【GLAY RADIO COMMUNICATION】#1
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2001/10/7 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #1
待望のGLAYさんのレギュラー番組が、いよいよスタートです!
運悪くOAを聞き逃した方、電波の調子が悪く聞けない(涙)の方、
海外にお住まいの方、その他ご興味がおありの方々…。
よろしかったらお読みください。

On Air List
GLOBAL COMMUNICATION
STAY TUNED
BE WITH YOU
Fighting Spirit(新曲)
Think about my daughter(新曲)

Menu
番組開始のご挨拶の生電話(生電話に出れたラッキーな人には番組シールをプレゼント)
NEWアルバム(11/28リリース)の新曲を初披露。

Talk
〜Opening〜

TAKURO:ひとつ!ラジオを聞くときは間食は禁止です!…太りますよ。
TERU:ひとつ!ラジオを聞くときはハンケチ(ハンケチだよ、ハンケチ)を用意しましょう。
JIRO:ひとつ!ラジオを聞くときは雑誌とテレビを見ない!
HISASHI:ひとつ!ラジオを聞くときは、アンテナを握りしめながら!

この番組はCOMMUNICATIONとタイトルがついてる通り、コミュニケーションが
大切だそうだ。
彼らの発信する事にリアクションを示せという事です。
シカト禁止らしい。
TAKU氏が昨日あった面白い事を伝えたら、すぐリアクション。
TERUっちが、3日寝ないで考えたギャグを言ったら、TERUっちの気持ちを汲んで、
面白かろうが面白くなかろうが、すぐリアクションがお約束だそうな。

〜新曲初披露〜
TAKURO:(アルバムタイトルのONE LOVEは)俺たちも今の時代絶対掲げて生きたい
テーマとして、そのONE LOVEってのを追究してみたんですけれども。その中でも俺が
特に大切にしてる曲なんですけども、「Fighting Sprit」という曲を聞いてほしいですね。
これは仮歌の「GLAY王道」と呼ばれることからも分かるようにシンプルな感じの曲です。


小泉Jr.の発泡酒のCMでも聞けるこの曲。爽やかな感じの曲だよね。
これで、戦うのかぁ?と思ってしまうようなメロディーだった。

HISASHI:次にかけたい曲は「Think about my daughter」という曲で、
これはね、あれだよね、HGツアーでも「Lonely」 というタイトルでやってましたけどね。
これはね、ライブが想像できるような。

TERU:そうね。(うぉっ!HISASHIくんお得意のそうね。をTERUっちまでもがっ)
HISAHI:速い曲で。
TERU:そう。初めてこう披露した時でも、
みんながこうすげー乗ってくれてたのを思い出しますね。このナンバーは。

HISASHI:これもねぇ、ステージの上で作り上げてきた曲なんですけども、こう速い曲と
いうのはとかは、ベースとかは…

JIRO:この曲はねぇ、TAKUROくんが最初に言ってたアマチュアっぽさを大事にしようって
言うかね、あんまり上手くなり過ぎるとだめよって感じの珍しい感じの…(笑)


HGツアー大阪の追加の時には「頭ふれふれバカになれ」とTERUっちに言われて、
この曲調でどう頭を振るんだ??と疑問が渦巻いた曲だね。
他の会場ではどんなタイトルで演奏されてたのかな?
ライブで聞いてすごく好き!って思って、記憶だけで着メロ作ったのを思い出すなり。

〜Ending〜本日の感想
TERU:こうやってみんなとコミュニケーション取れるのがすげー楽しいんで、
これからも頑張ってね、皆とコミュニケ―ションしてきたいなと思いまぁす。

HISASHI:今日はね、集会もあり、生放送もあってね、すごくみんなの気持ちが伝わりました。
ありがとうございます。

JIRO:きゃっきゃと楽しいGLAYも好きですが、もう半分30ですからね(G3:爆笑)
来週からは落ち着いた番組にしていきましょう。

TAKURO:とにかく、皆からのリアクションが命なんで、どしどし送ってほしいなと思います。


こんな感じでメンバーも楽しそうにやってました。
これからこの番組がどうなって行くのかすごく楽しみだよ!
とりあえず全国ネットという事で詳しいレポはなしなりが、面白かったトークとかを
レポできれば…と思っております。
聞けなかった人たちが少しでも聞いた気分を味わってもらえたら…と思うなりよ。



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#2
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2001/10/14 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #2
祝!天才JIRO 間もなく29歳スペシャル

ばりばり収録モードに入ったねぇ。

Opening Call
TA:ひとつ!歯を磨く時は、目をむくべし!
TE:ひとつ!歯を磨く時は、歯磨き粉と洗顔ソープを間違えてないか確認してから磨くべし!
JI:ひとつ!歯を磨く時は、同時にしょんべんすべし!
HI:ひとつ!歯を磨く時は、…塩でっ!

Menu
1.NEWアルバム「ONE LOVE」から新曲をどこよりも早くスピードOA!
2.ONE LOVE番組キャンペーン発表!

On Air List
Think About My Daughter/GLAY
High and Dry/RADIOHEAD
ひとひらの自由/GLAY
VIVA VIVA VIVA/GLAY
Fighting Spirit/GLAY

1. 第2回 NEWアルバム完成披露視聴会
まずは「VIVA VIVA VIVA」について語る。
自分で書いといて笑っちまうタイトルだそうだ。
言いにくいしね。

HI:そうだねぇ。なんかねー、TAKUROが初めてこの曲を持ってきた時、すごい遊べそうだし、
見に来てくれてるみんなとね、すごい一体感を持って、盛り上りそうな曲だなぁと思ったのね。
で、やってみたら、やっぱりその通り。

TA:細かいデータを言うとするならば。作詞・作曲はわたくし、TAKUROですね。
作詞延べ日数はですね、TERUさん、5分ぐらいでしたっけね?作詞したの(笑)

TE:なんかねぇ、ライブでちょっとやってみようって話になって。
トイレで書いてきたような(笑)気がする。

G3:爆笑
TA:レコーディングはNYのチェルシースタジオでやったんですが、
これはセッションの中でも早いうちにやったんだっけ?

JI:そうだね。去年の12月だね。
TA:この曲はエンジニアのJ・スミスもすごいお気に入りで、GLAYの曲の中で
一番のお気に入りかもしれない。

HI:一番早くミックスしたがってたしね。


お次は「Fighting Spirit」の解説…ぢゃなく、CMにケチをつけるGLAY

TA:聞こえてる?ちゃんと。CMの方では。
HI:ちょっと小さい。
TA:上げてくんねぇかな?
TE:小さすぎだよね(笑)
G4:爆笑
TA:37局ネットを使ってクレームを言うバンド(笑)って俺らぐらい?
JI:でも、ほら。CMとかってあくまで俺らが引き立て役だから。
もう、あれはだって、孝太郎くんのデビューだからね。



2.「ONE LOVE」リリース記念 番組キャンペーン発表
タイトルはずばり!ワンハンドレッド・ラブ・メッセージキャンペーン。
いかにもGLAYらしい、愛を押し付け、愛を欲しがるキャンペーンだそうだ。

簡単に解説すると、友達100人で、よってたかって色紙に愛のメッセージを綴ろうと。
TAKU氏曰く、大きな愛の作業です。
筆跡鑑定もするので、インチキ(代筆)は不可。
メッセージは「私は○○を愛しています。なぜならば▲▲だからです。BY ◆◇」形式で書けと。
今からHISASHIくんが例を言いますので、よく読んで参考にしましょう(笑)

TA:私は何々を愛してます。なぜなら〜〜だからです。BY○○と。
これ、HISASHIさん、もっかい繰り返そうか。

HI:私は…これ言った方がいいの?何か…。
TA:例があるなら。
HI:えー。そうだなぁ…私は……えー(笑)……私は…えーと(笑)

悩むHISASHIくんにシンキングタイムをって事で、更に簡単な告知をするTAKU氏。
記念のワンラブグッズはフェラーリ!?かも…なわけないなりな。

TE:みんなでさ、2万円ぐらい出し合ってすげぇ賞品プレゼントしない?
G3:爆笑
TA:8万円の賞品をすごいというTERUの価値基準。愛くるしゅうございます(コクってるし)

そしてHISASHIくんの例をお手本に皆さんも考えましょう。
「私はフィニッシュラーメンを愛しています。なぜなら器の中に人生があるから。BYとのっち」


そういう訳で今週も分かったような分からんようなOAでした。
この番組に関しては全国ネットって事もあり、
聞いてる人が大半と思われるので、かなりはしょってます。
この番組のレポに関しては是非ともご意見・ご要望をお聞かせくださいまし。
宛先は管理人様で(笑)←勝手に決めてみた。



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#3
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2001/10/21 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #3
祝!ケーキ6個目?今日で6個目?スペシャル

生です!を強調してたねぇ。
ハイテンションメンバーについていけない…

Opening Call
TE:ひとつ!嬉しい時は、防波堤で「I'm in LOVE」を大声で歌うべし!
JI:ひとつ!嬉しい時は、旅をすべし!
HI:ひとつ!嬉しい時は、右眉を上げてアピールすべし!
TA:ひとつ!嬉しいです!

On Air List
STAY TUNED/GLAY
SHUTTER SPEEDSのテーマ/GLAY
Fighting Spirit/GLAY
VIVA VIVA VIVA/GLAY


Today's Menu
1. ハッピーバースディJIROスペシャル!
めでたく29歳の誕生日を迎えたJIROくんを祝って、メンバーが褒めちぎる!褒め殺す!
羨ましい〜逆電もありなりでした。
メンバーもびっくり!ピロウズのサワオさんとも電話が繋がってましたよ。

では、JIROくんをけちょんけちょんに褒めちぎるトークをどうぞ。
TE:そうだねぇ。んー。JIROの今回のアルバム「ONE LOVE」のプレイはね。
も、ピカイチだね!

TA:ピカイチだねぇ。
TE:天才だと思ったね。
JI:うそ臭くなってる…
G4:爆笑
JI:天才で…一気にうそ臭くなった。
TE:いやぁ。佐久間さんが褒めてましたよ。うん。毎回ねぇ、レコーディング終わった後に、
あのー佐久間さんがJIROを褒めちぎるんだけども、こっそり俺に言うのね。
「今回のJIROくんはすごいよ〜。」

JI:あ、そう?
TE:「TERUくんも歌いやすいでしょ?」っつって。
TA:そういうのなら、俺もあるな。よく、スタジオでプリプロやるでしょ?練習してさ。
で、俺この曲は自分自身そのものだって言うぐらいいい曲ができたりするのね。
で、それ持って行くと、なんか皆が、あーでもないこーでもないってアレンジしてる時に、
JIROを見たら、すごい頭抱えてんのね。
あれ、どうしたー?俺、この曲ってのはって説明してる時に、JIROが一言顔上げて
「TAKUROくん、こういうのさぁ、古いんだよねー!」

G3:大爆笑
TA:って。俺、古いんだよねって言われる前に、この曲って俺自身なんだよねって…
G3:更に大爆笑
TA:言おうかなって思った瞬間に古いんだよね(笑)…俺って古いのかぁー!って、
そういうとこで気付かされたりするのは、JIROならではよね。

(もう、メンバー笑い止まんないってぐらい爆笑してましたね)
HI:そうだなぁ。JIRO褒め殺しトークって事でねぇ…お洒落だよねぇ、JIROねぇ…。
G3:爆笑
HI:お洒落ボーイだよね。
TA:こないださ、あれだったんだよね?台湾にさ、TERUとJIRO行ったでしょう?
TE:行った。
TA:でね。あのー、マスコミが来るっての分かってるらしくって、
こう飛行機から降りた瞬間にみんな写真ばちばち撮ったんだって。
なんか、今度はこないだ来なかったJIROが台湾に来たよーみたいな感じで。
そん時ねぇ、今だから言うけどぉ。TERUとJIROが写ってんだけど、
TERUさん若干付き人っぽいんだよ。

G4:大爆笑
HI:付き人のオーラを?
TA:そう。付き人のオーラを…若干。なんかね、JIROサングラスに帽子なのね。
ジャケットでさ。TERUさん、なんか髪真っ黒なの…。

TE:爆笑。紙袋…でかい袋持って…?(笑)
TA:両手になんか、荷物いっぱい持って(笑)アンリミテッドって袋持って。
G4:爆笑止まりません。

…ってな感じでJIROくんを褒めちぎってんだか、暴露大会なんだか分かんないトークでした。


2. 第1回 ワンハンドレッド・ラブ・キャンペーン合格者発表!
1週間で100人分メッセージ集めるなんてすごいねぇ…。
みんな頑張ってますか〜?
代表のリスナーと生電話でした。トークはもう、なんや訳分かんなかった(爆)

Today's COMMUNICAITON(反省会)
TE:喉がいかれました!騒ぎすぎました。
HI:今日はね、コミュニケーション取れなかったです(反省)
TA:レディオネーム言い間違えた時のHISASHIの顔ったら…。
JI:たくさんの誕生日メッセージありがとうございます。


そんな感じで本日も実にハイテンションな放送でした。
メンバーが本当に楽しそうで、よいなりね。
いや、OAを忘れてる節も大いにありなところがまた面白いです。
やっぱ生はいいね!



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#4
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2001/10/28 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #4
祝!俺が一番スペシャル

この1週間はPV撮影に明け暮れていたらしいGLAYさん。
何気におつらいようで…。

Opening Call
TA:ひとつ!爪を切る時は、夜はよしなさい!(TE:言われた…)
TE:ひとつ!なぜダメかっ…ダメかと言うとぉ、親不孝になるからです!
(TA:爪を切る時は言ってない)
JI:ひとつ!爪を切る時は、夜はよしなさい!(TA:マネをするな)
HI:ひとつ!爪を切る時は、爪で健康状態を見ながら切るべし!

On Air List
THINK ABOUT MY DAUGHTER/GLAY
BASIS/BRAHMAN
Prize/GLAY
Young oh! oh!/GLAY
HOWEVER/GLAY

Today's Menu
1. どこよりも早く(?最近それがうそ臭い)お届けする、アルバム新曲視聴会。
今日はHISASHIくんの曲「Prize」の紹介だったなり。
それでは、微妙にぼけるTERUっち(彼は最近、指のかさぶたをはぐことにゾッコンらしい)
トークをどうぞ。

TE:第3回!(え?)GLAY!ニューアルバム完成披露試写会ぃぃ!!!っ(???)
G3:爆笑
TA:見ない、見ない(笑) 試写会じゃないから。
TE:笑。視聴会ぃ!
HI:視聴率でもないからね(笑)
TA:ほんとに…。やりづらいでしょ?
TE:やりづらいね。
TA:こんな感じだもんね(TE:ねぇ。)楽屋とか(笑)
G3:笑
TA:GLAYが13年も続くのはTERUさんのおかげなんだけどね(本日の愛の告白だ!)
楽しいもん。
TE:まあ、たくさんの時間を費やした、たくさんのですねぇ、苦労を乗り越え、
丁寧に作り上げたGLAYのニューアルバム「ONE LOVE」。
これはですね、リリースは11月28日に決定しましたね。うん。
ジャケットはねぇ、最近やっと撮影しましたねー。
うん…朝の何時ぐらいまでだったんだろ?あれ。

TA:昼の2時ぐらいから、次の日の9時ぐらいまで…(笑)(TAKU氏が語ってる間の
TERUっちの笑いがまたまた、かわいくってかわいくってどうしましょう状態)
TE:ねー。大変でしたけども…。
まぁ、あそこの場所は言ってもいいのかなぁ?

TA:いいんじゃない?
TE:成田のねぇ…。
TA:あ、やっぱ隠しとこかな。
TE:そだね。うん。で、すげー、ホントにJIROがねぇボソッとその撮影してる時に、
言ってたんだけども、いやあ、GLAYのジャケットの中でも一番いいんじゃないか?
っていう話をしてたのを聞いてね、どらどら?って見に行ったら、そしたらね。凄かった。
やっぱり。

TA:なんかあるものをちゃんと利用して、写真ならではのいい世界が描けたんじゃないかなと…
G3:うん。
TA:あそこから、PVが広がっていくとかね。
HI:そうだねー。全部一連の…繋がってる感じじゃない。リンクしてる感じが好きですね。
TE:あと、あれだよね。GLAY以外の方がジャケットに参加するのは初めてなんじゃないかな?
TA:そうだねー。エキストラというか…モデルのみんなが協力してくれて。
(BELOVEDの金髪のおねえちゃんは?)
TE:すっげー有名なモデルさんばっかりなんだよね。俺、雑誌見てたら、見てる!
お、この人だーって。

TA:俺ビッグコミックオリジナルしか見ないから(笑)

てな訳で、ジャケの撮影も楽しかったようですな。どんなジャケ写で攻めてくるのか、
めっちゃ楽しみ!
で、前振りもこれでもかってくらいした後、ようやく曲紹介。

TE:HISASHIさん。今回初参加。
HI:はい。データとか言っときますか?
TE:はい。
HI:作詞作曲。これは、HISASHIですね。テーマ。なんか…周りの小さなね幸せとか。
そういうものがテーマです。作詞延べ日数…いいか、こういうのは。別に。

TA:出てくる単語聞いたら、みんな「はぁ!?」って思うことは間違いない(笑)
怨念って言葉が出てきます!
(G3:笑) 
なんか今、ささやかなどうたらとか言ってましたけど、怨念とか。殺さないで!とか(笑)
HI:髑髏の首飾りとかね。うん。
TA:HISASHIワールドですねぇ。
HI:ま、難易度は。これかなり簡単だよね?
TE:簡単…ですよね。うん。でも勢いを殺さずレコーディングするってのは、
結構大変だったかも。うん。
なんかねー、ほら。HISASHIに言われてさぁ、そのー、仮歌の方がすげぇ勢いあるから
ちょっともう1回歌いなおしてねって言うのがあってね。うん。

HI:TERUさんねぇ。歌いこむとねぇ、どんどんっ上手くなっていく.…(笑)
TE:アハハハハ。
HI:安定した歌になるからねぇ。最初のテイクとかいいもんね、すごい。
TE:うん。
TA:最初の歌いいねぇ。だんだんあれだよ。慣れてくると、後ろ気味になって(笑)
TE:あと優しく歌うんだよね。エヘへ(うわぁぁぁぁ。あ、壊れた)
TA:ためるんだ(笑)そうそうそう。


2.ワンハンドレッド・ラブ・メッセージキャンペーン第2回合格者発表。
色紙を送ってくれたリスナーとの電話コーナー。
学校の先生とかも巻き込んでワンハンドレッド・ラブ色紙を送ったという人でしたね。
しかーし、緊張のあまりにトーン低いなんてもんじゃぁない!
メンバー多少困り気味…(笑)
何気にラジオネームがおいらのHNと同じだったなりねぇ。

Today's Communication(反省会)
TE:はい。んー。コミュニケーションは大切だ!(笑)
TA:はい。
G2:笑
TA:そつねぇ〜。そのまま(笑)
TE:何も考えてなかった、俺(笑)
TA:笑。やっぱり…そうだよね。大事だよね(すごいフォローだ)
JI:いや、普通に聞いたらいい事なんだよね。なんで俺らは笑うんだ?(笑)
TE:ラジオ的には…つまんないよね(笑)
TA:いやいや。たいしたもんだよ。
TE:はいはい。
G3:爆笑
TA:HISASHIさん!
HI:はい。パン工場のバイトは深夜で辛かったけど、楽しかったです。
TA:はい。じゃあ、JIROさん。
JI:はい。DJを目指してる皆さん、すいません。めちゃくちゃかみまくりで55分過ぎました。
TA:はい。って事でですね、TAKURO。親子のコミュニケーションも、
音楽がいい位置を占めてるなと思ったのが、今日のコミュニケーションの感想です。



☆そんな訳で本日も分かったような分からんようなトークで、あっと言う間の55分でした。

P.S. 4回目にして、いまだこの番組だけは書き方に困っています。
ほとんどの人が番組を聞いてるだろうから、何かこの部分をレポにして!とか
アドバイスなんぞもありましたら、是非お知らせくださいまし。



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#5
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2001/11/4 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #5
祝!電波スペシャル

最近は落ち着きがないと(別の番組で)リスナーに突っ込まれたGLAYさん。
30代らしく落ち着きのあるOAを目指しますが、どうなることでしょう??
今回のレポは何気に趣向を変えてみた。
何が変わったって問われても、なんとなくとしか言いようがない。

Today's Call
TA:ひとつ!風呂に入る時には、よく身体を洗ってから入るべし!
TE:ひとつ!水風呂に入る時は、胸に水をつけてから入るべし。
JI:長風呂をするときは、本を持参すべし。
HI:ひとつ!…いい湯だな〜。

On Air List
VIVA VIVA VIVA/GLAY
REAL TO ME/DJ HONDA
この世の果て/the pillows
HIGHWAY NO.5/GLAY
ひとひらの自由/GLAY

刺激的な近況
今週はささやかなオフをもらえたそうなり。
TE:久しぶりに部屋を掃除した(ああ、おいらも掃除しなくっちゃ)模様替えつき。
HISASHIくんに誘われて飲みに行ったはいいが、誘った本人にすぐに帰られたそうなり。
HI:整形をしに行った→歯の矯正ね…(笑)車を買えるほどのお金がかかった!?
HISASHIって名前が言いにくいが為に、本日限定でお名前はポニーです(笑)
JI:スポーツ三昧。泳いだり、卓球したり、ボウリングしたり。
ちょろちょろと他のアーティストのライブを見に行ってるようなり。
TA:(10月)22日からNYに行って、NYのテロ後の様子を見てきた。
U2のライブがあると聞きつけ、DJ HONDAさんにせがんでみたものの、
チケをゲットできずに諦めたそうなり。

Menu
1. GLAYニューアルバム完成披露視聴会!

HIGHWAY NO.5/詞・曲JIRO
トーク的にはフリーのとこのが笑えるなりが、やはりアルバムは重要でしょうって事で、
本日はこのパートのトークをどうぞ。

ポ(ポニーだけに…):今日は「HIGHWAY NO.5」という曲を聴いてもらいます。
じゃ、これはまず、作詞作曲のJIROからね。データを紹介してほしいなと。

JI:はい。これはね、3月にNYに行くのに間に合わせて作った1曲…なので、
今年の2月ぐらいに多分作ったと思うんだけど。
仮歌詞、結構半分ぐらいそのまま使ってるかな。
♪高速道路 大渋滞〜っていうのは、家の…え〜、俺がこの曲作ってて、窓の外を見たら、
高速道路が大渋滞してた…(笑)で、その仮歌詞にしたら、
なんか曲のその、テーマの方向性にも結構、合うかなぁと思って。
その高速道路、大渋滞っていう、なんかそのぉ、サビの訳分かんない感じもいいかなと思って。
うん。
なんて言うんだろうな?渋滞しながらもどかしい感じっていうの?と、自分のその〜、
ストレスとか。そういったものと繋げてみた曲ですね。

ポ:なるほど。じゃぁ、結構、ホンチャンの録りとかは、楽だった?
TE:うん。そぉだねぇ、そのNYセッションの時には、もうメロディーと歌詞がね、
だいぶあったんで…。

ポ:うんうん。そうだね。
TE:そっから多少変わったけども。うん。でも、こうすんなりと…。
でもねー、これねぇ、凄いやっぱり、あのぉ、リズムに言葉を乗っけるのがすごい
大変な曲だから、結構難しいかもね。もし歌うとしたら。そう。キッズたちがこう…ね、
コピーするとしたら。

ポ:ギターもねぇ、結構いろんな機材を、え〜いろんな使い方をしてるんでねぇ。
え〜、難しいと思うんだけども、これはね、アルバムの中でもすごい好きなテイクなんで。

TE:ね。挑戦してほしいですね。
ポ:うん。聴いてほしいなと思いますね。うん。

ライブでは盛り上がりそうな曲なりね。
♪高速道路 大渋滞〜が頭から離れなくなるなりね(笑)

2. ワンハンドレッド・ラブ・メッセージ・キャンペーンの合格者紹介
かなり色紙が届いてるようだね。何人か名前読んでもらえましたね。
そして、本日も選ばれた人と電話でトーク。
転校したばかりの学校で集めてくれた人だったのですが、
なんと購買のおばちゃんが(何気に苗字一緒)ファンだったので、協力してくれたって。
なんか、今回の人のんは、すごいいい話だなぁと思ったさ。
そして、このキャンペーンの締め切りが発表!アルバム発売日11/28到着分までです。
現在進行形で集めてる人、頑張れ〜!

Today's Communication(反省会)
今宵は、いよいよ迫ってきたドームツアーの見所を一言で。
TE:EXPOを終え、すげぇよりパワフルになったGLAYがですね、
日本でできる最高のエンターテイメントを演出してみたいなと思いますんで。
是非とも遊びに来て欲しいなと思います。ん。

ポ:10メートルの高さまで上がります!
TA:敢えて何かを聞くのはよしましょう(笑)
JI:えぇ、そこでしか見れないオリジナルPVが見れるでしょう。
TA:勿論、開演後はパワフル且つ楽しめる事は間違いないんですが、
1時間ぐらい前に時間のある人は入っても、また楽しめるのではないでしょうか。


ツボなてるっち
もう、これは超個人的趣味なり。
TERUっちへの愛を惜しみなく注ぐコーナー(勝手にレポに趣味のコーナーを作るなってね。爆)
好き勝手に選ぶTERUっちの一言なり。
TE:苦手なジャガイモのコロッケ食べてみました。

うわぁ。TAKU氏のトークが少ない〜!書き終わって自分で驚いた(笑)
ホントに突っ込まれた反省からか、今日のOAはテンション普通だったなりね。
ってか、忙しかった疲れがたまってる??



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#6
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2001/11/11 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #6
祝!カッコイイ方2人スペシャル

本日のOAはTAKU・JIROの2人でスタート。
彼ら曰く、ひとつで2人分!(もとい!1人で2人分の全力放送)
TERUっちとHISASHIくんは遅れて登場しました。
そして、なんとなんと生歌も聞かせてくれたなりね♪

Opening Call
TA:ひとつ!どうしても眠い時は、体操すべし!
JI:ひとつ!どうしても眠い時は、つるたろうのおでん!(チビ太じゃないんだ)
TA:ひとつ!どうしても睡魔に勝てない時は、お尻に鉛筆をさすべし!
JI:ひとつ!どうしてもまぶたが重い時は、寝るべし!

On Air list
嫉妬/GLAY
ブラックユーモア/へルマンH&ペースメーカーズ(?)
Lovers Change Fighters Cool/GLAY
夢遊病/GLAY
HOWEVER/GLAY
ALL STANDARD IS YOU/GLAY(番組中の生歌!!)

今週のGLAYさん
怒涛のプロモーション活動に入ったGLAYさん。
地方巡業で、かなりのハードスケジュール。
飯を食う時間ももらえないくらい、かわいそうな生活だったらしい(あ、脚色しすぎか?)

Menu
1.この時期GLAYさんが、いちばん力を入れなきゃならない(であろう)コーナー。
ニューアルバム完成披露視聴会から、1曲ご紹介。本日は、「夢遊病」です。
って事で、曲の解説部分トークをどうぞ。

JI:この曲はね、プレイ面にすると、すごく、俺自身シンプルな事弾いてるんだけど、
めっちゃくちゃね、難しいのね。うん。なんかね、あの、シンプルなんだけど、
難しいって事にトライしたんで、GLAYの中では珍しい…曲調も珍しいね、これ、なんかね。

TA:そうですね、しかもね、この曲を手をつけるぞっていう時に、
あのアメリカのテロ事件があって。すごい、どん詰まった。

JI:あ〜。
TA:どん詰まったって意味分かるかな?(笑)分かるよね?北海道弁じゃないよね、これ?
いや、相当悩んだね。で、こう「嫉妬」を書きながら、この曲も手をつけてたんだけど、
この曲は最後の最後まで苦労しましたねぇ。
なんか、例えば、あの、ちょっとネガティブなことを書こうとすると…

JI:曲調に引っ張られちゃう感じだね。
TA:引っ張られちゃう…あと、世の中の流れに引っ張られちゃって、どんどん自分も
落ちちゃうって言う。そういうとこで、かなり苦労しましたけどね。
それは、あのHISASHIさんのギターとか、佐久間さんのアレンジのキーボード
なんかによって、ちょっと救われた部分もあるんですが。

JI:あとジャウリムのユナちゃんのボーカルがさ、凄く俺、アジアっぽくていいなあと
思ったんだけど、やっぱり、自分達が、そのアジアっていうのを凄く意識した1曲になったし、
ユナちゃんのボーカルが入ってさ。なんかね、そのアジアって事を、西洋と、
そういった文化とか音楽と合わせてさ、カッコ悪いって言うんじゃなくて、
アジアの神秘的な部分がバッチリ出てるんだよねぇ。ユナちゃんのボーカルで。
だから、なんかね、もっとね、そういったとこもちょっと次作っていく時ってなんか、
そのアジアの神秘性をもっとカッコよくできたらなぁって言うのはね、
ユナちゃんのボーカル聞いて思ったね、俺はね。素晴らしいボーカルだ

(JIROくん大絶賛なりなぁ)
TA:あの人ほんと、普段はふにゃふにゃしてるのに(そうなんだ…)マイクの前立つと、
もうすごい…。

JI:笑。すごいよね。
TA:誰も近づけないです。

2.ワンハンドレッド・ラブ・メッセージ・キャンペーン
たくさんの色紙が届いてるようなりね(集まった色紙。最終的にどうするつもりなんだろ?)
って事で、成功者の1人と電話でトークでした。
学生さんじゃない人が集めたそうですが、小学生からおばあちゃんまで頑張って集めたらしい。
これは、愛って言うより、努力と根性だな(爆)

Today’s Communication(題して反省会)
いつもは一言ずつなりが、今週はHISASHIくんが総括!(遅刻した挙句に喋ってないのに…)
HI:今日のコミュニケーション。やっぱりね、日本全国渡って、
こうってね、ONE LOVEってものを…今日と言うよりか、最近ですね。
えー、コミュニケーションをとっています。
やっぱりね、このONE LOVE。みんなね、18曲、結構短いと言ってくれるので、安心して…
うん。発表できるなと思っています。


今週の一言

あくまで、おいらの超個人的趣味でTERUっちの一言を拾う身勝手きわまりないコーナー。

TE:せっかく遅れて来たってのもなんですが…

以上、今週も2人で全力尽くしてくれただけあって、おもろかったなりね。
しかし、2人だけの登場だとトーク拾うの楽だなぁと改めて実感(笑)



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#7
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2001/11/18 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #7
祝!侮れない2人スペシャル

Opening Call
TA:ひとつ!どうしても腹がへった時は、天を仰ぐべし。
JI:ひとつ!どうしても腹がへった時は、輪ゴムにしょうゆをつけてかじるべし。
TA:ひとつ!夜どうしてもおなかがぐぅぐぅ鳴るときは、烏龍茶で満たすべし。
JI:ひとつ!お腹がへって機嫌が悪い時は、黙ってふて寝をすべし。

今週も訳ありで(訳は知らない)TAKU・JIROの豪華2人のスペシャルトーク!
TERU&HISASHIの分まで全力放送だそうだ。
しかも、GLAYと言えば、この2人とまで言い切った(笑)
因みにTERUっちは、事務所の前でお尻に筆をさして倒れていたそうだ
(本気にする人いたら怖い)

On Air List
♪Fighting Spirit/GLAY
♪嫉妬/GLAY
♪ラッキー☆スター/Mean Machine
♪君が見つめた海/GLAY(ニューアルバム完成披露試聴会)
♪Savile Row 〜サヴィルロウ3番地〜

今週のGLAYさんを振り返るトーク
TA:今週1週間のGLAYはと言いますと。キャンペーンで…。
JI:キャンペーンで大阪に行ってたね。
TA:大阪に行ったり(あなた来てない!)
あと…レコーディング入ってデモテープなんか作ったりね。
JI:そうだね。
TA:あとテレビなんかもちらちら出ましたので。
JI:そうそうそう。久しぶりだったね。
TA:要チェックで…。はい。さすがにあれですね、
久しぶりにトーク番組とかに出ると、ちょっと緊張した。

JI:緊張するね。
TA:うんー。何か…間合いとか全然忘れてて。うん。
JI:うん。「うたばん」はなかなか人気あるね。あのぉ、GLAYのファンの子から。
TA:あぁ、そうなんだ?
JI:うん。「うたばん」に出ると、いつものトークと違って楽しいっていうのを聞くけど。
ダウンタウンとか、緊張するからね、俺ら。

TA:緊張するしねー…なんか面白い事言わなきゃダメなのかな(笑)
ってちょっとこう…(笑)脅迫観念があったりして。

JI:笑。そうなんだよね。

って感じで、テレビ番組では「Fighting Spirit」もやったりして、
アルバム発売へ向けての準備も着々と進んでる様子でございます。

今週のQ&GLAY(どんな事でもいいから、GLAYさんに質問しちゃえなコーナー)
Q:GLAYのみなさんはどんな漫画が好きですか?(ちなみにお便りの人のおきには
「ワンピース」)
TA:漫画はねぇ、もう物心ついた頃から読んでますが。最近のヒットは「おしゃれ手帳」かな?
JI:おしゃれ手帳?
TA:おしゃれ手帳って漫画があるんだけどね…ひたすら下品なんだわ!(嬉しそう)
下品なのが好きな人は是非チェックして欲しいと思います。
JI:ワンピースってすごい有名らしいよ。
TA:ワンピースってよく聞くな。俺は読んだ事はないんだけど、
毎週ジャンプを読むTERUさんは夢中になって読んでますけどね。

JI:ウフフ…なんか、冒険物だっつー話を聞いた事があるけどね。
漫画はね、俺は、あれだね。手塚治虫と藤子不二雄。
全てを読破しようと一生懸命読んでるんだけど…。
今ねぇ「漫画道」を読破して、それからAの短編集…
恐怖ナントカカントカってのがあるんだけど、ものすげー暗くてさ。


GLAYさん、それなりにみんな漫画好きだよなぁ…
みんなもメンバーに面白い漫画を教えてあげよう〜。

GLAYニューアルバム完成披露試聴会!(いちばん力を注ぐべしなコーナー)
たくさんの時間を費やして丁寧に作り上げたGLAYさんのNEWなアルバム
「ONE LOVE」のリリースを記念して(?)どのラジオ局でもOAされてない(嘘らしい)
曲を(この番組では)初披露!するコーナー。
今週は「君が見つめた海」

JI:この曲は…俺はTERUの歌にすっごい評価してるんだけど。
TA:うんうん。もう、デモテープの時からね、すごいよかった(2人でべた褒め!)
JI:AメロのTERUの歌とか、ホントになんか…
うわぁっと…初めて聞いた時、鳥肌たったりとかして。

TA:今回ね、前作の「HEAVY GAUGE」と比べると、
TERUさんの声のベーシックになるとこのあの…太い感じっていうのが、
全然違うなって、思ってるんだけどね。
その良さが、このアルバムに出てて、この曲にも凄い出てると思うんだけど。

JI:うん。なるほど。
歌ってるじゃないですか。リーダー。

TA:リーダーねぇ、このアルバムの中の一番、自分が好きなとこ(笑)
JI:ほぉ〜〜。
TA:20秒ばかり(笑)ちょっと歌わせて頂きましたけど。
JI:…初か…初だよね?
TA:ちゃんと真ん中でとるのは初だね。しかも自分が意識して。
前に未来日記のサントラで「夏の彼方へ」やったけど、あれは仮歌のやつを、
佐久間さんが気に入って、使ったっていう、そういったリミックス的な経緯はあるけど。
今回みたいにちゃんと歌心を持って、リーダーが歌うのは初めてですね。

JI:や、でも。結構…結構じゃないや。いいよ。
TA:あら。
JI:うん。
TA:お褒め頂きました(笑)
ちょっとこの…パワープレイ決定?

JI:アハハ。
TA:決定?決定?

TAKU氏の気持ち的には自分がなんで音楽やってるかって事を曲全体で書いてる
歌だそうなり。
おいら的にはイントロのコーラスが好きでした。

ワンハンドレッド・ラブ・メッセージ・キャンペーン!
今週もまたまた、たくさんの色紙が届いてるようでしたね。
読み上げられた人の名前×100人の愛なりよ。すごいね!
日本全国ONE LOVE近いなりね♪
今週は、おいらも遊びに行くサイトで知り合った友の名が読まれたという事です!
鹿児島の律!(あえてHNね。よく頑張った。おめでとう!)
今週も成功者を代表して、16歳の女の子と生電話でした。

生電話中のTAKU氏の爆弾発言。
TA:30までに旦那が見つからなかったら、是非、久保家に…嫁いで来い!
日本人初の一夫多妻制なんで(笑)

(好きな人が幸せになってくれたら、いいなっていうリスナーの言葉に感動するTAKU氏)

Today‘s Communication(反省会)
TA:今日は、割と落ち着いた
JI:そうだね。
TA:語り口で、よかったんではないかと。

そして、生電話のリスナーさんの言葉に最後まで教えられたというTAKURO氏。
16歳の恋愛観に、大いに学ぶ事ありだった様子のTAKU氏でした。


今週はちょっと頑張ってみました。
こんな感じでしたら、OA聞けない方々にも少しは雰囲気伝わるでしょうかね?
更に更に、ご要望などありましたら、お伺いしますので(答えられなくても)
ご意見・ご感想を管理人様宛によろしくなり。
BBSへのカキコも全然OKでし(自分のHPでもないクセに・爆)



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#8
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2001/11/25 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #8
祝!4人だとやっぱり…なごやかですね、スペシャル!

Opening Call
TA:ひとつ!ニューアルバムONE LOVEを買う時は、ポイントカードはよしなさい!
(あ、ごめん。それ使うし)
JI:ひとつ!ニューアルバムONE LOVEを買う時は、ニューワンアルラブ!と言わないように!
TE:ひとつ!ニューアルバムONE LOVEを買う時は、お母さんにちょっとだけおねだりして
みましょう。

HI:ひとつ!ニューアルバムONE LOVEを買う時は、おつりはいりません!(爆笑)

久しぶりに4人揃ってのGRC。
やっぱ4人だとGLAYさんはテンション高め?
もう、嬉しそうに喋る、喋る。

On Air List
♪君が見つめた海/GLAY
♪Prize/GLAY
♪My Sacrifice/CREED
♪WET DREAM/GLAY
♪Fighting Spirit/GLAY

近況報告なGLAYさん
TE:まずはですね、メンバーの近況ですが。
やっとですね、ドームツアーのリハーサルに突入しまして、
やっとですねONE LOVEのアルバム中心にですね、曲を練ってきてるんですが、
どうですか?指の痛みは?…皆さん?

TA:指の…(笑)
HI:限界です!
G3:笑
TE:笑。いやー、ほんとに。
TA:指がないじゃないか!(笑)痛いけどさ。
TE:いやー、久々にこう音合わせしたんですけども、やっぱいいね!
TA:笑。バンドはいいよ…(笑)
TE:バンドはね♪なんか、最近のもやもやが一気に晴れましたね。
JI:でも、さすがに楽曲がシンプルなだけにまとまりが早いよね。
TA:早いです、今回。
TE:なんかね、すげー、ドームが見えてきたね。…やっと。
TA:見えてきた!?
TE:見えてきたね。
TA:早いっすね!
TE:うんー。歌詞は全然(笑)覚えてないんだけど…(おぉい…)
TA:歌詞の台置かなくて大丈夫?
TE:ハハハハ。置きたい…うんー♪

それなりに、お仕事モードのようですね。
GLAYさんもドームツアーへの準備は順調に進んでるようなんかな?

TE:あとドームに向けて、体力作りも結構、俺してるんですが、
あのー、自転車でこうスタジオ行ったり、後は徒歩でスタジオ行ったり。

HI:あ、そう…
TA:あ、そうだ!(笑)こないだスタジオからさぁ。いつも俺とTERU組みじゃん。帰る時。
あれー、テッコはぁ?とか言ったら、「TERUさん、歩いて帰りました!」

G3:爆笑
TA:マジで!?罰ゲームですか?なんか悪い事したんすか!?
TE:いや、結構、気持ちいいんだよねー。
HI:や…人いないしさ。寂しくない?あそこの…
TE:寂しくない!(強い子だねぇ)
JI:TERUなんて、埼玉に住んでるのに!(信じる人がいるからやめなさいって…)
G3:大爆笑

ドームツアーに来る人は、アルバムで予習をしておかないとつらいそうなり。
お父様・お母様といらっしゃる方々はご両親にも予習をして頂くようとのお達しでしたなり。
また、JRIOくんとHISASHIくんのソロコーナーもあるらしいと、言う事でお楽しみですね。

今週のQ & GLAY(リスナーの質問に答えちゃうぞ!のコーナー)
Q.古語に「ひさしの間」というのがあるそうで、意味はすのこの内側の細長い部屋らしい。
そこで、GLAYさんは何か、こーんな言葉知ってますか?という内容のお便り。

TA:絡みづらい(笑)
TE:あれ。難しいよねー。その何々の間じゃないけどさ、上座とかあるじゃない。
そこのどこが上座かっていうさぁ。

HI:あー。
TE:床の間の近くが、あれだよね?
TA:年上の人と飯食いに行く時ちょっと…
TE:そうそうそう(力いっぱいクロスする人々)
ね。考えるんだよね。
こう、なんかこう、上座にお座りくださーいって言われてもさぁ、
上座に座ってるんだけども、なんで、この場所が上座か分かんないんだよね。

HI:あれ?絵がある…側とか。
TE:そう。それでもねぇ、その床の間が無い部屋でも上座があって。
その入り口から一番遠い席が?上座とかって…

TA:偉いって事。
TE:うん。みたい。
TA:それ、すげー豆知識だけど、それは使える、使える。

なんだかTERUっちの豆知識コーナーになってしまいましたね。
学生さんには関係ない!って締めていらっしゃいましたが、
OLさん目指す人はよく出るよー。就職試験系で(笑)

ニューアルバム完成披露試聴会!
このコーナーは本日が最終回。アルバムがリリースされたら、
それを買って聞けよってなもんです。
本日はHGツアーでも披露してました「WET DREAM」です。

TA:俺、ライブのテイクよりレコードのテイクの方が今んとこ好きだ。
TE:あぁ〜。
TA:これちょっと、ドームツアーの時の自分なりの課題なんだけどさ。
あまりにもレコードの方が力強くて。それを超えたいんだよね。

HI:なんか、サウンドメイキングとかもさぁ、若干、今回変わってきて、
ハード目のやつもあったり、速いやつもあったりするからぁ。
なんかねー、ライブでも、そのノリとか出したいよね。

TA:出したいねー。よりパワーアップしてるよね。
JI:ギターの音はこのテイクはすごいパワフルだからね。
TA:あれって、でも仮ギターも含めて6本ぐらい一気に出てんでしょ?
HI:そうだね。
TA:TERU!
TE:うん。
TA:アコギ持つしかねー!
G3:笑

(この後しばらくクロスの嵐で挫折!ごめんなさい)

JI:歌のあの、イントロの出だしのテイクは変わったよね。
TE:そう。変わった。あれはねー、レコーディングの前日ぐらい、いろんなCD聞いてて。
うんー。でリンプとか聞いてたら、あ、なんかこういうのやってみたいなーと思って。
TAKUROに、こういうのやりたいんだけども、なんか歌詞考えてーったらね、
そこですぐ決まって、
それで初めてやってみたんだけど。
うん。すげー、俺自分でも好き。

TA:俺はこっちの方が好き。
JI:じゃあ…
TE:でも…
JI:あ、いい?
TE:いいよいいよ。うん。
JI:笑。も、いい?(笑)言いたいことない?
G4:笑
TE:言いたくない!(笑)…言いたくない。
JI:なんか今言おうとしなかった?でも…って(笑)
TE:うん。でも…い…いいのよ。
G3:笑
HI:何を遠慮してんんだ?
TE:いやいや、でも…今言おうとしたのはね、でも前の方が
いいって言う子もいるんだよね…
(ごめんね、その1人なり。イントロに関してはね。)
G3:笑
TE:ほら…ね?(どぁーーー。「ね」がかわいいーーー!!!)
JI:まあな。でもそういうのは…。
TA:自信を持て!
TE:アハハ。
TA:かんけーねー!(TERUっちを傷つけるやつは俺が許さねー!ってとこっすか)

ワンハンドレッド・ラブ・キャンペーンの報告
締め切り間近。
相当たくさんの色紙が届いているようです。
単なる色紙ではなく、工夫を凝らしたものを送ってるファンもいるようでしたね。
本日は生電話ありませんでしたが、たくさんの人を紹介してくれました。
成功者の人の作品は番組HPで紹介されるようなりね。

って事で、実にクロストークの嵐でレポ泣かせの内容だったなり(笑)
でも、やっぱり4人揃っての番組は楽しい!
以上、今週のGRCおしまい!

ツボTERU!
実に個人的趣味のコーナー。単においらにツボだった
TERUっちの一言をご紹介するだけ(爆)
OAを聞けた人は、どこで言った一言か探してみるのもよろしいんじゃないかと。
聞けない人は、ごめんなさい。こんなこと言ったのね…って事で勘弁して!

TE:うんー。そういうのがあるみたい。ぅん。はい(笑)



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#14
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/1/6 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #14
祝!若干つらめ(笑) 実は疲れを隠し切れねースペシャル

新年一発目は名古屋から生・生・生!(By TERUっち)
あまりにも生を連発されると居酒屋気分。おにーさん!生追加!
名古屋ドームのライブも2日間大盛況に終わり(推測)
しかし、3日目チケ激余りの様相を隠し切れないGLAYさん(爆)
生電話もあり、新曲OAもあり!な55分!
今年もしょっぱなから飛ばして行くのでしょうか?


THIS WEEK’s ひとつ!
TA:ひとつ!新年早々名古屋に行く時は発情はするな!
(年の瀬なら発情してもよいなりかな?)
TE:ひとつ!新年早々名古屋に行く時は明後日3日目お薦めです。来て下さい!
(どれほど余ってるなり?)
JI:ひとつ!JR東海に乗った後はうがいするように!
(JR西日本ならうがいは必要ないのか?)
HI:ひとぉつ!名古屋!!!
(エコーまでかかる。笑いの意味が汲み取れなかった・爆)

ON AIR LIST
ALL STANDARD IS YOU/GLAY
生きてく強さ/GLAY
君が見つめた海/GLAY
Way of Difference/GLAY
卒業まであと少し/GLAY

NEW YEAR’s GREETING
JI:はい。お年玉けれー!JIROです。
TA:今年こそぉぉぉ…あの子にアタックっ!!
TE:最近、この言葉がメンバーからですね“それ(声は裏返して)違うんじゃないか”
という話をされますが。あけましておめでとうございました!

HI:うちのバンドのリーダー、足にきてます!

お正月の報告
TA:知り合いの温泉に行ったのね。でさ、名古屋って5日からライブじゃない?
で、俺1月1日に多分、直で温泉から行くから、皆で集まって行かないね。
自力で行くわーなんっつってさ。
そしたらさ。確かにゆったよ?俺は。自力で行くって。
でも、4日の夜まで全くマネージャーから1本の電話もないのね(笑)

G3:笑
JI:正月休み?
TA:うん。で、俺とりあえず電話入れたら留守電でさ(笑)
で、しょうがねーから電車に乗ってさぁ、
そこ(温泉)のママにこっから名古屋にどうやって行けばいいんですか?
って全部紙に書いてもらって。
何番線に乗って、ここからここの区は380円だから、380円の切符買って…。

HI:はじめてのおつかいだ。
TA:で、新幹線に乗りました。で、いくらもっしゅに電話しても繋がんなくて。
俺、自分の泊まるホテルも知らなくてさ(笑)

TE:よく、自力で来れたねー。でも、自力で来るとさ、すごい楽しいんだよねー。
TA:楽しかった。しかも、ちょうど大雪って話になって。だからね、
途中で止まったらどうしようとか言ってさ。
で、まぁ、俺がいなくても多分ライブは滞りなく…(笑)

G3:爆笑
TA:進むんじゃねーかな?ぐらいの(笑)
そういうのスポーツ紙で見るのやだなーって。

HI:リーダー不在。
TA:が!大盛況!みたいな(笑)
G3:笑
JI:TERUは?
TE:俺はー、親孝行してきましたね。久々に。
あのね、お年玉を初めてあげたね。親に。

HI:親に!?
TA:親に!それは大人だね(すいません。今年もお年玉もらいました・汗)
TE:泣いて喜んだ!(笑)
G3:大爆笑
…この後やたらとお年玉談議に花が咲くGLAYさん…
そして、愛されまくるTERUさん…いいキャラなり。

そして、名古屋のライブの話
ハプニングも続出!?
JI:今日のChristmas Ring の、まぁ、炎が出る演出なんだけど、1個缶から出なくてさ。
HI:出なかったねー。
TE:すげーガス臭ぇなぁーって(笑)
TA:それってあれなの?電子コンロ(電子コンロ?)
TE:プロパンガスみたいな。
TA:コンロみたいな感じの。あれさ。要するにあれだろ?
小さなコンロがいっぱい埋めてあんだろ?

G4:笑
TA:ガスが入ってなかったんじゃないの?(笑)
HI:でもねー、ついた時どれぐらいの炎が上がるのか
心配したよねー
(そりゃ爆発でもされたら一番に吹っ飛ぶのはあなた達でしょうから…)
JI:隣の缶とかまで引火しちゃったりしたら。
TE:ねー。
JI:それを考えるとTERUが燃えてしまうと(笑)
…………………
JI:(HISASHIくんに)なんかあった?ハプニング。
HI:ハプニングねー。んーーーっ。
JI:あ、昨日、なんか、トラブってたよね?
HI:あ。イヤモニね。うん。イヤモニがね、落ちたんだけど。
ま、見てる人にはどうでもない事の…

JI:笑
TA:それがさー、画面に写ってたじゃん?
あれ、イヤモニをしてるって事を知らない人たちは、
HISASHIがステージで何かを拾ったようにしか見えないのね。
あれ、絶対、金拾ったと思われてる(笑)

G3:爆笑
HI:HISASHIがアイテムを拾った!…RPGじゃねーか!それ!

GLAYさんからリスナーへのお年玉
新曲OA…TAKURO氏は卒業ブームらしい。
新曲とそのカップリングがOAされましたが、どちらも卒業がテーマ。
いやー、「春なのに」に次ぐ、卒業シーズンの定番となるか!?
比較対照がなぜに「春なのに」かはなんとなく思いついたから。

卒業まであと少しを紹介する前に
TA:珍しく日本語のタイトルですね。聴いて下さい。卒業まであと少し。
…曲…
G4:笑
TE:さっき、TAKUROさん。珍しく日本語と言いましたが。
TA:うん。
TE:誘惑、口唇…
JI:嫉妬(JIROくんだと思ったなりが、違うかなー)
TE:日本語ばかりです(笑)
TA:すいませんでした(珍しく素直だね)

って事で、エンディングは、HISASHIくんからGLAYを代表して2002年の抱負。
HI:ホットウーロンパイ!(笑)

いいお酒が飲めるようなライブ、創作活動をしたいらしい。
行きつくとこは、結局うまい酒なんだな。
ツアーはお休み宣言してたなりが、ライブをやりたいG4だそうなり。
期待して待ってましょう。

ツボTERU←おいらの個人的趣味でしつこく続くこのコーナー
新春スペシャルって事で2つ…なんて迷惑な(^-^;)
1.ん?
2.パチンコですっちゃったけど。

告知:番組で募集してた100ラブキャンペーンの色紙が
東京ドームライブ時に展示されますとの事なり。
メイン入り口近くらしい。東京のライブ見に行く人はチェックしてみよう!
見に行ったらよい事が!?(なんか貰えるようなら、おいらの分もゲットしてきて・願)
GE2001 GLOBAL COMMUNICATION LIVE IN HOKKAIDOも絶賛発売中。
買ってねって事でした。



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#15
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/1/13 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #15
祝!TERUは、とっぱらいスペシャル!

THIS WEEK’s ひとつ!
TA:ひとつ!山で熊に出会った時は素直に食われるべし!
JI:ひとつ!山で熊に…出会う事はまずない!
HI:ひとつ!熊さん…は、芸術家だ(分かる人どれぐらいいるんだろ?)
↑このひとつ!って次第にネタに困ってる様子が伺えるようになって来てないか?

東京ドームの中日。TERUさんは備えて喉を休める為に欠席だそうだ。
JIROくんはヨットパーカーについて語りたいらしい(笑)
結局どこでも語ってなかったなりが。

ON AIR LIST
Way of Difference/GLAY
Virtual Insanity/Jamiroquai
THINK ABOUT MY DAUGHTER/GLAY
Rockin’ The Suburbs/Ben Folds Five
SOUL LOVE/GLAY
GLOBAL COMUNICAITION/GLAY(Ending)

マイブーム?
JI:まずは!メンバーのマイブームから。
TA・HI:爆笑
HI:なるほど(笑)
TA:なるほどね。
JI:あのね、東京ドームの話は来週、総括しましょう。
TA:とりあえず、いいスタートが切れたって事は、そこだけ報告しとこうかな。
JI:俺のマイブーム(もくもくと話を進める感じがなんともぐっど) 朝起きるとね、
まず2日酔いだとか、喉カラカラだぁという朝がありますが。
まずね、冷蔵庫を開けてね、ヤクルトを飲みます。

HI:笑
JI:ヤクルトとあと、紙パックのりんごジュースを(りんご限定?)1個。
HI:ヤクルトとかは整腸にすごくいいんだよね?
JI:すごい、いいね。俺すごい便秘がちなんですよ。平気でHSIASHIとも初めてのロスで…
HI:うん。
JI:HSIASHI出た?
HI:お宅出た?(笑)
TA:笑。すげー会話してたんだ。
JI:1週間とか平気で出なかったもんね。
HI:そうだねー。うんー。やっぱり、初海外というプレッシャーに…
JI:アハハ。
HI:お腹がびっくりしちゃって(笑)
TA:ちょっと待って。2002年始まって、まずクソトークか?!
G3:笑
TA:ちょっと汚いんじゃないの?(笑)
HI:いやいやいや。マイブームだからね、それでも。
TA:マイブームだ。
JI:ま、そんな朝の始まりですね。僕は。
TA:そうだね、健康に気をつけるのはいい事と言う事で。俺たちもあれですよ。
ドーム明け。リーダーとして、ちょっと皆にはね。健康診断を受けてほしい!

JI:へへへへ。
HI:なるほど。
TA:ただで健康診断やるのはつまらないんで、あらゆる数値が高い方が勝ち(笑)
で、ホントに勝ちたかったら、健康診断の朝まで、もうテキーラとか飲んで!(笑)

G2:笑
TA:それから集合時間に集まってほしい(笑)
HI:人間ドックバトルだ!
TA:人間ドックバトル。
HI:こぇ〜。勝ちたくねぇー。
TA:もう、検査の前にトイレに行って、イクラ食うとかさ(笑)
HI:ウニイクラ丼とかね。
TA:それで、あのー、高いって事は体としては危険信号なんだけども、
その分、他の2人から、俺とTERUとHISASHIが参加するんだったら、他の2人から、
なんか賞品が(笑)トロフィーが。出ますからね。

HI:笑。なるほど。
……
JI:常にあるでしょ?日本人って。その身体にいいものってのは。
HI:そうかと思うと、年末のテレビでは、フードバトルってのがね。熱いんだよね?今?
TA:俺もなんとなく最近多いから、見てるんだけど、でも痩せてるんだよね、みんな。
HI:そうだねー。
意外と太ってる人の方が食えなかったりするんだよね。
でも、俺はねぇ、認めない!

TA:フードバトル否定説だ。
HI:はい。
TA:どうしました?
HI:いや。何の足しにもなんないじゃん!
TA:いやいや、野球でイチロー選手が活躍するようなもんで。
勇気や希望を与えてるんじゃねーの?

HI:笑。あ、そうなんだ。
TA:んー。まっ、今は創世記と言うか、まだ始まったばかりだから。
HI:ちょっと温かく見守っていこうかな?じゃあ。
TA:あれも一種の、本人はスポーツだって言ってたよ。
HI:あ、ほんとぉ?
TA:そうそう。毎日ちゃんと体鍛えないと、食べられないし。
HI:でも、食費とかすごそうだよね。普段からあれだよね?
TA:俺が見たチャンピオンの人は朝まず11時ぐらいに…朝、まず鍛えるのね。
1時間ぐらい鍛えて、その後近所の喫茶店行って、ケーキ7個食うんだって。
でも、それはなんでかって言うと、血糖値を上げるんだって。

HI:へぇー(マジで感心)
TA:で、その後にからーいカレーを食べて、今度は新陳代謝をよくするんだって。
そういうの、ちゃんとテクノロジーに基づいてるみたいなのね。

HI:ほー。
TA:で、何やるかったら、1分間で寿司を60貫食いますとか言って(笑)
俺もまだ感動できないけどね。


新たなるキャンペーン展開!
ありとあらゆる受験・受検を控えた人の為に、GLAYさんが、ありがたいんだか
迷惑なんだか分かったもんじゃない企画を展開。
題して、RADIO COMMUNICATION presents
オール受験生サポートキャンペーン


ネット上にあらゆる神様が集う、合格の森なるものが設立されるらしい。
合格の森には様々な神社があり、ご利益がそれぞれ違っているそうです。
興味のある人はアクセス!(GRCのHPから行けるんでしょうな)
注意事項:合格の森は広いらしいので、迷子にならないように。
       死神神社ではお参りしないように。

日曜座談会
HI:今夜はね、大人を感じる、成人式にちなんだそんなトークでいってみたいなと思います。
TA:大人になったと思うのはね、物事ひとつひとつこだわりがでてきた時とかね。
やっぱり、好きなお酒はこのグラスで飲みたいとかさ。

HI:あー…。
JI:しぶー(笑)
TA:渋いだろ?
HI:早いよ、まだ(笑)
TA:ルアーは自分で作るとかさ(笑)
JI:笑。いや、それはいいけどさ。
HI:嗜好品にこだわるとかね。
TA:自分の趣味に対して、時間を惜しまなくなった時とかさ。
漫画を一気に50冊買うとかね(笑)

JI:ゴルゴ全部揃えたりとか。
TA:子供には無理だなって思いながら。
HI:俺ねー、東京に来てねー。友達と一緒に冷蔵庫買ったとき。
これはなんか、大人っぽいなって。

TA:そうだね。冷蔵庫って生まれた時からあるモンだったよね?
HI:そうなんだよね。
TA:それが、自分で買うようになるって言うのはね。
HI:あと、銀行口座を持った時とかね。
TA:ああ。あ、俺あった。思い出した。新聞を5誌取った時だね。
JI・HI:笑
HI:それ、取らされたんじゃないの!?(笑)
TA:いやいやいや(笑)1時間かけて、読む時ね。
読み比べたりすると大人だなって思う(笑)
JIROは?

JI:俺はそうだね。やっぱり、自分で責任取んなきゃいけないことが多いって言うか。
あの、音楽作っててもそうだけど。
生活してる事に対して。うん。
それはやっぱりね。親の元で暮らしてた時とは全然違うよね。

TA:そうだよね、あらゆる意味で保護されてるからね。親元って言うのはね。
あ、あとあれもあるよ。親戚にお年玉上げた時とか。

JI・HI:あ〜。
HI:あげたことない、まだー。
TA:まだ貰ってるだろ!?(すいません)
HI:爆笑
TA:断れよ!もう!(だから、ごめんって)
HI:笑。せびりに行くから(笑)
TA:もう…放蕩息子。
HI:笑。
TA:せびりに行くんだ…。
HI:うんー。…最近だとなんだろうなぁ?
あ、大人の話をする時とか。

TA:大人の話って難しい話…っつーか?
HI:いや、難しいっつーかね、例えば、マンションの管理人さんと世間話をしたりとかね。
TA:ほう(笑)
高校時代、全然口きかなかったのに(笑)成長ですな。

HI:成人式って何やってた?出た?
TA:俺出れなかった。東京の方で、地元の連中は出るから、バイト休むじゃない?だから、
アルバイトやってた。

HI:そっかー。
JI:成人式って言うよりね、同窓会みたいな。
TA:でもさ、一つあるね。今年もあの問題になると思うんですが、
人の話ぐらいは聞けるようになった方がいいよ。

HI:そうだね。
TA:ホントに。あのー、言ってる事は納得できないかも知れない。
何難しい事言ってんだ?って思うかも知んないけども、
人の話が聞けるだけで、それで既に大人だからね。

JI:でも、参加する人たちがさ、そう言った成人式の会をぶっ壊すヤツらはさ、
そう言った大人になってるって自覚がないからじゃない?

TA:だったら、俺出なきゃいいと思うもん。
JI:そうなんだよね。
TA:その事自体を否定するんだったら、もう出ない方が…。
出るんだったら、そのルールに則った方が俺は素敵だなと思う。

JI:そうだよね。
TA:そん中で自分をどう出して行くかって事でしょ?
HI:そうだね。
TA:おー…。座談会…
HI:笑。まあね、バカ騒ぎしたいとは思うけど、それはね、身内のパーティーとかで。
TA:生理現象はいいじゃん?こうしーんとしてる時にブッとおなら(笑)出ちゃうとかさ。
HI:笑。よかないけど(笑)それはしょうがない…
TA:それは怒られても…やじゃない?
HI:うん。
TA:でもね、野次とかはよくないよ。ゲップとかはいいとしてさ(笑)
HI:笑
TA:汚ねーなぁ!もう!(君がだろ?)


ってな感じの今週のトーク。
OA重ねるに連れて、好き勝手に喋ってるだけになってきてる番組だな。
それはそれで面白いからいいなりが。
次週はTERUっちも来て欲しいとメンバー言っておりました。
それはファンの皆さんも待ち望んでる事でしょう。



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#16
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/1/20 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #16
祝!ドームツアー完走。お疲れGLAYスペシャル!

THIS WEEK’s ひとつ!
TA:ひとつ!ドームライブの次の日は、ゆっくり風呂につかるべし!
TE:ひとつ!ドームライブの次の日は、息子に戻ります!
JI:ひとつ!ドームライブの次の日は、母さんに会いたくねー!
HI:ひとつ!ドームライブの次の日は、知らない人の名刺がたくさんある!

ON AIR LIST
GLOBAL COMUNICATION/GLAY
ALL FOR YOU/Janet Jackson
HIGHWAY NO.5/GLAY
卒業まであと少し/GLAY
Way of Difference/GLAY

ドームツアーも全公演無事に終了して、4人揃ってのOA。
今宵はJIROくんが注目してるジョニー・B・ゾンビについても語りたいらしい。

ドームライブの裏
ライブで怪我人続出か!?
客席からは見えない苦労って言うか…。

JI:ドームツアーも怪我人が出ることなく、無事に終わりましたが。
TA:結構、出たんじゃないの?
HI:細かいところで、結構出たよね。
JI:あ、そう?(興味なしかい!?)
HI:俺、最終日ね、あれ…ビバビバ…の最後で。
完全燃焼したのね。その曲。
で、もうギター、がーーっって振り回してたら、
やっぱりね、気づかないところで、やっぱりね、
痛みって分からないから、ネックのヘッドのナットの部分って言うか、
あそこで、細かい弦が出てる…

TA:刺さるんだ。
HI:それをね、痛みとか感じないから、振り回してたら、
次の曲「Way of Difference」だったんだけど、
気づいたらなんか、血だらけなのね。手が。

TA:今も傷が…(笑)
HI:で、やっぱり血の巡りがすっごい速くなってるから、
拭いても拭いても垂れてくるのね。
で、曲の中ぐらいで乾いてきたのね、それが(笑)

G3:笑
TA:かぴかぴに?(笑)
HI:そう!で、すっごいすべりが悪くなって。あのねー。
デリケートな曲だけに、すごい緊張した思い出もありましたけどね。

TE:あとさ、初日ぐらいでさ、あのー。ホップアップって言って、
センターの出べそのとこからジャンプしたりするところあるじゃない?
そこで、背中思いっきり傷つけてたよね?

HI:そぉ。あれは、ホップアップを上げる時かな?うん。
上げると同時に鉄柵ががーって下がってくるんだけど。背中を強打して…(笑)

TE:ねー。びっくりしたの。隣で見てたのね。
「いてぇー!×3」ってもう…(笑)

TA:真っ暗だから、スタッフが、HISASHIが挟まってるの気づかなくって(笑)
あれ?おかしい、おかしいとか言って。

HI:あろねー。地味―なところで、俺、転んでるんだよ。
G3:笑
HI:まぁ、これも最終日なんだけどね。
やっぱ、転ぶ時は、派手に転びたいね!

TE:笑
HI:そっちの方が、恥ずかしくないね。
TA:ちょっとあのー、立ち上がれないフリして、同情買うとかさ(笑)
HI:や、それがねー、TERUさんの間近で転んで、
誰も俺を見てなかったって言う…。
よかったのか、悪かったのか…。すっごい恥ずかしかった。

TE:俺、最終日やっとなんか…やっとって言うか、ちょっと怪我っぽいところあったね。
それもさ、衣装で、膝のところに金具がついてるんだけど、
カッコつけて、膝ですべろうとしたのね。
すべったら、金具がぷっすり刺さってさ(笑)いてー!と思って。

TA:それを顔に出さないところが
すごい
(どんなちっちゃい事でもTERUっちフォローなり―ダー。涙ぐましい)
TE:で、ソロ中に足、めくって(足をめくるなよ)スプレーでクールダウンした。うんー。
TA:ま、皆さん、ゆっくりとドームの疲れを癒して、また、次から頑張りましょう。
JI:はい。
TE:あい。

ドームに行けなかった人のために。サンダーゾンビの解説
JI:俺が架空のサンダーゾンビっていうバンドを作って、
俺はベーシストとして、そのバンドに参加してるんだけど。
あとのボーカル、ギター、ドラムっていうのが、
映像の中で、俺がなんか変なメタルバンドの人間に扮して。やってんだけどね。

TA:メンバー4人だよね?一応、JIROも入れて。
JI:うん。
TA:あと、ボーカルがいて、ギター、ドラムでしょ?
で、メンバー4人中、2人が大卒なんだよね?

G3:笑
JI:ああ、見えて(笑)
HI:あ、そうなんだ?
TA:で、2人が母子家庭なんだよね?(TAKU氏、えらい詳しいな。隠れファンなりかね?)
JI:笑。そんで、コーナーとしては、本ステージの方にいる俺と映像の中の人間が、
会話をするって言う…。そういった事だったんだけど。

TA:未来のバンドみたいだったよね?テレビ会議みたいなさ(笑)
TE:んね。すごかった。
TA:そういう面白さが。やりとりもよかったけど。
JI:俺もやっててて面白かった。

全国の受験生のみなさんへ、GLAYさんから受験には役に立ちそうもない豆知識
TA:俺が、知ってる豆知識。受験に出そうな豆知識。
よく皆、あれ、2月っていつまでだったけ?
とか5月って31までだっけ?って迷うじゃん?

TE:エヘヘヘ。
HI:それ、受験出ないよ!(笑)
TA:その時は、にぎり拳を握ります。拳を握って。
えー、まず人差し指の付け根んところですね。
こう、山ですね。だから、1月は31までありまーす!
で、2月!隣にぴぇっと行くと、人差し指と中指の間。
へこんでます。2月は短いです。

TE:アハハ。
TA:3月です。山です。
G3:笑
TA:31まで…(実際やってみたなりが、おお!ホンマや!その通りなり!とちょっと感心)
これは、出る!ってか、出ろ!
TE:西向くサムライで覚えなかった?(それは知ってる)
TA:何それ?
TE:2月4月6月9月で、西向く…サムライは11で
(因みにサムライは武士の士が漢数字の11のようなりからって訳ですね。
いやぁ、タメになるレポだなぁ…←バカ)
それが、31まで.…でしたね?確か。あ。20…短いのか。
30か。30だ
(全然覚えれてないじゃん)
HI:俺はねー、富士山、の標高は、富士山みたく高くなろうって事で、
ミナナロ(皆なろ)って覚えてる。

TE:ミナナロ…あぁ〜。
TA:ミナナ…
TE:3776メートル。
………
TE:あと、あれだね。問題用紙。
答えが赤ペンで書いてあって、上にこうシート…

JI:あ、消えるやつね。
TE:あれ、やったねぇ。
HI:うんー。
TE:うん。あと単語帳ね。うん。
TA:ああいうのはステージと同じで緊張する場だから
ホントに、まず名前を書け!

TE:あぁ。うん。名前忘れる時ありますからね。
TA:嘘みたいなホントの話でいるからね。
TE:問題と答えを書く場所を間違って…
HI:あ、全部ずれてたりね…。
TE:そう。あれを気をつけないとね。

って事で、GLAYさんも応援してくれてます。
受験生のみなさん。頑張りましょう!
受験間近でもGRCはお聞き逃がしなく(笑)

日曜座談会
今週のお題は、ドームツアー大反省会〜!
TA:じゃあ、いいですか?東京ドーム4日間。満員ありがとうございました!
TE:あい。ありがとうございます。
TA:北海道。道産子のみなさん、来てくれてありがとうございました。
HI:ありがとう!
TA:クリスマスライブ。福岡。素敵でした。ありがとうございました。
TE:した。
TA:名古屋2日間。満杯ありがとうございました。
名古屋3日目!

TE:ヘヘヘヘ。
TA:半分ありがとうございました!
TE:ハハハハ!
TA:いや、俺たちは、天狗になっていた。
できもしないドームツアー(笑)…
(途中聞き取れません)各方面に迷惑もかけた。
HI:思い知らされた。
TA:そこで、やっぱりリーダーとして。GLAYのその責任あるものとして。
名古屋は、次はライブハウスから!

TE:うひゃひゃひゃ。
HI:おぉ〜!
TA:1から。初心に帰らせて頂きます!(名古屋のみなさんバンザイ)
HI:なるほど。
(つーかさ、さっきから気になってるなりが、大阪にお礼は??????)
TA:理由は千も万もあるだろう。
でもやっぱりね。ま、その分、GLAY史上に残るいいライブだったんだけど(笑)

TE:ね。
TA:なんで、これがお客さんいっぱいいる前でできないんだ?って言う(笑)
G3:笑
TA:お叱りも、スタッフから受けまして。
HI:やー、底力見えたね。
TA:で、自分達は変わってないと言いつつも。あの、おごってた分もあったと。
HI:なるほど。
TA:はい。と、言う事でね、次からは東海地区の方。キャンペーンもやります。
レコード屋さんにも行きます。
街頭で歌います。
(ナナちゃんの下で歌いなよ)
HI:全部TAKUROが。
TA:全部、俺が。俺でよければ。俺が「Cynical」を(笑)
JI:アハハハ(爆笑)
TA:歌わせて頂きます。
HI:ヘンなテンションで。
………
TE:俺もねぇ、反省と言うか。まぁ、今回のドームツアーは、
初めてイヤモニを全曲通して使ったんだけど。
次のホールツアーとかもし決まったら
(そうか。次はホールか)
どんなもんだろう?とちょっと不安になりましたね。
TA:でも、やってて、ちゃんと気持ちも集中して歌えるような…
TE:うん。歌えた。
TA:…状況だったら別に。いいんじゃないの?
TE:そう。うん。ねぇ。でも便利なのは知ってるんだけども、使わずに、
またこう、そこで1歩また前進できるかなぁと、ちょっと期待もしてますけどもね。

TA:みんな、力も入ってくるとさ、音もだんだんデカくなるじゃない?
HI:デカくなるねー。
TA:最初に決めた音量よりも耳のそばで鳴ってきてさ。
打ち上げの時、人の話聞こえないの(笑)

TE:そう。聞こえないねー。
TA:俺たち打ち上げんなると声でっかい(笑)
………
HI:俺はねー、またこれは最終日なんだけど。
「彼女のModern…」のギターソロ忘れたのね!

JI:久しぶりにやったから。
HI:あれねー。5万人の前で忘れると、結構ね、開き直るね。
なんか、間違えたら、あー、間違えちゃった、どうしようなーって1曲間
ずっとテンション低かったりするんだけど。
忘れたらね、結構、忘れた!って(笑)

G3:笑
TA:しかもさー。ギターソロだから、大画面にアップになってるじゃん。
で、忘れた瞬間さぁ、薬師丸ひろ子ばりの笑顔見せたろ!?

HI:アハハ。
TA:あれでガッチリ持ってかれた人も多かったみたいよ。
HI:いや、やっちゃいけないって思うことをね。
やってしまった時に不思議にもなんか、恍惚の表情と言うか…(笑)

G3:笑
TA:あれは、恍惚の表情だったのね?(笑)
HI:ようやく、さっき思い出したんだけどね。
ま、いろいろありますよね
(うまいまとめ方だな)
JI:俺は、反省はないよ。
すごいよかったと思う。
あの、TAKUROくんも最初にゆってたけど、
今回のその動員の問題とかあったじゃない?
で、また精神的にもGLAY、タフになったなって思うし。
ファンの子たちもそういった、初めて見る光景とか、感じて。
でも、自分なりにすごく楽しんでくれたと思うし。
すごいあの日はね、名古屋の3日目は、いろんな…その日のステージにいろんな事が
詰め込まれてたんだよねー。
だから、あの日がすごいよいライブだったって。ゆえるんだけど。
よく初心に帰れとは言われるけど、あそこまで帰ったのは久しぶりかなと。うん。

TA:来てくれた人全員にチューしたいもん。
G3:笑
JI:や、ほんとにそんな気持ちだったよね。

そういう訳で、名古屋3日目大絶賛。
で、大阪は?????大阪。
1ヶ月も前の初日は、もう忘れたってか??

今週のツボTERU
ソロみたいなもんだから。なんかね。

って事で、今週のレポはこれでおしまいなり〜。
読んでくれてありがとうさんでし。



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#17
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/1/270 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #17
祝!久しぶりのオフスペシャル

THIS WEEK ‘s ひとつ!
TA:ひとつ。街で見かけた女の子に一目ぼれした時は、すぐさまお茶に誘うべし。
TE:ひとつ。最近一目ぼれされてねーなぁ…(笑)
JI:ひとつ。一目ぼれしねーからなぁ…。
HI:ひとつ。一目ぼれしやすいです!

お誕生日間近のHISASHIくんがかみまくる今週のトークはどうなる!?
最近愛して止まないという煮卵ラーメンの真実(作りすぎ)は明らかになるのか。

ON AIR LIST
嫉妬/GLAY
ありがとう/wyolica
Way of Difference/GLAY
the end of shite /YUKI
卒業まであと少し/GLAY
Fighting Spirit/GLAY(Ending)

新曲のエピソード
HI:これちょっと、作った時のエピソードとか話してみる?
TE:まずは。歌からいきます。
最初はですね、今までのGLAYのミディアムテンポは、
コードのCが多かったんですけども。
そこで全然歌えたんだけども
(苦しそうなのに…?)
ちょっとキーを上げてみようって事で、Dにしてですね。
そこで成功した例ですね、これは。

TA:そうですね。
TE:なんかこう、地声でもなく、ファルセットでもない、
また、新しい声を発見した…そんなナンバーになりましたけども。うん。

TA:これは、詞から最初に書いてたから。うん。
なんか物語風な自分の新しい作風を探してた時期の途中の1曲ですね。はい。

HI:あいのりでも流れてるって事で。
えー、みなさんもね、違った聞き方もできるんじゃないかなと思います。


一曲入魂(TERUっちダメダメモード)
TE:さあ、ここで久しぶりに復活したコーナーです!
その名も。一球入魂っ!
(力入ってます)
HI:1曲だっての。
TE:あぁ。
JI:ウハハハ
TE:一曲入魂(あ。ちょっとテンション落ちた)。
まぁた、やっちゃった(笑)
TA:球児だ(笑)
TE:はい(気を取り直して)。一曲入魂です。
毎週メンバーのですね、誰かが、魂を込めて、
全身全霊で1曲選曲したいと思いまぁす。
が。今週はですねー、
4人が共通の友達でもありますYUKIちゃんですね。
元JUDY & MARYのですね、YUKIちゃんのソロ活動がこれから始まるって事で。

JI:CMでもう流れてるねー。
TE:そうですね。ま、タイトルは、ざ・えんど・おぶ…し…?
TA:SHITE(シャイト)
TE:しゃいとか。しゃいと。
TA:ジ(THEの発音に注文ね)
TE:でぃ。(????)
TA:ジ。
TE:ちゃう、でぃ。
TA:ジ。(英会話講座だわ)
TE:じ。(ぢではないよ)
JI:もっかい言いなさい(Try again!)
TE:もっかい行きます。タイトルは、じ・えんど・おぶ・しぃと。
TA:シャイトだって(笑)
TE:あはは、シャイトだ(笑)。もう1回。
タイトルは、えー、2月6日にリリースですね。
はい。じ・えんど・おぶ・しゃいとです。
(4つ単語並んでるだけなのに、どれほどの苦労だよ?)
JI:これ、あれですね。
作曲してたり、プロデュースしてる愛葉さんって人がですね、
SEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HERっていう
アメリカの方とかでも活躍してるバンドなんですけど。
そのバンドっぽいサウンドだね。聞いたら。
すげぇ、女の子2人組なんだけど、
すごいなんかね、男らしいアメリカンロックみたいなサウンドなんだけど。

HI:YUKIちゃんの大人っぽい歌い方も印象的でしたね、これは。

日曜座談会〜今週のテーマ バレンタインの想ひ出〜
TA:もうちょっとでバレンタインですよね。みんなが気にしている。
JI:ウハハハハ!
TE:さすがに気にしない…(笑)
TA:俺なんか、バレンタイン近くなると、携帯の電波が入らないとこ行かないから!(笑)
TE:そわそわするんだ!?(笑)
TA:そわそわする!×2。
はい。って事でですねー、バレンタインの想い出!

TE:俺ねー、高校3年生かな?
冬期講習があって、そこで出会った女の子が、全然顔も知らないし、
名前も知らない子だったんだけども。
バレンタインの時にいきなり。こう雪の降るバレンタインで。
うん。こう家に遊びに来てくれて、直接渡したかったって、チョコレートを貰ったことが。

TA:家まで来てくれたの?
TE:そう。それで、名前も知らないしさ。
なんか見たことあるなって思う子だったんだけどもぉ。そう。
その子が持って来てくれて。
じゃ、寒いから家に入りなさいっって事で、
うちの母親が中に入れて、ストーブの前で話をした…

TA:それっきり?(TERUっちの過去も気になる男。哀愁すら感じるじぇい)
TE:や、で、俺商業行ったじゃない?その子も商業に入学して
(んじゃ、そのバレンタインは中学の時?ま、どうでもいいや)
TA:再会?
TE:再会。
TA:さいちぇん!?(それは再見?さようなら??)
TE:そこで、ちょっと友達になったりして。
TA:もちろん、HISASHIは、想い出なんかないよね?
HI:義理ばっかりだったからねー!(義理でもようさん貰えるほうがいいって…)
でもねー、1個ねー。手作りのケーキを貰ったことがあるね。
チョコレートケーキを。

TA:それ、いつ?
HI:いつだっけなぁ?高校の時かな?
TE:手作りって嬉しいよね、やっぱりね。
HI:うん。
TA:くれるかなー?誰か。今年。
最初だっけ?オープニングだっけ?最近一目ぼれされてねー話(笑)
最近告白されてねー!

TE:うんー。されてないねー(したい人は嘘みたいにおるなり。恐らく)
TA:はい。リスナーの8割はこの人の話を聞きたいと思います。
JIROさん!

JI:俺ねー、高校の時はね、クラスにドラえもん2人ぐらいしかいなかったのね。
TA:ひでー(笑)
HI:なんでもできるじゃん!(笑)
JI:いや、クラスに40人いたんだけどね。女の子2人だったの。うん。
高校時代はすっげー不毛だったんだけど。
あのー、中学校の時はね、クラスの女の子がね。
思いがけない人から貰うと、戸惑うよね。え!?って。
…そういう噂とかってあるじゃん?事前に。

TE:うんー。あるある。
JI:なんか、お前のこと好きらしいよってのが。
なんか、あってから来られたりするのは、あのー
心構えもできてるからいいんだけど、
全然思いがけない人から来られた時は
びっくりしたって言うの、覚えてるけどね。

TE:でも、そういう話から繋がるとさ、
小学校の頃ってチョコレート貰う子たちはいたけども、
そういう子たちてスポーツ万能な子が多かったの。
中学生になって、今度は頭のいい子になって。
高校になるとルックスがいい子になるんだよね。
そういう流れって感じるよね?

TA:バンドってね。
TE:アハハ。
TA:微妙〜だったよね。
TE:そう。
HI:そうだねー。
TE:スポーツマンはもてたね。
TA:スポーツマンは、こうやっぱり1年を通して。
TE:ねー。
TA:リスナーにもさ、ドキドキして待ってる子がいると思うんだよ。
勿論バレンタイン近くになったらこの番組、
兄貴4人がバレンタインスペシャルやるから!(笑)
お前の失敗談。幸せな話なんか聞きたくねーからな!

(人の不幸を待ってるだけぢゃ、アンタのとこも不幸せいっぱいになるなりよ…)
HI:笑
TA:俺は2月14日。事務所からなかなか帰らないよ(笑)
G3:笑
TA:なかなか帰らない。高校時代は勿論帰らない!
HI:貰えるまで帰らないんだ?(笑)
TA:貰えるまで、帰らない。朝イチで行く!
やっぱりね、バレンタインやクリスマスはね、
主役は学校行ってる連中だな。俺が思うに。

TE:うん、ね。
JI:そうだね。
TA:俺たちみたいに個人事業主(笑)になっちゃうとね。
もう、人んとこ行かないら。
人が集まるとこ行かないから。

TE:滅多に出られなくなるもんね(笑)
TA:はい。
出会いすらないですからね
(それは会社員でも似たような環境もありありですがな)
って事で、幸せを分けてくれ。
HI:夢のねー話だな。
G3:爆笑
TA:バンド、もてねーもん、だって。

って事で、バレンタイン目前なりねー。
チョコレート渡すぞー!って今から頑張って用意してる人もいるなりかねぇ?
男性陣はいくつもらえるかドキドキなんだろうねー。
おいらは、個人的に手作りチョコは怨念こもってそうで、怖いっす(爆)

ツボTERU
得体の知れない魚
まぁたやっちゃった♪



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#18
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/2/3 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #18
祝!あんまり変わらない、この…30歳スペシャル

本日は、HISASHIくんのお誕生日直後って事で、すっぺしゃるえでぃしょん!なレポ
…を目指そう。(単に長くて迷惑なだけ説もありあり)
HISASHIくんを思う存分堪能して頂けるとよいなりが…。

ON AIR LIST
Way of Difference/GLAY

BYE-BYE/有頂天
BUT SUN IS TOO BRIGHT/The Willard
HAPPY BIRTHDAY/LAUGHIN’NOSE
(以上3曲:HISASHIくんセレクト)

卒業まで、あと少し/GLAY
Cynical/GLAY(Ending)

THIS WEEK’s ひとつ!
TE:ひとつー。試験で分からない問題にぶちあたった時はぁ、空白にして次に行くべし。
JI:ひとつ!試験で分からない問題にあたった時は、宮迫ですっ(笑) 気分を新たに。
HI:群馬のコータローだよ。HISASHIさんの苦手だった科目はなんですか?
…まぁ、でも。試験ってさ、結構、簡単になるよね。入試の時とかって。

JI:忘れた(笑)
TE:ほんと?
HI:俺、結構ね、満点に近かったよ。高校の頃。
TE:あ、ほんとぉ?
HI:うん。後で採点したら。
TE:それ、自己採点で?
HI:自己採点で。うん。だからねー、緊張せずに挑んでほしいと。思います。

JI:さぁ!2002年もいよいよフェブラリ突入!TERU!HISASHI!JIRO!
JIRO!TERU!(笑) HISASHI!

HI:エヘヘヘヘ。
JI:3人で4人分!力強く、今夜も全力放送!

って事で、HISAバというのに、リーダーお休み。
TERUっち曰く、バランスのいい3人でお送りするGRCです。

今週のワンポイント挨拶
TE:まずはですねぇ、今週のワンポイントあいさつ。
まぁ、HSIASHIの誕生日も過ぎたって事で。

HI:ですねー。
JI:はい。
TE:はい。まぁ、お祝いの言葉も兼ねまして。
HI:んー。
TE:ホンとにおめでとうございました。
HI:ありがとうございまーす。
TE:あい。
HI:30っスよ、もう。
TE:笑。三十路だよね?
HI:三十路だねー。
TE:変わんないねー。
HI:全然想像つかなかったよ。高校の頃とかは。うん。
TE:そっか、そっか…。
HI:ま、あんまり変わってないけどね
(美しさは、変わらないねー。どんな薬やってんだろ?違う?)
TE:うん。まー、俺もね、三十路、三十路って、
ちょっと前は、すごいこうドキドキしてたけども。

HI:はい。
TE:過ぎたら過ぎたでね
HI:ねぇ。
TE:たいした事ないんですよね。
これが
(あんなに往生際悪かったのに、諦めもついたようなり)
HI:たいした事ないですよ。
TE:そうですね。って事で、はっぴーばすで!ひさし。
はい。おめでとうございました。
って事で、今日はHISASHIにスポットを当てて。

HI:おおっ!!
TE:いきたいと思います。
JI:えー、そんなGRCなんですが、まずは。
バースデーを迎えたHISASHIを囲んで、乾杯といきましょう。
HISASHIさん!誕生日おめでとう!

TE:おめでとーっ!
HI:ありがとーっ!
TE:アハハハ。
HI:改めてやるとね…照れるもんですね。
TE:そぉですね。はい。
JI:やぁ、TERUさんね、台本無視して
勝手におめでとうってゆっちゃうからね
(台本なんてあったんだ?)
スタジオ:笑
TE:そうですね(笑)
JI:ここで、シャンパンが用意されてたのにね。
TE:そうですね、はい(ちょっとだけ反省?)

リスナーからの質問に答えちゃおうなコーナー
Q:今まで行った中でもう一度行きたいと思うのはどこですか?
TE:俺、アイスランド。もっかい行きたいねー。
HI:行きたいねー。うん。あれは、なかなか、旅行で行くって言ってもさ、
アイスランドってどういう場所なんだろう?

TE:うんー。
HI:違うところにしようかなーって感じになるんだけどね。
TE:なっちゃうよね。
すっげー、不便なところがいいんだよね。

HI:そうだよねー。
TE:こう…ホテルに入ってもテレビがなくてさ。
何もする事がなくて、ただのんびり…。
こう…ね、時間が経つのを待ってる感じがする…

JI:テレビあったよ(笑)
HI:うひゃひゃ。
スタジオ:笑
TE:うはは。あったっけ?
HI:テレビぐらいあるさ。
TE:テレビあったっけ??
HI:あるさ。
JI:失礼な。
TE:俺、電話がなくてねー、つらかったねー。
HI:あと、水が全部、硫黄が混じってるんだよね?
で、シルバーのアクセサリーとかも、真っ黒になったしね。

JI:もう、全てが温泉だよね?
HI:そう。
だから、歯磨きとかも、おえぇっ!おぇっ!とか言いながら(笑)

TE:うはは。
HI:若干、ちょっとね、苦手でしたけど。
JI:俺は、カナダのケベックよかったね。
TE:ああ。あったかい時、行きたいよね。
HI:そだね。
TE:うんー、なんかこう、夏のケベックを見たいし、
あとアイスホテルも泊まってみたいしね。
うんー。

JI:いい街だった。
HI:俺は、ハワイかな!(芸能人は好きだから)
G3:爆笑
TE:正月にハワイ?(笑)
HI:俺ねー、初めて行ったのが、小学校のね、3年生ぐらいだったかな?
JI:ほぇー。すげー!
TE:すっごいね(お、かわいいぞ!)
HI:で。そう。田舎に住んでてさ。結構海外に行った人が少なかったから、
結構いろんな話をしてね。盛り上ったよ。

JI:俺なんて、函館から、出たの高1だよ。札幌行ったのが、初めてだった。
HI:市内を出たのが?
JI:そう。
HI:あ、そうなんだ。
TE:ふーん。俺、東京が1回あるのかな?おじさんの結婚式で。
うん。そのぐらいだったね。

HI:そうなんだ…(微妙な笑い込)
TE:俺たちって…一般家庭だよ(笑)
スタジオ:爆笑
HI:へへ。切なくない?(笑)

Q:HISASHIくんのウィークポイントは何ですか?
HI:俺ねー、極度のくすぐったがり屋なのね。
JI:笑。あ!そうなんだ。
HI:うんー。で、マッサージとかしてもらうじゃない?
そうすると…なんか…やっぱ凝ってないのかな?

TE:ウヘヘヘ
HI:すごい、くすぐったくってぇ。だんだんイライラしてくるのね!
G2:笑
HI:だから、あんまりねー、
そういうマッサージとか行った事ないんだよね。自分からは。

TE:ドームツアー中はちょっとやってたね。
HI:やってた。あれはねー、なんか…。
やっぱり、体あっためてからステージに上がりたいなぁと思って。
凝りとかじゃなくって、結構、あっためてもらう方に…。

JI:ストレッチみたいな感じ?
HI:そうだね。
JI:HISASHI、注射嫌いでしょ。
HI:注射はねー。自分は平気なんだけどね。
他の人がされてるのはすごい嫌い。

TE:あー。
JI:笑。あ、そう…。
HI:見れない。
TE:打たれてる…お尻に打たれてる注射とか、痛い?
HI:あれ、見てて痛いね。
自分の時よりも。と、言うわけで、俺は、くすぐったがり屋です。アハハ。


Q:アルコールが苦手で悩んでます。
JI:飲めない人っていっぱいいるよね?
TE:いっぱいいるよね。うん。
JI:なんかさ、バンドの人ってすっげーいっぱい飲むイメージってあったじゃない?
昔から。でも、飲めない人いっぱいいるよね。

TE:タバコも吸えない、お酒も飲めない人、いるよね。
JI:最近のバンドの人だといっぱいいるよね。
TE:うんー。
JI:だから、そんな珍しい事じゃない…。
HI:うん。無理したら、逆にね、大変だよね。
TE:ね。
JI:そうだね。
TE:お酒、あんまり飲めない方がね、ゆくゆくね。
なんかこう、しっかりしてて。いいよね。

JI:笑。それ、自分を…
HI:ウハハハ
TE:アハハハ。
JI:自分を語ってないか?
TE:はは。うんー。
HI:でも、少しの量で酔えるっていうのは、俺らから見ると…
JI:うらやましいよねー(笑)
HI:思いますがね。はい。

Q:GLAYさんはスキー派?スノボ派?12年スキーをやってきた自分。
今更ボードに乗り換えるのは、裏切りでしょうか?
HI:…そこまで…考えちゃわなくても。
JI:ま、でも最近だと、若い人はみんなスノーボードに最初からいったりするから。
TE:やっぱりねー。ファッション性がある。うん。
JI:だから最初はスノボがスキー場で肩身が狭い感じだったけど、
若い人でスキーやってる人は、ちょっと肩身狭くなってるかもしれない。

HI:でも、モーグルとかあるしね、今だったら。
TE:俺も前函館帰った時、ファンスキー(?)やってきた。
ミニスキーよりもちょっと長めのやつ、やってきたんだけど、楽しかった。

JI:HISASHIも前なんかやってたよね?
HI:スノーブレードね。あれ、簡単だよね。
TE:うんー。簡単だね。
HI:簡単すぎて、俺はね、逆に飽きちゃってねぇ、スノボをレンタルして…
JI:あれ、でも。あれでしょ?トリックやる…。
HI:そうそう。
TE:ジャンプとかもね。
JI:こないだ俺、旭川行った時に、
後ろ向きで坂を滑ってきて、そのままジャンプして…。

HI:そうそうそう。だからね、なんかね、エッジが切れにくくなってるから、
結構回転とかもね、簡単にできるみたい。
ま、スノボ派かな。どっちかと言えば。

TE:うんー。
JI:TERUはね、ダメなんだよ。
TE:そう…(笑)
G2:笑
JI:俺のね、プロの友達がね、TERUの滑りを見てね、
あの人はやめさせた方がいいって言ってた。

TE:あ、ほんと?スピード狂だからね。
HI:笑(おぉぅ!ツボなまでにかわいい!)
TE:なんかね、スピード出さないとつまんないんだよね。
HI:いや、そうでも…ないよ。
周りの景色を見たり。

TE:アハハハ。
HI:ロッジで牛丼食ったりさ。
TE:だって、こうフリーパスでぇ。何回乗れるかが勝負だから、俺(笑)
HI:勝ち負けなんだ。
JI:TERUはねー、初めてスノボ始めた時から、も、直滑降だからねー。
TE:ね。
JI:エッジをきかせるって事を覚えなかった。危ないんだよね。

最後にいっぱい祝ってもらったHISASHIくんより一言
HI:そうですねー。うんー。やっぱり、えー。今年もね、ちょっと
とんがった曲を作りたいなと思ってて、今ね、あのー作ってるんだけどもね。
また、HISASHIワールド全開の、え、そんな年にしたいなと思っております。


おめでたいので、ツボHISA
HI:ぱーてぃーはないの!?頼むよ。

そして、今回のスーパースペシャルは!!おいらの全国ネットでびうでしょう(大げさすぎる)
最後に数名のリスナーからのメッセージで、
HISASHIくん、おめでとー!と(実に面白くないコメントだ)言ってた、
こむらがえりは、おいらだ。
ビバ!三十路!を使って頂きたかったなり。



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#19
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/2/10 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #19
祝!甘酸っぱいスペシャル
(あれ?エコーないの?)

ON AIR LIST
Way of Difference/GLAY
Celebrity Skin/Hole(TERU)
Molly’s Lips/Nirvana(JIRO)
仰げば尊し/遠藤ミチロウ(HISASHI)
Love Cats/The Cure(HISASHI)
Love In An Elevator/Aero Smith(TERU)
Scar Tissue/Red Hot Chili Peppers(JIRO)
卒業まで、あと少し/GLAY

THIS WEEK’s ひとつ!
TE:VDにプレゼントを渡す時には、校舎の裏で渡すべし。
JI:VDにプレゼントを渡す時は、照れながら渡すべし。
HI:バレンタインデーキッス!(分かる人は、世代を感じるね)

おろろ。今週も3人で4人分だって(書きやすいから密かに喜ぶ・失礼)
珍しく(!?) 音楽的切り口で、迫る予定らしい。
メンバーによる選曲バトルだそうな。
そして、JIROくん注目の金の烏龍茶についての考察もあり!?

そして、音楽的切り口で迫られた今回のOAは
3人のセレクト・ソングを2曲ずつ…。
もう、それだけ。
って事で、ON AIR LISTをご覧下さいまし。
曲のタイトルの後のカッコの中は選曲したメンバーの名前だよ!
しかし、洋楽をほとんど聞かないおいらにとって、
これはクロストーク拾うより苦労するネタかもなり…。
タイトルとアーティスト名のサーチがしんどいっす(爆)



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#20
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/2/17 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #20
祝!イケニバスのオムダスペシャル

ON AIR LIST
Way of Difference/GLAY
NECROPHOBIA/GASTANK (JIRO)
FLY HIGH/MAD CAPSULE MARKETS (HISASHI)
SACRED FIELD/TAK MATSUMOTO (TAKURO)
卒業まで、あと少し/GLAY
君が見つめた海/GLAY(Ending)

THIS WEEK‘s ひとつ!
TA:ひとつ!スノボをする時は、広瀬香美を思うべし。
JI:ひとつ!スノボをする時は、ちっちゃい靴はダメよ。
HI:ひとつ!スノボをしてて疲れても、真ん中で休むのはやめようよ、みんな。

おかえりなさい!TAKUちゃん!…と思ったらば、今週はTERUっちがお休み(泣)
って事で、3人でたっぷりと全力放送!3人で、放送?それとも暴走?
ソルトレークオリンピックも日本のメダル獲得は伸び悩む中、1週間が過ぎました。
頑張れ日本!真冬のシュプールセレクションって事で、
今週もメンバーセレクトによる曲を大量オンエア!(リーダーいるからトーク重視?)
そして、TAKU氏が最近はまっているという、劇画「野望の王国」について語りたいらしい。

挨拶がてらにみちのくツアーの報告
JI:ドームツアーに続き、東北ツアーも終えて、
新曲リリースを待つばかりのGLAYなんですが、
東北ツアーをやってきたんですよ。

TA:感想がね、がんがん届いてますね。
HI:そうだね。うん。
JI:俺ねー、最初の青森ですごい感動した出来事があったんだけど。
「君が見つめた海」のTAKUROくんが歌ったじゃない?

TA:はい。
JI:歌うパートあるじゃん?あそこ歌った時に、客がうぉ〜!ってなったのね。
みんなが「あれ!?TAKURO歌ってたんだー!!」みたいな感じで。

TA:笑。まじで?
JI:うんー。みんながね、TAKUROくんの方をばっと見て、えっ!?って顔してたの。
HI:笑
JI:それ、見て、すっげー感動してさ。
TA:笑。いつも目つぶってるから(笑)
HI&JI:あはは。
HI:見えてないんだ?(笑)
TA:見えてない。海を見つめてるから(笑)見えてない。
HI:ははは。
JI:よかったね、でもね。今回のツアー。
TA:そう。で、ホンとに今回、いつもだったら、あのなんて言うの?
コンビニで発券してもらったりってのが多い中、ラジオだけで発表して、
その次の日に、なんかいろんな手続きを取って。
なんか、自分で買いに行くみたいなパターンだったから。

HI&JI:そうそうそう。
TA:なんか、普段はこう、電話の早いもの勝ち合戦で負けちゃう男たちも…
JI:うんうん。
HI:男はねー、多かったね。
JI:キッズ来てたねー。
TA:ホントに。
HI:男っつってもおじさんだけどね。
おじさん多かったね(笑)

TA:笑。もう、一緒に年を取りましょうって感じだったよね、ホント(笑)
JI:ファイナルのライブの時にさ、最前…あのTAKUROくんの前にいた、
あのー、いい年頃の男がいたじゃない?

TA:よ…んじゅうぐらいじゃないかなぁ?きっと。
JI:いや、分かんない(笑)そこまで。
聞いてて、ショック受けてるかもわかんない(笑)

TA:あの、お前もう確実に40にいるぞって言う…
HI:あはは。
JI:そいつがね、最前でさ、警備の人がロープ持ってんじゃん?
黄色と黒のロープ(笑)

TA:うん。
JI:あれを弦に見立てて、一生懸命…
HI&TA:爆笑
HI:一弦…。
JI:一弦だった。
TA:一弦ギターだ(笑)
HI:うーん。
TA:笑。いや、でも熱い視線を感じて、
たまに視線感じないなと思ったらHISASHIの方を…

HI:あはは。
TA:凝視して(笑)
HI:うん。手元、足元だよね。見るのは。
JI:見るねー。
TA:見られましたねー。
それで、あの久しぶりの、夜走りと呼ばれる、夜中にこう場所から場所へ、
街から街へ移動するバスでの移動だったりね。
あと、時間があるんで、午前中に街を歩くとかね。

HI:そうだね。うん。
TA:結構、そういう余裕もあって、北国をもう満喫したって感じで。
HI:うん。
JI:うんうん。

欠席のTERUっちを褒めちぎる
(本人の前では照れてコクれないのか、リーダー?)
Q&GLAYのコーナーから抜粋。

Q.書道八段というリスナーからの質問→賞を取ったり、自慢できる事を教えて。
HI:俺ねー、小さい頃は、やっぱり、絵とか好きだったんだよね。
なんか、作ったり、授業ん中でも図工とか、技術の時間とか好きだったからね。
結構、そういうところはね、賞とかもらってたよ。

JI:んーーーー。俺、覚えてないんだよね。
TA:TERU。ちゃんとした素晴らしい面も、この辺で話しとこうかなと(笑)
中学校だったと思うけど、席が俺の前だったのね。

HI:あ。そうなんだ?
JI:ふーーーん。
TA:そうそう。それで、あのね。シンナーをやっちゃダメみたいな
キャンペーンがあって、そのポスターを描きなさいって事になってさ。
で、みんな色々描くんだけど、TERUさん。

HI:ん。
TA:こうね、人間の顔が、こう…真ん中に線引いてあって。
左がすごい、明るい人生を歩んでいる…人を表現してて。
もう1人が、全てダメな…

HI:笑
TA:も、ホントに暗い事ばっかり描いてある…作品を作ったのね。
HI:あぁ〜。
TA:で、その。暗いほうの凄みが…
HI:うん。
TA:中学生レベルじゃないのね(笑)
HI:シンナーどころじゃないんだ?もう(笑)
TA:シンナーどころじゃない。
JI:はははは。
TA:これ見た時、この人凄いなーと思った。

…そして、TAKUちゃんの恋心はこの辺から募っていくのか…(うーん、妙な気分・笑)

はい。って事で、卒業生応援プログラム?
グラデュエイションコンテストにも、続々と投稿作品が寄せらている模様。
メンバーが気に入った作品は、GRCサイトにアップされるみたい。

最後に2週もお休みだったから、TAKUちゃん大フィーチャーしときましょう(笑)
TA:最後に。TAKUROのちょっといい話。
東北ツアーを終え、えー。ロンドンに旅立つ前の束の間の休息の間。
身体を休めていて、もっとリラックスしたいなと、心から力をこう…
蓄えたいなと思った時に、偶然テレビで、ぐっさん(笑)のディナーショウをやってました。
死ぬほど面白い。


って事で、次回は「Way of Difference」のリリース目前!ってな
感じで、プレゼントとかもある様子。
4人揃うのでしょうか?それとも、今回の分と2本録り??
以上、今週のGRCでした。



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#21
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/2/24 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #21
金メダルスペシャル

ON AIR LIST
Way of Difference/GLAY
Come Out And Play/The Offspring (HISASHI)
ENGAGED/松本 孝弘 (TAKURO)
WHEN A WOMAN LOVE A MAN/レベッカ (JIRO)
卒業まで、あと少し/GLAY
pure soul/GLAY

THIS WEEK’s ひとつ!
TA:ひとつ!缶コーヒーを飲むときは、ブラックを。ブラックさん(?)
JI:ひとつ!缶コーヒーを飲む…飲むと、俺は汗が出ます。(TA:笑。異常…)
HI:ひとつ!缶コーヒーを飲むときは、ポッカのおじさんのように!

「さあ!今夜もみんなであったまろう!TAKURO・HISASHI・JIRO。
3人丸ごと全力放送」
(BY HISASHI)って事で始まりました。
しかも、今回は祝!なスペシャルじゃないんだ。
今週もTERUっちはお休み(まだどこかの街で豆まいてるらしい…
いや、豆ぶつけられたらしい…ではなくNYでそれなりにお仕事中?)で、
先週と一緒に2本録り感満載(笑)→2本録りどころじゃなさそうなりが。

Q&GLAYのコーナーより
【正しい偽りの友人の作り方?】
転校を控えて、友達ができるか心配ってな内容のお便り。
HI:俺はねー、転校してねぇ。このままだといかん!
俺が薄くなってしまうと思ってね、即座にファミコン買ったよ
(時代が出てるなりね)
JI:あはははは。物でつるんだ!?
TA:笑。
HI:その頃ねぇ、あんまり持ってなかったんだよね。発売当時で。
そしたら…。

JI:そうだねー。
HI:偽りの友達が…。
TA&JI:笑
HI:毎晩、僕の部屋に…。
TA:権力に群がった…(笑)
HI:あはは。
JI:あははは。
TA:権力を無くした途端…。
HI:あはは。
TA:潮を引くように…(笑)
HI:そう…。そっからなんか、同じ趣味を持った友達が増えたりね。
TA:なるほどー。
HI:うんー(偽りの始まりでもよいわけだな)
TA:ま、それも刹那的とは言え、有効かも知れないけども…(笑)
HI:笑
TA:でもぉ、ね。真実の友情を掴んでほしいんですが。
HI:うんうん。
TA:転校して、一発目って大事だからね。
HI:大事だね。つかみ。
TA:つかみは。
HI:うん。
TA:でも、あれなんだよね?
よかったのが、クラス替なんかがあるのと同時に
転校しちゃったりすると、違和感があんまりないんだよね。

JI:うん。
HI:そうだよね。でもさー、一つあるのがさぁ。面白いっていちばん大きい。
JI:そうだね。
HI:割合すごい占めてるかもね。
JI:小学校…の頃は、面白いやつだよね。
HI:面白いが一番強いよね。
(やたらとクロスされて、挫折。誰が喋ってるんだか、分かりゃしなかったさ・爆)
TA:面白いを磨くんだったら、やっぱ、ガレッジセールのラジオ聞いたり。
そういうので、ちょっとこう、笑いをこう…。盗んで。

HI:なるほどね。うん。

あと2つほどお便り紹介して、答えになってんだか、なってないんだか
分かんないトークをしてたG3でした。

そんな訳で、今回はさしあたり書くことがないので、これでおしまい。
来週は、4人揃うのでしょうかね?



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#22
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/3/3 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #22
祝!S字クランクスペシャル

数日前からご存知だったように、
JIROくん&HISASHIくんのコンビでお届けする今回のGRC。
どうやら、珍しいらしいこのコンビのトークを
できるだけたくさんお届けしたいと思ひます。

ON AIR LIST
春を愛する人/GLAY
Overprotected/ Britney Spears
Way of Difference/GLAY
Dear Venus/UP- BEAT
銀河鉄道999/ゴダイゴ
卒業まで、あと少し/GLAY
ALL STANDARD IS YOU/GLAY

トーク・トーク1 オープニング
今回の放送はひとつ!からではなく、プレゼントの当選者発表でスタート。
JI:JIRO&HISASHI!
HI:あれ?
JI:今夜はなんと。2人で4人分っ!
HI:笑
JI:ツインDJのスペシャルバージョンだっ!
・・・・・・・・・・・・
HI:2002年3月3日。日曜日の夜11時。みなさんいい恋してますか?
GLAYのHISASHIです。
そして。えー、まず今週はですね、このJIRO・HISASHIというね。

JI:そうだっ。
HI:2MCバージョンで(笑)…。これ、俗に言う、
フェイドアウトとかそういう意味じゃないんで。
皆さんも安心して(笑)これからも聞いてほしいなと思いますっ。

JI:はい。
HI:えぇ、今TERU・TAKUROはですね、NYに旅立ってて、
もうそろそろ帰って来るかなーと思うんですけどもね。

JI:そうですね。
HI:そこらへんのなんか、仕事っぷりも、楽しみにしております。
JI:はい。
今日の注目すべきポイントは…(笑)この俺とHISASHIが。
HI:えへへ。
JI:どういった1時間を…(笑)
HI:どうやって、ハガキをいじっていくかとかね。
JI:全国にお届けするか。
HI:怖いです!
JI:怖いです(笑)
HI:いつぶりとかだろ?…なるかなー?これ。
JI:いつぶりだろうねぇ?
HI:レギュラーでは、前あの、北海道でやってた…
JI:うんうん。
HI:ラジオ…ではやってたよね?
JI:それは、前って、かなり前…(笑)
HI:前だよね。94年とかだよ(笑)
JI:94年…(笑)ですよ。
HI:レギュラーではないかなぁ?あんまり。
まぁ、そこらへんも珍しいという事で。


トーク・トーク2 「Way of Difference」
JI:ついに!新曲が出ました!
HI:出ましたねー。
JI:ようやくですよ。
HI:ようやくだねー、ホントに。
JI:あのー…。ね。
HI:うんー。
JI:なんか、OAとしては、もう1月1日から全国で流れてるから
HI:うん。
JI:ようやく(笑)発売って感じだね。
HI:そうだね。ドームツアーでもやってからねぇ。
まだか、まだかって感じだったけどね。

JI:そう。やっと出たかって感じなんですけど。
HI:うん。
JI:もう、皆見てるかも知んないけど、PVとか。
HI:うん。
JI:もう、あの、今回はすごいシンプルな形で。
HI:そうだね。
JI:あのー、今までは、ジャケットとPVってのを連動性とかってのは
考えてなかったんだけど

HI:うんうん。
JI:「ONE LOVE」のアルバムジャケットぐらいからだよね。
HI:うん。
JI:ちょっと連動さして
HI:うん。
JI:あの、面白みを見つけるってとこで。
HI:うんうんうん。
JI:今回もあのー、「Way of Difference」のジャケットの花。
HI:うん。
JI:あのなんか、あの写真を切り取ったような
HI:そうだね。
JI:PVにしようって事で。
HI:うん。
JI:あの、今回はカメラマンを…PVの監督に見立てて。
見立ててっつか(笑)立てて、やったんですけど。
うん。あのー、今までのGLAYの感じとはちょっと違った感じなんじゃないかなと。

HI:そうだね。
JI:思うんですけど。
HI:ま、PVの中でも、その花ってのはね、
かなり重要なポイントを占めてるんじゃないかなと思うんだけど。

JI:うん。
HI:あと、TVCM!
JI:おぉお〜お〜お〜。
HI:これもねぇ、なかなか皆見てるんだと思うんだけどね。
ガレッジの2人がね。

JI:ん。
HI:うん。ガレッジセールの2人が。えー、淡々と歌ってくれるというね、
すごい今までにないような(笑)

JI:うふふ
HI:CMになってるんだけどもね。なんか、やっぱりねぇ。
…印象…深いよね?なんか。ついつい見てしまう。

JI:印象深いよね(笑)
HI:うん。そういうとこでもなんか、
こう…ストレートなサウンドで行くんだけども。
どっかで遊び心を出して行きたいというか…

JI:うんー。
HI:…と、いう思いも込めて作りましたけどね。
JI:なんかね、ちゃんとねー、あのーなんて言うんだろう?
CMを撮る人って言うよりも、音楽のPVとかを撮る人を
監督に立てて、撮ったからねぇ。

HI:うんうん。
JI:どっちかってーと、そのぉ普通の一般で見られるCMよりは、
GLAYのPVを見てるような

HI:ああ。カラーが…そうだね。
JI:うん。そういうのを心がけたって言ってましたけど。
HI:GLAYとガレッジの癒着はこれからも(笑)続くのでしょう♪
JI:はい。
HI:うん。
JI:そんなわけで。そう。TERUさんとTAKUROさん。
NYに行ったままなんですが。

HI:うんー。
JI:あのー、何をやってるという事を…
HI:この前ねー、ロンドンから、電話きたよ。
JI:誰から?
HI:TAKUROから。
JI:うん。
HI:どう?順調ー?ってゆったらね、
なんか「いや、俺コーヒー飲んでるだけなんだよね」

JI:…はは。(スタッフにも笑)
HI:だから、何やってるかさっぱり分かんなくてさぁ。
JI:ははは。
HI:あんまり仕事の話はしなかったんだけどぉ。
JI:今、NYで「ALL STANDARD IS YOU」の
HI:うんうんうん。
JI:NYバージョンを録りに行くって、張り切って行ったよね?
HI:そうだね。うん。

トーク・トーク3 ここ最近…
HI:俺らは何をやってたって話を(笑)
JI:俺ら!?
HI:うん。
JI:何やってたの?HISASHIは?
HI:俺ねぇ(笑)…30歳からのオートバイって言う
新しいテーマに基づいて中免取りに行ってんのね。

JI:あっそう。
HI:うん。…もう、取り終わるかなぐらいなんだけどね。
うん。新鮮ですよ。
この、30歳で生徒って言うのは(笑)なんか…(笑)

JI:あぁ〜〜。怒られたりする?
HI:するねー。あはは。
JI:いっやだなー(笑)
HI:ゼッケンつけて。
JI:ほぉ〜〜。
HI:うん。学生に混じりながら!
JI:おぉおぉおぉ。
HI:うん。やっぱ、いいもんだねぇ。あはは。
JI:なるほど(笑)
HI:うん。…後は引きこもりっ!完全にっ!
ってかもう、俺ねー、分かる!うん。なんで若者が引きこもるかっての。
それはねー多分。日本の構造上の問題だと思う。

JI:構造上?はい。
HI:うん。確かにねぇ、家にいながら、いろんな事ができる。
JI:うん。
HI:おいしいもんも食べれる。全て欲しいもんも買える。
そういう構造って言うのはねぇ、果たしていいものか?
でも…やってみると意外といいものでさ。

JI:いいんだ?(笑)
スタッフ:笑
HI:えへへ
JI:HISASHIはXBOX買ったの?
HI:買った買った。
JI:XBOXの車のゲームのCMって見たことある?
HI:うん。
JI:あれ、やまちゃんの声に似てない?(笑)
なんか、あのナレーションとか。やばいよやばいよとか。

HI:あぁ〜。
JI:本人に聞いたら、本人じゃないって言ってた(笑)
HI:笑。この画面はCGです。って出るやつですね?
JI:そう。やまちゃんと言えば、こないだ家に遊びに来たのね。
HI:ふーん。
JI:俺、よくやるんだけどぉ
HI:うん。
JI:皆と飲んでる間に…勝手に寝んのね。
HI:よくやるね。
JI:うん。
HI:よくやるよ(笑)はは。寝たんだ?
JI:勝手にリビングで盛り上って、もう、勝手に帰ってもいいからも、
捨て台詞もなしに寝るのね。
やまださん時もね、そんな事しながら。


トーク・トーク4 噂話
(Q&GLAYのコーナーより)
レンタルビデオ返すの忘れて延滞料金15000円も払うハメにあったというお便り。
HI:すごい無駄なお金だよね、延滞料金って…
JI:そうだね。
HI:なんとかならんもんかねぇ?
JI:ある?そういう経験?
HI:前ねー、家の隣にTSUTAYAがあったのね。
JI:うん。
HI:だからね、結構返しに行くのめんどくさいなって
言うのはなかったんだけどね。

JI:うん。
HI:やっぱり。何本か借りてると忘れたりする事はあるよね?確かに。
JI:あぁあぁ。
HI:うんー。
JI:なんかさー、今、物の貸し借りってある?
HI:…そう言えばねー、この前、CDの整理してたのね。
JI:うん。
HI:そしたら、ハダカのCDがたくさんあって。
どうしようかなー、これとか思いながらCDケース探してたんだけど。
1枚だけ、面白いのがあって。

JI:うん。
HI:真っ黒いCDにぃ、あ。これ見たことあるー
JI:うんうんうん。
HI:ディスクだなぁと思ったら。そのディスクの上に、
銀のマジックでアンクルって書いてんのね(笑)

JI:うん。
HI:だぁー…どっかで見たことあるなぁこの字…と思って…
待てよ、CDにこんなことするのはTAKUROしかいねぇ!と思って(笑)

JI:あはははは。
HI:笑。前ねぇ…
JI:そうだそうだ(笑)
HI:CDJかなんかに入ってたやつで、CDJのまんま借りて。
あ、なんかディスク入ってると思って、置いといたのね。

JI:うんうん。
HI:それがTAKUROのだったんだけどぉ(笑)
あれ?平気でこういうCD…なんかこういうレーベル面に
なんか書いちゃったりするのって、これ…稀だなぁーと思ってねぇ。
改めて、TAKUROの性格を1回考えたね(笑)

JI:あぁ〜。TAKUROくんね、あのCDとかでもさ。この帯?
帯の部分にタイトル入ってないやつとか大っ嫌いなのね。

HI:あははは。
JI:あとは、裏面に曲名が入ってないやつとかね。
HI:あぁ。曲順とかね。
JI:そう(笑)TAKUROくん嫌いなのね(笑)
HI:あはは。それ、なんかGLAYにもよく反映されてるよね。
JI:そう(笑)
盤が透明のやつなんて、もうすごい怒ってねー。
なぜかって言うと、TAKUROくん
ハダカでCD山積みするのね
(TAKUROがハダカではない)
HI:うん。
JI:その間に鉛筆さしとくのね。
HI:ははは
JI:崩れないように…(笑)
HI:そうそう。よくなんか、書いてるもんね。
JI:そうなんだよ。
HI:うんー。見づらい…なんかCD盤とかにマジックで書いてるからね。
JI:おもしれーなぁ(笑)

トーク・トーク5 ザ・ナイトメア
リーダーの許可なく新コーナー?
HI:さぁ。今夜最後のコーナーは、初登場。HISASHI&JIRO専科。
ザ・ナイトメア。
みんなの脳裏にこびりついている、できる事なら忘れてしまいたい
究極の失敗談。あれは…!正に悪夢としか言いようがない赤っ恥話。
この世にできることなら忘れたいような話があったら、
間違いなくこのザ・ナイトメアのコーナーまで。
例えば、こんなお便り待っているぞ。
『前日から徹夜勉強も空しく、私は肝心な試験当日、寝坊してしまいました』

JI:へへへ
HI:こりゃ、正に悪夢っ!ナイトメア〜。
そして。『私はこの間、前を歩いていた彼氏に後ろから抱きついて、
捕まえたぞ!とやってみた。しかし、よく見ると全然違う人だった…』
ありそうだっ!
…例えば、なんかありますか?

JI:あ゛〜〜。何かに、おもちゃ屋さんか何かで注目してて、
「なぁなぁ、これよくない?」って言ったら、
知らねーメガネのやつだった!

HI:あははは。よくさぁ、子供の頃ってさぁ、視線が低いから
JI:うんうんうん。
HI:お母さんに手つながれて行くんだけど、
知らないお母さんの手つないでる時(笑)
それにちょっと近いよね。

JI:あるよね。
HI:俺ねー、忘れたい話と言えばねぇ。東京に出てきた頃かな?
すっごいゴキブリ出る部屋に住んでたのね。

JI:あはははは
HI:で、ある夜ねぇ。出たの。
JI:うん。
HI:超特大のやつが。で、ロフトがついてて、ロフトに寝てたんだけど、
下でもう大格闘して。2時3時ぐらいで。
潰したと思ってこれ見るのやだから
明日の朝早く起きて掃除しようと思って新聞かけといたの。
で、上のロフトで寝てて、朝起きて、バイト行こうと思ったらぁ
新聞の上にゴキブリがいるの!

JI:うははははは
HI:でも、死んでるのね。
JI:えーっ!
HI:恐るべし生命力!と思ってぇ。
JI:あははは
HI:あれは…あの朝はねぇ、ホントに忘れたいなと…思ったな。
JI:笑。すごいね、それ。
HI:で、北海道ってゴキブリ出ないから
JI:出ないね。
HI:最近だったら分かんないけど。ホントに慣れなくてねぇ。
東京でいちばん嫌だったのあれが。

JI:俺もやだね、未だに…
HI:うんー。未だにやだよね。
JI:俺、ゴキブリ出たら、絶対引越しするもん。
HI:うんー。ほんとそれぐらいの勢いで大っ嫌いですけどね。はい。

トーク・トーク6 エンディング
JI:GLAY RADIO COMMUNICATIONいかがだったでしょうか?
HI:うん…
(沈黙)
JI:へへへ。まぁ、なんか、今の間がね。この1時間を物語ってるようね…(笑)
HI:物語ったなぁ…
JI:笑。はい。ちょっとね、あのコーナーに期待だね。
ザ・ナイトメア。

HI:ナイトメアね。
JI:うん。あのーHISASHIのニューキャラ…
HI:へへへへ
JI:期待しつつ…
HI:なんか、とんでもない話とか聞けそうなんで。
JI:これはあるだろうなぁ、この辺は。
HI:そうだね。
・・・・・・・・・・・・
HI:それでは…ま、来週1人になるって事は…
JI:あはは
HI:多分ないと思うんだけども。まあね…
JI:TERUにはねー。
HI:うん…
JI:来てもらわないと。あの人、最近給料低いよ。
HI:休んでばっかりだからね。
JI:そう。休んでばっかりだからね。
HI:うんー。そだね。…来週は4人で!…
JI:…ほんと?
HI:…お届けしたいなと、思っています。
JI:はい。では、そろそろお別れの時間です。
GLAY RADIO COMMUNICATION。お相手はGLAYのベースのJIROと

HI:HISASHIでした。
JI:ばいばい!
HI:ばいばい。また来週…


はい。って事で、一部ではそれなりにこの2人のトークに対する
心配な声もあったようなりが、いい感じで進行してましたね。
JIROくん・HISASHIくんファンは思う存分2人のトークが聞けて満足な事でしょう。
次回は4人揃う…らしい(前もって知ってる必要もないと思うが、
どこからともなくそんな情報が…)



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#23
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/3/10 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #23
祝!急制動でジャックナイフスペシャル

えー、本日はTERUさんをゲスト(!?)に迎えて久々の4人でのOA。

ON AIR LIST
Way of Difference/GLAY
Elevation/U2
卒業まで、あと少し/GLAY
カーテンコール/GLAY
GLOBAL COMMUNICATION/GLAY

THIS WEEK’s ひとつ!
JI:ひとつ!1人減り、2人減り…今日はJIRO1人での放送かっ!?
HI:ひとつ!キレイな花を見た時は、自分の名前をつけるべし。
TA:ひとつ!キレイな花を見た時は、すぐに花言葉を調べるべし。
TE:ひとつ!キレイな花を前に。みなさんホントにね。
1ヶ月留守して、すいませんでしたっ!
TERU IS BACK!
(おかえりやす)
G3:爆笑
TE:はぁい。
TA:TERU IS BACKじゃねぇよ(笑)
G4:爆笑
TA:なんだ、そりゃ。
TE:えー。歌う笑い袋。はいぃ。今日は花を咲かせますっ!あい。

特集:ボケるテル
【番組のコーナーを見事に忘れる】
TA:今週のワンポイント挨拶なんですが、えー、まぁ。
ワンポイント挨拶と言うよりも、TERUさんが…

TE:あい。
TA:久々の復帰という事で。
TE:そうですねー。
TA:えー、ちょっと勘鈍ってると思います(笑)
G3:笑
TA:さっき、打ち合わせの時に、コーナーをすっかり!
忘れていたのを…(笑)

TE:すいません。これ、なんでしたっけぇ?…えへへへ。
G3:笑
TA:今日は生放送でちょっと
TE:はい。
TA:リハビリして頂こうと。
TE:そうですね。一月ぶりですからね。
がんばります♪はい
←声小さいし・笑
(……沈黙……)
TE:…え?
JI:言ってるそばから。
TA:はい。TERUの番だ。
TE:あ。はい。そうですねぇ…。
TA:違うよ!(笑)
TE:えぇ?
G3:爆笑
TE:俺の番…?
TA:読め!いいから読め!
TE:カッコてぃー・いー。カッコ閉じる。そんなれでぃおこみにけーしょんですが、
今週はパワー全開!生放送で行きます。

TA:笑。さっき聞いた。
TE:…題して!Way of Difference大感謝あんどホワイトデー直前。
あんどHISASHI免許、取得き…記念?…取った?

HI:取った。
TE:ほんとに?…はい。春のおめでた逆電すぺしゃるー。
TA:んー。
TE:ぱちぱちぱちー…って事でですね。新曲「Way of Difference」がですね、
皆様のおかげで、ホントにねー、えー…いいぃー感じだと聞きました。

TA:いい感じ…(笑)
JI:大爆笑
TA:微妙だよ(笑)
TE:いやぁ、なんかこう大ヒットって言うとぉねぇ、
なんかこう恥ずかしいですからね。


【つられてHISASHIくんも微妙にボケる?】
HI:ってーことでね、これチャートをぶり返したって事でね。
ぶり返し記念っ!聞いてくれ。


ぶり返すのは風邪だけで結構かと…。いや、わざと?

【近頃は何を?】
TA:近況報告なんですが。まぁあの。
GLAYのレコーディングが始まりましたね。

HI:再開ですね。
TA:3…4日ぐらい前か。
って言う事で、「ONE LOVE」のアルバム。
あれは、もう実はベーシックは30曲ぐらい録ってあったと。
で、そのうちの18曲をリリースしたが、いわゆるあれは、
もうバンドキッズに向けてのバンドの…今の俺らはこうだ!って言うような
バンドサウンドを詰め込んだやつで。
いわゆるバラードみたいな静かな曲は外してたんですが。
今は、またそれを丁寧に作り上げてると、言う事で。
4人の活動としては、レコーディングが始まったって言うのは分かると。
じゃあ、細かい事で言えば、なんなんだと。

HI:細かいことで言う…
TA:近況報告ね。
HI:はい。
TA:えー。模様替えをしたね(笑)
G3:笑
HI:なんの?
TA:部屋の。
HI:ほう。
TA:そんな感じのやつをみんなにも聞きたいと。
HI:あはは。
TA:マキシマムな事ならなんでもいいぞ。
HI:俺はねー、さっきあれだ。SIAM SHADEのライブ。
見てきて。今日…あのー、まぁ、バンドとしては最後のライブと言う事でね。
やっぱりさびしーね。
同世代というかね、俺らと同じぐらいの頃にライブハウスとかで
やってたバンドだったからね。うん。

TA:昔、あれだよね?すごい髪とか立ててたよね?
HI:そうだねー。うん。
TA:噂で聞いたたんだけど、あれってカツラだったの?
HI:あ。そんな事、俺も聞いたことあるー。
噂だけどね。うん。

TA:そんな話を聞いたことがあったけど…。
多分デビューしたのって同じぐらいじゃないかな?

HI:だよね。デビュー曲も同じだったと思うな。確か。
TA:RAIN?
HI:うん(笑)
TA:いろんな縁がありますねー。
HI:うんー。そう。すごいいいライブでしたね。
TA:じゃあ、TERUは?
TE:俺ぇ?俺、結構ずっとバイク乗ってたりしたかな。うん。
春でやっぱりぽかぽかしてキモチいーから。いろぉんなとこ行った。
渋谷とかも行ったし。うんー。遠出と言うと…どっちかなぁ?
駒沢の方までずーっと行ったりとかね。

TA:こ・ま・ざ・わ?
JI:遠出じゃないよ(笑)(HISASHIくんかもー)
TA:駒沢って…
JI:全然近いじゃん!
TE:俺にしてはね、遠出なのよ(笑)
TA:俺んちの前の道、確か駒沢通りだよ(笑)
TE:駒沢公園の奥とかね。
TA:あー、なるほどね。駒沢公園の奥はバイク降りなきゃいけなくない?
TE:えへ。いや、奥ってほら。駒沢通りをずーっと…。
だからねぇ…。

TA:風景変わるよね?
TE:風景変わるー。いつもほら。車ばっかり乗ってたから。
外の風をぶわーっと、体中に浴びながら走るのキモチいい。

HI:よく走るよね?あのカブ。
G3:爆笑
HI:すっごい…(どわー聞き取れないっ!)
TE:誰より速いからね(笑)俺。
TA:ついでにさ、3丁目の山の先にさぁ。ちゃーはん…(笑)届けてくれない?
TE:うははは。
TA:アルバイトしてやがった。
TE:あはは。
…中略…ってか、クロス拾うのしんどい…(爆)
TA:JIROは?
JI:俺はね、あれっすよ。ボードですよ。
ね。こないだ行ってきた。TAKUROくんと。札幌に。

TA:いちばん楽しい時期なんだよね。
JI:おぉ。TAKUROくん、今シーズン2年ぶりにやったんだよね?
TA:うん。
JI:で、最初、すっごい初日とかは、よたよたしてたんだけど、
2日目ぐらいにめっちゃくちゃ速くなったよね。

TA:そう。スピード求めてるから。
HI:へへ。
TE:だめだよ。危ないよ。
そういう人がいちばん怪我するんだ
(それはアナタでしょう)
JI:いや、大丈夫。TAKUROくんは、もう全然、楽勝だよ。お墨付き。
TE:そうなの?へぇー(ちょっと羨ましそう)

【最後のボケ】
TE:GLAY RADIO COMMUNICATIONいかがだったでしょうか?
ま、今日は久々に4人。全員集合って事で。うん。
かなり、話も盛り上って来ましたけども。

TA:また、遊びに来て。
TE:うんー。また遊びに来る♪
G2:笑
TE:ホントに。
TA:ちょくちょく(笑)
TE:へへ。ね。うん。
ま、逆電もやったし。みんなのハッピーな気分が分かってよかったなー。
うんー。

TA:嬉しい話を聞くのは嬉しいね。
TE:そうだね。幸せな話はね。
TA:結婚式とか出るの、割と好きだな。俺。
TE:あぁ。あれだよね、今年の春多いね。
TA:今年の春?あぁ。舞台監督の…
TE:マスヤンもそうだしね。
HI:うん。
TA:なんか、やれって言ってたぞ。
TE:言ってたねー。
HI:安いね、俺ら(笑)
TE:あはは。
HI:やるんだよね?
TE:出張でね。
TA:出張で(笑)
TE:あとですね、ぐらじゅえーしょんこんてすとにですね募集してくれた…あ。
応募してくれたみなさん。ホントにありがとうございました。
…や、ホントにねぇ…。

TA:笑。ちょっと待って。
TE:え?
TA:何気にすごい面白いんだけど(笑)
TE:なんでぇ?
G2:爆笑
TA:募集してくれた方…(笑)
TE:いやいやいや(笑)応募してくれたね。
TA:流すつもりだったんだけどさぁ。
TE:ありがとうございました(無理矢理な)


はぅ〜。久々の4人のクロストークに泣かされました。
かなり意味不明かと思われる。
OAを聞かずにこれを読んでる人にはさっぱり分かんない
レポになってることを深くお詫びするなりよ。



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#24
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/3/17 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #24
祝!21世紀のHISASHIを探せスペシャル

ON AIR LIST
Way of Difference/GLAY
You’re My Best Friend/QUEEN
Downtown/Petula Clark
Prism/YUKI
卒業まで、あと少し/GLAY
Prize/GLAY

THIS WEEK’s ひとつ
TA:ひとつ!卒業式に出席する時は、退学届を持参して、
クラス全員の度肝を抜き、一足先に大人の階段を昇るべし!

TE:ひとつ!卒業式に出席する時はぁ、金髪を黒スプレーで塗ってから出席すべし!
JI:ひとつ!卒業式に出席する時は、大げさに泣け!

あれ?魔のバミューダバージョン?HISASHIくんが欠席ですぅぅ。
って事で春の訪れを感じつつ、全力放送でしっ!
今週は、3人による春をテーマに選曲バトル。
更にっ!新曲の超最新情報も聞ける!?…予定(RECは暗礁乗り上げ状態らしい)

ワンポイント挨拶
今年の春にやりたい事って事で。
TE:まず、俺からっ!(いきなり喋りたくて仕方ないんだモードなやつ)
俺からいいですか?あのぉ、先週ですねぇ。
羽田空港近辺のですね、公園行ったんですよ。

JI:うん。
TE:日曜日に。そしたらぁ、なんかね、
すっごいいっぱいたくさん
(どれほどいたんだよ?)人がいて。
TA・JI:うん。
TE:キャンプやってんのね。
TA:死体でもあがったのか?
TE:いひ。違う違う(笑)。そういうキャンプじゃない。
うん。バーベキューやったり。

TA:早いねぇ。
TE:うん、早い!
JI:あったかいからねー、最近ねー。
TE:うん。だからね、ああいうことしたいね。花見を、しつつ。
TA:あ。俺も言おうと思ってたの。
俺もねぇ、今年の春はお花見をやりたい。
オーソドックスなやつをやりたい。

TE:やりたいよねー(笑)
JI:場所取りから(笑)
TA:場所取りをしたい!
TE:あはははは
TA:なんかねー。どっかの企業の…今年の若者ちょっと言う事聞かなくて、
場所取りがなかなかいないんだよ!って言うやつがいたら、是非俺に!

TE:うははは
JI:あはははは(力の抜けた笑いなり)
TA:3日でも4日でも(笑)
並ぶ…覚悟でございます
(頼みたいなぁ。そのままご一緒にぃ♪)
JI:あぁ…そっかぁ。
TE:JIROは?
JI:蜜蜂族に…。
TA:バイク?
TE:あはははは(かーーーわいぞぉぉぅ)
JI:50だけど(笑)
TE:うはは
TA:笑。免許ねーじゃん(笑)
TE:うはははは(嬉しそうすぎる)
TA:50だったら、高速も乗れねーよ(笑)
JI:笑。でも楽しそうだよね?
北海道にツーリングに来る人たちの事をさぁ。
蜜蜂族と呼ぶじゃない
(これは知りませんでした)
あれは、全国的に蜜蜂族って言うのかな?
TA:やつら…どっこでも寝るから(笑)
JI:北海道ではね、蜜蜂族が。
次々に北海道に上陸とかってニュース流れるぐらいだかんね。

TE:楽しそうだよね。
JI:楽しそうだよね。
TE:うんー。
TA:なんか、このラジオでもHISASHIが免許を取ったと…
JI:そうそうそうそう。
TE:なんか免許来る前からバイクあったっちゅー話だけどね。あははは。
TA:嫌味なヤローだ!

レコーディングの途中経過を報告
JI:さあ!この時期は、ぐっと僕らは地下に、潜りこんで。
レコーディングをやっております。

TA:そうですね。
TE:はい。
JI:うんー。どうなんすか?順調だよね?でもね?
TA:順調〜〜〜ですね。順調…
TE:JIROは順調だよねぇ?
JI:俺、めっちゃめちゃ順調だね。
TE:ねー。
JI:うん。
TE:まだ歌も全然覚えてないしね(笑)
JI:あ。そっか。
TA:歌詞ないもん。
TE:あははは。
JI:俺が順調なだけ…
TA:てか…
TE:早く終わらせたいのにね(笑)
TA:歌いたいこともないんだよね(笑)
TE:うはははは
TA:どうなの?これ?
TE:ぢゃあ…
JI:場所取りはしたいけど、歌いたい事が…(笑)
TE:歌詞はあーうーあーうーでいいよ。
TA:あーうーあーうー(笑)
TE:俺がなんとかキモチをこめて(笑)
あーうーで。うきゃきゃ。

TA:スキャットだ、スキャットだ。
TE:あはははは
TA:はい。最近は、そう…レコーディングですよね。
TE:うん。
JI:現時点で3曲…俺は終わったのかな。
TA:新しい挑戦しますね、JIROさん。
JI:僕ね。うん。
TA:最近。気持ちいいです。
TE:ね。
JI:そうだね。今んとこ半分以上フレットレスだ。
ミック・カーンになれるんじゃねーか…

TA:ほんと(笑)ミック・カーン。日本人大好き、ミック・カーン(笑)
TE:佐久間さんが、JIROがいない時、こぼしてたよ。
JI:なんて?
TE:あぁ〜フレットレスの達人になっちゃうかぁ?って。
JI:へへ。いやいやいや。
TA:奥深いらしいぞ。
JI:や、早くね、これはちょっとね、
聞かせたいもんだね
(早く聞かしてもらいたいもんだね)
TE:ねー。
JI:みんなに。うん。
TE:俺もファルセットの達人でも、頑張ってみようかな?
JI:あはは
TE:このきたねーファルセットで(笑)はは。
JI:また嘆いてたよね、今回。
TE:そうそう(笑)
JI:ファルセットきたねーよな、俺…。
TE:TAKUROいいんじゃない?
TAKUROファルセット担当になってよぉ(笑)

TA:ファルセット要員。
TE:そぉそぉ。
TA:ファルセットっていうのは…
TE:裏声ですね。
TA:裏声ですね。
TE:うん。
JI:うんー。
TE:裏声…こういう声質だからね、俺。
裏声も汚いんだよね。やっぱり。
(でもファンは好きよ♪)
TA:裏声ベスト3ってゆったら…
TE:うんー。
TA・TE:(声をそろえて)トム・ヨーク!
TE:ははは。
TA:hyde。
TE:ああぁ〜。
TA:うん。
TE:五輪真弓?あははは
TA:五輪真弓は分かんねーけど。ちょっと新しい扉開けたいよね。
TE:開けたいねー。


キレイ好き?(Q&GLAYのコーナーより抜粋)
「GLAYさんの長年愛用してるもので一番のものは何ですか?」
という物が捨てられない人からお便り

TE:俺も捨てられないんだよねー。たまっていく一方。ですねぇぇ。
一番古いもので…

JI:俺、行ってあげよか?
TE:えっ…へへへ
JI:バンバン捨てるよ、俺。
TA・TE:笑
TE:きれいだもんなー(笑)JIROんち。
TA:JIROのとこはトータルできれいだしね。
TE:ね。うん。きれいだね。
TA:雑貨屋みたいだね。TERUさんち(笑)
TE:笑。必ず、ちょっとこう、そらすと何かあるもんね。
JI:すごいよねー。俺、TERUんちはねぇ、3ヶ月にいっぺんくらい…
TE:あんあん。
JI:行くんだけどぉ。行くごとに、どんどんどんどん…
TE:そう…
JI:物が増えてってるよね。
TE:模様替えもね。今、なんかねー、棚あるじゃん?
家のテレビ下にスピーカーついてるでっかいヤツじゃん?
(おうらやましい)
JI:うんうん。
TE:それを棚の上に、一人で乗っけたのね、俺(笑)
夜中酔っ払って(笑)

TA:腰を痛める…(笑)
JI:うははは
TE:がさがさぁっ!俺がねぇ。
だから今、テレビの画面自体が下から1メートル以上
上にあってぇ
(鼻すする)なんかねぇ、映画館にいるような…感じ(笑)
JI:あはははは
TE:好きなんだー、そういうの♪
TA:うははは。アンタ幸せだよ(笑)
TE:うひゃひゃ(どあぁぁぁぁぁ〜、かーわいいぞぉぅ・ルフィ調で読め)
TA:でも、夜中のー…模様替えは、めっちゃくちゃ俺は気分転換になる。
TE:ねぇ。
TA:俺もやるもん。
JI:うん。
TE:すげぇ、気持ちいい(ご近所は迷惑)
TA:いらいらして。
TE:笑。ね。前に、いつだっけな?
ライブの打ち上げにTAKUROんち遊びに行って

TA:うん。
TE:その後に一月もしないうちに遊びに行ったらさぁ、
テレビの移動があったよね。えへ。
すげーところに移動して…

TA:50キロぐらい(笑
TE:そうそう(笑)
TA:なんか、もう古代人みたいなさぁ、紐つけて引っ張ってさあ(笑)
TE:あはは
JI:はは
TA:も、遺跡だよ、あれ!
TE:あれは、びっくりしたねー。
TA:あれは、やばかったね。ライブ前だったら、やんなかったね。
TE:俺、絶対これは、テレビの位置は変わんないだろうなーって思ってたの。
すげー重たそうだから。

TA:あぁ。ベストポジションっぽいと思ってたけどね。
TE:ああ〜。
TA:とりあえず、でもそのテレビがあるから
こう…印象的だから、印象的っていうか、部屋がこう支配されてるから。

TE:ねえ。
TA:捨てろっ!
TE:あはははは
TA:初心に戻って14型だ!買ってやる!
JI:うはは
TA:100個買ってやる!(そんなにあったら怖い)
TE:うはは。14型で…字幕見えないっすよ(笑)
JI:あははは
TA:見れる見れる!
TE:はは
TA:目を凝らすんですっ!
TE:で、本題に入りますが…。
TA:本を読め、本を。
TE:漫画は読むんだけどね。
TA:漫画もいいけど(笑)
TE:えへへへ
TA:来週までに六法全書を全部覚えて(笑)
TE:うひゃひゃ
TA:んで?
TE:捨てられずにいて、長年愛用してるもの(ここまでの道のりは長かった)
結構、絨毯とかは捨てられないよね。結構前からあると思う。
TA:でも、やっぱり引越しする時だね。
JI:絨毯…
TA:絨毯は捨てないよ、しかも(笑)
TE:あははは。捨てちゃダメなんだっけ?うははは
TA:捨てちゃったらなんか、根本的に変わるから(笑)
TE:あははは。
カメラとかはあれでしょ?カメラは捨てないもんね?

JI:カメラは捨てないねー。
うんー。

TE:うん。…今時これ使ってるっていうの…
JI:今時?
TE:…TAKUROのパンツ(笑)
TA:何?俺のパンツって?
TE:いやいやいや(笑)
TA:俺のパンツになんか、文句あんの?
TE:いやいや、なんでもない…(笑)
TA:ほっといて。でもねー。ちょっと最近困ってる事があるの。
JI:ふん。
TA:あのー、ライブやるごとに。
親戚のおばさんとかがこう、遊びに来てくれるんだけど。

JI:うんうん。
TA:これ、聞いてたらいいなぁと思うんだけど。
JI:うん。
TA:俺が…彼女の中では、まだ俺は小学生らしいのね(笑)
TE:うはははは(大爆笑)
JI:あはは
TA:だから(笑)小学生がはくようなパンツを今でもくれるんだけど。
TE・JI:あはは
TA:あの、俺もう…今年31なんだわ!
TE:あははは
JI:…はは
TA:ほんとにねー
TE:うひゃひゃ
TA:あの頃きゃっきゃと山や海や…
駆け巡ってた頃の俺の思い出が…あるらしくてさぁ…
ちょっと、心の中で成長させてほしいなと。

JI:ほぉう。
TA:今はあれだよね?かるばんくらい?
TE:あはははは
JI:ははは
TA:ちょっと小金持ったりして(笑)
(なぜかTAKURO氏はブリーフだと思うのはおいらだけ?)

日曜座談会
テーマは上京ヒストリー(おいらの中でBGMはシャ乱Q)
田舎者が東京に出てきた時の苦悩を語ってくれます。
TA:上京ヒストリー。
もう、上京ヒストリーはレベル4からレベル10ぐらいまであるよ。

(123はないの?)
TE:もう、TAKUROにはねー、もう申し訳なくてね(笑)
上京ヒストリーっていうとなんか…(笑)

TA:正に上京ね。ああ、でもこれもう…一生恨むよ、俺は。
TE:あははは
TA:ま、かいつまんで、何かと言いますと。
3月31日にまず函館からHISASHIが上京しました。

JI:うん。
TA:で、俺、送りに行ったりして。
JI:うんうん。
TA:で、明けて4月の1日にTERUが今度一足先に東京行きました。
JI:うん。
TA:で、俺、もろもろの用事があって、俺が行ったのが2日だったのかな?
でー、知り合いも何もいないし。
で、住んでるとこがTERUの寮と同じだって事で。
次の日に必ず迎えに行くからね。

JI:うんうん。
TA:迎えに行くから、そこで待ってろよ。
という言葉を残して、一足先にTERU行ったんだけど。
まだ携帯もない頃ですよ。

JI:そうだよね。
TE:携帯あったらねー。
TA:携帯あったら全然違ったかも。
TE:あー、違った。
TA:俺、羽田に着きました。約束の場所へ行きましたー。はい、いません!
TE:ははは。その頃まだ、高速の上だよね?
確か
(そんなTAKUちゃんが知る由もない)
TA:高速の上かは分かんないけど(ほらね)俺の腹巻の中には
TE:あはは
TA:餞別でもらった20万円!(大金です)
TE:ははは
TA:も、こいつら全員俺の金狙ってると思ってた(笑)
JI:あはは(スタッフも笑う)
TA:東京怖かった…
TE:うへへへ
TA:で、はい。30分待ちました。1時間待ちました。来ませんっ!
JI:ん。
TA:これ、自分で行くしかねーなって事でさ。
まだ俺、汽車ってものに…汽車じゃない電車か。
函館だったら汽車じゃん?電車なんか乗ったことないからさ。
人に聞きながら。泣きながら(笑)

TE:うははは
TA:しかもね、4月2日って事もあって、空港から浜松町までって、桜咲いてるのね。
JI:うん。
TA:もう、その桜がなかったらね、GLAYやってなかったよ(笑)
花で随分…癒されたけどさ。

…中略…
TA:JIROが来た時っつーの。俺あんまり知らない。
JI:あー、何やったかなー?
まずは、米買いに行ったんじゃないかなぁ(笑)

TA:着いてから?
JI:うん。
TA:最初どこ?
JI:俺、最初はね、駒込。JRの山手線の。
TA:ほお〜。駒込局区内とか、よく言うよね?
JI:牛込じゃないの?
TA:あ。牛込だよ、おい(笑)
JI:あはははは
TA:めずらしー。俺勘違いした(笑)
JI:前フジテレビがあったとこだね。
TA:あ、そっかそっか。
JI:すごい便利なとこだったんだけど、職場がね早稲田の方にあったからね。
山手線で、どこだかまで行って、そっから地下鉄に乗換えなきゃいけなかったんだけど。
もうあの満員電車びっくりしたね。

TA:あれは、ちょっと北海道とかじゃ考えられないもんね。
JI:いや。もうあり得ないよ。
TA:うん。ホントに降りられるかどうかすら心配になるほどの。
JI:そう。ちゃんと主張しないとさ。開けてくんない訳じゃん?
TA:そうだね。だからね、ちょっと学んだよね、そういうとこでは。
自分をどんどん出していかないと、そういうヤツっていっぱいいるから。

JI:俺はね、寮に住んでたんだけど。
あのー、30人ぐらい寮にいたのかな?
大体みんな地方から来てる訳じゃない?
やっぱりね、電車から降りれなくて次の駅から1個戻ったりとか…いうヤツもいた。

TA:しばらくそういうのを繰り返しながら。
TE:んね。俺、結構、そういう電車で降りられなかったことなかった。
必ずねえ始発…とか…(笑)

TA:だって。あのね。君の住むとこはね、極端すぎて(笑)
TE:そうそう(笑)
TA:必ず、駅最終地とか(笑)
何が、俺TERUが男らしいかと思った時に
いきなり神奈川に引っ越すっていうのを聞きましたと。

TE:うんうん。
TA:へぇ〜、神奈川いいじゃんって。
次新しい職場はどこなの?ん?千葉って(笑)

TE:うへへ。そうそう。
あれはね、なんで俺はあんな無駄な2時間を過ごしたんだろうと思ったよ(笑)

TA:そんなに執着あんのかなーと思って(笑)
TE:ない(笑)
土地勘がなかったから、神奈川と千葉は近いと思ってたのね。
その千葉と…その湾岸線で走るとぉ…

TA:近いけど、アクアラインができる10年も前の話だよ。
TE:そぉ…。土地勘がないから、すっげー近いと思ってたんだけどぉ
実はすっげー遠くてさ。

TA:ちょ、やめようよ、もうこんな話(笑)
TE:あはははは(スタッフも爆笑)
TA:言えば言うほどさ…何が悲しくて、田舎っぺ大将丸出しな話を…!
戻りたくねぇ!あの頃には!


お待ちかね?のエンディング
天の声も聞ける?!
TA:今日は結構、TAKURO・TERU絡み…
TE:そうですねぇ。
TA:この3週間分の…
TE:話とかないとな…と思いましてね♪うんー。
TA:JIROはどうですか?
JI:いや。なんか。2人がテンポよく喋ってくれたんで…(笑)
TE:あははは
JI:俺は、頷いたり(笑)
TA:HISASHIはどうですか?
HI:そうだね。やっぱり。
この4人集まった時のテンションと…違う面白さがあるよね。

TA:そうだね。
HI:うんー。
…中略…
TA:言うなればレディオコミュニケーションってさ
JI:うん。
TA:情報番組じゃん?(笑)
HI:へへへ
TA:おいしい食事のレシピを教えたり、おいしいお店教えたり。
あと、花見スポット教えたり、いい温泉とか(笑)

G3:笑
HI:ウォーカー系だもう。
TA:まあね(笑)言うなりゃ、ウォーカー系だから(笑)
JI:商店街歩いてみたり(笑)
TA:えー、ウォーカー系ってなんですか?
G3:笑

はい…って事で、いやぁ、今週は頑張ったなぁ。
3人のはずが、あ〜ら不思議。いつの間にか4人に増えちゃいましたね。
てな訳で、ちゃんとリクエストに答えてオレンジ(黄色?)と青の発言も
織り交ぜてみましたなりよ〜。

今週のツボTERU(久々すぎる)
あーうーあーうー♪
かわいかったっすね。
ってか、笑い声がもう、ぷりちーでたまりませんでしたっ。



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#25
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/3/24 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #25
祝!どうなる小泉政権!…どいつもこいつもスペシャル

【ON AIR LIST】
Way of Difference/GLAY
Fade In-Out/OASIS
ビギニング/井上大輔
Sleepy Head/the pillows
美しく燃える森/東京スカパラダイスオーケストラ
卒業まで、あと少し/GLAY
Way of Difference(Strings Version)

【THIS WEEK’s ひとつ!】
TA:ひとつ!花見をする時は5月の函館がベストかな。
TE:ひとつ!花見をする時は、飲む前に飲め!
JI:ひとつ!花見をする時…弁当屋さんの弁当だったら味気ないぞ!
HI:ひとつ!花見と言いながらも、花を見てないやつがいる…花を見ろ!

はいー。今週は全員揃いましたね。
「今夜もGLAY満開。皆集まって、日本全国全力放送」(By HISASHI)
って事で、よろしかったら、お読みくださいー。

【ワンポイント挨拶】
お題:お花見に欠かせないお料理
TE:花見のですね、この料理があれば
俺は…まぁ〜ずっと酒を飲めるなんて言う…こう。
お料理。好きな料理を紹介しつつも、挨拶とかえさせて頂きましょう。

G3:乾いた笑
JI:かってーよ(笑)
G3:笑
HI:あはは(大ウケ)
TA:日曜の夜じゃねえよ(笑)
JI:なんだろーなー?
TE:俺はねー、枝豆!っ(JIROくんを横取りっ。今日も俺が喋りたいらしい)
やっぱりねー。
G3:笑
TE:あははは♪
TA:年中食ってるじゃねーか!
HI:うはははは
JI:なんだろーなー。やっぱでも、バーベキューものだね。
TA:うん。
TE:うん。やっぱりね(って枝豆でしょう、アナタ)
…うん。JIROでした。
HI:あははは
TA:ごめん。俺、…と言いながらも。
みんなに作詞する、作詞するって言いながら、花見したんだよね。(笑)

TE:あ、ほんとぉ?
TA:そうそうそう。
TE:へぇ、いいね。
TA:そう。家の近所で。桜が咲いてて。
スカパラの谷中さんが今やってるから来ない?って。
明日は…TERU、ラララでいいかぁって(笑)

TE:あはははは
TA:楽しかったですよ。そん時はバーベキューでしたね。
なんか、こう炭火焼。

TE:うんー。
TA:はい。HISASHIさん。
HI:そうだねー。なんだろー。
俺1回もした事ないんじゃないかな?花見って。

TE:ホント?
HI:うん。なんかそういう行事にはね…あんまり。興味がなくって。
TA:高校時代やんなかったっけ?
HI:やったっけ?…高校時代…?
TA:あ。誘わなかった。
TE:あははは
TA:あ。でもね、1個。これから花見をする人たちで、
案外お昼はあったかくても夜は寒いねって話になってて。
必ずあのーホントに楽しみたい人は、ちょっと1枚多めに持っていくぐらいの。
感じでもいいかも知れないね。


【近況報告】
リスナーに向けてと言うより…まるで雑談。OA忘れてる感の強いGLAYさん。
JI:GLAYはなにはともあれ。レコーディング。やってますね。最近は。
TE:うん。
JI:ん。
TA:ようやく、TERUさんの出番になりまして。
TE:ね。うん。
TA:いつだったっけ?先週…かな?先々週か?
TE:うん。
TA:まだなんだよね。って話をしてましたけど。
えー、今週入りましたね。

TE:うんー。あれですよね。こう…スタジオに向かう途中にぃ
桜並木なんかがこう、あってですね。こう走って行くとですね。
なんかこう、気持ちよくその歌の世界に入っていける感じがする。うんー。
その情景が頭の中でこう…イメージできたりとか。

TA:今回スケールおっきいですよ。TERUさんの歌。
TE:大きいですよ。
TA:…聞いてる?HISASHI?
HI:んー?(のわーーーっ。おいら、HISASHIくんのこういう系ツボ!)
G3:笑
HI:まだ。聞いてない(かわいい。子供みたいな感じなり♪)
TA:笑。まだ聞いてないか。(おにーちゃんとおとおとの会話のようだ)
秋葉原に行ってる場合じゃない(笑)
G3:笑
TA:ほんと。リスナーの皆さんもちょっと期待してて欲しいと思いますんでね。
TE:そうですね。
TA:一段とスケールを手に入れたTERUさんの歌が。
TE:ゴスペル…の人たちもすごいこう…に、感化されたりして。
そこをなんか…より違った面を見せられるんじゃないかな?と。
俺のこう、歌で。うん。

TA:割とあのー、前も話したけど、静かな曲が多いながら。
TE:うん。
TA:ちょっと実験作にもなってたりするから。
TE:そうだね。
TA:うん。もしかしたら、すごいはまる人ははまるかも知れないし。
はまらない人は多分全然っダメだと思う(笑)

G3:笑
TE:俺たちが中学生時代だったら、ちょっと…聞けないかなー。
えへ
(今日もラブリー♪)
HI:どんな歌、歌ってるの?
TE:うひゃひゃ
HI:しゃがれたり?
TA:森公美子って知ってる?
G3:笑
HI:知ってる(笑)
TA:知ってるならいいんだ。
JI:高杢になってみたり(笑)
HI:不安だぁ(笑)
TA:高杢禎彦って知ってる?
G3:爆笑
TA:いや、知ってるならいぃんだ。エンヤとかになってるからねー。
ある場所では。
これはなかなかヒントが出たところで。
…エンヤにワーミー(?)ってどうなの?(笑)

G3:笑
TA:そこがGLAYかってとこなんだけど。
HI:エンヤがワーミーを踏むとこはなかなか想像できない。
TA:GLAYっぽいっちゃーGLAYっぽい(笑)
HI:でもあれだね!最近、春になるとねー。
春の独特の匂いがありますよ
(こういう発言はTERUっち系?)
G3:…笑
HI:…があってさぁ。俺東京に出てきた頃を思い出すのね。
TA:あぁ〜〜。
HI:なんか、それはこれからなんか、すごい…いろんなね。楽しい事が始まる…
プラスなんか、東京のなんか、友達がいなくて寂しいような。そんな気持ちが。

G3:一様に納得
HI:やっぱりねー。スタートでもあるんだけど
ちょっと寂しい感じがするんだよね。

TA:俺、今の家に引っ越してきて、3年ぐらいになるんだけど。
こないだ初めて、ゆっくり時間をかけて近所を散歩してみたのね。

HI:ふん。
TA:ほんと何の目的もなく。
どっかに買い物に行くとか、どっか出かける途中とかではなくて。

JI:3年ぶりに歩いたのっ?
G3:笑
TA:笑。歩いたよ、歩いたよって(笑)
パパ見て見てみたいなさ。
そう。歩いたらさぁ。いろんな発見があって。
自分てこんなに自分で忙しくしてたんだなって改めて気付いた…
いつも思うんだけど、例えば、ジムとか行って走る30分が30分なら、
家でテレビを見る30分も、本を読む30分も30分。
その中で、何も考えず、近所を歩く30分って言うのも
実はものすごい大事だなって。

G3:うんー。
TA:って、次のGLAYのアルバムのタイトルがぁ
「散歩のススメ」になるんだけどぉ(笑)

G3:笑
HI:ススメ、カタカナだ。
TA:ススメ、カタカナなんだけどさ。
いや、今ホントに暑くもなく寒くもなく、いい時期だからね。

JI:やぁそこでねぇ。カメラを持つとはまるんだよ。
TA:あっ。そうだね。
JI:分かるでしょ?なんか僕のキモチ。
TA:分かる分かる。
TE:あそうだ。JIRO俺、カメラ買ったの(いきなりだよ)
G3:笑
JI:あぁそう?(笑)
TE:うん♪
JI:何、買ったの?
TE:あのねー。ちょっと待ってね(声マイクとおってないなりよ)
JI:今、持ってんのか?
TE:話…話進めててー♪(おまいさんは…番組中に…)
HI:なにるんです?(うまいっ!)
JI:はは
HI:どうなるんです?
TE:これ…あのねぇ、コンタックスのねぇ(まだマイクとおってないよ)
M2…M3か。あ。T3だっ!(笑)
G3:爆笑
TA:なかなか辿りつかない。
JI:それいいよ。
TE:ね。すぅごいね、デザインがよくて…買ったんだけどね。
で、それでねぇ、最近写真…桜とか撮ってるの。
だから、スタジオに行く時に、さっきほら、桜並木とか言ってたじゃない?
そこで車をちょっと停めてぇ。そこで撮影したり。
やっぱりね、カメラ持ってるとね、何かを撮ろうとするからぁ。
いつもは素通りする道でもね、止まったりするんだよね。

HI:じゃ、今度。あれだね。ツアーとか始まったら。列車とか撮らないと。
G3:大爆笑
TE:うはははは。ホームで?あはははは
TA:三脚にさぁ、カメラ買ってさぁ(笑)
なんか、いきなりTERUが黒い布とかさぁ(笑)

G3:大爆笑
TA:かぶってさぁ(笑)
TE:うひゃひゃ
TA:鉄道マニア(笑)
JI:いやぁ、でもああいう動きのあるものはまるんだよ。
TE:いいでしょ?(これはカメラが)
JI:TERUのカメラもいいけど(すっごい流してるような…)
TE:うははは
JI:これいいよ。
TA:6月さぁ、TERUの誕生日じゃん?
時刻表やんない?

G3:爆笑
TA:時刻表プレゼントしようよ(笑)
TE:自分で買いますっ(笑)
TA:いいよいいよ、買ってやるよ(笑)
JI:TERUの為になんか幻のSL走らせたい(笑)
TE:うはははは
HI:あはははは
JI:その日だけ(笑)
JI・HI:(声を揃えて)デゴイチ…(笑)(←多分この2人…自信ないっ)
TA:いいねぇ(笑)

【ザ・ナイトメアー】
いよいよ、始まりました。ナイトメアーのコーナー。
忘れてしまいたい出来事・失敗談などを
ご紹介するだけのものなんで、レポのしようがございません。
とにかく。HISASHIくんの語り口調がおもろい。
TERUっち曰く「演技派になった」と。

【日曜座談会】
お題:一人暮らしのススメ…とか言いつつ、公共料金が払えなかった過去を暴露。
TA:一人暮らしはねぇ、どの辺から切り口を…
持ってきていいか分からないぐらい色々ある。
だってまず自分でさぁ、役所行って。

TE:うん。
TA:まず移転届とか、全部やるところからスタートするでしょ?
HI:そうだよね。うん。あと、銀行の口座も開設して。
TA:開設…
HI:あと、今だといいけどさ、あの頃って電話の権利代とか…
JI:あぁ。そうだぁ。
TE:あぁ〜。
HI:今、携帯で…
TE:そぉだねぇ。
HI:済んじゃうからいいけど。
JI:うんー。
TA:今だったらGLAY PHONEでいいから、いいけどね。
HI:うん〜。
G4:…笑
TA:やらしーなー俺って(笑)(まださばけてないか?)
電話…電話はいちばんネックだったなぁ。
TE:んねぇ。
TA:電話と家賃は…
TE:そう。
TA:電話って速攻止まるもんね。
TE:うん。
HI:そうだねー。
TA:色々俺、調べてたんだけど、
どれが一番最初に止まるのかな?なんてさ(笑)

(それは調べるとは言わず、滞納してみたと言うのだろう)
G3:笑
TA:同時に払わなかったりさ(笑)
HI:レースを。
TA:うん…水止まった時は、やっぱやばいなと思ったね(笑)
TE:ね。…一番困ったのは、水よりも…電気。
電気止められた時はね。

HI:すごいよ。ライフラインを止められるって。
G3:笑
TE:ね。
HI:ものすごい事する。
TA:近所の公園に水汲みに行った事ある。
G3:爆笑
TA:も、泣かせるぞコノヤロー!って(笑)
かわいそうだと思わねぇのか!

HI:あと、バイトはあれだね。
ちょっとメリットのあるものをやるとかね。

TA:そう。東京に来て信念を持って、
夢を持ってやってないと大変だよって話あるけどぉ
それ、バイト選びもやっぱり関わってくるよね。

JI:バイトはそうだね。
俺が行ってたとこは、割となんか工事現場の中でも人材派遣みたいな感じで
いろんな現場に行ってこい!今週はここっていうふうに言われるんだけど。
いろんなとこから人がいっぱい集まってくる…
バイトでほとんどその会社が成り立ってるから、すげー夢持ってるやつばっかりなのね。
バンドやりたいヤツもいたし、役者のヤツもいたし。
んでー、映画撮りたいってヤツもいたし。
それはね、結構ね面白かったね。
未だにそこで繋がってる友達ってのもいるし。

TA:いろんなジャンルの人に会えるのも、また新生活の楽しみではあるね。
JI:うんー。
TE:そぉだね。
TA:今まで自分の暮らしてた地域から飛び出して、
大学なら大学、就職なら就職でまた別の場所に行った時にこう…会える連中。
だから結局、そのバイト仲間とかさ、友達とかってのが一人暮らしの時に
実はすごい重要になってくるって感じで。

TE:重要だね。うん。俺はね、前にねぇ。
先輩…がいるわけじゃない?バイトで入って。
その先輩によく晩御飯とかさ、誘ってもらったりして
食えない時に食べさせてもらった記憶はある。うん。
そら、すっごい助かったね。やっぱり、人との繋がりですね。

TA:そういうのが、自分一人で生きて行こうとすればするほど
なぜか、逆説的に他人が大事になってくる。
他人が自分にとって、どれぐらい大事な人かってのが
見えてくるっつーのが、これまた新生活。

JI:あとね、俺一つ思うのが、
東京とかでもさ、俺らって割と郊外に住んでたじゃない?
あれは、バンドが全員そっちの方に住んでたからよかったけど。
なんでもっと都心に住まなかったんだろうなぁって思うのね。
家賃なんて1万ぐらいしか変わんない訳じゃん?

TE:でも、その1万がもったいなかったんだよね。
JI:いや、でも、俺が例えば30日働いててぇ
あの頃工事現場とか給料がよかったから30万とか稼げるのね。
それを働きに行くのが15日ぐらいで生活ができるなって分かったら
ちゃんとそれで食えるし、バンドもやれるんだよね。
何かに無駄遣いしてるから。
で、都内に住んでる方がいろんな刺激が多いと思うんだよね。

TA:だからGLAYデビューに時間かかったんだよ(笑)
G3:笑
JI:空気のいいとこで…(笑)
TA:空気のいいとこに住んでたから(笑)
TE:過ごしやすいところね(笑)ほんとに(笑)
TA:ホントに(笑)それが分かってれば、もっとこんな…音楽じゃなくて(笑)
今頃クラブミュージックやってるかも知んないじゃん(笑)

G3:笑
JI:どうせだったらね。
都心にちょっとでも近いとこ選んだ方がすっごい刺激を得られる…



うーん。新生活で一人暮らしをスタートする訳じゃないなりが、
微妙に身にしみるお言葉が多かったような。
電気・ガス・水道だけは止まらない生活を心がけようと思ったのでした。
エンディングで流れたヴァイオリンの「Way of Difference」は
4月に発売される「Flow Of Soul Vol.1」に収録かな?
検索したなりが収録曲が定かじゃないので、ON AIR LISTはタイトルだけにしました。


【JIROくんの今週の気になるニュース】
JI:中国大陸からですね。青森とか北海道に
金の砂がですね。黄砂が。飛んで来てるんですよ。
それのクリーニングに街中が追われてるという青森のニュースが出ててね。
俺の車もね。洗った日に鳥フンかけられたりとか…むかついてんのね。
だから、ちょっとそれは車使用してる人には、ちょっと大変だなぁと思いました。


【今週のツボTERU】
カメラを買ったくだりがたまらなくかわいかったなりね。
ツボな一言は「お料理」
ま、今回はHISASHIくんのんがツボだったなりがね。



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#26
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/3/31 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #26
祝!金髪スペシャル

【ON AIR LIST】
Way of Difference/GLAY
Where The Streets Have No Name/U2
Rock ‘N’ Roll High School/The Ramones
Garden Of Earthly Delights/XTC
光/宇多田 ヒカル
Way of Difference/Flow Of Soul vol.1より

【THIS WEEK’s ひとつ!】
TA:ひとつ!新しい友達を作るときは、まず始めに番長グループの下っ端から、始めるべし。
TE:ひとつ!新しい友達を作るときは、これは成人の方にお薦めなんですけども。
お酒を飲んで。楽しくですね、話す事で…えー、友達ができるんじゃないかなと思いますね。

JI:ひとつ!新しい友達を作るときは、自分の趣味をたくさん語ろう。
HI:ひとつ!アンジェリーナ・ジョリーの事を僕はアンジーと呼んでます。

「4本マイクおっ立てて、全力放送」(By TERU)
って事で、2週連続全員集合でし。記録更新は続くのだろうか?
今回も読んでくれてる人、よろしくー。

【ワンポイント挨拶】
お題:入学式の思ひ出
TE:ラブレターを書く時はですねぇ、ちゃんと漢字を間違えないように。
変人と書かないようにお願いします。
…って事でですねー、今週のワンポイント挨拶なんですが。

JI:流していいの?今?
HI:あははは
TE:うん。いいですよ。はいー。なので。えー。
もう3月も終わりますね。早いですねー。えー、じゃあですねぇ。

TA:いい恋してる俺としてはどうすればいいの?
TE:ん?(かっわいー♪)いい恋…?
JI・HI:笑
TE:恋話したいの?
TA:しかも(笑)ん?だって(笑)
自分でゆったんじゃん…(笑)

TE:へへへ。
TA:まぁいいや。
TE:はい。って事でですねー、もうそろそろ入学のシーズンですね。
入学式のですね、思い出を語りつつ
挨拶と代えさせていただきましょう。えへへ
(超かっわいー♪)
TA:俺が…自動車学校に入学した時は(笑)
G3:笑
TA:個人だったのね(笑)だから、別に…
HI:個人てある?
TA:北海道はあるよ。
HI:北海道はあるよね。
JI:あるねー。
TA:こっちの方は…東京の方は自動車学校っていう学校に通うのね。
で、北海道って、先生が免許持ってれば、その先生にマンツーマンで。
要するに英語の個人レッスンみたいなやつがあって。
試験を受ける時だけは、その…なんて言うの?
他の学校の生徒と一緒に受けて受かればOKという制度があったの。
一匹狼だったからね(笑)今も昔も(笑)

G3:笑
TA:HISASHIは?
HI:入学式?1回ねえ中学の入学式の時にねぇ、
大雪が降って…それでねぇ、大変だったの。
あの頃…雪降ってたよね?まだ…函館も。

TE:降ってたよね。うん。
HI:今じゃ結構少なくなったけどね。
TA:環境問題に取り組むんだ(ここんとこ上手いとこで宣伝するよな)
えぐるのか?これから…
HI:笑。いや、ちょっと思い出話をしただけなんだけど…(笑)
TA:なんだよ(笑)
TE:あい。JIRO。
JI:入学のことはあんま覚えてないんだけど、自転車の解禁がね。楽しみだったね。
それの想い出があって、未だに俺、春が好き。

(自転車の解禁って…?鮎の解禁と似てる?)
G3:うんうん
JI:なんか乗りたくなるよね。
TA:行動範囲が広がるしね。
TE:そうだね。けど、俺冬でもちゃりんこ乗ってたよ。つるつる滑りながら。
TA:すっごい脚力よね(笑)
TE:俺は入学の思い出と言うと、高校の入学の思い出があって。
俺の男友達一人もね、同じ学校に入学しなくって。すげー寂しかった思い出がある。
うん。友達ができなくて。

TA:大体ね、中学校時代から流れで、まず固まるしね。
TE:ね。うん。それがホント寂しくて。
TA:マジで。
TE:ホンットさみしかった。
でねー、誰かこう友達になれそうな人…をね、見るんだよね。
同じクラスで、全然知らない人ばっかり固まってるしさ。

TA:やばいにおいを持ってる連中?
TE:へへへ。でね。一人だけね、すげー、ド金髪(笑)のやつがいて。
うゎ、こわーと思ったんだけどぉ、その2日後ぐらいに、
そいつも一人で来たみたいで。いきなり仲良くなってさ。
その仲良くなり方が…いきなり背中叩かれたのね。
それで、なんかねー、仲良くなったの。

TA:それが今で言う、俺だ(笑)
G3:爆笑
TA:そいつが俺だ!(笑)…って落ちじゃないんだね。
学校違うしな。

TE:何?思い出した事って?
TA:同じ学校行ったんだけど、何人かいたよ、仲いいやつが。
でもクラスが違ったから、さて、どうしようかなと俺も思った時に。
同じ中学校のめっちゃくちゃマイナーなやつが(笑)

G3:笑
TA:で、俺ら中学校・高校ってのは、俺はお前らとは違うよ…って言う(笑)
俺はもう、天上人よぐらいに思ってるじゃん。
で、迷った挙句。ここは一匹狼を貫き通すか、マイナーでも仲良くなるかっ!
…ちっ。コノヤロー、よろしく。

G3:爆笑
TA:あの頃から妥協を知ったね(笑)

【近況報告】
HI:さあ!少しずつですが、レコーディングも順調に進んでいます。
と言うわけで、最近の近況報告合戦。今日はどこで何をした?

TE:今日?えー、最近ですが、まぁ、春が来たという事で。
朝起きて一番にやる事は…まず、窓を開けますね。んで、風を入れて、ちょっと
ゆったりした…気分に浸るのが最近の日課です(笑)

HI:あはは
TE:笑(かわいいのですっ)
TA:ほー。
TE:へへへへ
HI:部屋と言えばさー。最近俺の部屋がさー。パチンコ屋の匂いするんだよねー。
TA・TE:大ウケ
TE:前にさ、遊びに行った時にさ。
HI:うん。
TE:機材部屋入ったじゃん?
HI:うんうん。
TE:パチンコ屋の匂いした(笑)
HI:ねー?
JI:あれだよ。あのーエアコンのフィルターの掃除しないとダメなんじゃない?
HI:エアコンかー。そうか。なんかねー。
TE:タバコのあれじゃない?
HI:タバコもあるしねー。そんな最近の悩みなんですけどね。
TA:あれですよね?HISASHI、ネコ飼ってらっしゃるじゃないですか?
HI:うん。
TA:で、こないだ行ったんですよ俺.スーツ着て。
G3:笑
TA:一座り大変だったよね(笑)抜けるね。
HI:抜けるねー。
TA:そういうもんだっけ?
JI:季節の変わり目だからね。
TE:そう。犬がねー、すごいんだよね。抜けるのが。
JI:犬と言えば佐久間さんの家の犬だよね。
TE:こわー。
JI:でっかいよね、あれ。
TE:でっかね。俺よりでっかいよね。
TA:でっかいね。
JI:グレートピアニーズだっけ?
TE:名前覚えてない(笑)
TA:こないだ佐久間さんのとこに、ある友人が犬を連れて来たんだっけ?
そしたら、ただのムツゴロウになってたと…(笑)

G3:笑
TA:畑 何某になってた(笑)
G3:爆笑
TA:いや、犬好きの人って。そうなっちゃうみたいで。
HI:俺のプロデュースしてくれなかったからね。
TA:わしゃしゃしゃしゃー(笑)
口ん中に頭突っ込んで(笑)

TE:うははは
HI:まぁ。レコーディングも順調に進んでいますが
TE:そうですね。
HI:こんだけなんかゆっとりと(?)ゆとりのある…ゆったりと(笑)
レコーディングは久しぶりじゃないの?

TA:みんな今年何やりたいの?春になりました。
新生活。

TE:夏…夏はあれですね。たまには、合宿なんかいいですね。
TA:俺たちそうだね。バンドとしては長いけど、合宿っていうのをやった事がない。
今日はちょっと合宿について話し合いたいと思ってる。

G3:笑
TA:ミーティングをさせてもらう。
JI:合宿って事はさ、リハーサルをするって言うのはあるけどぉ、
でも、レコーディングする合宿の方が意味合いとして強いじゃん。
これ以上いっぱい作ってどこで発表するの!?(笑)

G3:笑
TA:あ。じゃあ。
TE:ネバマイ!
TA:バンドやめ!はい。
合宿だっていろいろあるじゃない?
昔だったら、スポーツだったら部活の合宿で行ったりするし、
大学とかだったらいろんな…例えば演劇部だったら、色々あるじゃん?

HI:あ、免許でもあるよね。
TA:免許でもあるじゃん(笑)合宿免許(笑)
TE:あるねー(笑)
TA:どっか島行く…絶対ヤンキーにぼこぼこにされると思ってた(笑)
びびっていけなかったんだけど。
音楽以外の合宿を今年はやりたいと思う!

HI:それは何かを作るため?
TA:…何かを取得!
G3:笑
TA:取りたい免許とかないの?
JI:TERUあたり、ボイラーの…
G3:爆笑
JI:免許とか欲しいんじゃないの?(笑)
TE:…危険物?(笑)
TA:でもあれだよ、ただレジャーの意味合い強くたっていいわけだから。
TE:うん。やりたいものある!焼き物(あたしゃ、これ焼き芋に聞こえたさ)
JI:焼き物?
TE:うんー。やりたい。
JI:陶芸?
TE:陶芸。うん。
最近さ、やっぱりこうウーロンハイ飲む機会がますます増えたのね(笑)
HI:あー。そう言えば。TERUの
TE:ウーロンハイ。そうそうそうそう。
HI:出たねー。
TE:出た。HRCに。大阪の。
JI:TERUのウーロンハイがあんの?
TE:そう。おいてもらったの♪ うはははは
JI:なんで?どうやったらそういう事できるの?
TE:や、なべちゃんにゆって。
HI:本土でも発売なんだっけ?(笑)
TE:ほんとー?(笑)
TA:アメリカっ!?(笑)
ウーロンハイ流行るのかよ!?

TE:ふー・いず・てる?(笑)
TA:ちょっと待って。誰かちゃんと説明して。
(すまんが、この辺り一体誰が喋ってるかさっぱり分かってないから適当なりよ)

〜そして、TERUのウーロンハイができた訳をTERUっちが解説。

TA:普段出してんのかな?
TE:普段出してるっ。
TA:ウーロンハイを?
TE:出してない(笑)
G3:爆笑
TE:ビールかウィスキーとかさ、そういうのばっかり。
TA:だって、HRCだもん。
TE:そう。
HI:ま、HRCと言えばジャック・ダニエルとか。そういうイメージがあるけどね。
TE:うん。
HI:異例だよね。
TA:TERUのウーロンハイって事は…濃い目?
TE:濃い目(嘘だ)
G3:爆笑
TA:9:1だっけ?(笑)
JI:あはは!
HI:色程度だ(笑)
TA:色のついた焼酎だよ、それ(笑)
TE:でねー、早速それを飲んでくれた人たちがいて。
BBSとかで、こう…ね、いろんなこう書いてくれたんだけど。
ちょっと薄いかな?っていうヤツがあった。


おおおおーー!!これはっコテツのカキコの事を語ってるのではなかろうか?
でもね、行こうよって誘ったのは、おいらだから(笑)

TA:ちょっと薄…
TE:ひゃひゃひゃひゃ
TA:このリスナー飲んでばっかりだなっ!(笑)
G3:爆笑
TE:これからねー、ちょっと増やそうかなっと思って。
TERUの枝豆ってできないかな?(笑)
ちょっとね、提案してるんだけども。

TA:いや、HRCファンが…怒りますから(笑)
TA:それはあくまでも、今年のTERUのソロ・ワークスって事で(笑)
G3:笑
TA:いいですね?いいですね?
TE:あい。でですね、近くに寄ったら(…ってOAの時には終わってるやん)
HI:ちょっと待って。焼き物の話はどこ行ったの?
TE:…焼き芋?
……
JI:うははははは
TA:やきもの!
TE:あ?焼き物?(笑)はははは
JI:焼き芋屋をやりたいの?(笑)
TE:笑。そ。焼き物(これも焼き芋に聞こえる)をやりたいんだけど、
なんかねー、フツーのグラスで飲んでるのだんだん味気なくなってきて。
で、買いに行こかなーとも思うんだけども。だったら作りたいなーと思って。
前ほら、JIROんち遊びに行った時さ、自分で焼いたやつで出してくれたじゃん?

JI:ふんふん。
TE:それがねぇ、印象深くて。
TA:そういうの自分が住んでる地域のフリーペ―パー見てると。日曜日に(笑)
TE:あはは
TA:趣味で。
TE:いや、近所に見っけた。
TA:あ。ほんと?
TE:うんー。でもどうせやるんだったら、そうやってみんなでね。
ま、合宿があるなら、そういうのもやってみたいなと。

TA:で、次のTERUのリクエストがゴーストのテーマだっけ?(笑)
G3:爆笑

【TAKUちゃんの衝動買い】
何か買い物で失敗した物ありますか?という質問に答えて…。
ひとしきりメンバーの失敗ショッピングのネタ後。
TA:究極あった。
ちょっと前に、JIROとかよく履いてた、あの底の厚―い靴なんだっけ?

HI:バッファロー。
TA:はい。
G3:笑
JI:笑。前にってあれもう、相当前っすよ(笑)
TA:そうそう。
JI:5年ぐらい前だよ。
TA:一番最初のNYだから。えーと97年ぐらいか(笑)
こうちらっと横目に見て、なんかいいじゃん、いいじゃんと思ってて。
みんなにナイショで買いに行ったのね(笑)

TE:俺、履いてる時知ってるよ。
TA:1回だけ履いたら…アメリカはよかったの。
…日本に来たらさ。2メートルを超える…(笑)

G3:爆笑
TA:俺の場合(笑)
HI:必要ないじゃん(笑)
TA:そうそうそう。電車とか乗っててもさ(笑)すごい…ボンって。
電車乗んないんだけどさ(笑)
って事で俺は、5年前に買ったバッファローね。

TE:女の子履くとかわいいよね。
G3:うんー。


【新コーナー/アングリーズ・パーク】
直訳すると「怒りの公園」らしい(^_^;)
むかついてる事を怒りの言葉、「ムカ語」(?)で書いて送ればよいらしい。

【ENDING TALK】
HISASHIさんから今週の九死に一生
HI:風が強い日は、火事が起こりやすいので、気をつけるでござるぞ。

【今週のツボTERU】
焼き芋?
…正にボケ炸裂!



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#27
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/4/7 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #27
祝! すどぅるんどぅるんスペシャル

【ON AIR LIST】
サバイバル(DRIVEに入ってるバージョン)/GLAY
房総与太郎狂騒曲/氣志團
光/宇多田 ヒカル
London’s Burning/Silverchair
黒い太陽/氣志團
Way of Difference/GLAY
Way of Difference/Flow of Soul vol.1より

【THIS WEEK’s ひとつ!】
TA:ひとつ!春を満喫する時は、桜が散ってから花見に行くべし!
JI:ひとつ!白い〜ちんすこぉぉ〜〜♪(分かる人にしか分からないネタはやめようよ)
HI:ひとつ!春を満喫する時は、バイクで体いっぱいに風を浴びましょう。

「3人で表現するGLAYのラジオワールド。気分を新たに全力放送!」(By JIRO)
って事で、もう記録更新ならず、ゲスト(=TERUっち)はいないようなり。
メンバーによる選曲バトルは、HISASHIのツーリングにお薦めの曲でし。
では、気が向いたら読んでちょうだい。

【近況報告】
HI:今週もレコーディングは進んでいますが。明日が見えないです!僕は!
TA:ねぇ…。ちょっとね。
HI:うん。
TA:スタジオにこう、緊張感が欠けてきた空気が流れてるよね、最近。
HI:曲がねー、多いよね。なんだかんだ言って。
TA:こないだ皆で集まりまして、一応削りましたけどね。
HI:うん。
JI:うん。
TA:んー。削りましたけれども。それでもまだ見えませんかぁ。
HI:あのねー「ONE LOVE」がねぇ、いかになんか
爽快な…ロックのアルバムだったかって言う事をね。
今、思い知らされてる…ぐらい今回はデリケートな音作りとか。
後は、なんつーんだろうなぁ?
そのピッキングのニュアンスも…強弱すらも出てしまうようなそういう曲たちが多いから…

TA&JI:うーーーん。
HI:結構ねぇ、一音一音迷いながら。
探しながらね、音楽を作っている段階だよね。

TA:バンドだなーと思ったのはさぁ、俺家で詞書いてんじゃん?
これ毎回なんだけどね。
スタジオでHISASHIがやりましたと。そのテープが夜あがってきましたと。
それ聞いて、うゎぉぉぉお〜かっこいー!

HI:あはは
TA:俺も頑張んなきゃっつって、詞をかりかり書くあたり(笑)
HI:んふふ
JI:はは
TA:今日びなかなかないよ、こんなバンド(笑)
HI:あはは
JI:うんー。TERUもね、こないだゆってたけれども。
TAKUROが歌詞は書いたんで
「あと俺、他に歌詞書かなきゃなんないから、先帰るわ」って言って(笑)
んで、ジョンも、なんかもう音作りしたから「じゃあ先帰るね」って帰っちゃって。
佐久間さんはなんか、コンピュータいじったり(笑)
コンビニ行ったりしてて(笑)

TA:うんうん
HI:ははは
JI:結局アシスタントエンジニアのキソウくんと(笑)2人っきりで歌を録ったと(笑)
TA:マンツーマンだ。
JI:言ってましたよ(笑)
TA:すげー地味だよね。
JI:うん。
TA:そん中で最近、ちょっとした嬉しいニュースがありました。
HI:お。
TA:氣志團。
HI:氣志團?
TA:テレビで見て以来、すごい大注目をしてたんですが。
HI:ヤンクロックだ!
TA:ヤンクロックだ。
HI:んー。
JI:うん。
TA:なんか、この番組でも結構、氣志團、氣志團って言ってたでしょ?
そしたら、それが氣志團の耳に届いたらしくて。

JI:おぉ!
HI:おお。木更津まで。
TA:そう。彼らの番組で木更津グローバルコミュニケーションってコーナーがあるらしい(笑)
HI:マジで?!(笑)
TA:これこそ、また新しい、函館と木更津のグローバルコミュニケーションだよね(笑)
HI:根本はちょっと、似てるところがあるかもね。
TA:根本は似てるんだよね。
HI:んふふ。
JI:うはは
TA:言う事為す事、いっちいちハマるんだよ(笑)
HI:同じ年くらいなのかな?
TA:…と、思うでしょ?いや、俺も分かんないんだけど。
HI:だって、メカドックとか言ってるしね(笑)うんー。
TA:こらからも彼らの動きは…
HI:そうだね。
TA:追ってこうかなと(笑)思いますが。

【Q&GLAYのコーナーから】
帽子&サングラス依存症??
ティッシュがないと落ち着かない人から、
GLAYさんは「これがないと落ち着かない」ものありますか?というお便り。

TA:依存症かぁ。
ティッシュが近くにないと…って言うのは、
ほらよく子供の頃からずっと使ってるタオルが
小学生になっても中学生になっても手放せない、みたいな。そういうこと?

HI:うーん…自分の中にその…なければならないという…
JI:きも…ちが依存してるってこと…?
TA:HISASHIさんあるじゃないですか。
HI:なに?
TA:帽子サングラス(笑)
HI:はははは
JI:うはは!
HI:依存症なの?(笑)
TA:依存症だよ!
HI:…最近またねぇ、撮影とかしてないじゃない?すっげー、後ろ髪たまってるのね今。
TA:はは
HI:どーしよーかなって…
TA:大仏か、デーブ・スペクターか、HISASHIかぐらいの(笑)
JI:わはは
HI:あぁ〜、確かにそうかもしんない。うん。
TA:不安なの?
HI:不安だねぇ。
TA:ないと?
HI:うん。後頭部を見られる事が不安だね。
TA:人に言えない後頭部なの?
HI:あはは
TA:でもー、よくさ、久しぶりに帽子取るとさ、髪くりくりだったりするよね?
HI:へへ
TA:あれ。女子の間では評判いいらしいよ(笑)
HI:そうなんだよねー。
でも、すごい…や、やだね。

TA:ほんと?
HI:うん。
TA:なんか、最新式のドライヤーとかもらってすごい喜んでたよね?前?
HI:や、まい誕生日にもらうんだよね。
JI:うんうん。
TA:その年の最新式を?
HI:その年の最新式のやつを。
TA:うんー。
HI:効かないんだわー。
TA&JI:うははは!(大爆笑だっ)
HI:嬉しんだけどー。
TA:笑。あ、そう(笑)
HI:うんー。
JI:笑。俺去年かあげたの?
HI:もらったもらった。
JI:マイナスイオンがどうとか、
すげぇウンチクがいっぱい書いてあるやつ。効かなかった?

HI:効かないんだよね。
JI:あららら(笑)
TA:笑。そうですか。
HI:ん。
TA:井ノ口さんねぇ。40までは直毛だったんだって。
HI:ははは
TA:40過ぎたらくりくりになったって言ってた(笑)
HI:永井さんもそうだよね?
TA:そう(笑)永井さん!
たまーにさぁ、ライブでもう…最初にばっちりセットしているじゃん?
で、ライブ始まるじゃん?
で、もう…その日のライブすげーテンション高くて。
メンバーのテンションも上がり、熱気も上がり(笑)
永井さんの髪の毛の熱気も上がるよね(笑)
すげー、実写版サザエさんみたいに(笑)

JI:永井さん、あれだよ?幕張の時、すっげーもう…
HI:そうだよね。
TA:ストレートだよね。
JI:ストレート。
TA:うん。
HI:永井さんパーマあてたでしょ?あててない?って言うと怒るからね。
TA&JI:うはははは!
HI:そのぐらい。パーミーだから(笑)
JI:パーミー!(笑)
TA:そうなんだよね(笑)
JI:笑
HI:チャーミングだよね。

【なんだか分からないけどHISASHIくん大フィーチャー】
お題:HISASHIを囲んでバイクに乗る時のマナーについて(笑)

HI:あれだよね。春先、夏…になってさ。ちょっと開放的になる中。
やっぱりそういうね、危険な運転が多いと思われる。

JI:うん。
TA:はいはいはい。
HI:って事で、四輪乗る皆さんにね、どういう注意をしてほしいかという…
TA:お互いだよね?
HI:うん。
TA:自分たちが歩行者の時とかさぁ、バイクとか自転車とか車とか
すごい、なんだよ、もうーと思うけど、車に乗る時は、なんだよもうーって(笑)

HI:笑
TA:要するに人って勝手よねって(笑)
JI:でもさ、どっちの方が思うの?
バイク乗んないから分かんないんだけど。
バイクに乗ってる側と、車に乗ってる側で、どっちが…マナーが悪いと思う?

HI:でも、バイクに乗ってる時、結構ね、自分から気をつけようと思うんだよね。
JI:うん。
TA:それこそ、怪我をしたら、大きいしね。転んだら、ホントに。
HI:そうだね。四輪からは、多分見えない角度だろうなとか思いながら乗ったり。
JI:そっか。
TA:この夏になったらまた、ちょっと旅をしようかなっていう人も多いと思いますが。
HI:そうだね。
TA:でも、ホントに、HISASHIさんを含めて。
一コケで、1ヶ月2ヶ月、裕に入院とかなっちゃいますからね。

JI:そうだね。バイクは怖いもんね(←これ、HISASHIくんかも…)
HI:あと長旅ではね。2時間に1回ぐらい。休息を取って。はい。
TA:そして、あの僕の知り合いのあるバンド。3人ハーレー乗ってるんですけど。
HI:うん。
TA:3人とも免許持ってないですから(笑)
JI&HI:うはは
TA:免許は取りましょうね(笑)ちょとね。
HI:なるほど。
TA:(いきなり)笑。思い出した。HISASHIさんから聞いた話ですよ。
HI:うん。
TA:もう、随分前ですけど。毎週毎週、大好きなドラマを…
HI:あははは(TERUっちに負けないぐらいかっわいーぞぅ)
TA:アナタ、チェックしていましたね。
JI:ふはは
TA:大好きなあの子が出る番組を。
HI:うん。
TA:で、最後の最後…もうくっついたり、離れたりで、ようやく12話に辿り着きました。
で、ナントカさん!実は、私…!ってゆった瞬間さぁ、
パラリラパラリラ(笑)

JI:うはは
HI:ぱらりらりらりらりららら〜ん。
TA:笑。一番いいところが(笑)
HI:ぶぅーーーーーーん(いや、文字にできないからね)…ん…なんです!
TA:はは。
HI:ジャジャジャーン(これはテーマソングの頭だな)
JI:あははは
TA:余計な〜♪みたいなさ(笑)
HI:なんて言ったのー!?(笑)
JI:はは
HI:と、いう…あー。あったねー(興奮気味)
TA:あったよね。
HI:うんー。

【HISASHIのちょっとイイ話】
そうだね。やっぱり。改造バイクは、ドラマのいいセリフを
殺してしまう事があるから。うん。よくないかなぁ。



って事で、今回は何気にHISAHSIくん大フィーチャーだったなりね。
TERUっちの次にいじりやすいキャラなんだろう。
次回OAは更に欠席者が増えていない事を祈りましょう。



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#28
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/4/14 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #28
祝!俺しかいないのか!?スペシャル

【ON AIR LIST】
Way of Difference/GLAY
Daddy’s Car/The Cardigans
Sunday Mondays/Vanessa Paradis
DAY THE EARTH CAUGHT FIRE/MISFITS
Letters/宇多田 ヒカル
Way of Difference/Flow Of Soul Vol.1より
HELLO MY LIFE/GLAY

【THIS WEEK’s ひとつ!】
TE:(シャウト)ひとぉつ!思わず一目ぼれした時は「あ〜ふにこぉ〜!」と
愛らしい顔で、えぇ、迫ってください。
                ↑嘘かも。何のパクリ?

…へ?TERUっちお一人様?(ゲストだけが出演はダメでしょう)
先週お休みしたせいか、やたらとお元気。恐怖…の一人喋り?
今週は春を100%満喫(h@lを満喫ぢゃないよ)するお洒落な選曲。
って事で今週も読んでくれる人よろしくなり♪

【ワンポイント挨拶】
TE:桜も散ってまいりましたけどもねぇ、なーんかこう、外を歩いてるだけで
なんかこう何かをやりたいなと、思いながらですね。
こう歩いてる…今日この頃(笑)で…ございます(笑)ただ歩いてるだけか。
レコーディングも順調に進んでまして、歌もですね、半…分?以上は、いったかな?
なのでですね、早く皆さんに聞いてほしいなと思うんですが。
いつ…あのぉ、皆さんに聞いてもらえる…のかなぁ…ん〜…。え〜〜秋ぐらいかな?
分かんないんですけどもね。


【近況報告】
きゃ〜〜、みなさん登場してくれた〜〜。
よかったなり〜〜。助かった〜〜(号泣)
HI:さぁ!やって参りましたぁ。今週もですね、少しずつですが。
TA:はい。
HI:レコーディングが進んでいます。どうですか?
TE:順調ですよ。
HI:順調ですか?うん。まぁね。このアルバムも年内…リリースできたらなと…。
TA:そうだねぇぇぇぇぇ。……う〜〜ん。
HI:歯切れ悪ぅっ!(笑)
TE:あははは
HI:激悪っ!
TE:俺、さっき秋には…ってゆっちゃった。えへへ。
TA:もうちょっとやり直したいとこいっぱいあるんだよね。
TE:へへへ。
HI:う〜ん。今回結構、時間余裕持ってレコーディングできてるよね?
TE:うん。そだね。
HI:だから、1回録ったのを見直したりもできるしね。
TE:そう。
TA:先週ぐらいにぃ、あの…最近ちょっと、さすがにずっと篭ってて。
集中しすぎてたから集中力が落ちてきたんだよね。って話をしてるのね。

TE:あん(アホの子ではない)
TA:先週ね。そしたら。今週さぁ集中力切れちゃってさあ(笑)
G3:爆笑
TA:もう、なんっにもしたくない(笑)
HI:充電してこなきゃ。どっかでぇ(笑)
TA:ほんっとに。
TE:ねぇ。
TA:逆さに振っても鼻血も出ねぇ!(笑)
HI:よくでもさぁ、そういう時、どっか行かない?
TA:俺でしょ?
HI:遠出するでしょ。
TA:遠出するねー。
TE:前、レコーディングしてる時、じゃこれから歌やりまーす。ってあったのね。
そしたらTAKUROが「ちょっと詞書きたいから帰っていいかなぁ?」
…へへへ。俺とねぇ、あのキソウくん…

JI:あ。先週話した。
TE:あぁ、そっかそっか。
TA:そう。すまなかったねぇ。
TE:えへへ。
HI:すまなかった…(笑)
TE:あはは
TA:あのまま…あてもなく旅に…(笑)
G3:笑
TA:もうタクシー乗って、海までって…(笑)言うとこだった。
やばかったよねー。

TE:うんー。ちょっと休まないとねぇ。TAKUROも。
TA:休もうか?
TE:うん。
TA:明日から休み。
G3:笑
TA:明日から休みにしようぜ。うん〜。ナイトメアじゃないけど、
最近悪夢ばっかり見るんだ(笑)

G3:笑
HI:そんなに追い詰められてるんだ!?(笑)
TA:最近の…大ヒット悪夢。あのモッシュにめっちゃくちゃなじられる夢。
G3:笑
HI:それは悪夢だ。
TA:あのおとなしいモッシュにぃ、あんな口汚い一面があったとは…って(笑)
すっごいびっくりして。そしたら夢だって。
汗ぐっしょり。ホントに。そしたらまだできてない詞がかたわらに。

G3:笑
TA:このせいだ…。
HI:なるほどねぇ。
TA:今は時間があったら何したいかを…話をさらっとしようか。
HI:そだね。
TE:キャンプしたいね。
TA:キャンプ?(笑)ずっとゆってますね。
TE:んね。
TA:それはその、このレコーディング終わったら。休みにしましょ。
HI:キャンプ最後にいつ行ったの?
TE:キャンプなんてもう…
TA:キャンプらしいキャンプね。
TE:泊るんだよね?少年団の時…
G3:大爆笑
TA:初耳だぁ(笑)少年団て(笑)
HI:団員だったんだ?(笑)
TE:いや、野球のね、少年団って言ってたのね。
野球チームじゃなくて。
桔梗スポーツ少年団って言うねぇ野球チームなんだけど。
そこで、小学校6年生かな?夏に、キャンプで1泊したっきり。
それ以降はないんじゃないかな〜ぁ?

HI:なかなかねぇできないよね?
TE:ねー。
TA:でも、あれですよ。やっぱり。このサバイバルな時代。ナイフ1本で(笑)
相当いけなきゃね。

HI:そうだね。
TA:最近テレビでもやってるじゃないですか?あの「サバイバラー」ってやつね。
無人島に行って、30日ぐらい過ごすって言う…

TE:深夜にやってるやつでしょ?
TA:そうそうそう。
TE:あれ、すぅげーおもしろいよね。
TA:TERUがやりたいのはそういうヤツじゃないんだ?(笑)
TE:なんかこうゆったりできるキャンプがいい。
TA:ゆったりと程遠いって言う(笑)
TE:なんかこう、カレーライスなんか作ってさ。うん。
TA:HISASHIさんは?
HI:俺もねー、塾のね、そういう旅行があったのね。小学校の高学年ぐらいで
最後に行ったのが…。うん。でも、楽しかったなぁ…
(遠い目なりよ。きっと)
TA:キャンプってシーズン的にはいつなんだ?あれ?秋か。
JI:まぁ、キャンプする人はオールシーズンだけどね。雪山でもキャンプするし。
TA:そうだ。要するにあれだ。自然に触れたいわけだ。
TE:触れたいねー。
TA:あのずっとスタジオ…地下にばっかりいるからね。
はい。もうここで発表ですね…。ちょっとあのテンション低いっすけど…(笑)

G3:笑
TE:あげていこ♪
TA:勘弁して頂いて…。ほんとに。

ここで。発表とは、番組でグッズ(缶バッジ)を作ったので大放出というわけらしい。
聞き逃すと損!だったのは、これのことか?
で、G4のツボをついたお便りを送ってくださった方々にプレゼントーらしい。
詳しくはGRCのHPで確認してね。

【Q&GLAY】
映画のお話になります。
GLAYさんが今までに見た中で感動した映画は何?というお便り。
JI:はい。今ですね。僕だけ仕事がなくて悩んでます。JIROです。
G3:笑
TA:ほされた。ほされた。
JI:もうねー、そうだよ。俺なんてさ。
去年のNYの分も録り溜めしてるもんだからさ。
もう…2週間弱仕事ないんだけど(笑)

HI:うらやましいね。
JI:だから皆がさ、やれ、忙しい、スタジオに飽きたって言ってるでしょ?
俺、なーんにも喋れなかったの(笑)

G3:笑
TA:そうとは知らず…すいません(笑)
JI:皆さん僕の声を聞いてないと思うんですが。
TA:誰か、JIROに仕事を(笑)
G3:爆笑
TA:司会とか(笑)…そういうのどう?
JI:なんか、TERUのように、イラスト頼まれたりとかさ。今だったらやっとくよ(笑)
TE:うひゃひゃ。
JI:安いよ、今だったら。
………
(ここでお便り紹介がようやく入りました)
TE:「ロード・オブ・ザ・リング」ネタで行くと、むか〜しね、アニメであったのね。
JI:ふ〜ん。
TE:それをね、見ておいた方がいいかも。
それで感動できたら。

TA:じゃ、TERUに次いで、俺も、ロードネタで(笑)
TE:うははは
(クロスでさっぱり分からんかったが、どうやらロードはあの、
ロードを想像してうけるGLAYさんたち)
TA:「ロード・オブ・ザ・リング」まだ見てないですけどね。
俺が最近、改めて見直して、「フォレスト・ガンプ」がね、すごくよかった。
特にDVDになってからは、いわゆる時代背景とか…
あれはアメリカの40年代後半から70年代ぐらいまでの話をずっとやってんだけど。
ホント、何度見ても新しい発見がありますね。
アメリカの歴史そのままみたいなさ。特によかった頃の。

JI:アメリカを横断するやつだよね?走って。
TA:そうそうそうそう。
その細かい映像なんかも見てみると、こう…例えばニクソン大統領のあれとかね。
JI:あれ?俺、今冗談で言ったんだけど、マジでアメリカ横断するんだっけ?走って。
TA:そうだよ。走って…(笑)
JI:そっか…(笑)走るっていうとこまで覚えてんだけど、1回見たんだけど。
TA:いや、ホントにもう、アラバマ州からずーーーとっていうね。
改めて、ちょっとまた機会があったら。

JI:あれ、なんか合成が上手いやつだよね?
TA:そう。しかもねー、ジョン・レノンとかも出てくるのね。
で、ジョン・レノンが有名な曲のセリフとか言うんだけど、口だけはあれ違うんだって。
で、口だけ、CGなの。

G3:一同感心。
TA:で、声は声色なのね。誰かがモノマネしてる…。
G3:ふ〜ん(感心再び)
TA:と、いうのをね、DISC2で見たりして。そういった見方も面白いんじゃないかなと。
HI:ちょっと前にDVDになったんだよね?
TA:そうそう。
JI:ふーん。
TE:あ。そうだ。ジャッキーの映画もう出たよ。DVDでも。
JI:なんの?(笑)(お母さんみたいなり。いつもいつも)
TE:あの、ビビアン出てるやつ。
JI:あぁぁ。ビビアン出てんだよね?
TE:そうそうそう。見た?
TA:なんだっけ?
TE:なんだっけなぁ?あー。忘れちゃったぁ。うひゃひゃひゃ。
TA:情報番組だろ?この番組(笑)
G3:笑
TE:や、思い出すから話してて♪(かーわいー)くすっ。なんだっけなぁ…えへ。
TA:HISASHIさん。
HI:俺はねー、やっぱり戦争映画がすごい好きなのね。うん。
で、究極の戦争映画。「地獄の黙示録」はやっぱり素晴らしいなと。

TA:あの、ディレクターズカットのやつ見た?
HI:見た見た見た。なんか、戦争の…そのおぞましい…雰囲気とか。
の中にもなんか、アメリカのさ、ムードとかがあって。すごいよくできてるなと思った。

(ハリソンさんが脇でちょろっと出演なとこがよいなり)
TA:あれもまた、60年代70年代の…なんか雰囲気が…画面から出まくりだもんね。
HI:うん。そうだね。
TA:コッポラが資財を投げ打って完成させたってぐらい。
TE:思い出した…(何気にひそひそな声)
TA:はい。
TE:アクシデントスパイ。
TA:アクシデンタルスパイ?
TE:あ、アクシデンタルスパイか。
TA:思い出した。そうだ。ビビアン出てんだよね。
TE:面白かったよ。うん。
TA:ジャッキー・チェンに会わせてくんないかなー?
TE:んね。会いたいよねー。
TA:会いたいよね。我こそはジャッキー・チェンってやつ今度募集するから(笑)
G3:爆笑
HI:どういうパフォーマンスをするのか?
JI:時計台から落ちたりとか(笑)
TA:いや、危ない危ない(笑)俺なりのジャッキー。
TE:やっぱDVDのいいところってさー、その特典映像があるのがいいね。
んで、そのジャッキーの映画の特典映像見たらぁ、そのやっぱり…
なんつーんだ?どっかから飛び降りたシーンは、こういう心境でやったとかさ。
そういうの見るとね、うゎ、やっぱりすげーなぁーと思った。ジャッキーは。

TA:ジャッキー・チェンは何がすごいかってさ。
俺たちの子供の頃に見た動きと今の動きが全然変わってないっていう。
変わった?(笑)

TE:毎日2時間ねぇ、体力…やってるみたいだよ。
TA:そう。だってもう、40…。
JI:50ぐらいかな?
TA:50だよね?
TE:すごいよね。
HI:あのキレを保つってとこに、やっぱりジャッキーのね、人気はあるんだよね。
TA:次のツアー俺たちドスドスドス!
G3:笑
TE:重いんだ?あはは(太ったTERUっちー?やだなりー)
TA:皆、明日から2時間。トレーニングです。

【エンディング】
TERUっちの最近の気になるニュース。
TE:最近の…テレビを捻るとですね(笑)つけるとですね。
政治がですね。どうなるのか?と。思ってしまうほど
ちょっと不安になっちゃいますね。


【ツボTERU】
なんか、今週は発狂するほどのんが出なかったね。
って事で、TERUっちの一句。
「散る桜 残る桜も 散る桜」



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#29
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/4/21 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #29
祝!氣志團。アルバム祝発売スペシャル

【ON AIR LIST】
GLOBAL COMMUNICATION/GLAY
The Memory Of Trees/Enya
More Than Words/Extreme
日本へ行くの巻/ユニコーン
Tears In Heaven/Eric Clapton
Way of Difference/GLAY
SAKURAドロップス/宇多田 ヒカル

【THIS WEEK’S ひとつ!】
TA:ひとつ!運動不足を感じた時は、夜中に天下一品を食うべし!
TE:ひとつ!運動不足を感じた時は、アブスライダーをするべし。
JI:ひとつ!運動不足を感じた時は、空手馬鹿一代を読んで、運動した気になるべし。
HI:ひとつ!…(なんて?)の山本の親父は歩いて痩せた。

なんだか運動しながら「テンションア〜ップ。60分1本勝負ぅ」(By TERU)って事で全員集合。
そんな中、いきなし禁止令が出ました。
TERU・JIRO・HISASHI以外はTAKU氏のことをリーダーと呼ぶ事は禁止になりました。
本日の選曲は地球にやさしいアコースティックな一品だそうな。
って事で今週も読んでくれる人ありがとう〜。

【近況報告】
HI:さあ!今週もですね。レコーディングがじわりじわりと進んでいるGLAYですが。
MIXなんぞをしながらも。録りながら。まだまだ終わりませんねぇ(笑)

TE:んー。
TA:も、ジョン!あいつをなんとかしてくれ。
HI:ジョンが?ジョンに何が?
TA:えー、昨日、TAKUROギターDAYでしたね。で、やるじゃないですか。
で、今回は珍しく俺エフェクターを色々使うわけですよ(笑)
その度に音が変わるから、その度にやんだけど、
フレーズをまた練ったりするから、大体1回音作ったらしばらくジョンは待ちなのね。

HI:うん。
TA:鬼のように帰りたいオーラを出すのね。
G3:笑
TA:しかもだ。昨日俺にがっちり怒られたの(笑)
なんか俺がギターちゃんちゃか弾いてて、
すげぇ悩んで、デリケートなフレーズ弾いてたのね。
で、かーんと一発鳴らすのに、どのタイミングか待ってたら、後ろで、ふぁぁ〜。

G3:爆笑
HI:大あくびを(笑)
TA:大あくびしやがった!(笑)怒った時って英語話せるもんだよね(笑)
G3:笑
HI:あとねー。ジョンね、タバコを吸うのはいいけど、タバコの灰をゴミ箱に捨てるのね。
G3:笑
TA:危ないなぁ(笑)
HI:危ないからやめてほしいなと(笑)
TA:気が気じゃないんだ(笑)
HI:ギター弾いてて、どきどきしてたり(笑)
JI:今、レコーディングしててテープ全部燃えるよね(笑)
TA:2年の苦労が…(涙)
HI:でも、ジョンすごい日本好きになったね。
TA:そうですね。こないだ…ジョンの誕生日パーティーを。
JI:そうだね。
TA:そんな態度でも誕生日パーティーを開いてあげる。仏のようなGLAY!(笑)
そこで、久しぶりに仕事以外でジョンと話して。日本を相当気に入ったと。

TE:ね。
TA:帰りたくないって言ってた。
HI:あ、そのぐらい。ま、日本面白いよね。東京。
TA:一つ心配事があるとするならばだ。
ちょっと六本木にハマっちゃったかなと(笑)
TERUさん止めて。

TE:うはははは。稼いだ金、全部使いそうだからね。
TA:稼いだ金、全部貢いじゃいそう。
G3:笑
TA:ああ見えて、ピュア…ああ見えてっつーか、ホント心から…
TE:ね。でも、一番最初…1回目来た時ってさぁ、なんかすごい寂しそぉな感じがしたけど、
今、もう帰りたがってるからね。早く遊びに行きたいとかって。

JI:友達もいっぱいできたっつってたよね。
TE:んね。いい事じゃないですか?
TA:そんな感じの昨日はレコーディングでしたけど。
HI:なるほど。
TA:みなさんは…?2、3日前はHISASHIの曲の。
HI:うんうん♪(なんだか嬉しそう)
TA:ダビングで。
HI:ようやく終わりましたね。ん。
TA:俺ギター弾いてないけど、大丈夫なの?(笑)
HI:大丈夫です。なんとか。
G3:笑
TA:こう、仲良さそうに見えるかも知れないけど、GLAYの現状。
はっきり言って後期ビートルズ状態(笑)

G3:笑
TA:こう、お互いの曲で参加しないっつー。
JI:空気で参加みたいな(笑)
TA:空気で参加だよ。
HI:いる事に意味がある!って。
草間さんと一緒にやったんですけどもね。これまた新しい面を…。

TA:すごいよね。切れ味鋭いよね。
TE:すごい。
HI:聞いた人びっくりするんじゃないかな?と思うような曲に仕上がってるんで。
TA:ボーカル録りが終わった後に、またMDが届けられて聞いたのね。
ま、聞いてるリスナーにちょっと…期待感を持たせるっていうんで俺が感じたイントロね。
びゃびゃびゃびゃっびゃっびゃっ!びゃびゃびゃびゃびゃ♪あ、ふっふっ〜みたいな(笑)


おえおえ、文字にできんっつーの。こんな感じで読んでイメージわくなりか?

TE:あはは
HI:笑。まぁ、そんな感じかな(笑)
TA:結構ツボついてるだろ?
HI:うん♪
TA:これで、今相当期待が盛り上ったんじゃないかと。
JI:ふふん(笑)
TE:かなり軽快な曲だよねー。うん。
HI:少年の心を忘れないような(笑)
TE:ねぇ。
JI:ん。
HI:うん。そんな感じになっていますね。

【Q&GLAYより】
バイト探しのG4
TA:俺たちって芸能界で仕事してるんだ…(笑)これからも頑張ろう。
TE:えへへへへ。
HI:前さぁ、どっか国内旅行行った時さぁ「芸能人の方ですよねっ?」
G3:笑
HI:って言われたことある。ものすごい違和感を感じたことがある。
TA:特に、最近なんか、スタジオとの往復しかしてないから、
ホントに公の仕事って言ったらこのラジオぐらいでしょ?

TE:そうだね。
HI&JI:うんうん。
TA:ますます…(ガレッジセールの)ゴリくんとかと会うと、ちょっとどきどきするよね。
G3:笑
TA:あ。テレビに出てる人だみたいなさ。
HI:まぁ、何をやりたいか。一人ずつ。
TE:バイク便とかいいよね。
G3:笑
TA:なんか(笑)一日中バイク乗ってられそうだし(笑)
TE:そう(笑)
HI:自分のバイク使えるし。
TE:自分のバイクで(笑)うん。
TA:だったら、俺おすし屋さん♪
G3:笑
TE:食べれるから?(笑)
TA:ずーっとおすし食べれるから(笑)
TE:うはははは。ふーーーん。
TA:JIROは?
JI:なんだろうなー。CD屋とかね。やってみたいね。
TA:お薦めのなんか、文章とか書きたいよね(笑)
JI:書きたいねー。うん。
HI:そうだなー。俺はなんだろうなー。力仕事してみたいね。
JI:えー?
TE:合わないよ(笑)
HI:や、だから。1回もやったことないからねー。
ちょっといい汗流したいなぁ。

TA:いい汗…(笑)力仕事まぁ、色々あるけどね。
JI:俺の知り合いそろそろ引越しするって言ってたから、手伝いに行けば?
G3:爆笑

地味な人生のG4が送る楽しい余暇の過ごし方
TE:暇なとき。
HI:暇なとき?
TE:うん。
HI:俺、暇なときね、地味だよー。
ネコが爪といだ絨毯のぉでっぱったとこ切る!

G3:大爆笑
HI:すっごい地味だよ。背中まるーーくして。
JI:じっみー!(笑)
HI:でも、これキレイなるとねー、なんか…あ。結構やったなっていうやった感が。
TE:俺、映画観ること多いかな。DVDとかで。うんうん。
TA:あ。でもさっき言ったけど、部屋の模様替えとか片付けとかCDを元に
戻すとか…あの溜まりに溜まったデモテープを整理するとか。

HI:意外と地味だね、みんな…(笑)
TA:地味ねー。
TE:んねー。

…よってたかって、地味地味言わんでよろしひのに。

TA:JIROさんゴージャスですよ!
HI:まじっすか?
TA:きっと。
JI:俺―?(笑)
TA:きっとゴージャスに違いない!
TA:広尾あたりに買い物行ったりする(笑)に違いない。

TE:あははは
HI:オープンカフェで(笑)
TA:おーぷんかへで(笑)
TE:うはははは
TA:おーぷんかへでティーを(笑)ドリンクするに違いない(笑)
JI:いやいやいや。あり得ないあり得ない。
TA:あ、そう?
JI:うん。や、なんかねー、ああいったさ、カフェで時間を潰すってのが苦手だね。できない。
喫茶店に入るなんて、1年に1回ぐらいしかないもん。
ちゃんと飯食う以外でね。コーヒーだけとか。休憩しに喫茶店入るなんて、
1年に1回ぐらいしかないねー。

TA:俺もそうだ。友達とかもそうじゃん。
HI:うんー。
TA:んで、友達の姉ちゃんがすごいそういうのが好きな人いるのね。
お茶だけするのが。で、あのー電話かかってきてさ「今、どこどこのナントカで
…カフェでお茶飲んでるから、お茶飲みに来ない?」って誘いがあったのね。

JI:うはははは!かっこいー!
TA:うゎ、かっこいい〜とかって(笑)…いがね!(笑)
G3:笑
TA:腹へってねーもん!って。そういうことありますよ。
でも、俺、この誘われ方もまた大人よねとは思ったけど(笑)

JI:ああ、そうだね。

TE:カフェはたまぁに行くけどね。
TA:穴場だ(笑)
TE:あはははは
TA:ダークホースがいた!(笑)
TE:へへ
TA:カフェっつってもあれだよ?マイアミとかじゃないよ(笑)
G3:笑
TE:ちーがう違う(笑)
TA:時間潰すとこじゃねーぞ。
TE:えへ。やっぱりほらバイクとか好きで、遠出する時とか、
JI:ああぁ。休憩にね。
TE:ちょっと休憩に、こうコーヒー飲んだりするよね。
TA:だって、TERUさんあれじゃないですか。バイクで行くとき、上下
つなぎじゃないですか?

G3:爆笑
TA:あれでメット持って入られたら、店の方が迷惑ですよ(笑)
TE:うはははは
JI:腰までおろして(笑)
TE:腰で結んで(笑)
TA:しかも髭生えるじゃないですか?2時間ぐらいで。すぐ。
(そんな生物やったのか…ちょっとやだ…爆)
TE:うははは。2時間(笑)
TA:青くなるじゃないですか(笑)
つーか、楽しそうだね。俺たち。

G3:笑

【エンディング】
今週の気志團情報。新曲がオリコン3位だそうな。
月間宇多田。SAKURAドロップス。5月9日発売。

【オマケ】
缶バッジ人気投票、途中経過。一番人気No.12の死神くんだそうな。
みんなのご希望のデザインが選ばれるとよいね。

【ツボTERU】
長いお便りを読むのが実にヘタクソなTERUちゃん。
TE:なーがいんだもん、これ。途中で疲れちゃった♪



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#30
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/4/28 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #30
祝!黄金週間

【ON AIR LIST】
Way of Difference/GLAY
Swallow Tail Butterfly/YEN TOWN BAND
Calling You/Holly Cole
Tomorrow Never Dies/Sheryl Crow
Angry Inch/Hedwig & The Angry Inch
tomadoi〜summer days〜/未来日記オリジナル・サウンドトラックより
Way of Difference/Flow of Soul vol.1より
Letters/宇多田ヒカル

【THIS WEEK’s ひとつ!】
TA:ひとつ!連休なんて関係ないよ!TERUに言わせりゃ1連休!(G3爆笑)
TE:ひとつ!連休をホントに楽しみたい時は、ちょっと交通機関を考えた方がいいですね。
JI:ひとつ!連休を楽しみたい人は走って帰れ!
HI:ひとつ!がんばれニッポン!

「夜更かし人口ぐっとアップする連休シーズンっ。今こそパワーを見せつけてやるぞ。
GLAY4人で全力放送!」
(By HISASHI)
って事でG4は、GW明けたらお休みって事で、お休み目指して頑張ってるそうなり。
本日の選曲テーマはゴールデンサウンドトラック。
お薦め映画の紹介とWで楽しめます(こちらはGRCサイトのライブラリーでどうぞ)
では、今週も読んでくれる人よろしくなりぃ。

【近況報告】
HI:さあ!今週も相変わらずのレコーディング作業。GLAYなんですがねぇ。
あのーストリングスのダビングとかね。

TA:はい。
HI:やりましたけどもね。
TA:やりましたね。
HI:うんー。壮大な…。
TA:聞きましたか?
HI:聞いてないです(ものすごい即答・笑)
G3:笑
TA:聞いてないんですか?(笑)
HI:…聞いた(笑)
TA:聞いただろ?(笑)
HI:うん。
TA:聞いたって言え!
G3:笑
TA:聞いてなくても(笑)
HI:や、なんかそういう作業だよね?もう。
パラでスタジオ押さえてこっちではギターダビングやってるわ…

TE&TA:うん。
HI:で、みんなには記憶に新しいね、
東北ツアーでやってた新曲なんかもレコーディングしてるんですが。

TE:うん。
TA:フォーラスで会いましょうとかね。
HI:うん。そこらへんも出来次第かけていきたいなと。
TA:もう…ちょっとですね。はい。
HI:ホントもうすぐだよね?
ようやくNYシリーズが終わるとなると…。
ホントにほっとしてますけどね。

TA:終わったら何したいの、みんな?
HI:終わったらねー…?ぽかぽかしてきましたねぇ、そろそろ。
TA:してきましたね。
HI:うんー。
TA:花粉症の人たちはようやく峠を越したって感じですかね?
HI:今年は冷夏になるってニュースを聞いたんだけども。
TA:錯綜してるよね。
HI:ね。エルニーニョ現象。
TE:うんー
HI:どうなんでしょうねぇ?去年も暑かったからね!
TA:笑。って言うかねー、最近ホントレコーディングしかしてないから。
話す事ないのよ!

G3:笑
TA:ないけど…やるね(笑)

【Q&GLAYより】
「いやな事を忘れる時は何をしますか?」
TA:むしゃくしゃした時にスカッとする方法みたいな感じだね。
HI:…何するかねー?
TA:HISASHIライダーとしては?バイクとかさ。
HI:バイクねぇ…(歯切れ悪っ!)
TA:飽きたんかっ!
HI:あははは
TA:既に。
HI:笑。あんまりでも、ないからね…そういうこと自体が。
TA:あのねーHISAHSIばりの仏の境地に行くと(笑)
G3:爆笑
TA:何も腹立たないからね(笑)
まず…そこからですか?

HI:そうだねー。
TA:てっこライダーは?
TE:てっこライダーはね…なーんだろうねぇ。
でも友達と一緒にこうお酒飲むってのが一番解消法かもね。
グチをこぼして聞いてもらったりとかね。

TA:TERUのグチは壮大そうだね。
TE:うはははは
TA:スケールが大きいと聞きますが(笑)ホントですか?
TE:笑。いや…俺自体ちっちゃい人間ですからね。へへ。
TA:あの、JIROは?
JI:なーんだろうねー?分かんないな。いろいろあるからなぁ。
…バッティングセンターとかどうかな?

TE:バッティングセンターってさー、
久々に行くと血豆作っちゃうんだよね
(そんなに気合入れるのか)
TA:素振りしてから(笑)
TE:えへへへ

「初めてバンドとしてスタジオで練習した時のこと覚えてる?」
TE:覚えてます。
HI:覚えてるねー。
TE:マイクがねー…手を離してこう歌うと、唇につくとびりっとくんだよね(笑)
ヤノコ
(??????)(笑)スタジオ。
TA:もうないけどね。
TE:もうないけどねー。あーれ嫌だったなー。
TA:伝説のGLAYが使ってたスタジオで、ドラムの椅子がさ、ピアノの椅子なんだよ。
G3:笑
TE:そうそうそう。
TA:でさー、当時ドラムやってた奴がさ、白いズボンはいてたのね。
で、そいつ…まさかの汗っかきでさ(笑)
終わった後、ピアノの椅子のあの赤い…?色が全部白いパンツに移っちゃったりして。
すげー歎いてたりしましたけどね。

HI:ひどかったよね、あのスタジオは…。
TE:ねー。
TA:ひどかったね。安いんだよね?
HI:安い。
TE:そうそう。
TA:今1時間でいくらぐらいなんだろ?スタジオ。
HI:2000…弱ぐらい?
TA:あの頃400円だったよね?
TE:ね。
JI:あのスタジオだけだよ、でも(笑)
TA:あ。そんなに安いのはね。
JI:だからピアノ椅子だったんだよ(笑)
TA:まぁ、まだ1ドルが360円だった時代だからね(それは嘘だろうかと)
G3:笑
TA:もう今とは物価が違うかも知れないが。
HI:俺はねー、あれだな。デッキを持ってってぇ、ひたすら録ってたね。うん。
TA:あぁ…それすると上達するよね?
HI:そうだね。
JI:うん。俺初めてやったの友達んちの2階だったな。
やっぱ案の定苦情とか来て。

TE:でも初めてってそうだね。家の部屋だったもんね。そう言えば。
TA:あ、そうだ。
TE:ね。
TA:一番最初スタジオTERUの部屋だった。
TE:何本もスピーカーとばしたなぁ。そう言えば(笑)
TA:アンプの大きさがばらばらでさぁ(笑)
HI:なんかね、カラオケ用のやつとか。
TA:そうそう。あとラジカセ。たまーに友達が遊びに来て。
じゃ、やるかっつってもアンプが足りないからさ。ラジカセとかに突っ込むんだけどさ。

HI:うん。
TA:すぐとんじゃうんだよね。
HI:そうだねー。
JI:あの頃ねーシンセドラムとかポピュラーじゃなかったしね。
TA:そう。
JI:高かったじゃん?で、あと生ドラムをミュートする事とか知らなかったから(笑)
TE:ねぇ…(笑)
JI:ドラムに合わせるともう、全然きかなかったよね。
TA:一番最初やった時、TERUがまだドラム兼ボーカルだったから。
TE:そうだね。
TA:こう、天上からマイクを下げて…(笑)
TE:CCBだ(笑)
TA:何が楽しいってさ、リハの前とか後とかで皆で飯食いに行ったりするのも…
G3:うん。
TA:楽しいから。バンドの楽しさってその辺にもあると思うね。

「頑張りすぎて失敗しちゃったなんて事ある?」
TA:例えばコンサートとか…で、例えば自分1人が大怪我とかした時に
何千人にって迷惑かけるでしょ?

HI:…すいませんでしたぁっ!
TE:うはははは
JI:あはははは
TA:俺、ゆった後、あっ!っと思った。
G3:笑
TA:じゃ、それは自己管理ってとこがすごく厳しくなってるかも知れない。
HI:そうだねー。
JI:TERUはでもあれだよ?Mステで「HOWEVER」歌う時にぃ、
すげー緊張して高いとこ出るかな?出るかな?って緊張して…
張り切りすぎて、ギャラを上げるって言ったよ(笑)

TE:あははは
TA:そういうのもありあり(笑)骨折もありです!
JI:でも俺らの場合は頑張りすぎて失敗するって事はないよね。
頑張れば頑張っただけ…それだけ喜んでもらえるし。

TE:そうだね。

【日曜座談会】
お!久々にこのコーナーが(笑)
お題:もう一度行きたい国内小旅行。…もしくは最近出会ったすごいやつ!
HI:俺はやっぱりね、富良野だな。
TA:ほーーーーー。
HI:あの冬に行った事あるんだけども、冬は冬でまた…違った表情を見せる北の国。
TA:北の国?(笑)
HI:はい(笑)今年はねぇ、残念ながら最終回で。…なってしまうね「北の国から」の
舞台でもあります、富良野。しかも夏の富良野ね、行ってみたいなーと。

TA:いいですね。
HI:うんー。ホントに。あそこに行ったらもう皆が、それぞれの倉本聰に。
TA:それぞれに(笑)
HI:うんー。
TA:1人倉本聰よ(笑)
HI:倉本塾よ。
TA:俺はあのー、HISASHIがリーダーを務める国内旅行チーム。チーム尾道だっけ。
尾道で結成された…えー、国内旅行チームを組んでいるんだが。
やはりもう一度行きたい街と言えば尾道。うん。

あの階段と…そして情緒と。
TE:俺はですね、京都ですね。前ねネスターと2人で行ってきたんですけど。
TA:なんなんすか?(おや、これはなんで俺とぢゃないんだ?といふ意味か?)
G3:爆笑
TA:待ち合わせしたりして?
TE:いやいやいや(笑)なんか知んないけど、行こかーって言ってですね。
そん時に…あそこ町の名前忘れちゃったんだけども
古い建物がずーっと並んでる
(いや、そんなとこばっかり)うん。
とこをずっと歩いたんですけども。川の縁とかもあって。

TA:うん。
TE:そこ歩いてたらすっげーよかった。
TA:鴨川だ
TE:鴨川って言うんだ。で、そこで偶然ね、坂本竜馬展みたいなのがあって。
そこに立ち寄ったんですけども。
そこで初めてあの竜馬展に出会いましてね。うん。
それからすごいあの竜馬の本とか読みたいなーと思って。
で、あのーコミック読んだわけです(笑)

G3:爆笑
TA:おーい竜馬だ!(笑)
HI:行くじゃないんだ?敢えて(笑)
TA:漢字多いしな。
TE:よかったねー。冬の京都って行ってみたい。
TA:冬の京都もいいですねー。
TE:うん。
TA:日本は四季折々ですからね。
TE:そうですね。
TA:はい。やっぱりJIROは刺抜き地蔵?
JI:え?
TA:巣鴨?
TE:うへへへ
JI:巣鴨と言えば俺、駒込に住んでたんだよね。
TA:ほ〜。そりゃレア情報ですね(笑)
HI:地味だったねぇ、あの街は。
TA:何の、街?例えば、赤羽は工場…印刷工場が多い街みたいな。
JI:あぁ。なんだったんだろう?なんかでもね、アジア系外国人の人が多かったね。
中国系の人もいたし。だから商店街とかが、すごいね、俺の行ってた商店街とかは
すごいアジアンテイストな調味料とかいっぱい売ってるとこで、面白かったね。

TA:実は東京もさ、下町とかふらっと行ってみると、その街街にこう、味があるんだよね。
HI:あ、でもまた行ってみたいね。改めて。
JI:結構ね、山手線内なんだけど、すごい下町っぽい感じ…だったねー。


【今週のツボHISA】
それなりにTERUっちもおもろい事ゆってたと思われますが
今週はHISASHIくんの勝利!
「聞いてないです」にめっちゃうけたなり。



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#31
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/5/5 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #31
祝! 子供の日スペシャル

【ON AIR LIST】
Want You Back/The Jackson 5(イントロだけ)
One Night Carnival/氣志團
GLOBAL COMMUNICATION/GLAY
More than Love/GLAY
彼女の“Modern…”/GLAY
千ノナイフガ胸ヲ刺ス/GLAY
生きてく強さ/GLAY

【THIS WEEK’s ひとつ!】
TA:ひとつ!子供心をくすぐるには、だっこちゃん人形で気を引くべし。
TE:ひとつ!子供心をくすぐるには、赤ちゃん言葉で話すべし。
JI:ひとつ!子供心をくすぐるには、JIROでちゅよ〜と言うべし。
HI:ふたつ!子供心をくすぐる言葉は、超合金。

「1年に一回の鯉のぼりDay。明日も休みにつき、夜更かし決定!
GLAY4人でボーイズ・ロック」
(By TERU)
で、始まりました今週のGRC。みなさんGWはいかがお過ごしでしたか?
本日はGLAYさんの夢見る休暇なお話もあるかも?
今週の選曲のテーマは子供の日。ロックキッズに捧げるGLAYナンバーなり。
って事で、読んでくれる人、いつも(今回だけでも)ありがとう〜。

【ワンポイント・やったぁ〜】
TA:レコーディングが…。
TE:終わりましたね〜。
TA:終わりまして。
TE:はい。
TA:はい。も、晴れやかな気分で。今日はだから、メンバーちょっとだけ
テンション高いですね。

HI:うんー。これはなんだろう?「ONE LOVE」のまた違った形…で届けれると思うけど。
TA:そうだねー。
HI:感じとしてはね。
TA:だから2001年なんか、もうONE LOVEづくしと言うか、GLOBAL COMMUNICATION
づくしだったんですが。
だからと言って、はい、年が変わりましたー。
じゃあ違うテーマに行きまーすと言うような、タイプのバンドでもないんで。
あの自分達の中でもうちょっときっちりと、整理がつくまではやって行こうかなと。

TE:なんかこう、ONE LOVEの優しい方面のONE LOVEがすごい出てるアルバムに
なるんじゃないかなと。

TA:そう。
TE:ね。
TA:だからもう…言うなれば、兄弟アルバム。
TE:うん。
TA:兄弟船!(笑)
HI:うひゃひゃ
TE:うははは。よく歌ったなぁ〜昔…(笑)
TA:カラオケで?(笑)巣鴨かい?(笑)
TE:ほにゃらら(←分かんなかった)のスナックで(笑)
TA:ほら。またそうやってずれる(笑)
TE:あ゛ぁ゛
TA:ほにゃらら(←やっぱ分からない)のスナックはおいといて(笑)
えー、そのONE LOVEとホント対をなす、アルバム。
そういうのができました!
実はもう俺、タイトル。考えました。

HI:お!
JI:うん。
TA:けど…もうちょっとクーパー先生(?)と(笑)
相談してから、発表したいと思いまぁす。


【GLAYさんの黄金週間報告】
HI:まずは、GLAYのゴールデンウィーク緊急(?)報告合戦。
TA:ん。
HI:GWないっすね。
TE:うん。
TA:GWはなかったですねー。
HI:今日が最終日って事で。
TA:いや、明日一日…あるんだよね?
HI:あ。そっか振替か(おおっ!何気にめっちゃかわいい感じ♪)
TA:明日休みにする?俺らも。
HI:へへへ
TE:休みてぇー!
TA:誰かジャンケンで負けたやつさ、一人でMIX確認(笑)
G3:微妙な笑(負けたらやだなぁのキモチが現れたのか?)
TA:…任せる。そいつに。
TE:あはははは。
TA:そいつに任せる!
HI:GWはまぁ、ないですけどね。ここ何年かは。
TA:うん。
HI:こういうGWを送ってみたい。
JI:今日めっちゃめちゃ暑かったよね?
TA:暑いですね。
HI:暑いー。
TA:なんかこういう日に…ゴールデン…あ、GWらしく。
HI:らしく?海外脱出組?(笑)
G3:笑
HI:もしかしたら。
JI:東名高速の渋滞に巻き込まれたりとか(笑)
TA:巻き込まれ組?(そんな連休体験やだねぇ)
あれだよね?また今年も海外旅行者が…って言ってる後ろのカメラにになめるってのは?
TE:うはは
TA:ぷらっと…そういう罰ゲーム今度やってみる?
G3:笑
TE:やだよ(笑)
HI:正月のハワイとか。
TA:正月のハワイ!
HI:あ。正月のハワイの罰ゲームいいかも。
TA:でも、今までは…初めて言うかも知れないけど、GLAY、正月のハワイは禁止でしたね。
TE:んね。
TA:来年あたりから解禁する?(自分が行きたくなったら解禁とかしてそう)
TE:うへへへ
TA:でも、この番組のリスナーたちはどう思うんだろ?
うきうきしながら一月一日の朝の成田で、こう俺たちが「行って来まぁす!」って言う(笑)感じ。

TE:うははは
HI:ちょっとレジャー向けのファッションで。
TA:レジャー向け且つ帽子深かったりして(笑)
G3:爆笑
TE:帽子にサングラスでね(笑)
TA:帽子にサングラス!夜なのに!
TE:あはははは
JI:何しに行くんですか?…ゴルフをちょっと…とか(あれ?HISASHIくんかなぁ?)
TA:やった事ないのに(笑) パターゴルフに(笑)

【Q&GLAYより】
“学校で友達と話していても楽しくないの。どうしたら楽しくできますか?”
JI:これは是非TAKUROくんに答えて欲しいですね。
あの、転校した時のさぁ…

TA:あぁ。はいはい。
JI:イチ早くトップに上り詰めたっていうさ。
TA:上り詰めた。TERUさんのいる小学校に転校しましたが。
何がってねぇ、あのー、ちょうど俺の行ってた小学校ってのが、
TERUの行ってた学校よりも教科書の進み具合がちょっと早かったのね。

TE:あぁ〜。
JI:ふーん。
TA:それでぇ、転校した…らぁ
TE:バカ?…俺?(←すごい切ない)
JI:うははははは
TA:先生のペースだよ、ペース(素晴らしいフォロー)
TE:あ、ペースか(ほっとしたなりよ)えへへへ
TA:ってか、俺、進学校だったのねっ(小学校でそんなんあるのか)
JI&HI:あははは
TE:あはははは。田舎だったしなぁ〜。
TA:で、行ったらもうやった授業だったから、いきなりもう転校生の久保くんでーすなんつってさ。
席座って、じゃあ授業始めまーす。この問題分かる人?はいっ!

G3:笑(渇いた笑いなり)
TA:全く物怖じしない子供だったんだ。

【給食の残したパンは持ち帰りましょう】
“食い残しの腐ったゼリー(異臭込)で薬物騒ぎの学校”というお便り←楽しそうな学校だ(笑)
TA:そうそう滅多にある事件じゃないよ(笑)
JI:でもさ。いるよね.絶対どのクラスにもさ。あのぉ、自分の机の中にパンとか…。
TE&HI:あー。
TE:小学校時代にね。
JI:置いといて、1ヶ月とか経ってカビだらけになってるやつとかいたよね?
TE:うん。いたいたいた。
TA:いたって言うか…俺?(笑)
TE:俺だ(TAKUちゃんと声を揃えて)
TA:ねー♪
TE:あははは。ねーって。あはははは。
HI:俺もやったなー。それ。なんかねぇ給食を残しちゃいけなかったのね。
基本的に。

TE:あぁ〜。そうだね。
HI:そう。でねぇ、それが食べられなくてねぇよく…パンバンクをね(笑)
G3:笑
HI:作ってしまってねぇ。
JI:あの〜…GLAY4人中…
TA:はい。
JI:3人は…パンを机の中にしまってたんだ?
分かった。だから、俺の入る前のGLAYの楽器車は汚かったんだ。

G3:笑
TE:うへへへ。そうだ…。
TA:いたいっ。
JI:ライブで着た衣装そのまま1ヶ月放置してたり。
TA:多分さ…アンプにカビはやしたことあるのって…
G3:笑
TA:ロック界広しと言えども、俺らぐらいだよ(笑)
G3:笑
HI:カビのはえたジャズコーラス本(?)とか。
G3:笑
TA:ホントだよな。
HI:汚かったよなぁ…。
TA:JIROが入った途端、すげぇ…
TE:きれいになったねー。
JI:クリーニングしてたからね。
TE:俺の大事なタンクトップ…
G3:爆笑
TA:親に大事なもの捨てられたみたいに、すげぇぶちぶちぶちぶち(笑)

【HISASHIのいい話】
HI:氣志團情報を。明日から渋谷AXを皮切りにツアーが始まりますよね。
全国で、ヤンク・ロックを確かめてほしいなと思います。


【今週のツボTERU】
TE:バカ?…俺?
すごく切なかったなり(個人的見解)

ちなみに不思議少年(少年は語弊がありまくるが)TERUちゃんは
今もなお、なんで人間は動くんだろう?電池も入ってないのに…と
疑問を抱きつづけてるそうなり。
是非とも、優しい人々はその答えを親切丁寧に教えてあげてください(笑)



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#32
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/5/12 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #32
祝! 筋肉バカスペシャル

【ON AIR LIST】
春を愛する人/GLAY
やっつけ仕事/椎名林檎
Alarm Call/Bjork
ハイスクールはダンステリア/Cindi Lauper(原題:Girls Just Want To Have Fun)
ミステリー・オブ・イニクイティ/Lauryn Hill
ここではない、どこかへ/GLAY

【THIS WEEK’s ひとつ!】
TA:ひとつ!五月みどりになりたい時は…間違えた。五月みどり、小松みどり(訳分かんねぇ)
TE:ひとつ!五月病(さつきびょうと言った)になりそうな時は肉を食え!
JI:ひとつ!五月病(ごがつびょう・これが正解)になりそうな時は
是非とも毎週このレディオコミュニケーションを聞くべし。
HI:ひとつ!五月蝿(さつきばえ)と書いて「うるさい」と読む!

「明日に繋がるパワーをぎゅっと詰め込んで、GLAY4人!
全曲ほう…あれ?(笑)全力放送!」
(By JIRO)って事で始まりました今週のGRC。
順調に毎週全員集合なりね。
今週は母の日記念。頑張れお母さんシンガー選曲でし。
ではでは、今週も読んでくれる人ありがとう♪

【ワンポイント挨拶】
TA:最近はぁぁぁホントにね、ガーデニングをするのを怠っているTAKUROなんですが。
JI:うそこけ…(笑)
TA:ほんとほんと。みんな、えー、自然に触れていますでしょうか?ホントにね、
今、雑誌なんかでも相当特集されてますけども、近所の公園に散歩に行こうとかね。
ちょっと足を伸ばして自然に触れようなんて風にゆってますけれども。
それはホントにいい事なんで、指先から自然に触れるとこう…
自然のエネルギーが入るらしいんで。

TE:ふーん。
TA:そんな風に書いてありましたよ。ものの本によると(笑)
TE:吸収…
TA:はい。
TE:きゅぅぅぅ…(笑)
TA:…それ、あれだから(笑)
TE:あははは
TA:あれだから。言えない水だから。

【Q&GLAYより】
『最近見た変な夢』
TA:俺、最近夢占いに凝ってるってのは先週から言ってるけど(言ってたっけ?)
それはねー、近いうちに、水に気をつけろって意味だね(笑)
TE:あはは。
HI:水ですか?!
TA:そ。武士って言ったら水だよ。
そう書いてあった。ものの本に…(笑)

HI:俺も占って欲しいんだけどー。これねー、去年のツアー中に見たねぇ、悪夢。
マリリン・マンソンに殴り殺される夢。

TE:うはは
JI:はは
TA:それねぇ夢は叶うって…(笑)うん。
なんらかの形で今年、マリマンとの接点ができると。
例えば、対談の話が来るとか。

HI:あはは
JI:そん時に…。
HI:やだ。ぜってー断る。
TA:なんかありますかね?そうだね。夢いいね。
JI:うん。
TE:俺、いえないんだよね。すっげー面白い夢を見たんだけど。
JI:言えないんならゆうなよー!聞きたいじゃん!
TE:なんかね、結構下品だよ(嬉しそう)
HI:あはは
JI:…そぅか(笑) じゃ、やめとこ。
TA:聞きたくない(笑)
JI:俺のね、よく見る夢はねぇ。結構夢って忘れちゃうんだけどぉ。起きた時にね。
忘れるんだけど、覚えてるので、あと何度も見る夢がね、ほっそいとこに挟まる夢(笑)

G3:笑
JI:なんですかね、これは?
TA:それは…仕事に対して不満があるって事だ!
それが、細いところにこうぎゅうぎゅうおしえられるという…

G3:笑
HI:それまんまじゃん!(笑) 占いっつーか(笑)
TA:いやいや(笑) 俺ゆったっけ?夢の途中で夢だって気付ける話。
JI:あぁあぁあぁ。
TA:うん。それね、もう10代ぐらいからね、気付いたのね。もう16,7ぐらいの。
最高に元気な頃にさ。もう、気付いたじゃん?
俺の好きだったアイドルはもう、俺の中では全員めちゃめちゃだね。

G3:爆笑
HI:めちゃめちゃってことは…
TA:めちゃめちゃにされるね。はい。
G3:笑
TA:最近は随分と大人になったんで。めちゃめちゃにしませんけど。
JI:し…紳士的な態度?
TA:紳士的に、もう…。ドアとか開けてあげるから。俺(笑)
G3:笑
TE:あ。でも、俺2日ぐらい前にぃ、あの、誰か分かんないんだけども、
後ろからあったかい手で、こう肩を揉まれる夢を見た。

TA:笑。それ。それはあのぉ…じっくり自分の胸に聞いてみたい。
HI&JI:笑
TA:なんか…いろいろ。塩をまいたり(笑)
TE:うははははは
TA:先祖だね。
TE:あははは
TA:先祖…墓参り行ってないって事だ!(笑)


『野菜を皮むき器で剥いたり油で揚げたりするだけはNOT 料理?』
TE:やってくれるだけでいいと思うよ。
TA:そんなねー、彼氏にはね、あっついおでんをね。
G3:爆笑
TA:口に突っ込んでやればいいんっすよ!
あふあふなりゃ、いいんだ!
これ、十分料理だと思いますね。

TE:ね。うんー。でももう少し味とかに凝ればね…もっといい…。
TA:野菜をただ油で揚げるだけってのは?
TE:うんー。
TA:なんだそりゃ?
JI:ふははは!そんな事書いてない(笑)
TE:ふへへ。
TA:え?その料理は…何を作ったの?要するに?
JI:分かんない。
TA:名詞で言うと。
JI:や、書いてないんだよ、それは。
TE:まぁ、野菜炒めとかじゃない?要するに。うん。
TA:あぁあ。
TE:俺どこ行っても、自分なりの野菜炒め作るからね。
TA:それがさぁ、ロンドンだろうがNYだろうが…(笑)
TE:そう♪
TA:TERUがキッチンに立つと同じ味を出すっていう。
TE:食材とか調味料関係ないからね。
TA:あれはそう。あれだよ。某ギタリスト。もう、どんなエフェクターを使ったって、
どんなギターを使ったって自分の音が出るんだ!って言う風に言ってましたけど。
それに近いっすよね
(褒め殺しの勢いなり)
TE:近いですよね。
TA:はい。
JI:…ふへへ。でも、あなたボーカルじゃないですか。
TE:ははは
JI:コックさんじゃないんだから。
TA:TERUさんは、マイクが変わるときーきー怒るからね。
G3:笑
TA:もう。
TE:はい、次…。
TA:マイクが違う!っつって帰っちゃうからね(そんなに声裏返らなくても…)
おかしいよ!

『毛深い女の悩み。そしてG4は毛深いのか?』
TE:やっぱり手入れはしてほしいよね。
HI:でもさ、誰がさきにやったんだろうね?
女性はその脱毛するっていう。

G3:あぁぁぁ(一同納得)
HI:この制度かなりつらいだろうね(笑)後に…女性は。
TA:ま、それが習慣となって。そういう手入れしないといけないみたいな
そういう流れは、全然気にしない人にとっては迷惑な。

HI:そうだねー。
TA:流れではあるよね。
JI:うん。
TA:日本の男性も女性もそうだけどさ。臭いがしない事…が美徳とされるじゃない?
あの…制汗剤をかけたりとか、あとは勿論、コロンとかもそうだけど。
でも、あのフランスなんかで言ったらさ。めちゃめちゃ体臭がきつい男の方が
もてたりっつーのもあるらしいし。

JI:ふーん。
HI:動物的だよね。
TE:それが、トリュフだよね?トリュフと同じ匂いがするって。男性が。
TA:なるほど。だから、そのまま生やし続ければ、新しい文化が生まれるかも知れない(笑)
TE:うはははは
TA:めんどくさい時はどうなんだ?
HI:でも、冬とかしないんでしょ?みんな?
TE:すぅ…しないのかなぁ?
TA:俺、俺はしないよ。TERUはする?
TE:俺はねぇ、腕の毛は剃る方だね。うん。
TA:まじで?
TE:うん。そう。なんかね、毛が嫌なんだよね。
だから剃った方がいいかもね。女性も
(そんな自己中なご意見を…)
TA:苦笑
TE:うへへへ(あら、やはしかわいい)
TA:…びみょ、微妙だなぁ〜…。
JI:あはは!
TE:あとほら、やっぱり脱毛とかがすごい流行ってるじゃない?うん。
HI:じゃ、脱毛じゃなくて、剃毛でお願いします。
TE:うはははは

【日曜座談会】
お題:母にむちゃくちゃ怒られたこと。もしくは、これぞお袋の味。
TA:俺函館の神童と呼ばれてたから、あんまり怒られてないんだよね。
HI:苦笑
TA:褒められてばっかりです。褒められて伸びるからね。
いいか、お前ら、人間には2種類しかいない。
馬場タイプと猪木タイプ(笑)

G3:笑
TA:これはもう…ミリオンナイツ時代からゆってんだけど(笑)
TE:なんだろうねぇ…
TA:やんちゃなTERUあたりは怒られたんじゃないの?
TE:結構ね怒られたと思う。
高校…3年生かな?で、勝手に東京に就職先決めて。
就職先にこう志願書か何か送った時には、先生から電話あったようで、すげぇ怒られた。
なんで、勝手に決めるんだって。

JI:ふふ。そうだよね(笑)
TE:うん。あと…高校1年生の時に、
バンドがすげー楽しくて、リハーサルとか学校ちょっと、休んで行ったりしてたのね。
みんなで。ライブ前とかになると。

HI:あ。休んでリハーサルに?
TE:うん。休んで。ちょっとじっくりやりたいって事で。
そしたら、先生からチクられてさ。

TA:(笑)それ…言葉間違ってる(笑)
TE:あはは
TA:チクったんじゃない!それは。
TE:笑
TA:当り前の報告をしたまでだ。業務を遂行したまでだ。
TE:笑。でぇ、なんかね、その前に、バンドが大事なのか、それとも学校が
大事なのかって聞かれて、もう、単刀直入にバンドです!って(笑)
ゆったら、それがすげえショックだったみたいで、先生にしてはね。うんー。
そしたら、こう先生から母親に電話があって。
俺もう学校辞めるって先生にもゆっちゃって。ん。それでもう、めちゃくちゃ叱られたね。

TA:その後から、なんか母ちゃんが俺に対する態度が…(笑)
HI:リーダーに対する態度が(笑)
TA:ガラっと変わったような気がしないでもない(笑)
JI:笑
TA:だって、ケーキの大きさがあからさまに違うんだもん(笑)
G3:笑
TA:前と。ひどいよ。
HI:俺は結構ねぇ…まぁ、好きな物。全部買ってもらえたしぃ。
いつもビフテキばっかり食べてたしねぇ。

TA:クソガキッ!
HI:白いタイツいっつもはいてたしねぇ。
TE:うはははは
HI:あんま怒られた事ないかなぁ。
JI:あははは
HI:やっぱりね、俺は、お袋の味!
これはねー、母親がよくやってたんだけども。
イクラの醤油漬と、梅酒ね。

TE:おゎ〜。俺はね、お袋の味って言ったら、唐揚げなのね。
で、高校時代弁当…でしょ?

TA:はい。
TE:うんー。で、弁当に必ず唐揚げ入れてくれてたのねー。
嬉しかったんだけどもぉ。2年連続で(笑)唐揚げ入った時には
やっぱり飽きたねー
(でも、今も好きなわけだ?)2年目ぐらい。
TA:365×2?
TE:そう。でも、大体学校5日じゃん?4日か。土曜日抜いて。
HI:ちゅーかさ、2年飽きなかったんだ!
TE:飽きなかった。
HI:ふっ。そっちの方がすげーぞ(そりゃ、すげーぞ)
TA:舌が麻痺しまくって…
G3:笑
TE:そんぐらいね、好きなんだよねー。毎日食いたいぐらいだね。
(2年目に飽きた経験があっても、まだ毎日食いたいのか?)唐揚げは。
JI:よかったね、太んなくって。
TE:ね。えへへ(かわいぃぞぉ)
JI:笑。毎日食ってたら太るよ(笑)
TA:30を過ぎた今、GLAYは唐揚げ禁止で〜す。
TE:あはははは。
TA:はい。
JI:そんなTERUがいう、肉の王様を。
TA:肉の料理の王様?(笑)唐揚げだけど(笑)
TE:食べてないなぁ〜〜。
G4:沈黙…爆笑
HI:ノスタルジックに(笑)
TA:今、遠い目しやがった(笑)
TE:うへへ
JI:俺ねぇ、ちっちゃい頃、めっちゃめちゃ怒られたのはねー、
母ちゃん多分ね、アングリーハイになってたと思うのね。よく考えると。

TA:あまりにも怒って?
JI:怒って。俺がなんかのね、飲み薬を、ちっちゃい頃ね。
なんかオブラートに包んで、俺に飲ませようとしてて。
で、オブラートが嫌いで。何度もね、出したらぶん殴られて(笑)

G3:笑
JI:出したらぶん殴られて…それの繰り返しで学校に遅刻した記憶があるの。
TA:悪循環だよ(笑)
JI:そうなんだよねー。
TA:やっぱりね、俺から見ても、GLAYの4人は褒めて伸びるタイプだね。

【今週のGLAYの動向】
夏のFCツアーパンフの撮影や、アルバムのマスタリングをしたりしてたり…
と、夏に向けて動き出した瞬間にお休みだそうでし。

【今週のツボな人】
TA:食べますんだ?
これ、大ヒットだったさ。
今更ながら、TERUちゃんがカップ麺を
食べる事にいたく感動した(?)TAKUちゃんでした。



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#33
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/5/19 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #33
祝!Weezer 来日スペシャル

【ON AIR LIST】
SOUL LOVE/GLAY
Theme From Spider-Man/Aerosmith
Welcome To The Suburbs/Kottonmouth Kings
Veronica/Elvis Costello
Dope Nose/Weezer
KISSIN’ NOISE/GLAY
生きがい/GLAY

【THIS WEEK’s ひとつ!】
TA:ひとつ!体力の衰えを少しでも感じたら、スーペックスーペック(ごめん。分からん)
TE:ひとつ!体力の衰えを少しでも感じたら、それを認めましょう。
JI:ひとつ!体力への自信が少しでも揺らいだら、諦めましょう。
HI:ひとつ!体力という言葉に違和感を抱いたら………ごめん。考えてなかった。

「はい。今週も4人ひとつになって、全国のラジオから総攻撃!
ハートを込めたトーク&ミュージック。今夜も受け止めてください」
(By TERU)
って事で、今週も無事4人揃ってのOAです。
今週の選曲テーマは、マイ・ヘビーローテーション。現在のG4のヘビロは何だ!?
では、受け止めてあげようじゃないですかって事で今回も読んでくれてる人に感謝。

【ご挨拶】
HI:GLAYさんにもGWがやって来ましたよ!
TE:はーい。
TA:やって来ましたねー。
HI:と、言うわけで、レコーディングを終えてですね。
JI:うん。
HI:えー、少しゆっくりしているんですが。
でもね、ま、夏のライブに備えて体力をつける者。曲の練習をする者。
色々いるでしょうが。何をして過ごしているのかな?と。

TA:実際あれだよね、夏のイベントだったり、ライブに向けてさ。
今回はアルバム前って事もあってさ。

JI:うんうん。
TA:割とあのー、昔の曲もやるじゃない?
TERUあたり…、相当今から歌詞のチェック。しといたほうがいいんじゃないかな?

TE:ん。全部頭に入ってるから。
HI:TERUさん。
TE:うん。
HI:そう言えば、すごい名言思い出したんだけど。
TE:何だっけ?
HI:あのねー。
TE:うん。
HI:EXPO…やるじゃない?
TE:うん。
HI:僕らってよく(笑)
TE:うん。うへへへ。
HI:その前にさぁ、すんごい昔の曲とか飛び出してくるでしょ?
TE:うん。
HI:こういうのやろーよ。TERUさんは言いました。
「ああ、それ、俺にとってみれば新曲だぁ…」

G3:爆笑
JI:言う言う(笑)何度も聞いたことあるわ、それ(笑)
HI:そのぐらいね。昔の曲は…。
TE:そう。新曲同様ですよ…もぅ。
ホントに覚えてないよね
(力説。)要するに。
TA:や、でもね。あのー、我らがちー様。
ちー様はもう譜面見ながら歌うっていうスタイルを確立したからね。
あれは、羨ましいよ。ほんっとにコード進行1個も思い出せないやつあるよ、俺。

TE:うんー。
HI:俺、結構好きなのはねー、好きなアーティストがライブやってて、
間違えたんだけど、その場で即興でなんか作って。
その日しか聞けなかったライブの音源とか結構好きなの。

TE:ほぉ〜。
TA:それってあれだよね?ラップミュージックなんか、
その場で自分が思ってることがんがん言うみたいなさ。
名前変えればいいじゃん?MC TERU。

G3:爆笑
TA:もう、作っていいよ、全然。俺は気にしないから。
TE:HOWEVERの半分が…(笑)
TA:HOWEVERの半分がYO!
G3:笑
TA:♪俺たちは、今。名古屋に来ています。(←ラップ調に読め。)
TE:あははは。
TA:そういうのいいじゃんねー。こうどんどん変えていくって。
TE:そうですね。
TA:そういうのってやっぱヤなのかな?ヤダよな?(笑)
HI:んー。ま、一箇所そのすっごいハマった言葉がね。
ぽんって出てきたらいいけどね。なかなかね。

TA:や。でも、こんな話をしてたら、この夏。
こうライブに来てくれる子たちはもう…TERUさんの歌に大集中ですよ。

TE:そうですよね。
TA:いちいち、こうチクリのなんか…(笑)
G3:笑
TA:ハガキがきそうで、ちょっと怖いな。俺。
TE:や。でもねー、結構大変なんだよ。
JI:笑。ぼやくなよ。
TA:全国37局ネット(笑)
TE:あはは。あ。でもねー、俺思ったんだけどぉ。
こう、ヤンバルクイナやった時に、踊りながら歌ってたじゃん?
あん時ってぇ体が、もう踊りに集中してるから

G3:あ〜〜(一様に納得の表現)
TE:歌がねー、全部、何も考えずに全部出てたの。
TA:例えば、動作と言葉が一緒だったりすると、なんかすごい覚えやすいって言ってた。
TE:ねー。
TA:子供がすぐ英語とか覚えるのは、言葉とアクション同じにして覚えるから。
ジャンプって言ったら、飛び跳ねる事も一緒にやるから、
すぐジャンプって覚えるらしいのね。

JI:俺の友達で、中学校の頃かなぁ…小学校の頃だ。
あのー音楽室ってさ、色々なんかあのー
音楽家の写真って載ってるじゃない?
(絵だろう)
モーツァルトとかベートーベンとかね。ソイツは歌にしたね。
G3:おー(一様に感嘆の表現)
JI:♪モーツァルト死んだ〜 ベートーベン死んだ〜って(笑)
↑メリーさんの羊のメロディーなり。
G3:爆笑
JI:笑。やってたら、先生に褒められてた。
TA:へぇ〜。
JI:なんか、あの。ま、表現としてはいいことではないけど、
そういって覚えるのはいいことだって。

TA:そうだね。だってね、あるもんねー。
TE:あるある。俺ねー石川啄木のね詩を歌にしたらずっと覚えてんの。
TA:作曲だよ、それ(笑)
TE:東海のぉ小島の磯の白砂にぃ〜われ泣きぬれてぇ蟹とたわむる〜♪
(歌うTERUちゃん)啄木。っていう(笑)←なんかどっかの校歌のメロディーみたいな感じ。
G3:笑
TA:それ、今度ちょっとGLAYで演奏してみる?(笑)
G3:笑
TA:た〜たらった・た〜♪(歌うTAKUちゃん)
TE:笑。不思議なもんですね。これは。ん。
TA:しりとりを、自分で作ったしりとりを、こう…メロディーつけてやった事あるんだけど。
TE:うん。
TA:ちょっと歌いたくない理由が、一番最初の…
俺らしいっつったら俺らしいんだけどぉ、一番最初の言葉が、ピーから始まるの(笑)

G3:爆笑
TA:延々汚い言葉が続くっていう(笑)
それに曲をつけたっていうのが、俺の一番最初の作品…だったりして(笑)

(最初から下品で攻めてたわけだ)
G3:笑
TA:それが今じゃ。武道館などを(笑)
JI:あははは
HI:ピー始まりだったんだね。
TA:だね。

【Q&GLAY特別編】
本日は『ざ・目撃SHOCK!』と題して、
凄いものを見てしまったというタレコミネタをまとめて紹介でした。
なんともレポしにくいので、お便りの内容とメンバーの一言コメントでお楽しみください。
と言ってもそんなんで楽しめるのか?????

「正に刑事が張り込みしているところを目撃した!」
TA:でも、こればれちゃまずいよね?

「嫌いな上司と同期友が仲良さげに銀座で腕を組んで歩いてたのを目撃!」
HI:ま、夜の銀座はね、何かを変えさせるんだよ。

「電車で、おすぎを見た!」
JI:でもねー、そういうの多いんだよ。違う場合があるからね。

「家具屋で、売り物のベッドで熟睡する人を目撃!」
TA:現代人は疲れてるなぁ…。

4つネタがあったのに、TERUっちのコメントがたいして面白く
なかった為に、彼だけコメントなしね。ごめんよ、TERUっちファンのみなさん。

【新コーナー・マイグットカミング】
TE:さて、突然ですが、皆さんは最近何に心を打たれましたか?
花の美しさですか?感動した映画ですか?ここでは、僕たちGLAY4人が、
ここ最近ぐっときた、心が震えた経験をみんなに伝えたいと思います。
一応タイトルもつけましたが、いかがでしょうか?
その名もずばり、マイグットカミング(?)


って怪しい(失礼)TERUっちの台本読みから入った新コーナー。
第1回目のトークはどんなんでしょう?

TE:…って事なんですけども。感動したこと。ぐっときたこと。
TA:最近感動したって言えばあれじゃない?やっぱり、多分HISASHIも
同じだと思うけどぉ。

HI:うん。
TA:最後のバッター!ってなった時にぃ
HI:うんー。
TA:一塁で泣いてた清原。
HI:ぶっ(吹き出す)いつだよ、それ!?(笑)
JI&TE:笑
HI:いつぅーっ!?(笑)
TA:だからライオンズがねっ(笑) あんときゃ、俺も感動したよ(笑)
HI:あはは。
TA:10年ぐらい前。もっと前かな?(笑)
HI:笑。びっくりしたー。
TA:もぉー、今番長とか言われてるけどね。
JI:ははは。
TA:ほんと、あの時は感動した。
TE:もっとないの?なんか。感動したこと(救いを求めてるように聞こえる)
HI:感動したことねぇぇぇぇぇぇ…
TA:…どういう?LEVEL4からLEVEL1までで聞いてくんない?俺に。
HI:じゃあ。LEVEL4から。
TA:LEVEL4。
HI:ん。
TA:あれはねー。毎日毎日ハードなトレーニングを積んだ…
その夜の出来事だったよ。

HI:うんー。
TA:体、痛ぇーと思って、シップを探したけどなかったのね。
そしたら、冷蔵庫の奥から1枚出てきた(笑)

G3:爆笑
TA:あんときゃ、感動したよーっ!やったー!なんつって。
HI:あははは
TA:もう、5枚ぐらいに切っちゃった。俺(笑)
JI:あはははは
TA:痛いとこにも…で貼ったからね(すまんが、…のとこ聞き取れない)
効かなかった!(笑)
HI:あはは
JI:もったいぶったから?(笑)
TA:もったいぶったから。
ほんとに痛いとこに1枚べたん!って貼ればいかったぁって。


【今週のツボ】
TE:啄木。

なんかむしょうにかわいかったのさ。それだけ。



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#34
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/5/26 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #34
祝!TAKURO 31回目の誕生日スペシャル

【ON AIR LIST】
口唇/GLAY
God/John Lennon
Survivor/Destiny’s Child
路上のルール/尾崎豊
pure soul/GLAY
I’m in Love/GLAY

【THIS WEEK’s ひとつ!】
TA:ひとつ!W杯日本代表を応援する時は、いつも心に日の丸を。
TE:ひとつ!W杯で日本代表を応援する時は、会場内は盛り上っていいんですが、
外に出た時はですね、冷静に。ね、判断してほしいなと思います。

JI:ひとつ!俺の知り合いにこんな人がいます。W杯を見るときは、会場近くのバーで。
一緒にテレビで盛り上ります。…中略…そろそろ終わりだなって時に帰る…べし!

HI:ひとつ!フーリガンに出会ったら、日本流の挨拶で、撃退せよ!

この、ひとつ!のコーナーは簡潔にまとめてほしいね。ぶつぶつ。
一行で収まる内容にして頂きたいもんなり。

はいー。今日(とはOA日を指す)はGLAYのリーダーTAKURO氏のBirthday。
何か特別企画も飛び出すのか!?
31歳のTAKUROに捧げるメンバー選曲でお送りするGRCなり。
「今週もですね、4TOPでキック&パス。&トーク。みんなのハートめがけてシュート!」(By TERU)
って事で、毎度読んでくれる人ありがとう。

【オープニングのトーク】
HI:早速ですが。みなさんに報告があります。
本日・26日。我がバンドGLAYのリーダー。TAKUROが
見事31回目のバースデーを迎えましたぁ。

JI:笑。見事って…
HI:おめでとうございまぁす。
TA:16回目です!
G3:笑
TA:まだまだ。
HI:そういう訳でねぇ。
TA:はい。
HI:も、31だよ。
TA:30歳になってからねー。
JI:ん。
TA:すげぇ楽しいよ。
HI:あ。そっぅ。
TA:あのね、これから30歳迎える人たちに伝えておくね。
30歳、マジもてる!

JI:ふふふ。
TA:これは、ほんと。
TE:ほぉ。
HI:それは、自分って言う感じではなく、周りが?
あ。30のTAKUROだって言う…

TA:笑。いやいや、世の中の女性陣が
HI:うん。
TA:30歳なんですよねっ?あら。懐が大きそうって(笑)
TE:うへへへ
HI:笑。大きそう…全部推測だ。
JI&TE:あははは
HI:はは。
TA:笑。全部推測なんですけど。ま、なかなかどうして。
HI:ま、今日はね、31歳記念って言う事でね、選曲とかしてきたんで。お楽しみに。
TE:はい。
TA:でも、俺年は隠すけどね、これから。ずぅっと。
HI:あははは
TE:見苦しい…(アナタも三十路迎える時、すっごい往生際悪かったじゃん)

【最近のGLAY】
HI:GLAYの近況報告。なんですが。
TA:じゃあ、勿論、恒例のここ1週間。
TE:ああ。
HI:ほぉ。
TA:えー、ここ1週間。色々とGLAYとしても活動がありまして。
ま、アルバムの最終的なマスタリングというCDになる前の作業の行程をやっていたり、
ジョンが帰るということでジョンのフェアウェルパーティーを。
さよならパーティーをしたりと。
なかなかどうして…あのぉ、充実してましたけどね。
ホントにジョンとも、この2年間でね「ONE LOVE」から始まり、
今回のアルバムまで、ホントにいい仕事できたねみたいな話をしてた訳ですよ。

HI:んー。
TA:その飲みの席で。
TE:うん。
TA:で、ジョンはいつもそれはいいんだけど、実はYUKIの「PRISMIC」って
アルバムがいかに素晴らしいかって…

G3:笑
TA:俺にとうとうと…だから、本当にジョン、あのサウンドはねって。
そうそう。あのサウンドいいんだけど、ところでYUKIなんだけど…

G3:笑
TA:やつぁ、惚れたね。
…中略…
TE:ここで重大発表があります。GLAY NEWシングルっ!
7月24日・7月31日。2枚連続。リリース決定!

TA:いよっ!
TE:よぉ!
HI:2枚でどーだっ!
JI:発売が決定しましたね。
えー、という訳で、今日は誕生日スペシャルなんで。
TAKUROさんから詳しく。

TA:詳しく?
JI:うん。
TA:はい。
えーとですね。まず、7/24。この水曜日に発売するのはですね
「またここであいましょう」というタイトルなんですが。
これは、あの東北ツアーで、既に披露して。俺たち2月に入ってすぐ
東北ツアーをやりましたね。で、ドームツアー終わって半月後ぐらいだったんだけど
やっぱりあの、これからの自分達を見てほしいって事で、
えー、何曲か作りまして。そん中の1曲。
これは、ちょっとアップテンポから、ミディアムテンポぐらいの曲調の
すごく覚えやすい、しかも自分達の気持ちが、東北ツアーに挑む自分達の気持ちが
詰まった曲なんでね。これは、あのまた新たなライブの定番なんかになるのかな?

TE:ん。そうですね。
TA:そういうの意識しながら。
TE:ま、ライブの定番として「生きてく強さ」というナンバーがありますが。
それのね、現代版って感じが…そのリズム感といい、メッセージ性といい。うん。
ま、そういう感じがするんで、これからずっと、そのライブの中で皆で一緒に歌える
歌になるんじゃないかなと。そういう気がしますね。

TA:1月ぐらいにね、この番組でちょっと流した気がする。
TE:あぁ。そだ。イントロ。
TA:作ったばっかりの…曲って事で。
TE:うん。でも、意地悪かったような気がするなぁ…へへ。
すぐフェイドアウトしたような気がするな……はい。

JI:そうだ。♪(イントロ歌うJIROくん)
G3:笑
TA:C/Wは、HISASHIさん。
HI:はい。
TA:作詞作曲ナンバーで。
HI:作りましたねー。
TA:すごいですよ、これはもう。
HI:久しぶりに、あの…これはですね「GIANT STRONG FAUST SUPER STAR」という
曲でですね、僕が、ヒーロー物の、30分番組の、えー、主題歌を作るとしたら。
こういうのにしようというのを目標に目指したんですけども。タイアップが取れず!

TE:へへへ
JI:あはは
HI:ただの曲に。
TE:ジャイアントストロングって言ってるからだよ…(笑)
HI:名前決めちゃってるから?
TE:そうそう。
TA:ある日さぁ、俺とHISASHI飲んでる時にさぁ。
この曲ってああだよね、こうだよねって話してたらさ、
ま、酔っ払ってたかも知れないけど、HISASHIが、
いや、これってテレビのアニメの主題歌とかになってくれたらいいと思うんだけどさ、
TAKURO取れないかなぁ?って。

JI:笑
TA:…ちょっと待てよーとかって(笑)携帯電話ばりばりやったんだけど。
いかんせん。ジャイアントストロングなんとかってタイトル変わらないかな?

TE&JI:あははは
TA:や、それは変えられない。…そこがネックでって言って…(笑)
TE:はは。
TA:力及ばず。HISASHIさん、すいませんでした。
HI:でも、今回あの草間さんと一緒にできてね。すごく楽しいセッションもできましたね。
TA:そしてですね、1週間後。7月31日にですね。もう1枚。
「逢いたい気持ち」という…

TE:逢いたいつながりですねー。なんかね。
TA:そうですね。そんなに逢いてぇのか。
TE:ふはは
TA:いや、そんなに逢いたくないんだけど。
G3:笑
TA:逢いたくないけど、逢いたい気持ちを歌ってみたんだけどね(笑)
TE:あはは
TA:はい。これは、バラード。最近ねぇ…なんかこう、
自分の曲作りをじっくり見直す機会があって。
ちょっと手グセに溺れていたのではないかと。
なんか、自分のこう得意なパターンってのがあって、そういうのに溺れない
なんかまた新しいバラードできないかなって思って作ったのがこれなんですけど。

TE:これは、いいですよ。このナンバーは。
TA:はい。ちょっと苦労しましたね、これねー。
この夏、優しく包み込んでくれるナンバーになればいいなと思います。
そして、この曲はですね、7月4日。えー、木曜日の夜9時ですね。
テレビ朝日系でスタートする「サトラレ」の主題歌にも起用されました。
これ、どんな形でドラマになるのか分かりませんが。主題歌になるという事で。
こちらの方もチェックしてほしいと思います。

TE:はい。そしてですねー、こちらのC/W曲はですねぇ。
HISASHIアンドTAKURO。えー、作曲はですね、TAKUROの作品。
初めてかなぁ?

HI:作詞…
TA:初めてだよ。
TE:初めてか。このナンバーなんですけどもねぇ。
すぅごいアップテンポの…タイトルは決まりましたか?

HI:タイトルはぁ…俺の中では決まってるんだけどね(笑)
あのー、時代がそうさせないって…(笑)

TA:丁重にお断りした。
HI:あはは
TA:もう一度考えてくれと。
TE:これ、NYセッションで、すっごいかっこいいドラムのサウンドが出来上がった。
そんな1曲なんですけども。

JI:ライブで盛り上りそう。
TE:ライブで盛り上りそうだねー。
JI:うん。
TE:あとね、あのーコーラスでTAKUROさん、HISASHIさんも頑張ってくれましてね。
うん。ちょっと聞こえる…ちょっと聞こえる(笑)

JI:あはは
HI:ちょっと聞こえる程度で(笑)
TA:ライブで皆と一緒に歌いたい!と思ったら、ジョンがめっちゃくちゃ下げたの。
G3:笑
HI:ひずませて…(笑)
TA:誰が歌ってもおんなじになっちゃった(笑)
TE:笑。でもねー、真面目にかっこいいナンバーなんで、
早く皆には聞いて欲しいなと思うんですが。

JI:なんかね、イメージばかり伝えるのもね。
TE:そうだねー。
JI:つらいよねー。
TE:ねぇ。つらいですね。
JI:聞かせたいですね。早くね。
TE:うん。だからね、もうしばらくですね、我慢してほしいなと思います。

【G4ソロ活動!?】
何が起きるかと思ったらば、
6月のGRCは、各週メンバーが一人ずつ交替で番組をお届けしてくれるそうなり。

TA:さて、ここで突然なんですけども。
リスナーのみなさんに重要なお知らせがあります。
ホントにね、最近めきめき力をつけて来ている4人。
もう、GLAYという枠に縛られなくてもいいんじゃないかという事で。ソロ活動!

JI:おおっ!?
TA:行きましょうか?
もう、それぞれね、TERUは絵の才能を伸ばしたり。
……
(沈黙のTAKURO氏)
JI:他、他はないんか!?
TE:あはは
HI:思い浮かばない?(笑)
TA:JIROは散歩を極めたり(笑)
G3:笑
TA:HISASHIは…HISASHIは一からラジオ作ってみたり(笑)
G3:爆笑
JI:番組じゃなくて?(笑)メカの方を(笑)

って感じで笑える前ふりがございまして。
ここでは、それぞれの内容をたいそう簡潔にご紹介なり。
因みに内容はおいらが勝手に過大解釈してますので、
実際のOAとは中味が大違いなんて事も大いにあり得るなりよ。

第1週(6月2日)
JIROプロデューススペシャル 『俺を変えた音楽たち』
JI:これはちょっとバンドキッズたちに聞いて欲しいなと。

JIROくんが、中学校時代から今までに聞いてきて、
心に刺さった音楽をどど〜んとご紹介。完全保存版らしい。
JIROくんが影響を受けてきたものが明らかになるかも。

第2週(6月9日)
TERUプロデューススペシャル『ドリーム オン ドリーマー』
TE:皆の夢とか、GLAYの夢とかをですね、皆と一緒に
コミュニケーションできたらなと思います。


リスナーのみんなの夢の話なんかもTERUっちが聞いてくれる!?
あったかい1時間になる予定だそうなり。
TERUっちと夢を大いに語ろうな内容に。

第3週(6月16日)
HISASHIプロデューススペシャル『ザ・ロケハン!』
HI:僕が外に出ようと思います。

HISASHIくん自ら外に出て、街のGLAYの評判なんかを探る!?
なぜかどの辺に行くかは、不忍池…上野辺り…かも。
お近くの方は是非とも、付近をうろついて、HISASHIくんに捕まってくれ。

第4週(6月23日)
TAKUROプロデューススペシャル『GLAYアンソロジー』
TA:GLAYの楽曲はこうやってできるって言った1時間にしたいんですが。

TAKURO氏が大事に忍ばせてた秘蔵の音源が放出されるかも?
GLAYサウンドは、どんな過程で世に送り出されてるのか?
GLAYの原点が分かる!かも知れない1時間。
そして。新曲の初出しもあるそうなりよ。


【TAKUちゃん31歳を大いに語る】
HI:じゃ、今回のアルバムについての。ん。
録り終えました「ONE LOVE」の兄弟的な作品。これについてちょっと…

TA:そうですね。詞のテーマとしては、これはあの、ほんとだったら「ONE LOVE」
一枚で完結するはずだったと言えなくもないんだけど、なぜ2枚になったかと。
俺、30になるちょっと前、27とか28ぐらいから、
例えば、自分の家族とか、恋人、友達。
あとスタッフ含めて、周りにいる友達関係。知り合い関係。
そういう人たちとの出会いによって、いろんな大きな仕事を成しえましたっていう
なんか、それを1回整理するようなアルバムを作りたいなって思ってて。
で、キーワードの一つが、ルーツってのがあったの。
で、あとユニティっつーのがあって。
それを詞のテーマにやってきたいなってのがあって。
で、その表現方法として、自分に一番こう、しっくりと来たのが、
前々から言ってるゴスペルサウンド。
こう…歌声のあのゴスペルチームの持つ歌声の深さをGLAYサウンドと
くっつけたらどうなるのかなーなんて言うのを考えてたのが、
27、8ぐらいの頃からずっと考えてて。
で、ようやく2000年の冬ぐらいにNYのセッションという機会を設けてもらって。
それがどんどん膨らんでいって、結局は、
あの「ONE LOVE」っていうでっかいものになったり。
で、その中からもれた曲や、また新たな一歩踏み出すって意味で、
今回の今年中に発売されるようなアルバム…ができたりって言う事で。
言うなれば、きっちりといい30歳を迎えられたなってのがありますね。

TE:こう、きっちり今までのルーツをまとめようと思ったのは、
どういうきっかけがあったの?

TA:うーん…そうだなぁ。やっぱり。例えば今の、俺、今回のアルバムの中で
Father & Sonって曲を書いたりしたんだけど。
それは、自分の親の世代。で、友達なんかは子供を持ってたりって言う事で。
今って、俺らちょうど上と下の間ぐらいじゃない?
で、だんだん両方の気持ちがわかってくる。
今、自分も親に対してはこう思ってるし、今度、親になった時に
こういうふうに思うっていうような人たちもたくさんいると思うんだけれども。
その時の気持ちを1回まとめておきたいっつーのもあって。
そうすることによって、ようやく次に進めるっていう…
やっぱりいつまでも、つまらない大人になりたくないとは言ってられらないっていう(笑)
大人になるなら、きっちり、大人になろうじゃないかっていう。
そういうのがあるんだけどね。
なんかちゃんと物事見据えて、それを背負ったまんま、歩んでいけるっていう…
そういう決意表明みたいなやつを作りたかったの。

TE:この年代になってくると、いろんなもの背負った人たちと出会う機会も多くなるしね。
うん。やっぱり10年前とは違うよね。
10年前は、こうすっげぇ大きな夢を見てる人たちが周りにたくさんいたけども。うん。
今はこう、夢を持ちつつもやっぱり、
ちゃんとこう自分の足元を見なきゃいけないっていうね。
ものをしっかり持ってる人たちが周りにいたりして。
会社の中の人たちもそうだしね。

TA:だからさ、20歳ぐらいの頃はさ、やっぱり、夢を持ってない連中とかに対して
せっかく1回しかない人生だから、夢持ったらいいじゃんって思ってたけど、
今は全くそう思わないね。生き方なんてものはホントにもうたくさんあって。
夢を諦めて、違う幸せを見つけたからと言って、かっこ悪いなんて全然思わないし。
それも素晴らしいし。
夢ばっかり追っかけてって、それで大事なもの無くすやつもいっぱいいて、
俺はそれをかわいそうだと思うしね。
夢がある事が必ずしも素晴らしいんじゃなくて、夢も一つの選択肢なら、
また他の生き方も一つの選択肢なんだよっていうような事を
やっぱりこう、GLAYの活動を通じて、分かった事だしね。
なんて言うの?例えば「逢いたい気持ち」だったり
「またここであいましょう」だったり、そういうのに込めたりして。
「またここであいましょう」なんて言うのは
めちゃくちゃ前向きーって言うわけじゃないけど、
でも、正直な気持ちだったりする…あの、立ち止まる事も、振り返る事も。
それもまた勇気だぞって言うような。
前向いてるだけが、生き方じゃないっつーのは…
これ聞いてる…キッズ聞いたら何ゆってるんだ?これ…(笑)

G3:笑
TA:ほんっとにはっきりしねぇーって思うかも知れないが、ま、でもそれは
言葉よりも俺らの音楽でちょっと感じてほしいなと思うね。うん。


【今週もお疲れ様でした】
いつもTAKURO氏のトークが多いのに、いつもに増して緑一色の今回のレポ。
まぁ、お誕生日って事でちょっとだけ(ちょっとだけなんです)頑張ってみました。
いつもより長くなりましたが、読みきったあなた!
お疲れ様でした。ありがとうでした♪

【今週のツボ】
TA:31歳、31歳って言うなよ。

…一体、今日のTAKURO氏はG3に何度31歳と言われた事でしょう…。
そんなTAKUちゃんの微妙に切ない気持ちを表してる(と勝手に思った)一言。



【GLAY RADIO COMMUNICATION】#38
放送局:JFN37局
REPO:h@l
DATE:2002/6/30 OA
GLAY RADIO COMMUNICATION #38
祝!イエス&ファイトレス(?)スペシャル

【ON AIR LIST】
STAY TUNED/GLAY
またここであいましょう/GLAY
Way of Difference/GLAY
逢いたい気持ち/GLAY
生きてく強さ/GLAY

【THIS WEEK’s ひとつ!】
TA:ひとつ!W杯で優勝したブラジルに送ります。おめでとう!
TE:ひとつ!W杯準優勝のドイツに送ります。ホントに頑張りました。
いい試合でした。ありがとうございます!

JI:ひとつ!W杯3位のトルコに送ります。おめでとう!日本残念だった。
そして!海外でトルコって言っても通じねぇんだ!
(いまさら…)
HI:ひとつ!腋にだくだく汗をかく監督に送ります!あれ、どこでしたっけ?(笑)
…スペイン。彼に送ります。お大事にっ!


て感じで、生放送ならでは、今週のひとつ!は正にリアルタイムでしたね。
「今週は久しぶりにGLAY4人全員集合。愛と勇気とフリートークで、
みんなのハートめがけて生放送!」
(By TERU)なオープニング。
ん〜。やっぱ4人がいいなり。

【GLAYな近況】
お休みをもらっていたらしいGLAYさんの楽しい休日。

TE:ここ1ヶ月ぐらいのGLAYの近況報告。
そして、メンバーの近況報告合戦といきましょう。
最近、えー、約2週間ですか?
上海から。上海が終り、休みをもらいましたけども。皆さん何をしてましたか?

TA:旅に出てましたね。
男は…やっぱり…必要ですね。あのー、一人の時間が(笑)

TE:うははは
TA:はい。かの地アイルランドに。ちょっくら。
TE:いいねー。
TA:初日でいきなり荷物が届かなくてさ(笑)もう…
JI:今回はなんで、アイルランドに行ったの?
TA:今回はねー、あのーこの後に20分ぐらい
俺のニューアルバムに対する思いを話そうと思うんだけど(笑)

G3:笑
JI:20分も…(笑)
TA:曲も全部飛ばしてね(笑) 
アイルランドにはねぇ、どうしても行かなければならない理由があったわけだね。
それは、再来月ぐらいに発売する「WHAT’S IN?」の方で…(笑)
(また、信じる人いるなりよ)
G3:爆笑
TA:是非読んでください(笑)
JI:笑。「WHAT’S IN?」の取材まだ、スケジュールに入ってないんだけど(笑)
TA:いや、俺一人で(笑)はみだしコラムでもなんでもいいんで…(笑)
JI:あ。読者投稿か何かに送ればいいんだ。TAKUROで。
TA:東京都 久保で(笑)…で、さっき帰ってきた。
でもね、最後までヒースローで迷った

(と、聞いた瞬間に空港の中で迷子になったんだと思ったのがおいら・爆)
このままブラジルに行っちゃおうかなって。
ブラジルが勝つんだったら、俺そんなにサッカー詳しくないんだけども。
あの、喜ぶ人たちの中にちょっと紛れてみたいなって。
で、その様子をこのラジオで、生でレポしたら、一人ぐらいいなくても…(笑)
許されるかなって(笑)

HI:その臨場感の方がね(笑)
TA:そうそう(笑)臨場感で、そういうの許してくれるんじゃないかなって、すっごい迷ってたの。
JI:そうだよねー。あの道頓堀から飛んだもんねー。
(しまった。おいらも飛び込んで、ハガキ出せばよかった!!)
TA:誰?
JI:TAKUROくん(笑)ロシアに勝った時(笑)
G3:笑
TA:500人の内一人、俺か(笑)
JI:もう、楽しそうにしてるとこ好きやからね。
TA:そうだね。危なかった。ちょっと溺れかけたね。
って事でね、充実した…そして、今年上半期のGLAYのことも色々考えたりして。
えー、再来週ぐらいに、重大発表ができるんじゃないかなと。このリスナーの為に。
それを、明日のミーティングの時に、提案してみようかなと。
でも、みんながやだ。ってゆったら、その重大発表はナシ。

G3:笑
TA:だからTAKUROに励ましのメールを。
つー感じです。

TE:ほー。結構あれですかね?旅行行ったりしてた人が多かったですかね?
GLAYのメンバーの中では。

TA:なんでよそよそしい?
G3:爆笑
TE:久々に会うからさ♪
TA:なんで、久々に会うとよそよそしいの?
TE:なんか、敬語使っちゃいそうな…はは(かわいい♪)
TA:何やってたの?休み?
TE:俺はね、前回ゆったと思うんだけど、あのーまた南の島の方に。
TA:そうですか…。
TE:うんー。
TA:焼けたね(笑)
TE:焼けた。あのねー、キレイな海がやっぱり好きでぇ。
行ってきたんだけども、あの香港と、あとねー、バンコクにGLAYの事
よく見てくれるスタッフの人がいまして。ダニーとグリット。
うん。と一緒にまた行ったんですけども。すっごい英語が上達したね
(嘘っぽい)
今回ネスターがいなかったのね。
だからね、俺がね、一生懸命英語を話さないといけないの。
だから、辞書を片手に一生懸命伝えてさ。

TA:やっぱりそういう場に身をおくと、使わざるを得ないから。
TE:そうだねー。
TA:耳が慣れることで、すごいあれだね。
TE:うん。で、たまーにね、これは間違ってない。正解だと思って伝えるの。
そしたら、首をね、かしげるのね(笑)
あ。これダメなんだ。で、また、こう辞書を調べて…。

(不正解とか以前に彼の発音に問題があると見たね)
うんー。
HI:俺、1回普通に会話してるつもりが、相手の人が「WHY??」って言ったことあるよ。
G3:爆笑
HI:どーんな伝わりかたしてたのかな?あれ、ロンドンだったかなー…。
TA:普通に会話してるつもりが?(笑)
HI:そう(笑)ナゼ?
JI:ところで、TERUさんどこ行ったの?
TE:プーケット♪(かわいいなりよ)
JI:あはは。
TA:今、あれです。開襟シャツに金のネックレスですから(笑)
G3:爆笑
TA:ラジオなのが残念ですっ!(笑)
ホントに。しかも、真っ黒な肌で(笑)

TE:でもね。焼けたねー
HI:、焼けたねー。ホント。
TE:背中、もう皮がむけちゃって。
HI:ふーん。
TA:悔しいな。焼きてぇ、俺も。
HI:まっちろだね。
TA:まっちろだよ。
TE:沖縄行った?
HI:俺はねー、あのロンフールってところからぁ、ラテーヌ(?)下って
砂漠に行こうと思ったのね。そしたら魔物が多くてさぁ…。

TE:えへへへへ。
HI:大変だったの。
TE:ゲームか(笑)
G3:笑
HI:ファイナルファンタジーなんだけど(笑)
G3:爆笑
HI:でもまぁ、W杯盛り上ってたよ。すごく。そこでも。
TE:JIROの方は?
JI:俺は、あのー知り合いのとこ。フランスとロンドンを。
ロンドンね、ジョンに会ったよ。

TE:あ、ほんとぉ?
JI:うん。一緒にねー、えぇっとぉ、どこだっけ?えっとねぇ。
ブラジル×トルコ戦か?見たね。

TE:へー。
JI:うん。
TA:ジョン元気だった?
JI:あれ?ブラジル×トルコ戦だっけ?
TA:ジョン元気だった?(笑)
G3:爆笑
HI:パス通らず。
TA:スルー。
JI:ジョン元気だったよ。
TA:そっか(笑)
JI:うん。
TA:ちゃんと食べてるようだった?日本恋しがってなかった?
JI:あー、でもなんかまたね、ロンドンで日本人のアーティストやるんで、
これからミーティングだって、俺と別れた後、ミーティング行ってたけど。

TA:広がってるね。
JI:うん。
HI:そうだねー。って事でねー、ホントにもう、まだまだ話し足りない事もあるようですが。
ここらへんで。またね、来週の放送でも話して行きたいなと思います!

TA:そうなんだ?
HI:ん!
TA:そっかそっか…
TE:えへへへへ
HI:まだ、あるでしょ?
TA:俺がね、ダブリンの空港で迷った話を…(笑)

【GLAY!誰だ?クイズトライアル】
変(?)なクイズのコーナーでした。新設コーナーではなく単発なりから悪しからず。
4択クイズをメンバーから3問。
番組聞けなかった人は、お暇なら考えてみてちょうだい。

第1問(出題者:TAKURO)
「またここであいましょう」のPVで、ぷかぷかと気持ち良さそうに宙に浮いてるのは誰?
1. TERU 2.TAKURO 3.JIRO 4.HISASHI

第2問(出題者:JIRO)
仕事で行った中国で、GLAYの海賊版CDを見て、困ったもんだなーと思ったが、
「ひとひらの自由」の海賊版を見て、“このジャケット違うじゃん!
ジャケットに写ってるの俺じゃん!”とにっこり笑ったのは誰?

1. TERU 2.TAKURO 3.JIRO 4.HISASHI

第3問(出題者:HISASHI)
新曲「逢いたい気持ち」のレコーディング。自分で弾いたフレーズを覚えてないぐらい
やたらと昔に録り終えてしまったのは誰?

1. TERU 2.TAKURO 3.JIRO 4.HISASHI


【今週のスルーパス】
漫才コンビか?
TA:ジョン元気だった?
JI:あれ?ブラジル×トルコ戦だっけ?
TA:ジョン元気だった?

【答え合わせ】
思いっきり、忘れるとこだったなり。
正解は…1-1、2-2、3-3
でした。全問正解の人にも全部外れた人にも何も出ません。

はい。そんな感じで、GLAYさんの休暇はたっぷり充実してたようなりね。
やっぱ一人で語られるより、4人集合してる方が楽しいと思うのでした。



【BACK】