★ X-RATEDツアー 全セットリスト ★
 
【埼玉・戸田市文化会館】 【Zepp SENDAI】
2004/2/21 (土) 2004/2/23 (月)
1.HIGHCOMMUNICATIONS
2.THE FRUSTRATED
3.ALL I WANT
4.BEAUTIFUL DREAMER
5.BLAST
6.あの夏から一番遠い場所
7.無限のdeja vuから
8.時の雫
9.Billionaire Champagne Miles Away
10.coyote,colored darkness
11.BUGS IN MY HEAD
12.Runaway Runaway
13.STREET LIFE
14.南東風
----------------------------------
Enc.1
1.Winter,again
2.It's My Life(アルバム未収録新曲)
3.生きてく強さ
4.誘惑
----------------------------------
Enc.2
1.天使のわけまえ(アルバム未収録新曲)
1.HIGHCOMMUNICATIONS
2.THE FRUSTRATED
3.ALL I WANT
4.BEAUTIFUL DREAMER
5.BLAST
6.あの夏から一番遠い場所
7.無限のdeja vuから
8.時の雫
9.Billionaire Champagne Miles Away
10.coyote,colored darkness
11.BUGS IN MY HEAD
12.Runaway Runaway
13.STREET LIFE
14.南東風
----------------------------------
Enc.1
1.Winter,again
2.It's My Life(アルバム未収録新曲)
3.生きてく強さ
4.誘惑
----------------------------------
Enc.2
1.天使のわけまえ(アルバム未収録新曲)
【名古屋センチュリーホール】 【香川県民ホール グランドホール】
2004/2/25 (水) 2004/2/28 (土)
1.HIGHCOMMUNICATIONS
2.THE FRUSTRATED
3.ALL I WANT
4.BEAUTIFUL DREAMER
5.BLAST
6.あの夏から一番遠い場所
7.無限のdeja vuから
8.時の雫
9.Billionaire Champagne Miles Away
10.coyote,colored darkness
11.BUGS IN MY HEAD
12.Runaway Runaway
13.STREET LIFE
14.南東風
----------------------------------
Enc.1
1.It's My Life(アルバム未収録新曲)
2.彼女の"Modern…"
3.SHUTTER SPEEDSのテ−マ
4.誘惑
----------------------------------
Enc.2
1.天使のわけまえ(アルバム未収録新曲)
1.HIGHCOMMUNICATIONS
2.THE FRUSTRATED
3.ALL I WANT
4.BEAUTIFUL DREAMER
5.BLAST
6.あの夏から一番遠い場所
7.無限のdeja vuから
8.時の雫
9.Billionaire Champagne Miles Away
10.coyote,colored darkness
11.BUGS IN MY HEAD
12.Runaway Runaway
13.STREET LIFE
14.南東風
----------------------------------
Enc.1
1.It's My Life(アルバム未収録新曲)
2.生きてく強さ
3.SHUTTER SPEEDSのテ−マ
4.誘惑
----------------------------------
Enc.2
1.天使のわけまえ(アルバム未収録新曲)
【神奈川県立県民ホール】 【北海道厚生年金会館】
2004/3/3 (水) 2004/3/5 (金)
1.HIGHCOMMUNICATIONS
2.THE FRUSTRATED
3.ALL I WANT
4.BEAUTIFUL DREAMER
5.BLAST
6.あの夏から一番遠い場所
7.無限のdeja vuから
8.時の雫
9.Billionaire Champagne Miles Away
10.coyote,colored darkness
11.BUGS IN MY HEAD
12.Runaway Runaway
13.STREET LIFE
14.南東風
----------------------------------
Enc.1
1.そして、これからも
2.生きてく強さ
3.彼女の"Modern…"
4.誘惑
----------------------------------
Enc.2
1.天使のわけまえ(アルバム未収録新曲)
1.HIGHCOMMUNICATIONS
2.THE FRUSTRATED
3.ALL I WANT
4.BEAUTIFUL DREAMER
5.BLAST
6.あの夏から一番遠い場所
7.無限のdeja vuから
8.時の雫
9.Billionaire Champagne Miles Away
10.coyote,colored darkness
11.BUGS IN MY HEAD
12.Runaway Runaway
13.STREET LIFE
14.南東風
----------------------------------
Enc.1
1.そして、これからも
2.生きてく強さ
3.SHUTTER SPEEDSのテ−マ
4.BURST
----------------------------------
Enc.2
1.天使のわけまえ(アルバム未収録新曲)
【福岡サンパレス】 【広島郵便貯金ホール】
2004/3/8 (月) 2004/3/10 (水)
1.HIGHCOMMUNICATIONS
2.THE FRUSTRATED
3.ALL I WANT
4.BEAUTIFUL DREAMER
5.BLAST
6.あの夏から一番遠い場所
7.無限のdeja vuから
8.時の雫
9.Billionaire Champagne Miles Away
10.coyote,colored darkness
11.BUGS IN MY HEAD
12.Runaway Runaway
13.STREET LIFE
14.南東風
----------------------------------
Enc.1
1.It's My Life(アルバム未収録新曲)
2.SHUTTER SPEEDSのテ−マ
3.誘惑
4.I'm in Love
----------------------------------
Enc.2
1.天使のわけまえ(アルバム未収録新曲)
1.HIGHCOMMUNICATIONS
2.THE FRUSTRATED
3.ALL I WANT
4.BEAUTIFUL DREAMER
5.BLAST
6.あの夏から一番遠い場所
7.無限のdeja vuから
8.時の雫
9.Billionaire Champagne Miles Away
10.coyote,colored darkness
11.BUGS IN MY HEAD
12.Runaway Runaway
13.STREET LIFE
14.南東風
----------------------------------
Enc.1
1.It's My Life(アルバム未収録新曲)
2.生きてく強さ
3.SHUTTER SPEEDSのテ−マ
4.彼女の"Modern…"
----------------------------------
Enc.2
1.天使のわけまえ(アルバム未収録新曲)
【東京ベイNKホール】 【石川厚生年金会館】
2004/3/15 (月) 2004/3/17 (水)
1.HIGHCOMMUNICATIONS
2.THE FRUSTRATED
3.ALL I WANT
4.Billionaire Champagne Miles Away
5.そして、これからも
6.あの夏から一番遠い場所
7.無限のdeja vuから
8.天使のわけまえ(アルバム未収録新曲)
9.coyote,colored darkness
10.BUGS IN MY HEAD
11.Runaway Runaway
12.STREET LIFE
13.南東風
----------------------------------
Enc.1
1.BLAST(ゲスト:東京スカパラダイスオーケストラ)
2.It's My Life(アルバム未収録新曲)
2.生きてく強さ
4.SHUTTER SPEEDSのテ−マ
5.誘惑
----------------------------------
Enc.2
1.BEAUTIFUL DREAMER(生オーケストラ入り)
2.時の雫(生オーケストラ入り)
----------------------------------
生オーケストラによる(メンバー不在)
HIGHCOMMUNICATIONSのオープニング演奏
1.HIGHCOMMUNICATIONS
2.THE FRUSTRATED
3.ALL I WANT
4.BEAUTIFUL DREAMER
5.BLAST
6.あの夏から一番遠い場所
7.無限のdeja vuから
8.時の雫
9.Billionaire Champagne Miles Away
10.coyote,colored darkness
11.BUGS IN MY HEAD
12.Runaway Runaway
13.STREET LIFE
14.南東風
----------------------------------
Enc.1
1.It's My Life(アルバム未収録新曲)
2.生きてく強さ
3.SHUTTER SPEEDSのテ−マ
4.彼女の"Modern…"
----------------------------------
Enc.2
1.天使のわけまえ(アルバム未収録新曲)
【新潟県民会館】 【大阪国際会議場メインホール】
2004/3/18 (木) 2004/3/22 (月)
1.HIGHCOMMUNICATIONS
2.THE FRUSTRATED
3.ALL I WANT
4.BEAUTIFUL DREAMER
5.BLAST
6.あの夏から一番遠い場所
7.無限のdeja vuから
8.時の雫
9.Billionaire Champagne Miles Away
10.coyote,colored darkness
11.BUGS IN MY HEAD
12.Runaway Runaway
13.STREET LIFE
14.南東風
----------------------------------
Enc.1
1.It's My Life(アルバム未収録新曲)
2.生きてく強さ
3.SHUTTER SPEEDSのテ−マ
4.誘惑
----------------------------------
Enc.2
1.天使のわけまえ(アルバム未収録新曲)
1.HIGHCOMMUNICATIONS
2.THE FRUSTRATED
3.ALL I WANT
4.BEAUTIFUL DREAMER
5.BLAST
6.あの夏から一番遠い場所
7.無限のdeja vuから
8.時の雫
9.Billionaire Champagne Miles Away
10.coyote,colored darkness
11.BUGS IN MY HEAD
12.Runaway Runaway
13.STREET LIFE
14.南東風
----------------------------------
Enc.1
1.ピーク果てしなく ソウル限りなく
(アルバム未収録新曲)
2.生きてく強さ
3.SHUTTER SPEEDSのテ−マ
4.彼女の"Modern…"
----------------------------------
Enc.2
1.天使のわけまえ(アルバム未収録新曲)





★ X-RATEDツアー その他セットリスト ★
愚麗威現象〜木更津TINY COMMUNICATION〜
(木更津市民会館)
2004/3/14 (日)
OPアクト:氣志團
----------------------------------
1.HIGHCOMMUNICATIONS
2.THE FRUSTRATED
3.ALL I WANT
4.BEAUTIFUL DREAMER
5.Billionaire Champagne Miles Away
6.BUGS IN MY HEAD
7.そして、これからも
8.あの夏から一番遠い場所
9.無限のdeja vuから
10.時の雫
11.coyote,colored darkness
12.Runaway Runaway
13.STREET LIFE
14.南東風
----------------------------------
1.BLAST
2.It's My Life(アルバム未収録新曲)
3.誘惑
4.I'm in Love





GLAY X-RATED SPECIAL AT 南港WTC
〜THE FRUATRATED〜
【大阪・南港WTCオープンエアスタジアム】
(フリーライブ)
2004/3/23 (火)
1.HIGHCOMMUNICATIONS
2.BEAUTIFUL DREAMER
3.Billionaire Champagne Miles Away
4.THE FRUSTRATED
5.誘惑
6.南東風





【GLAY CONCERT TOUR 2004 X-RATED】
会 場:Zepp SENDAI
REPO:ai
DATE:2004/2/23
GLAY CONCERT TOUR 2004 X-RATED
  GLAY2004!X-RATEDツアー2日目。今ツアー唯一のLIVEハウスZeepSENDAI!
当たると思ってなかったツアーだけに、若干テンションも低め (;^_^A
これでいいのか?GLAYファン(^_^;って感じで参加。
しかも、今回の相方は、皆さんご存知 i です!ダブルアイで参加。
仙台に降り立ったら、なんだか突風、舞い散る雪!電車、高速止まってます!
何だよHISASHI〜(ってHISAのせい?)。
1枚では寒いし、上着は脱げないくらい寒いし・・・・・なんだよぉ〜(泣)
と、前置きは、おいておいて、20分くらい押して会場入り。整理券番号は498と499番。
かなり、後ろかと思いきや、1200番くらいの人までは確認。その位の人数は入ってるのかな?
場所は、ブロックで言うとDブロックくらい。後ろの機材置き場の端。もちろん向かって左の側。
「近くで見たい方〜、奥の前のほう空いてますよ〜」の誘導の声に思わず、
「前だって、前行けるよ!」といったら、i に「だってTAKURO側よ(^_^;」って、目覚めたわ♪
いけないいけない、あまりにも久しぶりで忘れるとこだったわ。
去年の、セーブザ仙台以来ですから(笑)

さて、会場では白い幕がうすーいパープルっぽい光に包まれ
SEはテクノっぽい感じで(だったかな、曲だけでした)流れてて
やっぱりHISASHI選曲、作曲なのかな??
入場してほどなくして、SEがとまり・・・・客電が落ちて・・・キャー
幕の影に HISASHIのシルエットと聞き覚えのあるフレーズが
ジャジャジャジャ、ジャーン(おいおい、なんて幼稚な表現力(-_-;) )
幕が下りて暗闇からTERU様が
♪ハァイ、コミュニケーション
そうそうTERUダンスのこれよ、1曲目はアルバムの1曲目

1.HIGHCOMMUNICATIONS
TERUの手の振りは、バッテンする感じは同じだ。上から降りてこないだけで(笑)
衣装はみんな黒。
HISASHIはえ〜っと黒っぽいマントもなく、マスクもなく黒のジャケット!生地がスウェード
っぽい。パンツは黒。足先はぜぇ〜んぜぇ〜ん見えない。髪型も前髪だけ下ろしてて
後ろはツンツン、やや長め!前髪のサラサラをかきあげる仕草は健在(うふっ)
TERUは中は白に黒のシャツ。パンツはチェーンつきの黒。髪型は最近テレビで見る
感じと同じで、いい感じに(見えた!)
JIROちゃんは黒のノースリーの皮ベストって感じでハードでかっこいい。
髪型も、短くってかわいい♪JIROプリティ〜
TAKUちゃんは・・・・黒っぽい感じとしか。
中は黒のノースリーブってことは予想できたけど。
いや〜久々に手上げて、歓声おこして、あ〜LIVEって興奮♪ひさしぃ〜〜。

2曲目は聞いたことのない曲。
2.THE FRUSTRATED
タイトル曲ってことは核になる曲なんだよねっ。
HISASHIのギターから始まって、ハードな曲ってことはわかったけど
今となっては(笑)あまり思い出せない・・・・。

間髪いれずに
♪まーなーつの果実、口に含んで〜
そうそう、これは聴いたことあるわ(^o^)
3.ALL I WANT
こんなタイトルでした。
この曲でやっと明るい光になって(だって、2曲目までは薄暗い光やら
緑の光線やらで見えなかった・・・ってお年より発言(^_^;)
みんなの顔が見えて、、、、しかもこの曲HISASHI コーラスじゃん
サビで唄ってるぅぅぅ。プリティ〜。うっきゃ\(^-^)/
HISASHIばっかり見てたら、前のほうでなんだか盛り上がる。んっ??
TERUが前に出てきました!!ちかいわ〜。

MC
TERU「みんな久しぶり〜。ここ、仙台は2年ぶり!(いやいや、去年来たでしょう?)
会いたくってあいたくって仕方なかったぜ〜。
今回のツアーは新曲ばかりのツアーで、まぁ、それがコンセプトでもあるんだけど
知らない曲は体で感じてくれてOKだから!みんなに触りたいよ。一人一人に触りたい。

(なんて、むちゃくちゃな!)でも、このナンバーで、みんなに触れている感じになれると思う。
聴いてくださいBEAUTIFUL DREAMER」

4.BEAUTIFUL DREAMER
TERUの声の調子はいいのだけど、この曲はいつもいっぱいいっぱい
って感じで唄ってるから、ちょっと辛そう。
間奏でHISASHIがマイクより前に来て、おおお〜〜〜ひさしぃぃぃぃ近いよ!見えるよ
見てるかい??今日のHISASHIも素敵だなー。

次の曲は、またまた新曲
5.BLAST
これは、コーラスでまたHISASHIが参加。
多分視聴の部分でも少し入ってた「イエェーイエィー」って感じ^-^;
かわい〜。

またまたMC
TERU「イエーイ!さすがLIVEハウスー。盛り上がってるかーい!(お客の反応が少しだけで・・・)なんだい?ビミョーな反応だね。(って東北人何人いると思ってるんだ!
Zepp一箇所だけでさばけるわなないやん!!LIVEハウスで嬉しいのは
GLAYさんたちだけだわ・・・・とか思ったりして)
しかし、暑いね!真夏の夜だね!(いや、外は雪でしたが・・・)でも、今日仙台来て・・・・
びっくりしたね。風邪引いたらどうしようね。でも、大丈夫、ジャンバー持ってきたから。
俺たちが育った町函館はやっぱり寒くって、ほんと夏が短いんだよね。こっちも冬休み
短いでしょ?
(いやいや、冬休みは長いっしょ??)あっ夏休みが短いんだ!
そんな、夏の思い出を歌った曲です。」
(どんなだよっ)

6.あの夏から一番遠い場所
TERUがギター弾いてて、曲調的にはBELOVEDっぽいとか
思ったりして。TERUの声もいい感じで出てて、LIVEでは派手な曲が映えるけど、
私は結構好きかも。

で、今度はTAKUROのMC
「みんなー久しぶりー!見たところ苦しい人はいないかな?(会場見渡し、安心する)
(会場から”くるしー”と叫ぶ声あり。)男の人結構いるから、周りに苦しそうな女の人がいたら
助けてあげてください
(キャーたくちゃん!)俺はずっとここにいるので
苦しかったら、遠慮せずに休んでそしてまた戻ってきてください。

(おいおい何時までいるんだよ(;^_^A)
今の曲なんですけど、やっぱりギターやってる友人とバンドで頑張ってて
でも、なかなか、上手くいかなくって、いきづまって、、、
そんな時、一日だけ、ホントに一日だけ僕たちが自由になった時があって
そんなときの唄なんです。まぁー結局その友達は函館に帰ってしまったんですけどね。
しかも、そいつよりによって 上野発の夜行列車で帰ったんだよ
(会場より笑)。
みんなで泣いて、みんなで見送って何で泣いてるのかわからなくって
その電車に乗ってたのは彼じゃなくって、自分だったかもしれないって思ったりして・・・・。
まぁーそんな、夏の思い出を歌った曲です。
(長い説明(;^_^A、しかもよく分からない
ごめんなさい)
次に聴いてもらう曲は、無限のdeja vuからって言う曲なんですけど
これはずいぶん前の唄で、GLAYが出来るもっと前の、作曲しだして
10曲目くらいの、ほんとにまだまだ未熟な、同じコードの繰り返しの
同じ歌詞の繰り返しの曲なんですが。この新しいアルバムに入れたくって
入れた曲です。」


7.無限のdeja vuから
うん。確かに覚えやすい曲かも。
でも、みんなが静かに聴いてるから、ステージの彼らがよく見えた(笑)
手上げると見えなくなってしまうさ。身長は高いほうがいい!!
短めの曲が終わってストリングスが流れる

8.時の雫
しっとり聴ける〜。生で聴いてもいい曲だ。
TERUのマイクスタンドに手をかけ、左手は動かす仕草。
やっぱりTERUの指は美しい。指フェチには最高なフィンガーです(^-^;

9.Billionaire Champagne Miles Away
この辺はよく覚えてないんだー。

TERU熱く熱くいこうぜーって言ったら
なんと火が出て(MステのB’zの小さいばん!でも、LIVEハウスには
かなり、後ろでも熱かった!)

10.coyote,colored darkness
これ、HISASHIの曲。かっこいい。ギターソロもかっこいいし。
HISAもよく動いてくれた。かっこよかったぁ〜。
この曲は隣で i 絶賛!!

11.BUGS IN MY HEAD
12.Runaway Runaway
この辺はハードな曲が続いて・・・・
今回はHISASHIがかっこいい曲多い(*^^*)
ってHISASHIばかりいているからか・・・・全体が見渡せないんだよね。
しかも、爪先立ちで見てるから、一人の人が動くと、すぐ見えなくなっちゃう。
LIVEハウス良いんですけど。もっと、背がほしい!!

13.STREET LIFE
この曲、pure soulみたいに切々と唄ってると誰かが言ってましたが(誰よ!)
私は、pure soulはやっぱり好きなので、この曲も実はかなり好き。
TERUの高音も出てるし、音響の感じもよい。
私は、せつなさ系が好きらしい。
うん。とにかく、この曲は好き!

でMC
TERU「今回は、ホントに新曲ばかりだったんですが、そのアルバムに入ってる曲
最後に入ってるんですけど、とってもみんなで歌いたい曲です。
今日は、ここで唄うけど、アルバム聴いてびっくりするよ!いろんな人の声が入ってるからね。
僕と一緒に手を上げて俺のまねをしてね。
(←ちょっとかわいい)
最後の曲になりますが(え〜〜〜早い、時計を見たらまだ1時間ちょっと・・・・おいおい)
聴いてください”南東風”」
(えっ??なんて言ったの?相変わらず(;^_^A TERUさまのカツゼツには悩まされる。
しかも、さっきまで白のシャツ、ランニング風だったのに、また黒の上着を着ているTERUさま!)

14.南東風
この曲はTERUがタンバリンを持って
確かにI'm in Love風。手を上げて手拍子。間奏で疲れて下がり気味になると
「手が下がってるー」と声がある。でも、途中で「イエーイ」とか言われると
手拍子するのか、反応するのかどっちや!みたいな(;^_^A
間奏のJIROちゃんがめっちゃかわいかった。やっぱりプリティーなのねー。

最後に、サンキュー!愛してるぜーとかいいながら去って行きました。

いやー熱いねーと i と話していると2階席からI'm in Loveが。
でも、音程が変な感じ。だみ声だし。もっと綺麗にアンコールしようよ。って思った。

程なくしてJIRO一人で登場
人一倍歓声がすごい!かわいいーJIRO(何回JIROに対してかわいいを使っただろう(*^.^*) )
JIRO「すばらしい、I'm in Loveありがとう。いい音程だったよ!(←っていうところが怪しい)
今回は、THE FRUSTRATEDツアー あっちがったX-RATEDツアーだ。(かわいい)
アルバム、THE FRUSTRATEDって言うんだけど(っていうと客からX-RATED!と
歓声が上がるがアルバムのことを話してるので、間違っちゃいないのです)
なんだい、俺に突っ込むなんていい度胸だ!(うん、やっぱりかわいい)
で、すげーいい出来なんで、聞いてください!」
らしきことを話してました(多分)
「つづいて、いつもかっこいいリズムたたいてくれてます!TOSHI!」
TOSHI登場

TOSHI登場にて大歓声。かっこいいという歓声がきこえ、話す機会を失い
「俺、いつしゃべったらいいの??あんまり話す機会ないんだから話させてよ!
あのね〜仙台・・・。仙台はねーいいね。曲によって、地域によっての反応が違うんだよね。
地域によって盛り上がる曲が違うんだよね。戸田とは違うんだよね。その反応が叩いてて
分かるんだ。」
へぇ〜〜〜って感じでした。
「ひさしーーー」

HISASHI登場
X-RATEDの黒Tシャツ。(みんな、このTシャツでした)しかも
細身のジャケットつき。めちゃめちゃ細身。
バイナリーの新作かなーって i より。
「俺にはー俺には(綾小路風)仙台に貸しがある
お前らは、俺にかりがあるー
それはーセーブザセンダイ!
(また言ってる(^o^))
がしかし
俺はモーレツに感動している。今日はこんなに
客が入っているー。
JIROのベース漫談がききたいか〜
TOSHIのレインボーブリッチを一瞬で消すマジックが見たいか〜
TAKURO塾に入りたいか〜
ハウエバーが聴きたいか〜でも、やらない!
Winter,againがききたいか〜
明日も見てくれるかな〜
(なんだか、わけ分からないけど
面白かったHISASHI!)
リーダー!」

TAKUちゃん登場
もちろんノースリーブ!
「みんなにいいニュースがあります。このLIVEがTVで見れます
3月にちょう音楽通という番組で流れます」

(らしいことはなしてました。確かに、TBCのカメラが後ろに居たのだ)

TERU登場
開口一番「みんな、しゃべるの好きだねー。
僕には音楽はないのかい??

(JIROが港のヨーコヨコハマヨコスカのフレーズ弾いて)
あんた、あの娘のなんなのさ!
ところで、東北といえば、いつもお世話になってるいずみさん。

(また、イベンターさんのはなしです。)
前回の東北6県ツアーも頑張ってくれて、チケット売る時もすげー頑張ってくれました
(って東北5県しか回ってないのよTERUさん!)
東北といえば、そのときもこの曲が思い出になってます。」

Enc.1
1.Winter,again
歓声が流れました。でも、この曲はホントに東北ではよくやっているのです。
えーいずみさんのお陰で(笑)

TERU「どうがん?どうがん?(意味不明?)
なんだか、おかしくなちゃった。だってみんなの顔が見れたんだもん!(意味不明)
みんな、アルバムの新曲だけでも、戸惑ってると思うけど
更に、アルバムにも入ってない曲もやっちゃいます。
GLAYの挑戦の曲。ノリのいい曲です!
俺について来い!」
(意味不明、でもかなり、お茶目!)

2.It's My Life
いい感じのミディアムナンバー。
終わったら

3.生きてく強さ
かなり唄わされたわ!
2番のAメロまで(;^_^A
この曲で、よくHISASHIが見えた!髪かきあげ、キャーかわいい。

4.誘惑
このソロでも、HISAのギターはかっこいい!!
盛り上がって、発散!って終了。

一度また、帰ります。
アンコールもまた、生きてく強さになって〜
なんだか、アンコールでいいよ!
音程が変な感じになってしまって、みんなで歌うのは・・・・ねぇ〜??
メンバーは嬉しいのかな?
会場が狭いから、すぐ唄えちゃうんだよね。

程なくして4人登場。
TERU「みんな、アンコールありがとう。生きてく強さが聞こえたので
出てきました。みんな聞こえてるからねー。
2階に!
(って言って、自分が飲んでいたペットボトルを2階席に向かって
投げるが、届いたんだけど2階の人の手に跳ね返って1階に落ちてしまったの。
そしたら、もう一本〜ってファンが言ったら、JIROの水を取って、近くに水まいて)
JIROの甘い香りがするよ!(*^_^*)(ってJIROボトルを投げました。
今度は2階には初めから届かなかった)
で、またまた新曲で悪いんだけど
GLAYの新境地の曲です。聴いてください。天使のわけまえ」

(えっ?天使の分け目!って聞こえた(笑)

Enc.2
1.天使のわけまえ
ダダダダダッダ(またまた幼稚な表現力)と、パンチの効いたかっこいい曲でした。
天使だの、悪魔だのって歌詞でした。

最後は、また、イエーイと繰り返し、
HISASHIは弾んで帰っていきました。


さてさて、長いレポ読んでいただいてありがとうございました。
今回は、近いけど高さで見えなくって
詳しいメンバーの動きは見えなくて、
だらだらとMCばかりでしたが
世間で、最近見ているGLAYさんたちより
メチャめちゃかっこよかったです。
これから、LIVEの方も楽しんできてね。ではありがとうございました。



【GLAY CONCERT TOUR 2004 X-RATED】
会 場:名古屋センチュリーホール
REPO:JUNNA
DATE:2004/2/25
GLAY CONCERT TOUR 2004 X-RATED
X-RATEDツアー3日目、名古屋センチュリーホールへ行ってきました。
10時に会場に行ったにもかかわらず、すでに200人弱の列が…
早い人はペンダントを買う為に6時くらいに来て、整理券みたいなのを貰っていたそうで…
恐るべきファンパワー。(もちろん整理券が配られた事を知らないファンから大ブーイングが)

友達に会ったり何だりしてるうちに開演時間。入場に物凄く時間がかかって、
係員が「チケットの半券はご自分でお切り下さい」とまで言い出し、カバンチェックもそこそこに
35分押しで開演。何でもメンバーが11時東京発の新幹線に乗ったとかで(ギリギリ)。。。
今回は2階席10列(といっても15列くらいしかない)TAKURO側でした。
ステージまでの距離は6,70mくらいでしょうか。

セットや衣装はaiさんと同じかもしれませんが…
暗めのブルーのライトに照らされたカーテンが下がっていて、HISASHIのギターで始まる
1.HIGHCOMMUNICATIONS
と同時に幕が落ちる。※ここからTERUメインです※
TERU→光に反射する素材の黒上下に白のタンクトップTAKURO風。
黒のファーを肩にかけて、頭の上でXを作るのは前回のツアーと同じ。
ゴンドラこそ乗ってないものの、照明の色があのゴンドラと同じ色でした
(携帯のライトのレインボーのような…)。
TAKURO→黒の細いスーツ?胸はもちろんはだけてる。
JIRO→濃い灰色のパンツ、黒のタンクトップにウォレットチェーン。
HISASHI→黒パンツ(遠目で見るとスパッツっぽい?)、
黒カットソー?(胸にバイナリ-みたいな赤いプリント、裾がギザギザ)
今回セットが地味な分、照明使いが素晴らしかったです。

2.THE FRUSTRATED
核になる曲という割には、聞いてる時はインパクト薄いなー?と思ってたけど、
今思い出すとすごく耳に残ってる曲です。

3.ALL I WANT
キター!♪肌蹴た胸に〜の時にTERUがチラチラと上着のシャツをめくって
タンクトップと肌の境目が見える(表現が何だかなぁ;)

TERU:「名古屋はHEAGY GAUGE・・・じゃないやHIGHCOMMUNICATIONSツアー
以来…」

早速やっちまいました。

4.BEAUTIFUL DREAMER
やりました。歌いだし3秒くらいで早速歌詞間違えて苦笑い。演奏中なのに客から笑いが…(爆)
でも声の調子も良いみたいで、サビの声の伸びがすごく良かったです。

5.BLAST
TERU曲ということで正直あんまり期待してなかったけど、ライブ栄えするノリのいい曲。
サビでYEAH YEAH言ってるから覚えやすい。


確かここでMC。暗転した後、TERUはアコギを持って登場。
「夏はずっと忙しくて、ここ数年夏らしい夏を過ごしてないんだけど、、、
昔の楽しかった夏を思い出させるそんな曲です。」

6.あの夏から一番遠い場所

TAKUROさんMC。5分くらい喋り通す。集約しづらいのですが
「時々思うのはGLAYは一つの大きな船に例えられると思う。メンバー、スタッフ、
そしてファンの皆がその乗組員…
(うんちゃらかんちゃら。)こんなかんじです。
「この曲は俺が18の頃に作った曲で、それこそ人の真似みたいな曲しか作れなかっだけど、
その中でも自分で納得できた曲がこの一曲です。コードも歌詞もありふれた言葉が
並んでるだけなんだけど、10周年という事で振り返る意味も含めてアルバムに入れました。」


7.無限のdeja vuから
確かメンバー皆座って演奏してたきがします。素人からしても確かにシンプルな感じ。
「今夜誰が泣いているの?今夜誰が走ってるの?・・・」というような歌詞です。
後で聞いたのですが、TERUは本を見ながら歌ってたそうです。歌詞が書いてあったのかな?
(カンペ?)
8.時の雫
生だとまたTVとは違う曲に聞こえました。
9.Billionaire Champagne Miles Away
う〜ん、あんまり覚えてない;でも、6・7・8曲目が「じっくり聞かせる系」だったので
「ここからまたヒートアップするぞ!!」と引っ張っていくにはもってこいです。
10.coyote,colored darkness
これかなり好き!!評判良いみたいですね。やはりHISASHI君のお父さんのことを
書いたとか、プライベートチックな裏話を聞くとファンは食いつきますよね(笑)
11.BUGS IN MY HEAD
うるさいけど結構好き。
12.Runaway Runaway
♪羽のない〜の音程がハイコミDVDのおまけ映像でTAKUROさんがTERUさんに
指導してたみたいに変わってた。
13.STREET LIFE
♪僕は少しだけ心を燻らしてそして庇いながら様々な季節を探してこの街で生きるんだ♪の
歌詞が卒業してこれで今まで毎日顔を合わせてた友達とも会えなくなる事、春からの
独り暮しの事など実生活と歌詞がダブって泣けました。
14.南東風
TERUがタンバリン持ってMCを始める。頭の上や股の辺りでタンバリンを叩きながら歌う。
かわいかったvv1番と2番の間の間奏(といっても2秒くらい)で「一緒に手を叩くと楽しいよ?」
会場爆笑。
ライブのシメに今まで歌われた「I'm in Love」に変わって楽しく皆で歌って終われるような曲。


休む間もなく始まったアンコールは珍しく揃ってました。
10分弱でHISASHI君登場(袖シャツにバイナリ-のジャケットを羽織ってたそうです)。
マイクを持って仁王立ちして「本日はご来場いただき誠に有難うございました。
これをもちましてX-RATEDツアー名古屋公演は終了させて頂きます。」
と。
冗談と分かってても会場からブーイングが。
「お帰りの際は係員の誘導に従ってお帰りください」と終了のアナウンスの真似をする。
相変わらずかつぜつ悪くて(爆)かわいい。
「cynical聞きてぇかぁー!?毒ロック聞きてぇか!?しかぁし、今日はやらねぇ!!(えー!)
JIROのベース漫談が聞きてぇかぁ!?TOSHIの名古屋城を消すマジックがみてぇかぁ!?
TAKURO塾に入りてぇか!?TERUの胸のタトゥーがみてぇかぁ!?明日もまた来てくれるかな!?
(いいとも!って言うとこなんだけど、お客さんはかなり困惑してました。私はちゃんと
言ったよ!!)紹介します。永井」TOSHI登場。こんなに喋るHISASHI君を初めて
見たので身悶えました。
TOSHI:「僕の古女房的存在…じゃない、女房的存在のJIROくん!」
JIRO袖シャツ2枚重ねで登場。1枚は脱いで最前列の子がキャッチ。
JIRO:「2階席、3階席の皆、落ちないでね!始まる前に上を見に行ったんだけど(きゃー!)、
結構急だね。特に1階に物落とさないでね。でないと今度から俺らがここ使えなくなるんで
よろしく!

(優しい・…涙 でもハイコミのときもTERUが同じ事言ってたな。※センチュリーは3階席まで
あって、2,3階は1階席の後ろ半分のほぼ真上に覆い被さるような構造。)大きい方のギター、TAKURO!」
TAKURO袖なしで登場。「盛大なアンコール有難う。俺の最高のパートナーでもあり
親友でもあるTERU!」

TERU登場。

Enc.1
「これから育てていきたい曲です。」
1.It's My Life(アルバム未収録新曲)

2.彼女の"Modern…"
「かぁのじょのもだぁぁん!!」ちゃららららららら・・・

3.SHUTTER SPEEDSのテ−マ
TERU×JIROの絡みが!!!

4.誘惑
ここまで一気にハイテンションでライブの王道の曲で突っ走って終わり。
でも客電もつかない、終了のアナウンスもない。まさか…!?
まさかのダブルアンコール。今度はJIRO・TERUが色無しを着てる。
JIROはまた脱ごうとしたけど今回は1枚しか着てませんでした(爆)
「色んな試みをしたくて、もう一つまだ誰も聞いたことのない新曲やっても良いかな?」
1.天使のわけまえ(アルバム未収録新曲)
ハード目で、アルバム未収録の曲で締めくくるってのも面白いかも。
「夏にまた会いましょう!」また絶対会いに行くよっ!!


あと、どの曲でかは忘れてしまいましたが、どこかでHISASHI君がテルミン
(っていうんですか?確かONE LOVEドームでもやってたような。)、
JIRO君はウッドベースらしきものを(南東風だったかな?)で弾いてました。
今回は目にあまるようなマナーの悪さもなく、気持ちよく見れました。
行けなかった人が多い中、何だか自慢っぽいようなレポになってしまいましたが
長々と呼んでくださって有難う御座いました。


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
宜しければ2・26(木)ZIP FM公開生放送レポ(と言うほどじゃないけど)もどうぞ。

4時半から始まるということで慌てて家を飛び出し、1時間かけて(遠)遥々名古屋へ。
10分前に着いた頃には長蛇の列が!!
サテライトスタジオはガラス張りの大通りに面したところにありました。

DJは2年前のドームツアー名古屋公演最終日のSTAY TUNEDで早口のところやった
オチケンさん。
150人くらい並んでたのかな?(他にもちょっと離れたところから立ち見してた人もいたので
3・400人はいたと思う。)数十人ずつ交代でメンバーの前を通過していくのですが、
3メートル弱でメンバーを見れて号泣(恥)

衣装は皆黒で、TERUはライダースみたいなジャケットを着てたみたいだけど、
脱いでイスの背中に掛けてました。インナーは7分丈位のピッタリする黒い服。
顔も小さく、痩せてたし、肩も華奢でしたvv
JIRO君は目の前をキャーキャー言って通り過ぎる女の子に照れて
目線が泳いでトークに集中できない様子(きゃわゆい)。
HISASHIくんに手を振った女の子に向かって「俺のファン?」とでも言うように
自分に指差したり適度に相手にしてくれました。
TAKUROさんは相変わらずトークに集中(笑)帰り際にはちゃんと手を振ってくれましたが。

何度でも並べたのですが(爆・5分もかからずまたメンバーの目の前を通れる)、
5順くらいしました(爆)3回目から興奮せず落ち着いてトークも聞けるようになったし、
素直に警備員に従って列を出ました(笑)
運良く番組終了の時にメンバーの前に行けて(しかもTERUの目の前!!)
頑張って手を振ったら振り返してくれました。もう死んでも良いです。

ラジオの内容はまったく聞いてないです。せっかくライブの感想話したみたいなのに
興奮のあまり誰も聞いてない様子でした(爆)
幸せすぎる2日間はあっという間でした。

説明が難しくて情景が浮かばないかもしれませんが…ごめんなさい。読んで下さって
有難う御座いましたVV



【GLAY CONCERT TOUR 2004 X-RATED】
会 場:福岡サンパレス
REPO:MAYUMI
DATE:2004/3/8
GLAY CONCERT TOUR 2004 X-RATED
ツアーが始まって、早2週間が過ぎ・・・ついに福岡ライブの日でございます!
待ちに待ったライブ!・・・のはずだけど・・・
もちろん、超行く気満々で、FCで当たった時は、そりゃあ小躍りして(笑)
喜んだんですが・・・
ここ数ヶ月の私の興味の対象は、オーロラ→温泉→ペンギン(なんだそりゃ!?)
と、およそGLAYとは程遠いところにいっておりまして、オフィHPなどそっちのけで
オーロラやペンギンのHPをチェックし、実物まで見に行き(南極に行った訳では
ないが;;;)かなり充実した日々を送っておりました。(^^;)
とは言っても、やはりライブ前には新曲の視聴ぐらいしとかんといかんやろ〜
ってんで、1週間前ぐらいにようやくオフィの試聴コーナーを聴いてみると・・・
むむむのむっ!?久しぶりに(爆)なかなかいい感じではないの!?
曲の一部しか聴けなかったけど、かなり私の興味の対象として急浮上!
ここにきて、ようやくライブモードに突入したのでありました!(遅すぎ・・・^^ゞ)

会場に着いて、まずはグッズを購入。
今回のグッズが発表されてから、いつもにも増してしょうもないデザイン(早速辛口)に
呆れ果てていたが、結構売り切れ商品があって、ますます呆れる私・・・。(−−;)
でも、そのしょうもないデザインのビニールバックを、欲しくもないのに
コレクションの為に買ってしまう自分は、もっとアホである。(爆)
(ライブに行き始めてからずっと買っているので、もはや義務と化している;;;)
グッズに並んでいる時に、なんだか人だかりが出来ている所を発見!
買い終わって見に行ってみると、パネルにメンバーのメッセージが書いてあった!
でも、4人分あると思いきや、よく見るとTERUの分しかなく、
「な〜んだ、TERUのだけか・・・」と、ちょっとガッカリ(失礼;;;)した。
(後で、あれは会場によって書いているメンバーが違う事を知った。^^;)

今回の席は、なんと幸運にも1階13列目!!
・・・ただ、ほぼ左端だったので、ステージの左奥があまり見えなかった。
(でも左側は嬉しいのだ!^^v)
席について待っていたら、会場に入る前から不思議に思っていた新選組コス
(何故新選組なんだ??)が、なんと隣に!!
1人はJIRO頭だったのでJIROファンだろうな・・・もう1人はペプウサを
持っていたのでTERUファンか??なんかキャピキャピ騒がしそうやな;;;と
ちょっと不安になる・・・。

ステージは、白いカーテンで覆われていて、おそらくライブが始まったら
下から引っ張るんだろうな〜・・・と思われた。
(ついでに妹は、「最初あのカーテンに人影が映されそうやない?」と
予想(?)していた)
そうこうしている内に、照明が落ちて、いよいよライブスタート!!

オープニングは、全くの予想通り(笑)、イントロが鳴り響くと同時に、
カーテンに人影が映し出され、そして下からスタッフがカーテンを引っ張っぱると
メンバー勢揃いで登場!!

まずは、衣装から・・・
TERU・・・第一印象「げっ!カラス!?!?」
なんだか黒い羽がワサワサ付いてるジャケットに、黒のパンツ
中は白のタンクトップ←ってか、私にはオヤジのランニングにしか
見えなかったが;;;
(TERUが着てるから、という訳ではなく、誰が着ていてもそう見える・・・)
ライブの途中、ジャケットをはだけたり、脱いだ時なんかに、
「キャーーー!!」っと歓声が上がったが、私はあまりの情けない(?)姿に
「げっ!?脱ぐなよ;;;」と呟いた・・・(爆)
ちなみに、途中で羽の着いたジャケットは脱いだけど、気が付いたら今度は
普通の黒のジャケットを着ていて、それも後でまた脱いでいた。
(なんで脱いだり着たりする??)

TAKURO・・・第一印象「あっ!袖がある!!」
黒の長袖のジャケットに黒のパンツ、胸はいつもの通りはだけ過ぎ(^^;)
実は、ライブに来る前に、妹と衣装の話をしていて、
「ここでいつもの通り袖がなかったら、かなりワンパターン(笑)やけん、
期待を裏切って(?)袖あり、しかも長袖やったらちょっとうけるよね〜。」
と言っていたので、これまたあまりの的中さに、ちょっと笑った。(^^ゞ

JIRO・・・第一印象「わっ!袖がない!!」
袖がないのは、意外にもJIROだった!
JIROも、上下黒だったと思うんだけど・・・(スミマセン、袖がないのに
目を奪われて、あまり覚えてないっす ^^ゞ)
しかし、その昔ヘビゲツアーだったか、袖なしのJIROを初めて見た時は、
キャーキャー言いながら見てたけど、今回は、ちょっと二の腕のお肉が気になった;;
(たるんでる訳ではないけど、筋肉質という訳ではないからね〜・・・)
実際、なんかの曲の時に、ベースをブンブン激しく弾いてる時、
腕のお肉がちょっとプルプルなっていた(爆)ので、「JIRO・・・キミは袖が
ある衣装の方がカッコいいぞ・・・」と思った。

HISASHI・・・第一印象「おっ!?男らしい!!」
何が男らしく思わせるんだろう!?と、しばしマジマジと見ていて・・・
あっ!ヒラヒラ生足スタイル(爆)じゃないんだー!!と気付いた!
黒のジャケットに、たぶんそのジャケットの裾に、結構長い紐みたいなのが
シャラシャラ付いていて、下は黒の細身のパンツ。(これまた極細!!)
そして靴は赤(これも、底上げブーツ(笑)じゃなかったので、ちょっと驚いた。)
いつもの色っぽさ(!?)はちょっと影を潜めていたけど、なんだかかなり
男らしく感じた!!(やっぱりHISASHIやね♪と、1人ほくそ笑む私・爆)
ただし、いつもよりも身体にフィットした感じの衣装な為、いつもにも増して
コンパクトに見えた。(^^;)

ステージセットは、天井に巨大なシャンデリアみたいなのがあって、ステージ後方と
サイドにはカーテンがかかっている感じでしょうか・・・。
ホールの為、ステージが小さいからか、HISASHIとJIROの距離がいつもよりみょ〜に
近く感じて、ちょっと笑えた。(なぜ笑う!?)
そして、後ろにTOSHIがいて・・・あ、あれ!? SHIGEさんがいない!?!?
あれあれ??シゲさん、どこに隠れてるんだろう?(オイオイ・・・)と、ステージを
くまなく探してみたけど・・・やっぱりいないよ〜!!
なんでいないの〜??? 欠席?遅刻?早退??(んな訳ない・・・)
シゲさん贔屓の私達は、ちょっと悲しかった;;;

1曲目はハイコミツアーでもオープニングだった『HIGHCOMMUNICATIONS』
カーテンが下ろされる前、映っていた人影は、おそらくイントロギターを
弾いていたHISASHIだったようだ。
そして、カーテンが下ろされた時、一歩前に出ていた、らしい・・・。
私はというと、カーテンを引っ張るスタッフがやけに目に付いて、
ちっとも気が付かなかった;;;
(だって、思いっきり見えてんだもん! カッコ悪いからもっと袖に引っ込めよ・・・)
さらに、カーテンが下ろされると、今度はカラスTERUに釘付け!!(爆)
しかも、しょっぱなからもう腕がエックスやし!!
あの意味不明のエックスがイマイチ好きになれない私は、
「げげっ!いきなりエックスかい!?」と、ちょっと引き気味(^^;)だったのだが、
よく見ると、周りも、そして隣の新選組も、嬉しそうにエックスにしているじゃないの!?
「ひぇ〜・・・エックスってすっかりこの曲の標準なんだ;;;」
とりあえず私は、この曲自体は好きなので、右腕だけを振り上げておいた。
(絶対こっちの方がカッコ良くないかい!?)
ちなみに、歌い出しの直前、TERUが手を横にバッっと広げた姿は、
まさにカラスそのものだった。(笑)

2曲目は『THE FRUSTRATED』
この曲は、私的には渋くてカッコ良くて、結構好み!
ただ、新曲だからか、1曲目のノリノリさに比べたら、観客もちょっと様子見の
感じだったかな?
(TERUも次の日のラジオで「みんなポカーンってしてた」と言っていたが ^^;)
なので、最初は身体を揺らす程度、途中からちょっと控えめに腕を上げてみた。(^^ゞ

3曲目は『ALL I WANT』
この曲は、ハイコミツアーでもお馴染みの曲なので、観客もまたもやノリノリ!!
途中で「キャーーーッ!!」と黄色い歓声が上がったので、なんじゃいな?と
思ったら、「はだけた胸に〜」という歌詞に合わせて、TERUがジャケットを
はだけさせていた。
しかし、それを見てジャケットの中がオヤジのランニングだと気付いた私は
「げげっ!?」っと茶色い声をあげていた。(^^;)

ちなみに、隣りにいたTERUファンだと思われたペプウサ新選組、
曲の合間に思いっきり「TAKUROーー!!」と叫んでいて、
ちょっとぶったまげた。(^^;)

ここで、1回目のMC・・・
「福岡〜!!久しぶり!!ちゃんとついてきてる??
もっと熱くなって、裸と裸の付き合いをしましょう!」
←ちょっと色気声で
「福岡はやっぱ男の数が多くて盛り上がるね・・・おとこーー!!」
(ここで野太い歓声 ^^;)
(ちょっとビックリしながら)ホント多いな〜!」
「今回は、みんながホント近くて、1人1人触ってあげたいところなんだけど、
まぁホントにそんな事したら時間が足りないんで・・・(笑)、次の曲で
みんなを1人1人抱きしめてあげたいと思います。」
←これもちょっと色気声
(ここでは黄色い歓声!)

えぇ〜〜〜、抱きしめるってどんな曲だよ??って思ったら、
『BEAUTIFUL DREAMER』やった。
私的には、この曲はかなりビミョ〜(なんでこの曲にこの速さなのかが
意味が分からん;;;速けりゃいいってもんじゃないだろ?みたいな・・・)
なので、この曲で抱きしめられてもな〜・・・と思ったりした。

次の曲は『BLAST』
この曲もかなり好き!渋カッコいい!!
でもTERUが作ったってのは、かなり意外だったかも。
途中の「イェーイェイェイェー」(←言葉で書くと、なんてマヌケなんだ;;;)
のところでは、TERUも観客に叫ばせていたので、私も思いっきり腕を振り上げて
叫んでやったぞ!
ちなみに、この曲だったか、2曲目だったかで、JIROがウッドベース(?)を持っていた。
へぇ〜、こんな感じの曲でも使うんや、かなりお気に入りなんやね〜と思った。

「・・・この前HISASHIも言ってたんだけど、GLAYの夏の曲って、なんか
昔を思い出して、ちょっと切なくなるような、そんな感じの曲が多いんだけど、
この歌も、そんな切ない感じの曲です。聞いて下さい。」

って事で『あの夏から一番遠い場所』
私的には、GLAYの夏の曲って、切ないというより、甘ったるくてあまり好きではない
(『Yes,Summerdays』を除く)んだけど、この曲は、まだよく分からないけど、
今のところはメロディーとかまぁまぁな感じでしょうか・・・。
(詩はまだよく聞き取れていないので・・・)

ここでまたもやMC・・・
「えー、みなさんこんばんは・・・」ん??さっきも喋ったのに、なんで
また挨拶するんだ??と思ったら、今度はTAKUROが喋っていた。(^^;)
「・・・今回のアルバムは、10周年ということで、ホントにいいものを作りたい
って事で、約8ヶ月かけて作ったんだけど、そのために去年は後半とかは全然
ツアーとかしなくて、みんなもライブをやって欲しいって思ってただろうけど、
なかなか出来なくて、でも絶対いいものを作ろうってがんばってきて、ようやく
今回こんな自信作が出来た訳なんだけど、それでもやっぱりみんなになかなか
会えなくて、それで寂しい思いをさせてしまっていたとしたら・・・あの・・・
ごめんなさい。」
←だんだん弱々しく(^^;)
・・・長々と語った割に、締めの言葉が思い付かなくて、なんとか無理矢理
セリフを締めました(!?)という感じに私は思えて、ちょっとつっこけた。
「・・・今まで活動してきて、GLAYは、一つの船に例えられると思うんだけど、
最初は俺とTERUで始めた、公園にある小さな船みたいな感じだったんだけど、
HISASHIが入って、JIROが入って、ライブとかを一緒にやるスタッフが仲間に
入って、そしてみんなが加わって、どんどん大きな船になっていって、
やっぱり俺達の船に乗ってる人には、みんなに楽しんでもらいたい、いい乗り心地
であって欲しいって思って・・・」

・・・いや〜、きっと感動お涙ちょーだいシーン(!?)ではあるんだろうけど、
「公園にある小さな船・・・」で、とっさに白鳥型の足漕ぎボート(爆)が頭に浮かび、
1人でウケていた。(^^ゞ
「・・・ちょっとみんなに確認したい事があって、これからもGLAYはいろんな
活動をしていく訳だけど、いろんな事がある中で、やっぱりココにいるみんなには
ぜひ応援してもらいたいって思うんだけど・・・ついてきて・・・くれるかな?」

・・・どうしたTAKURO!?(爆) みょ〜に弱々しいじゃないか???
(おっと、ココも感動的シーンでしたか・・・ ^^ゞ)
「・・・次の曲は、俺が17の時に作った曲なんだけど・・・ずいぶん昔に作った
曲なんで、歌詞とか稚拙な部分があると思うんだけど、いろんな大事な思いが
たくさん詰まった曲なんで、ぜひ聞いて下さい。」

という訳で『無限のdeja vuから』
実はこの曲、オフィの試聴で聞いた時は、TERUのあまりのかすれ声に
「えー、この曲キライ・・・」とあっさりと一蹴(爆)した曲だったんだけど、
TAKUROの熱き思い(!?)が詰まっている曲と聞いて、ちょっとだけ反省した。
(でもやっぱりあんまり好きじゃないかも・・・)

次は『時の雫』
この曲、今までTVとかで聞いた時は、イマイチ思い入れはなかったけど、
ライブで聞いたら、なんだかいい感じに思えて、ちょっと見方が変わったかも。
(最後のオーケストラ音がよかったのかな?←結構オケに弱い私・・・ ^^;)

次からは、私的にはこの日一番熱くなったところであります!!
まずは『Billionaire Champagne Miles Away』
この曲は、まぁ基本的(?)で非常にノリやすい曲ではないでしょうか?
最初、GLAYの曲がスポーツ系番組のイメージソングに選ばれてるって聞いた時は、
「・・・頼むから変に軽くて爽やか過ぎる曲なんて持っていかないでくれ・・・」
とちょっと心配(^^;)したけど、この曲なら合格点をあげてもいいかな??

「もっともっと熱くしてくれないと風邪引いちゃうよ!」
(汗かいたら、余計に風邪引くぞ;;;なんてね・・・)
ってな事で、次は『coyote,colored darkness』
実はこの曲、試聴した時からイチオシの曲だった!!
妹にも「この曲渋カッコいいーー! こういう、眉間にしわを寄せたくなるような曲
(←分かって頂けるでしょうか?? ^^;)が好きなんよね〜♪」
と、散々言っていたんだけど、家に帰ってパンフを見たら、なんとHISASHIの曲じゃん!!
ひぇーー!!カッコ良すぎーー!!! ってか、さすが私!! いいとこ突くじゃないの!?
ライブでももちろん大盛り上がり!!
ちなみに、歌い出しの前に、炎がステージの何ヶ所かでボッ!っと出たので、
ライブが終わって書いたアンケートの「一番よかった曲は?」のところに
「炎が出た曲」(タイトル覚えてなかったので;;;)と書いておいた。(^^;)

次は『BUGS IN MY HEAD』
この曲は、JIROの曲と言われればそんな感じかな〜と思った。
ライブ向きの曲で、この日ももちろんかなり盛り上がってた!

続いて『Runaway Runaway』
この曲はもうお馴染み! 会場もますますヒートアップ!!
とにかく熱い熱い!! 舐め腐って(笑)長袖で来たのは間違いだったかも。(^^;)
この数曲でかなり盛り上がって、思わず「この辺の流れはぜひライブハウスで
ガンガンやりたい!!」などと、とっても熱いことを思ってしまった。(爆)

一息ついて、次は『STREET LIFE』
・・・う〜ん、あまり印象にない。(爆)
もともとあまり好きな曲じゃないしな〜;;;(スミマセン・・・ m(_ _)m)

そして、ラストの曲は『南東風』
実は、この曲を初めて聞いた時、妹がPCで試聴しているのを、ちょっと離れた
ところで聞いた為、コーラスの声が子供合唱団に聞こえて、かなりギョッとした。
(YUKIちゃん、ゴメンなさい;;;)
しかも、「東風(こち)」に「南」を付けて「みなみごち」って言葉がホントにあるのか、
かなり疑わしく(爆)思ったが、(TAKUROが東風をこちって読むのを知っている事を
自慢したいのかと思った。←おそらく他のメンバーは知らなかった可能性大 ^^;)
こないだBBSで、「あれは沖縄の言葉だそうです」というカキコを見つけ、
「まぁ、それならありえん事もないかも・・・」と、しょうがなく納得した。(笑)
試聴で聞いた時は、あまり好きな曲じゃなかったけど、ライブで聞いたら
みんなで大合唱したりして、かなり盛り上がった!
(『I'm in Love』みたいにほのぼの系な感じかな?)
暖かい季節には、今後もアンコールとかで使われてもいいかな〜って思った。

こんな感じで、本編終了〜。

----------------------------------

会場が小さいので、アンコールの声もバッチリ揃って、しばらくすると
パッと照明が!・・・と思ったら、HISASHI1人だけが出てきた!!
Tシャツに、バイナリーのマークが入ったジャケットを着ていたよ。
「え〜、GLAYは今年で10周年を迎えるんですが・・・」
お〜、珍しくHISASHIがしゃべるのか!(↑これはフツーにしゃべってた)
・・・と思いきや、突然キレキャラ(?)に変身!?!?
「ここでーー!!みんなに言わなければならない事があるーー!!
GLAYはーー!!今年の夏のイベントを最後にーー!!・・・」

かなり怒鳴り散らした声で、しかも突然何を言い出すんだ!?!?
「・・・これまで以上にーー!!がんばってもいいですかーー???」
・・・はぁ(^^;)
「・・・こらーーっ!!誰が立てって言った!?!? 座れーー!!」
・・・ハイハイ、おっしゃる通りに・・・(笑)
「・・・座って足を組め!!・・・なんか偉そうだなーー!?!?」
もうとどまるところを知らないようだ;;;
「そうかーー!!そうかキミたちはーー!!どうせ『HOWEVER』を聞きたいと
思っているーー!?!?」

・・・いや別に・・・(^^;)
「『Winter,again』なんかも!!聞きたいと思っている!?!?」
・・・これも別に;;;(^^;;)
「でも今日はやらない!!
・・・誰が座っていいって言ったーー!?!?立てーー!!!」

・・・ハイハイ、忙しい人ですな、全く・・・(笑)
「・・・TERU語録はーー!!www.terugoroku.co.jp!!」
ん?HISASHIが作ったんかい??
「・・・そんなサイトはねぇーーー!!!」
・・・そうでっか(^^;)
「JIROのベース漫談が聞きたいかーー!?!?」
「TOSHIはしょっちゅう宮崎に帰っているーー!!」
「TAKURO塾ーー!!入塾希望者募集ーー!!」

・・・ますます訳分からんし;;;しかも最後の方は、声が割れてなんて言ってるか
全く分からんし???(^^;)
ここは1人芝居のコーナーなんだろうか??(爆)・・・と思ってたら、
「塾長ーー!!」と呼ばれて、TAKUROが登場!
ここでは、定番の袖なしTシャツ・・・さらに首のところがなぜか胸まで裂けていた。
(後でグッズを確認したけど、やはり裂けているのはTAKUROのだけらしい;;;)
「・・・うちの相方が失礼な事を言ってスミマセン・・・(笑)」
その次はTOSHIが登場!
「福岡は・・・九州はホントいいね!!
・・・それで、俺はこんな素晴らしいGLAYを、ぜひ宮崎に連れて行きたい!」

おっと!?何年か越し(全く何年待たせるんだ?)の九州ツアーがついに実現か!?
「来年宮崎にGLAYを連れて行く!!俺が約束する!!」
おーー!!・・・しかし来年って!?まだ3月やし、えらい先の話やな〜!?
「その時は、ここのみんなも来てくれるよね??」
いぇーい!!そりゃー、TOSHIに言われたら行くっきゃないっしょ!!
続いてJIROの登場!
「いぇーーーい!!俺が一番元気だーー!!君らよりも元気なんだよ!!」
そして、最後にTERUが登場!
「ホント、GLAYはいろんな人がいるねーー(笑)」

さて、アンコール1曲目は、新曲の『It's My Life』
結構速い曲だったけど、率直に言えば、あまりインパクトのない曲のように
感じたんですが・・・(^^;)

続いて、JIROがベースをジャジャーン!とかき鳴らして、
「あら!?そんな曲もしたりするんだ!?」と思った『SHUTTER SPEEDSのテ−マ』
TERUが、1回目の「WHO GET!」は HISASHIにマイクを向けて、2回目はTAKUROに
向けてたんだけど、この時のTERUとTAKUROの距離が、いつものベッタリ感(爆)が
足りない感じで、ちょっと隙間がある(笑)ビミョ〜な距離だった。
(2人の間に何が!?)

次に、TOSHIのドラムが鳴り響いて、「あれ〜!?これもやっぱするんだ〜!?」
と、ちょっとビックリの『誘惑』
結構ファンに飽きられてる感じ(^^;)なのに、こんなライブでもするなんて、
もはや彼らの意地なんでしょうか?(私的には、そこまでキライではないんだけど・・・)
っていうか、最近の『誘惑』は、観客に歌わせる割合が多すぎるぞ!
TERUがいつも歌詞を間違えるから&休憩タイムの一石二鳥か??

「・・・福岡で、ずっと一緒にやってきた仲間が、GLAYを離れるっていう時に、
ライブでこの曲を演りながら、思わず泣いてしまったっていう思い出があって、
今日はそんな福岡の思い出の曲を、みんなで一緒に歌いましょう。」

って事で『I'm in Love』
ほほぉ〜、結構昔の話(最初のドームツアーの時)なのに、いつまでもそんなに
福岡に思い出を持っていてくれてるのは、福岡人としてはちょっと嬉しいかも。
私的にも、最初に行ったライブ(スタジアムツアー)で、この曲はかなり印象に
残った曲なので、実は結構好きだったりする。
(最近は、この曲もあまり人気ないけどね;;;)
でも、いつまでもいつまでも観客にデカイ声を求めるのはやめていただきたい;;;
(だから嫌われるんじゃないのか!? ^^;)

この日のアンコールでのお馴染みの曲たちは、お馴染みすぎて飽きた感もあるけど、
私的には結構合格点!
(なんせ、他会場で結構やってる『い・・・』がなかったのが何より!笑)

こんな感じで、1回目のアンコール終了〜。

----------------------------------

アンコールの声に、再びメンバー登場!
JIROがこっち側に来て、着ているTシャツをまくり上げて脱ごうとしたので、
「うぉっ!?!?」っと思ったけど、脱ぐのはやめて(?)、後ろ手に持っていたのか
別のTシャツを投げていた。(^^;)

最後の曲は、これまた新曲の『天使のわけまえ』
ライブの時は『天使の・・・』しか聞こえなくて、でも『天使』の割には
えらく激しくて、カッコイイ曲だった!(『It's My Life』よりも断然好き!)
しかし、『天使のわけまえ』ってタイトルが・・・どんな意味なんでしょ??
そして、激しい曲調に合わせて、照明がビカビカビカッ!!!っと光っていたので、
ピカチュウ現象(!?)にならないか、ちょっとだけ心配した。(^^ゞ

----------------------------------

そんな訳で、ライブは終了でござい〜。
いや〜、久しぶりに熱くなった〜!!
今回はまさに「やれば出来るじゃん!!」みたいな感じ?(偉そう・・・ ^^;)
そうだよそうだよ!そっちのが絶対カッコいいって!!
仮にもロックバンドなら、ほのぼのと老け込む歳でもないだろ!?
ちなみに、アンケートにも「久しぶりにカッコイイGLAYを見たような気がします。」と
書いておいた。(結構失礼!?)
さらに、グッズについての苦言(?)もしっかり書いてしまって、相変わらず口の悪い
ファンなのでありました。(^^ゞ


以上、ライブレポならぬ、ほぼ私的感想文で終わってしまいましたが;;;
(しかも、ライブが終わってずいぶん経つので、多少創作入ってる!?)
さらに、こんなにダラダラと長くなってしまって、読みづらくてスミマセン・・・。
こんなんでも、少しでもライブの雰囲気が伝われば幸いでございます。
(ライブの様子より、私の様子(爆)しか伝わらんってか?? ^^;)
ここまでメゲずに読んでくれた方、ホントにありがとうございます。m(_ _)m



【GLAY CONCERT TOUR 2004 X-RATED】
会 場:石川厚生年金会館
REPO:あけぐ
DATE:2004/3/17
GLAY CONCERT TOUR 2004 X-RATED
★3/17(水)石川厚生年金会館


開場時間に会場に着くと、たくさんの人だかりでした。
とりあえずグッズを買うために中へ。今回のデザインは個人的に好きじゃないので
パンフだけを購入。そして、扉の近くにはポスターコメントが。
「オイ!石川県!」から始まってのひさしコメント♪
ポスター前は携帯カメラで撮ってる人の人だかりで「いいの〜?」なんて思いながらも
スタッフが「撮った人はすぐに(人だかりから)出てくださ〜い」って言ってたし、仲間に入る(笑)
パチリコしたけど、字がボヤけてうまく映らず(TへT)
数分後にはスタッフがそのポスターをどこかに持ち運んでたので見れただけでも
ラッキーだったのかな。ちなみにその下にはファンレター箱が置いてあったよ。
中を覗いたら、ちょびっとしか入ってなくて、てっきりファンの子が置いたものかと思ったら
マネージャーさんのものだったらしい。一言メモでも入れとけばよかったなぁ。。


そうこうしてると開演近づいてきたので席へ。6時半になっても始まらずソワソワ。
この間が一番ドキドキするんだよね。早く始まってほしいねなどと友達と話してると、
SEの曲調が変わったところで歓声があがり客電が落ちる。
白い幕の向こうにひさしさんのシルエットが映り。きゃ〜☆
幕が落ち、てるさんがクロスポーズを。そりゃ〜歓声すごかったです。

HIGHCOMMUNICATIONS
うわ〜、始まった。てるさんクロスクロス!客席もクロスクロス!

THE FRUSTRATED

ALL I WANT

♪はだけた〜 のところで、てるさん左の上着を脱ぎ、肌を見せる。会場ぎぁ〜☆
ALL Iの掛け合いはバッチリ!

BEAUTIFUL DREAMER

BLAST

あの夏から一番遠い場所

てるさんアコギ持つ。
生で聴いてもっと好きになりました。



ここでステージ上のメンバーは椅子に腰を掛けて、そしてたくろうさんが話し始めました。
「最初はてると二人で小さい船を漕いで、そしてヒサシが入り、じろうが入り。
じろうが入る頃にはもう少し大きな船になってたかな。途中いろんな人たちがこの船を降りて
いったけど、何度も修復しては航海してきました。10年やってこれたのもみんなのおかげです。
去年は地下作業でみんなには淋しい思いをさせてしまったけど。。」
みたいなことを。
GLAYがこの10年すごいがんばってきたのは分かってたことだけど、改めてすごいなって。
なんかちょっと泣きそうになった。一言一言、言葉を選ぶような感じでたくろうさんは話してて。
てるさんはそんなたくろうさんを時折見てたのも印象的。客席からは話しの合間合間に
拍手や歓声もあがってました。
たくろう「次聴いてもらうのは、俺が17歳に作ったもの。なのでぜんぜん詞も曲もまだまだ
なんだけど。。聴いてください」

無限のdeja vuから

時の雫
イントロ流れて会場歓声。
てるさんやっぱこの曲のとき歌うまいです。

Billionaire Champagne Miles Away
ステージに炎がボワっと出ててかなり迫力。
確かこの曲からだと思うけど上着を脱いでタンクトップ姿になるてるさん。きゃぁ☆

coyote,colored darkness


BUGS IN MY HEAD

じろうさんものすごい弾けてた。お決まりみたいなとこでジャンプするところがあって
それが最初わかんなくて。でもだんだん勘をつかめて最後のほうはメンバーも客席みんなも
同じところでジャンプしてました。

Runaway Runaway

STREET LIFE

この曲でてるさんは上着を着なおし。ちゃんと曲に合わせてるのね。
なんせ、ものすごいよかった。てるさんが気持ちをこめて歌ってるのがヒシヒシと伝わったし
気持ち入りすぎて最後のところは声にならないところも。
そのあと、てるさん「よい歌を歌えました」と。

南東風
最初、みんなに手拍子&発声の練習をさせる。
てるさんタンバリンを持つ。
この曲で会場がやわらかい雰囲気になってました。



アンコール。


ひさしさん駆け足で真中のマイクを。そしてキレッぷり爆裂。
「木更津は氣志團、NKはスカパラとやりました(会場拍手)そして、特別ゲスト、第3弾!
(うっそ〜?!)元モーニング娘の。。。(は?)って、くるわけねーだろ!
今日はGLAYピンでやらせていただきます。ていうか俺ピンで!
Winter,againを聞きたいかー
(別に。。と思いながらも、会場と合わせてイエ〜イ)
HOWEVERを聞きたいかー(会場イエ〜イ)
でも今日はやんないっ! 兼六園を買い取ったぞ〜」
などなど、あんなひさしさんにビックリでおもろかったです。
音が割れてたのと、キレップリに半分わからんかったのが残念。
次はたくろうさん。
「金沢は実は3回来てるんだよね(会場え〜?!)この1年で。1回目は去年のハイコミでしょ。
2回目はヒムロック
(うんうん聞いたことあるぞ)そしてたくろう塾を去年9月だったかな。
(まじで?!)金沢に友達がいるんだけど(誰よ?)そいつと。。そいつって歳上なのに(笑)
ごめん○○さん。。
(と空を仰いでました)東北の人と3人で世界情勢から恋愛から
いろんな事について話してすげ〜面白かった!
ヒムロックのとき、俺その辺にいたんだよね。
(と真中らへんを指す)俺からすっごい見えるのね。
うしろも見える。なのに、本人に後日言ったら気づかなかったって(笑)
とし〜。本人に言っておいて〜。」

で、としさん登場。たくろう、としにヤキいれる真似。とし「あとでメールしとく」 
たくろう「じゃ〜、俺の笑顔入りで送っておいて(笑)」
とし「金沢はすごいね。今まで何回かやってるけど一番いいです。(これは金沢でやった中で
ってことだろうね)いつも僕の横で演奏してるベースリストじろう〜。」
で、じろう登場。たくろうにデジカメ渡し、客席との記念撮影♪ 
「前回のツアー。。違う、今回の・・・」と間違えて照れてたじろうさん、かわいかった☆
「俺も笑顔だけど、みんないい笑顔してるよ。そんなみんなの笑顔がまぶしいよ。」
てる、登場。「おれのじいちゃんが石川出身で(聞いたことある)能登なのね(それは初耳)
てるファンなのに、これしか覚えてない(^^;
ちなみに、メンバー登場するたびに、ひさしさんが笑顔で拍手してたのが印象的でした☆

 
It's My Life


生きてく強さ

何度か客席に歌わせる。でも声が小さいようで、てる、ちょっと苦笑い。
ってか、本気で歌詞忘れちゃったよ(^^;


SHUTTER SPEEDSのテ−マ
ベーン!と一発目をベースをかき鳴らすじろう。すごい歓声。
お決まりは「かなざわ」って言ってた気する。

彼女の"Modern…"
ものすごいジャンプ。すごい盛り上がってたです。
両脇に短い脇道があるんだけど、左の脇道にてるさんが、よいっしょとなにかをどかして来て
その辺りの人たちを煽ってました。おなじみの低い態勢したりとするんだけど、
低くするとこっちから見えないじゃんなんて思いながらも、脇道を利用してくれたことに感謝♪



え〜、これで終わり?! なんて思ってても明かりつかない。
すご〜ダブルアンコール♪

てる、ペットボトル投げる。
じろう、Tシャツ2枚着てたのを1枚脱いで最前に。お腹半分見え、きゃぁ☆
てる「みんな本当笑顔で俺も笑顔になる。また時間あけずにきます。
ラストの曲です。
(会場え〜〜〜)新曲です」

天使のわけまえ
最初のイントロのダダダダダンの照明がすごい印象的。


最後はビックなげ、退散。一番最後に残ったのはたくろうさん。
恒例の両手をバンと振り落とすやつが、いつもよりオーバーアクションでした☆



この日のキーワードは「笑顔」ってくらい、MCで何度も言ってくれたけど
メンバーもみんな笑顔いっぱいでした☆



【GLAY CONCERT TOUR 2004 X-RATED】
会 場:新潟県民会館
REPO:ともら〜
DATE:2004/3/18
GLAY CONCERT TOUR 2004 X-RATED
いよいよ待ちに待ったライブ!!ハイコミ以来1年ぶり!!
席も激前の12列目でさらにど真ん中!
超見渡しも最高!!ほとんど遅れ無しで開演!!
いきなり幕が開いてメンバーがいたから会場騒然!!

テル・・・黒の上下、中に白のタンクトップ、黒のファー。
タクロウ・・・黒の上下のスーツ。お決まりだね!!
ジロー・・・上下黒。上はノースリーブ。
ヒサシ・・・最初は礼服かと思った…。上下のスーツ、黒のネクタイ、相変わらず細すぎ!!
ちゃんとメシ食ってんの!?

@HIGHCOMMUNICATIONS
今回はゴンドラ無しだったなぁ。しかし腕をクロスするのは健在!!
この曲はハイコミビデオで100回は見たから一緒にノリノリ!!

ATHE FRUSTRATED
TE「新潟〜!!熱く行こうぜ〜!!」
よく見るとテル髪伸びたなぁ。この曲はラジオで聞いてたからなんとなく
ノリノリ…。でもなかなか好き!

BALL I WANT
TE「新潟〜!!もっともっと熱く行こうぜ〜!!ALL I WANT!!」
肌蹴た胸に〜の時にTERUがチラチラと上着のをめくり
タンクトップと脇を見せびらかす!!ちゃんと処理済!!(^0^)v
間奏でタクロウ、ヒサシのみにライトがが!!なんとなくハイコミビデオな感じ!!

TE「ちょっとまだおとなしい人多いんじゃない!?」と客をあおる!!
客「ギャー!!」
TE「男〜!!」
男の客「うぉ〜!!」
TE「聞こえないな!!」
男の客「うぉ〜〜〜〜〜〜〜〜!!
TE「今日はクールでいこうかなって思ってたんだけど、やっぱり新潟は最高だから
素の自分が出ちゃうんだよね!!新潟愛してる!!」

客(主に女性)「ぎゃ〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
TE「新潟は去年のハイコミ以来1年ぶり!!今回は新曲だけのツアーで
不安もたくさんあったけど今までの会場全部盛り上がってくれました!!
なので新潟も力を貸してください!!」

客「いぇ〜〜〜〜〜〜〜!!!」
TE「次の曲は夢を持ってる人の背中をポンッと押してくれるナンバー
なんで、この曲でみんなも夢に向かって走っていって欲しいと思います!!」


CBEAUTIFUL DREAMER
いままでのうっぷんを晴らすかのように客全体がノリノリ!!
まぁ1〜3曲目はCD化されてないからなぁ・・・。

DBLAST
この歌はラジオで聞いてて「イェー」が超好き!!
最後の所でテル必殺の「イェー」を客に言わせる!!
さらにテル、サービスの投げキッス!!

テルがアコギを持って登場
TE「今日のライブは今までも最高だったけど今日も最高超えだよ!!
さすがロックの街新潟!!新潟は思い入れも強いからツアーでも
必ず回るようにしてます!!なので今日も新潟魂みせてください!」

客「きゃー!」
TE「昔の懐かしかった思いを歌った曲です。」
Eあの夏から一番遠い場所
となりの女性客号泣…。

タクロウにライトが当たり
TA「テルもさっき言ってたけどライブもあと1本になりました。
今日の目標を立てました。今日最高のコンサートをやってラストの大阪に備えます。
みんなも協力してください。この曲は最後にレコーディングしました。」

F無限のdeja vuから
曲名のイメージとは違ってしっとり感満載!!

G時の雫
この辺でシゲさんがいない事に気づく!!
なんで!?ま、まさか脱退!?

HBillionaire Champagne Miles Away
この歌はこのアルバムのメインディッシュ的存在あって超好き!!
ノリノリ〜!!この辺からメンバーチョロチョロ動き出す!!
ジロー、タクロー、テルが均等に距離をあけてるからヒサシの居場所がない!!
ヒサシうろうろしすぎ!!

TE「次の曲もノリノリな曲なので新潟の熱い声を聴かせてくれ!!」
Icoyote,colored darkness
この歌なかなかいいなぁ〜!!ブロクリ、ジャイアントストロングみたいな感じ?

JBUGS IN MY HEAD
この曲はラジオでも聞いた事がなかったからのれなかった…。
しかし、バンバンのとこはノレた!!

KRunaway Runaway
この歌が1番好き!!ハイコミからずっと好き!!
羽の無い〜のとこが若干変わってた!!あのタクロウの説教で直したのかな?

LSTREET LIFE
この曲の時に色々な思いが頭を駆け巡った…。内容は秘密!

M南東風
TE「それではメンバー紹介します!!
GLAYの事をいつも見守ってくれるドラムTOSHI!!
GLAYのグルーブマスターJIRO!!
GLAYがいつもお世話してるギターHISASHI!!
GLAYのライブステージでいつも涙と感動を与えてくれるギターTAKURO
そして、みんなに熱い思いを伝えるボーカル!!テェルゥ!!!」


テルが客に手拍子をせがむ!!
この曲はI'm in Love的な感じ!!おそらくEXPOにはYUKIとくずが来てやると見た!!
TE「新潟ホントにありがと〜!!最高に楽しかった!!アルバム楽しみにしててね!!」
あさっりと去るメンバー!!

アンコールの音頭が起こり
いきなりヒサシがダッシュで来たと思ったら!!
トニー「愛という名のもとに再結成されました!!ザ・ネバーマインドです!!」
客「ぎゃ〜〜〜〜〜!!」
トニー「メンバー紹介します!!」
全員のメンバー紹介。たぶん知らない人もいるのに・・・。
トニー「ネバーマインドのオリジナル曲を聞いてください!!アナーキ・イン・新潟!!」
しばらくするとハリセンをもったおじさんが刻々とトニーに近づく!!なんかこのおっさん
何回かビデオで見た事あるなぁ!!ヒサシの脳天に一括!!
トニー「…。」
客「笑!!」
キョロキョロするトニー!!
トニー「逃げろ!!!」
全員走って逃げる!!タクロウのそっくりサンは走り方おもしろい!!

GLAY登場!!
TE「まさかのスペシャルゲストのネバーマインドが来てくれてオレたちも
嬉しいよ!!次の歌も新曲なんですが、すごくビートの効いた曲なんで
一緒にのってほしいと思います。」

@It's My Life
なかなかハードな感じ!!シングルになりそう!!

TE「OK新潟〜!!もっともっと熱い声を聞かせてくれ〜!!!!生きてく強さ〜〜!!」
A生きてく強さ
大半を客に歌わす!!この曲はある意味殿堂入りですね〜!!
しかし、ちゃんと働け!!

ジローにライトが当たり
ジロ「今日はホントにいいライブです!!でもまだまだこれからもっといくぜぇ〜!!」
BSHUTTER SPEEDSのテ−マ
テル&ジロが恋人のように絡み合う!!
最後に客にギターをあげたと思ったら、客がつかんで離さなかったみたい!!
とんでもない客だ!!係員が回収!!客追放!!

タクロウがギターを舞台袖に取りに行き
C誘惑
この歌もハイコミビデオと一緒で最後全部歌わすテル!!
この歌も殿堂入り決定ですな!!でもこの歌を聞くと最高な気分!!
ヒサシのソロが会場を沸かす!!

TE「ホントにありがとう新潟!!また会おうぜ!!」
しかし1分後にまた会いに戻ってきた!!

TE「次の曲でホントに最後になります。今日はホントに最高超えのライブができました!!
ほんとにありがとう!!それでは聞いてください天使のわけまえ」

@天使のわけまえ
かなりのハードナンバー!!最後だからしっとりな感じかと思った!!
悪魔がどうのこうのみたな歌詞だった!!

TE「新潟〜!!!ホントにホントにありがとう!!夏にまた会おうぜ!!
まぁ7/31日はちょうど土曜だしGLAY EXPO 2004 10THアニバーサリーでもやるのは
わかってんだぞ!!でも絶対行くけどね!!待ってろよ〜!!



【BACK】