続いてJIRO・・・
そして、なかなかスポットが当たらないギター2人・・・(笑)
いい曲に染み入りながらも・・・ちょっとだけ笑っちった。(^^;)

TE「今回は、メンバーそれぞれの好きな曲も演ったりしてるんだけど・・・
昨日は広島って事で、俺の好きな奥田民夫さんの『ザ・スタンダード』って
曲を演ったんだよね。他のメンバーは、TAKUROはU2、HISASHIはパンクが
好きってアンセム、で、今日はJIROの好きな曲なんだけど・・・
JIROといえば??」

客「ピロウズ〜〜!!」
TE「当たり!!カッコイイ曲なんで、みんなもガンガンのって下さい!」

・・・という訳で、the pillowsの『RUSH』
すごくノリのいい曲で、まさにライブ向き!!
ライブ好きのJIROが選ぶだけのものがあるな〜・・・と思わず納得!

続いて・・・TAKUROのギターが唸って・・・な、なんと『HEAGY GAUGE』!!
おぉぉ〜〜〜!!懐かしい!!予想外!!いや、めっちゃ嬉しい〜〜!!(><)
この曲、実は密かにすごく好きな曲なんだけど、たぶんもうライブで聴くことは
ないだろうと思っていたのに!!(ヘビゲツアーのものだと思ってたので・・・)
あぁ・・・2年前のあの各地を駈けずり回った日々を思い出すな〜〜・・・(^^;)
TAKUROの激しいギターも、JIROのあの上下に激しく揺れながら弾くベースも、
そして、HISASHIのあの「ギュワ〜〜ン!!」(←なんか文章で書くとかなり
マヌケだが;;;)と唸るギター♪♪(この時、ギターのネックが赤くピロピロと
光っていたと思う)も、あの時と変わらないよ〜〜!!
TERUの間奏での叫び(?)の声も、ビリビリくるほど響いてきたよ!!
マジで涙ウルウル!!この日一番嬉しかった曲かも!?
(しっかし、この曲にこんなに肩入れするのは、恐らく私だけ!?
つくづく私って人と嗜好が違うんだよね〜・・・ ^^;)

『HEAGY GAUGE』とくれば、あの曲だったよな〜・・・と思っていると、
HISASHIのギターが響いてまさにあの曲『FATSOUNDS』が!!
やった〜〜!!「ヒャ────→!!」も久しぶりだ〜!!
TERUのマイクスタンドでの開脚ジャンプも!!当時ほど高くはなかった気もするが、
ステージが狭いからしょうがないでしょう。(笑)

TE「次は、みんなで歌えるナンバーを演りたいと思います。
7月に発売した『またここであいましょう』なんだけど・・・
今までみんなで歌える曲といえば、『生きてく強さ』だったんだけど、
いつまでもそれに頼っちゃいけないって事で、これからはこの曲で
いきたいと思うんだけど・・・」

客「イェーーーーイ!!!」
・・・マジかよ;;;(^^;) 噂には聞いていたが、この曲って私的には
みんなで大合唱!!って曲じゃないと思うんだけど・・・。
なので、みんなが「イェーーイ!!」と大喜びの声(?)をあげてる時、同じ考えの
妹と共に「え〜〜〜!?」と一応逆らった声をあげてみた・・・(^^;)
TE「でもなかなか思うようにいかなくてね・・・(そうだろ?やっぱやめようよ〜)
みんなサビは大丈夫なんだけど、Aメロになると声がだんだん小さくなって、
キョロキョロしだすんだよね〜。(笑) 間違ってもいいんで大きな声で歌おう!
俺もちゃんとサポートするんで。でも、あまり頼らない様にね。俺も間違える
事があるんで・・・(笑) 自分を信じて!!」

・・・そうか・・・「自分を信じて」か・・・んじゃ私も自分を信じよう。
「この曲に大合唱は似合わない!」という事を・・・(爆)
という訳で、反抗的(!?)な私達は、この曲の間、歌いもせず、手振りもせず、
自分流に適当にノリながら聞いておりました。(^^;)ゞ
しかし、サビ部分ならともかく、AメロをTERUの声無しにみんなに歌わせるって
のはどうなの!? あんな、1番と2番の歌詞をそれぞれ覚えないといけない様な
部分を歌わせるなんて、今回のFCライブならともかく、アリーナやドームに
来るような一般の人たちには、なかなか難しいと思うんだけど・・・。

続いて『君が見つめた海』
イントロではとっさに何の曲か分からないぐらいど忘れしてた・・・(^^;)ゞ
しかも、この曲も私的には手振り反対派(爆)なので、またもやみんなノリノリ
のところ、おとなしく聴いておりました・・・。
ついでにTAKUROが歌う事もすっかり忘れてて、歌い出した時、ちょっと
ビビッてしまった。(スマン、TAKURO・・・ ^^;)

TE「ここまで終わったライブのビデオは、全部チェックしてるんだけど、見てて
気付いた事があるのね。俺、MCでしゃべってる時、絶対手を腰にあてて
るんだよね。(笑)」

・・・確かに今もしっかりと手は腰だ・・・(^^;)
TE「なんかね〜・・・」としゃべってるTERUにJIROが後ろからツカツカと寄って
きて、腰にあててる手をパシッとはらった!!(爆)
思わず苦笑いしてJIROを見るTERU・・・何食わぬ顔で戻るJIRO・・・(笑)
しかし、TERUはめげずにまたもや手を腰にあててしゃべりだそうとしたところ、
またもやJIROがやってきて、今度はその腰にあててる左手を前に持っていって
右腕をつかませた!!(大笑)
なんだか腕を組んでるような体勢のTERU・・・しかたなくそのまましゃべり
だしたけど・・・後ろからJIROが一言「・・・変!!」(爆)
・・・相変わらずな2人で、かなり微笑ましかった!(^^)

TE「今回FCライブって事で、会報でやって欲しい曲を募集したんだけど、
その中の上位の曲で、かなり懐かしいんだけど、すげえカッコイイ
ナンバーがあるんで、聴いてください!」


・・・という訳で、『Believe in fate』
わ〜〜い!!すごく好きな曲!!しかもライブで聴くのは初めてだし、
めっちゃ嬉しい〜♪

次は『VIVA VIVA VIVA』
この曲では、ステージと客席との掛け合いをやったよ!
(TERU曰く「キャッチボール」(笑))
まずはメンバーのマネをしてねって事で、今回選ばれたのはTAKURO!
そのTAKUROのお手本というのが・・・人差し指を出して、くるっと回しながら
腕をビシッと横に伸ばすというもの!
(何とも表現し難いんだけど・・・ ^^; ちょっと自分に酔ってるTAKUROを
想像してみて下さい・・・爆)
TE「じゃあ、みんなもTAKUROのマネをしてね!」
・・・しかし、どう考えても、この人混みの中で、腕を横になんて伸ばせる訳
ないだろう・・・(^^;)
案の定、みんなキツそうに腕を斜め上ぐらいにあげていたような;;;
気を取り直して(笑)次はビバの掛け合い!!
TE「手はこう90°にね。OK?それじゃあみんなでビバろうぜ〜!!」
コレはTERU語録に追加か!?(笑)
まずは1(ワン)ビバ! 続いて2(ツー)ビバ! 3(スリー)ビバ!
そして4(よん←なんでこれだけ日本語なんだ!?)ビバ!!
途中で、初の試みという、会場の声だけのビバビバもやったよ!!
会場も大盛り上がり!!

そのままの勢いで『SHUTTER SPEEDSのテ-マ』
始まる前、JIROが1回シャウトしただけで、しゃべってくれなかったのが残念;;
でも、ベースソロの時は、こっち(右側)に来てくれて超ラッキー♪
JIROはこの日あんまりこっち側に来てくれなかった(これを入れて2回ぐらい;;)
んだけど、やっぱりこの曲の時は、JIROを目の前に見たいもんね〜!!

続いて『誘惑』
もうすっかりライブでは定番曲だけど、やっぱりこの曲の盛り上がりは格別!!
HISASHIソロで思いっきり「HISASHI〜〜〜!!!」って叫べるしね!!(^^;)ゞ

TE「・・・次の曲が最後になるんですが・・・(お決まりの「え〜〜!?」^^;)
9/19にアルバムが出るんだけど、その中でもすごく大切な曲があるんで、
聴いて下さい。」


本編ラスト『航海』
すごくいい感じの曲です!早くアルバムでじっくり聴きたい!って思いました。

メンバー退場・・・そして「アンコール!!」コール(なんか変 ^^;)が
盛り上がったところで、再びメンバー登場!!

全員ツアーT黒バージョン、当然TAKUROは袖なし!
メンバーが前のほうにペットボトルの水をかけてた!!
お〜〜い!!こっち(後ろ)だって暑いんだい!!ボトルだなんてケチケチせずに、
いっそホースででも水まいてくれ!!(爆)

TE「今回はFCライブって事で、俺達もすげえ楽しんでやってます!
2〜3年後にはまたこういうのをやりたいと思うんで、それまで解約しないで
待っててね!(笑)」

・・・解約しないから、次回もぜひ当てて欲しい!!!(マジで)

アンコール1曲目は『逢いたい気持ち』
ライブではTERUがしっとりと歌い上げてくれました。
PVみたいに、世にも恐ろしい形相(爆)じゃなくて、ほっと一安心・・・。(^^;)

2曲目は『HAPPY SWING』
これは、やっぱりFCライブでは欠かせないでしょう!!

続いて『BROTHEL CREEPERS』
これはかなりライブ向き!! 数日前に、慌てて3回ぐらい連続で聴いて予習した
(^^;)甲斐もあって、なんとか無事(!?)に暴れる事ができました!!

そしてラスト『BURST』!!
最後の曲だし、ファンもメンバーも大暴れ!!
TERUが、今度は口に含んだ水を客席にかけてた!!
(しかし、霧状というよりは、ぶぶぶ〜〜って感じ←どんな感じだ!?・・・だった
ので、「アレにはちょっとかかりたくないかも・・・」なんて思ったり!? ^^;)

・・・以上、いつも以上にレポという名の感想文になってしまった;;;
かなり私見入ってます。お気を悪くされた方がいたらスミマセン・・・m(_ _)m

最後に、いつになくHISASHIレポ率が低いので(やはり衣装の衝撃が大きいのか!?)
一つだけ付け加えときましょう。
何やらおかしなスカート(爆)をはいていた為、ステージを右に左にステップを
ふみながら移動していると、スカートがひら〜り!ひら〜り!となって、
その姿はさながら・・・少女のようだった!!!(爆死)
・・・頼むから金輪際そんな衣装はやめてくれ〜〜〜!!!(願)

という訳で、こんなんでもレポとして読んで貰えるのか・・・??という
不安を抱きつつ、失礼させていただきます;;;



【GLORIOUS NIGHT CRUISE】
会 場:横浜アリーナ
REPO:あけぐ
DATE:2002/8/25
GLORIOUS NIGHT CRUISE
開演前はグレイの曲が会場に流れてたよ。
これなら1人でも淋しくない♪
つい歌いそうになるのを抑えつつも、気づけば足や頭が動いてる(笑)
席は1階スタンド(チケにはアリーナと記載だけど、これがライブにオイシイ場面が。。。)の
後ろから2番目のブービーで、ややタクロウさん側。
スクリーンなく顔まではわからなかった。でもステージ全体が見えて
花道3本ありこれなら姿だけでも結構見えるかも。


真っ暗になり、ステージ裏から出てきたメンバー。

More than Love
きゃ〜、この曲好き。1曲目からのりまくる。

嫉妬

生きてく強さ
お約束、サビをみんなで歌う。

彼女のModern
ツインギターのところでたくろう&ひさしがそれぞれ違う花道先端にいたんだけど、
たくろうはひさしに向かって弾いてたよ。
あたしには「どうだい?俺のギター音は?カッコイイだろう」な格好に見えた(笑)

Cynical

君が見つめた海

summer FM

てる「夏も終わりですが、夏らしい曲を」とこの曲。

Together
初めて聴いたけど、感動で何度か泣きそうになった。
てるはあごを上に上げる感じで歌ってたけど、表情はどんな感じだったんだろう。。
シゲのビアノもよかった。

ザ・スタンダード
てる「ここでカバー曲をします。毎回順番でやってて、たくろうはU2、じろうはピロウズ、
ひさしはアンセム、で、今日は俺の番です
(ここで歓声あがる)
昔から好きなユニコーンの奥田民夫さんの曲です」

聴いたことない曲。曲調は民夫っぽいけど、
てるさんの声にはちょっと合わないと思うのはあたしだけかな?


WET DREAM
イントロでロックアイコンかと思った(^^;

BROTHEL CREEPERS
CDで1回しか聴いたことなかったから、あんまりノレなかった。
途中のコーラスはひさ&たくがやってたよ。

Believe in fate
初めて聴いたんで、題名はこれだろうなとはわかりつつも手振りさえも出来なかった。
こんなにグレイにはまってるのにまだまだ知らない曲あるな〜って実感した時間でもありました(笑)ちなみに周りは大盛り上がりでした。

Way of Difference
CDとアレンジが違ってちょっとアコースティックっぽい。
じろうベース持たず、マラカスしゃかしゃか。
トライアングル(誰がやってたんだろう?)なんかも聞こえて落ちついた曲調。

逢いたい気持ち

YOU MAY DREAM



VIVA VIVA VIVA
出だしから当たり前のように「ビバ手招き」をばっちりするみんなになんかおかしかった(笑)
途中、てるのあとに続くように「1ビバ」「2ビバ」「3ビバ」「4ビバ」とやったんだけど、
4回ビバを続けていうのは大変そうだった。もう少しで噛みそうだったよ、てるさん(笑)

SHUTTER SPEEDSのテ-マ
じろうの雄叫び一声で曲入る。
途中のベースソロはセンター花道先端で速弾き。すごかった。

グロリアス
曲始まると同時に天井にぶらさがってた白い風船が落ちてくる。
ちょうど下だったから足元に転がってる風船を後ろの人たちにせっせと運んでたら
半分聞き逃す(^^;
会場は風船持ちながらの手振りだったから白い風船一色ですごくキレイだった。
そのあとてるも「こうゆうのもいいよね」って言ってたよ。

航海
生で聴いても良い曲。


アンコール.
最初はちらほらとアンコール声援だったのが、2階のうしろからI'm in Love聞こえてきて
それが序々に広がって、最後にはみんな歌ってたんじゃないかな。すごく感動した。
ぜったいあの声はステージ裏のメンバーに届いてるに違いない。


てる「アンコールありがとう。早く出たいって思ってました」

またここであいましょう
てる「これからは一緒に歌えるようなナンバーにしたいです」
まさか最初のAメロからファンに歌わせるとは。。
グレイの演奏で歌ってる自分(たち)がなんて贅沢なんだろう〜って思った。

HAPPY SWING

誘惑


BURST
たくろう、センター花道先端に座りいくつかの悩殺ポーズ。モデルさんみたいだった。
てる、ステージ下りてしばらく歌う。最前の子らがなんとも羨ましかった。

ここで終わりかなって思ったら
「もっとみんなの声が聴きたいからもう1曲やります」と、てる。
嬉しすぎ!


I'm in Love

最後いつも通りに挨拶して一番最後にたくろうが残ったんだけど、
深々と礼をしてたのが印象的でした。
こちらこそありがと〜。


どこの間か忘れたけど、
てるはチケ取れなかった人のことを気にしてたよ。
「何倍の倍率を抜けて大変な思いをしてここに来てくれてありがとう。
取れなかった子の分まで楽しもうぜい!」


「こうゆうファンクラブ限定は今まで数少なかったけど、これからやっていきたいと思う。
そうゆう日
(ファンクラブライブ)が毎年あってもいいね。でもすごい倍率だろうけど(笑)」

てる「スタンド〜!(思ったより歓声なし) えっ、そこどこ?アリーナ?アリーナ〜!(ワー)
そこは?えっ? 下でいっか? した〜! 会場爆笑! だって聞こえないもん。えっ?1階?
こんなやりとりをして面倒臭くなったのか、横浜アリーナー〜!で締めてました。
その間じろうさんが床にずっこけ転げてたのが、今日の一番の見所でした(^0^)♪



【GLORIOUS NIGHT CRUISE】
会 場:横浜アリーナ
REPO:はな
DATE:2002/8/25
GLORIOUS NIGHT CRUISE
今日で今年の夏が終わる・・・
っつーことでメチャメチャはっちゃけました!!
席はアリーナE。ステージの裏です。
MCは確かではないのでご了承下され。

今日のテッコ
わぁお!噂のベッカムヘアー!あっ違ったテッカムヘアー!(笑)
黒いジャケットの下にジジシャツを着ています。(たぶん)
それに黒のパンツ。(not下着。笑。)
今日の尚サン
黄緑と黒の横シマセーター(?)きゃっきゃっスカート!!
に黒のブーツ。
今日のジロウ君
なんだかスーツみたいのでした。色は黒。下には白のYシャツに黒のネクタイ。
そして長いスカートみたいなヒラヒラしたものをはき、そして黒のパンツ。
今日のタクロウさん
黒のタートルネックのノースリーブに黒だっけ(?)のパンツ。

はいっ始まりましたぁ!
More than Love
これはよかった!!メチャ興奮(笑)
尚サンサービスよかったデス!裏の方によく来てくれましたvv
嫉妬
生きてく強さ
チラホラ他のメンバーも裏のほうへ。
有難い。(笑)
彼女の“Modern・・・”
サイコ−!!ガンガン手を振りすぎて頭が痛かった。(謎)
Cynical
メンバーは花道を行ったり来たり?
君が見つめた海
ひゃっほーぅ!!たっくん熱唱!!
素敵★
summer FM
みんな手も振らずかなり聞き入ってました。
とても心に残っております。よかったvv
Together
テッコ熱唱!やっぱりバラードを歌うテッコはいつ見ても素敵です(惚)
「ザ・スタンダード」奥田民生
テル「ここでカバー曲をやりたいと思います。昨日はジロウ選曲のピロウズの「RUSH」という
曲をやったんですが後でジロウから聞いたん話でメンバーの皆さんが遊びに来てくれてた
ってことでホント緊張しました。
(ここで客席ウォー−−ゥ)でタクロウはU2の「KITE」という
曲をやってきて、ヒサシはアンセムの曲でスッゲェカッコイイ曲、そして今日は俺の番です。
(客席キャーキャー言う。)
はな:「イェーイ!テルの日!!」
高校の頃から好きだったユニコーンの奥田民生さんの「ザ・スタンダード」という曲をやりたいと
おもいます。」

どんな曲だろうと思ったらなんか聴いたことある曲。
テッコのアコギ最高ですっ!!!!!
10WET DREAM
尚サンのギター光る。
11BROTHEL CREEPERS
はなは尚サンとタクロウさんが歌うとこが大好きですっ!!!!!
なんかライブならではって感じがする。CDだとよくわかんないんだけど。。。
12Believe in fate
異常に盛り上がるはな。(笑)
名古屋で聞いてから相当気に入り友達からグロリアスを借りて(笑)
横蟻までの日々永久リピートでした。
おかげでかなり暴れることができました。(ヲイっ!)
13Way of Difference
アルバムバージョンのため航海と間違えました。(笑)
最初の雰囲気なんか似てないかなぁ??
でも歌いだして気付きメチャクチャ恥ずかしかった・・・
14逢いたい気持ち
サトラレ見たくなった。(笑)
テッコきれ−に歌えてましたvv
15YOU MAY DREAM
ファンとのかけ合い?みたいなとこあるよね?
なんて言ってんだかわかんないんだけど。(笑)
でもなんとか言い切りました。(爆)
16VIVA VIVA VIVA
イエーイ!!VIVA遊び大好き!!!!!
いつ聞いてもワン・ツー・スリー・よんは笑っちゃうんだぁ・・・
手招きって以外に疲れる・・・(笑)
17SHUTTER SPEEDSのテ-マ
ジロウ君にアクシデント!!(たぶんこの時・・・)
前に出ようとしたとき・・・こけた!
大丈夫かぃ??(苦笑)
18グロリアス
白い風船が降ってきたぁー!!(後ほど持ち帰る。ちなみに今はショボショボ。笑。)
白い風船を降りましたっ!!
テル「なんか風船が揺れてると不思議な気分になるね。(客笑う。)でもこういうのもなんだか
イイね。」

19航海
テッコのウーゥウー♪っての好き(笑)
求め合い愛し合いオォーオー♪って歌詞をはっきり覚えているのは何故?(笑)

〜アンコール〜
テル「アンコール有難うございます。みんなの声スッゴイよく聞こえてました!
それ聞いてると早く出なきゃなぁって思って!」

(客席喜ぶ。)
またここであいましょう
テル「これからこの曲はライブでみんなが一緒に歌える曲に成長させていきたいと思います。
みんな大きな声で歌ってくれっ!」

はな:のど重症。(笑)
HAPPY SWING
テル「昨日はねぇうっかりここは華の東京!って言っちゃったんだよね。帰りに他のメンバーから
ここ東京じゃないんだよね。横浜・・・神奈川県なんだよね。って言われちゃいました。」

(客席笑う。)
もちろん今日は・・・ここは華の横浜!!
どっかでテルが「HAPPY SWINGER!!!!!」って叫んだ。
誘惑
はなが行くライブで誘惑をやらなかったことがありません。
なんか嬉しい。(笑)
BURST
最後だと思って暴れまくりました。
1回フラッときましたが大丈夫でした。(笑)
最後の方は超高速バーストでした。
ついていくのに必死!テッコメチャクチャ早い!!
まわりで断念した人が続出。。。
ホントに早かった!!
I'm in Love
テル「これでね終わりにしようと思ってたんだけどもう1曲やってもイイかな??」
(客席大盛り上がり!)
はな:「いいに決まってるじゃんかぁーー!!いっぱいやってくれーーーっ!!」
みんなで大合唱!何処のライブでもあの感動は変わりません。
涙で顔面ボロボロでした。(汗)

最後はテッコがなんども有難う!とかThank you!!とか言ってて。
最後の最後はタクロウさんが一人残ってお辞儀をして出ていかれました。
さすがタクロウさんです!!!!!

行き場をなくしたMC達(笑)
何処で入ったのかわからなくて・・・

テル「こういう大きなファンクラブ限定のツアーはやったことなかったけどこれからもっといっぱい
やっていきたいね!1年に1回ってのもいいかもしれないね!」


テル「スタンド−!!えーっとそこらへん(アリーナ席をさして)はアリーナってゆーの?
(客席(アリーナ)イエーイ!!)
でここは?(センター席を指して)ん?何?(前の席の子が必死で教える。)アリーナ?ん?
下??えっ?1階??まっいーや下ぁー!!!!!
(センターイエーイ!)(客席爆笑!)」

たぶん1番始め?のMC
テル「今日ここへ遊びに来てくれたみんなはスゴイ高い倍率で当選したみんなだよね!
外れちゃって入れない子もたくさんいるからその子達の分も楽しんでって下さい!!」


おまけ
最前列にキャンストの板橋よしえちゃんとオダGがいましたヨ。
そして尚サンが小さい子の頭をなでなでしてくれたらしいです。



【GLORIOUS NIGHT CRUISE】
会 場:大阪城ホール
REPO:あけぐ
DATE:2002/8/28
GLORIOUS NIGHT CRUISE
席は26列目だったんだけど、微妙なとこやろうなって思ってたら
なんとなんと花道最前!!
席着いてからはそりゃ〜ドキドキしぱなっしだったよ。


ひさし側の階段からメンバー登場。

More than Love
横アリにつづき、同じ1曲目だ〜。好きだから何回聴いても嬉しい♪
でも、ここで発覚! 定位置での演奏はてるさんが全く見えないじゃん(><)
花道のスピーカーらしき物体が邪魔だよ〜

嫉妬

生きてく強さ

この辺で、てるは花道に来てくれたんだけど、あまりの近さに驚き!
こんなに近くではっきりと顔を見れたことないから感動と嬉しさで頭ん中真っ白で、
しかも1人1人の顔を見てたことにも嬉しかったよ。
曲終わったあと、隣の人に「最高の席っすね!」と言われて、大きく頷いたもんです。

Believe in fate

Cynical

君が見つめた海

春を愛する人

てる「会報のアンケートでやってほしい曲を送ってもらいましたが、ここで、
みんなが1番聴きたい曲をやりたいと思います」
で、この歌!
始めから好きな曲ばかりが続くうちで、極めつけこの曲が聴けるとはめちゃんこ嬉しい。


ずっと2人で・・・
最初しばらく違う曲と勘違いしてたあたしは、ファン失格だろうか?(^^;
なんか聴いてるうちに函館思い出すなって思っていろいろ考えてたら、やっとこさ曲名判明。
てるはちゃんと声出てたし、ひさし曰く「ここ何十年の中でも最高のでき」って言ったのも
うなずけるものだったなぁ。


KITE(U2)
カバー曲をやっていると説明。
ひさしはアンセムを1フレーズ弾くと、てるは「ひゅ〜!」
そのあとじろうもなにやら弾くが音が小さめだったからかてるに相手してもらえず、
ちょっとかわいそうだった(笑)
でも、そのあとじろうもピロウズを1フレーズ弾き、またもやてるは「ひゅ〜!」
たくろうの紹介すると会場からたくさんの声援で、それに答えるよう胸をはってたよ。

WET DREAM
てる、花道に来た〜。ここぞとばかり見つめる。

BROTHEL CREEPERS
このとき途中入場の人が席を探しに周りをウロウロ。
あたしも含め周辺はライブに集中できず、そっちのけになってしまってるうちに曲は終わり。。
完全に後ろ向いてたあたしはもったいないことをした。。

FATSOUNDS

Way of Difference

てるが定位置なので、じろうをよく見てみる。
最初は茶色の打楽器を叩いてて、サビになるとマラカスみたいのでシャカシャカ振ってたよ。
じろうとたくろうは真中のてる方向に向いてたし、ひさしは座って弾いてたよ。

逢いたい気持ち

YOU MAY DREAM

SHUTTER SPEEDSのテ-マ

「大阪!うぉ〜!」で曲入る。
間奏で花道に来た、てる&じろう。どっちを見ればいいんやろうと迷うが
ここは滅多に来ないじろうを見てみる。実に男らしい。

誘惑

グロリアス

銀のテープがステージから出てきたけど、あと少しのところで取れず。
花道下にたくさん落ちてたので、その後アンコール間などかなりスタッフにおねだりして
やっとこさ、帰りにGET。でも、今となればそんなにがっぱにならんでもと思ったが、記念にね。

航海
そんなに聴いたことないのに、頭の中でグルグル。いい歌だよね〜


アンコール声援。最後にみんなの声がでっかく揃ったところでメンバー登場。
一番手はタオルを首に掛けたじろうでした☆


またここであいましょう

HAPPY SWING

間奏のところで、てる花道にて3回連続で飛ぶ。お客もマネして飛んでたら、「うんうん」とうなずく。
それを繰り返して、最後の3回目。当たり前のように飛ぶお客だったけど、
てるはフェイントで飛ばなく、ニヤリ。その顔がなんとも言えないくらいカワイかった☆


VIVA VIVA VIVA
「手は90度に!」とのてるの指導のもとビバる。
ここでは応用でやってたけど、みんな上手に出来てたからか、ひさし側の高さあるとこに登ったてるは、頭の上でおっきい丸ホーズ!
ここまではよかったんだけど、そのあと、そのまま腰を横に振り。。。そして前後ろと2回。
まともに見たら照れちゃったよ。エロっちぃ〜

BURST
たくろう、花道先端で弾く。遠くのほうを見てた目が完全にイッてて、怖かった〜。
てるのマイク通さずの「バースト」はっきり聞こえましたっ♪

I'm in Love
「まだ帰りたくないから」と1曲追加!
じろうもたくろうも手拍子。じろうに至っては客席に向かって「やれ!」と感じで誰かに
指示してたよ。
あと、たくろうがタンバリンからビアノに変わるとき、
タンバリンをおもむろにステージに放り投げてたのがビックリ。



最後の挨拶。
花道で、じろうが客席に向かって「うぉ!」と2回叫ぶ。
たくろうは、ヤッホーするみたいに口に手をあて、「ありがと〜」と。
涙出るほど嬉しかったし、こちらこそとの気持ちがいっぱい。
そのあと他のメンバーが去ったあとも最後ステージ後ろの真中でたくろう、一礼。
たくさんの拍手喝采があったよ☆

あと、どこか忘れたけど、
てるのMCで、「FC入ってる人はなんでも見とおしだからまじめな話ししてもね。」
との話しのときにじろうが「そんなことないよ〜」とカワイイ声でツッコミ!
そのあと蹴り入れるマネをしてたけど、なんでか忘れちゃった(^^;

あと、てるがまじめに話しをしてるときに後ろが「ひさし〜!」と男の人の声援が。
それに答えるひさしは両手を上げてたよ。


●今回近くで見て思ったこと。
  ・てる    カッコよすぎ。顔ちっちゃい。花道よく来てくれたし1人1人の顔見てた。
  ・たくろう  足長い。おしり小さい。優しさがつまってた。
  ・じろう   思った以上に男っぽかった。
  ・ひさし   細い。汗をよくぬぐってた。



【GLORIOUS NIGHT CRUISE】
会 場:沖縄ダンスクラブ松下
REPO:みぼりん
DATE:2002/9/1
GLORIOUS NIGHT CRUISE
SPライブ、最後のファイナル沖縄へ行って来ました!会場の「ダンスクラブ松下」は、
思いっきり繁華街の中の雑居ビルの2階で、こんな所で2000人が暴れたら
床が抜けないのだろうかと思うような所でした。整理番号が500番台だったので、
最初は割とTAKU側ステージ近くをキープしてたんだけど、前説の人が出て来ただけで
興奮して押してくる人波に嫌気がさし、ステージが見渡される後ろに避難。
途中で潰されてライブを楽しめないのはイヤだったから、良い選択だったと思う。

SEが流れてメンバー登場!
HISASHI:黒とピンクのボーダーセーターに、チェックの巻きスカート。
髪は、割としっかりセットされてたよ。
JIRO:黒のツアーTシャツ。JIROちゃんも髪はセットされてて、ちょっとフワフワちっくで
可愛かった♪
TAKURO:黒の袖なしTシャツ。1番近くで見れたからか、めっちゃかっこよかった!
手足長いし、髪形も似合っててマル!最近のTAKUちゃんは素敵過ぎ♪
TERU:う゛っ!誰?何なのその頭!最初、編み込んであるのが分からなくて、
スポーツ刈にでもしたのかと思った。服も変!三木道三とかが着てそうな、ダボっとした
長袖の修行服みたいに見えた。何を目指してるの?レゲェ?変なチーマー?
あまりの衝撃的な姿に、「TERUが変!何あれ!」と騒ぎ続けてしまいましたf^_^;。

『summer FM』 TERUの姿がショッキングで、ほとんど覚えてないんだけど、
HISAくんのアコギとSHIGEさんのピアノの音色が素敵だった。

TE「沖縄!いよいよGNCツアーラスト!こっからは激しい曲が続くから押さないようにね。
周りにキツそうな人が居たら、HAPPY SWINGER同士助けあって下さい。
(会場:はーい!)
聞き分けの良い子は好き♪」
でも、TERUの場内整理の甲斐なく、危険な状態が続いたため、メンバーは一旦退場。
マスヤン(舞台監督さん)が取り仕切って、「もう一度こんな状態になったらライブ中止です。
そうならないように、前の人を押さないで!」って注意してました。しばらくして再開。
メンバー、HISAくんを先頭に再登場!
TE「行くぜー!!沖縄!!」


『YOU MAY DREAM』 この曲のHISAくんソロが好き!最初のドームビデオ(だっけ?f^_^;)で、下から競り上がって来てソロを弾く、かっこいい姿を思い出しちゃいます。
『彼女の“Modern・・・”』 この曲はツインギターがかっこいい!
みんなで拳を突き上げる所も楽しいよね。
『Cynical』 HISAくんが来てくれた!細い!綺麗!でもかなり暑そう(^^;。

TE「酸素が薄い!みんな、二酸化炭素吐き過ぎだよ(笑)。気分悪い人居ない?みんなで
歌えるナンバーをやるんで、一緒に歌って下さい!OK?!」

『生きてく強さ』 みんなで歌うと、ますます酸素が薄くなるのでわ?と思いつつ、大合唱(^^ゞ。
『君が見つめた海』 きゃ〜!TAKUちゃんかっこいい!!広い会場で見ると、たまにぷぷって
笑えちゃうようなオーバーアクション(のけぞったり、親指で胸を指したりetc)も、間近で見れると
単純にかっこいい!今回の衣装はスタイルの良さを際立たせてて良いね♪お願いだから、
EXPOの時みたいな奇妙奇天烈な衣装はもう辞めてね。とかとか、この曲の間中TAKUちゃん
だけを見つめて物思いにふけってみました(^^ゞ。

『ずっと2人で・・・』 こうゆうバラード系の時って、照明がバックから当たって、
熱唱するTERUのシルエットだけが見える演出が多いでしょ。この時もその状態で、
なるべく見ないようにしてた変な髪型の影が照明で浮かんでた。仕方ないので観察。
10ブロックくらいに分けて編み込んでるんだぁ。後ろで、余った髪か編み込みの終わりかを
束ねた部分がシッポみたい。何かに似てるんだよねぇ。
そうだ、うりぼう(猪のこども)だ!後ろから見たらシッポもあるし、まさにうりぼう!
衣装と言い、南国ちっくなイメージを目指してたのかもしれないけど、これは大失敗でしょう。
このTERU見て「かっこいい!」なんて言う人が居たら、
「本気?これでTVに出てもいいの?これがジャケ写でも買う?」って聞きたいね。
などなど、この曲では、TERUのライブ史上最高にイケてない姿について考えてたんで、
曲のことは全く覚えてません(^^ゞ。

TE「いやー、暑いねぇ。昨日、波の上ビーチって所で泳ぎまして、(マジ?泊まるホテルの
目の前のビーチやん!)遊びに来てた人に、裸を見られてしまいました(笑)。
(私も見たかった!^_^;)沖縄に来るのは2・3年振りかな?(会場:2年!!)
やっぱイイ所だね。良い国だ(笑)
(良い国って・・・あーた面白過ぎ^_^;)これから毎回、
ツアーファイナルで来たいなと思ってます。
(会場:拍手!)でもね、いつもファイナルの後は
キャンペーンが入ってるから、今回は休みくれって言ってて、2・3日はあるハズだったのに、
蓋を開けて見ると、すぐ九州キャンペーンが入ってた(笑)。九州から来た人居る?
(は――い!!)キャンペーンに行くんで、リクエストよろしくね♪(うん♪帰ったらやっとく!)次はカバー曲
なんですが、オレが高校生の時から好きな、奥田民生さんの曲をやります。」

『ザ・スタンダード』 サビは聞いたことあるかも。TERUはアコギ弾いてました。

HISAくんのギターネックが光って『WET DREAM』。どの曲の時か忘れたけど、
HISAくんのセーターがずれて、左肩があらわになってた!下に黒のタンクトップ着てたみたい。
もっとずれろ!と願ったのは言うまでもないf^_^;。
『FAT SOUNDS』 生ひゃー!もマイクスタンドジャンプもあり!
ジャンプは場所が狭かったのか高さはイマイチ。

TE「次は、今回のツアーで新しい一面が発見出来た曲です。」
『Way of Difference』 アコギバージョン初めて聞いたよ。めちゃ真剣に一点を見つめて、
マラカスみたいなのを振ってるJIROちゃんが可愛かった♪HISAくんはイスに座ってアコギ弾いてた。私の位置からはスカートの中が見えず残念(^^ゞ。このアレンジも良いね。
『ひとひらの自由』 おぉ、意外。男ナイト以外では、このツアー初だよね。
でもドームでも聞けたし、贅沢なのは分かってるけど、一度もライブで聞いたことない曲の
初出しの方が嬉しかったかも。

TE「次はかなり懐かしくて、こんな曲もあったんだなってナンバーなんだけど、やってみたら
すごくかっこよくて、盛り上がれるナンバーです。」

『Believe in fate』イントロでおぉ〜!って声が上がる。初めて聞いた人もたくさん
居たんだろうね。
『BROTHEL CREEPERS』 この曲は、TAKU&HISAのコーラスが聞けて嬉しい♪
TAKUちゃん側に居たのに、HISAくんの声がすごく良く聞こえました。途中で何度かTERUが
口に水を含んでブハーって撒いてた。あれにはかかりたくない。普通に撒いてくれい。

『VIVA VIVA VIVA』 TERUの「OK!じゃ、みんなでビバろうぜ!」でビバ遊びコーナー
スタート。ファイナルだからか、やり方の説明などは一切なし。HISAくんがTAKU側を煽りに
来てくれたんで、HISAくんに向かって手招きしまくり!楽しいねぇ。
「OK!サンキュ!TAKURO〜!!」
TAKUちゃんソロへ。スピーカーに乗って激しくプレーするTAKUちゃん、かっこ良過ぎぃ!!
そのままの勢いで『誘惑』へ。酸素薄くて呼吸困難MAXだったんだけど、それも何だか
楽しくなって来てた私は、ナチュラルハイ状態?

TE「いやー何かね、すっげー楽しいライブなんだけど、北海道で生まれ育ったオレ達が、
日本の最南端・沖縄でこんなライブやってることがすごく不思議な気がしてる。
夢を信じて東京に出て、念願叶ってデビュー出来て、色々大変なこともあったけど、
今ここで良いライブが出来てる。オレ達がやって来たことは間違ってなかったんだ
と改めて思いました。
(会場:拍手)ありがとう。」
『航海』 私こそありがとうの気持ちでいっぱいだよ。同じ時代に生まれて、GLAYに出会えて
ホントに良かった。そんな想いの中で聞いた航海は、すごく心に染みました。

アンコールコールがいつの間にかI'm in Loveの大合唱に。アンコール代わりに歌うの
好きじゃない派なので、ひたすら手だけ叩き続ける。
割とすぐに、メンバー黒のツアーTシャツで登場。
JIROちゃんは前の方の人に一生懸命水を撒いてあげてた。
JIROちゃんの水にはかかりたかった!

TE「I'm in Loveのアンコールありがとう。その暖かい声に答えるために、
この曲を用意しました。」
『HOWEVER』
やっぱ名曲だねぇ。たまにTERUが派手に歌詞を間違えないか
ハラハラする曲でもあるけど(^^ゞ。

TE「ここでみんなで大合唱したいんだけど、「またここであいましょう」みんな覚えた?
(会場:ハーイ!)始まる前に会場でかかってた時にも、合わせて歌ってくれてたよね。
もうバッチリ?期待しちゃって良いのかな?
(会場:おぉー!)ホント?期待しちゃうね♪」
この言い方が1番可愛かった♪
頭は相変わらず変だったけど^_^;。
『またここであいましょう』 かなりみんな歌えてた。最後にTERUが頭の上で大きなマルを
出してくれて、喜ぶ会場。
『HAPPY SWING』 間奏でTERU&JIROジャンプ!真似してみんなもジャンプ!
もう床が抜けても良い!

ベース音と共にJIROちゃんにスポットが当たり、湧きまくる観客!
JI「暴れろよ!そこ、潰れんなよ!オレにツライ顔は見せんじゃねぇ!行くぜぇー!!!」
『SHUTTER SPEEDSのテ-マ』 盛り上がり最高潮!やっぱりこの曲の時のJIROちゃんは、
ハジけまくっててノリノリで最高に可愛い!他のメンバーもスピーカーに乗ったり、ギリギリまで
前に出たりして煽りまくる。
続けて『BURST』。会場に入った時から気になっていた、大きなミラーボールが回り出して、
ちょっとウケた^_^;。TAKU側のアンプに乗って会場を煽るHISAくん!おぉ!生足がぁ!!
うきゃ♪嬉しくてずっとHISAくんを見てたら、アンプから降りて定位置に戻ろうとした時、
歌いながらバックして来たTERUと激突。右手を顔の前に掲げて、すまんすまんみたいな
仕草をしてたHISAくん。激可愛い!!それ見て、TERUも笑ってた。最後は超高速BURST
でヘロヘロになったけど、燃え尽きた!って実感出来て楽しかったよ。

TE「イエー!沖縄!GNCツアー、無事終了しました!サンキュー!!」TAKUちゃんが、
あれやろうよみたいなジェスチャーをして、メンバーがステージに並ぶ。
手をつないで万歳ジャンプ!
会場のみんなもジャンプ!!
それぞれ、ピック投げたり、水かけたりしてくれて、メンバー退場。全員、めちゃ笑顔!

メンバー退場してしばらくしてから、誰か^_^;が出てきて、「今日のライブで今回のツアーは
無事終了しました。みんなで、万歳三唱でしめたいと思います。ばんざーい!ばんざーい!
GLAY最高!!ばんざーい!」の声に合わせて、会場のみんなで万歳したよ。
日本人っぽくて良いなと思いました。


沖縄は、外も暑かったけど、会場はもっと熱くて盛り上がりまくりました。
TERUの格好は激しくイケてなかったけど、参加出来てホントに良かったです。
最後まで読んでくれてありがとうございました。




【BACK】