★ ONE LOVE東北ツアー 全セットリスト ★
 
【青森市文化会館】 【仙台サンプラザ】
2002/2/1 (金) 2002/2/2 (土)
1.ALL STANDARD IS YOU
2.嫉妬
3.WET DREAM
-MC-
4.Prize
5.君が見つめた海
6.Fighting Spiritt
-MC-
7.ひとひらの自由
8.VIVA VIVA VIVA
9.HIGHWAY No.5
10.mister popcorn
(ミニ対決あり・・・・)
11.電気イルカ奇妙ナ嗜好
-MC-
12.Way of Difference
13.夢遊病
14.Christmas Ring
-MC-
15.STAY TUNED
16.MERMAID
17.THINK ABOUT MY DAUGHTER
18.GLOBAL COMMUNICATION
----------------------------
Enc.
1.卒業まであと少し
2.Winter,again
-MC-
3.駅前アウガで会いましょう[仮](新曲)
4.グロリアス
5.誘惑
6.ACID HEAD
7.ALL STANDARD IS YOU reprise〜
1.ALL STANDARD IS YOU
2.嫉妬
3.WET DREAM
-MC-
4.Prize
5.君が見つめた海
6.Fighting Spirit
-MC-
7.ひとひらの自由
8.VIVA VIVA VIVA
9.HIGHWAY No.5
10.mister popcorn
11.電気イルカ奇妙ナ嗜好
-MC-
12.Way of Difference
13.夢遊病
14.Christmas Ring
-MC-
15.STAY TUNED
16.MERMAID
17.THINK ABOUT MY DAUGHTER
-MC-
18.GLOBAL COMMUNICATION
----------------------------
Enc.
-HISASHI MC-
-MC-
1.卒業まであと少し
2.Winter,again
(プチ誕生日パーティー)
-MC-
3.フォーラスで会いましょう(新曲)
4.More than Love
5.SHUTTER SPEEDSのテ−マ
6.誘惑
7.ACID HEAD
【岩手県民会館】 【秋田県民会館】
2002/2/4 (月) 2002/2/5 (火)
1.ALL STANDARD IS YOU
2.嫉妬
3.WET DREAM
-MC-
4.Prize
5.君が見つめた海
6.Fighting Spiritt
-MC-
7.ひとひらの自由
8.VIVA VIVA VIVA
9.HIGHWAY No.5
10.mister popcorn
11.電気イルカ奇妙ナ嗜好
-MC-
12.Way of Difference
13.夢遊病
14.Christmas Ring
-MC-
15.カワトクデパートで会いましょう(新曲)
16.STAY TUNED
17.MERMAID
18.THINK ABOUT MY DAUGHTER
19.GLOBAL COMMUNICATION
----------------------------
Enc.
1.新曲(小さな小さなラブソングを
作りましたとTAKUROのMC)
2.卒業まであと少し
3.Winter,again
4.FAT SOUNDS
5.誘惑
6.ACID HEAD
1.ALL STANDARD IS YOU
2.嫉妬
3.WET DREAM
-MC-
4.Prize
5.君が見つめた海
6.Fighting Spiritt
-MC-
7.ひとひらの自由
8.VIVA VIVA VIVA
9.HIGHWAY No.5
10.mister popcorn
11.電気イルカ奇妙ナ嗜好
-MC-
12.Way of Difference
13.夢遊病
14.Christmas Ring
-MC-
15.アゴラ広場で会いましょう(新曲)
16.STAY TUNED
17.MERMAID
18.THINK ABOUT MY DAUGHTER
19.GLOBAL COMMUNICATION
----------------------------
Enc.
1.新曲
2.卒業まであと少し
3.Winter,again
4.FAT SOUNDS
5.SHUTTER SPEEDSのテ−マ
6.誘惑
7.ACID HEAD
【山形県民会館】
2002/2/7 (木)
1.ALL STANDARD IS YOU
2.嫉妬
3.WET DREAM
-MC-
4.Prize
5.君が見つめた海
6.Fighting Spiritt
-MC-
7.ひとひらの自由
8.VIVA VIVA VIVA
9.HIGHWAY No.5
10.mister popcorn
11.電気イルカ奇妙ナ嗜好
-MC-
12.Way of Difference
13.夢遊病
14.Christmas Ring
-MC-
15.芋煮会で会いましょう(新曲)
16.STAY TUNED
17.MERMAID
18.THINK ABOUT MY DAUGHTER
19.GLOBAL COMMUNICATION
----------------------------
Enc.
1.新曲
2.卒業まであと少し
3.Winter,again
-MC-
4.生きてく強さ
5.誘惑
6.SHUTTER SPEEDSのテ−マ
7.ACID HEAD





★ ONE LOVE東北ツアー ライブレポ ★
【GLAY TOUR 2002 SPECIAL EXTRA PACKAGE “ONE LOVE”】
会 場:青森市文化会館
REPO:みーや
DATE:2002/2/1
GLAY TOUR 2002 SPECIAL EXTRA PACKAGE “ONE LOVE”
2002.02.01・・・この日をどんなに待ちわびていたか・・
東京ドーム最終日の余韻も消えぬ間にあちこちでいろんな噂が飛び交った「東北でのライブ」
深夜にラジオ特番があって、そこで重大発表がある・・そこまではオフィシャルで告知された
ものの、ライブがあるんだろうか?それはホール?ライブハウス?
そしてチケットはとれるんだろうか?
そんな思いが夢の中でまでうなされたり・・・
やはり地元に来てくれるということは格別なんだなと実感。
今となればいい思い出ですが(笑)当日までこんなドキドキなライブは初めてでした。

19時を過ぎて客電が落ち、SEが流れて・・ステージにメンバーが自分の立ち位置に!!!
うすいカーテンのようなもの越しに彼らが〜〜〜
ほんとうにいる〜とうとうです!!

ALL STANDARD IS YOU
あぁ〜〜JIROがサングラスしてる〜〜久しぶり〜〜
HISASHIはいつものかぶりもの?!ふたりとも3曲済んだらとっちゃいました。
嫉妬
WET DREAM

(MC)
TE「青森のみなさんこんばんわ〜〜実にGLAYがココに来るのは3年ぶりですね。
本当に久しく遊びに来れなかったので、みんなすげえ待っててくれたと思います。
で、この3年分のパワーを吐き出して欲しいと思います。ここはめったに来れるような
場所じゃないと思うんで、思いっきり頑張ろうと思います。え〜〜オープニング・・
緊張したと思うけど、だんだんその緊張をとっぱらって、一緒に楽しい夜を過ごしましょう〜」

一緒に楽しい夜・・・って・・ポッ(*^o^*)
でもめったに来れるような場所じゃない・・って(苦笑)
Prize
君が見つめた海

TAKUROさんソロパート、カッコよかったぁ〜〜大成功〜
FighingSpirit

(MC)
TE「あの〜今日の今回のこの青森でのライブは、昨日の夜のラジオでの発表だったので、
本当はすげぇ心配だったんだけど、こんなにたくさんの人が集まってくれてうれしく思います。
ホントにありがとう〜久々のこういうホールでのライブなんですけど、すげぇこの距離に
とまどってます。いつも前にガンガン行くんだけど、こういう何本もライブやった人間でも
照れるんですよ・・ハハハ。あまり・・目で攻撃しないように・・テヘ
(かわいい)
ついこないだまでドームツアーやってたんだけど、青森から遊びに来てくれた人いるかな?
来てくれた子たちはわかると思うんだけど、今回ONE LOVEってアルバム中心のライブを
やってきたんだけど、この青森でのライブもそのONE LOVE中心で、そしてONE LOVEに
込められた思いをステージからぶつけていきたいと思うんで、会場のみんなも思い切り
ぶつけてくれると、ONE LOVEの持つ意味が広がると思います。では・・ライブで
どんどん成長したナンバーで、ここ青森でも成長していくんじゃないかと思います。
『ひとひらの自由・・・』」

目で攻撃しないで・・って言われちゃうけど見つめちゃうよね〜(^^;
ひとひらの自由
最後の方で声が出なくて・・すごく悔しそうに髪かき上げてました。
VIVA VIVA VIVA
出だしのSEは初めて聞く音楽・・たぶんHISASHIの新たな挑戦?!
そしてノリノリなTERUはスピーカーに登ってそこから飛び降りたり・・
TAKUROはギター抱えて座って華麗なプレー・・・
TE「揺らそうぜ〜〜」
HIGHWAY No.5
JIROのソロパート・・JI「青森〜青森〜盛り上がってる?イエェ〜イ」うれしぃ〜〜
mister popcorn (ミニ対決あり・・・・)
JIRO・・TOSHIとの対決のとき
JI「TOSHIとのコンビネーション凄いから見てろよ〜〜」みたいなこと言ってました。
電気イルカ奇妙ナ嗜好
やっぱりこの曲ってみんなの手拍子で会場が和やかになります。

(MC)
TE「楽しんでますか〜〜?なんかね男の子が増えてててビックリしました(ウォ〜って
太い歓声!)4割くらいかな?嬉しい限りでございます。(ございます・・って( ^.^)
え〜〜昨日から青森入りしててメンバーそれぞれ街を遊びに行ったりしてたんだけど・・
TAKUROは?」

TA「音楽堂・・・」(ポスターにサインして店員さんと写真撮ったCDショップですね)
TE「オレはトイザラスとか、その横にある電気屋さん」(それは「ベスト電気」といいます。)
TE「結構楽しめる場所があってびっくりしたんだけど・・オレが小学校の頃よく青森に
来てたんだけど、その頃はね・・ボーリング場が最高の遊び場だった。」

(「今でも変わってないよ〜〜」と会場から太い声)
TA「それずいぶん前でしょ?」
TE「うん・・20年位前・・」
TE「で、歩いてたらね・・学生が制服を着て雪の中を歩いてたんだけど、寒いんだけど
上着を着ないで歩いてるのを見てたら、俺たち函館で高校時代を過ごしたけれど、
上着も着ないで夏と一緒のカッコで歩くのがひとつのカッコイイ・・っていうか・・」

TA「気合の入った男って感じ?!」
TE「そう・・」
TA「思われたい年齢だったのね」
TE「そういうの見てすげぇ懐かしく思ってたんだけど、卒業とか受験とか大変な時期だと
思いますけど、春っていうのをもう少しで迎えますけど・・俺たちにとって函館って土地柄ね・・
すごい待ち遠しいものだったんです。その春には、いろんな卒業とか別れとかたくさんあると
思いますが、別れっていうのは必ずしも寂しいもんじゃない。そういうことを教えてくれる
ナンバーがあるんで聞いて欲しいと思います。『Way of Difference』・・・」

Way of Difference
出だしのTERUの声聞いたら、なんだか涙が出ちゃいました。
ここまで緊張してたけど、あらためてこのライブに参加できた喜びがこみ上げてきたみたいです。
夢遊病
Christmas Ring

ドームの幻想的な炎を思い出しつつ、聞き惚れてました。

(MC)
TE「2階席の方もちゃんと見たいな・・・(ワァ〜〜〜〜と歓声)
じゃ・・ちょっと大きい会場風にココ1階はアリーナ〜〜〜(アハハって・・カワイイ(>_<)
スタンド〜〜〜(ひとりうけてる・・うれしそうな笑顔)いやぁ〜なんかね・・
久々に会いに来れたんで、みんなの嬉しそうな顔がたまらないねぇ〜〜
そのうれしそうな笑顔に負けないような笑顔で挑んできたんですけど・・
え〜〜次のナンバーはね・・夏にピッタリのナンバーなんですけど、
今年の夏
(もしかして去年の夏じゃ・・・(゜o゜;)エキスポで大騒ぎしたナンバーなんですけど、
ここ青森でもカラッとした函館の夏と同じような夏でしょ?近いし・・うん。
東京だと夏がすげぇジメッとして雨季とかなると気持ち悪いよね・・
そんな時は函館を思い出すんですけど、そんな夏をお持ちになってる青森・・」

(お持ちになってる・って・・(;^_^・・・ホラJIROがしかめっつらで近づいてきた〜〜
TERUの顔にグイィ〜〜と迫るJIRO( ̄□ ̄;)!!)
TE「ウヒャヒャヒャヒャ・・・ハハハ・・・」(と誤魔化すTERU・・あわてて・・)
TE「JIROは季節は何が好き?」
JI「夏!!!」(わざと怒った声で!)
TE「じゃ・・JIROも好きな夏の曲・・・『STAY TUNED〜〜〜』」
STAY TUNED
TE「マーメイド〜〜〜〜〜もっと揺らそうぜ〜〜〜」
MERMAID
TE「エェ〜〜イ〜〜〜青森〜〜〜〜」
THINK ABOUT MY DAUGHTER
ステージ中央にてHISASHIのギターでリズムとりながら歌い始めるTERU・・
かっこいいんですコレが・・・(^-^)
TE「イエィ〜じゃラストナンバー『GLOBAL COMMUNICATION』」
GLOBAL COMMUNICATION
TE「あおもり〜〜〜サイコー〜〜〜〜イエ〜ィ〜〜サンキュ〜〜
3年ぶりの青森、凄く楽しかったぜ!!」

メンバーがステージから去っていくと同時に大きなアンコールの声!
ホールだとちゃんと声がそろいます。

(Encore)
みんなTシャツなどに着替えて、笑顔で登場!
あぁ〜〜〜JIROのタオルゲットした人〜〜〜いいなぁ〜〜(^¬^)
TE「もうすぐ『Way of Difference』がリリースされるんですが、
そのカップリングの曲、『卒業まであと少し』を聞いて下さい。」

卒業まであと少し
ドームでは楽譜見ながら歌ってたTERUでしたが、もうカンペなしです。
ピアノが切なくて・・・うっとり。
Winter,again
やはりこの季節、そして雪国ではコレでしょう〜
既に前奏で会場が沸いてました。
実はどの曲もすべてわたしの耳は特別にベースの音を拾うことになってるんですが(笑)
この曲のベースは特に大好き!
(MC)
TA「久しぶりにみんなと会えたこと、凄く嬉しいです。たくさん来てくれてありがとう。
手ぶらで来るのも何なんで、急いでおみやげ持って来ました。新曲なんだけど・・。
何か物だと思った?一応ミュージシャンだからね(笑)自分たちが3年近く待たせた
気持ちをを曲にしました。昨日のラジオでも言ったんだけど、本当に会いたい人に
会いに行くのに理由なんかいらない・・みんなに会いたいから来ました。
それからもうひとつあるんですけど・・今回この企画を実現するためにがんばってくれた、
キョ−ドー東北泉さんとのスタッフのために書きました。
去年グローバルコミュニケーションとかワンラブとかのテーマで北海道や東京や九州で
大きなイベントがあったり、そのあとドームツアーもあってみんなに『俺たち会いに来て欲しい』
って呼びかけたら、この街からもたくさんの人が来てくれた子たちがいると思うんだけど・・
そんな時にも東北でライブがないにもかかわらず、凄くがんばってくれた、
キョ−ドー東北の泉さんはじめスタッフのみんなの気持ちがうれしくて
なんとかしていっしょに俺たちの音楽を聞かせるためこの場所でやりたいな・・と
ず〜と話してたんだけどようやく実現しました。本当に遅くなってごめんなさい。

(拍手〜〜〜)こんなにアンコール前から通じ合ってるみんなと俺たちなんだけど
この光景を一番喜んでくれてる、キョードー東北の泉さんとスタッフのみんなに送ります。
おみやげがこっちに行っちゃったけど許してね。
(アレ?ま・・いいか)
曲タイトルはいろいろ考えて・・TERUさん!!お願いします。」
TE「仮ですからね」
って、TERUにふったらなんと〜TAKUROに近づいて耳元でコソコソ話〜うひゃ〜〜
TE「それじゃ発表します『駅前アウガで会いましょう〜〜』」
青森の人は大盛り上がり!!
駅前アウガで会いましょう(仮)
TE「ここでみんなとコミュニケーションとりたいから、みんなも大好きだと思われる
ナンバーいきます。『グロリアス〜〜』」

グロリアス
もちろん大合唱!!
TE「行くぜ〜〜〜〜」
誘惑
TERU、ドラムのところからジャンプ〜〜
右に左にすごい〜〜〜
ACID HEAD
TE「OK〜〜〜あ・お・も・り〜〜〜これがラストだ!『ACID HEAD』〜〜」
JIROパートで大騒ぎ〜〜
TERUいつものKISS〜〜〜(*^3^)
TAKURO花道でひざまずくし〜〜
HISASHIのいつものあの声〜〜〜
ACID HEAD〜でジャンプジャンプ〜〜
だって最後の曲なんだもの〜〜〜
TE「サンキューあおもり〜〜又会いに来るからな〜〜それまでパワーためておけよ〜〜」
みんなそれぞれにピック投げてくれたり手を振ってくれたり〜〜
ALL STANDARD IS YOU reprise〜


あぁ〜〜終わっちゃったぁ〜〜
みんな弾けてて凄いパワー感じたよ。

さて本編の衣装ですが、TERUはドームのときのをもう少し明るくした感じ。
白い袖がフリフリになってて・・かわいかった。
TAKROはラメ入り黒の皮パン?みたいなのにTシャツとジャケット。
一段と長い足が目立ってました。
HISASHIはドーム衣装と同じく(裏地が黄色バージョン)バイナリーマークが背中に
ついてます。下にも書きましたがヒザが丸見えでセクシーでした。
JIROは色あせた穴がいっぱいあいたジーンズ(下が絞ってあった感じ)紺のストライプの靴下・・
VANS(たぶん)の紐なしスニーカー・・ピンクが入ってる柄ものでした。
ジーンズの上はピンクと紺?のストライプのトレーナーのような上物・・英文字付き・・
(これキャンスパとのコラボレーションらしいです)
そして、首に金のペンダント(死語?)みたいなのかけてました。いっぱい弾けて
ジャンプしまくり〜〜かわいかったぁ。

アンコールでは、TERUはファンクラブ限定Tシャツ「ONE LOVE PEACE」の赤バ−ジョン。
TAKUROはドームツアーTシャツのいつものノースリーブ。
HISASHIはファンクラブ限定Tシャツ、バイナリー黒バージョン。
JIROはオリーブ色のTシャツ。胸に雲みたいなマーク・・
下に英文字・・双眼鏡で見たけど確認できず・・スニーカー履き変えてました。

髪型は、TERUはモンチッチじゃなくて、少々茶髪に戻ってました。
いい感じ〜〜ステキでした。
TAKUROはサラサラ髪・・ちょっと前髪長めだったけど、かっこよかったよ〜〜
HISASHIはいつものフルメーク・・美しさはもちろん。なんか妖艶って感じ。
衣装のスリットがもの凄く深くナマ足がドキドキしちゃったぁ(笑)
JIROはなんかドームのときより少し短くなった感じ。
無造作なんだけど・・かわいかったよん。

なんだか今回レポに力入っちゃって・・ずいぶん長くなってごめんなさい。
MCはがんばってメモしまくりました。
感動が少しでも伝わってもらえたら幸いです。
最後まで読んでくれてありがとう〜〜



【GLAY TOUR 2002 SPECIAL EXTRA PACKAGE “ONE LOVE”】
会 場:仙台サンプラザ
REPO:ai
DATE:2002/2/2
GLAY TOUR 2002 SPECIAL EXTRA PACKAGE “ONE LOVE”
行ってきました。
2002年2月2日。かなりゴロもいい!!HISASHIバースデイ!
朝早くのチケット交換(しかも会場とは離れてるZepp仙台で!)
もらったチケットは、2階Cゾーン(センター)B列66番!
サンプラザはほんとに球状になってて、なんかね〜宇宙船か
プチ武道館かって位、全体がステージに向かっているって感じの
客席です。見晴らしも最高です。うん、よく見える!!

会場に入って、(ほとんど売り切れの)ONE LOVEグッズが売ってる。
GLAYカードの宣伝も。こころなしコスは少ない・・・バイナリ―軍団多い。
18時会場。入ると曲が。ん??
この曲、「うる星やつら」のテクノMIXみたいな曲、HISA選曲??
でも、オフスプリングとか、モンゴル800とかだったからきっとHISA選曲だね。
って思ってるうちに19時!
2分くらい、ほぼ定刻に客電が消え・・・・・メンバー登場。下手からフツーに
歩いてきた。暗闇ながら良く見える!きゃーーーーひさしぃ〜〜〜
薄暗いまま1曲目

1.ALL STANDARD IS YOU
前奏ちゃんとあって、TERUの声がはじめからちゃんと聞けた。うん。
今日も声は大丈夫そう。
♪LOOK AT ME〜で明るくなってみんな顔が見える、衣装
TERU−黒の上下にスカート付き、中が白のシャツの長いの。
前がエプロンみたいの。3曲目くらいには前あけてた。はやっ。
髪も上げてなくいい感じで、カッコよかった〜
JIRO−スウェットの上下みたいな、普段着?グレーと白の。JIROも髪きった?
TAKU−黒の皮上下、白い文字はいってるシャツ
HISASHI−ドームのときの同じの黄色っていうか、金??の縁取り
マスク付き。すぐっとってたけど。

なんかね〜HISASHIがミョーに跳ねてるの。いつもより!1曲目なのに〜
すっごい跳ねてるの。なんか、感動して、いろいろ考えて・・・泣けてきた〜
HISASHIがここにいる〜今日は誕生日。すっごのってたの。なんか、跳ねてたの。
かっこいいよぉ〜ひさし〜〜〜(泣)
2.嫉妬
お〜きたきたTERU「いくぜ〜」ってアオル煽る!みんな、前に出てきて
でも、HISAが廻りながらすでにステージを動く動く。HISASHI〜キャー
まわるまわる。キャーこの曲ですでに熱い!泣いてたのに、いそがしいよお・・・・。
3.WET DREAM
HISASHIへスポット
う〜HISASHIのギターかっこいい!青のメタリックのタルボが良く見える。
センターでTAKU&TERU今日始めて絡むカラムのさ。

-MC-
「久し振り〜仙台!!仙台っ子〜いえぇーい!(仙台っ子って(^^;言わないっしょねぇ〜)
今年ずっと、あっ去年か(^_^)
(笑った顔がかわい〜)ONE LOVEツアーやってきて、
色んなことあったけど・・・・
(よく覚えてない・・・ごめんね)その中でとってもハートフル
なナンバーいっしょに歌って欲しい曲です。いっしょに歌ってください 
プライズ〜」
4.Prize
きゃーってこの曲はHISASHIばっか見てた(^^;。センターの方にきてTERUの周りで
とってもかわいかった。♪サンドバックになって〜ではHISA猫パンチはなかったけど
なんか、まわってまわってって感じでほんとはねてた。あの、ギターの弾き方、高い
ヒールのブーツでの華麗な舞!う〜かっこいい!!
5.君が見つめた海
この曲は、やっぱりなんか切ないね。TAKUちゃんのソロはほんと、上手かった。
多分ずっと上手かったんだろうけど、ドームで音が反響してたんかな。
この日は上手かった。この日も・・・曲終わって、TERUがキターもって
6.Fighting Spirit
TERUが、今回ギター持つのって、この曲だけだもんね。
やっぱり、いいね。みんな定位置でしかも明るい、照明でみんなの顔が
よく見える。HISAかっこい〜(しつこい(^^;)
-MC-
TERU「仙台、いえ〜い。盛り上がってますか〜(右上がりって感じ)
仙台ねぇ〜雪降らないねぇ〜。昨日青森だったんだけど、あっちは凄い雪で
俺たちバスで来たんだけど
(そうなんだ。)青森からこっちにきて、全然雪なくって
・・・・降らないんだね??」
って会場にふるとあっちこっちから「ふる〜ふらない〜」
って、したらTERU「そっかそっか・・・うん」わかったわかった(^^;みたいな。
自分でふったのになんか、TERUかわいかった。
「いやー寒いし雪にピッタリの曲って思ったから」

「俺たちはステージでいつも、こうやって一生懸命やって、ステージで戦って
るんだけど、去年から、とっても大切にしてる曲・・・聴いてください」

7.ひとひらの自由
TERUの声は、とってもよく出てた。この曲はJIROのベースがとっても
身にしみた。左足を出して体傾け、左に傾いて何かを、振り払うようにすっごい
一生懸命弾いてた。JIRO、やっぱり魅力的。一転して
8.VIVA VIVA VIVA
やっぱり、この手。かわいかった。みんなやってた。恐いくらい(^^;
TERUは左右にうごく、煽る。ビバビバ♪
9.HIGHWAY No.5
JIRO積極的に動く、そこ?って言うくらいステージの端とか。
やっぱりファン思い。JIRO
10.mister popcorn
JIRO曲続く・・・・相変わらずJIRO動く。途中で曲止まって・・・・
マイクなしお約束、生声「仙台、ひさしぶり〜」すっごいハッキリ聞こえた。
さすが、ホール。JIRO「今回のドームツアーでみんな成長したけど
一番は、俺とTOSHIのコンビネーションだよ」
ドームツアーみたいな、
メンバーと掛け合い、JIRO×TOSHI、バン、バンって後ろ向いて不意打ち
とかやって、結構2人はあってました。さすがリズム隊。でHISASHIへ。
2回くらいやったけど上手く出来てました。一際大きな声援。
TAKUちゃんには、ギターでビンタするみたいなふりで、後ろにさがってって
TAKUちゃん・・・おいおいコントかよ(^^;って感じだったよ。
TERUにも、2,3回やってた。
で、またmister popcornへ。
11.電気イルカ奇妙ナ嗜好
この曲が始まってみんな手拍子するんだけど、TERUが跳ねながら
手拍子、ミョーにかわいくって、TERU〜って。おもった。サビでもジャンプ
するのがかわいかった。
HISASHIも全体を見ながらリズムとって弾いてる。かわいい!

-MC-
TERU「こんなに近くでコミュニケーション取れるのとってもうれしいです。
いま、もうすぐ卒業とか、そういうシーズンだけど、別れは辛いこともある
でも、それだけじゃないって思います。」

みたいなとこといって、はっきり・・・・忘れました(^^;
12.Way of Difference
この曲も、少し前奏(?)があって、っていうかカウントがあって
歓声が終わってからの、♪逢いたくて、逢えなくて〜
あ〜この曲いいなぁ〜いろいろ、思い出してしまった。
13.夢遊病
14.Christmas Ring

この曲、私大好きで、ホールでじっくり聞けるのが嬉しかった。
初め、たいまつ(ろうそく?)TERUの脇に2本しかなくってやっぱり
ドームと違うって思ってたら、♪こと〜しも〜から8本に。なんか、ドームとは
全然、規模違うけど、同じようにやってくれて、なんか、それをメンバーも
望んでたのかなぁ〜って思ったら泣けてきて・・・・・いい曲だよぉぉぉぉ〜(泣)
-MC-
TERU「仙台〜のってるかい?じゃーハードなナンバーいくぜ〜」って静かに
言ったの。したら、なんか、反応静かで、TERU「なんだよ、それ」っておいおい、
TERUふりがさぁ〜「いくぜ〜イエーイ!イエーイ!」
15.STAY TUNED
16.MERMAID

この2曲は盛り上がる。流れもいいし。また、TERU歌詞ぬけちゃった。
でも、かわいい。う〜
でもって、HISASHIのギターソロは相変わらずかっこいい。
変な動く白い手は、髑髏の隣、アンプの上に飾ってあった。
曲終わって、ジャーン、HISASHIが1回転しながらTERUに
近づく、このときの視線がいい!息ピッタリ。
17.THINK ABOUT MY DAUGHTER
-MC-
TERU「今日はほんと、急遽、こんなやることになって
昨日、ラジオ聞いてくれた人が、ここにいるんだよね。なんか、
ほんと、俺たちのわがままで、急遽だったのに、みんな集まってくれて
ほんとにありがと〜」
拍手・・・・・
ラストー
18.GLOBAL COMMUNICATION
みんな全面に出てくる。
♪心に翼を〜でTERUはやっぱり小さく翼、やるんだよね。
綺麗な指で・・・・。
「せんだい〜ありがと〜ほんとにありがと〜楽しかったぜ〜」
みんな、前に出てきて挨拶。HISAがピックが〜
う〜全然届かない。

アンコール。
っていう前にもう、HISAバースデイコール。歌うたってたけど
すぐ合うの。3000人いないんだもんね。後半は「ひさし、ひさし」
ってなんかHISASHIコール(^^;だった。
ひさし出てこないかな〜と思ったら、バイナリー黒TのHISASHIが登場。
きゃーひさし〜すてき!
-HISASHI MC-
「ありがとう。みんなねここから見てると、アホ見たいな顔して笑ってるよ。」
ひさし〜だって〜あなたにあえて嬉しいもん(^^;
「大台になりましたね。みんな、学校とか会社とか、大変なこともあるけど
頑張っていきましょう。ありがとう」

ほかのメンバー、登場。TERU−ONE LOVEあかTシャツ、赤リストバンド
JIRO、札幌ドームのときの黒Tシャツ、TAKU−もちONE LOVEのースリーブ(^^;
・・・TERU真ん中に・・・。HISAみて
「HISASHIも仲間に入りました」HISASHIが手頭において照れてる。
その顔がたまんなく可愛くって・・・歓声も・・・ほんとに30歳かこの人たち(^^;。
「HISASHIも、20代卒業ってことで・・・新曲のカップリングです。」
1.卒業まであと少し
みんな、この曲好き〜と、周りから聞こえてきました。
2.Winter,again
冬といえば、この曲、ここでも聴けると思わんかった。雪国ではかなり
いい感じでした。で、曲終わって・・・・・TERUがハッピーバースデーうたう。
「今日はHISASHI誕生日っつーことで・・・・ケーキ持ってきて。はいはい、
ギター置いて」
ケーキ登場、なんか、たる酒『四季の松島』ってお酒。
「HISASHIまん中にきて、ケーキ、消してね。ネスターさんも
お手すきのスタッフきて〜
(スタッフをステージに上げる)たくちゃんが
手伝ってもらおうかなぁ〜って各席を見る「しおかま?ホントは塩釜。出身の人
塩釜市の人がいい」
とさんざんいってたが結局、HISAの前にいた男の人を
ステージに上げてクス玉引いてもらう。いいなぁ〜でも男でよかった。
TERU「せ〜のっていったら3・2・1おめでと〜って言うのね。OK?
みんな、しゃべらない。君たちの鼻息でケーキのろうそく消えちゃうでしょう

(ケーキを守ろうとする)はい、チャッカマンさん。火つけて。じゃ、いい?
せーの、3・2・1 おめでと―ーーーーーーーーーー。」

銀のテープが飛ぶ。こなかったけど青年がひいたクス玉は『ひさし、おめでとう』
ひさしって平仮名だった。
で、そのあと、TERU曰く「大門軍団ばりの鏡割り。しましょう」
このまえのケーキのときTERUは、鏡割したくって、タルに近づいてた。
てるぅ〜かわいいなぁ〜ほんと。
HISAと、鏡割り、せーのでわってみんな飲んでた。おいしいって
いってたけど。HISAHIものんでた(^^;おいしかったのかな??
で、片付いて・・・・・
TERU「じゃーえっと(ってTAKUちゃんのほう見て、助け求めてたら
なあに?ってTAKUちゃんにきりかえされてしまった(^^;)新曲です。
HISASHIのために歌います。」


3.フォーラスで逢いましょう(新曲)
(仙台にある、デパートで若者向けのお店。ちゃんと、調べたのかな?)
この曲って、なんかピアノのソロから入る、なんか、メロディアスな、いい曲です。
ナゼか、秋っぽい感じ。世に出るのが楽しみです。
4.More than Love
きゃー久し振り〜TERUの間奏でのジャンプが相変わらずたかい高い。
ひさびさ。で、じじゃじゃーん。JIRO出る。
お〜ここでもやってくれるのね。
5.SHUTTER SPEEDSのテ−マ
こんときのJIROちゃんも、縦横無尽。すごーく左右走ってた。
6.誘惑
この、一体感、2階から見てて、鳥肌たった。人数はドームより
めっちゃ少ないのにね。ここの、ギターもかっこいい。
やっぱりひさしの奏でるギターはいいなぁ〜
みんな、かなりこわれてて、TERUが1階の立ち見の隣まできて
みんなに止められて・・・・凄くステージから降りたりして。
TERU「最後にもう1曲〜ラスト―」
7.ACID HEAD
これは、予定外だったのかな?でも、すっごい盛り上がって
だって。HISASHIの生声、TERUとのからみ。さいこうだよぉ〜。
最後にみんな出てきて、HISASHIも「最高にいいLIVEになりました」って
並んで最後に話たよ。声聞けただでも。HISASHI〜って、
最後まで叫んでた。最後に去ってったのはTAKUちゃん。ステージ
降りて、立見にっつっこんでって止められて(^^;帰っていきました。
あ〜よかった。けど、寂しいよぉ〜〜〜〜〜
おわっちゃったよ〜〜〜(泣)かっこよかったよ〜きれいだったよ〜

うーこんな長くなってしまったけど、レボと言うよりは私の感想
ある意味歓声??ばっかりで読みにくかったと。でも、
2002年2月2日が忘れられないLIVEだったってことは言えます。
ありがとうGLAY。おめでとうHISASHI。
読んでくれて、ありがとう。



【GLAY TOUR 2002 SPECIAL EXTRA PACKAGE “ONE LOVE”】
会 場:仙台サンプラザ
REPO: i
DATE:2002/2/2
GLAY TOUR 2002 SPECIAL EXTRA PACKAGE“ONE LOVE”
最初にお断りしておきます。めちゃめちゃ長くなってしまいました!(爆)
ai がレポしてくれているので、はしょって(って言う?)読んでいただいてよいです!

2/2 仙台サンプラザ

思えば地元仙台でHISAバライブ決定の日から、既にうちはおかしくなっていたのであった!!!(爆)たくさんの人のご協力で無事チケットをゲット!嬉しくて嬉しくて夜中に一人で
泣きそうだった!!!寝たのは朝の6時!(笑)昼まで寝ようと思ったけど、チケ交換が
気になって10時には目が覚めた。(爆)
今回は予約番号順ではなく全くランダムに振り分けるということだったので、何時頃
引き換えるかすごく悩んだ結果、ひとまず引き換えて1度家に戻ることにした。
結果〜・・・みごとに全部が3階席・・・見れるだけでいいのよ!
と自分を納得させるも、遠征してくるメル友からの報告はすべてが1階、
それもHISA側ばかり!!!
うちは地元なのに〜〜〜!とまたしてもがっかりムードの中準備して友のお出迎えで仙台駅へ。
早く着いたせいか一人でいるとなんかそわそわして落ち着かない!(爆)
朝から何も食べれないは、手は震えるは、心臓バクるは、とんでもない状態!(笑)
一体どうしちゃったっていうの〜<自分!こんなん初めて!(笑)
で、友の顔が見えたとたん涙出そうになっちゃって、一人で慌てる!(大笑)
何かおかしい!おかしすぎる!!!こんなんうちじゃない!!!
で会場行く前にお茶しようと駅構内の茶店へ。
コートを脱いだうちを見て、友が口々に「ど〜したの〜?」「なんで〜?」と言うので
「何が?」と聞き返すと、「なんかいつもの i じゃない!!」ときたもんだ。
そりゃそーさ!せっかくのHISAバだもの、おしゃれさんにしたのさ〜♪
いつものTシャツじゃなく、春物の襟の開いたかわゆいブラウスなんか着ちゃって〜♪
長めのネックレスに大ぶりのピアスなんかしちゃって、今日は女の子(子?・爆)よ〜ん♪
んが、しくぅぁし!!!ライブが始まってすぐ!こんな格好してくるんじゃなかったぁぁぁー!
と後悔!(爆)暴れられないのよー!!!頭振れない、ジャンプできないと、トホホ状態!(笑)
なーにやってんだか!
席はメル友のおかげで2階HISA側で見れることに。そしたら友達2人と同じ列の両サイド!
あまりの偶然に中2人の知らない人にお願いして4人で並ぶことができていざライブスタート!
始まってさーらーに、ぐぅぁっかり!スピーカーとライトの鉄塔でHISAが全く見えない!!!
エフェクター触んないで後ろにずれるか、前にガーンと出てこられなければ見えないんだよぉ〜(T_T)そりゃドームにくらべりゃ近いけど、神様〜!あんまりじゃないっすか〜?(笑)
で4人はTERUファン2人、HISAファン2人ということで、HISAがドーンと見える位置にくると、
すばやく4人が入れ替わる!
ライブ中ずーっとそんなことを繰り返していたもんだから、目だってしまったのかやたらと
TAKUROの視線を感じた気がした。(笑)
終わってからそのこと言ったら、他の3人もみーんなそう感じたと言ってたので、間違いない!
と確信。ものすごい思い込みである!(爆)
ライブは最初から飛ばしっぱなし!!!HISAが一番アクションが大きくみえたのはHISAバ
だから張り切ってた?と思うほど。

♪ALL STAND IS YOU、うちはイントロですでにうるうる状態!泣いたらHISAが
見えなくなると我慢したら、薄いカーテンがかかったみたいでメンバーが見えず拍子抜け。(爆)でもうちの所からはカーテンの横からHISAが見えたー!
くねくね動くHISA!ノリノリだーーーー!!!
♪嫉妬、カーテンが取り去られると、キャーーー!というすごい歓声!
HISAはもう既によく吠えて中指立てて客を煽ってた!HISAのあの指は乗ってるぞ!の
意味と勝手な解釈。
かっこいぃぃーーーーーーーーーーーーーーのだーーーーーーーーーーー!!!
♪WET DREAM、HISAのギターがまるでR2D2のようにピコピコ光って、ここにいるんだ!
とガンガンに攻められた!
=MC=
TERU「イェーイ、ひさしぶりー!昨日青森行ってきたけど、青森の皆目がハートでした(笑)
ここ仙台!激しくガンガン行きたいと思います。そんな仙台のパワー見せて欲しい!
熱く行こうぜーーーーー!Oh!イェーイ!プライズ!」

♪PRIZE、HISAったらにっこにこ!かわいぃぃー♪ピック持った手をレロレロする!
♪君が見つめた海、HISAってばかなりいっちゃってたみたいで、汗拭く拭く!(笑)
TERUファンの友曰く「首の汗の拭き方が女の人のお風呂上りみたいな拭き方だ」
う〜ん、わかるような、でも認めたくないような(笑)
♪Figting Spirit、TERUっち、ジャケットの袖をまくったもんだから白いTシャツの袖がまるで
腕あてのよう(腕あてってわかる?普通は黒よねぇ、そでが汚れないように事務する人が腕に
はめるやつよ!・笑)
どうせならジャケット脱いで〜!でもじゃんじゃんギター弾いてたよ♪

=MC=
TERU「楽しんでますか?「(会場)イェーイ!」ドームツアーも終わり今皆とコミュニケーション
出来てほんとに嬉しい。EXPO、ドームで成長した曲...ここ仙台でも成長させて行きたい」

みたいなMCだったんだけど、
ずーっとHISAの練習する姿に気を取られてあまり覚えてない!(爆)
このMCってことは次はあの曲...HISA〜!いい加減覚えようよ〜!(笑)
そして1階にいた友の目撃によると、MC中にエフェクターがビーッと鳴ってしまい、サッと足で
止めたHISAは袖にいるスタッフを見てにや〜っとしたそうな!見たかったぁ!(爆)
♪ひとひらの自由、(ほらね〜!もう何度もやってるでしょ〜にぃ〜!)
HISAのりのり♪歌ってる♪行くあてがなかった〜のときの首の振り方が好きなんだなぁ〜。
毎回一緒になって振ってしまう!(爆)TAKURO、ギター縦弾き、JIROもかなりのりのり!
♪VIVAx3、これはも〜!客席一体となって例のTERUっちの手振り!これで遠征組&
ドーム組がかなり多いことが立証!(笑)HISAの仔タルボがはっきり見える!
これを弾くHISAの直角に曲がる腕がなんとも言えなーい!(マニアック!)
♪HIGHWAY No.5、JIROがHISA側前列に向かってウィンクしたってぇ〜!
JIROの歌ってるとこ、「この曲はNO.5だけど、俺の誕生日は17日!この曲はNO.5だけど、俺は30歳!」と言ってるらしいんだけど(英語でか?)、真相はいかに!?(笑)
♪mister popcorn、JIROがベースをボンボン!すごい盛り上がり!
JIRO「オウ!オウ!オウ!仙台!久しぶりっ!イェーイ!今日はこうやって仙台でライブが
出来たこと俺はよろこんでいるね、イェーイ!俺らドームツアーやってきたんだけどそこで何が
一番俺的に成長したかというと、俺とTOSHIのコンビネーションなんだよね。ちょっと見て
もらっていいですか?」

会場「イェーイ!」と大盛り上がり!
お決まりの対決でした!リーダーやられ演技!で後ろにのけぞる!(笑)
♪電気イルカ奇妙ナ嗜好、HISAがくるくる回って回って!人形のようだった!かわいい〜♪
そしてTERUが新しい振り付けを!♪so funnyの後にジャーンプ!これまたかわいい!
一緒になって飛ぶ飛ぶ!(笑)

=MC=
TERU「3階、イェーイ!2階、イェーイ!1階、イェーイ!うぉーっ!仙台!!皆元気良くていいねぇ!昨日、青森はすごい雪でね..これ本当だよ!(誰もうそだとは言ってないって!・
会場爆笑!)ここも東北ってことで雪があるかと思ったら...なかったねぇ。雪降らないの?
(会場から降るだの降らないだのの声)はいはい〜...(笑)雪が降ってたら春が
待ち遠しいね、って言おうと思ったのに(苦笑)
(HISAってば!まーた練習してるし!
やめーい!(笑))2月27日にNEWシングルがリリースされます。春らしい曲でこれから
卒業とかで別れもあるかと...別れは悲しいものじゃない...
(こんな感じの話)
では、聞いてください」

♪Way of Difference、この曲ライブの方が好きかも。と言わないでと仙台のラジオん時
言ってた。(笑)
ライブの度によくなるので録り直したいと言ってた。間奏のHISAのギター好きっす!
♪夢遊病、この曲好きなのに、東京ドームの時相方がTERUの髪型が極楽とんぼの加藤だ!
発言をして以来、笑ってしまうようになった〜!あのヤロ〜!(笑)
♪Christmas Ring、始まる前にやたらスタッフがわさわさしてると思ったら、まさかの
ドームの火のセット持込みでした!HISAが燃えてしまって見えなかったー!(泣)
これにはさすがに遠征組もびっくりで、おぉーの声!
=MC=
TERU「オゥ、イェーイ!急な俺達のわがままを聞いてくれたスタッフの皆、そして来てくれた皆
ありがとうございます!俺達もまた遊びにきたいと思います。ここからは激しいナンバーで
行きたいと思います!STAY TUNED!」

♪STAY TUNED、HISA側に来たTAKURO、俺様ポーズやってたよ〜ん♪(笑)
♪MERMAID、いつもにも増して激しーーー!!!HISA、煽る煽る!回る回る!
吠える吠える!(笑)
♪THINK ABOUT MY DAUGHTER、HISAに近づきカウントを合わせるTERU!
HISAの膝っ小僧がぁ〜...見えない!(笑)
♪GLOBAL COMMUNICATION、ノリノリなんだけど、これでラストかと思うと寂しー!
(本編に変化がない
ライブに何回も行くとこんな弊害が!・爆)TERU「サンキュー、仙台!イェイ!イェイ!
(会場とイェイの掛け合い!)
必ず会おうぜい!サンキュー、仙台―!ありがとぉー!」

ステージが狭く6人全員がいっぺんに見えるので、ホールということを実感!
HISAとTERUが何度かぶつかりそうになったり、メンバーが同じくらいの位置に立つと
かぶっちゃって、JIROが気を使うかのように場所変えたり、と今までとは違うステージング
に見えた。
で、TERUやJIROはステージの端―っこにある左右の台(アンプ?)に乗って、
ステージ真横にまで入った2階、3階の客を煽ってたよ!(そこにいる人、まるでステージ
見えなかったと思う。なんて優しい気配り兄さん達なのぉ〜!)
TERUは花粉症がそろそろ?なくらい鼻すすってて(笑)2、3度すする音マイクに入っちゃったりして!鼻かめー!といいそうになっちまった。(爆)
でもって機嫌がいいのかなんなのか、やたらへらへら笑ってた。
JIROはほんとに右に左によく動いてたし、2階、3階を向いて煽ってた!
TAKUROはでかいから動きもでかく見えてすごく目立ってた!(爆)

メンバーが去った後すぐさま、♪Happy Birthday to Youの大合唱!!!
待ってましたと言わんばかりに綺麗に息があって、特にDear ひさしぃ〜の前に
ためるためる!何度繰り返しただろう?ってくらい歌って拍手の後、
今度は「HISASHI!HISASHI!」とHISASHIコール!!!
これにはびっくり!愛されちゃってHISAってば〜〜〜♪
しばらくして客電がついたと思ったらHISAがマイクを持って一人で登場!!!
きゃーっ!きゃーっ!ご挨拶?ちゃんと喋れよー!(笑)
「ありがちょーう!ありがとうございます。今日でね、30に..30の大台に乗ったってことで
やっぱりね、どうしようかなぁとちょっと考えたんだけど今日皆の顔見て、たぶん皆は自分では
気づいてないと思うけど...アホみたいに楽しそうな顔してた!うん!ねぇ、だから色々
仕事とかGLAYってバンドやれて、色々慣れてる部分とかあって...何かそういうバンドの
楽しさ、大変さとかこれから皆と同じように楽しみたいなぁと思います!ありがちょーーーーーう!!」
いやーん!HISAがステージで一人で喋ったの聞いたのも見たのも初めて〜〜〜♪
うれじぃーーーーーーー!!!CNCの喋りみたいだったよぉーーーーー!!!HISAがアホみたいと言ったのは、バカにしてるのではなく(実際アホ面だろうしね、皆!)緊張すると話したい沢山の言葉が言い切れなくて凝縮されて'アホ'になったんだと思う、と仲良しのHISAファンが言ってた。なるほど、深い!!んが!この時の立ち方がねぇ、右足を半歩前にだすみたいになってなんとも...ださかった!!!(笑)しょぼすぎる!!!(爆)
パンクな立ち方をしろ!(ってどんなんよ!?・笑)ま、お誕生日だから許してあげよう♪
HISAが喋ってる間、TERU&TAKUは袖でニコニコ見守ってたそうな。微笑ましいねぇ♪
そして残りのメンバー登場!TERU、2階席正面にタオルを投げる!こっちにも投げろー!(笑)

=MC=
TERU「えっと〜、HISASHIもとうとう仲間入りです!」(HISAをちろっと見ながら)
HISAったらぁ、照れ隠しのように左手をがっ!と頭にのせてかわい〜のなんのったら〜♪
きゃぁ〜きゃぁ〜!
今度はその手を口元へやってケンケンみたいになってた!かわいすぎるぅ〜〜〜♪(壊)
そこへJIROが寄ってきてHISAへ耳打ちしたかと思ったら
2人でくっくっと笑ってた!またまたかわいい〜〜〜!仲いいじゃーん!(爆)
TERU「じゃぁですね〜」とTAKUROの方を見てにやにやする。
TAKURO「何???何が???」

TERU「いやぁ何でもない!」とへらへら笑う!何なんだー!(笑)機嫌がいいのか?
この日のTERUっちはへらへらとよく笑ってた!
TERU「えー、そんなHISASHIも20代卒業ってことで、卒業ってのはすごい、10年経っても
すっげーいい想い出。そんなもんだと思います。そんな想い出を一緒に涙した友達をずーっと
大切にして欲しいと思います。そんな卒業に華を添える...これはね、2月27日の♪
Way〜のカップリングの曲です。聴いてください。」

♪卒業まであと少し、これの間奏のギターも好きだー!
♪Winter again、すいません、この曲...もういいや状態入っちゃって!(爆)
おまけにステージからライトを客席にあてるもんだからTERU以外メンバーがまるで見えない!(泣)JIROも言ってたけど、これのイントロの客の反応でリピーターが多いのかすくないのかが
わかるって。は〜い、リピーターで〜す!(爆)
そしてこの後...大々的に!

===HISASHI お誕生会!!===
SHIGEさんの♪HAPPY BIRTHDAY〜の弾き語りではじまりました!
TERU&会場で大合唱!!!HISA「ありがとー!!」かわいい〜♪
TERU「ここでHISASHIのお祝いを皆でやりたいんですが、いいですか?」
待ってましたー!いいに決まってるじゃないのー!!!
TERU「イェーイ!色んな品を用意してます。色々な品をどうぞ!」
なべちゃんとスタッフがろうそくのたったバースデーケーキと樽酒をワゴンに乗せて運んでくる。
TERU「ここでちょっと手が足りないので、この会場から...」
(会場から「はぁーーーい!」の声があがる!)
「えー、TAKUROが...誰か?1人か2人...」
TAKURO「じゃぁ、こん中でしお、しおかまに住んでる...しおがま?(塩釜)に住んでる人いる?」(何人かが手を挙げる!うちもうそついて挙げる!2階じゃ無理だっつーの!・笑)
TAKURO「嘘ついたら殴る!(殴られてもいい!・笑)祝いの席だ!どーしても塩釜じゃなきゃ
ダメなんだっ!」
(なぜにそんなにこだわるのか、と思いきや出てきた樽酒が塩釜の酒で
『四季の松島』というものだった!)
はーい!と手を挙げてる人に向かってTAKURO「ほんと?いんや!目が嘘ついてる!」
(見抜いてる!・笑)
TERU「じゃ、とりあえずHISASHIギター置いて...」(と気の利いたセリフ)
結局、HISAの前にいたチバ君(豊島区!なんか最初から決めてたっぽいぞ!)が選ばれ、
ステージへ。JIROにピックをもらう!(いいなぁ、このー!)
TAKURO「チバ君には、あの、くすだま割って欲しいんだけど。」
(えっ?くすだま?どこー?見えなーい!)
TERU「樽酒どうしよう?あとで?じゃ、3、2、1で火を消すんで、3って言ったら皆も...
1回練習ね!
(いや、しなくても...仕切ってるし・笑)せーの!3!(したらろうそくの火が
ほとんど消える!)チャッカマン隊!(笑・チャッカマンを持ったスタッフ登場!)皆の鼻息で
消えちゃうので静かにね!OK!準備はいいですか?それじゃ行きまーす!
せーのっ、3、2、1、おめでとーーーーー!」

特効&銀テープがパーン!!!派出――――――!!!
HISA、頭をペコンとして照れ笑い!なんとも嬉しそー!!めっちゃかわいいーーー♪
TERU「ハッピーバースデイ!お誕生日おめでとー!」くすだまが割られ、
「ひさしくん 誕生日おめでとう!」の垂れ幕が!(ライブ終了後確認!)
この後のHISAもまたまたらぶり〜♪お持ち帰りしたかったーーー!!!(爆)
チバ君はメンバーと握手し、HISAにはペットボトル貰ってました。(ピックやれよー!・笑)
TERU「ここで乾杯に行きたいんですが、30を迎えてすごく縁起がいいっちゅーことであの...
大門軍団を!」

(は?)ケーキのワゴンと入れ替えで樽酒ワゴンがHISAの前に。HISAは何度も中を覗く!
(まだ開いてないって!自分が開けるんだって!・笑)
TERU「HISASHIに割ってもらいましょう!HISASHIを囲みましょう!じゃ、スタッフの皆も
来る?スタッフの皆〜、こんなもんか?こんなメンバーでやってんのか?
(あーたが一番ご存知なのでは?・笑)お手すきのスタッフ(お手すき、って〜!・笑)皆来て!ローディの皆さん...んじゃぁ...(HSのカメラマンがシャッターチャンスを狙ってます!会報に期待!)
カメラマンさん、大丈夫?
(なんて気の利くTERUっち!と思ったんだけど!うちの席からはTERUが思いっきりHISAに
被り見えない!うち思い余って「TERU、じゃまー!HISAが見えないってば!じゃま、じゃまー!」と叫んでしまった!(爆)したらまるで聞こえたかのようにJIROがワゴンを前に引っ張って
くれて、HISAが一歩前に!見えたぁぁぁ♪
JIROぉぉぉ、ありがじゅうぅぅ!
HISAはとんかち持つ手が落ち着かない!かわいい〜♪)
じゃ、俺が、ひさしくぅ〜〜〜んって言ったらおめでとー!で樽割ります。(仕切るねぇ・笑)
照明さんもOK?会場の皆も大きな声で!誰よりも大きな声でお願いしますねー!いいですか?行きますっ!ひぃさぁしぃくぅぅ〜ん!おめでとーーーーーーーーーーーー!!!」

パッコン!...のはずが、割れない!!!樽の蓋も割れんのか!(爆)何度も叩くHISA!
しょぼ〜〜〜!(笑)
猫背です!でもかわいい〜〜〜♪
TERU「誕生日おめでとう!じゃぁね、ライブ中なんですが、(JIROがかいがいしく皆の升に
お酒をついでいた!年下だからかA型だからかGLAYの母だからか!偉いなぁと感心すること
しきり!・笑)
いいですか?俺はボーカルなんで大盛一杯だけ!俺ほんとは日本酒呑めないんだよ〜」

(なーに言っちゃってんのぉ〜?一番飲みたそうに
してたのはTERUっち!!HISAは匂いをかいで唇をペロっと舐める!きゃー!)
TERU「スタッフの皆ありがとー!じゃ、皆センターに来て...ライブ中なんで形だけ...
おめでとー!乾杯!」

(なーにが形だけよ!皆ぐびぐび飲んでんじゃん!特にTERUっち!!!まだ飲むか!?の
勢い!・笑 そこへ会場から「一気!一気!」の声が!TERUっち、残りを一気飲み!
HISAも一気しろー!・笑)
TERU「これ、んまい!四季の松島?(ラベル確認)(会場から「酒くれ〜」の声がたくさん
あがる!)
一人にあげると、ここにいる一万人の皆さんにあげないといけなくなるんでね〜」
(一万人?
そんなに入るか、バカモノ!・爆・笑)TERU「ほんとに、お・め・で・とーーー!」
会場からは鳴り止まぬ拍手!&HISASHIコール!!!
HISA、終始にっこにこの笑顔!かわいすぎるぅぅ〜〜〜♪(壊)
TERU「めでたく誕生日も皆と一緒に迎えられ...ふぉっふぉっふぉぉぉ」
(ご陽気!酔ったふり?升酒一杯じゃ、酔わないだろぉ〜?・笑)
TERU「???何?えぇぇぇっ、新曲いきましょうか?...あはははははぁぁぁ...
変に笑い始めたら危険ですから」

(ほんとに危なそうな笑い!)
JIROも「げほっ...」って変に笑ってるし!したらTERUっち一人で大爆笑!!(怪しい!
んもぉ〜!この酔っぱらい!・笑)
TERU「では、新曲のタイトルをいきたいんですが...その前にほんとにHISASHIが誕生日を迎え..ぐぇっ(おいおいーい!)...迎えられたってことで、ここでHISASHIのためだけに
歌っちゃおうかなぁ...
(とHISAの方を見る。HISA、仕方なくニヤリ!・笑)はははははっ!
じゃぁ、タイトル!え〜〜〜、いきます!新曲いきます!
(壊れてる〜!・笑)
『フォーラスで会いましょう』」

♪新曲フォーラスで会いましょう(仮)、フォーラスとは仙台のファッションビルの名前
サビの歌詞〜♪会いた〜くなったら〜またここに来てよねぇ...〜♪淋し〜くなったら〜
また会いに来てよねぇ...(会いに来てくれてありがとう!また会いに来てねー!)
♪More than Love、しっとり曲の後のこの曲はもぉ〜!弾けまくり!HISAの内股ジャンプがぁ〜!...やっぱり飛べてない!(爆)
♪SHUTTER SPEEDSのテーマJIRO「行くぜーーー!仙台!」うぉーっ!やっぱ盛り上るーーー!♪ハートを撃て、でTERUに撃たれた隣の2人のTERUファン、悶絶打ちながら絶叫!(笑)
♪誘惑、会場、興奮のるつぼと化し大暴れ状態!!!HISAも大暴れ、吠えまくり!
きゃーーーーーーーーーっ!ひさっすぃぃぃーーーーーーー!(爆)
TERUっち、最後の最後ですっ飛ばして笑う!ノリノリTERUっち、
「もう1曲サービスだ!ACID HEADーーー!」

ここで特効がドーンとなってしまう!(これは全くの予定外だったらしく、メンバーもスタッフも
最後のACID HEADが聞こえなくて慌てたとのこと!ジロジロックスでJIRO暴露!・笑)
♪ACID HEAD、やっぱこれで終わらないと締まらない!!!
TERU「OKー!仙台ー!ガンガン揺らして行こうぜー!ラスト〜ACID HEADー!!!」
HISAの「のぉ〜もぉ〜ひぃろぉ〜!」がたまらーん!!!(爆)メンバー皆客席煽る煽る!
ジャンプする度くらくらして前の椅子に膝何度もぶつけてた!TERUのおかげで特効がなく
ハラヒレホラな終わり方!(笑)

TERU「ほんとありがとねー!今日無事誕生日を迎えたHISASHIも最高のライブだったと
思います!センキュウーーー!ありがとー!また会いましょう!」

HISAのギターがキュイ〜ンと鳴り、なんとも言えない笑顔!!!
HISA「ほんと、最高のステージでした!ありがとう!また来ます!!」
きゃー!また喋ったー!!!
こんなにHISAがステージで喋ることはもうないんじゃないか!?(泣)嬉しいよー!
TERU「ほんと、ありがとう!また必ず会いましょう!また遊びに来るからなぁ!(ほんとだな?
ほんとに来るんだな!・笑)イェーイ!(会場と何度も掛け合う!)また遊びに来るからよ〜〜〜!サンキュウ仙台!!!!!」
メンバーが袖に消えてくとこが見える位置だったので、ずーっと追っかけて見てた!
メンバーが消えていく中、TAKUROは2階席の子にタッチしてたみたい!危ないのでネスターに
止められてたみたいだけど。
終わったら腰砕け状態でへたり込むうち。楽しかったし嬉しかった!
地元で地元の名前を呼ばれることがこんなに嬉しいことなんだ!と実感。
でもこれはホールだからなんだろうとも実感!
GLAYはホールが似合う!!!ROCKバンドの真髄を見た気がしました!!!
ドームツアーが終わった後、「ONE LOVE」が違って聴こえたんだけど、
またまた違って聴こえてます!
毎日聴いてます!!聴く度HISAの生脚がちらついたり吠え顔が浮かんできたり、
TERUの行くぜー!が聞こえてきたり、JIROのシャウトしたりぴょんぴょん跳ねる姿が
浮かんだり、TAKUROの俺様ポーズが思い出されたり...。
20020202は、うちにとって一生忘れられない記念日になりました!
ひさしサーティを一緒に祝えて本当に嬉しかったです!



【GLAY TOUR 2002 SPECIAL EXTRA PACKAGE “ONE LOVE”】
会 場:岩手県民会館
REPO: i
DATE:2002/2/4
GLAY TOUR 2002 SPECIAL EXTRA PACKAGE “ONE LOVE”
仙台を終えて北上し、盛岡と秋田を終わってから書いてるので
すでに頭の中がごちゃごちゃしております!(爆)
詳しいレポはできませんが、とりあえず盛岡レポします。

2/4 盛岡県民会館

メンバーの衣装はJIRO以外全部同じみたいです。
TERU:黒のショートジャケット、黒にグレーの縦縞が入った完璧スカート(ドームとは別)
黒のパンツに白いペンキを筆でパッとちらしたような模様。
中は白のTシャツに胸に今度はブルーでちらしたような模様。
で、手の甲がかくれるくらい長くて手首の所をシルバーのチェーンで
キュッと縛ってあるので、フリルみたいに見えてた。
さらに、スカートの上に白いエプロンをつけたように見えたのは、
Tシャツの裾(前後)にTシャツ地の布を安全ピンでとめてたから。(笑)
髪型はこの日から左分けになってたそうだ。
(ここまで詳しいのはTERUファンの友達に、確認してくれ!と言われたので
仕方なく双眼鏡で覗いて確認したため!)

TAKURO:黒のジャケット、白のTシャツで黒の英字が書いたもの。
パンツが派出でした!黒でシルバーのラメ模様入り。

JIRO:髪を切って尚鰤に短い!って感じ。ちょっとぽっちゃりして見えた。
中に長袖Tシャツ、上のTシャツがとにかく派出。
表は太い横縞(盛岡は縞がオレンジ、秋田はグレー)に英字、
裏にアメリカのアニメのような絵。パンツはジーンズなのに裾が絞ってあって、
スウェットみたいに見えた(変なの〜が第一印象!・爆)。
で太ももに2本、膝下に2本の横穴。腰からジーンズのヒモがぶら下がってた。
(やっぱり変なの〜!・笑)まるでアメリカのロックキッズのようでかわいかった!

HISA:ドームとまったく同じ。で裏が鮮やかな黄色、ふちも黄色。ラジオで
「背中にみちのくらしいものが!」って言ってたのに...
同じじゃないかーーーーーーーーー!でした。(笑)

TERUの最初のMC
「こっちの人は薄着だよねぇ。こっちはダウンジャケットなんか着てるのに大丈夫なのかなぁ、
って車の中から見てたんだよねぇ。
HISASHIは雪で滑ったんだよね。
(とHISAに振る。1週間前の雪がかなり残ってたのよ)
HISA「平気だよ!(この言い方がぁぁぁ〜めっちゃかわいかったのだーーーーーーーーーー♪)
ラバーソールで歩いてるもん!(この言い方もかわいかったのよぉぉぉーーーーーー!)
TERU「仙台から昨日来たんだけど、大通りのあたりを歩いてたら酔っ払ったおば、おば..
(すごいやばい!という顔!)おばさんに(結局おばさんと言うTERUに、
相方と二人「えぇーーーーーーっ!」と大声で突っ込む!・笑)
豆を投げつけられたんだよね。(投げつけられた、ってーーーー!!!・大笑)
なんでかなぁと思ったら昨日は節分だったんだよね!(一人でうけてすごい笑ってた!)
こんなおもろ話を自らばらすTERUっち!

メンバーがHISAの真似をするかのように、クルクル回っていたのが印象的。
TAKUROもJIROも成功したのに、TERUっちったらぁ〜!
失敗してHISA側のアンプにぶつかりみごとに失敗!自分で笑ってましたねぇ!!!
TERUは客を一生懸命煽るも、盛岡は3階まであったためしんどそうでした!(笑)
「1階ー!」「2階ー!」まではよかったんだけど、あっ!って感じで「3階ーーー!」でした。
♪Christmas Ringではドームと同じ炎のセットが出たんだけど、
TERUが「ドームではこんな感じでやっていたんだということを少しでも見てもらいたくて
このセットを持ってきました」
(会場が小さいのでスーテージが燃えそうでした!)

HISAはいつもよりくるくる回って、アンプにぶつかってすっ転ぶんじゃないかと
思うくらいでした!
でこの日はやたらアンプに足をあげてギター弾くもんだから、
大好きな悩殺生脚が〜〜〜〜〜〜〜♪
たっくさん見れました!!!3階席だったのが非常に残念でした!最前であれやられ日にゃぁ、
鼻血もんでしょう!でもって吠えまくってましたねぇ!!!
かっこいかったですーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

JIROがやっぱり一番サービス精神旺盛!1階の前後、2階3階と顔をしっかりむけて
煽ってました!
その顔がなんともキュートで、でも男らしくてステキングでしたねぇ!
♪HIGHWAY NO.5ではちょっとだけどドームと同じようにメンバーと絡んでました。
「ドームツアーで俺らはすごいコンビネーションができたんでそれを見てくれ!」
例のJIROのベースにメンバーが音を出すもの。
HISAはこれは得意じゃないとみた!と思うくらいずれちゃって、人差し指でもう1回ポーズ。(笑)そのはにかんだ笑顔がまぁ、かわいいのなんのったらぁ〜♪HISAは最近路線をかわいい系に
変えたのか?(爆)となんとも複雑です!(笑)
TAKUROはJIROのベースにやられた!って感じで1回ごとに後ろにのけぞってました。
で、TERUも負けじと声で応戦!...今一でした!(笑)自分でも笑ってましたよ!

尚鰤に♪FAT SOUNDSをやってくれたので、めっちゃくちゃ嬉しかったです!
でもうちったら!HISAのギターのアレンジが変わってたのでイントロでわからなかったぁ!
これはTERUの開脚ジャンプがでる!と思って期待大!だったのですが...
TERUっちお疲れ?って感じでキレイじゃなかったです。
あれは本人も不満だったろうなぁ...。

この日は最前に男の子が多くてJIROはピックを手渡ししてました!かなり羨ましかったです!
HISAは珍しく、というか初めて?ペットボトルを投げたのにはびっくり!!!
TERUも投げたんだけど3階まで届いてましたよ!!!びっくりしたー!

HGの時の盛岡が盛り上らなかった印象があるので、
ちょっと不安でしたが、お客さんすごかったです!あー、待ってたんだなぁ、って感じがしました!TERUもTAKUROももっとMCをしてたのですが、今いっぱいいっぱいで思い出せません!!!
断片的でほんとに申し訳ないです!!!何か思い出したらまたレポします!



【GLAY TOUR 2002 SPECIAL EXTRA PACKAGE “ONE LOVE”】
会 場:秋田県民会館
REPO: i
DATE:2002/2/5
GLAY TOUR 2002 SPECIAL EXTRA PACKAGE “ONE LOVE”
2/4 秋田県民会館

GLAYのおかげで初めて秋田新幹線に乗りました!(笑)
チケ代振込み&チケ交換があるため早めに移動。今回はこれでほんとに振り回された!!!
そして秋田銀行!ATMじゃ、自分のキャッシュカードがないと振り込めない!
仕方ないから窓口へ。(笑)まじでめんどーだった。
会場に着くとはらっ!?ってくらい人がいない!ダフ屋の方が多いんでない?(笑)
いよいよチケ交換...嫌な予感が見事的中...交換する度2階席、それも似たような
とこばっか...。
はぁ〜もぉ〜せめて1回ぐらい1階で見たいよ〜〜〜!(泣)とがっくり肩を落とすうちに、
相方が「ある意味すごいよね、2枚連番で似たような席ばっかって取れないもんだよ!」
と励ますも、「嬉しくなーい!」とほんとに泣きそうな顔をしていたらしい。(爆)
その横で北海道のメル友がTAKU側1階9列を当てる!!!...いいなぁ〜。
と思ってたら彼女は1人で見るとのこと。そしたら、そしたらー!
うちの相方が「 i そっちで見れば?」と言ってくれてーーーーーー!(号泣!)
でも悪いなと思って「えっ!?でも1人で見ることになっちゃうよ?」と言ったら、
「あっ!そうか!自分が1人になるのか!」と苦笑うも「いいさ、いいさ!」とOKしてくれて。
(さらに号泣!)
なんていい奴なんだ!就職したら(ここがなんとも(^^ゞ)お礼するからね!
いい友達持ってうちは本当に幸せ者だなぁ、と喜びをかみ締める!
後日談、相方曰く「だって i ったら、ほんとに運ないなぁと思ってさ。(笑)まじで泣きそうな顔
してたよ?
で、行っていいよって言った時の顔ったら!一変してものすっごく嬉しそうだったから
おかしかったー!(笑)」う〜む、なんてバカ正直なうち...お恥ずかしい...。
余りチケを無事秋田の友に渡してから会場に入ったのが開演10分前!
いつものことだがここからが忙しい!ライブに向けての準備をする。何の?と思われるかも
だが、ライブグッズがやたらと多いうち。タオルを出してリストバンドをして双眼鏡をだして
ピントを合わせ、ペットボトルを出して今回はあの‘芸手’(げーて)も登場!(HISAがドームの
時メンバー紹介で使った白い手)そしてアンケートの記入とまー忙しいったら!(笑)慌てて
入ってきて10分足らずでバタバタやるもんだから、後の席の人にいつも唖然としてじーっと
見られてしまう!(爆)どこまで落ち着きがないんだ!
そうこうしているうちに客電が落ち、ライブスタート!!!

ドームとは違うSE(東北シリーズ)。またHISAが作ったんだろうな、と思われるなんとも
言えない曲。(笑)
♪ALL STANDARD IS YOUのイントロでキャーッ&おぉーっの歓声!なんかいつもと
違う雰囲気だった。うちはほんとにTAKUROのまん前!!!TAKUROファンには
申し訳ないが「これが逆側だったら!」と思うことしきり!譲ってもらっておいて失敬な奴である!(爆)そして客席のスロープがゆるくてメンバーの膝くらいまでしか見えない。さらにはHISAを
見る方向にでかい男!
どうしてもHISAを見せない気ね!と神様を恨むうち!益々失敬な奴である!(爆)
本編はご存知のセットリストで進む!1曲ごとにすごい歓声だった!最初に感じた‘違う雰囲気’は地元の人、東北の人達が多かったからだろうな。そしてドームツアーに参加できなくて
ほんとに待ってたんだなぁ、な人が多かったんだろうなぁ、と思うほど皆嬉しそうだった!

=TERU♪WET〜の後のMC=「秋田はpure soul以来3年半ぶりです。こんなに待たせるつもりはなかったんだけど、今日ここで皆に会えて嬉しいです!溜まってた分たくさんあると
思うんで、はきだしてガンガン暴れてください!!」
(会場、うぉーっ!)

TAKUROの前だけにいくらHISAを見ててもやたらと目に入る!(爆)体ごと動かしものすごい
ヘドバンだ!!
まるで連獅子のようじゃないかっ!(爆)「頭くらくらしないのかなぁ?と素朴な疑問。(笑)
仙台、盛岡と見てきて感じたこと。オーバーアクションなのではなく、ドーム仕様の動きをすると
ステージが小さいから大きく見えるのだ!
こんなにステージが狭く見えるなんて、初めてかもかも!メンバー皆今日もノリノリだぁーーー!!!
HISAのくるくる回るをこんな近くで見るのも初めてだ!ドラムの前でが一番スペースがあって
回りやすそうだった!
衣装がひらんひらんして生脚がちろりちろり♪見事なチラリズムでのっけから悩殺されるうち!(爆)北海道の友もHISAファンなのでそりゃぁもぉ大騒ぎさ!!!(笑)

=TERU♪ひとひら〜前のMC=「去年EXPOでGLAYが、どういうことがグローバル
コミュニケーションか探しているところで、九州のEXPOに海外のアーティストを呼んで
一緒に朝日を見たことで、わかった気がします。」

(もっと話したんですが...)

TERUが熱唱!TERUファン曰く「この時のマイクスタンドになりた〜い!!!」(笑)

=JIRO♪mister〜の対決前のMC=「俺らドームですごいものを見つけてきた!
つーか開発してきたコンビネーションをね、覚悟して聞いた方がいいぜ!!!」

(会場、またしてもうぉーっ!男の子がけっこういた気がする!)
HISAはやっぱりこれは苦手と見た!またもう1回と右手人差し指でお願いポーズ。
このはにかんだ顔がキューティー♪つーか頑張れよ!JIROに負けんなよ!(笑)

=TERU♪Way〜のMC=「ステージから見ると楽しそう!とまどいながらニヤニヤしてるの
見ると、地方に来たなと思います。自分も函館出身なのでわかるんだけど、地方にはなかなか
(アーティストが)来てくれなくて淋しい思いをした記憶があります。なんて言うんだろう...
北の人ってあれだよね。
(どれだよ!・笑)表現の仕方は人それぞれあって例えば青森も
そうだったんだけど、各地ノリ方が違って南の方はノリがすごくて...
(これは正直、
「えぇっ!?何言い出すん?」って思った。
うちは今回に限らず回数重ねてきてるからなんとなくTERUの言いたいことはわかったんだけど、北の人ものってるのはわかる、って言いたかったと思うんだけど、久しぶりにライブ来て
楽しんでるところにこんな風に言われたら、「ノリが悪いってこと?」と傷つく人もいるんじゃないか?と老婆心な気持ちだった。
終わってTERUファンに感想聞いたら「あの言い方はまずいよね。」と言ってたよ。
TERU〜!MC、もっと頑張ってくれ〜〜〜!)
(MC続き)来れてよかった!たくさんの皆が会いにきてくれて嬉しいです!!」

♪Christmas〜の炎に「おぉーっ!!」というすごい歓声!やっぱりお初の人多いっぽい!
そしてこの曲が終わったあと、どーいうわけだか秋田の人達がシャイなのか、なかなか声援が
出なかった!(笑)
「はれっ?」って思う程!!うちもなんだかつられてまごまごしてたら、「ひさしぃー!」「じろーう!」の掛け声が!
TERU「よかった、誰かあげてって感じで不安でした。(笑)すごい雰囲気だね。」(会場から笑いが!これもなんだか控えめ!)新曲の後、ガンガンハードに盛り上る!
HISAは残念ながらあまりTAKURO側には来てくれなかったんだけど、やっぱり吠えてたーーー!!!
TAKUROがやたらと前列を煽ってた、の、だ、がー!申し訳ない!!HISAばっか見てましたー!(爆)でもすごかったよ、最前の人にギター触らせたりしてた!いい女でもいたんかー?(爆)ってくらいの笑顔で!(笑)東北ツアーはどこの会場も最前に男の子がいたので、JIROも
もっと暴れろー!と言わんばかりに煽ってた!

あっと言う間に本編終了。すぐにアンコールのコールが始まり手拍子してたら、
♪Happy Birthday to Youが
聞こえてきてた。「誰の?」などとすっとぼけたことを考えるも「あっ!HISAのか!」(笑)
そういや、始まる前にチャイナコスの子がなんか配ってたなぁ、これのことか!
と思い出し一緒に歌う!

アンコール。メンバー出てきた後すぐHISAが喋った!!!
「今日来てくれてありがとう!すごく嬉しい♪」
きゃーっ!きゃーっ!きゃーっ!また聞けたー!と相方と抱き合って大喜び!
HISA、にっこにこのかわいい笑顔!
そのときJIROがカメラでパチリ、パチリ、とHISA始めメンバー、会場を写し大サービス!
(ジロジロックスに載せた写真です!)

=♪小さな小さなラブソングの前はTAKUROのMC=
「今回は俺らの無理を聞いてくれたキョードー東北の和泉さんはじめ、たくさんの人に
感謝したいです。
(もっと話してたんだけど覚えてないです...)
そして♪Winter〜のイントロが流れるとキャー&おおぉーっ!のものすごい歓声!!
やっぱり久しぶりに来て久しぶりにこの曲聞く人が多かったようです!
盛岡に続いての♪FAT SOUNDS!!!今日はHISAのイントロで拳つきあげてました!
アンコールのどの曲か忘れたんだけど、なんとTERUがTAKUROサイドの花道へ!!!
ち、近い!ほんの2、3mのとこで手が届きそうじゃないかーーー!!!
髪の毛が一本一本見えるー!汗が落ちるのが見えるー!これにはさすがのうちも大興奮!!!(爆)花道前の人達、手触ってたんだよーーーーーーーーーーーー!!!
TAKUROも本編の時に来てたんだけど、すっげーでかかった!(爆)
でもすっげーかっこいかったよ!
HISA&JIROは来てくれなかったので、「ちぇっ!」なうち!(笑)でもあそこで生脚見てたら
鼻血出てたかも〜!

こんなんで無事秋田も終了!北国の人には北国の人ならではのノリ方があるんです!
表現はおとなしいかもだけど、ハートは熱いんです!そんな感じのライブでした!
終わったあと、なんかすっごくあったかくなれたライブでした!きっとメンバーにも伝わったと
思います!
また来てねー!約束したからねー!!待ってるからねー!!!



【GLAY TOUR 2002 SPECIAL EXTRA PACKAGE “ONE LOVE”】
会 場:秋田県民会館
REPO:神楽
DATE:2002/2/5
GLAY TOUR 2002 SPECIAL EXTRA PACKAGE “ONE LOVE”
この日は、チヶ取りから始まりました。仕事から帰って、仮眠でもとろうと思い早くに風呂も入って
「おっしゃ!!」なんて気合い入れてたんだけど。。気合い入れ過ぎて結局寝ずの番でした。(笑)ラジオが始まり、いよいよチケ取りの時間!ドキドキでしたが、神様(みなさま)ありがとう!!!!
無事、取れました!!(>▽<)寝ようとしたけど、寝られず。。。。徹夜のまま仕事へ。。。
その日の仕事は浮き足だって、挙動不審!!「まず、落ち着け。」と注意されっぱなしでした。
(ごめんなさい)
17時になっても仕事が終わらず、焦ってたところ「行きなさい。ジロウが待ってるべ!(笑)
テルによろしく!」と上司の方が笑顔であがらせてくれたぁ!(>_<。。感謝します!!!
ここにもひとつONE LOVE発見!

急いで会場へGO!!!開演30分前に到着。バタバタとiさん達に会い(いつもバタバタで。。。)チケを友達に渡し入場!!!(もう、汗かいてた)
席はジロウさん側の9列目でした。思ってた以上に近くて「ほんとにここ!?間違いじゃ!?」
と何度も席番号を見てしまった。(笑)
ステージが低いから余計近くに感じるのかな?もう、ドキドキしてました!!
通路側だったので、座る時にお尻が誰かにボン!とあたってしまい「あや!すいません!」
と振り返ると。。。。ネスターさんでした!!!(×_×)
あたしの尻圧でネスターさんが飛ばなくてよかった。別の意味でドキドキしてしまった!(笑)

座って5分程で客電が落ち、「きゃ〜〜〜〜っ!!」と歓声の中シルエット見えました!!
いよいよライブ突入!
まっ先にジロウさんの立ち位置を見る!!
居るぅ!!そこに!!!(>▽<)確認しました!!(頬を)
「近いよぅ!!ねぇ!!」と隣の母(一度テルに会いたいと言うので連れてきた)の
肩をバシバシ叩いて、興奮しまくり、感動のあまり少しうるるっ(T-T)
♪ALL STANDRAD IS YOUスタート!
ジロウさんのベースがボボン!!!と。LOOK AT ME〜〜!!でステージが明るくなり
メンバーの姿がはっきりくっきり!
ああ〜〜〜〜っ!!肉眼で表情がわかる。今まではスクリーンでしか、メンバーの表情は
見た事がなかったので。。。今まで以上にほんとにそこにGLAYが居る事を実感しました。
衣装は、あんまり詳しく知らないのであたしの第一印象で解説。
タクロウさん「クールなスーツ!」
テルさん「何か、王子様みたい!(手のとこがヒラヒラしてて)」
ヒサシさん「マスクした黒ずきんちゃんだぁ!」
ジロウさん「スマスマのマー坊みたいなジーパンだぁ!(でも、おしゃれ。
靴もかわいかった)」←これは青森で思ったことだ(笑)
♪嫉妬♪WET DREAM
イントロでもう、ジャンプしながら拍手!!!!ここでエンジンがかかった感じ!!
力こぶ突き出してガンガン振り回してたところで、ジロウさんが前に!!
例の会場を見回すお顔(ちょっと上向きのムニッとした口)もう。。。素敵で(T▽T)
「ふんぎゃ〜〜〜っ!!!」と叫んでました。(笑)

MC テルさん「秋田はPure soulツアーから3年半ぶりです。溜ってた分ガンガン暴れてください!」(もっと何か話してたんだけど。。。)会場「お〜〜〜っ!!!」
テルさん「どんどん激しいの行くぜ〜〜〜!」

♪Prize♪君が見つめた海♪Fighting Spirits
君が見つめた海ではタクロウさんのソロに見とれ気味。(実はドームまでタクロウさんが
歌ってることに気付かなかったという愚か者でした)目をつむって熱唱してたのが印象的!!!!
Fightingの「生きることは辛いな。」で母が「うんうん」とうなずいて手拍子してた。(笑)

MC テルさん「この曲はいろんなライブでやって、成長していった曲なんだけど、ここでも
成長できればいいな。と思います。」
←あやふや(汗)こんな感じなことを話してたと思う、
ごめんなさいっ!

♪ひとひらの自由
テルさん熱唱!!!!!!!!!!!!声が凄く!!
「泣かないで〜〜!!!!」で泣いたっちゅ〜の(T▽T)
♪VIVA VIVA VIVA♪HIGHWAY NO5♪mister popcorn
ジロウナンバーでござる!!!ソロの火星語はやっぱり、わかんない〜〜!!!
misterの途中でドームでお馴染みの対決あり。
TOSHIさんとのコンビネーションは絶妙!!!
小森さんとはいまいち?(笑)
ヒサシさんは失敗!(笑)もう一回!!と人さし指を出してお願いしてる姿がかわいかった!!!
タクロウさんはジロウさんに撃たれる!!(笑)
テルさんはじ〜〜〜〜〜っと向き合いながら合わせようとしてたんだけど、少しずれてしまい
「ハハハッ!!」と!!かわいい。。。。。
♪電気イルカ奇妙ナ嗜好
この曲は何だかかわいい気分になれるし、会場全体でひとつになれる感じ。
多分、自分凄い笑顔だったと思われる。。。無償の笑顔であっただろうか(^^;)

MC テルさん「ステージから見ると楽しそう!とまどいながらニヤニヤしてるのとか見ると
地方に来たなって思います。
(この間に何か話してたんだけど)南の方は暑いだけあって、
ノリが凄くて北の人ってあれだね。表現の仕方はそれぞれあるんだけど。
来てくれて良かった!たくさんの皆が会いに来てくれて嬉しいです!!!」

↑かなり簡潔に書いてしまったのだけれど。。。。
がびん!!(~□~;)やっぱり、ノリ悪いっすか!?テルさんの言葉にかなり
心臓バクバクしたよう!!きっと、それぞれ地方のノリってのがあるってこと
言いたかったんだろうけど。至上最高にドキドキしたMCでした!(笑)

♪Way of Difference
テルさんの歌が入ったところで「おぉ〜〜〜!」と静かな歓声が。
ヒサシさんのギターが入るとこでグーーーッときて、涙が出ちゃいました。。。。
♪夢遊病♪Christmas Ring
Cristmas Ringではドームと同じたいまつが燃えてました。
初めての人が多かったようで、歓声があがってました。
炎に照らされたメンバーは幻想的で綺麗。。。。
が!!聞き惚れていたのか、シャイなのか終わってから中々声援が出ず。。。。
変な沈黙が(汗、汗、汗)あたしもまぐまぐしてしまった。。。(×_×)
そのうち「ジローウ!!」「テルーー!!」と(笑)
テルさん「良かった。誰かあげてって感じで不安でした(笑)」
MCに続いての心臓バクバクパート2!!!凄い雰囲気だったぁ。

♪アゴラ広場で会いましょう(新曲)
タイトルを言った後に「珍しいタイトルですが、聴いてください。」と言っていた!
(笑)確かに、珍しい!!!

♪STAY TUNED♪MERMAID♪THINK ABOUT MY DAUGHTER♪GLOBAL COMMUNICATION
もう、ここはのってました!!!ずっと、手を振り上げ、ジャンプ!!途中でよろめく。。。。。
年を感じる〜〜〜!!
ジロウさんは端から端にまわって、「うお〜〜〜〜っ!!!」てな顔で煽ってた!!!
こっちも「うおぉぉぉっ!!!!」

そしてアンコール!
思わぬハッピバースディコールが流れてきて、「あっ!!ヒサシさんの!!そうか!!
そうか!!」と。
これも初体験で何だか嬉しくてニヤニヤ照れ照れしながら歌ってたところで、
メンバー再登場!!!!!!!!!
ジロウさん出て来て、いきなりタオルを投げ〜〜〜る!!!
右斜め一番前のカップルのド真ん前にぃ!!!
彼女が取って、信じられないような顔して喜んでたなぁ。いいなぁ!!いいなぁ!!
ジロウさん!もうちと左だったよう!(T▽T)
ヒサシさんがマイクの前に立ち、両手を軽く上げ「今日は来てくれてありがとう!凄く嬉しい!」
と笑った!!!!ニコッと!!笑った!!
初めて正面から見たヒサシさんの笑顔は。。。。。。。。かわいいっっ!!!!
そのときジロウさんがカメラでメンバーをパチリ、パチリと。(ジロジロックス参照)
少年のような笑顔で撮ってました!!(>▽<)

♪小さなラブソング
タクロウさん「今回の東北ツアーではキョードー東北の和泉さん始めたくさんの人に
感謝したいです。みんなからも暖かい拍手を。」
(もっと話してたけど、すいません)
会場からパチパチパチ〜〜!!と拍手!!
テルさんは座り譜面を見ながらで、タクロウさんはピアノでした。

♪卒業まであと少し
ここは凄く聴き入ってしまいました。もう、自分とグレイしかそこにいないような感じで瞬きもせず。
静かに終わった後、前の制服を着た女の子が泣いてました。

♪Winter,again
雪国で聴けるのは嬉しいっ!!ひと味違う感じ!!
この曲の時は2階席の人達はライトでメンバーがほぼ見えなかったらしい。(友達から苦情。笑)
そういえば、青森もだった。

♪FAT SOUNDS
テルさん「ポリープができるくらい、思いっきり叫んでいこうぜ!!!!」
ヒャーーーーーーーーーーーーー→!!!!!
でポリープできたかも!!!と思うくらい叫んでしまいました!!
久しぶりのFATは激し〜〜〜〜っ!!(×_×)
そしてジロウさんがベースをソロで弾き始め。。。。まさか!?まさか!?と思っていたところで
「うおぉ〜〜〜っ!!」♪SHUTTER SPEEDのテーマ!!0(>▽<)0
「秋田ぁ!!」と叫んでくれてました!!!
途中、なななななんと!テルさんが2メートル手前まで出張!!!!!
「一挙両手に彼女のハートを打て〜〜!!」で手をピストルのようにして、先ほどジロウさんの
タオルを手にした彼女に向かってバンッ!!と打つ。
おまけにめちゃめちゃ手を触らせて?(笑)たぞう!!!
そんなにその彼女がいいのかぁ!?(T▽T)と嫉妬しつつも「テルさぁぁぁぁん!!」
初めてあんな近くで見てしまった。鼻血出なくて良かったです。カッコよかったです!!!
手が綺麗だったです!!
そして、ジロウさんソロを完璧に見逃すのでありました。(テルさんわざと?笑)

♪誘惑♪ACID HEAD
この時、また!今度はヒサシさんが2メートル手前まで!!!!!
何とまぁ、お美しい!綺麗〜〜〜!!!すべてがシャープ!!!
しかも、生足初お目見えで!白い!細い!!ドキドキ!!!
でも、カァッッッコいいっ!!!
最後に近づき、メンバーみんな端から端まで周り煽ってました!!
タクロウさんがこっち側に来てたときに思ったことは。。。でかい!!!(笑)
リーダーだけあるのだ!!!でも、かっこええの!!!
そしてあっという間にライブ終了。
ジロウさん最後まで両手ピースではけて行きました!v(^^)v

客電がつき、ふと前の女の人を見ると。。。ピックを持っている!!!
まさか!?「それはジロウさんのですか!?」と思わず話しかけてしまいました!(笑)
「いえ、ヒサシくんの。(笑)」と「触ってもいいですか!?」と触らせていただきました。(笑)
ありがとう!!!

今回のライブは初体験なことがいっぱいで、心臓もバクバクすることが多かったのだけれど、
色んなONE LOVEを感じられて良かったです。
でもライブの途中、やっぱり少しおとなしいかな??と思ったのがほんと(笑)
それでも、終わった後に「良かった〜!!また絶対行く!!最高!!ありがとう!!
ありがとう!!ありがとう!!(>_<。。」と感じられ、パワーもバリバリもらいました!!!
(もらいすぎて山形に夜勤明けで行こうともした。笑)
この気持ちがすべてだなぁ。って心があったかくなれたライブでした。

何か、かなり長くなりました。
幼稚な感想文で恥ずかしいですが、ご勘弁を!
そして、ここで協力してくれたみなさんほんとにありがとうでした!!!



【GLAY TOUR 2002 SPECIAL EXTRA PACKAGE “ONE LOVE”】
会 場:山形県民会館
REPO:まめたろう
DATE:2002/2/7
GLAY TOUR 2002 SPECIAL EXTRA PACKAGE “ONE LOVE”
仙台ライヴから5日。
ドームツアーファイナルに行けなかった悔しさ(?)を思い出し、
東北ツアーのファイナルは行くっきゃないでしょー!!と参戦。
でも、明日は仕事なんだよな〜。(苦笑)

18時過ぎくらいに会場に到着。
早速iと遭遇・・・ってか発見された。(爆)
仙台からのバスでも一緒だったんだけどね。(声かけてくれてアリガト♪)
チケ引き換えの列はかなり長くてやっと最後尾に到達。
雨が降っているのでじっとしてると寒い・・・。
引き換えてみると笑えるくらい後ろ。
ドームやEXPOの後方に比べたら全然マシだけど、相方がかなり凹む。

いろいろあって席に着いたのは開演5分前。
コートなんかを脱いでひと息つくと客電が消える。いよいよファイナル!!

19時開演。SEが流れメンバー登場。
普通に舞台袖から出てくるところがホールならでは。

『ALL STANDARD IS YOU』
いきなり手拍子が!?仙台とは客層が違う感じ。
照明がくらいうえにレースのカーテン(笑)じゃないけど、透ける素材の幕が
かかってるからTERUさんぐらいしか見えない。(ライティングは綺麗)
今日のTERUさんはオデコ全開!?

『嫉妬』
曲の始まりとともに薄い幕が落ちる。
照明も明るくなってメンバーが見える!!
みんな前に出て来た〜と思ったらHISAは定位置。(笑)
サビになるとJIROくんだけが定位置。今日もHISAのテルミンあり。

今日の衣装。
TERU:黒ジャケット、その中に白長T。
    黒のパンツ(2枚重ねスカート付)。
TAKURO:黒の(シャツ風な)ジャケット、その中に白Tってかノースリーブ?
      黒のパンツにはキラキラが・・・。
HISASHI:縁が黄色っぽいロングコート(スリットは深い)、ベールもあり。
JIRO:何か英語と78って書いてあるピンクと黒のボーダー長T(スウェット?)。
    袖のとこはグレーっぽい。薄いデニムの色?みたいなダボっとしたパンツ。
    切れ端を束ねた?ようなものを腰から下げている。チェック柄の靴。

『WET DREAM』
JIROくんが前に出る。HISAがTERUさんの後ろでクルクル舞う。
間奏でのギター2人カッコイイ!!あっ、TERUさんジャケット脱いだ〜。
最後にJIROくんが手を上げる。

MC:TE「山形ホントに久しぶりだね。長い間タメてたものを吐き出して行こう!
     東北ファイナルだから思いっきりハジけて、ドームファイナルを越えようぜ!!
     それじゃ、このハードなナンバーでハートを揺らそうぜ!!!」

ホントはもっと喋ってたと思うし、想像で文章にしちゃってる部分もある・・・。(苦笑)
この後のMCにも自信ナシです。(スミマセン)

『Prize』
TE&TAが向かい合う。今日も仲良し♪(笑)
間奏でHISAが手を上げる。
♪サンドバックに〜♪でHI&TEが向かい合う。
猫パンチなし(未だに見たことない)。

『君が見つめた海』
TAKUROが激しく演奏する。コーラスもよく聞こえてくる。
ソロの前にTAKUROを指差すTERUさん。
もちろん、今日もソロはバッチリ。最後にTERUさんが客席を指差す。

『Fighting Spirit』
ここで気づいたことが2つ。
1つはTERUさんの長Tの肩部分が開いてたこと。(笑)
何ヶ所かで繋がってるカンジ。生足ならぬ生肩?チラリ。(爆)
もう1つはHISAのベールが既になかったこと。いつ取ったの〜??(笑)
このとき、ネスターの客席チェック。(ご苦労様です)

MC:TE「去年はドームツアーとEXPOをやって、スタッフに背中を押されて
     イベンターさんに協力してもらって、身近な人たちの愛情をたくさん
     感じたんだよね。みんな“ガンバレ”って背中を押してくれて・・・
     ここまでやってこれたと思う。今度は歌う立場にいるオレたちが
     みんなの背中を押してあげたいなって。“大丈夫だよ”って
     背中を押してあげられる、そんな曲です。」


『ひとひらの自由』
初めて聞いたのはヘビゲファイナル。すっごく成長したね、この曲。
間奏でTERUさんがマイクから離れて両手を広げて叫ぶ姿が美しい。

『VIVA VIVA VIVA』
HISAのギターイントロ前のSEが面白い。
HISAがドラムの台に上がる。
TE「OK!山形!ガンガン揺らそうぜ!!」
  「もっともっと揺らそうぜー!!」

TAKUROが左、JIROくんが右に行く。
♪VIVA×3♪のときにTERUさんが“おいでおいで”の手をやりながら
腰を振る。最近よく腰を振るのを目撃。カワイイっすね〜。(笑)
それにしても、“おいでおいで”の手はかなり浸透したね。

『HIGHWAY No.5』
TE「OK!!」
JIROくんが前に出る。TAKUROは膝をついて演奏する。
HISAはドラムに向かって演奏してる。
サビの♪〜かなり不機嫌さ♪の“さ”でTERUさんがジャンプ!!
この後も同じトコでジャンプする。最近ジャンプも多い?
JIROくんのソロ。「山形!ワー!!」って盛り上げる!!
TE「YEAH!!!」

『mister popcorn』
お楽しみの時間♪(笑)JIROくんが客席を指差す。その動きがカワイイ♪
JI「盛り上がってるか?盛り上がってるのか??山形〜!!
 (ベースに合わせて喋る)
このとき、TE&TAがヒソヒソ話。(笑)何話してんのかな〜?
JI「ドームツアーで成長したからウチのメンバーすごいよ。」
すかさずTOSHIさんに向けてやるとピッタリ合う。
JI「スゲェーだろ!!」
またまたTOSHIさんに向けてやるがTOSHIさん失敗。
JI「ダメじゃないかっ!!(ベースに合わせて喋る)
TOSHIさん苦笑い。
そして立て続けに(順番に)メンバーに向けてやっていく。
ピタっと合わなかったり1回多くやっちゃったり、
TAKUROに向けたはずがTERUさんも声出しちゃったり・・・。
メンバーが慌ててるの見てJIROくん楽しそ〜。(笑)
TE「けっこう難しいんだよ、コレ。みんなもやってみて。」
ってことで、JIROくん対お客さん。楽器で音出すより声で出す方が大変。
スピードに着いて行けない・・・TERUさんの言う通りだ。(苦笑)
JI「スゲェーぜ!!」
で、JIROくんのベースから再開。曲の終わりでJI&TA向かい合う。
この終わり方好きだなぁ〜。
暗くなってから“ドンッ”!?まだやってるよ。(爆)

『電気イルカ奇妙ナ嗜好』
JI&HIがピョンピョン跳ねる。カワイイ〜♪
サビの♪so funny〜♪の“funny”でTERUさんがまたもやジャンプ!!
♪バクを叩き〜♪ではノックする真似を。

MC:TE「え〜と、新曲が今月・・・かな?出るんだけども。人との出会いが
     あって大切に思ってても別れることもある。別れはすべてが寂しい
     モノかもしれないけど、そんな別れを優しくしてくれる曲です。」


『Way of Difference』
う〜ん、高音のトコ辛そうだなぁ。それ以外は大丈夫だけど・・・。
この曲を聞くと“あいのり”を思い浮かべる人はどのくらいいるんだろう?
自分は見てないから思い浮かばないけど。

『夢遊病』
前にTERUさんが、「この曲は最初の方をオレとJIROで引っ張っていく
カンジなんだけど・・・。」って言ってたっけ。
たしかにこの曲のときのJIROくんは、魂込めて弾いてるってカンジがする。

『Christmas Ring』
最初はTERUさんの両側の2本だけ火がつく。サビで残り全部に火がつく。
ドームツアーのときには見えなかったTAKUROのピアノを弾く姿がよく見える。
最後の方の♪明日を〜♪と♪あなたを〜♪の“あ”に力がこもるカンジが
好きだなぁ。

MC:TE「OK!YEAH!!今日はこんな感じのライヴだけど、青森→仙台→岩手→
     秋田ってやってきて今日の山形で最後なのね。こんな感じで
(生声で叫ぶ)
     近いでしょ?ライヴハウスではやってるけどホールは久しぶりで。今回
     オレたちバス移動してるのね。キョードー東北の人たちが頑張ってくれて、
     バンドの原点に戻った感じがするんだよね。GLAYが成長したのも東北の
     みんなやイベンターさんのおかげだと思います。次に聞いてもらうのは
     新曲なんだけど、またここでやるから。必ず山形に来たときにはやるから!!
     でもオレって忘れっぽいんだよね。(笑)」

TERUさん、自分でそんなこと言っちゃ・・・。(爆)

新曲『仮:芋煮会で会いましょう』
SHIGEさんのピアノイントロ始まったのに笑いが止まらない。(爆)
今までは建物や場所の名前だったのに“芋煮会”って!?
季節的にも違うし!!(笑)

『STAY TUNED』
TE「OK!山形!熱く行こうぜー!!」
ステージの横に伸びる花道(左側)に来た!!と思ったらスピーカーに被って
しまうと音がスゴイことに・・・。(苦笑)
しばらくの間、被らないように気をつけながら歌ってステージへ。
戻るとすぐさまTAKUROに報告。(笑)続いてJIROくんにも。
途中で歌詞飛ばしたよーな?

『MERMAID』
TE「OK!『MERMAID』!!」
TAKUROが髪の毛振り乱して演奏する。
JIROくんはドラム前の階段で演奏。
TAKUROが左に行けばJIROくんは右へ。(バランスいいなー)
HISAがスピーカーに足をかけて演奏する。うわぁ〜、生足全開!?
TE「YEAH!!」

『THINK ABOUT MY DAUGHTER』
HISAとTERUさんが向かい合う。ギターと歌声が響き渡る。
カッコイイ!!
ん?HISAが自分の定位置を1周する。何やってるんだろう??
TERUさん歌詞間違った?(相方情報)

『GLOBAL COMMUNICATION』
TE「OK!ラスト!『GLOBAL COMMUNICATION』!!」
今日も♪翼を描く〜♪で翼のポーズ。カワイイです☆

TE「YEAH!サンキュー山形!!気持ち良かったぜー!!!」

アンコールが続く。(けっこう長かった気がする)

メンバー再登場。JI&TEがタオルを投げる。

アンコールの衣装。
TERU:ONE LOVE PEACEの赤T。
    パンツは同じだけどスカートは1枚に。(白いスカートはナシ)
TAKURO:ノースリーブのツアーT、パンツは同じ。
HISASHI:ヒサT黒、グレーっぽいパンツでスカート付。
JIRO:スマイルT、パンツは同じ。

MC:TE「東北ツアーラストだね。」
   TA「ホントに最後だね、ちょっと寂しいけど。去年はEXPO・ドーム、
     その前に90本近いHEAGY GAUGEツアーをやって。そして
     こんなにみんなに近いとこでやれて、イベンターさんとスタッフ
     には感謝の気持ちでいっぱいです。・・・
(たくさん喋ったので
     お手上げ:苦笑)
・・・みんながまたココに来たくなったらオレたちも
     またココに来るし、オレたちがまたココに来たくなったらみんなも
     ココに来てくれれば・・・。ここで新曲を2曲聞いてもらうんだけども。
     最初の曲は、好きな人と電話して声を聞くだけで、ただそれだけで
     幸せだって思える、そんな思いが詰まった曲です。もう1曲は、
     みんなの中にも間もなく環境が変わったりする人もいると思う
     んだけど、そんな思いが詰まった曲です。それでは聞いてください。」

ホントはこんなんじゃないのにぃ〜。覚えきれない&思い出せない。(苦笑)

『新曲』
TERUさん座りで譜面台あり。(歌詞カード置いてるのかな?)
TAKUROはピアノ。
演奏が止まったからそれで終わりかと思ったら、最後の1フレーズだけアカペラ。

『卒業まで、あと少し』
引き続きTERUさんは座ったまま。TAKUROはピアノからアコギに。
でも、座ってるしピアノもそのままだから弾いている手が見えない。(苦笑)
演奏が終わり静かになったとこで“リーダー!!”って声が・・・。
せっかくしっとりとした雰囲気だったのに笑いが起こる。

『Winter,again』
強烈なライトがこっちを向いてたので何も見えず。
辛うじてTAKUROがいることはわかったけど。(爆)

MC:TE「え〜何か、雪の降る街でこの曲を歌えて良かったなって。こーゆー
     ナンバーもあるけど、みんなで一緒に歌えるナンバーもあるので
     聞いてください。」


『生きてく強さ』
JIROくんは階段で演奏。
TERUさんがTAKUROの肩に手をおいて歌う。
サビでマイクを客席に向ける。
(TERUさんがコーラス部分を歌うとつられちゃう:笑)
『〜で会いましょう』とは違う種類の曲のような気がするなぁ〜。

『誘惑』
ドラムのイントロを聞くと“来たぁー!!”って嬉しくなる。(笑)
HI&JIが前に出てくる。あれ?TERUさん歌詞飛ばした??
TAKUROがステージぎりぎりで演奏する。(ギターに触れたらしい)

『SHUTTER SPEEDSのテ−マ』
JI「ぶっ壊れて行こうぜ!山形!!」
♪人騒がせな〜♪のトコで“山形”って言ってくれました〜☆
JIROくんはソロが終わると右へ、TERUさんは左へ。
そのあとJIROくんが左に行き、右ではTERUさんがTAKUROの肩に手を・・・。
HISAは階段で演奏。終わり方が好き♪

『ACID HEAD』
TAKUROのイントロが今日は長め。
お約束かもしれないけどこのイントロはやってほしい。
(ラジオを聞いて心配になった)
TE「OK!行くぜ山形!!ラスト!『ACID HEAD』!!」

TE「サンキュー山形!無事終了しました!!ギッシリと詰まったみんなの
  気持ちをもらって良い曲を作るんで、また東北に来たときには一緒に
  楽しい1日を過ごしましょう!!!」

ピック投げたりペットボトル投げたり・・・。
TAKUROが最前の男の人に直接タオルかけてあげれば、
TERUさんは最前の女の子に手渡しでピックをあげる。(すげー)
TE「今日で最後なんで、こう手を繋いでやるやつがあるんですけど・・・。
  1・2・3!!ってやってくださいね。」

で、1・2・3!でジャンプ!!これがやりたかったんだよーっ!!!(嬉)
JIROくんが舞台袖にいるスタッフに向かってガッツポーズ!!
メンバーがステージを後にする。

客電がついたまま『ALL STANDARD IS YOU〜reprise〜』が流れる。
だけどアンコールは鳴り止まない。ステージでは撤収作業も始まってる。
イベンターの人たちも拡声器を使って“場内の清掃が始まるから・・・”と促す。
やっとアンコールを諦めて、口々にGLAYへの感謝の気持ちを叫んで
席を立つ人たち。
終わっちゃったんだなぁ〜。
ドームファイナルの不参加の悔いはなくなったぞ。
今日はカメラが何台か入ってたな。
肩に担ぐほどじゃない小さなカメラだけど。
メンバーが鑑賞するためだけのもの?何かの機会に見せてくれ!!

文章ってゆーよりは単語がいっぱいになってしまいました。
こんなんでライヴの様子が伝わったかどうかわかんないけど、
読んでくれてありがとうでした。m(__)m




【BACK】